マサ作曲の歌詞一覧リスト  23曲中 1-23曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
23曲中 1-23曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
カオカオDannie MayDannie Mayマサマサマサ・田中タリラ楽になるには本音が近道 破りたいのはチンケなあらすじ だけど石橋叩いてこのまま 嗚呼超めんどうだ合わせ笑い  DING DING DING このまんまで生きたいの DING DING DING このまんまで生きたいの でもからくり調子にしちゃうんだ ツーフェイスな暮らし方  ACTION 愛されたくて ACTION 笑わせたくて ACTION だけど僕のまんまで居たいのに痛いのにな  ヘラヘラ笑って誤魔化せば 太鼓持ち軽口と言われるが そりゃそもそも僕では無いから なんて言われても構わない  DING DING DING 上滑りの大合唱 DING DING DING 何も聞こえやしないの 嗚呼仮初め同士の「あかさたな」 やっぱ超つまんねぇな  FICTION 声張り上げて FICTION 頬突き上げて FICTION だけど僕のまんまで愛されたいのにな  楽になるには本音が近道 破りたいのはチンケなあらすじ だけど石橋叩いてこのまま 歩いちゃった歩いてきちゃった 伝わりたい伝わんない 汚い言葉でもぶつかってたい うんざりだうんざりだわ全く 裸と裸で繋がっていたいの  ACTION 愛されたくて ACTION 笑わせたくて ACTION だけど僕のまんまで 居たいのに痛いのに痛いのにな ACTION 声張り上げて ACTION 頬突き上げて ACTION だけど僕のまんまで愛されたいのにな
東京シンドロームDannie MayDannie Mayマサマサ田中タリラ僕ら東京シンドローム 騒がしい街の腹ん中 弾かれてくよバッタ者 馬鹿らしいらしい アイヤイヤイヤ  僕ら東京シンドローム 美しいとこしか映らない あっちもこっちもカオナシさん なんか恐ろしいようだ  薄まった希望に 人ばっかの街で一人 息詰まるのは日々の裏側  僕ら起こしてく大歓声 かき鳴らせやファンファーレ どんなに大きな号令も 掻き消してくんだよな ダサい勇者の始まり 今は想像通りだ確かに ビートに乗っかって 食らう日は遠くはないようだ  理性 感性 絡まって 難しい事など分からない 持論 正論てかどうだろう? そろそろ結構ダ!ダ!ダ!  繋いだストーリー 途切れちゃって一人途方に 暮れたあの日の僕の姿は  僕ら旅してく一等星 アルコールとバンバンジー 何度出会ってた亡霊も 消え去ってくんだろうな 爆ぜる月のうらがわに きっと想像したより遥かに ビートに乗っかって 僕らまだまだ飛べそうだよな  張り切り過ぎた日々のことや 散り散りになった夏のこと 僕らが起こした全てのことを いつしか伝記にしてやろう  僕ら起こしてく大歓声 かき鳴らせやファンファーレ どんなに大きな号令も 掻き消してくんだよな ダサい勇者の始まり 今は想像通りだ確かに ビートに乗っかって 食らう日は遠くはないようだ
3分半の反撃Dannie MayDannie MayYunoマサ田中タリラカンカンと鳴り響く 警報器が僕を襲って だったら僕にだって “トッテオキ”が残ってんだ  バラードなら勘弁さ 今から凱旋帰国さ 王者が通る ボリュームはフルテンで  遍く繁華街 押し退け人ノ海 背水なのは承知だ だから だから もういいんだこの際 始めよう音ノ祭 この曲でいこう 今だ 今だ  散々なこの世界で僕ら 押し潰されぬように 欠かせない音波 携えてまた 歩んでゆけ 3分半の反撃で今は 刺し違えて進もう はみ出してもいいさ 僕たちこそが生きれるなら  どっちがワルかなんか 判断つく方がおかしいんだ 毒を以て毒を制して 僕らまた正義を語るんだ  このままでもOKさ 吹っ掛けられたってさ 肩のひとつくらいくれてやれ  途切れぬ人災 終わらぬ言い合い 抑えろ憤慨 だから だから 鳴らせよこの際 応えろ音階 この曲でいこう 今だ 今だ  散々なこの世界で僕ら 押し潰されぬように 欠かせない音波 携えてまた 歩んでゆけ 3分半の反撃で今は 刺し違えて進もう はみ出してもいいさ 僕たちこそが生きれるなら  はみ出しても良いから今は いつの日か聴かせてよ 君も 散々な世界で  はみ出しても良いから今は いつの日か聴かせてよ 君も 散々な世界で  いざ行こうか
コレクションDannie MayDannie Mayマサマサ田中タリラたまに思うんだ 僕はまだ大人じゃないのかい 落ちてきた夕日に目が潤んだ  たまに思うんだ 僕はまだ報われないのかい 増えてきた瘡蓋が語りかけた  固く不安が絡まって 眠れない夜があったって 僕は僕しか居ないんだ  夢を語るたび強くなれ うだつの上がんない冴えない 過去だって蹴散らして 夢を背負うたび強くなれ 不器用に何千何万回だろうと やり直せるから いつか高く飛べよ 輝く未来へ  鈍色とコインランドリー ため息が乗っかる日々 押し退けて晴れを願った  未来だった今が 時々汚れて見えるんだ 洗い流すには少し遅過ぎた  全部ぐしゃぐしゃになって 間違い探しみたいになって そこからまた始まんだ  夢を語るたび強くなれ うだつの上がんない冴えない 過去だって蹴散らして 夢を背負うたび強くなれ 不器用に何千何万回だろうと やり直せるから いつか高く飛べよ 輝く未来へ  夢を語るたび強くなれ うだつの上がんない冴えない 過去だって蹴散らして 夢を背負うたび強くなれ 不器用に何千何万回だろうと やり直せるから いつか高く飛べよ 輝く未来へ
Boom Boom BoomDannie MayDannie Mayマサマサ田中タリラBoom Boom Boom だって だって Summer groove 夏が溶けるまでいたいのにな  嗚呼 迫る 迫る 迫る 近づいてゆけば胸が鳴る 嗚呼 募る 募る 募る 押し込んだ二人だけのコト  悪戯で 転がして 不意に笑えば あどけない心だけがあなたのモノ  Boom Boom Boom だって だって Summer groove あなたと暮らしたいのだから Boom Boom Boom Lucky lucky lucky groove 夏が溶けるまでいたいのにな  気高く 淡く 光る 小さな背中には羽がある 羽ばたく 後に僕が残っていたみたい  悔しくて 大人ぶって 飲み込むビール やけに苦い泡だけがあなたの味  Boom Boom Boom だって だって Summer groove あなたと暮らしたいのだから Boom Boom Boom Lucky lucky lucky groove 夏が溶けるまでいたいのにな  幾つもの夜超えて 僕らは大人になる あの夜は乗り過ごした 電車で家へ帰る
笑わせらぁDannie MayDannie Mayマサマサ田中タリラどいつもこいつも口だけ 頭でっかちばっかでやっとれん 黙れセンコー 釈迦にゃ説法 大切なのは自我 自我  グッドもバッドも要りません 僕が才能無いとか知りません 家じゃベッドでダラダラ また週休 2日の無駄遣い  時は足枷 日々重くなる 4畳半から世界をロック  バイバイ日々の劣等に バイバイ日々の喧騒に 僕は少し自由が欲しいだけ バイバイ日々の渇望と 散々なこの現在地 いつか錆びた世界を 蹴っ飛ばしてバックれてやんだ  中々上手ね「あかさたな」 でも何も伝わらぬあなたから 透けて見えるわ裸の価値 マジボチボチ 巻き直せハチマキ  安定不安定が僕らを 慎重臆病にするんだろ こんなんじゃ一生バッタモン だって  バイバイ日々の劣等に バイバイ日々の喧騒に 僕は少し自由が欲しいだけ バイバイ日々の渇望と 散々なこの現在地 いつか錆びた世界を 蹴っ飛ばしてバックれてやんだ  自由になるんだ もっともっと 自由になるんだ いつかきっと 夢を夢で終わらせぬ為には 自由になるんだ もっともっと 自由になるんだ いつかきっと 長い長いこの旅路も終わる  バイバイ日々の劣等に バイバイ日々の喧騒に 僕は少し自由が欲しいだけ バイバイ日々の渇望と 散々なこの現在地 いつか錆びた世界を 蹴っ飛ばしてバックれて 錆びた世界を 蹴っ飛ばしてバックれてやんだ
ただ生きるDannie MayDannie Mayマサマサ田中タリラただ生きる 何気なく生きる それが難しい事だと知る ただ生きる がむしゃらに生きる それが難しい事だと知る ただ生きる 偽りなく生きる それが難しい事だと知る ただ生きる 愛し合って生きる それが難しい事だと知る  過ぎゆく日々が簡単に 羽ばたく熱を奪ったとして 冷たいイシの真ん中は 僕らの声だ  揺れる揺れるよ生活の狭間 甘い期待は禁断の果実だ 強く願うよ何年も先もその先も 僕はあなたと死ぬまで生きたい  ただ生きる ぶつかり合って生きる それは美しい事だと知る ただ生きる 支え合って生きる それも美しい事だと知る  見慣れた場所が少しだけ 小さく見えてきたならば 羽ばたくための準備はもう 出来てるはずさ  揺れる揺れるよ運命の最中 長い長い未完成の旅路だ 晴れる晴れるよ何年か先もこの先も 僕はあなたとこのまま行きたい 僕は死ぬまであなたと生きたい
OFFSIDEDannie MayDannie Mayマサマサ田中タリラなんだか忙しく笑うタウン 街ん中バラバラ 暴れたゾンビとロックスター と飛んでくシガレット  空から撃ち抜くバニーガール 騒いでる様々 現れた近所のバランサー 笑ったガキンチョとスーサイド  この惨状辿って まだまだ行けるか  ハッピーエンドのチャイムが 想像通りじゃないなら 塗りかえてしまうのさ ゆらゆらゆらゆらゆら 愛を謳うとは 分かち合うものでは無いから 蹴飛ばし染め上げてごらん そんなもんさ  正直こんなの意味あるのかって 考えたとこで堂々巡りで あれもこれもそれも気になる気になる気になる  それぞれ願う正義が絡み合う 嗚呼まだまだ行けそうだ  ハッピーエンドのチャイムが 想像通りじゃないなら 塗りかえてしまうのさ ゆらゆらゆらゆらゆら 愛を謳うとは 分かち合うものでは無いから 蹴飛ばし染め上げてごらん そんなもんさ  どこで何が起きるか分からない まだやり直せるかな  ハッピーエンドのチャイムが 想像通りじゃないなら 塗りかえてしまうのさ ゆらゆらゆらゆらゆら 愛を謳うとは 分かち合うものでは無いから 蹴飛ばし染め上げてごらん そんなもんさ
KAMIKAZEDannie MayDannie Mayマサマサ田中タリラ下手うったらBAN 謝っても無駄 何がしたいか分からん もううんざりだ 馬鹿ばっかだ全く 嗚呼生き苦しい世界だわ  1.2.3. からカウンター シャイなバーテンゾンビに頼んだ まやかし妖脳汁ビアー 天然モノです微炭酸 暴れる準備は決まって 派手なイントロダクション唸った 夢のパーティーがはじまりだ  あっかんべーのべーまたBAN BAN BAN 五月蝿い 面倒くさいなもう アイヤイヤ あっかんべーのべーまたBAN BAN BAN 金輪際 関わんなよ ダルいだけ 揺れる揺れるswinging 圧倒的だなsinging まだまだ踊ってよござんしょ 揺れる揺れるswinging 圧倒的だなsinging タラッタッタタラッタッタ  「清廉潔白私の過去には何の過ちも御座いません」 分厚くなってくルールブック 見逃した時には万事休す びっくり精度のサーチライト 「それはやばいよ、、」が1番怖いよ レッドもイエローも関係ないのよ 一発退場「はい!お疲れさん」  1.2.3 からカウンター 熱いロックンロールを食らった インタールードに逆上せるヴィラン バンギャのゾンビもパラッパー アイドルタイムも終わって あっと言う間にこっから終盤だぞ ゾンビも猫も三蔵法師も踊るだけ  あっかんべーのべーまたBAN BAN BAN 五月蝿い 面倒くさいなもう アイヤイヤ あっかんべーのべーまたBAN BAN BAN 金輪際 関わんなよ ダルいだけ  揺れる揺れるswinging 圧倒的だなsinging まだまだ踊ってよござんしょ 揺れる揺れるswinging 圧倒的だなsinging タラッタッタタラッタッタ  あっかんべーのべーまたBAN BAN BAN 五月蝿い 面倒くさいなもう アイヤイヤ あっかんべーのべーまたBAN BAN BAN 金輪際 関わんなよ ダルいだけ 揺れる揺れるswinging 圧倒的だなsinging まだまだ踊ってよござんしょ 揺れる揺れるswinging 圧倒的だなsinging タラッタッタタラッタッタ まだまだ終われるかBAN BAN BAN しないで
めいびーDannie MayDannie Mayマサマサ田中タリラ変わらぬ未来を踊る 嗚呼また始まりの合図だ  モーニングコール散々さ 何万回目の dang ding dong 最強の安定感 想像通りの完成度 また今日も永遠の最中  軽々かわせる雨アラレ  一生離れないよ離さないよ 歳を跨いでも 退屈だった透明な日々は 彩られた映画のよう 一生このままでこのままで 明日も願うだろう 変わらぬ未来を踊る 嗚呼また始まりの合図だ  何十年後も多分愛している 何となくそんな自信がある 繰り返す季節の中に僕は居るかな  月も太陽も飛び越えて 君が居ればそれが明日なんだ  一生離れないよ離さないよ 歳を跨いでも 退屈だった透明な日々は 彩られた映画のよう 一生このままでこのままで 明日も願うだろう 変わらぬ未来を踊る 嗚呼また始まりの合図だ  変わらぬ未来を踊る ねぇきっとそうだろ  変わらぬ未来を踊る 雨に濡れた空でも  変わらぬ未来を踊る ねぇきっとそうだろ  変わらぬ未来を踊る 嗚呼また始まりの合図だ
ぐーぐーぐーDannie MayDannie Mayマサマサ田中タリラ来る週末 そそるムーンライト 軽くスーハーしながら周回 甘い誘惑 ならば頂戴 今宵 Get or NoT かどちらか分かる  パッと一目で分かるほど あっという間に胸が沸く crazy crazy 胸騒ぎが グラグラ来てるぜ  上がれロンダリング 君とファンタジー 暴れる鼓動のど真ん中狂わしてくれや 上がれロンダリング 君と想像上じゃアダムとイブ クラっとして蕩けるほどの 目で撃ち抜いて  やがて終電間際で候 剥き出しになった本能 どうせ最後はお互い様なら 朝までこのまま遊びませんか  即席の愛では満たされぬ ような乾きがずっとある crazy crazy 少しでも 忘れられるなら  上がれロンダリング 君とファンタジー 暴れる鼓動のど真ん中狂わしてくれや 上がれロンダリング 君と想像上じゃアダムとイブ クラっとして蕩けるほどの 目で撃ち抜いて  A でもBでも良いですけど Cから楽しいお年頃 なんなら D までイッちゃって 熱く火照ったこのカラダ 狂わしてくれや  上がれロンダリング 君とファンタジー 暴れる鼓動のど真ん中狂わしてくれや 上がれロンダリング 君と想像上じゃアダムとイブ クラっとして蕩けるほどの 目で撃ち抜いて
玄ノ歌Dannie MayDannie Mayマサマサ暗い 暗い 暗い 呆れるくらい 不健康な雑音を身篭ってる  暗い 暗い 海原へダイブ 理不尽も雑踏もグッバイバイバイ サヨナラ  うらめしや うらめしや 陸の上じゃ楽しげだって うらましや 生まれた頃から はぐれんぼ  ラッキーボーイ 許された者だけで この世は出来ているのかな ラッキーボーイ 輝いた者だけで 歌えや踊れ「オエオエオ」 ラッキーボーイ 流れゆく世の中じゃ 弾かれるのもしょうが無い 歌え愛の歌  1等賞選ばれてみたかった 当然到底叶いはしなかった 一生懸命声出し耐えろよ息継ぎ 誰でもいいから気づいて頂戴  くわばらや くわばらや 怖気付いて隠れてたって そのままじゃどこまで行けども1人でしょう  ラッキーボーイ 許された者だけで この世は出来ているのかな ラッキーボーイ 輝いた者だけで 歌えや踊れ「オエオエオ」 ラッキーボーイ 流れゆく世の中じゃ 弾かれるのもしょうが無い 歌え愛の歌  ラッキーボーイ 許されたものだけで この世は出来ていないでしょ ラッキーボーイ 生まれゆく皆全て 歌えや踊れ「オエオエオ」 ラッキーボーイ 流れゆく世の中を 乗りこなすのも悪くない 歌え愛の歌
白ノ歌Dannie MayDannie MayYunoマサ低気圧 まだ続く この帰り道 ゆっくり 歩く 斜め前の君  「また明日」 手を振った あの曲がり角  ああ 愛しいと思うのです ああ 愛しいと思うけど  愛を伝えちゃうなんて バカらしくて 今一緒にいたってもう また会えなくなっちゃうでしょ 愛を伝えちゃうなんて バカらしくて 明日の予報だってきっと ぐずついちゃうから  靴飛ばし 横向きに また雲の下 「またね」 と言うのも 白々しくて  ここはいっそいっちょまえに 半歩踏み出してみたいけど  耐え抜く時代なんです 耐え抜く時代なの??  愛を伝えちゃうのって バカらしいっけ? いつまでもぐずついてちゃ 若さが愛想尽かす 愛を伝えちゃうのって バカらしいっけ? 振り返す手を今日はきっと‥  お気に入りの靴だって上を向くの  雨は降らない 明日こそ晴れるよ  今は見えない空に光る金の星
朱ノ歌Dannie MayDannie Mayマサマサ湯気が立つほどイラついた今日も 一歩先見えない明日だって 全部自分のせいなんだから 尚更情けなくなるもんな  「僕はここだ」と声を上げろ ただ無邪気な少年のよう どうせ答えはないんだから ただ肩落とすだけなら  荒れたこの国も喚き散らすその少年も 連れてくのさ  世界を変える 夢はバラつく かなりスイートな目論見さ 大人になって分かったんだ 世間を変えるのは僕じゃねぇ 声はバタつく 足はもつれる かなり不器用な道乗りさ 王様なんかなれんから作ろう 僕らの国を  完全無欠の聖者なんて なれやしないだろう 弱いとこ見つけて蹲るのはやめなよ 的外れでも君の声を 聞かせてくれりゃ上等だろう どうせ答えは無いんだから ただ立ち止まるだけなら  荒れたこの国も喚き散らす その少年も連れてくのさ 意味などないや  世界を変える 夢はバラつく かなりスイートな目論見さ 大人になって分かったんだ 世間を変えるのは僕じゃねぇ 声はバタつく 足はもつれる かなり不器用な道乗りさ 王様なんかなれんから作ろう 僕らの国を  超えてゆけよ 黄昏舞う理想を ふざけた相槌も 先のない日々も 全て受け止め今
黄ノ歌Dannie MayDannie Mayマサマサ明日は出勤日 心は曇天に 訳もわからず転がる体 止まる列車に 高まる怨念 踏んだり蹴ったり踊れやバンザイ 無限ミッションに 心は閉店 御神も仏もあったもんじゃない 地獄戦線のど真ん中 生きるしかないよな  八方塞がりになって 何も信じられなくて 寝付けない夜だって 君が生きてる証でしょ  持たざる者のアドバンテージ 一点集中 一心不乱に 駆けるだけ 爛れた夜と真っ直ぐなメロディー 1歩逆らって 君は君だけの声響かすのさ  隣の芝ほど青く見えんだろ そこを見てちゃ不安だろ 手持ちのカードは意外とあるさ 上手に使いな スーパースターのように生きてみたいけど 君だけの弱さもきっと光るから  あれも欲しい これも欲しいとか グダグダグダ言っちゃって 君の声 上げるなら ただただ待ってちゃ無理でしょ  持たざる者のアドバンテージ 一点集中 一心不乱に 駆けるだけ 爛れた夜と真っ直ぐなメロディー 1歩逆らって 君は君だけの声響かせろ  地味だし投げ出し余裕もなし 石コロだらけの一本道で たまに泣きたくなるよな それでも世界に打ち勝って 寝付けぬ夜空を越えられたんなら 君は君でいられるさ いられるさ  持たざる者のアドバンテージ 花咲かせる 準備はどう 爛れた夜と真っ直ぐなメロディー 1歩逆らって 君は君だけの声響かすのさ
ええじゃないかDannie MayDannie Mayマサマサパラリラここはきっと奈落だ 声にもならぬ声が 腹の底からせり上がるんだ 「ダメ!それ!」押し殺す本能  ユラユラ鈍色の海から 幽列車と雲ヶ島 ただただ君は呟くんだ 「人は怖いね」と  今弾ける七色 アイアイアイアイ 宙を舞って踊り散らすの  ファッションビートで気取って チンケな狂人ぶんじゃない 報われない悲しみ食らってこう ファッションビートに染まって 言うことないなら息しても 無駄だアイヤイヤイヤ 笑え少年よ  「ええじゃないかええじゃないか この先は何にもわからんし 無礼じゃないか無礼じゃないか」 クソッタレ見てられん煩悩  嗚呼荒れ狂う世の中だから アイアイアイアイ宙を舞って終わりにすんの  ファッションビートで気取って チンケな狂人ぶんじゃない 報われない悲しみ食らってこう ファッションビートに染まって 言うことないなら息しても 無駄だアイヤイヤイヤ 笑え少年よ  絵に描いたようなストーリー 僕の色を塗れぬほどに落ちぶれた モノクロに過ぎる日を 乗り越えられたら  嗚呼今夜は笑って あの幽列車にキスをして 七色に生まれ変わるのさ ファッションビートに染まって 言うことないなら息しても 無駄だアイヤイヤイヤ 笑え少年よ
一生あなたと生きていくならDannie MayDannie Mayマサマサこの世は何かと大変だ 金だっているし 仕事はキツいし 小節終わりの辻褄合わせ みたいに世界甘くない 君から始まる愉快なメロディー 聞けばこの世も馬鹿げたパロディー みたいに感じんだきっとそうだろ  桃源郷 向かう僕らの 航海路 頼りに 荒れ笑う 海を行くのさ  一生あなたと生きていくなら 立ち止まってる暇はない 見えない見えないお月様 探しに行こうか 一生あなたと生きてゆくなら 立ち止まってる暇はない 見えない見えないお月様 遠くに弾め弾め  僕の持ち物を全部並べて 無いものねだりため息ついて 肩落として愚痴こぼしたって 風吹くはずがないじゃない 色んな奴が好き勝手に言う 心無い言葉蹴っ飛ばして 往くしかないもんな きっとそうだろ  安全地帯はもう無いさ 火を吹くトカゲを倒しに行こうか  一生あなたと生きていくなら 立ち止まってる暇はない 見えない見えないお月様 探しに行こうか 一生あなたと生きてゆくなら 立ち止まってる暇はない 見えない見えないお月様 遠くに弾め弾め  ゆらゆらゆら波に揺られて 待てど暮らせど変わらん暮らしに やがて嫌気は差してきた そりゃ待ってるからだそうじゃ無いんだ 正直疲れたレベル上げ だけどここらが正念場だろ 剣こさえて盾背負ってこのまま往くんだろう  一生あなたと生きていくなら 立ち止まってる暇はない 見えない見えないお月様 探しに行こうか 一生あなたと生きてゆくなら 立ち止まってる暇はない 見えない見えないお月様 遠くに弾め  一生あなたと生きていくなら 立ち止まってる暇はない 見えない見えないお月様 探しに行こうか 一生あなたと生きてゆくなら 立ち止まってる暇はない 見えない見えないお月様 遠くに弾め弾め
異郷の地に咲かせる花はDannie MayDannie Mayマサマサ大人になって 忘れたことがある 学習帳に書いた 「誰かのヒーローになる」  大人になって 生きる術を学ぶ 少し豊かにでも 少しだけ小さくなる  君のカーテンコールはすぐそこ 案外きっかけはちっぽけでしょう 歓声、拍手は鳴り止まぬ さんざめく心を呼び戻せ  人は弱く ただ儚い と思ってた夜もあるけれど 歌え歌え声の限り 照らせ君なりのステージを あの頃の僕が語りかける 「君しか居ないんだよ」  映画とか見て 急にやる気になる 生まれ変わるように でも3日も寝たら忘れる  君が台本通りに生きたいならば 君だけの物語が無くちゃ 代替可能じゃ間に合わぬ さぁ主役は君だ今すぐ描けばいいさ  君のカーテンコールはすぐそこ 案外きっかけはちっぽけでしょう 歓声、拍手は鳴り止まぬ そんな夢抱えていざ進め  人は弱く ただ儚い と思ってた夜もあるけれど 歌え歌え声の限り 照らせ君なりのステージを あの頃の僕が語りかける 「君しか居ないんだよ」
適切でいたいDannie MayDannie Mayマサマサよーいドンから始まるレース 歩かされるくらいが楽だよね 中途半端な色を片手に 歩く僕の歌だ 君達は選ばれた人間です 幸せのレールを歩むのです 何も心配ないからさ 進め進め次へ次へ  誰か教えて この錆び付いた日々の 渡り方を それは誰にも分からんよ 甘ったれたこと言うんじゃねえよ 勝つも負けるも自分次第だ ペラペラの教科書破り捨てんだ  一生彷徨って僕ら 繋ぎたくない手と手繋いで 口に出すのが 怖いだけさ 一歩逆らってみれば 容赦のない迫害の運命 救えねぇなぁ ありがとう世界よまた明日  少年少女もこころはあるんよ そこだけ知って あっちもこっちも 気になる時も 意外とあるって まだまだまだまだ 物足りねぇ バタバタバタバタ 倒れるだけ 言葉を費やす空の下 ペラペラ言葉じゃ 何も響かんわ  一生彷徨って僕ら 繋ぎたくない手と手繋いで 口に出すのが 怖いだけさ 一歩逆らってみれば 容赦のない迫害の運命 救えねぇなぁ ありがとう世界よまた明日  「平等」 「平和」これこそが社会 沈黙の美学に知性は死んだ 満員電車に飛び込んでも 話の種にもなりゃしねぇ 腐った世の中に中指突き立て 冷えた体に熱を注いで 白い顔に色を塗ろう 勝っても負けても僕は僕だ 決められる筋合い無えだろう  一生彷徨って僕ら 繋ぎたくない手と手繋いで 口に出すのが 怖いだけさ 一歩逆らってみれば 容赦のない迫害の運命 救えねぇなぁ ありがとう世界よまた明日 素晴らしい世界は夢の中
この曲が人生最後の僕の代表曲だったらDannie MayDannie Mayマサマサこの曲が人生最後の僕の代表曲だったら ちらついた地獄をふと想う 傾いたこの世をひっくり返すだけ  この曲が人生最後の僕の代表曲だったら そんな事考えながらも ボヤついた頭と手動かす 貴方はきっとまた言うんでしょ 「この曲が世界で1番だって」 甘い言葉に騙されながら今日もゆくのさ  心体全てを注ぎ込んだとこでそう ただ写ってる影法師なら 荒れ狂う生き方を  笑ってんなら 君にだけ 溢れ出す程の夢を 語るくらいが丁度良い 待ってんなら散り行くだけ 花になる根拠をくれよ 咲かぬくらいなら いっそ  大切な人がいるからさ 僕の歌う歌 変えちまったんだ そんな言い訳ならばもう 東京の空に埋めてやるんだ 空っぽの喉に缶ビール 飲み込んででっかく見せてるようだ 震えた声も届かない夜を 超えてゆくのさ  映画も漫画も手に取るもの全てが 思い出の引き出しになることがあるんでしょ この曲が人生最後の僕の代表曲だったら この曲が人生最初の君の代表曲になったら  笑ってんなら 君にだけ 溢れ出す程の夢を 語るくらいが丁度良い 待ってんなら散り行くだけ 花になる根拠をくれよ 咲かぬくらいなら いっそ  半端な未来に飛んじゃって 渡りきるのは到底無理って 気づいてたのはいつだっけ 馬鹿になるのも楽じゃねぇな 感じられない言葉の波に 信じたくない運命の果てに 耳貸すなんて無理でしょ ただ願っただけ  笑ってんなら 君にだけ 溢れ出す程の夢を 語るくらいが丁度良い 待ってんなら散り行くだけ 花になる根拠をくれよ 咲かぬくらいなら いっそ
ユウヤケDannie MayDannie Mayマサマサ僕が歌って笑うのは 1番近くの貴方でしょ いつでも赦してくれるのは 1番離れている貴方でしょ  空を超え海を越え 懐かしいあの町へ 響きわたれ 僕の歌 この世界を覆うまで  降ってふられた雨上がり 始まってしまった夏のあの日が 恋しくはないのさ この世界はもう僕のもん 滑って零れた肌の縁 始まってしまった夏のあの日が 恋しくはないのさ 僕はゆくよあの空の方  戦う人を笑うのは 1番卑怯な生き方でしょう 寝付けぬほど悩むのは 貴方が生きている 証でしょう  声を上げ 舵をとれ この音に身を任せ 響きわたれ僕の歌 この世界を覆うまで  降ってふられた雨上がり 始まってしまった夏のあの日が 恋しくはないのさ この世界はもう僕のもん 滑って零れた肌の縁 始まってしまった夏のあの日が 恋しくはないのさ 僕はゆくよあの空の方  引き返したくなる時もあって 涙零れた思い出だって 糧になるさと顔を上げ歩き出したなら 踏ん張りきかなくなる時に 思い出す貴方の顔 響けや明日の歌 僕はゆくよあの空の方
灰々Dannie MayDannie Mayマサマサ身分 愛 社会の記号に 囚われてる夜もあった そこのけそこのけお馬が通る 右向け右向け社会の号  希望 夢 命の鼓動に 蓋をしてる夜もあった 輝いてたはずの今はどう 振り返るだけじゃ変わらんよ  嗚呼 誰か愛すれば 世界は変わるのかなんて 酷く甘えた妄想すれば とりあえず目はそらせるのかい  人は皆 枯れてくんだろ ただ灰になってくんだろ 意味が無きゃ 未来が無きゃ 歩み進める術が無い 人は皆 枯れてくんだろ ただ灰になってんだろ 全て忘れたフリして 生きるしかないもんな  過去 未来 現在の事情に 地団駄踏む夜もあんだ イラつく日々ならば君の業 悲しむ暇あれば無茶しよう  希望 夢 命の鼓動に 蓋をしてる夜もあった 輝いてたはずの今はどう 振り返るだけじゃ変わらんよ  嗚呼 思い返せば 何も無い一生だなんて そんな死に際も想像すれば とりあえず今踏ん張れそうかい  人は皆 枯れてくんだろ ただ灰になってくんだろ 意味が無きゃ 未来が無きゃ 歩み進める術が無い 人は皆 枯れてくんだろ ただ灰になってくんだろ 全て忘れたフリして 生きるしかねぇ  愛と欲望の渦に飛び込んだって ふざけた虚構にあやかったって 何も変わらないや かりそめの最期 継いで 貼って 自信なったろ 自分自身にあったもんはどう 行き着く先は後悔だ  枯れてくんだろ ただ灰になってくんだろ 意味が無きゃ 未来が無きゃ 歩み進める術が無い 人は皆 枯れてくんだろ ただ灰になってくんだろ 全て忘れたフリして 生きるしかないもんな
針よ墜とせぬ、暮夜の息Dannie MayDannie Mayマサマサ東京一過の環状線 愛した女は別物だったし 針を針を落とせないでしょ  感情一途の断頭台 夢見た最初は一瞬だったし 針を針を落とせないや  巷で流行りの蛍光灯 愛した女は最高だったし 針を針を落とせないまま  神様この体 洗い流したなら踊れや踊れ 1歩2歩3歩 ただきっともっとずっと 抱きしめてたいのはアリかな  愛の閃光か 脳は決壊し 肺に月光華 淫ら女神 愛の閃光か 快の伝道師 渡したくない世界の境界線  純情女のフリして 夜に溶けてもまだ 針を針を落とせないや  終電列車と電脳街 弄ばれても上等だったし 針を針を落とせないまま  ややこしいやこの体 流れゆく世界にかごめやかごめ 1歩2歩3歩 ただきっともっとずっと 終わりなど見えない徒花や  愛の閃光か 脳は決壊し 肺に月光華 淫ら女神 愛の閃光か 快の伝道師 渡したくない世界の境界線  肌合わせて 声重ねて 繰り返せど 落ちぬ女神 愛の閃光か 恋の幻想か 明かしたくない未来を  愛の閃光か 脳は決壊し 肺に月光華 踊れ女神 愛の閃光か 快の伝道師 渡したくない世界の境界線  東京一過の環状線 愛した女は別物だったし 針を針を落とせないでしょ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Masterplan
  2. ライラック
  3. Bling-Bang-Bang-Born
  4. さよーならまたいつか!
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×