いまだけ

間違いだと
気づきながら
あなたといた
わたしの弱さが

罪はないけど
優しすぎるあなたの
心もプライドも
傷つけたの

散らかった部屋に
見慣れた私は
どこかで答えを探してた

わがままを許して
最後に言わせて
あなたとの日々に
さようならは似合わなくて
その顔もその手もまだ愛おしく思いたいの
今だけ

大好きだと叫んだ夜も
未来の話 語り合った夜も
あの日のこと全部嘘じゃないんだよ
あなたの目を思い出すの

お揃いのリングを
外せないまま
まだ何かを繋ぎ止めていた

わがままを許して
これだけ言わせて
あなたで良かった
どれほど特別でも
この恋にもう二度とただいまなんて言えないの
今さら

揺れ動く東京の街
振り向いてはつられていく
また一人夜に
心を置き去りにして溶け込むの

初めて会った日も
あなたの優しさも
最後のその声も
全部が大切で
このままでいい
何度も思ってはまた迷い込むの

わがままを許して
最後に言わせて
あなたとの日々に
さようならは似合わなくて
その顔もその手もまだ愛おしく思ってるの
今でも