ホワイトノイズ

街を切り裂くような排気音が
足元で唸っている 猛スピードで進む
消えたテールランプの在り処 探して真っ直ぐに

闇をスクラップにする強さで
ひた走る道路にはもう 街灯さえないけれど
きっとヘッドライトひとつあれば 何も要らないな

瓦礫の下に埋もれた弱虫の声は
いくら耳すましても聞こえやしないさ
追いかけてくる後悔が視界を塞ぐ前に
追いついた未来の端っこで何度も あなたを救い出すよ

不意に記憶がブレーキをかけた
舌打ちの矛先は 覗き込むミラーの向こう
自分の意気地無さに気づいている 時間などないのに

瓦礫の下から漏れた弱虫の声は
いくら耳塞いでも痛いほど響いてた
あの日誓ったリベンジを忘れてたまるかと
震えた心が今もうるさいほど その名前を叫んでる

ヒーローぶって笑っていた あなたの両頬を 拭うまで止まらない
ああそうさ あの夜から あなたを迎えに来たんだ 何度しくじろうとも

ヒーローぶって笑っていた あなたの絶望を 抱き締めるまで負けない
運命に殴られても 痛くも痒くもないと 道路を駆け抜けてく
瓦礫の下に埋もれた声を掻き消しながら