青山吉能の歌詞一覧リスト  13曲中 1-13曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
13曲中 1-13曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あやめ色の夏に雨上がりの街路樹 静けさと心を映すようなしずくが舞う 水たまりに揺らめく 薄灯り 遠く風が運んだ夏の匂い  夕空と青のあわい 変わらないはずの街が染まり始める 浮かぶ笑顔 雑踏の中 確かに見えた きらめき  記憶は映画のように光るけど 憧れた明日はその先にある 願いも痛みも胸に進むよ 思い出はあやめ色 「終わらないで」 ただ そっと呟く  空には 舞う花束 一瞬を永遠に思うような 君との時間 ため息交じりの深呼吸 ふたりで描く平行線 もどかしい その距離を 歩いていただけ  路地裏のアスファルトに 少しずつ伸びる影が 重なり合って夢に溶ける 見上げた先の 君の横顔 忘れない  青い夏を 青い夏を  記憶は映画のように光るけど 憧れた明日はその先にある 凪いだ風の中 次の季節へ 思い出はあやめ色 雲の隙間 今 光が射す 歩き続けよう ずっと青山吉能永塚健登永塚健登永塚健登雨上がりの街路樹 静けさと心を映すようなしずくが舞う 水たまりに揺らめく 薄灯り 遠く風が運んだ夏の匂い  夕空と青のあわい 変わらないはずの街が染まり始める 浮かぶ笑顔 雑踏の中 確かに見えた きらめき  記憶は映画のように光るけど 憧れた明日はその先にある 願いも痛みも胸に進むよ 思い出はあやめ色 「終わらないで」 ただ そっと呟く  空には 舞う花束 一瞬を永遠に思うような 君との時間 ため息交じりの深呼吸 ふたりで描く平行線 もどかしい その距離を 歩いていただけ  路地裏のアスファルトに 少しずつ伸びる影が 重なり合って夢に溶ける 見上げた先の 君の横顔 忘れない  青い夏を 青い夏を  記憶は映画のように光るけど 憧れた明日はその先にある 凪いだ風の中 次の季節へ 思い出はあやめ色 雲の隙間 今 光が射す 歩き続けよう ずっと
SundayWhat a wonderful day  なぜだか胸の奥がざわめく めまぐるしい毎日は そっとしておきたい  週末だって気分はgood day 華やかな街並みに 少し似合う服を着たら 待ちきれない have a new world  素敵なSunday 今日からは新しくはじまる朝 駆け抜けて追い抜いて 頑張ってる自分にFight!  曖昧な気配も カラフルな日々に塗り変えよう 明日がきらめくように  器用に言葉にできないことも 自分らしく生きるのも ちょっと難しいけど  '何となく'で流れていく 穏やかな時間でも 愛おしいとそう思える 優しい人でいたい  あぁきっとsomeday 永遠に  ウキウキで満たしてmy heart 突然の雨さえも味方にして浮かれてる 素敵な偶然に出会えたら トキメキつかまえて 明日もいい日になれ  踏み出すSunday 今日からは新しくはじまる朝 駆け抜けて追い抜いて 頑張ってる自分にFight!  街中に溢れる ありったけの微笑みを見つけよう 明日がきらめくように青山吉能Misaki UmaseMisaki UmaseMisaki UmaseWhat a wonderful day  なぜだか胸の奥がざわめく めまぐるしい毎日は そっとしておきたい  週末だって気分はgood day 華やかな街並みに 少し似合う服を着たら 待ちきれない have a new world  素敵なSunday 今日からは新しくはじまる朝 駆け抜けて追い抜いて 頑張ってる自分にFight!  曖昧な気配も カラフルな日々に塗り変えよう 明日がきらめくように  器用に言葉にできないことも 自分らしく生きるのも ちょっと難しいけど  '何となく'で流れていく 穏やかな時間でも 愛おしいとそう思える 優しい人でいたい  あぁきっとsomeday 永遠に  ウキウキで満たしてmy heart 突然の雨さえも味方にして浮かれてる 素敵な偶然に出会えたら トキメキつかまえて 明日もいい日になれ  踏み出すSunday 今日からは新しくはじまる朝 駆け抜けて追い抜いて 頑張ってる自分にFight!  街中に溢れる ありったけの微笑みを見つけよう 明日がきらめくように
Sweetly Lullaby心地良い午後に潜むメロディー 少し懐かしいレコードに リズム合わせ踊るよ ta ra ta ta ta ステップ踏んで  深い眠りから覚めたなら 昨日みた夢を聞かせて 躊躇ってる?そんな顔してるの ほら見せてあげるよ  誰も知らないようなMagic 君に唱えたら きっと幸せくすぐる予感がしている Sweetly Lullaby  小さな手鏡 揺れるジュエリー マシュマロみたいなふわりスカート ほんのりチークで色付ければ ほら連れていくよ My sweet sweet show time  見せてあげるよ  誰も知らないようなMagic 君に唱えたら きっと幸せくすぐる予感がしている Sweetly 溶けちゃうくらい もっと幸せくすぐる予感がしている Sweetly Lullaby Sweetly Lullaby青山吉能Misaki UmaseMisaki UmaseMisaki Umase心地良い午後に潜むメロディー 少し懐かしいレコードに リズム合わせ踊るよ ta ra ta ta ta ステップ踏んで  深い眠りから覚めたなら 昨日みた夢を聞かせて 躊躇ってる?そんな顔してるの ほら見せてあげるよ  誰も知らないようなMagic 君に唱えたら きっと幸せくすぐる予感がしている Sweetly Lullaby  小さな手鏡 揺れるジュエリー マシュマロみたいなふわりスカート ほんのりチークで色付ければ ほら連れていくよ My sweet sweet show time  見せてあげるよ  誰も知らないようなMagic 君に唱えたら きっと幸せくすぐる予感がしている Sweetly 溶けちゃうくらい もっと幸せくすぐる予感がしている Sweetly Lullaby Sweetly Lullaby
STEP&CLAPめまぐるしい日々の中を 全力で駆け抜けたその先で ピタリと風が止むように 目が合うこの瞬間  3時間のお喋りより なんか気持ちが通じる気がする 高鳴る鼓動で分かるよ 出逢いこそ奇跡だ  手を叩いて リズム合わせ 世界を変えてみよう 過去も未来も今はそっと 忘れてしまえばいいの  ハジケトンデ! 一緒に踊り明かそう 出逢えた 君と 私の為に MUSIC 天高く響かせて So Step & Clap!! 時は止められやしないけど Step & Clap!! 輝かせて見せましょう  笑顔でいるのもなかなか 楽じゃない日もあると知ってるよ その優しさの裏側を 抱きしめてあげたい  音に乗せて 身をゆだねて 世界を創り出そう やり残した仕事はそっと 明日の自分にお願い  カキナラシテ! 今はただ 幸せを 君とね 二人で分かち合いたい MUSIC 同じ景色の中で Ready to Jump!! 夢のような時を胸に Jump & Jump!! 刻み付けてやりましょう  ねぇ聞かせてもっと 繋がっていたいよ 溢れ出す想いを この歌に込めて  ハジケトンデ! 一緒に踊り明かそう 出逢えた 君と 私の為に MUSIC 天高く響かせて So Step & Clap!! 時は止められやしないけど Step & Clap!! 輝かせて見せましょう  Step & Clap!! Step & Clap!! 終わらないMUSIC Step & Clap!! Step & Clap!! 止まないでMUSIC青山吉能Akiko WatanabeYasuhiro ObataYasuhiro Obataめまぐるしい日々の中を 全力で駆け抜けたその先で ピタリと風が止むように 目が合うこの瞬間  3時間のお喋りより なんか気持ちが通じる気がする 高鳴る鼓動で分かるよ 出逢いこそ奇跡だ  手を叩いて リズム合わせ 世界を変えてみよう 過去も未来も今はそっと 忘れてしまえばいいの  ハジケトンデ! 一緒に踊り明かそう 出逢えた 君と 私の為に MUSIC 天高く響かせて So Step & Clap!! 時は止められやしないけど Step & Clap!! 輝かせて見せましょう  笑顔でいるのもなかなか 楽じゃない日もあると知ってるよ その優しさの裏側を 抱きしめてあげたい  音に乗せて 身をゆだねて 世界を創り出そう やり残した仕事はそっと 明日の自分にお願い  カキナラシテ! 今はただ 幸せを 君とね 二人で分かち合いたい MUSIC 同じ景色の中で Ready to Jump!! 夢のような時を胸に Jump & Jump!! 刻み付けてやりましょう  ねぇ聞かせてもっと 繋がっていたいよ 溢れ出す想いを この歌に込めて  ハジケトンデ! 一緒に踊り明かそう 出逢えた 君と 私の為に MUSIC 天高く響かせて So Step & Clap!! 時は止められやしないけど Step & Clap!! 輝かせて見せましょう  Step & Clap!! Step & Clap!! 終わらないMUSIC Step & Clap!! Step & Clap!! 止まないでMUSIC
空飛ぶペンギン君は夢 君は風 君は誰? 知りたい  草むらで月に濡れ 変わりたいと泣いてた  触れるだけで答えが わかればいいけど… ね  ああ まだ まだ まだ 諦めたくなくて朝日に もう一度目覚める 世界のどっか遠くに 必ずあるの  愛しくて 憎らしい 君は誰? 会いたい  ページをめくるように 空の色が変わる  交差点を抜けて 流れる人波を見ていた 小さな鳴き声 届くかな 届いてほしくて 歌うの  夜を照らした 人の街 星のベンチに 腰掛けてひと休み  指切りをした 約束があるから また 怖いくらい fly できるよ  ああ まだ まだ 新しい輝きを探したい もう一度目覚める 世界のどっか遠くに 必ずあるの  空を飛ぶ 僕は風青山吉能雨野どんぐり宮原康平宮原康平君は夢 君は風 君は誰? 知りたい  草むらで月に濡れ 変わりたいと泣いてた  触れるだけで答えが わかればいいけど… ね  ああ まだ まだ まだ 諦めたくなくて朝日に もう一度目覚める 世界のどっか遠くに 必ずあるの  愛しくて 憎らしい 君は誰? 会いたい  ページをめくるように 空の色が変わる  交差点を抜けて 流れる人波を見ていた 小さな鳴き声 届くかな 届いてほしくて 歌うの  夜を照らした 人の街 星のベンチに 腰掛けてひと休み  指切りをした 約束があるから また 怖いくらい fly できるよ  ああ まだ まだ 新しい輝きを探したい もう一度目覚める 世界のどっか遠くに 必ずあるの  空を飛ぶ 僕は風
たび冬の匂いにいつかのひきだしがあく 埃かぶった大切な思い出たち  錆びついたドア かじかむ手で 今そっと そっと 確かめる  さよならの代わりを探す旅に 思い出の鞄は重すぎるね  もう一度 わたしを迎えにゆこう  窓の景色が少しずつ色を変えた わたしひとりがおいてけぼりな気がして  夢のつづき 描くこと 恐れてた でもきみと、きみとなら  さよならの代わりを探す度に いつまでも変わらない願いを知る 「しあわせでいてくれますように」と  当たり前のことが 塗り潰されていく いやだもうやめだ ああ、そうだ わたし このままじゃ嫌なんだ  さよならの代わりを探しにゆこう あてのない旅路を共にゆこう  もう一度 願いを叶えにゆくの  見つけたの わたしが生きてく場所を青山吉能Yoshino AoyamaAkiko NodaRyosuke Kihara冬の匂いにいつかのひきだしがあく 埃かぶった大切な思い出たち  錆びついたドア かじかむ手で 今そっと そっと 確かめる  さよならの代わりを探す旅に 思い出の鞄は重すぎるね  もう一度 わたしを迎えにゆこう  窓の景色が少しずつ色を変えた わたしひとりがおいてけぼりな気がして  夢のつづき 描くこと 恐れてた でもきみと、きみとなら  さよならの代わりを探す度に いつまでも変わらない願いを知る 「しあわせでいてくれますように」と  当たり前のことが 塗り潰されていく いやだもうやめだ ああ、そうだ わたし このままじゃ嫌なんだ  さよならの代わりを探しにゆこう あてのない旅路を共にゆこう  もう一度 願いを叶えにゆくの  見つけたの わたしが生きてく場所を
ツギハギため息の数だけ 強くなれたらいいのに ほつれ始めた古いセーターに 袖を通して朝を待つ 真っ直ぐにみつめて 甘い言葉で満たして 隠し事の上手なその声が 少し好きだった  抱きしめてよ 強くぎゅっと ひとりきりで 夜に溺れそう でも 満ち足りた言葉で あなた以外はいないとは 言えないや  少し背伸びしてた ありふれた恋じゃなくて 優しくて曖昧な関係が 楽な気がして良かったの 近づけば離れて だけど誰より近くて 掛け違えたボタンみたいな距離 少しもどかしい  腕の中で  眠らせてよ 醒めない夢 みせてよ今夜は でも 満ち足りた言葉は いらないの今だけねぇ 夢みせてよ  優しさじゃないのは 初めから分かってたのに 曖昧でツギハギだらけの言葉が 今は痛くて苦しいの  夜を越えて 朝になれば この痛みも 少しは消えるの ねぇ 私だけを見てよ 本当に欲しいのは 「愛してる」  抱きしめてよ 強くぎゅっと ひとりきりで 夜に溺れそう でも 満ち足りた言葉で あなた以外はいないとは 言えないや青山吉能Kazuki TomitaKazuki TomitaKazuki Tomitaため息の数だけ 強くなれたらいいのに ほつれ始めた古いセーターに 袖を通して朝を待つ 真っ直ぐにみつめて 甘い言葉で満たして 隠し事の上手なその声が 少し好きだった  抱きしめてよ 強くぎゅっと ひとりきりで 夜に溺れそう でも 満ち足りた言葉で あなた以外はいないとは 言えないや  少し背伸びしてた ありふれた恋じゃなくて 優しくて曖昧な関係が 楽な気がして良かったの 近づけば離れて だけど誰より近くて 掛け違えたボタンみたいな距離 少しもどかしい  腕の中で  眠らせてよ 醒めない夢 みせてよ今夜は でも 満ち足りた言葉は いらないの今だけねぇ 夢みせてよ  優しさじゃないのは 初めから分かってたのに 曖昧でツギハギだらけの言葉が 今は痛くて苦しいの  夜を越えて 朝になれば この痛みも 少しは消えるの ねぇ 私だけを見てよ 本当に欲しいのは 「愛してる」  抱きしめてよ 強くぎゅっと ひとりきりで 夜に溺れそう でも 満ち足りた言葉で あなた以外はいないとは 言えないや
透明人間あなたが思うより わたし 弱くないよ だけどあなたが思うより わたし 強くないの  わかったふりしないで でもあきらめないで そばにいて  まだ透明人間でいさせて 冗談めいて笑わせて 何者でもないの 勝手に決めないでよ 感動しいの涙も 全力疾走の汗も わたしを色づけたりはしない だって勝ち負けはまだ 未だ旅の途中  あなたのためだけに わたし 声枯らすよ だけどわたしのためだけに 夢を見たりしたい  だから透明人間でいさせて 肯定も否定もしないで 何者かになるよ だから今は黙って 相談できない悩み事 どうしようもない虚しさも わたしを腐らせたりはしない だけど 愛はナマモノ 息をしてる  透明に見えたとしても 何色に見えたとしても あなたはあなたの目を 信じてほしいの その瞳に映るのは 紛れもないわたしだから 大丈夫よ ここにちゃんといるから  透明人間でいさせて 正真正銘のわたしが わたしの色を見つける日まで だって勝ち負けはまだ 未だ旅の途中青山吉能Ai HiguchiAi HiguchiRyosuke Kiharaあなたが思うより わたし 弱くないよ だけどあなたが思うより わたし 強くないの  わかったふりしないで でもあきらめないで そばにいて  まだ透明人間でいさせて 冗談めいて笑わせて 何者でもないの 勝手に決めないでよ 感動しいの涙も 全力疾走の汗も わたしを色づけたりはしない だって勝ち負けはまだ 未だ旅の途中  あなたのためだけに わたし 声枯らすよ だけどわたしのためだけに 夢を見たりしたい  だから透明人間でいさせて 肯定も否定もしないで 何者かになるよ だから今は黙って 相談できない悩み事 どうしようもない虚しさも わたしを腐らせたりはしない だけど 愛はナマモノ 息をしてる  透明に見えたとしても 何色に見えたとしても あなたはあなたの目を 信じてほしいの その瞳に映るのは 紛れもないわたしだから 大丈夫よ ここにちゃんといるから  透明人間でいさせて 正真正銘のわたしが わたしの色を見つける日まで だって勝ち負けはまだ 未だ旅の途中
Flowery始まりは花が咲く様に 柔らかい しなりが弾けた 朝露に閉じ込めよう逆さまの世界  歌声は静かにそそぐ また会いたいと願うことでしか 私は私を保てない  時折ちらつくプリズム 優しさが時間をほどいてくの  今 時を超えすすめ うねる世界に立ちむかって 記憶の中 その声が ぬくもりが たよりない私の勇気になって 咲いている  薄浅葱空が恋したように 染まる時間が好きでした 両手が切り取るファインダー いつも探してしまう  花びらを一枚づつ 浮かべ声に出さず想い乗せた 誰かじゃなくてあなたがいい  心の奥に根を張る 固結びがうまく解けないんだよ  「怖くない」なんて言えない 正解のないこの世界で 強がりでも前を向いて歩けたら この愛おしさも 綺麗な思い出にできるかな?  煌めきは棘のようだ 薫る記憶が痛いよ 傾げた蕾 綻ぶ 忘れないよ I hope you will bless my new flowery beginning.  花びら ゆるやかに落ちる いつもあと一枚が足りないや  今 時を超えすすめ うねる世界に立ちむかって 記憶の中 その声が ぬくもりが たよりない私の勇気になって 咲いている青山吉能hisakunihisakunihisakuni始まりは花が咲く様に 柔らかい しなりが弾けた 朝露に閉じ込めよう逆さまの世界  歌声は静かにそそぐ また会いたいと願うことでしか 私は私を保てない  時折ちらつくプリズム 優しさが時間をほどいてくの  今 時を超えすすめ うねる世界に立ちむかって 記憶の中 その声が ぬくもりが たよりない私の勇気になって 咲いている  薄浅葱空が恋したように 染まる時間が好きでした 両手が切り取るファインダー いつも探してしまう  花びらを一枚づつ 浮かべ声に出さず想い乗せた 誰かじゃなくてあなたがいい  心の奥に根を張る 固結びがうまく解けないんだよ  「怖くない」なんて言えない 正解のないこの世界で 強がりでも前を向いて歩けたら この愛おしさも 綺麗な思い出にできるかな?  煌めきは棘のようだ 薫る記憶が痛いよ 傾げた蕾 綻ぶ 忘れないよ I hope you will bless my new flowery beginning.  花びら ゆるやかに落ちる いつもあと一枚が足りないや  今 時を超えすすめ うねる世界に立ちむかって 記憶の中 その声が ぬくもりが たよりない私の勇気になって 咲いている
Page窓をあけて わたしを目指す 揺れる言葉は 心をほどいて  はじまりの朝を照らす太陽は ちょっと眩しいくらいで 歩き出せる  真っ白なページ 今日を忘れず進む 未完成のままでいい 愛おしい日々を往け  こぼれ落ちる涙は宝石 揺れる雫をひろい集めて  気づかないふりで浅くなる呼吸 ふいに 吹き抜けた風が導いてく  まっさらな道 ずっと果てなく続く 描いた理想像を 空白を 超えてゆけ  かえり道 濁る足取り ため息 振り切るように 走り出した  彷徨う夜は そっと耳を澄まして 透明で純粋な 朝を待つ  真っ白なページ 今日を忘れず進め 未完成のままでいい 愛おしい日々を往け青山吉能青山吉能矢吹香那前口ワタル窓をあけて わたしを目指す 揺れる言葉は 心をほどいて  はじまりの朝を照らす太陽は ちょっと眩しいくらいで 歩き出せる  真っ白なページ 今日を忘れず進む 未完成のままでいい 愛おしい日々を往け  こぼれ落ちる涙は宝石 揺れる雫をひろい集めて  気づかないふりで浅くなる呼吸 ふいに 吹き抜けた風が導いてく  まっさらな道 ずっと果てなく続く 描いた理想像を 空白を 超えてゆけ  かえり道 濁る足取り ため息 振り切るように 走り出した  彷徨う夜は そっと耳を澄まして 透明で純粋な 朝を待つ  真っ白なページ 今日を忘れず進め 未完成のままでいい 愛おしい日々を往け
My Taleかすり傷ぐらい大丈夫 視線のほうが痛い 私らしくないこの笑顔 捨てて帰りたい 人の言葉は揺れる 夢も見る 夜の長さに怯えていた  遠く近く 見てるのはどちらの景色 心へ深く潜って泳いで 喧騒と静寂 同居した世界の中で 私はどこへ行くべきなのかな どこに居たって何時だって そう聴こえているこの声は My Soul 形の無い多面性の My One And Only Tale  鍵は持ってる 開けるドアを探している 路はいつも曲がってて 繋がっている 巡り巡る感情の季節には 色違いの顔探していた  明確と曖昧 必要な意味の全てを 心で包みひとつずつ掴んで 遠くに投げてみたり もう飲み込んでしまったり That's it 決まりのない無限大の My One And Only  もうちょっと簡単に泣いたりしてみたい 会いたかった私に会えるなら  My Tale  遠く近く 見てるのはどちらの景色 心へ深く潜って泳いで 喧騒と静寂 同居した世界の中で 行くべき場所へ向かっているから どこに居たって何時だって そう聴こえているこの声は My Soul 未来へ続く未完成の My One And Only Tale青山吉能タイラヨオhisakunihisakuniかすり傷ぐらい大丈夫 視線のほうが痛い 私らしくないこの笑顔 捨てて帰りたい 人の言葉は揺れる 夢も見る 夜の長さに怯えていた  遠く近く 見てるのはどちらの景色 心へ深く潜って泳いで 喧騒と静寂 同居した世界の中で 私はどこへ行くべきなのかな どこに居たって何時だって そう聴こえているこの声は My Soul 形の無い多面性の My One And Only Tale  鍵は持ってる 開けるドアを探している 路はいつも曲がってて 繋がっている 巡り巡る感情の季節には 色違いの顔探していた  明確と曖昧 必要な意味の全てを 心で包みひとつずつ掴んで 遠くに投げてみたり もう飲み込んでしまったり That's it 決まりのない無限大の My One And Only  もうちょっと簡単に泣いたりしてみたい 会いたかった私に会えるなら  My Tale  遠く近く 見てるのはどちらの景色 心へ深く潜って泳いで 喧騒と静寂 同居した世界の中で 行くべき場所へ向かっているから どこに居たって何時だって そう聴こえているこの声は My Soul 未来へ続く未完成の My One And Only Tale
Mandala夜の淵に落ちて揺れたままのメロディー 線路沿いの音に掻き消された 口元を隠して何もないふりする 伝えたいことならもう伝えた  満たされては空虚を選んで なくしては探す  書き置いた星屑を ひとつずつ浮かべよう 明日のこと照らしてくれる そう わがままにそのままに 悩んでる青春を 風がそっと包み込んだ  点と点をつなぎ 描かれるデザイン 迷い辿るうちに たどり着くの?  失っても 導かれたくて 何度だって求める  書き留めた星屑は さんざめく日々のよう 私のこと照らしてくれる そうわがままにそのままに 悩んでる青春を 風がそっと包み込んだ  sha li lala… つれていって… sha li lala…青山吉能Kana YabukiKana YabukiWataru Maeguchi夜の淵に落ちて揺れたままのメロディー 線路沿いの音に掻き消された 口元を隠して何もないふりする 伝えたいことならもう伝えた  満たされては空虚を選んで なくしては探す  書き置いた星屑を ひとつずつ浮かべよう 明日のこと照らしてくれる そう わがままにそのままに 悩んでる青春を 風がそっと包み込んだ  点と点をつなぎ 描かれるデザイン 迷い辿るうちに たどり着くの?  失っても 導かれたくて 何度だって求める  書き留めた星屑は さんざめく日々のよう 私のこと照らしてくれる そうわがままにそのままに 悩んでる青春を 風がそっと包み込んだ  sha li lala… つれていって… sha li lala…
moshi moshiきみが与えてくれた何もかもは全部本当の愛だった 必死に証拠をかき集めなくてもそこにあるのが愛だった  孤独と孤独どうし 背中合わせ 語る深層 理想 二人だけの小劇場  バズって流行ってみんなが欲しがるでもこの胸はときめいてる? 本当に欲しいものはお金では手に入らないとわかってる  …もしもし?  会いたい 会いたい 会いたい 会えたら きみに包まれて眠りたいや 会いたい 会いたい 会いたい 他に 必要なものなんかなかったんだ  つめたい時間に夢が醒めそうでかたくなに耳を塞いでた 大きな声で明日(あす)をまぎらわして気付かないふりをしたかった  いつの間に消えていった流れ星 願い 一回、二回、三回、 もう叶いっこないよね  きみが与えてくれた何もかもは全部本当の愛だった 必死に証拠をかき集めなくてもそこにあるのが愛だった  …もしもし。  会いたい 会いたい 会いたい 会えたら 巻き戻したくてたまらないや 軌跡と軌跡はいつの間に それぞれの行き先へ歩き出したんだ  …さよなら。  通話 今日が そうか 最後になるのか  会いたい 会いたい 会いたい 今でも きみに包まれて眠りたいや 会いたい 会いたい 会いたい 他に 必要なものなんかなかったんだ青山吉能Donguri Ameno・Yoshino AoyamaKohei MiyaharaKohei Miyaharaきみが与えてくれた何もかもは全部本当の愛だった 必死に証拠をかき集めなくてもそこにあるのが愛だった  孤独と孤独どうし 背中合わせ 語る深層 理想 二人だけの小劇場  バズって流行ってみんなが欲しがるでもこの胸はときめいてる? 本当に欲しいものはお金では手に入らないとわかってる  …もしもし?  会いたい 会いたい 会いたい 会えたら きみに包まれて眠りたいや 会いたい 会いたい 会いたい 他に 必要なものなんかなかったんだ  つめたい時間に夢が醒めそうでかたくなに耳を塞いでた 大きな声で明日(あす)をまぎらわして気付かないふりをしたかった  いつの間に消えていった流れ星 願い 一回、二回、三回、 もう叶いっこないよね  きみが与えてくれた何もかもは全部本当の愛だった 必死に証拠をかき集めなくてもそこにあるのが愛だった  …もしもし。  会いたい 会いたい 会いたい 会えたら 巻き戻したくてたまらないや 軌跡と軌跡はいつの間に それぞれの行き先へ歩き出したんだ  …さよなら。  通話 今日が そうか 最後になるのか  会いたい 会いたい 会いたい 今でも きみに包まれて眠りたいや 会いたい 会いたい 会いたい 他に 必要なものなんかなかったんだ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. さよーならまたいつか!
  4. キミがいれば
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×