×

GLIM SPANKY「The Goldmine」の歌詞一覧リスト

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
The GoldmineGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミGLIM SPANKY亀本寛貴聞いた話が本当かは知らない こんな近くにゴールドが眠ってるって そんなふざけたことは 皆信じない だって辺りは掘り尽くされた跡ばかり  けたたましく鳴く機械がただ 涙で動いている 削られた身体を輝かすんだ  ハート研ぎ澄ませば 僕ら計り知れない 君とも火を移しあえたら もっと気付かせたい 僕らやりたいことばかりで 枯れないゴールドマイン  言い伝えさえいつかは消えていく こんな場所でもゴールドが埋まってるって 今じゃ夢見ることに 皆興味ない だけど少し まだ信じているんだ  ハート研ぎ澄ませば 僕ら何ができる 明日に火を繋げられたら もっと大きくなる 僕らやりたいことやるだけ 消えないゴールドマイン  けたたましく鳴く機械の声 色褪せてる標識の文字 傾いてるバス停の影 何かを伝えている 止まってた時を動かしたいと  ハート研ぎ澄ませば 僕ら計り知れない 君とも火を移しあえたら もっと本当になる 僕らやりたいことばかりだ 気付いたゴールドマイン
Glitter IllusionGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミGLIM SPANKY亀本寛貴・Soma Gendaよれたメイク 滲んだ ねえ 何時なのか誤魔化さず言って 優しいトゲのような 指の仕草が綺麗で悲しい  いつまで待つの 愛なんてない どうかしてるよ だけど今は  光るラメ 思い切りのせて もう一度輝いてみたいの 満たされぬ このカルマの渦 解らないなら 何も言わないで  本当の答えなどわかっているのに もうちょっと夢見せて 目覚めたくないわ  ぬるいビール 溢した ねえ 何時だっていいから遊んで 冷たいバラのような 嘘のつき方 それだけ教えて  光るラメ 今夜こそのせて 誰よりも輝いてみたいの 複雑な このドラマの中 馬鹿にするなら 何も言わないで  本当の答えなどわかっているのに もうちょっと夢見せて 目覚めたくないわ  君が愛してくれなくても 私は私を抱きしめたくて  だから今は 光るラメ 思い切りのせて どこまでも輝いていたいの 満たされぬ このカルマの渦 変わらないなら 何も言わないで  本当の答えなどわかっているのに もうちょっと夢見せて 目覚めたくないわ
光の車輪GLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミGLIM SPANKY亀本寛貴例えば僕らが歳を取っても この景色だけは 忘れはしない 呼吸を潜めて朝を待っていたんだ 山の輪郭にラインが通る 準備なんてない 走り出せば いつだって全てが始まりなんだ  遥か向こうへと 光を繋いでいけ 幼い頃に見た絵画のような 愛おしい場所 探す旅路を 転がれ車輪よ ずっと  例えば僕らにシワが増えても 何も変わらない瞳でいたい 瞼を開ければ昼になっていたんだ 新緑ざわめき 命が透ける こんなもんじゃない そう思えたら なんだって全てが燃料なんだ  雲の向こうへと 記憶を繋いでいけ 幼い頃に聞いたメロディのような 安らげる場所 探す旅人 このままどこまでも  遥か向こうへと 僕らを連れてゆけ 幼い頃に見た絵画のような 愛おしい場所 探す旅路を 何度壊れてもまた 転がれ車輪よ ずっと
ラストシーンGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミGLIM SPANKY亀本寛貴Going On 甘く揺れている ふたりの火を見守って 触れあったなら もう  退屈な月曜が終わると 君の誘いが待ってるわ 坂の下で待ち合わせる ゆっくり降りよう 転ばぬように 借りた本はもうちょっと そばに置いて居たくて 少しの嘘ついてみる ずるい私を笑ってね  Going On 甘く揺れている ふたりの火を見守って 触れあったら消えてしまうの? それすらまだわからない  息も うまく吸えないわ 流れる汗 数えてる 触れ合うまで あとどれくらい 今日のラストシーンはまだ来ないでいて  つまらない風景も 君といれば特別になっちゃうな 影を踏んで堤防へと ゆっくり向かおう 着かないように このルートが好きだって あの子も言ってたよって 試すように探ってる 悪い私を許してね  Going On 波が瞬いて ふたりの背を飾ってる 目があったら言ってしまいそう 知って欲しくてたまらない  私 隠しきれないわ 何度も髪 気にしてる 触れ合うまで あとどれくらい 今日のラストシーンはまだ来ないでいて  滲んでいく 西の空が 駆り立てた 教えてよ 本当の事 私にだけ  Going On 甘く揺れている ふたりの火に気づいたの 触れあっても消える事ない 予感がするから  私 隠しきれないわ 何度も髪 直してる 触れ合うまで あともう少し どんなラストシーンも受け止めるから  今日のラストシーンはどうなってもいい

真昼の幽霊 (Interlude)

Summer LetterGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミGLIM SPANKY晴れた広場は静かで 時間が止まったまま そこの角を曲がって 海辺が覗く午後に ふたりだけに聴こえた 風のワルツが  いつか歳を取って 君が遠くへ行ってしまっても 僕はここにいるよ 忘れないで ずっと友達でいて  誰も知らない水辺は 時間が止まったまま そこの橋を渡って まぶしく青い午後に ふたりだけが結んだ 風のリボンを  いつか時が経って 君が遠くへ行ってしまっても 僕は覚えてるよ 会えなくても ずっと友達でいて  いつか歳を取って 君が遠くへ行ってしまっても 僕はここにいるよ 忘れないさ ずっと友達だから  どこにいてもずっと友達だから
Odd DancerGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミGLIM SPANKY亀本寛貴ただ身を焦がして 愛を求めたって 使い古しのストーリー なんて惨めなおとぎの罠だ 真上に太陽が 笑っている 王家の行進は騒ぎ疲れて 何処かへ行った 置き去りだ  奇怪な日々を踊れ 震えながらも ガラクタが溢れてる 同じもんなら要らないさ 君だってわかるだろ このままじゃ なあ 腐ってしまうぜ  ただ目を腫らして 愛を探したって 使い回しのストーリー なんて無様なおとぎは嫌だ 真上で太陽が 睨んでいる 聖者の行進は喚き散らして 何処かへ行った 滑稽だ  どこか 聴こえる アウラビート じっとしてるだけじゃつまらないね  奇怪な日々を踊れ 迷いながらも 歪んだ音を浴びて  奇怪な日々を踊れ 震えながらも ガラクタが溢れてる 同じもんなら要らないさ 君だって思うだろ このままじゃ なあ 腐ってしまうぜ  奇怪な日々を踊れ 歪んだ音の中で
愛の元へGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミGLIM SPANKY亀本寛貴始まりの合図は 春の嵐のようで ベランダに捨てた 君が吸ってた甘いシガー 気になって 心が急に傷み出すのは 真夜中のせいでしょうか 会いたくなるから  トリップして君の元へ行けたら すぐに攫って 魔法をみせてあげるよ 尖ったナイフのような言葉なんかいらない 優しいセリフを  情熱が暗い道を照らす目印になって 愛の元へ連れて行ってよ 君にもっと僕のことを 真っ直ぐ見つめてほしいよ 焦がすだけ 当てのない恋なんて  静まった街角 夢の続きのようで たなびくライトが 胸の奥を暴き出すのさ 固った心がそっと溶け始めたら 真夜中のせいでしょうか 泣きたくなるのは  刺さったナイフの傷が ずっと消えてくれない 優しいクスリを  情熱が暗い道を照らす灯し火になって 愛の先へ連れて行ってよ 君にもっと僕のことを 本当は解ってほしいよ 焦がすだけ 甘すぎる恋なんて  シュガーポットの中 溺れてるような気分なんだ 遠く鳴るサイレンが 目も合わせないで ただ去っていく  情熱が暗い道を照らす目印になって 愛の元へ連れて行ってよ 君にもっと僕のことを まっすぐ見つめてほしいよ 叶うなら  情熱が暗い道を照らす灯し火になって 愛の先へ連れて行ってよ 君にもっと僕のことを 本当は解ってほしいよ 焦がすだけ 当てのない恋なんて  シュガーポットの中 溺れてるような気分なんだ
不幸アレGLIM SPANKYGLIM SPANKYいしわたり淳治・松尾レミGLIM SPANKY亀本寛貴ねえ この世の終わりみたいな目しないで こんなんじゃ終わらないわ 本当の地獄はここからなの  そう この世の辞書はエンジョイっていう言葉を ちょっと行き過ぎたなら そこに炎上が待っているんだ 欲深いのは お互い様で アレも コレも 欲しがって 手に入れたら 邪魔だわ  救い様ない 馬鹿で結構だね 悪魔に売った この血も涙も そう全部 だんだん火の手が回る 絶望をもっとあげる あたし以外は 不幸であれ  もう あたしの辞書に平穏っていう言葉は 永遠に見つかんないわ あの日 あなたが盗んでったんだ 負けず嫌いを こじらせる程 アレも コレも 間違って 気づけば この有様  救いのない 明日で結構だね ネジが緩んで 頭から落ちるわ 今日も だんだん意識が消える 欲望の火が燃える あたしみたいに 不幸であれ  ねえ この世の終わりみたいな目しないで こんなんじゃ終わらないわ 本当の地獄はここからだよ  救い様ない 馬鹿で結構だね 悪魔に売った この血も涙も ああ 救いのない 明日で結構だね ネジが緩んで 頭から落ちるわ だんだん火の手が回る 絶望をもっとあげる この世は皆 不幸であれ
Innocent EyesGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミGLIM SPANKY亀本寛貴目の前に広がる空が 鼓動を打ち鳴らし 飛び立つ鳥 自分の居場所を知っている 何度だって転んできたんだ 怪我なら怖くない なんてさ ああ 強がるほど臆病で甘えてるな  解けた紐を結んで歩いている 何が好きで 何を求め ここまで来た  どこまでも透明な僕たちは 教科書通りなんて進めない 誰も皆 欲しがるものは 手に入れなくていいや 手付かずの未来で ぬかるむ地面に脚竦んでも 隠していた涙が落ちて 僕は綺麗になるから  荒野を駆ける吹き荒れる風が 髪を梳かしてった 名も無い歌が寄り添ってくれている 孤独さえ どんな痛みさえ 忘れたくない 与えられた物語じゃない いつだって  どこまでも透明な僕たちは 同じようになんで生きれない 不器用と笑ってくれよ だけどこれでいいんだ  透明な僕たちは 教科書通りなんて進めない 誰も皆 欲しがるものは 手に入れなくていいや どこまでも透明に感じる空に 胸震えてる 堪えていた涙が落ちて 僕は綺麗になるから
怒りをくれよ (jon-YAKITORY Remix)GLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ・いしわたり淳治GLIM SPANKYjon-YAKITORY怒(いか)りをもっとくれ 本気になりたいんだ まだ 全然足んねえな 怒(おこ)らせてくれよ 馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ 試練何度越えようが 満足を蹴り飛ばし行こうぜ  鈍感なふりして あげるからほら調子に乗れ 最低なセリフで もっと怒りに火を点けてくれ  限界のピンチを 本気で感じて初めて 本能が震えて 新しい自分が目覚めるんだ  お前なら 分かるはずだろ そんなんじゃあ まだまだ 売られた喧嘩 安すぎるぜ  怒(いか)りをもっとくれ 本気になりたいんだ まだ 全然足んねえな 怒(おこ)らせてくれよ 馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ 試練何度越えようが 満足を蹴り飛ばし行こうぜ  関係ない顔した ことなかれ主義の腑抜けが 陰でニヤニヤ 人のこと何を笑ってるんだ? お前らさ 笑われるのは 湿った心は 最悪の燃えないゴミだぜ  怒りをもっとくれ 理性なら邪魔なんだ 限界越えた先にしか欲しい物はないから 目が眩むほどの 火花飛び散らして なあ 全身全霊で ぶつかろうぜ 輝くために  問題ばっかの世界 答えはどこにもないから 困難があるほど 楽しめたもん勝ちなんだぜ  怒りをもっとくれ 本気になりたいんだ まだ 全然足んねえな 怒らせてくれよ 怒りをもっとくれ 理性なら邪魔なんだ 限界越えた先にしか欲しい物はないから 馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ 試練何度越えようが 満足を蹴り飛ばし行こうぜ
このアーティストのアルバムを見る

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ヘイヘイブギー
  3. うれしいひなまつり
  4. オレンジ
  5. 買物ブギー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Value
  2. ババーンと推参!バーンブレイバーン
  3. LOVEなシーン with BRADIO
  4. Flowery
  5. 呪って呪って

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×