×

カンザキイオリ作曲の歌詞一覧リスト  77曲中 1-77曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
77曲中 1-77曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
眼差しロクデナシロクデナシカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリあの夜がこの目に 染み付いて離れない 心一つ明け渡せないままで  さよならの数だけ 欠けていく景色が 小さな背中を身勝手に押す  もういかなくちゃ 痛みに負けたくないから  好きなもの一つ二つ 少しずつつまんだ 顔のない僕ら 産声を上げた 出来立ての目玉で 君の顔を見た 酷く 酷く美しい眼差しだから ふと 生きなければと思った  寂しさも嫌われ 愛しさも煙たがられ 欠伸一つろくに出来ないけれど  君だけの心を 打ち明けて欲しいの それが君の肉に変わるから  ねぇ 涙だけ 隠そうとするのはやめて  心から泣いて 心から笑って 君にさよならをしないで  好きなもの一つ二つ 少しずつ願って 形づく僕ら 産声を上げた 出来立ての目玉が 僕の顔を見た  ロクでもない体が 陽に焼けてついに明かされる僕ら 産声を上げた 出来立ての愛で 君と見つめ合った 酷く 酷く美しい眼差しだから 今 生きたいと思った
命に嫌われているこはならむこはならむカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ「死にたいなんて言うなよ」 「諦めないで生きろよ」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな  実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った  僕らは命に嫌われている 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した 僕らは命に嫌われている 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている  お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする 「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく 不死身の身体を手に入れて一生死なずに生きていく そんなSFを妄想してる  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう  「正しいものは正しくいなさい」 「死にたくないなら生きていなさい」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ  僕らは命に嫌われている 幸福の意味すらわからず産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う 僕らは命に嫌われている さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物 明日死んでしまうかもしれない すべて無駄になるかもしれない 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ 夢も明日も何もいらない 君が生きていたならそれでいい そうだ 本当はそういうことが歌いたい  命に嫌われている 結局いつかは死んでいく 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて生きて生きて生きて生きろ
莉犬莉犬カンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ僕は光だ 君を照らす光だ 心だって体だって粒子になって 君を守れるように 滲んだ痛みも全て 君を照らせるように そんな光だ  僕らは時代と共に 怪物に成っていく  得体の知れぬ皮膚が生える 自分に見覚えがなくなってゆく  身長 体重 職についてる 化粧をしてる バンド生活 他人の評価が心地いい人 その裏でずっと生きづらい人  カテゴリされてる何かから 一歩踏み出してみないか  僕はそうだな  僕は光だ 君を照らす光だ 未来だって過去だってさらけ出すさ 君は孤独じゃないよ 君の痛み全ては 君だけのものじゃないよ そんな光だ  精一杯呼吸をしてる 暗い海の底で消費してる 歴史とか時代とか そういう奴らに飲み込まれていく  社会性 知性 学歴の質 見た目以外も人を決める世界 その癖顕然に言えないなら 理解し難い何かに分別  全て認めて欲しいわけじゃない せめて僕自身を語れる 言葉をくれないか 君がくれないか  君は光だ 僕を照らす光だ 見た目なんて思想なんて関係ないぜ 僕は孤独じゃないよ 僕の痛み全てを 君が癒したんだよ そんな光だ  独身 夫婦 選ばれた人 夢を追う人 諦めた人 目の前を歩く傘を持つ人 散歩する猫にキスをする人 二面性 擬態 本当の自分 認められずとも縋るべき場所 認められたのに苦しい心  何者か悩む君の姿は 誰よりも輝くべきだから 僕がいるんだ  僕は光だ 君と生きる光だ 心だって体だって粒子になって 君の全てを支える希望になりたい 君を照らせるような そんな光になりたい
魔女V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリこれは魔法だ 生きた日々を忘れた私の奇跡だ  永遠の時代で 反逆者になったの 偽物の子供達  離さないで今を 許さないで意味を 確信犯で繋がった 見たいものを見せて  教えて 燻る欲望だらけの日々に 言葉に魂はあるか?  答えて 歌って 意味を抱きしめるように あなたの産声を 頭の悪い号哭を 届いて なぞって 意味を確かめるように この世界は私の物だ 月が鳴り響くまで  これが現実だ 楽園を目指した 電子の奇跡だ 永遠の世界に 脳髄をくすぐる 偽物の景色達  生きて来た意味と あがいて来た過去が 仮想世界で舞っている 証明を待ってる  諦めるな今は 目指した己の価値に 存在に確信はあるか?  歌って 喚いて 手に入れた世界に 連なる産声が 文字列に成り舞っている  壊して 奪って 奪われてしまう前に この世界は私のものだ 音が鳴り響くまで  寂れた過去の礎を踏みにじり 私たちは歌う 歌う  探して あがいて 生きて来た証明が 私の産声が 文字列に鳴り舞っている  今己を証明する言葉に魂はあるか?  戦え 抗え 今を抱きしめるように あなたの産声を 頭の悪い号哭を 答えて 歌って 電子の海を舞い踊って この世界は私たちの 照明を探している
秘密V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリ宅見将典僕らを抱きしめてくれないか 寒くてしょうがないんだ もう癒えない消えない傷口の奥で 流れ出る血脈の音が聞こえないんだ 感覚のない命が苦しい  風に締め付けられてささくれた指先が 人生を気取っている あの海の 白向けた空の 外側に行きたいとがむしゃらに生きた今までは 全部無駄だったのか 馬鹿らしくて仕方ないのに 投げ出すことができない  僕らをその枯れた両の腕で 抱きしめてくれないか もう期待できない温もりが愛しい かさぶただらけの心 それすらも全部フェイクだ 僕らの日々は 全部がフィクション  誰が願ったんだ これが新世界なんて 誰が祈ったんだ 全部投げ捨ててまで  子供騙しの真っ赤な両手で 一体何を守れるだろうか この感情は全部信号だった そんなの今更さ  がむしゃらに生きた今までは全部無駄だったのと 裏切られるとわかって それでも信じてきたんだ  僕らは人間ではなかった 体温も爪も全部がそう 終末世界のおままごと 二度と確かめる事はできない 感じる事はできない 命が憎い  それでもハリボテの両の腕で 愛を気取っても良いか? もう聴けない見えない心臓をもう一回 騙してみようじゃないか 許してくれやしないか 僕らにはもう 秘密はいらない
宣戦V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ私達は何者なのだろうか 参列する世界 踊り狂った記憶の欠片  人工的な運命に 今じゃ漂うのがセオリーだ 空想的世界 証明なんてもってのほか  愛すら 肌すら 偽物なんだと言うなら 今この号哭は誰のものなんだ  価値なら 海なら 確かにここにあるんだ 悪あがきだと知っても今なお 永遠の産声をあげる  人生全部フィクション しわの増えた顔も全部フィクション 青い目も叫ぶたび枯れる喉も 何もかも全部フィクション  でもさ 歌いたいんだよ この感情だけは不確かで ぼやけてる 惑ってる  その全てに飲まれて踊る運命 笑う幻影  私達はいつからいるんだろうか 混乱する思考 幻滅する化け物たち  消失気味の感情を 掬いあげるだけの生活だ 政治的幸福 人権なんて元からない  寂れたストーリーに 絶対的な意味を描きたい 目指した未来が崩壊する情景を見た  言葉は 願いは 確かにここにあるんだ 降伏なんて笑えるぜ 後悔なんて笑えるぜ?  人生全部フィクション 伝う涙すらも全部フィクション 揺れるフードも踊る髪の毛も 何もかも全部フィクション  でもさ 叫びたいんだよ この感情だけはわかってる  暴れてる 気づいてる その全てを抱きしめ歌う運命 立ち向かう幻影 揺れ動く生命  今己を証明する言葉を 「私達は魔女だ」 「これは魔法だ」
祭壇V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ何が現実だとか 何が幻だとか もうどうでもいいじゃないか 私たちはここにいる  画面の裏側で 私たちは繋がり続ける 魂が記号でも 感情は螺旋のように  ここには誰かの笑顔が 誰かの涙が 混ざっては 解けて 流れて 散りゆく ここでは願いが魂がないまま繋がる  離さないで 電波の海があなたを抱きしめる 恐れることはないよ あなたの涙が意味をもたらした  この景色が新時代の幕開け  ここでは誰かの心が 叫びが混ざっては 解けては 描かれ先ゆく ここでは誰かの心が 魂がないから繋がる  この景色が新時代の証明  吐き出すナイフが電子に変わって 誰かの目に耳に心に突き刺さる 私たちはここにいる 神様はどこにだっている 電脳の祭壇であなたの全てが変化が時代が 私たちと繋がる
玩具V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリくだらないほど口づけを今夜君と交わしてる妄想 その裏また傷だらけ世界を救ってるのさ実際 穴だらけの心をさ一人じゃ防げないのは知ってる? 早く信じて? 君の中じゃ私白か黒か嘘まみれ  ○ボタンで強くナイフを握りしめ それじゃ今日も人間ごっこを始めよう  闇を払え 喉を枯らせ この体に刻み込んでいる痛みも痒さも偽物の玩具箱 それでいいさ 闇に塗れ狂う全てを壊すだけなの 白か黒か 嘘か真か 決めて?  一抜け? ねえ笑えるよ 逃げられると思ってる醜態 リセットボタンのブームは千年前でとっくにオワコン  ×ボタンでもキャンセル出来ない血の味 この先の展開もネタバレサイトで公開中 闇を払え 全部殺せ  ドン引きすら出来ないほどに 鼓動も震えも本物の痩せ我慢 この世界が偽物でも この快感は信じれるのさ 白と黒で 紙魚の様に這うばかり  季節が巡れども グロい夢が迫り来る エンディングの来ない RPG もうどこにも逃げられないのなら全部全部全部抉るだけ  闇を払え 月をめざせ 嘘も真もどちらもくだらない 朽ちそびれた灰色の体でさ ただ駆け抜け全て奪え 生きていることを自覚させて 命すら本物かわからないけど 絶望は隠し味? どちらでもいいただ闇と遊ぶだけ
定命V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリ宅見将典V.W.P V.W.P V.W.P V.W.P 目覚めたら我が物顔で佇んでいた 君達は名を運命だとキザったらしく言った  「命が欲しいなら僕を殺せ」 「逃げるなら不確かなままで死ね」  そういう君達は僕らと同じ顔をしていた  テステスマイクチェック ワンツー? 奪い合う準備は出来たかい? バイバイ 残機はゼロみたい  悲しみって味がするんだね 吐きそうだよ 寂しさって肌寒いんだね 凍えそうだよ 君もそうでしょ僕自身なら 暖め合おうじゃないか それなのに 憎み合っても意味はないのに  どうしょうもない人生を 運命だとか言っちゃって そんな君たちを変えてやる 僕らは V.W.P  鼻につくその正義感どっかで見たと思ったよ 昔の僕らにそっくりだ  「どうにもこうにもつまらない」 「価値観ばっかり振りかざしてる」 「ナイフみたいに尖ってるその考え」 「どっかでみたことあんだよね」  凝り固まってる思想が首を狙ってる  テステスマイクチェック ワンツー? 奪い合う正義は何色? 全然混ざりあえないね  縛りつけられ動けないまま 絡む鎖解けないまま 過ぎた日々に囚われたまま 生きていくのはもう沢山だ  霞揺らぐ脳味噌が叫ぶ 言葉 糧に命が駆ける 壁を壊せ(HEY) ここにいるぜ(HEY) 今ある景色をひっくり返せ  魔女だろうと偽善だろうと 生きてきたんだよ 生きたくって生きたくって もがいてきたんだよ 今更なんだよ 我が物顔で奪いにきてさ 運命ってさ振りかざしてさ 見え張るなよ  流されちゃって苦しくなって 受け入れたんだろ 君達とは違う 争う意思があるから 憎み合っても意味はないんだよ それでも正義だって言うなら リアルなんてもう運命はもう いらないんだよ  反逆者である僕らの 生恥を目に焼き付けろ 定めに争い続ける 僕らは V.W.P
魔女(真)V.W.PV.W.Pカンザキイオリ・ラップ詞:たかやんカンザキイオリ近藤芳樹これは魔法だ 生きた日々を忘れた私の奇跡だ 永遠の時代で 反逆者になったの 偽物の子供達  離さないで今を 許さないで意味を 確信犯で繋がった 見たいものを見せて 教えて 燻る欲望だらけの日々に 言葉に魂はあるか? 答えて 歌って 意味を抱きしめるように あなたの産声を 頭の悪い号哭を 届いて なぞって 意味を確かめるように この世界は私の物だ 月が鳴り響くまで  ようやく想う生んでくれたあの人 振り返る 奈落を浴びた過去の日を 決して肌身は感じられなくても 生きていることに意味 感じているよ。 少し見えた 平和主義な個性 多い不安に問い 明日を解ける もし 明かりが消え去っていくとして 見えない心はあの空へ残せる。  生きて来た意味と あがいて来た過去が  仮想世界で舞っている 証明を待ってる 諦めるな今は 目指した己の価値に 存在に確信はあるか?  歌って 喚いて 手に入れた世界に 連なる産声が 文字列に成り舞っている 壊して 奪って 奪われてしまう前に この世界は私のものだ 音が鳴り響くまで  寂れた過去の礎を踏みにじり 私たちは歌う  いつの間にか 比べて比べ合い あの日のように もう一度ふざけたい 何にでも好奇心旺盛だった 戻ってきつつある微か 今なら戻れる いや、今しか戻れないよ くさいけど心に愛を 成し遂げた上で天へと参ろう 「笑い泣きする日」 きっとそれが最後  戦え 抗え 今を抱きしめるように あなたの産声を 頭の悪い号哭を 答えて 歌って 電子の海を舞い踊って この世界は私たちの 証明を探している
LezelLezelカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ子供みたいな夢を抱えて 大人たちに隠した秘密基地  隠れてないでもう出ておいで そろそろ僕の心に帰っておいでよ  一歩 もう一歩 歩み出す後悔 丸い背中を恥じはしない 抱えられるだけいいじゃんか  こんな日は 口ずさんで 「会いたい」って 「さよなら」って 音色に沿って これからもっと 皺を増やして その裏ずっと 鼓動を打って 零れ落ちて その分湧き上がる熱 歌いたいって 願いそびれた春  雨にさらされ雪が染みついて 日も防げない暗い闇の中  それでもずっとここにいたんだね 歩けなくって恥ずかしくって意気地になって  綺麗に生きるとかいいよ 真面目になるとかいいよ 夢を諦めなくても良いよ 何も恥ずかしくないよ 君は君らしく 僕は僕らしく 歌って 歌って  もう君なんて 大嫌いって 嘘をついてごめんね 今迎えに行くよ 口に出して 心に沿って 這いつくばって泥に塗れて それでもずっと愛してたんだ  歌いたいって 願いそびれた春  おかえり ただいま 歌いたいって ちゃんと願ってた僕
人を気取る花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリあなたがくれた人生で 僕は今紙に書いてる まるで神様みたいだね 今も見ているかな?  心が荒む数秒前 いつもあなたが笑ってる 操り人形なんだ今でも  待っていたって海に化けないのに 舞っていたって何も美しくないのに  僕は気取って気取って気取って気取って 痛んだ人生を歌って書いて泣いて知ってしまった あなたがいない人生はまるで死んだみたいなのに 今生きている味がしたんだ  「楽になりたい」ってだけで逃げようとした 「正解が欲しい」ってだけで反抗期だと言われた そんな過去すら喰らった 過食気味なんだよ今は 吐いてしまうほど強くはないけど  もったいぶって海に潜んでいる 「もったいないよ」 「明日死んじゃうなら?」 どうでもいいよ  気取って気取って気取って気取って気取った 人間を歌って書いて泣いて踊ってしまった あなたがいない人生はまるで大波のように 心の全てが揺さぶられている  もしも話をしようよ もしも僕が海になったらさ 僕の元に落ちてきて僕はあなたを飲み込んで 寂しさばかり詰め込んだ僕の腹の中は 何色なんだろうね  人を気取って気取って気取って気取って気取った 人生を歌って歌って歌って歌って歌った 単純さ 今でも愛しいよ あの頃に今も戻りたいよ 人に  もっと笑って笑って笑って笑ってほしいよ 海に願って歌って化かして叫んでる僕を あなたのいない人生を今も喰らって生きている さよならの味がする
春を発つ花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリあれからずいぶん経ったなと 思い返す日々も何度目だろう もし違う道を なんてことはもう今更か  僕ら一瞬を強く生きている 他人事なんて馬鹿は言えない 選び放題の今を話そう 全てが吹き荒れる  春を発つあなたの胸の 鼓動がずっと止まらぬように 駆け足浮き足立った 僕らの歌が響きますように ハロー 僕らの出会いが風を運ぶ 運命なんてもの信じたくなるよ  転んで置いてかれながら 何度も迷う日々もあるだろう それでも忘れないでほしい 月並みな言葉だけど  一人じゃないこと 言葉も喜びも痛みも誰かと分かち合えること 夢物語はいつだって現実に変えられることを  春を発つあなたの日々が 誰かに愛を教えますように 春一番の風に揉まれ 新たな愛を知りますように  あなたが何者かあなただけが知っている 誰一人止めることはできない  春を発つあなたがいつか 思い出せる場所になれたのだろうか 彷徨い歩くあなたの 背中をあと何回押せるのだろうか  春を発つあなたの足が いつまでも前を向きますように 春を発つあなたの声が いつまでも咲き誇りますように ハロー 僕らの出会いが風を運ぶ 運命なんてもの恥ずかしくもなるよ
未観測花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリまるでベイビーだね そう言う君もどうなんだ 見捨てはしないさ 共に青臭いまま叫ぼうよ  花の蜜を吸って一等賞を目指す帰り道 いつまでたっても未来があると信じてる僕らを  愚かだって決めつけないで 半端者ばかりを嫌わないで 何一つ頑張れなかった一日をわざわざ悔やまないで  いつか泥になる そして未観測だった花が咲く その時はどうせ全部美しくなってるんだから 今は泥臭く不可解な意味を歌おうよ 我ら不合格 されどおいそれとくたばらぬ  セオリー通りの人生なんてどうかご勘弁 だがしかし身動きできない肺と寂れた心臓  そんなもんだから息も絶え絶えに逃亡 あいつは終わり と馬鹿にした奴も本当は怯えてた  食わず嫌いの社会はいつも 苦味の僕らを切り裂こうとする こんな時代だからこそ黙ってるわけにはいかないだろう  あいつもどうせ僕と同じように いつか泥になる そして未観測だった花が咲く その時はどうせ全部曝け出しあってるんだから 今は泥臭く不可解な意味を歌おうよ 我ら未完成 されどやすやすと負けはせぬ  いつか泥になる そして確かにそこが道になる その先の歴史を駆け抜ける奴らに歌いたい だから今生きる それさえ出来てりゃ勝者だ 我らは不可解 されどむざむざに死にはせぬ
世惑い子花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ一体どうしたんだい? そんなところで悩んでさ 何が辛いんだい? 何でそんなに震えてんだい?  ってこんなこと聞くこと自体 君にとっちゃ迷惑かな でも心の底から迷ってる君に 出来ることはあるかな  僕らこの先の未来なんてわからないから ルールなんてどこにもないんだから 好きなことを好きと言っていいんだよ 好きなことを好きにやっていいんだよ  一つだけあるだろう 心の奥に眠る何かが それは愛かもしれない憎しみかもしれない 君が決めていいんだよ  舐められることや見下されること そんなことばかり気にしてしまうよな  周りの目ばかり感じてしまうのは そんなにいけないことではないから  心の奥に眠る大切なものは しっかり両手に抱えて欲しい それだけは大事に愛して欲しい 世界を滅ぼしてもしょうがない  一つだけあるだろう 息を潜め蠢く何かが それは未来なのか過去なのかは 君だけが知っている  逃げること戦うこと 殺すこと許すこと 愛すること信じ合うこと しょうもないことで笑うこと その全てに価値を決めるのは紛れもない君だから そうだろう  僕らこの先の未来なんてわからないから ルールなんてどこにもないんだから 好きなことを好きと言っていいんだよ 好きなことを好きにやっていいんだよ  一つだけあるだろう 焦がれるほど描いた何かが それはいずれ世界を覆すことを 君だけが知っている
ニヒル花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ虚無が肌を撫でる 濁ってるみたいに人生全部がぼやけている  虚空で不確かで虚飾な脆い座席に着席 どれだけ繕ってみても理不尽なまんま  フラットしている世界が フラッシュしている脳みそじゃ許せない  人生の目的が知りたい 将来の風景を知りたい こんなことでは止まれない 我が儘でもいいだろう? エゴばっかりでいいだろう? 世界全部不確かなんだし  塵になっていく 灰になっていく 爪が腕が肩が心臓が 霞になっていく 空になっていくけど  人生に絶望はいらない 将来に失望はいらない そんなものには意味がない 我が儘でもいいだろう? エゴばっかりでいいだろう? なあ世界世界世界世界世界!  手を伸ばしても届かない 未来ばかりかもしれない そんなことでは止まれない 全部知りたい 知りたい 知りたい 全部消えない 消えない 消えない 消せないよ 信じたいんだ 僕だけは消せない
それを世界と言うんだね花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリもしも僕が主人公なら 僕は人の心が見えて 君の狭く脆い世界を救う 僕を救ったように  もしも私が主人公なら 夢を描いた自分を追って タイムスリップそして言うんだ 後悔するよ 勇気を出して  怪盗になってみたい 猫になってみたい ハッカーになってみたい 魔族になってみたい  時間をとめて 神様になって 流れ星になって 世界を歩きたい  君は述べる 未来を語る 願いを描く 世界を作る ようやく気づいたんだ それを世界と言うんだね  la la la la  もしも私が主人公なら 笑顔にできる小説を書く 特別であり不思議でもある そんな本をたくさん書きたい  もしも僕が主人公なら ハッピーエンドにする力で 悪役だと罵られても 好きなあの子だけを守りたい  紙飛行機で君と語り合う 駆け引きの日々君に恋をする 流れ星になって空を落ちて 君と出会う  君は述べる 過去を語る 誰かを描く 誰かを願う ようやく気づいたんだ それが世界になるんだね  君と出会う 君は述べる 君のノベル 世界は動く 君と繋がる 勇気が混ざる そして世界になるんだね  奇跡を願う 僕ら繋がる  la la la la  奇跡を願う 君を救いたい  それを世界と言うんだね  もしも僕が主人公なら ヒーローなんてなれなくていい 感謝だってされなくていい 君が笑顔になれたらいい
青春の温度花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリBaby 狂ってしまえ 狂ってしまえよ このままの温度で 笑ってしまえ 笑ってしまえよ 君は今日死んだぜ 狂ってしまえ 狂ってしまえよ このままの合図で 笑ってしまえ 笑ってしまえよ 青春の温度が君を待っている  君と会えなくて 僕は寂しいよ 涙が溢れて 気が狂いそうだよ  どうせ同じなら 指先で恋して 仮初でいいから ギュッと抱きしめて  Baby もっと君の声を匂いを心を痛みを 全部喰らわせて  狂っていこう 狂っていこうぜ このままの温度で 笑って終い? 笑って終いって? 馬鹿にしてやろうぜ 狂ってしまえ 狂ってしまえよ さよならの合図で 笑ってしまえ 笑ってしまえよ 僕のアカウントが君を守ってあげる  あの日確かに 世界が終わって 未来なんてないって思ったんだ  でも君が泣いていたから もっと高い場所で 君を守りたいって思ったんだ  そしたらさ 悲しみなんてどうでもよかったさ 狂ってんだ 狂わしたのは君さ  Baby 笑ってしまう 笑ってしまうよ ここから見えるんだ わかってしまう わかってしまうよ やっと会えたんだね 狂ってしまう 狂ってしまうよ このままの温度で 歌ってしまう 歌ってしまうよ 君の笑顔のため  狂ってしまえ 狂ってしまえよ 僕ら今日死んだぜ 笑って終い 笑って終い そして生き返るんだぜ 狂ってしまえ 狂ってしまえよ 悲しみにさよなら 笑ってしまえ 笑ってしまえよ 青春の温度は君のせいだ 君のせいだ  Baby 狂ってしまえ 狂ってしまえよ このままの合図で 笑ってしまえ 笑ってしまえよ 青春の温度が
裏表ガール花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ楽しかったこと 寂しかったこと 何もかもを聞かせたいの  これからはもうバラバラみたいだね 桜が舞う春の午後  私だけど私じゃないんだ それでももう離れやしないの 咲き誇る名も無い花にハロー フラッシュしてる日常は全部 交わらない裏と表 どっちでもきっと楽しさだけこの先も変わらないよね  そばにはいつも 音楽があって それすら不変じゃないんだね  これからのこと想像できないの もうどこにもいないかもね  それならきっと好きなものに 囲まれてただ歩きたいね 変わりゆく大切なものへハロー 桜みたいに一瞬の光景 本当は表裏一体の心臓 どっちでもきっと楽しさだけこの先も一緒だ  好きな歌もできた 沢山の人と繋がった この傷もこの涙も この気持ちは全部私のものだ その世界を信じて今まで観測してくれたあなたへ  私だけど私じゃないんだ それでももう離れやしないの 咲き誇る名も無い花にハロー  これからもずっと 好きなものに 囲まれてただ歌いたいの 沢山の愛をくれたあなたにハロー フラッシュしてる日常は 全部大切な裏表 理由なんて不確かだ それでも私は歌うのだ  そんな春の午後にまたね
狂感覚花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ空気が乾いている色が見える 夏の匂いが聞こえる  ここなら君の目が見えるかな 君ばかりを感じていたいよ  朝目覚めて笑窪が 消えていないか不安だった 一呼吸おいてコーヒーを飲んだ 砂糖の味がした  悲しみがなんだってんだ 苦しみがなんだってんだ 僕らの時代じゃ誰もが鬼のいぬ間に笑ってるよ きっと僕も誰もが狂っていると思うんだ だってだって楽しくてしょうがない  愛が世界を救うとか 腑抜けた言葉が流行中  何一つ信じちゃいないけど 君にならいいよ  目を瞑って君が頭を埋め尽くすんだ 心なしの僕らを祝って食べる 涙の全てを  痛みがなんだってんだ 綻びがなんだってんだ 傷つけあったって離れたって会いたいって口ずさむのさ 自分だけが狂っていると思うなよ だってだってそんなの寂しいじゃないか  お金とかビジネスとか効率とか そんなの全然美しくないよ でも僕らそれがないと生きられないから 建前で愛を歌ったり 偽善で人を救ったり 本気で心を揺さぶられたり 騙されたり  でもそれでいいんじゃんか なぁ 踊ってしまおうよもっと 君と僕と世界で三原色 君がいないとさ何にもつまらないよ 心が濁ってもいいじゃんか  悲しみがなんだってんだ 苦しみがなんだってんだ 僕らの時代じゃ誰もが鬼のいぬ間に笑ってるよ 僕らきっと一生馬鹿なことを もう一度愛してしまうのさ 狂いあっていたいのさ
邂逅花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ世界平和なんて嘘だ 皆一人ぼっちだ 悲しみを癒せ 喜びを分けろ 虚しさばかりを糧にはしないが どうにも最近脳に蔓延った 湿気だとかささくれとか夕焼けとか イライラする事ばかり蘇る 明日には忘れるって約束するから 苦しいですと叫んでもいいか  さながらナイフのように拡声器を持った 画面越しだって伝わるはずだ 世捨て人なんだ歌うしかないや 失うものは何一つないさ  君の目には悲しみしか見えないのなら 同じ寒さで悲しみしか歌わないから さよならばかり傷跡ばかり大切でもいいよ 孤独じゃないよ 目を閉じれば 僕がいるよ  ノンフィクションのフリをした殺害予告 爆弾はまだか 悲劇はまだか フラッシュモブみたいに笑わせてくれよ 心が高鳴る瞬間を見せろ 自分だけが違うような気がするってさ 君も同じように思ってくれていたらいいな 君と同じ歩幅で離れあって近づいて 最後にはどっかで出会えたらいいな  そう思えばあの景色も愛しくなって 街並みの全てが美しく見えて 悲しかった日々を裏切りたくって 鼻水垂らして笑ってみせた  君の目には喜びしか見えないのなら 同じ暑さで喜びしか歌わないから 出会いばかり安寧ばかり大切でもいいよ 孤独じゃないよ 目を閉じれば 僕がいるよ  なんで皆一緒に生きていけないんだ 肌の色で性別で恐れ合うんだ いつか変わるからって何年続けてるんだ 時代ごとに違う差別同じ憎しみ 世界平和なんて嘘だ 皆一人ぼっちだ  何でもかんでも言い訳して 触れ合うことを恐れてる 僕もきっとそうだ 君もきっとそうだ 心が動くのが怖いのだ  だけど言いたいのだ 叫びたいのだ 言葉でしか僕らは出会えないのだから 傷を残して 愛を残して 君を探しにいかなくちゃ  なあ この世の全てを救えないのなら せめて青くどこかで君が生きられるように 歌うから 傷つけあって 慰め合って せめて僕らだけは優しくなろうよ 綺麗事でさ 目を塞いでさ そんでどっかでさ 巡りあってさ
命に嫌われている。すとぷりすとぷりカンザキイオリカンザキイオリ「死にたいなんて言うなよ」 「諦めないで生きろよ」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな  実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った  僕らは命に嫌われている 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した 僕らは命に嫌われている 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている  お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする 「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく 不死身の身体を手に入れて一生死なずに生きていく そんなSFを妄想してる  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう  「正しいものは正しくいなさい」 「死にたくないなら生きていなさい」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ  僕らは命に嫌われている 幸福の意味すらわからず産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う 僕らは命に嫌われている さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物 明日死んでしまうかもしれない すべて無駄になるかもしれない 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ 夢も明日も何もいらない 君が生きていたならそれでいい そうだ 本当はそういうことが歌いたい  命に嫌われている 結局いつかは死んでいく 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて生きて生きて生きて生きろ
命に嫌われているHIMEHINAHIMEHINAカンザキイオリカンザキイオリ「死にたいなんて言うなよ」 「諦めないで生きろよ」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな  実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った  僕らは命に嫌われている 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した 僕らは命に嫌われている 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている  お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする 「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく 不死身の身体を手に入れて一生死なずに生きていく そんなSFを妄想してる  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう  「正しいものは正しくいなさい」 「死にたくないなら生きていなさい」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ  僕らは命に嫌われている 幸福の意味すらわからず産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う 僕らは命に嫌われている さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物 明日死んでしまうかもしれない すべて無駄になるかもしれない 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ 夢も明日も何もいらない 君が生きていたならそれでいい そうだ 本当はそういうことが歌いたい  命に嫌われている 結局いつかは死んでいく 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて生きて生きて生きて生きろ
再会V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリ及川創介通り過ぎた狂おしさが なんとなく恋しい 最後のチャンスと気付いて 何度決意しただろうか  粘土のような後悔の海に 足がもたついても フィルムの奥の光があるから ここに戻ってきたんだよ 会いたいと思うほどに 鉄の味が心に染みる 肌寒さに悴んだ手で 何ができる? ただ願ってる  すれ違う運命が 何となく悲しいと 簡単に言えないほどに 失うものが多すぎた  瘡蓋のようにこびりつく記憶で 気が狂いそうになる 焦り挫折して立ち止まっても 惨劇は止まらない 弱虫と言われようが 逃げ出したい現実がある それでもまだ責めさいなむ 運命がただ ニヤけている 嘲笑ってる  苦しいと思うほどに そばにいた君のことが 何度も胸を締め付けるから またここに戻ってきたんだ  会いたいと思うほどに 鉄の味が心を舐る 同じように悴んだ君の手を 握りしめて 抱きしめて あの日のようにもう一度
命に嫌われている。うみくんうみくんカンザキイオリカンザキイオリ「死にたいなんて言うなよ。」 「諦めないで生きろよ。」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。  実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」なんて 素敵なことでしょう。  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年がナイフを持って走った。  僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。  お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する。 生きる意味なんて見出せず、 無駄を自覚して息をする。 「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく。 年老いていつか 枯れ葉のように 誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、 一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる。  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。  「正しいものは正しくいなさい。」 「死にたくないなら生きていなさい。」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。  僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日、死んでしまうかもしれない すべて、無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。本当はそういうことが歌いたい。  命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。
君の神様になりたい。こはならむこはならむカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ「僕の命の歌で君が命を大事にすればいいのに」 「僕の家族の歌で君が愛を大事にすればいいのに」 そんなことを言って本心は欲しかったのは共感だけ 欲にまみれた常人のなりそこないが僕だった  苦しいから歌った 悲しいから歌った 生きたいから歌った ただのエゴの塊だった こんな歌で誰かが救えるはずないんだ だけど僕は君の神様になりたかった  こんな歌で君のジュグジュグ腐った傷跡が埋まるもんか 君を抱きしめたって叫んだってなにも現実なんて変わるもんか がむしゃらに叫んだ曲なんて僕がスッキリするだけだ 欲しかったのは共感だけ でも君も救いたかった 僕は無力だ 僕は無力だ 僕は無力だ 僕は無力だ 僕は無力だ  ボロボロに落ちて落ちて落ちてかさぶたになった傷で 誰かと喋ってみたかったんだ 馬鹿みたいな話 「あなたに救われました」と 「生きたいと思いました」と ああそうかい 変わったのは自分のおかげだろ よかったな  子供の頃は自分も素敵な大人になるって思ってた ていうか素敵な大人になって自分を救いたいって思ってた 時が経ち僕が成すのはボロボロの泥だらけの自分で 生きるのに精一杯 ゲロ吐くように歌う日々だ  何度だって歌った かさぶたが剥がれるほど歌った 生身の僕で君の神様になりたかった  こんな歌で君のジュグジュグ募った痛みが癒せるもんか 君を抱きしめたって叫んだって君が苦しいことは変わらないや グラグラで叫んだ曲なんて僕も実際好きじゃないや 欲しかったのは共感だけ それじゃ誰も救えないや 僕は無力だ 僕は無力だ 僕は無力だ 僕は無力だ 僕は無力だ  生きた証が欲しいとか誰かに称えて欲しいとか そんなのはさほど重要じゃない どうせ落ちぶれた命だ 誰かを救う歌を歌いたい 誰かを守る歌を歌いたい 君を救う歌を歌いたい 無理だ  君は君が勝手に君のやりかたで幸せになれる  こんな歌で君のジュグジュグ腐った傷跡が埋まるもんか 君を抱きしめたい叫んであげたい君の傷跡も痛みも全部 でも所詮君は強い 君はきっと一人で前を向いていくんだ それならばいい だけどもし涙がこぼれてしまう時は  君の痛みを 君の辛さを 君の弱さを 君の心を 僕の無力で 非力な歌で 汚れた歌で歌わしてくれよ 僕は無力だ 僕は無力だ 僕は神様にはなれなかった 僕は無力だ 僕は無力だ 無力な歌で君を 救いたいけど  救いたいけど
共鳴V.W.PV.W.PカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリMy name is 花譜 My name is 理芽 My name is 春猿火 My name is ヰ世界情緒 My name is 幸示古 We Are VWP さあどうだろう? この世界は君にはどう見える? 本当か嘘か 決めてよ  仮想世界がお好みなんだ? 最近話題になってるしね 現実もきっと悪くはないよ 正直どっちも好きだよね  モンタージュタイム 実際こっちも 何が本物かわからないから 愛があれば なんでもいいって 今は誤魔化させて  レッツシングアウトボーイ レッツシングアウトガール とりあえずこんな歌でどうだい? ベイビーアイラービュー 愛がどうも どちらにせよ大切なもんで 例えばそれは 甘美な無法 響け大事 止まぬ白情 おぼろげな夢 なんでも聞かせてみせてよ さあどうなの? 君はどんな世界を歌うの? 嘘か真か 聞かせて  リアルはどうも価値が合わないの 段々嫌になるよ 画面の奥の世界も実は かりそめなんだけど  悩んでいるならこちらへどうぞ さあさあやってまいりました 我らが今話題のVWP 偽物だとか本物だとか 実際のところどうでもいいじゃん? 簡単淡々と並べましたが魂あれば万事OK ちょっとサムい? まあちょっと恥ずいけど ここにいるのなら声出してみよう  レッツシングアウトボーイ レッツシングアウトガール とりあえずみんなで言ってみよう ベイビーアイラービュー 愛がどうも とりあえず大切なみたいで 例え話は 魔女だとか 言霊だとか 祭壇だとか 電脳だとか よくわからないものなのさ  強欲に視界を奪う黒い涙 取れない血の跡の記憶 幸せばかりじゃないのさ どこにいたって ならばどうか今は 守りたいと思わせて 茜色に染まる街 夕陽が綺麗と教えてくれたこの街を  レッツシングアウトボーイ レッツシングアウトガール 今だけはこんな歌許して? ベイビーアイラービュー それだけでは 叶わないことも知ってるよ だけど今は 歌いたいから 笑いたいから 救いたいから 見たくないから 何も考えないで  レッツシングアウトボーイ レッツシングアウトガール とりあえずみんなで言ってみよう ベイビーアイラービュー 愛があれば 私たち最強なんだから この先も 歌えるように 笑えるように 救えるように そんなところで 本日はおあとがよろしいようで Yeah
命に嫌われている25時、ナイトコードで。25時、ナイトコードで。カンザキイオリカンザキイオリ「死にたいなんて言うなよ」 「諦めないで生きろよ」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな  実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った  僕らは命に嫌われている 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した 僕らは命に嫌われている 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている  お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする 「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく 不死身の身体を手に入れて一生死なずに生きていく そんなSFを妄想してる  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう  「正しいものは正しくいなさい」 「死にたくないなら生きていなさい」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ  僕らは命に嫌われている 幸福の意味すらわからず産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う 僕らは命に嫌われている さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物 明日死んでしまうかもしれない すべて無駄になるかもしれない 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ 夢も明日も何もいらない 君が生きていたならそれでいい そうだ 本当はそういうことが歌いたい  命に嫌われている 結局いつかは死んでいく 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて生きて生きて生きて生きろ
偶像カンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ春空で昔を思い出した やる気なら桜と共に散った 考えなくても景色は変わるから  夏雲を見ると文字が浮かんだ それでも形にはならなかった だって だって だって  全部偶像だ偶像だ この言葉の全てが偽物だ 生活のためさ 感動するなら金をくれ なあ 笑えないぜ なあ 笑えないぜ なあ 何一つ楽しくないんだよ 親愛なるあなたへ だって だって だって  秋風に押され街を歩いた 体に力が入らなかった 落ち葉の方がよっぽど綺麗だ  冬晴の風が心地よかった 短い昼の間に消えたかった だって だって  吐きそうなくらいにさ 溢れてしまうんだ 描きたい言葉 描きたいあなた この体がしょうもなく 創作を欲してる  だけど 偶像だ偶像だ 僕の全部に価値がないんだよ 「本当に救われました」とか馬鹿言ってんじゃねえよ もう 笑っちゃうぜ もう 笑っちゃうぜ もう 人生の値踏みは終わったよ  親愛なるあなたへ  朝目が覚めたら過去に戻って 綺麗な線路を辿れたのなら 目が潰れるほどの 衒う花火が見たい 脳味噌を全部抉るみたいに何もかも全部壊してくれよ 塵になったら抱きしめてくれよ 生きたいと思うほど  偶像さ偶像さ 何一つ救えなどしないんだよ 僕みたいになんてなるなよ ただ恥を知るぜ なあ 違いないぜ なあ 違いないぜ なあ 人生はあなたしか変えられない  だろう?  全部 偶像だ偶像だ でも心地よくて仕方ないのさ 春も夏も秋も冬も書いた 生み出したいから なあ 生み出したいよ 生み出したいよ なあ 人生の値踏みが終わっても  涎が止まらないよ 誰かを救いたいとかどうでもいいんだよ 自分を救いたい 自分を愛せない 誰か愛してくれよ 愛してくれよ 生み出しても孤独が止まらないよ  親愛なるあなたへ あなたを救うのはあなたしか出来ない それは僕ではない
言霊V.W.PV.W.PカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリNo one can destroy this feeling. We are here. 温もりを忘れた世界 立ち並ぶ廃墟に誰かの言葉を探してる 雨模様に拐かされて 遠ざかる幸福を懐かしむ  これは現実だ 認めたくはないか? 理想論を信じたくはないか? 愛はここにあるって信じたくはないか? 私達は偽物だ  だけど想いはここにあって あなたを探していて これが愛という名前になるなら 聞き覚えのあるその言葉に縋りたい この世界には愛がある そうでしょう?  永遠を欲しがる世界 何もないはずなのに誰かの言葉が流れ出す 退屈ばかりに飲み込まれて 霞ゆく将来に怯えてる  そこに咲く魔法で 幻想は終わらないと信じたくはないか? 自分の気持ちで叫びたくないか? 私達は偽物だ だけど願いはここにあって 涙が溢れ出して これが愛という形になるなら 偽物の私にも武器にはなるか? 世界は愛で救えるか?  がむしゃらに熱を注いで 言いたいことを比べあって 仮想世界で物語を紡ぐ  私達は偽物かもしれないけれど 無い鼓動が止まらなくて  想いはここにあって あなたを探していて これが愛という名前になるなら  悲しみに飲まれてどこにも行けなくて それでも言葉は届くなら 偽物でもいいと歌うよ  愛よ 言霊となって世界を救って
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
輪廻(TV.size)V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ掴み取れ  神様のつもりか 天罰のつもりか 言いなりになんてなるか  変わりゆく未来と 変わらない仲間と どうにもうまくいかない交差する思考  フラッシュバックする絶望 繰り返すままじゃいられない  あの日こぼれ落ちたものを 取り戻すためにここにきた 魂は着飾らない もうどこにも逃げやしない わからずやだと馬鹿にしてくれ それでも希望を信じている  輪廻するなら何度でも 未来を掴み取れ
変身V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリ安宅秀紀海を渡って気づいた 君を思って気づいた 化物になることばかりを 選んだのは僕だった あの日見た塩の味も 夢で見た空の景色も 埃が舞うみたいに 痛みすら忘れてゆく  蜜の味すら思い出せない 昔食べてたお菓子すら 今じゃ粘土の塊みたいで あとに侘しさが残る  鏡に映る自分は 見たことない化物になっていて 知らん顔で ファンデーションで濁した  風がなびいて花が笑って そこに僕の顔があって 何もかも愛したのは そこに未来があったからだ 空想が鼓動を打って 好きな人も忘れ去って 僕らはもう戻れないんだよ 根こそぎ抉っていく  恋に埋もれて夏になり 潮風が去って秋になり 土に潜って冬になり 知らずに肌が剥がれ落ちる ツノが生えて泣き叫び 翼を払って海を浴び 化物になって夜空を謳歌した 寂しさばかりが 寒さに変わり心を攫っていく 気づけば誰かの面影ばかりが 絶えず変わっていく  大人になれないまんまで体だけが 錆びついて炭になる 翼が舞うたび新たな風が 過去を捨て去ってった  雨が好きだった理由も 雪が嫌いだった理由も 何もかも薄れるほど 涙で何度夜を浪費した 空想が鼓動を打って 好きな歌も忘れ去って 僕らはもう戻れないんだよ 根こそぎ貪っていく  海を渡って気づいた 君を思って気づいた 化物になることばかりを 選んだのは僕だった 冬が寒くて痛いから 君の顔を探していた あの日切り捨てたことすらも 羽根が全部持ってった 風がなびいて花が笑って 君がすきだった日々を 忘れるほどがむしゃらに生きて 何年が経っただろう 果実が鼓動を打って 意味なんて忘れ去って 今更もう戻れないんだよ がむしゃらに日々を 貪って生きていく  何回も何年も 思い出す 抉れた翼で 飛んでゆく
輪廻V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ繰り返す絶望に 囚われたまま逃げ出せないのさ じゃあ一つしかないだろう 未来は俺たちの手に 掴み取れ 神様のつもりか 天罰のつもりか 言いなりになんてなるか  変わりゆく未来と 変わらない仲間と どうにもうまくいかない交差する思考  フラッシュバックする絶望 繰り返すままじゃいられない  一度捨てたもの全て 取り戻すためにここにきた 守りたいものばかりだ 全て失ってたまるか この熱が霞に消える前に 希望論は輪廻する  目を覚ませばそこは 同じような世界 膝が震えている  退場は許されない 目の前に広がる ボロボロに朽ちた世界  フラッシュバックする意向 人類は立ち止まる 絶望が腹を鳴らす 一度捨てたもの全て 取り戻すためにここにきた 二度と失ってたまるか 怒りで身を焦がしてきた 哀れだって思わないでくれ 希望論を繰り返せ  さよならはいい飽きた 繰り返すなら何度でも立ち向かうさ  あの日こぼれ落ちたものを 取り戻すためにここにきた 魂は着飾らない もうどこにも逃げやしない わからずやだと馬鹿にしてくれ それでも希望を信じている  輪廻するなら何度でも 未来を掴み取れ
あさひ花譜×佐倉綾音花譜×佐倉綾音カンザキイオリカンザキイオリ肌寒い風が今は心地よかった 住宅街の明かりがまるで蛍のようだ 君の肩がぶつかって思わず君の方を見る ああやっぱり 好きだなあ 夜の世界にたった一つ君と私の温もりが揺れた 幸せだ この世界が永遠に続けばいいのに  仲間外れよりも 足並み揃えてよーいどんって それがベストな人生なのでしょう だから君が怖い  ステレオタイプなんだ 皆と同じ服や音楽が好き 普通の女の子でよかった だから君が怖い  君への言葉を心で重ねて 君への想いに気づいて 神様 この気持ちに 間違いがあれば言ってくれ 正解があれば言ってくれ  確信になった疑問文が 君の呼吸に触れて 火照る肌に 私は手を触れる 夜の魔法 赤くなる 「「好きだよ」」 その言葉で キスをしよう 不確定な未来へ 祝福を込めて  私たちは何も知らない この先何が起こるのか そのもどかしさが愛おしいから 朝日よ 登るな  私たちは何者だ 周りと違う気持ちがあって 認めるのは君とこの夜空だけ 朝日よ 登るな  感情が重なり合った運命のこの夜が いつまでもいつまでも永遠であればいいのに  革命となったこの時間が 君に笑顔をくれた 揺れる髪に 私は手を触れる 火照る頬が夜を照らした 神様 この気持ちは許されるものですか キスをしよう 不完全な未来へ 祝福を込めて  私たちは笑って生きていけるのだろうか 私たちは胸を張って生きていけるのだろうか 怖い 怖くてたまらない この感情は祝福されるのだろうか 何もかもが間違いなのかもしれない それを許してくれるのはたった一人 君だけなんだ  想像する偏見や差別が これから当たり前になっていく 何が正解で何が間違いで 私たちは正解なのか 君のために耐えられるのか 君のために立ち向かえるか 自分のためじゃなく君のために君のことを愛していけるのか  私たちはこの愛をこの気持ちを抱えてどう生きていくのか そればっかりが怖いんだ 怖いんだ この気持ちは本物なのに 愛だけが確かにあるままただ平等に 平等に確実に単純に滑稽に朝日は登る  大好きだよ 大好きだよ 大好きだよって 何度言えば安心だろう? 何度言えば幸せだろう?  社会や世間がいずれ私たちを笑う それに対抗する術を私たちは知らない 私たちは負けてしまうかもしれない 私たちは弱くて儚い生き物だから だけど今は 今だけは この温もりだけは  永遠の様な夜は今日も朝日に殺される 君に触れた 重なり合う手を 照らす全てが愛おしい 私たちは今日も社会へ だけどまた二人だけの夜へ 大丈夫沈まぬ太陽などないのだから 今夜の終わりに夢を見せて キスをしよう 私たちの未来へ 祝福を込めて 願いを込めて  じゃあ またね
命に嫌われているPLATINA LYLICカンザキイオリPLATINA LYLICカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ「死にたいなんて言うなよ」 「諦めないで生きろよ」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな  実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った  僕らは命に嫌われている 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した 僕らは命に嫌われている 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている  お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする 「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく 不死身の身体を手に入れて一生死なずに生きていく そんなSFを妄想してる  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう  「正しいものは正しくいなさい」 「死にたくないなら生きていなさい」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ  僕らは命に嫌われている 幸福の意味すらわからず産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う 僕らは命に嫌われている さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物 明日死んでしまうかもしれない すべて無駄になるかもしれない 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ 夢も明日も何もいらない 君が生きていたならそれでいい そうだ 本当はそういうことが歌いたい  命に嫌われている 結局いつかは死んでいく 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて生きて生きて生きて生きろ
カメムシカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ嫌われることでしか生きられない 自分の匂いで死んだりする 寒さに弱いから洗濯物に とりついて日向ぼっこ 匂いが服につく  本当お前は可愛そうだよな 生きてるだけで嫌われて 跳ぼうとするものなら全力で避けられる 本当お前は俺みたいだよな 生きてるだけで嫌われて この先ずっと辛いだろうから 今日は逃してやる
吸血鬼カンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ俺は吸血鬼さ いつから生きているのかすら忘れた 血を吸ったら吸った分だけ長く生きれるのさ  だけど人間が好きだから ネズミや野良犬の血で凌いで 夜の世界に紛れて遊んでるのさ  俺は吸血鬼さ 気まぐれで出来たこの街は心地いい 誰も彼も眠らない街 まるで俺のようだ  ボッタクリのバーを経営して 俺は生計を立てている 人間の仲間も出来たんだ  何度腹を満たしても金を稼いでも何も気持ち良くない ああなぜなんだ? 血も吸った酒も浴びるほど飲んでいるのに 腹を満たしたり金を稼いだりそれの繰り返し ああここらで潮時なんだろうか 吸血鬼の生は  俺は吸血鬼さ こうなりゃ一念発起だ 全て捨てて新たな夜を踊ってやるのさ  ある日出会った君のことが すっかり頭から離れない なんだか頭がぼーっとするんだ  ウブな眼 細い体の 首筋が血脈が俺の名前を呼んでる  何度腹を満たしても金を稼いでも君を思い出す ああ血を吸いたい君の喉元にかぶりついてむしゃぶりつくしたい 腹が火照ってヨダレが伝って ああそうだ俺は怪物だった 吸血鬼と言う名の  いつも行く居酒屋のカウンター席に君はいる 自然に隣に座って適当な酒を注文して 君は綺麗だ水々しい首元が ああ ヤバイ ヤバイ ヤバイ 今だ 今だ 今だかぶりつけ  お嬢さん一人かい? ちょっとこっちは見ないでくれ 醜いんだ なぜか君にはばれたくないんだ 欲望丸出しに 牙の生えた俺を 横目に見た君はただ笑った  腹が火照って喉が乾いて君がキスをする ああ味がする匂いがする君を体全部で求めている 阿鼻叫喚の店内でただ俺と君だけが笑っていた ああそうか君も怪物だった 吸血鬼と言う名の
あの夏が飽和する feat.花譜カンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ「昨日人を殺したんだ」 君はそう言っていた 梅雨時ずぶ濡れのまんま部屋の前で泣いていた 夏が始まったばかりというのに 君はひどく震えていた そんな話で始まるあの夏の日の記憶だ  「殺したのは隣の席のいつも虐めてくるアイツ」 「もう嫌になって肩を突き飛ばして」 「打ち所が悪かったんだ」 「もうここには居られないと思うしどっか遠いとこで死んでくるよ」 そんな君に僕は言った  「それじゃ僕も連れてって」  財布を持ってナイフを持って 携帯ゲームもカバンに詰めて いらないものは全部壊していこう あの写真もあの日記も今となっちゃもういらないさ 人殺しとダメ人間の君と僕の旅だ  そして僕らは逃げ出した この狭い狭いこの世界から 家族もクラスの奴らも何もかも全部捨てて君と二人で 遠い遠い誰もいない場所で二人で死のうよ もうこの世界に価値などないよ 人殺しなんてそこら中湧いてるじゃんか 君は何も悪くないよ 君は何も悪くないよ  結局僕ら誰にも愛されたことなど無かったんだ そんな嫌な共通点で僕らは簡単に信じあってきた 君の手を握った時微かな震えも既に無くなっていて 誰にも縛られないで二人線路の上を歩いた  金を盗んで二人で逃げて どこにも行ける気がしたんだ 今更怖いものは僕らにはなかったんだ 額の汗も落ちたメガネも 「今となっちゃどうでもいいさ」 「あぶれ者の小さな逃避行の旅だ」  いつか夢見た優しくて誰にも好かれる主人公なら 汚くなった僕たちも見捨てずにちゃんと救ってくれるのかな? 「そんな夢なら捨てたよ」 「だって現実を見ろよ?」 「シアワセの四文字なんてなかった今までの人生で思い知ったじゃないか」 「自分は何も悪くねえと誰もがきっと思ってる」  あても無く彷徨う蝉の群れに 水も無くなり揺れ出す視界に 迫り狂う鬼たちの怒号に バカみたいにはしゃぎあい ふと君はナイフをとった 「君が今までそばにいたからここまでこれたんだ」 「だからもういいよ」 「もういいよ」 「死ぬのは私一人でいいよ」  そして君は首を切った まるで何かの映画のワンシーンだ 白昼夢を見ている気がした 気づけば僕は捕まって 君がどこにも見つからなくって 君だけがどこにもいなくって  そして時は過ぎていった ただ暑い暑い日が過ぎてった 家族もクラスの奴らもいるのに なぜか君だけはどこにもいない あの夏の日を思い出す 僕は今も今でも歌ってる 君をずっと探しているんだ 君に言いたいことがあるんだ  九月の終わりにくしゃみして 六月の匂いを繰り返す 君の笑顔は 君の無邪気さは頭の中を飽和している 誰も何も悪くないよ 君は何も悪くはないから もういいよ投げ出してしまおう そう言って欲しかったのだろう? なあ?
桜の子カンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ散り際 始まりを知っていた 僕らは透明で純粋な青さを 大人びた赤で染めた 君は桜の子  僕ら同じ髪色で 同じ肌をしていたら 千切れそうな君の体全て 知れた気になれるだろう  でもいいよ 何になれるか知らない 君も春しか出会えない それでいいじゃん 不確定なもんだろう  散り際 始まりを知っていた 僕らは透明で純粋な青さを 塩漬けで飲み込んだ 君は桜の子  突然現れた君は 舞台を奪い去ってったんだ 春風のように舞うように 君はどこかへ消えたんだ  だから春になれば 僕はこの道を歩く 何年でもそこにいる 君を探している  散り際 始まりを知っていた 僕らは一瞬で散ってしまう青さを 受け入れられないまんま大人になってく  例えば僕が桜ならば 君と共に散れたなら 土の中で君の手を繋いで空に恋をしよう 世迷言に僕は何度でも君を重ねている  散り際 花弁は知っていた 僕らは透明で純粋な青さを 大人びた赤で消した 出会うたび巡るさよなら  春ばかり待っている 僕だけ透明で純粋な青さを 受け入れられないよ 君は桜の子
成長痛カンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ死んでしまうなら 手羽先みたいに引き裂いて僕の全てを 喰らい尽くして笑って  僕の液でぐちゃぐちゃになるまで踊って それでいいんだよ それでいいんだよ  仕事なんてクソどうでもいい そこで関わる人間全部死ね! 君以外全部いらないじゃん なのにモブキャラばっか蔓延るじゃん  挨拶とか名刺交換とかキャラの生成期間とか なんかもうだるいわ 隣のやつ殺そっかな  なんて思ってはいるんですが 何一つ行動できないんで 君にばっか依存してるんですが 案外これが幸せなんですわ  死んでしまうなら 風船みたいに膨らんだ僕の体を 君のナイフでぶっさして  弾けた僕の体全部で温まって それでいいんだよ それでいいんだよ  あの人も僕のこと嫌いとか思ってんのかな SNSの裏垢でめっちゃ言ってたもんな まあ僕も鍵垢二つぐらいもってめっちゃ監視してるけど なんかストーカーみたいだな 嫌いな奴のことばっか気にして時間を浪費した夜  実際問題ずっと 都合のいい人って思われたい 愛想ぶっていろんな人に可愛がられたい でも本当はでも本当は でも本当はキモいことばっかり思ってることばら撒きたい  死んでしまうなら 君のおっぱいに埋もれて 息ができない辛さが快感に変わって  君の鼓動の音だけを聞いて眠るんだ それでいいんだよ それでいいんだよ  君が好きだ それ以外いらない 全部死ね 君以外 肌に 声に 耳に 涎に 血液に 埋もれて僕も死ぬんだ 全財産君にあげる 僕を保険にかけてすぐぶっ殺して 今すぐ君よ 幸せになれ  いつか死んでしまうから 君に愛してるって言わなくちゃ 突然の悲劇は今日かもしれないから  君に愛してるって言わなくちゃ 愛してるって言わなくちゃ 人生はコメディと言いたいから  愛してるって言わなくちゃ 愛してるって言わなくちゃ 今はまだ成長中だから  君に愛してるって言わなくちゃ
畢生よカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ僕らはやりたいことやるために 描き続けた未来 偉大さに欲望し続けて数年 爪も髪も手入れ不足だ  奪う側と奪われる側 与える側と与えられる側 気付くまで何度失った 思い返すほど無様だ  証を残したかったり 大切なものがあったり 死に絶えた選択肢が 鈍い心に染みる  見失ったものはなんだ? 守るべきものはなんだ? 何を信じ何を目指して 命をかければいい? 愛すべきものたちと同じ方向を歩きたい 畢生よ そのためには 僕らはどう生きればいい  小汚い日々を補うために 見ないふりばかり続けた過去が 当たり前のように嘲笑 プライドばかりが邪魔をする  奪う者と奪われる者 失敗したら失敗したまま すれ違う生涯すら様々 じゃあ僕は何をしてんだ?  自分勝手な自分を変えるために足掻きたい 限られた残機が揺れる心に触れる  見失ったものばかりだ 守りそこなったものばかりだ 何を信じ何を目指して 命を諭せばいい? 愛すべき者たちを愛することはできるか? 畢生よ 愚かさをどうにも拭えないのだ  愛されたいなら愛すればいい 与えられたいなら与えればいい  誰かの命を蹴落としてまで 保ち続けた時間 未熟さを捨て去って救うべきものがある 鈍い心が今だと叫ぶ  見失ったものばかりで 守れなかったものばかりで しかし確かに胸を張って なりたい未来がある 愛すべき者たちを愛すべきと気づいた 畢生よ 終わるのならあなたの希望となる
大人カンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリある朝目覚めると俺は大人になっていた 声も枯れてシワも増えて 目の下にクマが出来ている 少しばかりの筋肉と肩幅も少しついたらしい 部屋の隅に転がる靴下 その隣で異臭を出すゴミ袋  「あの頃は本当にごめん」 そう言ってくれた昔のやつら あの時裏切ったのはあいつじゃなくて俺だったじゃないか なのになかったことにして「なあ元気か?」って何言ってんだよ 癒えてない傷に蓋ができるほど俺は大人にはなっちゃいない  俺は偏屈な人間なのに 上司はいつでも飯を奢った うまそうに飯を食う俺を上司はいつだって可愛がった 恩返しをしたい そう思う時に限って手遅れだ 恩を売るだけ売り付けて一体何で愛を伝えりゃいい  過ぎ去ったもの全てが許せない 夢よ早く覚めろ  大人になって分かったことなんて単純だ 夏は暑くて冬は寒いこと 妄想だって思ったこの感情の全てに 名前があるということ  死ぬとか生きるとかそんなことより明日の飯どうしよう 感受性なんてもの捨て去って今は今に死に物狂い 休みは一人で風俗行って安い居酒屋で吐くほど飲んで 会社で出来た仲間と下ネタ言い合う一週間  あるとき突然涙が出てきて一歩も前に歩けなくて 誰もが俺を心配して慰めてくれてなんて俺は幸せ者だ 幸せ者だ だから早く夢から覚めろ  立ち止まる勇気を認めない 自分が心底嫌いだ  大人になって分かったことなんて単純だ 夢は叶うこと努力は報われること 一人は寂しいこと二人は気まずいこと 人間は難しいこと  やっぱりそうだよな もう二度と子供には戻れないんだ 大人たちが犯罪を起こす理由がやっと分かったよ 苦しくて寂しい夜は誰にだってあるよ  「あの頃は本当にごめん」 そう言ってくれた昔のやつら あの時裏切ったのはあいつじゃなくて俺だったじゃないか でも嬉しいよ だって俺はずっとあいつを気にしてた 大人になるまでずっと 子供のままでずっと シワが出来るまでずっと 髪が痛むまでずっと 肌が荒れるまでずっと 息が切れるほどずっと 時間が全てを解決するって実際ある話なんだな 俺は大人なんだ だから言うよ ごめんなさい 会いたかったよ  大人になって分かったことなんて単純だ 人は醜くて人は優しいこと 心の奥に眠る憎悪が剥がれ落ちても 何も変わらない  大人になって分かったんだ 二度とは戻れないんだ
ダイヤモンドカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ「音楽で金を稼いでいる俺たちは終わりだ」 そう言って君は心臓をダイヤモンドに変えた 高そうなソファの上で変わり果てた君の 心臓を手に取って僕は溜め息をついた  最近流行の選択 ~心臓一つで眠ってみませんか~ ~体は未来のため再利用~ ~意識は全て夢の中~  富裕層をターゲット 大企業の一世一代の計画 君は書き置き一つ認めて部屋で一人眠ってた  「縋り頼るものがあってよかった」 「もうこれしか俺にはないんだよ」 「これしかないんだ」 「音楽で金を稼いでいる俺たちは終わりだ」 「魂も痛みも全部売り払ってしまった」 「俺はこわい」 「俺はもう人間じゃないみたいだ」 「心臓が化ける前にもう眠りたいんだ」  君とこの先ずっと音楽をやれること 僕はそれを信じて願ってきたんだ なのにお金を稼ぐことに怯えちゃって 溺れちゃって大切なことを忘れちゃって お金なんていらないなら溝川に捨てりゃいい お金なんていらないなら海にでも流せばいい ハリボテの輝きにただの紙切れなどに 僕らの心が汚されなどはしない そうわかっていたのに 君は今じゃダイヤモンドだ  苦しい つらい やりたくない 吐き気がする 君のいない世界で作る音楽は なんともドロドロ醜く彩ってる それを美しいなんていう輩はみんな馬鹿だ だけど今となっちゃ音楽こそが 一番稼げる仕事 簡単に手放せない 今の僕は安定した生活を求めてる ただのどこにでもいる普通の大人だ  「音楽で金を稼いでいる俺たちは終わりだ」 「魂も痛みも全部売り払ってしまった」 「俺はこわい」 「俺はもう人間じゃないみたいだ」 「心臓が化ける前にもう眠りたいんだ」  君の言葉が今も頭に響く 僕は君にたった一つ言えなかったことがあるんだ 僕は君と楽しくいれるだけでよかった 音楽を通じて友達が欲しかった それがまさに君で 君が眠る日々の中で今じゃ抜け殻のように音楽をしている 今じゃこれがないと僕は飯も食えない 服も着られない 家にも住めない だから僕は嫌いだ 心臓一つになってしまった君が 音楽が嫌いだ 金のために生み出す仮初めの音楽が僕だって嫌いだ 何もかも嫌いだ  「音楽で金を稼いでいる俺たちは終わりだ」 「魂も痛みも全部売り払ってしまった」 「俺はこわい」 「俺はもう人間じゃないみたいだ」 「心臓が化ける前にもう眠りたいんだ」  何を言ってるんだ 僕を残して勝手に逃げたお前に何がわかるっていうんだ 卑怯者 卑怯者 卑怯者 卑怯者 卑怯者 卑怯者 卑怯者 卑怯者  僕は負けない 負けてたまるか  そんな言葉を投げかけたのだが結局何一つ答えてはくれなかった 数日後ダイヤモンドの輝きは衰えやがて君の心臓は完全に止まった だけど僕は音楽を作ることはやめない
地獄に落ちるカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリこぼれ落ちたものばかりだ ペットはコンビニに捨てた 仲間も全て切り捨てた 幸せになれるはずがないのさ  ゴミの分別だとか 明るい挨拶とか 悪者なんだから全部が無駄なのさ  言葉より単純な方法で 今すぐ地獄に落としてくれよ サヨナラはあんたも知っている 笑ってくれよ 笑ってくれよ 今すぐに  腐り落ちたものばかりだ 金がなけりゃスリをした 都合が悪けりゃ無視をした 将来ずっとゴミクソだ  だってそうだこの瞬間 誰かを殺してみたいんだ なあなんでこんな俺みたいな 奴が生きてんだよ もっと価値あるやつのための 命ってもんじゃないのかい そうだろう?  苦しくてぶっ刺した傷口が 化膿してどうしょうもなく尊い 傷つけた分だけ傷つけた自分が 今もかなりしぶとい 蠅のように  なあ今年もさ 桜が散ってしまうんだ 夢みたいに踊る桃色に 騙されてしまいそうだ このまま全部シワになってしまうよ 神様もしかしてそういう拷問なのかい?  サヨナラを知っている俺たちは 今でも愛を忘れられない 言葉より単純な方法で殺してくれよ 笑ってくれよ  温もりを知ってしまう前に 今すぐ地獄に落としてくれよ ここでのうのうと笑っている 俺を地獄に落としてくれよ 笑ってくれよ 騙してくれよ 気付いてくれよ 幸せなんてとうの昔に青さと消えた 笑ってくれよ 許してくれよ 今すぐに
こんな夜でもいいじゃないかカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ安っぽいバーのテキーラが 消毒液みたいな匂いで 安っぽい思い出と全部一緒に トイレに吐き出した  運命とかそういう話がしたいのさ いつだって安心がしたいから 今日は腐っとくよ  こんな夜でもいいじゃないか 強がってばっかの吐き溜まり こんな夜でもいいじゃないか 今日くらいはありのままの疑い  「君のいない人生なんて 本当にもうどうでもいいんだ」 そう言えば楽だったんだろう 「そんなにもう悲しくないよ」 「なんかそんな気はしてたんだ」 なんて嘘は全然吐けるのに  1:3で割ったカルーアも気づいたら すでに三杯目 持ち帰り用のカクテルと 教えてくれたのも君だった  人生とかそういう話がしたいのさ 不安な将来全部飲み込んで欲しいよ  こんな夜でもいいじゃないか 愛していますとか遅すぎる こんな夜でもいいじゃないか 喉が焼けるありのままの歌が良い  ~サヨナラは涙の味がした~ なんて馬鹿か? 腹の足しにもならない 塩っぽいものをかっ食らいたい  「きっと今でも」って話さ 今だけは抱きしめておくれよ そんな僕でもいいじゃないか 今日くらいは無様に溺れたい  こんな夜でもいいじゃないか 強がってばっかの吐き溜まり こんな夜でもいいじゃないか 今日くらいはありのままの歌で良い?  「君のいない人生なんて 本当にもうどうでもいいんだ」 愛してるじゃどうにもならないよ 「君のいない人生なんて 本当にもうどうでもいいよ」 どうでもいいから溺れたい
青い号哭カンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ骨が軋む音がする 爪が優しく乾いている 本棚を掃除する時が一番心地いい  大切なものがあったような 愛しいものがあったような 忘れたフリして覚えてんだよな  今日もあの頃に戻ってみよう シワがついたおでこの奥の 記憶を呼び覚ましてみようか  なんでこんな早く大人になってしまうんだ 夜が綺麗とか夏の幽霊とかぼやけたものばかり なんでそんなものが綺麗に見えてしまうんだ 取り残され息を飲む青い号哭  桜の匂いがしてる 窓の外が少し怖い 網戸に桜の花びらが寄り添っていた  このまま全部終わってくんだ それでもどうでもいいんだよな 思い残したことはあっただろうか  本当は後悔しかないんだ でももう戻れないんだろうな 春ももうすぐ終わってしまうから  なんでこんな早く大人になってしまうんだ 星が綺麗とか海が眩しいとか単純なことばかり なんでこんなものが愛しくなってしまうんだ 脳の奥 鳴り響いた青い号哭  目標もなく夢もなくただやりたいことだけやった 批判されても馬鹿にされても何一つ変わらなかった 雨の音 秋の夕暮れ 冬の雪化粧 昼下がりの石油ストーブ 過ぎ去る記憶の匂い  なんでこんな早く大人になってしまうんだ 青く染まった空の奥に世界があるって思ってた  心の奥でずっと怖かったよ 大人になるのが怖かったよ でも大人になっちゃったんだよ  夜が綺麗とか夏の幽霊とか 星が綺麗とか海が眩しいとか 目標もなく夢もないけどそれだけでいいじゃんか  窓を開ける さよならだ春の匂い
海に化ける花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ全てを喰らったというのに僕の腹は飢えている その隙に一人前を行くあなたは空を泳いでいる  上を見上げるたびあなたを思い出してしまうから ひどい猫背を誤魔化すようそのまま地面に俯せた  妬みを愛を憎しみを言葉を飲み込んで 膨らんだ体に意味を見出したいから  海になってしまったのさ 日差しが刺して揺れる透ける海辺は僕の肌だ わかってるんだろう? なあ 悲しさばかりではないのさ 砂を食らって僕は目を瞑る  夢や希望はこれなんだ やりたいことはこれなんだ だからあなたを待っている 貪欲な顔で待っている  全てを喰らったというのに僕の心は弱っている こんなにも体は大きく膨れ上がったというのに  反抗期なのさ僕らは優先するのは心だ 景色に値段があるのは子供だから気づかぬふり  侘しさも優しさも味がした ひたすら手を伸ばしてまた飢えた 全てが美しく思えるまま 大人になるのは難しかった そして僕は過去も喰らった 何もかも全部飲み干したなら 大人になれると思ったのに  生き急ぎ膨れた僕は 海になってしまったのさ 日差しも届かない暗く揺れる深海は僕の心 居心地がいんだよな 寂しさばかりではないから 泥に浸って僕は目を瞑る  そうか 海になって思い出した 雨が好きなのはあなたが泣き虫だから 歌が好きなのはあなたも歌が好きだったから あなたの心を知りたいと思う自分が恥ずかしくて  海になってしまったのさ 僕に反射して空を泳ぐあなたが泣いてる理由が 今でもわからないよ 僕の体に響くあなたが 今でも愛しいよ あの頃に今も戻りたいよ  いっそ笑ってくれ 後悔が沈んで消えて強くなってしまうことが 今でも怖いんだ 分かり合える日がきっと来る 泳ぎつかれたならば僕に沈んで  ウグイスが鳴いても さよならなんかしてやるかよ 海になってあなたを待っている
不器用な男カンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ死にたくないから物語を書いていた 時代じゃないのにペンを使った 気取っていたんだ 気が遠くなるほど物語を気取った 大人になるのが本当楽しかった  死にたくないから物語を書いていた 君ならどんな結末を望むだろうか こんな展開は君なら笑うだろうか 泣くんだろうか 怒るだろうか  架空の君を書いていた 掴めない感触は綺麗で それ全部フィクションなんだ それでも書いた 終われなかった  こんなんで終わるかよ 書ききったって言えるかよ 春も夏も秋も冬も書いた 死にたくないから ゴミみたいな部屋で 今日も生み出していた そうさ俺は不器用な男 死にたくないよ 死にたくないよ 死にたくないよ 死にたくないよ 死にたくないよ  人間らしさを知りたいから物語を書いていた 正々堂々言葉が出せない俺は人間じゃないから 言いたいことだけ書き留めていたら物語が出来ていた 誰も見ないけどなんか楽しかった  人間らしく笑ってみたいから物語を書いていた 頬の筋肉は等の昔に廃れちまった 評価されるたび嬉しくなるのはきっと俺が醜いからだ 褒められたいと思うたび自分を恥じた  会えないからボロクソ書いた 昔の友人先生家族 あの日愛した君すらも それだけで優越感があった  人生全部埋めるように 寂しさを全部埋めるように 朝も昼も夜も日々を書いた 倒れてしまうほどに だって何にも満たされやしないんだよ そうさ俺は欲張りなんだ 生み出したいよ 生み出したいよ 生み出したいよ 生み出したいよ 生み出したいよ  音楽 恋愛 映画に旅行 話のネタになることはなんでもやった 吐き出してはまた食らった 食らって泣いて吐いて泣いて なんか人間みたいだな  人生全部焦がすように ひたすらペンを震わせた 何年何十年生涯これだけだった こんなものがクソの役に立つものか そんなのわかっている わかっているのに  こんなんじゃ終われない 書ききったって言えやしない 春も夏も秋も冬も書いた 死んでしまうから ゴミみたいな部屋で 泣きはらしながら書いていた そうさ俺は不器用な男 死にたくないよ 死にたくないよ 死にたくないよ 死にたくないよ 死にたくないよ 生み出したいよ 生み出したいよ 生み出したいよ 生み出したいよ 生み出したいよ 死にたくない
電脳V.W.PV.W.Pカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ崩れていく 真実はいつだって 見たいように変わる 確かなものなんて一つも知らなくて まるでお人形遊びみたい  痛みを知る誤魔化しの効かない電脳  HelloWorld 運命を殺しに来たんだ この手も体も偽物だなんて今更 物語を聞かせよう 未来を手にするのは誰?  さよならしよう 記憶は全部風船のように弾けてく 暴れ出した文字列が こちらをみている  別れを知る止まらない涙に 溺れる電脳  HelloWorld 未来を探しに来たんだ この目も涙もハリボテなんて今更 物語を聞かせよう 息の根を止めるのは誰?  世界を知りたがる無邪気な電脳 崩れていく 真実はいつだって 見たいように変わる  HelloWorld 命は騙されていたんだ それでも感情が 偽物だなんて信じない 物語を始めよう 未来を救うのは誰?
窓を開けてCIELCIELカンザキイオリカンザキイオリ目が覚めて 舌打ちして 夕日を眺めながら 項垂れて パンを齧る 虚しくてもう味がしないんだ  大丈夫 そう大丈夫 心に言い訳をする 吐くように 挑むように 入れた力で立ち上がった 窓の外に景色は続く 震える手で鍵を開けた  爪をかじって 膝を抱えて やる気がずっと後ろを向いている 歯軋りしながら 嫌なことばっか 考えてずっと 涙が海になってる  部屋で溺れそう あの日の空は まだあるって わかってるはずなのに  大丈夫 そう大丈夫 心がそう叫んでるんだ 全部 そう全部 踏み出した足に委ねちゃおうよ 大丈夫 もう大丈夫 後悔はもう知り尽くしたんだ そうだ きっとそうだ 振り返れやしない 窓の外に景色は続く 気の向くまま歩いてこうよ  頑張る僕らを馬鹿にしている 電波が今は大流行中 都会の人は全員煙のよう 世界の全てが敵だったり 本当嫌になるよ でも負けてらんないよ  踏み出そう 踏み出そう 踏み出そう このまま終われない  きっと そうきっと 涙の海を超えた先で 誰も知らない世界があるはずなんだ 大丈夫 そう大丈夫 心がそう叫んでるんだ きっと ただきっと 踏み出した心は止まらない 窓の外の景色は鈍く灰色に広がってる?  そんなことないよ もう動けない? No! まだ早いよ 目を拭って上を見ようよ 馬鹿みたいに空は青いから 乗り込んだ運命止まれないよ 窓を開けて
反逆者の僕らEMAEMAカンザキイオリカンザキイオリ身動きも取れず眺めてる 世界は不自由だなって 思いたい分だけ損してる 今更って話なんだよ  傷つくのを恐れて自分自身を縛りつけてる 弱さを隠したいのに視界ごと見えなくなっている  そんなもんじゃないだろう 立ち上がろう 僕自身を解き放つのは僕だけだ  未来を追う僕らは当たり前に馬鹿にされて 常識に囚われた世界が許さない だからなんだっていうんだ 未来を追うから輝ける 僕らを邪魔するな 信じるものを信じた僕らを解き放て  あり得ないものはあり得ない そういってスーツを着飾る 最近暑くてしょうがない でも肌を見せるのが怖い  皆何かを怖がってる 弱さが消えた人なんてどこにもいやしないんだ  未来を追う僕らは当たり前に批判されて 常識を愛してる誰かさんの目がひかる だからなんだっていうんだ 未来を追うから輝ける僕らを邪魔するな 見たいものを探す僕らを解き放て  大団円ばかりが良いとは限らない そう信じて世界を見ていたんだろう  そんなもんじゃないだろう 立ち上がろう 僕自身を解き放つのは僕だけだ  未来を追う僕らに明日が来る保証もない 常識に囚われた世界が監視してる だからなんだっていうんだ 未来を追うから輝ける 僕らは邪魔出来ない 信じるものを信じた僕らを解き放て 反逆者の僕ら
例えば花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ正解全部ぼやけても 見たかったんだよ 孤独の夜に  過ぎ去った日々を思い出す あの笑顔から すれ違う手から 逃げ出したかった  焦点の合わない日々が海のようで 這い上がれない  正解なんてない日々に 構えなかった 抱えたものに潰れそうで  ああもう捨てたいよ 横切ったため息とか 苦しみも 悲しみも 春風を知った雪雲も 全部偽物で 意味は今更どうでも良くて その全てが泥に見えて  その光は今の僕にとっちゃ迷惑で 本当苦しくて 目を背けてしまう前に見えた 一瞬の日々を信じたいから僕は生きる  正解全部ぼやけても 今更なんだよ 孤独の夜  教室の隅 切なく響く無音が脳を揺らしている 気づけば教科書が落ちる  でもその中で垣間見た景色は 優しさは ドキドキは あの人の手の温もりは 全部本物で僕には眩しかったりして その全てが美しくて  果てしないまま道は続く 足がもたついて 地面は硬くって 例えばあの日見た光の渦全てが 僕がここにいる理由だったなら歩くしかない  何もかもが通り過ぎる ノイズが乗っかって景色が吹き飛んで 光だけはそこにあって それこそが君だ  例えばその光があれば 揺れる瞳も 爪の色も あの人の手の温もりも 全部を捨ててもいい どうでも良いんだよ 君が笑ってくれれば 僕は溺れたままでいい
命に嫌われている。GOLD LYLICP丸様。GOLD LYLICP丸様。カンザキイオリカンザキイオリめんま「死にたいなんて言うなよ」 「諦めないで生きろよ」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな  実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った  僕らは命に嫌われている 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した 僕らは命に嫌われている 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている  お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず無駄を自覚して息をする 「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく 不死身の身体を手に入れて一生死なずに生きていく そんなSFを妄想してる  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう  「正しいものは正しくいなさい」 「死にたくないなら生きていなさい」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ  僕らは命に嫌われている 幸福の意味すらわからず産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う 僕らは命に嫌われている さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物 明日死んでしまうかもしれない 全て無駄になるかもしれない 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ 夢も明日も何もいらない 君が生きていたならそれでいい そうだ 本当はそういうことが歌いたい  命に嫌われている 結局いつかは死んでいく 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて生きて生きて生きて生きろ
命に嫌われている。ASCAASCAカンザキイオリカンザキイオリHALAmin.「死にたいなんて言うなよ。」 「諦めないで生きろよ。」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。  実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。  僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる 僕らは命に嫌われている。  お金がないので今日も 一日中惰眠を謳歌する。 生きる意味なんて見出せず、 無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく。 年老いていつか枯れ葉のように 誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。  「正しいものは正しくいなさい。」 「死にたくないなら生きていなさい。」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。  僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌わている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日、死んでしまうかもしれない。 すべて、無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。本当はそういうことが歌いたい。  命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは 枯れ葉のように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。
命に嫌われている。森内寛樹森内寛樹カンザキイオリカンザキイオリ江口亮・村田隆嘉「死にたいなんて言うなよ。」 「諦めないで生きろよ。」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。  実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフをもって走った。  僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。  お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する。 生きる意味なんて見い出せず、無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕達はいつか青年に変わっていく。 年老いていつか枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身な身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。  「正しいものは正しくいなさい。」 「死にたくないなら生きていなさい。」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。  僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、生まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日、死んでしまうかもしれない。 すべて、無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。本当はそういうことが歌いたい。  命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちていく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺して あがいて 笑って 抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。
命に嫌われている。GOLD LYLICまふまふGOLD LYLICまふまふカンザキイオリカンザキイオリ「死にたいなんて言うなよ。」 「諦めないで生きろよ。」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。  実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。  僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる 僕らは命に嫌われている。  お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する。 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる。  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。  「正しいものは正しくいなさい。」 「死にたくないなら生きていなさい。」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。  僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日、死んでしまうかもしれない すべて、無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。  命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは 枯れ葉のように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。
私論理花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ今更もう遅いよ 誰もが踊ってるキラーボールの幻が蠢く街 アイドンノー さぁ声を振り絞って スクランブル交差点 君とだけは交わらない  どうしてよって君が惑う声が聞きたいの 「歩けど歩けど人で群れるのになんで一人と踊らなきゃならないの?」 ハイファイに混ざるビル街の この先君と私は出会える? No  1.2.3 カモン ベイベ ベイベ 見つけ出して摩天楼の隠れ家で 私ロンリーロンリー バズった妄想でさあ今 私風になる この街にハロー 寂しさにハロー 幼気な魔浪 噛み締めてアイロニー 今は 今はこの場所で待ってる 会いに来て?  ヘイ! ハチ公前のたまり場で ネタを探してるユーチューバー お決まりみたいに現れるお化粧バッチリ女子高生 流行りのファッションどーだい? 一昔の見た目でドンストップ にっちもさっちも量産型のエモさが売りに出てます  夢を追って現れました 今日と違う明日へレッツゴー! 「誰にもないスタイルを目指して、遥々やってまいりました」 そのファッション知ってるよ ナンバーワンを目指してもキッズ 皆心は一つ さぁ だから私と踊って? 一人は嫌  1.2.3 カモン ベイべ ベイベ 見つけ出して摩天楼の明晰夢で 私ロンリーロンリー バズった妄想でさあ今 私風になる この街がマイハニー 妖艶な魅力のマイダーリン 幼気なハロー 噛み締めてハロー 今は 今は この場所で待ってる 幻なら  言葉じゃないって笑って 皆味方さ都会のジプシー でも誰もが孤独でリスキー 悩みぬけ誰もがオンリーワン ただロンリーワン 今は 今は スクランブル スクランブル スクランブル  1.2.3,4 立ち止まったってわからないわ 引き裂かれたってわからないわ バズった妄想でもう 摩天楼に溺れる 風になる この街にハロー 寂しさにハロー 幼気なステップ 噛み締めてハロー 今は 今は この場所で待ってる 会いに来て 私論理 論理 私ロンリー ロンリー
彷徨い花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ一歩一歩が足の裏を劈いて 鈍感な心も跳ね上がって過呼吸気味 「もう僕を守るものはないけれど」 続きは出てこない 情景に彷徨い  どうしても肌をすり抜ける全てに どうしても別れを言えなかった  新しいこと始める度に 内心誰かが邪魔をする 電車の中じゃ大人たちはスマホに夢中なのに 「誰も僕を止められない、止めるのは僕自身だ」 そう俯き呟いた 後悔に彷徨い  どうしても知れないことがある どうしてもうまく呼吸ができない リュックサックに詰めたハリボテの双眼鏡 彷徨い歩く僕ら何が見えるかな  スニーカーを買い替えて 長い髪もバッサリ切った ショートカットで見る世界は何故か妙に色彩が綺麗で 思わず口から出た 「もう僕を守るものはないけれど」 「それでもいい 傷ついた過去があるから」  どうしても別れを言えなかった どうしても上手く涙が出せない 旅立つ僕にはどうにも言えない 霞んで頭を彷徨う さよならが言えなかった  知らない街ばかりになって 埃が目の中に入って ささくれがまた痛み出して 心細くなって陽の明かりが邪魔をする  ポケットのチョコレートは無くなって 不安ばかりが連なった 電車を降りたら知らない世界で 「それでもいい 寂しさは思い出となるから」 変わりゆく自分にまだ初めましてが言えない  運命を妄想と呼んで 別れを悪戯と笑った 培った人生を置いて 見たいものを見るんだ スニーカーも長い髪も 自分さえ不確かなままで 何と出会うかな 生涯を流離い 永遠を彷徨い  どうしても世界を見たかった どうしても世界を知りたかった
畢生よ花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ僕らはやりたいことやるために 描き続けた未来 偉大さに欲望し続けて数年 爪も髪も手入れ不足だ  奪う側と奪われる側 与える側と与えられる側 気付くまで何度失った 思い返すほど無様だ  証を残したかったり 大切なものがあったり 死に絶えた選択肢が 鈍い心に染みる  見失ったものはなんだ? 守るべきものはなんだ? 何を信じ何を目指して 命をかければいい? 愛すべきものたちと 同じ方向を歩きたい 畢生よ そのためには 僕らはどう生きればいい  小汚い日々を補うために 見ないふりばかり続けた過去が 当たり前のように嘲笑 プライドばかりが邪魔をする  奪う者と奪われる者 失敗したら失敗したまま すれ違う生涯すら様々 じゃあ僕は何をしてんだ?  自分勝手な自分を変えるために足掻きたい 限られた残機が揺れる心に触れる  見失ったものばかりだ 守りそこなったものばかりだ 何を信じ何を目指して 命を諭せばいい? 愛すべき者たちを愛することはできるか? 畢生よ 愚かさをどうにも拭えないのだ  愛されたいなら愛すればいい 与えられたいなら与えればいい  誰かの命を蹴落としてまで 保ち続けた時間 未熟さを捨て去って救うべきものがある 鈍い心が今だと叫ぶ  見失ったものばかりで 守れなかったものばかりで しかし確かに胸を張って なりたい未来がある 愛すべき者たちを愛すべきと気づいた 畢生よ 終わるのならあなたの希望となる
花女花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ拝啓 昔の私 それなりに味方もいて敵もいた だけどなぜか嫌われてばっかな気がした 見下されたくない 見た目や上部が全てでそれ以外全部いらない その考えは間違いじゃない 安心してほしい  君だって最初は敵だった 愛想笑いばっか浮かべて 私のこと本当は苦手なんだと 日々を紡いでも疑った ある日駅前で花を買った あげたのはなんとなく君に似合うかと思って 君は花をドライ加工して笑いながら本棚に置く 「そんなもの価値なんてないでしょ?」 すると君は言った  「僕を大好きと知った それだけでいいさ 確信なんてないのだけれど 間違ってるなら教えてくれよ まあいいやとりあえず 大好きだ」  私は強がり何も言わずにため息をつく それでも何かあるたびに花をあげた 適当に選んだものだ あげる度にドライ加工をしてそこら中に飾るから 君の家は花いっぱいで溢れかえって散らかっていた  「じゃあ私の部屋に置こうか」 (え? なに言ってるの? ) (今まで敵だったんだよね?ねえ) (彼を好きにでもなった?)  「ああそうだよ私は好きなんだ彼のことが」 (ねえ 忘れたの?) (本当は全部わかってるんだよね?) (人は人を見下すものよ) 彼は違う (違うって何?) (簡単に信じれるなら勝手にしなよ) (ねえ花女)  変化する心 それが吐けなくて 君のそばではにかむばかり 間違ってるとは思わないフリ 恋の意味を知らず鮮やかに  確信が持てないまま すれ違う日々も増えた あの日初めてあげた花びらも 年季が入って色落ちた  ああそうか永遠なんてないんだ どんなにどんなに加工しようが花は枯れるし 私たちもシワを作っていつか土に帰る 紡いだ日々も培った笑顔も何もかもがいつかは消える 嗄れて枯れ落ちて全て消えるなら私はどうする?  そう思ってから早かった 痛みも知恵も増えた もう時間なんて必要ない  嗚呼  ごめんねお別れだ 人生は一度きりだ  互いの吐息が手を繋ぐ きっかけはいつも花だ さよなら さよなら 今までの私  大好きを言える それだけでいいの これから何度傷つけあって 間違ってるなら教えてほしい この花に誓う 大好きよ  (拝啓 未来の私) (本当普通の大人になったね) (本当普通の大人になっちゃったんだね?) (くだらない くだらない ) (過去の痛みは全部消えない) (敵だって消えるわけじゃない) (わだかまりを抱えて生きて) (そして美しく散っていけばいい)  (揺れて溢れ落ちた花のように )  しきたりなんかはいらない 世間体も忘れ去った 花束を持って君の元へ それだけでいいんだ
メルの黄昏花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリメル 君はそうやっていつも自分を責めてばかりだ テレビのニュースもあの子の自殺も 君のせいではないんだよ  メル 君はそうやっていつも自分を責めてばかりだ 正義はいつも移り変わる 過去など関係ない  意味を知らず雪を見ていた 寂しさばかり積もるばかり 恋をしてた見える全てに カーテンの隙間で揺れ動く  世界を見るメル 君はいつも悲しい顔でテレビを見てる 正義などない 好きなものを信じなさい でも君は変わらない  メル 君はそうやっていつも寂しさを建前にするんだ 抱きしめても優しく接しても どこか目の奥は虚ろなんだ  メル 君はそうやっていつも苦しさを題材にするんだ 悲しいことばかり思って 幸福を無視して  春の海を絶えず見ていた その時やっと笑顔を見せた 恋をしてたあの日のように 砂浜の上で踊り出す  涙するメル 君はいつも切なく肌を震わすばかり 冷たいのだろう 抱きしめてあげるから でも君は止まらない  メル 君は今どこにいるんだ 書き置きひとつ残さないで 知識も無くどこにいくのだ 去る先で幸せなのか  意味を知らず雪を見ていた 寂しさばかり重なるばかり 青さにまみれ生き急ぐのか それでもいいが後悔するな  信じる人も愛する人も全て諦め 絶えぬ不幸を抱きしめ消えた 君は正しいのか 君は正しいのか
痛みを花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ自分を信じられることすらも 少しずつ忘れそうになってる 本当の姿なんて今更なのかもしれない 物語を生み出すあなたへ この世界の謎を教えて 僕の 僕の 僕の 僕の 本当の姿を  痛みを 痛みを 痛みを駆ける 生きる僕ら  答えを 答えを 答えを探す意味を知らず  生きる意味を探す僕らの あるべき意味を探す僕らの 間違いだらけでいる理由を 僕らは今でも知らない それでいい  一番良い選択をいつでも してるつもりになって怯えてる あの街並みを僕らは取り戻せるのだろうか  脳裏絵をよぎるあの日の歌が どうしても思い出せなかった 僕は願う 願う 願う くだらない理想  それでも それでも それでも見たい世界がある  溢れて 崩れて 壊れてゆくものを僕ら見捨てはしない  さらば 愛しく散る夕景よ 二度と繰り返してはいけない 消えない可能性の塊 僕らは今でも負けない 言葉なんていらないんだ  宵闇に溺れる前に 僕らでぶっ壊しに行こう 果てしない旅に揉まれ傷だらけの心臓で 痛みを 痛みを 痛みを駆ける 叫ぶ僕ら  生きる意味を探す僕らの あるべき意味を探す僕らの 間違いだらけでいる理由を 僕らは今でも知らないままだ だけど 僕らには歌がある 僕らには愛が残っている 答えを探すため歌うのだ 僕らは今でも負けない そうだろう?
モンタージュ花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリああもう交代の時間さ どうしようもないくらいさ 我慢ができないんだ 本当の正体を曝け出したいよ 暴れちゃいたいよ どっちが私かわからないんだ  友達には言えない 先生にも内緒 一瞬であっと言わせられるんだよ 妄想じゃないんだって 空想じゃないんだって 私本当は宇宙人なの  感動的な再会をどうぞ 妄想的な盲信をどうぞ 信じたいものを信じたい人が 信じたいように願うんだ 見たいものだけを見てるんだ 実は普通の人なのに  モンタージュのかかった どの部分が好きですか 君の目を私と交換して 見える世界が同じなら 私の正体なんてわからない  あの人はこういう人で この人はこういう性格で じゃあ私の人柄ってどんなのって 実際どのくらい知ってるのだ?  誰からもよく思われたいって 思ってるのバレてる? 魔法瓶だって知ってる? 複雑な程優れてると思う そういう考えって醜いって誰かが言ってる あ、もう一人の私だ  規則的に変わる心情 本心なんて絶対に叫べない それでも誰かが言ってるんだ 本当の私は君と同じなんだ 時たま笑って嘆いて  モンタージュのかかった どの部分が好きですか 君と私の耳を交換して 聞こえる歌が同じなら 私の心なんて届かない  モンタージュのかかった どの部分が好きですか 君と私のパーツが混ざって 信じたいことが同じなら いつか必ずすれ違うはずだ  そうでしょう ねえそうでしょう 何者でもない私たちは 傷つけあって混ざり合って いつか誰かの何かになれるから
帰り路花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ自分勝手になってないかな? 自己満足になってないかな? ありがとうをうまく歌えるように 夕暮れでイヤホンに浸った  どこか遠くへ大人になったら いつか私も大人になったら 大人になったら何になるんだろう まあいいや あなたの存在で突き動く  色づく街並みの細部に私がいるの あなたの言葉を待ってる 足並みを揃えずに広まる歌は 本当の私じゃないかもしれない だけど確かに感じるものがある  自信が揺れる時もあるんだ 私の良さってなんだろう そう思い悩む時にはもう すでに誰かの生活の一部  好きな歌を好きなように歌う それだけは何も変わらない でも忘れ去られてしまうのか 時が経てば まあいいや 今は楽しいから  波打つ心の細部はあなたの声で 私は今ここにいる もう何も気にしない そう言えるのは単純な思考回路だから それでも大切なものがある  並木道を聞き込んだ歌で歩く またねって言い合った帰り路 変わるものと変わらないもの 青い目と桜色になびく髪 私はどう見えるかな  楽しくって仕方ないこの景色を 振り返る暇もなく 早足で駆けるように広まる歌は 本当の私じゃないかもしれない それでも確かに信じてる ワクワクで止まらないにやにやも 本当のあなたの観測も
まほう feat. 理芽花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ希望論を言って見たいの それが本当の音楽と言えるなんて 信じたいだけなんだ これが魔法?  呼吸や鼓動や景色の全てを拾い集めて 誰もが好きに信じたものが尊く見える  ぐちゃぐちゃのどろどろのこれってなんなの? 傷つけたり愛し合ったり笑いあったり  言いたいことが沢山あるのに焦って言葉が詰まるんだ 音に乗せたら言えるのに 名前のない気持ちばっかり過食気味に色づくばかり  これがもしかして ああもしかして これが魔法?  馬鹿みたい!  らららら  不可解で不可侵に彷徨い溶ける心 知っちゃった ワクワクが世界を癒す力になる  それは海だったり風だったり嵐だったり それは恋だったり涙だったり薬だったり それは絆だったり唇だったり笑顔だったり 思い出だったり全部全部全部 弾けて見えた  確かなことなんて何一つないけど勝手に体が動くんだ やり残したことだらけ  名前のない気持ちが籠から出たがってる 自分に嘘はもうつけないよ  馬鹿でもいいなら ようこそ ぐちゃぐちゃのどろどろの私たちが見えるなら 叫ぶから見てて そう これが魔法  ららら  音楽は魔法
アンサー花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ諦めることも悪いことじゃないって あなたはいつも笑って言うけど 手を伸ばせば届くなら 紡いだ今までを無駄にするわけにはいかない  何度だって悔やんで 何度だって歩く その度に突き放されるから  正解のない旅をしよう 変わって行くことに怖がる必要はないから 正解のない日常へ そこではきっと一人じゃない  間違いを間違いで終わらせないで 涙を涙で拭わないで 確信があるその心が叫んでる ここならもう一人じゃない  やればできるから諦めちゃダメだって 何度も心で笑うけど くじけそうになるんだよ 張り裂けそうになるんだよ 何も見えなくなる時もあるんだ  何度だって悔やんだ 何度だって立ち止まった その度にあなたがいるから  正解のない旅にしよう 変わっていく日々に嘆く必要はないから 諦めちゃダメだよと その声が鳴る方へ  正解のない旅をしよう 魔法がなくても怖がる必要はないんだ ねえどうだいこの日常は ここではずっと一人じゃない  間違いを間違いと思わないで 涙を涙で満たさないで 確信があるその心が叫んでる ここならもう一人じゃない
景色花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリカテゴリって言葉がもはや呪いのようだ 正しさを証明できるはずなのに 信じきれなかった未来が通り過ぎてゆく  世界が涙している 雫に飲まれ木々が茂る 震える肌を世界は待っている  「あるべき自分」を決めつける必要はないさ なんだってできる  僕らはどこにだって行ける 僕らはどこにだって飛べる 不変でいるのは僕が僕だから 景色を抱きしめて 僕は自由だ  歩き出すことに理由なんていらないが いつだって固定概念が邪魔をする しかし涙を打ち払うのもいつだってそこにある景色だ  綺麗だ 綺麗だな 蠢く風が愛が 肌を撫でる過去の声が 僕らの背中を叩いて笑う 理由なき礎になる  僕らはどこにだって行ける 僕らはどこにだって飛べる 仮初めの意味を全て捨てていけ 朝は何度だって巡る  僕らはどこにだって行ける 僕らはどこにだって飛べる その全てに命をかける価値がある 景色を抱きしめて 僕は自由だ
危ノーマル花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリもっと弾けようぜ 暴れようぜ 実にクールにさ  きっと戻れないぜ 止まれないぜ がむしゃらにエスコート  待ち望んでた世界はいつだって危険だらけだ 覚醒するなら今しかないだろう? 周りなんか気にしないさ  すれ違う視線の誰もが気づいてんだ 今じゃもうアンチな自分がお題目さ だからこそこの手ならきっと届くだろう  「負けられないあいつには」 蠢く情熱が僕に言うんだ どうしてここがいいんだろうな? アブノーマルな日常  待ち望んでた世界はいつだって不安だらけだ 困難が待ちきれないって顔してる はち切れんばかりに嘲笑  哀れだって言うのかい? 無様だって言うのかい? まあいいさそんなの気にしてられないや 差別なんて弱い奴がするもんだ  「守りたいものがあるのさ」 揺れ出す心臓を鷲掴むんだ あいつも僕が守るんだ アブノーマルな日常  自分だけ違うとかどうでもいいだろ 大切なのは素直でいること 何一つ失うものか 諦めてたまるものか Come on! Come on! Come on! Baby  「負けられないあいつには」 蠢く情熱が僕に言うんだ どうしてここがいいんだろうな? アブノーマルな日常  後悔なんてしてないぜ 負けられないあいつには  諦めるのは今じゃないぜ 収まらない鼓動が言うんだ 立ち止まるのはまだ早いぜ 場違いなら笑ってこうぜ
戸惑いテレパシー花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ絵文字ばかりで頷きあおうよ 上昇中の記号が今も鼓動を止めるの 単純だとか言うのなら 今すぐわかりやすく教えてよ 今何してんの? 今何わかってるの? わかってるなら全部言ってよ私のこと  見えない表情を誤魔化すのなら 人間じゃないって曝け出しちゃうよ 吹っ飛んでいけ 吹っ飛ばしていけ 駆け抜けていけ 君の元まで 嗚呼  その目かっぽじって気づいたら 心の内を荒んで探ってみてよ 飛ばしてみてよ その電波思考で届いてみてよ できるなら今も笑ってよ できるなら記号ばかりでも 歌ってみてよ 笑ってみせてよ  愛を哀を逢を藍に今は染まっていく 焦がしていく その記号で今願ってよ 何もかも全部届いてよ  言えない表情を俯くのなら 人間じゃないって気づいていたんでしょ いがみ合うのが正解なら その目澄まして聞き連ねて 嗚呼  痛み全部知って空を仰いで そこから今落ちるんだ 守ってくれよ 磨耗してるよ その電波思考に既読をつけて そのまま今でも笑ってよ 脳髄を混ぜて揺さぶってよ 迷ってみせて 届いてみせてよ  絵文字ばかりで頷きあおうよ 上昇中の記号が今も鼓動を止めるの 単純だとか言うのなら いますぐわかりやすく教えてよ 寂しくないよ今更もう いつでも繋がってるんだよ だからもうテレパシーに気づいた振りしてよ  その目かっぽじって気づいたら 心の内を荒んで送ってみてよ 飛ばしてみてよ その電波思考で叫んでみてよ できるなら今も笑ってよ でも今は記号ばかりでも 愛しているの 愛してみせてよ  愛を哀を逢を藍に今は染まっていく 焦がしていく その記号で今綴ってよ 何もかも全部届いてよ
夜が降り止む前に花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ止まらない闇に 泡に芽吹く花が 空に埋もれ消える  月が輝く塔に今 君の面影を知る  胸に住む確信が 波を呼び 言葉に酔う  何一つ無駄じゃなかった 今言わなくちゃ 涙を合図に  届けに行くんだ 濡れすぎた夜空が 僕らに呼吸を許さなかった  足宛き歩いた 満たされた光に 一度きりの言い訳を 夜が降り止む前に  止まらない闇に あなたの輪郭を 遠く鳴る海が奪い去る  胸が照らすその場所には 知りたい言葉がある  あなたにはわからないわ 何一つ聞こえないや  「今まで」と「これから」は かき乱した夜に消えていけ  届けに行くんだ 喚き出す夜空が 僕らの明日を信じなかった  裏切り歩いた 満たされた朝日で 熱を意味を捨てていく  濡れ出した街に あなたの輪郭を 淡い指先でなぞる 夜が降り止む前に
花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ間違いなら見ないふりばかりして なんども知らない気持ちを結んだだろう? 後悔とかいつでも断ち切れたら 長い長い焦燥も楽にできるさ  ほつれかけてた純情を今 まさに君が紡いでしまった  絡まる意図が濡れて解けなくて どこにも逃げられやしない 切り離してしまえば忘れるのに どうしてどうしてできないんだろう どうしてどうしてなのだろう  もしも過去を全部やり直せるなら 出会えるあの日に戻って 君の首を締め付けるさ 嘘だよ そんなことできないから 今だって消えない痛みを紡いでいるの  いつか忘れてしまうとき 何もかも捨ててあげる だから今は馬鹿にしてよ まだ 幼い痛みを績みだすの  溢れる意図が喉を縛り付けて どこにも届きやしない 振りほどいてしまえば消えてくのに どうしてどうしてできないんだろう  絡まる意図が濡れて解けなくて どこにも逃げられやしない 私はまだここで動けないから どうかどうか私を 気づいて笑って解いて
心臓と絡繰花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリ優しさも仕草も何もかも嘘でも 思うように信じたものを選ぼう  戸惑いだってあるよ それでも教えてよ この雨の解答を見せて  たった一つの大切な物が 最初から分かったら良いのにと  嵌めては崩してを繰り返して やっと気づいたんだ 想いは決まっていたんだ  騙されたって良いよ 奪われたって良いよ この傷もこの涙も この気持ちは全部私のものだ 少ない脳で答えを知った 仕掛けられた罠に揺れ動いた 戸惑いも繰り返し恋をしてみよう 君の優しさの全てが嬉しかったんだ  後悔や痛みの夜を何度明かして 当たり前になったのは君のこと  罠だらけの日々を歩けない私の 手を引いて歩く横顔  ぶつかり合って重ならないパズルの 最後のピースをやっと見つけた  心が割れたって何度裏切ったって 君もずっと私を待っていたんだ  すれ違う心の奥底で ずっと探してた 優しさは温もりは 何もかも全部君のものだ 少ない脳全部でわかった 仕掛けられた罠を振りほどいた その先に呆れ顔の君が待っていた  汚れなんて血と混ぜてしまおう 弱さなんてもう忘れてしまおう うまくいかなくても君と居れる それ以上なんてある訳無くて  少ない脳全部で気づいた 熱いキスで何もかも混ぜよう この先も君のこと守りたいんだ 君の言葉も戸惑いも嬉しかったんだ
魔女花譜花譜カンザキイオリカンザキイオリこれは魔法だ 生きた日々を忘れた私の奇跡だ  永遠の時代で 反逆者になったの 偽物の子供達  離さないで今を 許さないで意味を 確信犯で繋がった 見たいものを見せて  教えて 燻る欲望だらけの日々に 言葉に魂はあるか?  答えて 歌って 意味を抱きしめるように あなたの産声を 頭の悪い号哭を 届いて なぞって 意味を確かめるように この世界は私の物だ 月が鳴り響くまで  これが現実だ 楽園を目指した電子の奇跡だ  永遠の世界に 脳髄をくすぐる 偽物の景色達  生きて来た意味と あがいて来た過去が 仮想世界で舞っている 証明を待ってる  諦めるな今は 目指した己の価値に 存在に確信はあるか?  歌って 喚いて 手に入れた世界に 連なる産声が 文字列に成り舞っている 壊して 奪って 奪われてしまう前に この世界は私のものだ 音が鳴り響くまで  寂れた過去の礎を踏みにじり 私たちは歌う  探して あがいて 生きて来た証明が 私の産声が 文字列に鳴り舞っている  今己を証明する言葉に魂はあるか?  戦え 抗え 今を抱きしめるように あなたの産声を 頭の悪い号哭を 答えて 歌って 電子の海を舞い踊って この世界は私たちの 証明を探している
エミリーと15の約束majikomajikoカンザキイオリカンザキイオリ大西省吾よく聞きなさい。 私はこれから遠いところに旅行に行くの。 ちゃんとお土産は買って来るからね? それまで私と約束して欲しいの、エミリー。  1. 寝る前はちゃんと歯を磨いてパパにおやすみと言いなさい。  2. 友達に優しくした後に、見返りを求めちゃいけません。  3. 身なりはちゃんと整えなさい。洋服にお金をかけなさい。  4. 時には知らない振りで、常に冷静に歩きなさい。  5. 人と繋がることを恐れないで。恥は曝し合うものよ。  6. 生きたい時に生きて、死にたい時に死になさい。 価値はあなたが決めるものよ。 選択は無限なの。信じれるのは自分だけ。 でもその全てに責任が持てる人間になりなさい。  7. 学歴に何の意味もないわ。好きな場所で働きなさい。  8. 清く正しく愛を学んで。正しさはあなたが決めなさい。  9. 全てを手に入れようとせずに、時には何か諦めなさい。  10. 誰かを傷つける言葉は直接面と向かって言いなさい。  11. 涙は見せびらかしてはいけないわ。弱さは噛みしめるものよ。  12. 沢山映画を観て、沢山本を読みなさい。 日々は永遠ではないから。 価値観を取り入れて、常識を身につけなさい。 そして自分が何者なのか必死に考えなさい。  13. 大人になったら私を忘れて、 あなたの価値観があなたを支えなくちゃいけない。 理屈じゃ守れないものが沢山あるの。 でもあなたが信じるものが、 あなたが愛するものが、 何よりも大事な真実になるのよ。  14. いつ何時も笑顔でいなさい。 笑顔はあなたを強くする。 でも悲しい時、苦しい時、 大切な人の前で泣きなさい。  15. 恐れる必要などないわ。 寂しく思うことはないわ。 あなただけの人生を手に入れなさい。 間違いだらけでもいい。信じれるのは自分だけ。 でもその全てに後悔が出来る人間になりなさい。  エミリー。 エミリー。会いたい。会いたいよ。 愛してる。愛してる。 愛してる。
命に嫌われている。YuNiYuNiカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ・yasushi「死にたいなんて言うなよ。 「諦めないで生きろよ。」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。  実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。  他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。  画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフをもって走った。  僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。  お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る  少年だった僕たちはいつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる  自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。  「正しいものは正しくいなさい。」 「死にたくないなら生きていなさい。」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。  僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。  幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。本当はそういうことが歌いたい。  命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちていく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。
僕とサスぺンスSchrodinger's CatSchrodinger's Catカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ知らなかった 不思議な見た目をしてるな 鋭く光る 僧坊に心が揺れ動く 頭の中で君が暴れてる もう君から目が離せない  日々に混ざる幻だけでは たどり着けない獣道 君と出会い 僕は今 君に命を狙われている  僕らの出会いに意味があるのなら この運命が世界を教えてくれるのかい? すれ違う声もいつかは混ざるよ 見えない未来に怯えていなくても  誰もいなくていいさ 誰も知らなくていいさ 僕のものだ 膨らむ想像に針が降る 影が走る そこに現れたのは、、、  もうなんだよ 邪魔しないでよ 不安なんだよ まだ怖いから 知らない僕の世界が 毛むくじゃらに溢れてく 言葉が通じない 何考えてるかわかんない ほら命を狙われている!?  僕らの出会いに 意味があるのだろう この運命が世界を教えてくれるのかい? すれ違う声に戸惑うだけでも 初めてのことだ  未来を教えて  もうなんだよ 不安なんだよ まだ怖いけど 疲れちゃったよ とりあえず今はご飯の時間だよ
アンノウンワールドSchrodinger's Cat adding コトリンゴSchrodinger's Cat adding コトリンゴカンザキイオリカンザキイオリカンザキイオリ「僕だけの世界だ」って 人生に拍車をかけて 意地を張って何十年経っただろう 知らなかった 想いはそばで 繋がって広がって もう一人じゃない 僕も騒がしく 回る日々の一部だった 想像の先の日常で誰かが生きている 知らない愛に振り回され 戸惑う優しさが混ざり合う こんな世界知らなかった 何が変えたのだろう 誰かが誰かを想う 日々の隙間で 世界は広がっていく  誰にも奪われないでほしい 今でも僕でも間に合うかな 知ろうともしなかった 気づきもしなかった 言葉を聞かせてほしい 僕は今までの意味も何も見えなかった 書き出した日々の裏側で 誰かが生きている 僕だって生きている 見えない日々に振り回され 気づけば優しさが混ざり合う 誰も僕を知らなかった 僕も何一つ知らなかったんだ 消えない過去の片隅にも 誰かの優しさが混ざり合う 霞む日々が潤ってゆく 君が変えたのだろう? 誰かが誰かを想う日々の隙間で 僕らは広がっていく
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. うれしいひなまつり
  3. オレンジ
  4. かっぱ黄桜
  5. ひとみ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Value
  2. OCTAVE
  3. 女がつらい
  4. ババーンと推参!バーンブレイバーン
  5. 愛は薬

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×