内藤綾子作詞の歌詞一覧リスト  79曲中 1-79曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
79曲中 1-79曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
お酒がいいの冷やがいい竹川美子竹川美子内藤綾子叶弦大矢田部正ちょっとちょっと 今夜は お酒がほしいの 飲んで飲んで ふたりで 酔いしれて お酒はつめたい つめたい 冷やがいい 酔っぱらって はしゃいで ねぇ…甘えたい あなたが好きよ 好きだから 心痛むほど 分かって 胸のときめき そっと抱きしめて  待って待って 帰るの? 私を残して なんでなんで 嘘でしょ 帰さない も少し飲ませて つめたい 冷やがいい 酔っぱらって 見つめて ねぇ…話したい あなたが命 命なの それを言いたくて 優しく 腕に抱かれて 夜(よる)が更けるまで  お酒はつめたい つめたい 冷やがいい 酔っぱらって はしゃいで ねぇ…甘えたい あなたが好きよ 好きだから 心痛むほど 分かって 胸のときめき そっと抱きしめて
女の燗月夜竹村こずえ竹村こずえ内藤綾子西つよし水谷高志津軽平野に 桜咲く 未練は捨てました… 胸の根雪なら いつかは解けてゆく 惚れた男(ひと)だもの 恨みはしない 津軽じょっぱり 明日(あした)を生きる 命も咲かせます 女の燗月夜  春は弘前 花の宴 意地なら捨てました… 他人(ひと)の倖せが ちょっぴり辛いだけ 情けくれぬのが この世の運命(さだめ) はらり散るなら 桜の下で 一人で酔いましょか 女の別れ酒  岩木山にも 桜映え 涙も捨てました… 夢のあとさきを 彷徨(さまよ)う愛でした 惚れた男だもの 忘れはしない 津軽じょっぱり 愚痴なら言わぬ 命の人でした 女の燗月夜
刹那のタンゴ~Te amo~竹村こずえ竹村こずえ内藤綾子西つよし水谷高志人は淋(さみ)しいほどに 嘘を纏(まと)ってしまう 隠しきれない 似た者同士ね “およしなさい”と言われ 余計 深みにはまる 指に触れたら こんな愛してた Te amo Te amo サヨナラよりも苦しい言葉(ひびき) 不器用な 男と女… 罪に縛られ踊るの 刹那のタンゴ  昔愛した人も そんな横顔してた 灼(や)けた砂漠に 躰(からだ)泳がせて 時計 気にするとこが あなたらしさと思う だけどドラマは それで終われない Te amo Te amo 心のままに生きてみたいの 密(ひそ)やかに 男と女… 凛とリズムに抱かれて 刹那のタンゴ  Te amo Te amo サヨナラよりも苦しい言葉 不器用な 男と女… 罪に縛られ踊るの 刹那のタンゴ
南部よしゃれ女唄藤みえこ藤みえこ内藤綾子西つよし水谷高志戯れならば 抱かれはしない 覚悟決めたと あたしを抱いた 南部よしゃれ 誰が唄う ざんざ雨 罪なら行く道 閉ざしてもいい “よしゃれ よしゃれ” 命が燃える あんたと生きてく それが女の証  あんたの愛を 覚えた日から 誰もこの肌 酔わせはしない 咲くも散るも 悔いはしない どんな愛 辛くはないかと 海猫が問う “よしゃれ サ-ハ-ヨ-” 情けはいらぬ 縁(えにし)を貫く それが愛した運命(さだめ)  浮き世の坂も 二人で越える ゆるぎない声 あたしを泣かす 南部よしゃれ 酒と唄う 夏祭り お囃子響けば 心も響く “よしゃれ よしゃれ” 離れはしない あんたと生きてく それが女の証
桜咲かせし藤みえこ藤みえこ内藤綾子西つよし水谷高志桜 月に咲かせし 津軽 弘前 花の舞 今宵赤い春陽橋(はし) あなたを待ちましょう 袖振り合うも 他生(たしょう)の縁 ここで会えたが ホントの縁 ひら ひら ひら ひらり 私ほんのり もも色 ひら ひら ひら ひらり エエ‥忘れられない あの日から あなたに心 盗まれて  桜 水面咲かせし 津軽 弘前 花筏 ふわり抱かれたい 罪でも構わない とめてとまらぬ 恋の道よ 後で知っても 戻れぬ道 ゆら ゆら ゆら ゆらり しだれ泣くなら その胸 ゆら ゆら ゆら ゆらり エエ‥月の明かりで 寄り添って 行く末なんか 語りたい  桜 遅れ咲きせし 津軽 弘前 雪明り 今宵ひと思い あなたを口説きます 袖振り合うも 他生の縁 ここで会えたが 桜の縁 はら はら はら はらり うなじほんのり 汗ばむ はら はら はら はらり エエ‥忘れさせない くちづけで あなたの心 盗みたい
泣かせないで神戸ふじまち子ふじまち子内藤綾子山田恵範山田恵範誰もが主人公 まるで ドラマでしょ 幸せのふりをする 女になってた あなたの心に誰かが 忍び込む度に 綺麗な微笑みを 鏡で繕うの メリケンパーク 一人 夜風にもたれ 出逢った頃の 二人 手繰り寄せれば 泣かせないで神戸 愛がいたい  夜明けのドアが開(あ)く 私 眠るふり 寝返りを繰り返し 帰りを待つのよ 誰かの残り香まとって 寝息立てる人 孤独なこの想い あなたは気づかない 寂しいなんて言えば 笑うのかしら 港の街は 恋と 別れが似合う 泣かせないで神戸 愛を抱いて  誰かの残り香まとって 寝息立てる人 孤独なこの想い あなたは気づかない 寂しいなんて言えば 笑うのかしら 港の街は 恋と 別れが似合う 泣かせないで神戸 愛を抱いて
運命と言う名の戯れふじまち子ふじまち子内藤綾子山田恵範山田恵範どんな幸せも 哀しみは付きまとう それが人生と 今日も強がるだけ 男と女の 愛など淋しい 血潮さえ 嘘で染める 何故に愛したの 何故に愛するの 運命(さだめ)と言う名の戯(たわむ)れなら あー あなたをいっそ 捨てましょか  夢の続きには 何もない幸せも なのに抱かれたら 肌が心許す 溺れた罪さえ 覚悟の行く末 淋しさに 漂うまま どこで終わるのか どこで終わらせる 運命と言う名の戯れなら あー 情けはいらぬ 夜半(よわ)の雨  溺れた罪さえ 覚悟の行く末 淋しさに 漂うまま どこで終わるのか どこで終わらせる 運命と言う名の戯れなら あー 情けはいらぬ 夜半(よわ)の雨
砂の華沓子沓子内藤綾子西つよし矢田部正夏の終わりの心細さは 私だけでしょうか この愛 落ちてく 砂時計のよう 今夜もまた あなたが嘘をつく 鈍色(にびいろ) 三日月 小雨(あめ)が降る 命まで ひりひり染みてくる あぁ 咲かせて あぁ 咲かせて どうなる 深い罪のまま 夢見る 女は 砂の華  時を返せと胸にすがれば あなたどうしますか 抱かれて 焦がれて 覚えてく痛み 待つことさえ 恨みに変えてゆく ひぐらし 何ゆえ 啼きますか 愛してと しくしく啼きますか あぁ 咲かせて あぁ 咲かせて ぐずれば 尽きぬひとり咲き 散りゆく 運命(さだめ)か 砂の華  鈍色 三日月 小雨が降る 命まで ひりひり染みてくる あぁ 咲かせて あぁ 咲かせて ぐずれば 尽きぬひとり咲き 散りゆく 運命か 砂の華
愛し方を教えて沓子沓子内藤綾子西つよし矢田部正孤独な唇 あなたは知らない 重ねた吐息は 叫んでるのに 夜の帳(とばり)に 消えてゆく 秘密の時間を 確かめ合うだけ 愛し方を教えて 愛のままでいられるように はぐれそうな心を 涙で 終わりにさせないで  どんな運命に 抱かれたとしても 二人はこうして 出逢ったでしょう 都会(まち)は眠りの 邪魔をする 私はあなたに 焦がれてさまよう 愛し方を教えて 愛が嘘にならないように ありのままの心で 今すぐ あなたに逢いたくて  愛し方を教えて 愛のままでいられるように はぐれそうな心を 涙で 終わりにさせないで
愛のままで愛を眠らせて五十川ゆき五十川ゆき内藤綾子西つよし伊戸のりお今日も雨 冬枯れの 石畳濡らす 傘もささず 篠突(しのつ)く雨 あの日が重なる 身動きも出来ぬまま 凍えた唇 何で二人 あんな別れ 選んでしまった 愛のままで 愛を眠らせて 生きてゆけたなら… 人は何故に 涙をおぼえて 気づくのでしょう 愛の深さを  そして雨 春をゆく 満月を濡らす 優しさだけ 幸せだけ 咲いてた川縁(かわべり) 戻りたい戻れない 何処へも行けない 愛している 愛している 今もあなただけ 愛のままで 愛を眠らせて 寄り添えてたなら… カタチのない 心の痛みも 抱きしめられた 今ならわかる  愛のままで 愛を眠らせて 生きてゆけたなら… 人は何故に 涙をおぼえて 気づくのでしょう とこしえの愛
あなたとならば五十川ゆき五十川ゆき内藤綾子西つよし伊戸のりお笑って話せる “もしも”があるなら あなたの愛に もたれてみたい 優しくされたら 淋しい心 抱かれたくなる 女は 赤い葡萄酒に 溺れてユラリ 永遠が今 囁くように 手招きをする 涙たどる 生き方よりも こんなふうに 始まる恋も あなたとならば… 素敵かも  弱音を吐けない 女になってく 傷つく事に 臆病だから 微笑む瞳に 泣きそうになる どうかしている 今夜は 夜空照らしてる タワーのように 同じ温もり こんなに傍に いてくれた人 つらい愛を 生きてるよりも こんなふうに 時を刻むの あなたとならば… わるくない  涙たどる 生き方よりも こんなふうに 始まる恋も あなたとならば… 素敵かも
東京ジェラシー三木ゆかり三木ゆかり内藤綾子西つよし水谷高志淋(さび)しがり屋の暮らすこの都市(まち)は 秘密だれもが 上手に隠す そしてあなたは見透かす様に 私の肩に手を廻した 男と女 それだけなのに このまま 終われない ときめきが苦しくなる 東京ジェラシー 逢う度にこれきりと 決めているくせに 逢いたくて抱かれたくて 東京ジェラシー 愛してるなんて どうかしている  どんなルージュも今は似合わない 迷う心で くすんでしまう だけど愛して愛されたくて あなたも同じ気づいている 絡まる吐息 絡めた指も 今さら ほどけない 手さぐりで求め合えば 東京ジェラシー 臆病な女ほど 深みに堕ちてく 触れたくて奪いたくて 東京ジェラシー 孤独な背中を 夜にさらして  運命にかしずいたら 東京ジェラシー 愛してるなんて あなたどうする
届かぬ想い三木ゆかり三木ゆかり内藤綾子西つよし水谷高志どんな 嘘も分かる それが女です きっと 今頃あなた 別の 誰かを抱くの 冬の海 来ぬ人待てば 心まで 凍えるけど 届かぬ想い 断ち切れない どこまで 愛したら 涙… 終わりにできる  だから 独り芝居 いつも幸せと それも 夢と想えば 今日も 生きられるから 雪の華 真白な愛で あの人を 積(う)め尽くして 届かぬ想い 口にしたら あなたは 背を向ける そんな… それだけの恋  雪の華 真白な愛で あの人を 積め尽くして 届かぬ想い 口にしたら あなたは 背を向ける そんな… それだけの恋
あれからまた冬隣桐山純一桐山純一内藤綾子西つよし水谷高志下手な嘘も言えずに うつむいてた横顔 夜にまぎれ あなたは 何処に今いるの あれからまた冬隣 腕枕しか眠れない 酔う振りして 帰りなよ 言い訳は いいから‥ ほんの一時(すこし) うたた寝してただけと 聞き流すから  溺れかけた夢なら いつかきっと目覚める 他人(ひと)の涙 連れ添う 優しすぎる人 あれからまた冬隣 あなた恋しい雨が降る 薄化粧を 拭き取って 哀しいね 女は‥ ほんの一時(すこし) うたた寝してるだけと 待ち続けてる  あれからまた冬隣 あなた恋しい雨が降る 薄化粧を 拭き取って 哀しいね 女は‥ ほんの一時(すこし) うたた寝してるだけと 待ち続けてる
哀しみのエゴイストファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし竹内弘一ひとひら ふたひら 花びらが散る 孤独な心の 写し絵みたい 泣けばすむと思う女と 言葉足らずの男の 恋ほど 哀しい生き物はない こわれてゆく あなたと私 下手な生き方ね こわれてゆく 自分勝手な 愛を忘れたエゴイスト  “人生” 素敵な 言葉だけれど この頃上手に 生きられなくて 風の歌が聴こえた頃は もっと優しく微笑(わら)えた 恋ほど 素敵な明日はないと こわれてゆく あなたと私 愛がはぐれてる こわれてゆく 自分勝手な 似た者どうしエゴイスト  こわれてゆく あなたと私 下手な生き方ね こわれてゆく 自分勝手な 愛を忘れたエゴイスト
最愛ファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし竹内弘一言い訳する濡れた睫毛 あの頃の私ね 見知らぬ女性(ひと) 駅のベンチ 自分の姿 重なる 消せはしない過ち あなたを傷つけ 愛されてた 幸せも全て 壊したの私 ないものねだりのブルース 泣き方なら忘れたけど あなたのことだけ 今でも 忘れられずに 生きてる  もう無理だと言われた時 信じたくなかった 震えていた あなたの声 ナイフの様に 刺さった 何処にいるのあれから 何年たったの ただ会いたい こんな雨の夜(よ)は 余計恋しくて ないものねだりのブルース も一度やり直せるなら あなたのことだけ 死ぬまで 愛し続けて 生きてく  ないものねだりのブルース 泣き方なら忘れたけど あなたのことだけ 今でも 忘れられずに 生きてる
居酒屋「酒の縁」塩乃華織塩乃華織内藤綾子西つよし矢田部正飲めないお酒に 飲まれたら 余計にわびしさ付きまとう 肴を挟(つま)んで食べてみな 優しく 声掛ける 隣り客 生きていりゃ倖せは おまけだと 笑ってる ささくれた溜息も 凍えた心も あたたかい 見知らぬ町の 一人旅のれん えにしが沁みます 雪舞う 居酒屋「酒の縁(えん)」  酔いどれお客が 言う事にゃ あたしは可愛くないらしい 冴えない顔して飲む酒は しょっぱい 味だけさ 飲むなよと 人生は不器用で いいじゃない 可愛くて 泣きたけりゃ 泣きなよと 向こうで誰かも 笑ってる 見知らぬ町の 見知らぬ人達 えにしが嬉しい 北国 居酒屋「酒の縁」  生きていりゃ倖せは おまけだと 笑ってる ささくれた溜息も 凍えた心も あたたかい 見知らぬ町の 一人旅のれん えにしが沁みます 雪舞う 居酒屋「酒の縁」
愛に疲れても竹田博之竹田博之内藤綾子西つよし矢田部正愛想つかされ 終わる恋なら あなた恨んで 別れられるのに 枯れ葉が一葉 しがみつく まるで人生 描く様に 涙で命を繋ぐ そんな日々もあるけれど あなたを離れられない あぁ… 愛に疲れても  何をためらい 生きてゆくのか 時に誰もが 夜に立ちすくむ あなたの全て 許せない 泣いて泣いても 愛しい人 涙の雫を連れて 闇を月の舟がゆく あなたを待つ心さえ あぁ… 愛はもてあそぶ  涙で命を繋ぐ そんな日々もあるけれど あなたを離れられない あぁ… 愛に疲れても
人生・上り坂竹田博之竹田博之内藤綾子西つよし矢田部正やると決めたら とことんやればいい 泥水 苦水 美酒にも変わる よいしょ こらしょの 砂利道・坂道 転びもするが… まだまだ俺たち夢見てなんぼ 人生・上り坂 なぁお月さんよ  渡る世間は 我慢の時もある 晴れのち 雨なら いつかは晴れる 波瀾万丈 誰にもあるだろ それがどうした… 漢(おとこ)の辞書にはあるのさ「意地」が 人生・上り坂 追い風を連れて  よいしょ こらしょの 砂利道・坂道 明日があるさ… まだまだ俺たち度胸で生きる 人生・上り坂 なぁお月さんよ
新宿恋唄遠矢大門遠矢大門内藤綾子西つよし水谷高志薄情もんだよ あんな奴 それでも好きでさ 馬鹿だよね 躰の芯まで 惚れ抜いて やっぱりあんたに 抱かれたい ポロリ 涙をこぼしたら よけい男は背をむける 新宿恋唄 あんたが憎らしい おんなの涙が 眠る街  優しくされると不安でさ あんたが何処かへ 消えそうで 抱かれりゃ溺れて 壊されて 心で爪たて またすがる ほろり ため息つくたびに よけい幸せ逃げて行く 新宿恋唄 お酒に酔えばなお あんたが恋しい 雨が降る  ポロリ 涙をこぼしたら よけい男は背をむける 新宿恋唄 あんたが憎らしい おんなの涙が 眠る街
情なし月夜緑川恵子緑川恵子内藤綾子西つよし水谷高志川面に満月 ゆらゆら浮かぶ 触れてみても 掴めない どうせ出て行(ゆ)く男(ひと)だもの 酷い言葉 投げつけた 寝物語に 女はいつも 焦がれ焦がれ 待つばかり ほろり ほろほろり なんで今さら ほろり ほろほろり 泣けてくる 空を見上げりゃ 情なし月夜  優しさだけでは 女はつらい 覚悟なけりゃ 尚つらい 夢はいつしか色あせて 何処を辿る 拠りどころ 愛は寂しい 生き物だから 焦がれ焦がれ 背を向ける しゅるり しゅるしゅるり 心が寒い しゅるり しゅるしゅるり 風も泣く 空を見上げりゃ 情なし月夜  寝物語に 女はいつも 焦がれ焦がれ 待つばかり ほろり ほろほろり なんで今さら ほろり ほろほろり 泣けてくる 空を見上げりゃ 情なし月夜
垂雪~しずりゆき~可愛ゆみ可愛ゆみ内藤綾子西つよし水谷高志山茶花(さざんか) 枝垂(しだ)れて 雪が滑り落ちる まるで二人の別れ せかしてるように あなたしか欲しくない それでも私を 捨てますか あぁキリキリと 素肌が泣いている 命があなたに 泣いている 罪な愛でも これも愛 情けくれぬか 叱るか 垂(しずり)雪(ゆき)  女の 幸せ 口にするのですか 別れ言われる方が 私 不幸せ 優しさが邪魔をする 嘘つき背中に 雪が舞う あぁしんしんと 心に降り積もる あなたの愛さえ あればいい 罪な夢でも これも夢 世間知らずと なじるか 垂(しずり)雪(ゆき)  あなたしか欲しくない それでも私を 捨てますか あぁキリキリと 素肌が泣いている 命があなたに 泣いている 罪な愛でも これも愛 情けくれぬか 叱るか 垂(しずり)雪(ゆき)
花の路・花の時可愛ゆみ可愛ゆみ内藤綾子西つよし水谷高志誰に咲くのか 長谷寺の花 女は男の為に咲く 綺麗な時をあなたと生きた 数えきれない 幸せばかり あゝぁ サクラ色でした 見上げた空には 雲ひとつ あなたの名前 呼びたくて 大和路 ひとり旅  風を道づれ 山の辺の道 両手を合わせた夫婦岩 おみくじ引いて“待ち人来たる” 縁の神様 この大神神社(ばしょ)でした あゝぁ 私見えますか あなたのふるさと 優しくて 心にそっと折りたたむ ふたりの めぐり愛  未練流して 旅立ちますね 想い出せせらぐ佐保川よ あなたの愛に包まれたから 明日(あす)へ真っ直ぐ 歩いて行ける あゝぁ サクラ咲いてます 泣いたら空から 叱ってね も一度 抱いて欲しかった 大和路 ひとり旅
命さらしても塩乃華織塩乃華織内藤綾子西つよし矢田部正たかが恋だと 呟(つぶや)いて 熱燗 宵越(よいご)し 身を浸(ひた)す あんたに 心はやりゃしない 今夜も待てど 待ちぼうけ 男は背中で嘘をつく 女は涙で嘘をつく 命 命 命 さらして 幸せなんか 夢見ても ひとり窓辺には はぐれ月  寝ても覚めても 他人(ひと)のもの 本気で惚れたら 馬鹿をみる 優しい言葉は ずるいだけ 抱かれるたびに そう思う 男は背中で意地を張る 女は涙で意地を張る 泣いて 泣いて 泣いて みたって 幸せいつも 逃げてゆく ひとり窓辺には なみだ月  男は背中で嘘をつく 女は涙で嘘をつく 命 命 命 さらして 幸せなんか 夢見ても ひとり窓辺には はぐれ月
Rain塩乃華織塩乃華織内藤綾子西つよし矢田部正“お別れしましょう” 今なら言える 夜明けの 冷たい雨のせいかしら 永遠なんて 何処にもなくて 壊れた運命 生きるだけ 触れる唇 優しい横顔 余計に孤独を 連れてくる Rain Rain Rain Rain この胸に Rain Rain Rain Rain 雨が降る 愛しても 愛しても あなたは誰かのもの  愛することを 教えてくれた あなたに 全てを委(ゆだ)ねてたけれど 哀しみだけが 心に溢れ 涙の雫が 雨になる 少女みたいに 夜空に願いを 叶わぬ幸せ 祈ってた Rain Rain Rain Rain この愛に Rain Rain Rain Rain 雨が降る 抱かれても 抱かれても 届かぬ想い揺れて  Rain Rain Rain Rain この胸に Rain Rain Rain Rain 雨が降る 愛しても 愛しても あなたは誰かのもの
テ・キエロ・ムーチョ~あなたを愛してる~ファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし矢野立美三日月の雫(しずく)なら 人は綺麗と微笑むけど ジェラシーの涙など 背を向けて笑うでしょう 別れを決めたのに あぁ あなたを拒(こば)めない 昨夜(ゆうべ)のくちづけが 唇に残ってる どうかしてる テ・キエロ・ムーチョ 誰か 誰か 心止めて 愛が痛い テ・キエロ・ムーチョ 今も 今も こんなに愛してる いつか 終わりが来るのならば あなたから 冷たく終わらせて  華やかなカーニバル あなた家族と微笑んでる 偶然の悪戯が 罪と罰見せつけてる 愛したその男(ひと)が あぁ どうしてあなたなの 紛(まぎ)れた人混みが 想いさえ引き離す 焦(じ)れる迷う テ・キエロ・ムーチョ 熱く 熱く 心乱れ 愛が騒ぐ テ・キエロ・ムーチョ 揺れて 揺れて こんなに愛してる きっと 目の前の現実が 答えだと 本当(ほんと)は解ってる  どうかしてる テ・キエロ・ムーチョ 誰か 誰か 心止めて 愛が痛い テ・キエロ・ムーチョ 今も 今も こんなに愛してる いつか 終わりが来るのならば あなたから 冷たく終わらせて
人生やり直せたらファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし矢野立美夕陽背中に 電車乗り継(つ)いだ 都会(まち)のざわめき すべて消えて行(ゆ)く 時刻表さえ 持たず一人旅 私らしさを 探してみたくて いつしか夢も 変わってく だけど大事なものは変わらないのね も一度 人生やり直せたら 今よりもっと 愛を大切にしたい も一度 人生やり直すなら 多分やっぱり あなたのそばがいい  化粧落として カガミ覗(のぞ)き込む 本当(ほんと)の私 ここに居るのにね 人は気づかず 日々に流されて 自分らしさを 何処へ忘れるの 見知らぬ町の 一人寝(ひとりね)は 思う以上に何故か淋し過ぎるわ も一度 人生やり直せたら 今よりきっと 違う生き方を選ぶ も一度 人生やり直すなら だけどやっぱり あなたが居て欲しい  も一度 人生やり直せたら 今よりもっと 愛を大切にしたい も一度 人生やり直すなら 多分やっぱり あなたのそばがいい
浮世・色恋沙汰竹村こずえ竹村こずえ内藤綾子西つよし萩田光雄墨田の花火は風流だね だけど あんたは来(き)やしない 浮気なその癖 やめておくれ 正義ぶったら 刃(きば)が飛ぶ 女心を分かっちゃいない 可愛い花の甘い蜜ほど 毒があるもんさ 浮世草子(うきよぞうし) 真似たら無惨 色恋沙汰 あんたどうする お江戸の女は 気が短い あんた次第さ 野暮(やぼ)な人 Uh-hun  昔は喧嘩と火事だったが 今世(こんせ) 祭りが男伊達(おとこだて) 神輿(みこし)を担(かつ)げば 女の群れ ちょいと まただね 浮気もん 厚い胸元ひけらかしてる 憎らしいほど妬(や)くのはあたし こんな惚れさせて 浮世草子 真似たら無情 粋なあんた 見せておくれよ 桜は咲いても “散りぬるを”か ケジメつけてよ 白か黒 Uh-hun  女心を分かっちゃいない 可愛い花の甘い蜜ほど 毒があるもんさ 浮世草子 真似たら無惨 色恋沙汰 あんたどうする お江戸の女は 気が短い あんた次第さ 野暮な人 Uh-hun
こんな女でも竹村こずえ竹村こずえ内藤綾子西つよし萩田光雄人の幸せ不幸せ 皆同じと誰か言う 自分ばかりが辛(つら)いのは 思い上がりと笑われて 思い通り生きられずに いつもあなたのせいにした 合鍵(かぎ)を置いて出て行(ゆ)く背中 引き止めたいけど Good-bye こんな女でも 愛してくれた それだけで Good-bye これでいいの 優しかった人 “ごめん”なんて言わないで 泣きそうになる  都会(まち)の喧騒(けんそう)慣れ過ぎて 大事なことを忘れてく 枯れた花さえそのままで 見ない振りだけ上手くなる あなたの為 私の為 想う心はあったけど 悪い癖ね下手な口実 繰り返してたわ Good-bye こんな女でも 愛していたの あなただけ Good-bye どんな時も 笑顔くれた人 今になって気づいても 遅すぎるのに  Good-bye こんな女でも 愛してくれた それだけで Good-bye これでいいの 優しかった人 “ごめん”なんて言わないで 泣きそうになる
想人~オモイビト~みつき愛みつき愛内藤綾子岡千秋水谷高志“眠りなさい”と 囁(ささや)くのは 優しい記憶 遠い昔の 風の匂いが 心呼び覚醒(さ)ます 宇宙(そら)より果てしないものがある 人は何故に生きてるの 命は誰のもの 一期一会の愛を知って あなたを想う 乾いた喉が ただ欲しいのは 温かな瞳  寄せて返すは 波の音か 揺らぎの声か 道なき道を 辿(たど)り誰もが 迷える旅人 ひと粒ふた粒と雨が降る 人は何故に傷つくの 命は誰のもの 父と母から生まれた日を あなたと紡(つむ)ぐ ささやかでいい ただ願うのは 穏やかな息吹(いぶき)  一期一会の愛を知って あなたを想う 乾いた喉が ただ欲しいのは 温かな瞳
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
きのくに線塩乃華織塩乃華織内藤綾子西つよし猪股義周熊野古道で 捨てました つまらぬ意地です 煩悩ですね 聞きわけのない女です それでも 愛してくれますか あなた あなた ふたたびの 新宮(しんぐう) 和深(わぶか) 愛を走らせ きのくに線  桜盛(さくらざか)りの 天王寺 三年ぶりです あれから二人 生きることさえ ままならぬ 人世(ひとよ)の 痛みも知りました あなた あなた 会いたくて 白浜(しらはま) 切目(きりめ) 愛の架け橋 きのくに線  寄せ来る波は 優しくて 痩せてた心も ほどけます きらら きらら 春の海 あなたの街へ 愛を走らせ きのくに線
しあわせの隣り塩乃華織塩乃華織内藤綾子西つよし猪股義周明日(あした)という日に 答えがなくて 眠れぬ夜も あったけど 人混み紛れて 見上げた空は 眩しいくらい 青空(はれ)ている くすんだルージュ 変えましょう 自分をも一度 生きてゆくために しあわせの隣りがいい 描く願いは叶う しあわせの隣りにいる それが 母へのさりげない プレゼント  信号待ちする 親子の笑顔 つないだ手と手 いいものね 色づく街並み 季節を重ね 人生そっと 映してる 一人じゃないの そう誰も 涙に差し出す 手のひらもあるわ しあわせの隣りがいい 心穏やかなまま しあわせの隣りにいる それが 父への一番の プレゼント  しあわせの隣りがいい 描く願いは叶う しあわせの隣りにいる それが 私の生きてきた 恩返し
この両手を離さないよファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよしSHIGEZOバンドDear friend こんな瞬間(とき)に今 何が出来るんだろ 思うより生きてくことは 容易(たやす)くないけれど  陽はまた昇るから 鳥たちは行く たとえ闇に つまずいても 誰かの声に 愛を感じた だから 奇跡を信じて この両手を離さないよ いつも傍に居るから この両手を離さないよ 温もりに なるのなら  生きてるこの全て 運命と言う 時に人は 悲しすぎて 命の声も 聞こえなくなる だけど 心は知ってる この両手を離さないよ 一人きりじゃないから この両手を離さないよ その痛み 癒えるまで  この両手を離さないよ 花も春を待つから この両手を離さないよ くちびるが 笑うまで
Jealousyファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし南郷達也だから…優しい 嘘(うそ)ならやめて 今はこうして 会えればいいの さりげない程 愛は深くて かけがえのない 二人でいましょ 強がり 言うなと 抱かれるたび あなたの全てが 許せない Jealousy 孤独な 朝は いらない 涙隠(かく)して 夢を見るわ Jealousy あなたは きっと 知らない 苦しいほど Jealousy  何処へ…帰れば 星は見えるの 私の空に 星は見えない どんな愛にも 終わりは来ると 一人の夜に 言い聞かせてる 桜の花びら 咲き乱れて 笑顔の行方を 辿(たど)ってる Jealousy ルージュに 秘めた 情熱 息を殺して 恋をするわ Jealousy あなたは きっと 知らない サヨナラの 瞬間  Jealousy 女は いつも 裏腹 涙隠して 夢を見るわ Jealousy あなたは きっと 知らない 苦しいほど Jealousy
メランコリーに抱かれてファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし矢野立美時は過ぎゆく 秋風のバルコニー 季節の花が 今年もまた 咲いてる シャワーの後の 髪をとかせば 甦る… 愛という 幸せが住んでた場所 あんなに愛して 愛していたのに なぜ 別れしか 選べなかった メランコリー メランコリー 次の恋 誰に抱かれたって メランコリー メランコリー あなたが 心を 離れない  ふたり似合いと 誰からも言われて そんな言葉に うぬぼれてた あの頃 ほんの些細な すれ違いほど 傷つける… 愛という 優しさを忘れるから ドラマな人生 ひとり苦笑(わら)うけど ねえ こんな夜(よ)は 泣いていいでしょ メランコリー メランコリー 星の数 男性(ひと)に出逢えたって メランコリー メランコリー あなたが こんなに 恋しくて  メランコリー メランコリー 次の恋 誰に抱かれたって メランコリー メランコリー あなたが 心を 離れない
スキャンダルな恋ファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし矢野立美午前0時はまだ 眠らない街 彼女気にしてるの 悔しくなるわ あの時二人を 会わせたけれど… 女心も知らないで あなたどうする帰るの スキャンダルな恋 私のものに スキャンダルな恋 あなたしたいの ねえ 秘密で 構わない あぁ 嘘でも 構わない ホントは 本気が欲しいけど  何もしないなんて 美徳じゃないわ 酔った振りするから 優しく抱いて 自然な事でしょ 男と女 朝が来るまで触れ合って もっと自由になるのよ スキャンダルな恋 あなたのものに スキャンダルな恋 私なりたい ねえ 心が 穢(けが)れても あぁ 躰(からだ)は 温かい ホントは 奪ってしまいたい  スキャンダルな恋 私のものに スキャンダルな恋 あなたしたいの ねえ 秘密で 構わない あぁ 嘘でも 構わない ホントは 本気が欲しいけど
七尾線塩乃華織塩乃華織内藤綾子西つよし猪股義周女の願い 乗せてゆく 涙で見送る 「花嫁のれん」 私を捨てた あなたを追えば 意地が未練 ちぎる散らばる 逢いたくて 逢えなくて 雪が舞う 七尾線 好きと言われ女は 夢をみる  断ち切るはずの 能登の空 津幡(つばた)を始発の 切符を握る 気まぐれだよと 冷たい言葉 なんであなた わざと言ったの 逢いたくて 逢いたくて 迷い泣き 七尾線 愛に生きる女は 罪ですか  待つ人もない 終着駅は 夜の帳(とばり) 心凍える 逢いたくて 逢えなくて 雪も泣く 七尾線 春は遠い女の ひとり旅
ありふれた口づけ塩乃華織塩乃華織内藤綾子西つよし猪股義周それは生きる為 そして愛する為 ずるさも 嘘も 悲しみも 人はいつしか 人生(いのち)に宿す だけどあなたに出逢い 深い心知った 花が咲く 穢(けがれ)れなき 儚(はかな)さも 今は 愛(いと)しくて ありふれた口づけが好き あなたを 感じるから ありふれた優しさでいい それが 真実の愛  それは許すこと そして信じること 涙も 意地も 過(あやま)ちも きっと笑顔へ 辿り着く為 少し冷たい雨が 窓を濡らす季節 傍(そば)にいて 紡(つむ)ぎ合い 語り合い そんな ふたりでしょ ありふれた呼び方が好き 私で いられるから ありふれたこの部屋でいい それが 温(あたた)かな愛  ありふれた口づけが好き あなたを 感じるから ありふれた優しさでいい それが 真実の愛
YOKOHAMAおもいで迷子DenDen内藤綾子水谷高志水谷高志夕暮れどきの 交差点ひとり あてなく今日も 港の見える店 今さら何(なん)で 別れた男(ひと)の 面影ばかりを追いかける あんた 逢いたいよ 逢いたくて YOKOHAMAおもいで迷子 あの頃 愛の深さ 気づきもしなくて  ふたりで飲んだ このボトルワイン あれから涙 相手に飲んでいる 優しい笑顔 いつしか消えて 疲れた横顔していたね あんた 淋(さみ)しいよ 淋しくて YOKOHAMAおもいで迷子 諦めきれないのは あたしの方だけ  あんた 逢いたいよ 逢いたくて YOKOHAMAおもいで迷子 あの頃 愛の深さ 気づきもしなくて 気づきもしなくて
ぬかるみDenDen内藤綾子水谷高志水谷高志泥にまみれてた ガキの頃 写真 懷かしさに見れば 幾年(とき)を経(こ)えても キズは付きもの ふと 我に返る 人生って奴は ぬかるみに倒れ 気づかされるのか 寝返りを打てば 寝息立てている 苦労ばかり掛けてた背中 おまえがいたから そうここまで Ah- 頑張れたのさ  年を取ることは 悪くない やっと そんなふうに思う 夢を語れば きりがないけど まだ やれるだろう 人生って奴は ぬかるみを避けて 通れぬ日もある 横殴りの雨 傘もさせぬまま だけど誰も歩き続ける どうせ生きるなら 悔やまぬように Ah- たゆまず生きる  人生って奴は ぬかるみに倒れ 気づかされるのか 寝返りを打てば 寝息立てている 苦労ばかり掛けてた背中 おまえがいたから そうここまで Ah- 頑張れたのさ
故郷晩夏村上五郎村上五郎内藤綾子水谷高志水谷高志夏が終わる 茜空は なぜに 故郷(ふるさと) 恋しい 幼き日 その記憶 よみがえる 温もり あの頃に も一度 戻れるものならば 生きる道も 違うか 父が母が 今はただ愛しい この年歳(とし)になって 不甲斐なさを 詫びれど  日々に追われ 時に人は なぜに 故郷 遠のく 夏祭り 蝉の声 懐かしい友さえ 空を行く 季節鳥(とり)たち 心は何処(どこ)にある 拠(よ)りどころは 同じか 父と母の 愛に抱かれた場所 この胸に誰も 宿しものは 故郷  あの頃に も一度 戻れるものならば 生きる道も 違うか 父が母が 今はただ愛しい この年歳になって 不甲斐なさを 詫びれど
泣かせてトーキョーファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし馬飼野俊一何も聞かない 何も言わないで どんな言葉も 過去の棘になる フロントガラスに 軋(きし)むワイパー ふたりの別離(わかれ)を 促すように 泣かせてトーキョー グレーの雨で 愛の記憶を 優しく消して  “誰も知らない 街で暮らそう”と たった一言 それで満たされた いつかは終わると 知っているのに 愛する心を 恨んでしまう 泣かせてトーキョー 街路樹かざる イルミネーション 涙に染みる  瞳閉じれば 夢は日々の泡 人をうらやむ 明日は欲しくない 青山通りの 夜に抱かれて 重ねた唇 忘れてあげる 泣かせてトーキョー グレーの雨が 愛のボサノバ 悲しく歌う  泣かせてトーキョー グレーの雨で 愛の記憶を 優しく消して
大阪レインファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし馬飼野俊一過去を消して 生まれ変わりたいよ この顔 この胸 この想い あんたが触れたすべて 誰かぬぐって 強く抱きしめて 冬枯れの 御堂筋 濡れてさまよえば… 大阪レイン 悲しいよ 死ぬほど好きやった 孤独な夜があたしを 心ポロポロ また泣かす  いつのまにか 自惚(うぬぼ)れ過ぎていた あたしはあんたの すべてやと 吐息がため息へと 変わる時さえ 気づきもしないで 嫌われて 捨てられて ひとり悔やんでも… 大阪レイン 泣かへんわ 仕方がないやない あんたの中のあたしは 雨に消された 過去やから  大阪レイン もういいよ 幸せやったから あたしの中のあんたに お別れするわ さようなら
抱いてあげる五十川ゆき五十川ゆき内藤綾子西つよし川村栄二疲れた心 コートで隠す その横顔 星の夜空を 見上げる事さえ 忘れてる タバコの味も 不味くなる程 男も泣きたい時があるもの 人生なんて カッコ悪くて だから 尚更 愛しくて あなたの悲しみ あなたの痛み あなたのその全て 抱いてあげるわ あなたがいつか 涙で迷わないように  苦し紛れの 答え探しを 時にはして 苛立たしさに 自分の影さえ 見失う ちょっぴりあなた 正直すぎて それでも やっぱり そこが好きなの 人生なんて 分からないけど 傍にいれたら いいじゃない あなたの優しさ あなたの弱さ あなたの身体ごと 抱いてあげるわ 私の中で ゆっくり眠らせてあげる  人生なんて カッコ悪くて だから 尚更 愛しくて あなたの悲しみ あなたの痛み あなたのその全て 抱いてあげるわ あなたがいつか 涙で迷わないように
涙のつづき五十川ゆき五十川ゆき内藤綾子西つよし川村栄二下手な生き方 あなたが笑う 涙拭(ぬぐ)って 私が笑う 忘れかけてた こんな温もり 臆病なプライドも そっとほどけてく 涙のつづき あなたと生きたい 出逢えた奇跡 感じているの 溢れる想い 抱きしめたくて  寒くないかと 気づかうあなた 白い吐息に 頷く私 人混みの渦 偽りの日々 彷徨(さまよ)った この胸に 愛をくれた人 涙のつづき あなたと生きたい 月の明かりが 小径を照らす 孤独な夜を 塗り替えるよに  柔らかな声 触れた唇 哀しみの隙間さえ すべて埋めてゆく 涙のつづき あなたと生きたい 出逢えた奇跡 感じているの 静かに時間(とき)が 導くままに
じょっぱり よされ長山洋子長山洋子内藤綾子西つよし伊戸のりおあんたでなけりゃ 女を棄てる 罪にあらがう 涙は二度と 流しはしない 七里長浜(しちりながはま) 人影もない 西風(かぜ)は凍(こご)えて 夜通(よどお)し騒ぐ 盗(と)る気はないが 返す気もない 太棹 バチは 糸切る なじる じょっぱり よされ 死んでやる あんた以外は 欲しくない 譲らない  津軽びいどろ ランプを灯し うぶ毛剃(そ)るたび 頬さえ痩せて くちびるを噛む 紅をさす指 逢いたさ急(せ)かす 波は牙むく 止(よ)しなと吠える たかが恋ごと されど命よ 三味線(しゃみ)の音(ね) 心 揺さぶる 泣かす じょっぱり よされ 死んでやる あんたでなけりゃ 生きている 意味がない  盗る気はないが 返す気もない 太棹 バチは 糸切る なじる じょっぱり よされ 死んでやる あんた以外は 欲しくない 譲らない
ENCORE羽根田征子羽根田征子内藤綾子羽場仁志山川恵津子Your luscious days ずっと Your luscious dreams 貴方にアンコールを 生まれ変わっても  軽めの Wink and kiss うたた寝してる 私の顔のぞき込む人  「ご機嫌いかが?」 「わるくはないわ」 いつでも少年みたい 自由に生きている 貴方が好きよ  高くパナマ帽なげて 抱き合う まぶしいこんな午後 幸福(しあわせ)に感謝ね  Your luscious days ずっと Your luscious dreams 貴方にアンコールを 信じているのよ  去年の Summertime ふたりの恋を 仕掛けたのはカリプソと Moonlight  「ワインはいかが?」 「ほら流れ星」 指さす間もないくらい 時空(とき)だけは移ろう もっとそばにきて  深い貴方の瞳 私を変えてく 柔らかな微笑み覚えたわ  Your luscious days ずっと Your luscious dreams 貴方にアンコールを 生まれ変わっても
十六夜月の女恋歌竹村こずえ竹村こずえ内藤綾子西つよし溝淵新一郎男は死ぬまで 夢を抱(み)る 女は死ぬまで 男の夢を待つ ガラクタばかりの おもちゃ箱 なんにも言わずに 出ていっちゃった ため息つけば しあわせ逃げる 泣いたら なおさら背を向ける 手のひらに のせた月 満ちては欠けてく 人の世か… 酔えば 酔うほど はぐれた こころが憎らしい 十六夜月(いざよいづき)の 女恋歌  夜更けのテレビを つけたまま 寝たふりしながら 待つのも慣れてきた 縁側ひとりの 月見酒 貴方は今頃 どうしているの 愛していると 今さら想う それでも 待つしかないけれど 庭先の 秋桜(コスモス)が 今年も綺麗に 咲いてます… 酔えば 酔うほど 秋風 素肌に冷たくて 十六夜寂し 女恋歌  酔えば 酔うほど はぐれた こころが憎らしい 十六夜月の 女恋歌
こんなふうに竹村こずえ竹村こずえ内藤綾子西つよし溝淵新一郎こんなふうに 夜の帳 降りて 不思議ね 昔が よみがえる グラスを頬にあてて 胸の火照りを そっと 隠すのよ ひとくちの葡萄酒は 甘い誘い水 汗ばむような 接吻(くちづけ)を も一度交わしましょ 触れ合う肩が 心を 酔わすから  こんなふうに 古いジャズに 抱かれ あなたの視線に 抱かれてる 忘れたわけじゃないわ 遠い記憶を まるで 脱がすよに ありふれた言葉さえ 夜に溶けてゆく ルージュ落(と)れた 唇は 女の素顔なの 絡まる吐息 心を 熱くする  汗ばむような 接吻を も一度交わしましょ 触れ合う肩が 心を 酔わすから
黄昏ひとり多島恋多島恋内藤綾子西つよし川村栄二冬色の空 公園通り 誰もが足早(あしばや) 行き過ぎる コートの襟(えり)立て 佇(たたず)む影は 思い出の中で 生きてる私 忘れなさいと 人は言う 明日(あす)は無情に 戸を叩く 人生なんて そんなもの ホントは 分かっているけれど 涙が今日も 邪魔をする 人混みさえぎり 街は昏(く)れてゆく  不器用だから 笑顔(えがお)も下手(へた)で 気づけば頬杖 ついている タバコの吸い殻 捨てられなくて 自分で別れを 選んだくせに 星の降る夜(よ)は 逢いたくて 雨の降る夜(よ)は 淋しくて 人生なんて そんなもの わがまま 今さら気づいても 心が今日も はぐれてる 愛していたのは きっと私だけ  人生なんて そんなもの ホントは 分かっているけれど 涙が今日も 邪魔をする 人混みさえぎり 街は昏(く)れてゆく
真昼の白い月ファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし馬飼野俊一それぞれ来た家路(みち)へ 帰りましょう 優しい秘密を 分け合いながら 真昼の白い月 冬の空に 居場所を失くして 雲間に消えた 春の訪れ 待つ花は 一途な心で 愛を咲かす サヨナラは揺るぎない 運命生きるため 私ひとりを 待つ人がいる それだけでいい  平凡すぎるのは 幸せでしょう あなたも同じね 気づいたのでしょ この指 その瞳 忘れないわ あなたがいたから 明日が見えた 何処へ帰るの 鳥たちは 翼を休めて 眠りなさい サヨナラを決めたのは あなたのせいじゃない 私ひとりを 待つ人がいる それだけでいい  春の訪れ 待つ花は 一途な心で 愛を咲かす サヨナラは揺るぎない 運命生きるため 私ひとりを 待つ人がいる それだけでいい
キスより優しくファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし馬飼野俊一こんな夜更けに 爪を切るのは おまえの悪い癖だよと 電話越しの 笑うその声に 眠り誘われる 街を白く染めてく 雪が距離を遠ざけても どんな離れていても 心は傍(そば)にある あなたのララバイ 温もりになる 夜更けのララバイ それは キスより優しく 届くから Good night 愛(いと)しい人  ワイングラスと ボトル抱えて あなたに会いに行きたいわ 冬の空は ダメね本当は すごく寂しくて 胸に秘めた想いが 時間(とき)を越えて愛を紡ぐ 誰も代わりはいない 絆を感じてる あなたにララバイ 私が歌う おやすみララバイ そっと キスより優しく 届けたい Good night 愛している  あなたのララバイ 温もりになる 夜更けのララバイ それは キスより優しく 届くから Good night 愛しい人
紅の雨三木ゆかり三木ゆかり内藤綾子西つよし杉山正明青空でした あの日の空は 桃の花が咲く 丘の上 貴方に寄り添い 見下ろす町は 私を優しく 迎えてくれた ここに 嫁ぐ日 夢見てた あれは 八年前の春 紅の雨 雨が降る 今年も貴方に 逢いに来ました 紅の雨 雨が降る 両手を合掌(あ)わせて 貴方の名を呼ぶ  雨散る花は 貴方の命 最後の言葉が 嫌(いや)でした “シアワセになれ”と 私の涙 かぼそい右手で 拭(ぬぐ)ってくれた 愛を 教えてくれた人 生きる 強さをくれた人 紅の雨 雨が降る 貴方に伝える 事があります 紅の雨 雨が降る 貴方を旅立つ 恋を知りました  紅の雨 雨に問う 私の幸せ 許すでしょうか 紅の雨 雨が降る 優しい貴方に 良く似た人です
名残り雨三木ゆかり三木ゆかり内藤綾子西つよし杉山正明無茶な飲み方するなよと お酒さえぎり 叱られた 何も言わずに 酔わせてよ 今夜かぎりの ふたり酒 情け知らずの女です あなたの心も 優しさも きっと 恨んでしまうだけ 叶わぬ恋なら 何故抱いた 未練でしょうか 名残り雨  あなた ごめんと言わないで 胸が想いが 壊れそう 冬も間近な 烏頭坂(うとうざか) 肩が触れ合う ひとつ傘 情け知らずの女です 涙が勝手に 溢(こぼ)れたら あなた 最後に抱きしめて 叶わぬ恋だと 知りながら 未練でしょうか 名残り雨  情け知らずの女です あなたの心も 優しさも きっと 恨んでしまうだけ 叶わぬ恋なら 何故抱いた 未練でしょうか 名残り雨  
二年坂水田惠子水田惠子内藤綾子西つよし隼トシヒデ夜雨(よさめ)に浮かんだ 五山(ござん)の送り火 暦もわずかで 夏が終わります あなたいいのよ これでもう 覚悟していた 恋だから 未練を叱って 紅(べに)を引く 涙も濡れます 雨の二年坂  女の倖せ 夢みたこの坂 重ねた素肌は 熱さ忘れない 見えぬ絆に 導かれ 別の私を 知りました 人混み紛れた 蛇の目傘 涙が落ちます 雨の石畳  鐘の音(ね)染み入る 心の隙間よ 思い出束(たば)ねて 明日(あす)に帰るだけ 添えぬ同士の 道ゆきは そっと散らすが 運命(さだめ)です 未練がくすぶる その前に 涙も捨てます 雨の二年坂
愛はさりげなく五十川ゆき五十川ゆき内藤綾子西つよし川村栄二「寂しいよ」なんて あなたに言ってみた 桜散る穢(けが)れなさが なぜだか 愛しくて 夜の川に ゆらゆら揺れて 泣けるくらい綺麗 それはきっと 移ろう日々を 寄り添い生きるふたり 何も云わず ほら手のひらが そっと 肩を抱いてくれる 空よ 星よ ねえ 素敵でしょ こんな風に時が過ぎる 愛はさりげなく  もどかしいことも 人生あるものね この素肌(はだ)に沁みた涙 知るのは あなただけ 無精ひげが 背中にチクリ 笑うたびに痛い 春は過ぎて 夏 秋 冬へ 季節は 巡るけれど どんな時も その手のひらが そっと ぎゅっと抱いてくれる 雨よ 風よ ねえ 素敵でしょ こんな風に時は過ぎる 愛に癒されて  何も云わず ほら手のひらが そっと 肩を抱いてくれる 空よ 星よ ねえ 素敵でしょ こんな風に時が過ぎる 愛はさりげなく
海峡冬しぐれ多島恋多島恋内藤綾子西つよし溝渕新一郎霧笛が泣けば 鴎が騒ぐ 忘れてしまえと 戸を叩く 北の湊宿 愛を通せば あなたの罪か 愛を奪えば 私が罪か 鴎 鴎よ 翔べない 鴎 なじる風に 逆らえば 月もはぐれる 海峡冬しぐれ  漁り火 揺れる 届かぬ温(あか)り 昨夜(ゆうべ)も啼いて 啼き濡れて ひとり湊町 愛を生きても いいのでしょうか 愛の深さは 海より深い 鴎 鴎よ 答えて 鴎 軋(きし)む風が 散らしても あなた恋しい 海峡冬しぐれ  鴎 鴎よ 翔べない 鴎 なじる風に 逆らえば 月もはぐれる 海峡冬しぐれ
帰愁多島恋多島恋内藤綾子西つよし溝渕新一郎週に二日 顔を見せに来ます いいえ ほんとは 会いたいの 生きてく 強さ くれた そんな貴女が…少女になってく 幼い日 その腕にしがみついてばかり 風邪ひいて いつも困らせた 全てが 遠い記憶 ありがとう ごめんなさい 会うたび辛いの 母さん 貴女の笑顔が 愛しくて  車いすを押して 歩く小径 秋の祭りが 響く空 「疲れているんでしょ?」と 母親(はは)に戻って…私を気遣う 優しさも 温りも 貴女だけの匂い 父さんと そして母さんの 苦労が 沁みてきます ありがとう ごめんなさい 心配しないで 母さん 今度はこの手で 守るから  母さん 貴女の笑顔が 愛しくて
津軽のおんな五十川ゆき五十川ゆき内藤綾子西つよし溝渕新一郎雪が哭(な)いてる 迷いをなじる 夢を捨てたら 岩木山(やま)も哭く 愚図る女は 邪魔になる 行く道信じて ついてゆく あんた あんたと 夢を見る 命重ねて 愛を尽くして 津軽のおんな  東京(よそ)の女と 言わせはしない 津軽なまりも しみついた 情け無用の 吹雪さえ 心の情熱(あかり)を 遮(とざ)せない あんた あんたが 夢になる 命重ねて 笑顔灯して 津軽のおんな  北へ流れて 温もり知った それは 二人の めぐりあい 雪に埋もれた つま先に 明日(あした)が必ず 待っている あんた あんたと 夢を行く 命重ねて 私死ぬまで 津軽のおんな
居酒屋「津軽」大石まどか大石まどか内藤綾子西つよし南郷達也涙買いましょう 外は凍(しば)れる 人の涙が 雪になる 津軽こぎんの 暖簾(のれん)をくぐりゃ 酒の肴は この笑顔 酔いに来い 辛いときゃ 酔いに来い ここは雪国 居酒屋「津軽」  愚痴も買いましょう 吹雪止むまで 荒れた心じゃ 明日(あす)がない 海が時化(しけ)れば 女房も嘆(なげ)く あんた やり場が なかろうに 泣きに来い 悲しけりゃ 泣きに来い ここは雪国 居酒屋「津軽」  釣銭(つり)は出しません 全部貰(もら)わにゃ あんた 涙を 持ち帰る 津軽訛(なま)りの じょっぱり女 今日もあたしは ここに居る 酔いに来い 辛いときゃ 酔いに来い ここは雪国 居酒屋「津軽」
月明り~いつかはきっと~西つよし西つよし内藤綾子西つよし隼トシヒデ道なき道を 行くのが男 人生そんなに 楽じゃない 最終電車に 身体(み)を沈め 今日もカタコト 揺られて帰る ホームタウン  月明り 見上げたら 泣けてきたけど  大丈夫 大丈夫 自分に言い聞かす 生きる事は 辛いけれど いつかは きっと… きっと 報(むく)われるはずさ  生きるの死ぬの 口にはするな 一人で生まれた わけじゃない 夜空を突きさす 北風に 人は時々 心の居場所 見失う  月明り 沁みてくる 遠い故郷(ふるさと)  頑張れよ 頑張れよ 親父の声がする 窓に映る 見慣れた顔 いつかは きっと… きっと 幸せに逢える  頑張れよ 頑張れよ 親父の声がする 波乱万丈 心(むね)の傷も いつかは きっと… きっと 報われるはずさ
ひとときの恋尾鷲義人尾鷲義人内藤綾子西つよし溝淵新一郎逢わずにいれば よかったけれど… あなたがくれたピアス 今も耳に光る 震える様に 時間(とき)を止め 見つめ合うたび 余計にせつない 愛してると言わないで 誰かを傷つけるだけ 想い出には帰れない ひとときの恋は幻  女の嘘と 男の秘密 ドラマは始まらない 胸の深い場所に 眠らせるだけ タクシーを 拾うあなたの 背中は遠くて 愛してると言わないで あなたも臆病だから こわれるほど溺れても ひとときの恋は幻  愛してると言わないで 誰かを傷つけるだけ 想い出には帰れない ひとときの恋は幻
青春挽歌尾鷲義人尾鷲義人内藤綾子西つよし溝淵新一郎曲がりくねった 夜を走り抜けて あいつを振り切り 町を出た 今なら 痛みもわかるさ 苦い涙も 覚えてきたから あんなふうに 我武者羅(がむしゃら)に ずっと 生きられたら… 青春は風の中 人生の通り道 誰もが探す 幸せと違うけど  未来(あす)が見えずに 苛立ち吐き捨てた あの海の碧(あお)さ 忘れない タバコの 煙の向こうに ふと蘇る 懐かしい記憶 不器用な 生き方も 全て 夢のカケラ… 青春は風の中 人生を振り返る ほんの少しの 温もりに逢えるから  青春は風の中 人生の通り道 誰もが探す 幸せと違うけど
12月16日須藤薫須藤薫内藤綾子MIKE DUNNねえ結婚記念日 3年目よ 今夜は おしゃれをして 出かけたいわ シチューやパイ作って パーティーもいいけれど いつもと同じでは 損をしちゃうから  あの頃は 独身で いたいなんて そっぽを向いたままで 聞いたウェディング・ベル “1年 もつかしら”と うわさ聞いたけれど 結局 しあわせよ こんな毎日が  そうよ In your sweet arms あなたに出会わなければ 愛の意味さえ きっと 知らずにいたでしょ  だから In your sweet eyes 優しい そのまなざしに 包まれるたび もっと 永遠になるわ  赤いルージュ事件に 泣き出したの 不安がらせて ちょっと こらしめたわ 絶対 3年目の 浮気なんてダメよ たまには エスコート 期待してるから  そうよ In your sweet arms あの時 別れていたら 信じることを きっと 忘れていたでしょ  だから In your sweet eyes 瞳に 今映るのは あなたと私だけの 記念日の夜ね  守りたい 大事なものは 誰よりも 何よりも ふたりの この生活(あい)  そうよ In your sweet arms あなたに出会わなければ 愛の意味さえ きっと 知らずにいたでしょ  だから In your sweet eyes 瞳に 今映るのは あなたと私だけの 記念日の夜ね
BLUE SNOW MIDNIGHT須藤薫須藤薫内藤綾子岩沢二弓足音だけ 響きわたってる ひと息ごと 高まるときめき あなたなしで いられない やっとわかったの私 だから  Woo Thank You For This Moment ふりそそいで 雪の妖精たち たとえ夜が明けても 解けることない絆 Ah 二人だけの Blue Snow Midnight  鐘の音に 変わってく日付 指先から ぬくもり感じた あなただけを 見つめてる 熱い想いを胸に ずっと  Woo Thank You For This Moment 輝き出す 愛の妖精たち 今この時すべて 失くしたくはないの Ah くちづけして Blue Snow Midnight  Woo Thank You For This Moment ふりそそいで 雪の妖精たち たとえ夜が明けても 解けることない絆 Ah 二人だけの Blue Snow Midnight  Ah 二人だけの Blue Snow Midnight
Only You松村雄基松村雄基内藤綾子水谷公生ふざけすぎた後 急につらくなる 誰もいない 無口な午後  とおり過ぎた時 初めて気づく 大事なもの 愛と夢と心の痛み  Lonesome City 一人じゃ いられない Lonesome City あまりに 淋しい 色あせた ポスターが 破れかけてる 存在も 忘れられ 愛を求める 好きさ 好きさ ひどく好きさ Only You  傷ついた時に あたたかい瞳 向けてくれる 人がほしい  失くすものなんて 何もないはずと 思いながら 何も出来ず 臆病になる  Lonesome City 一人じゃ いられない Lonesome City あまりに 切ない 人の目も 気にしない 足音だけが 寂(さび)れてる ビルの谷 消えてゆく 街 おまえ ひとり ただひとり I love you  Lonesome City 一人じゃ いられない Lonesome City あまりに 淋しい 色あせた ポスターが 破れかけてる 存在も 忘れられ 愛を求める 好きさ 好きさ ひどく好きさ Only You
さまよう世代 (Stray Age)松村雄基松村雄基内藤綾子水谷公生くもりガラスに顔を つけて遊んだ頃の 無邪気な夢 想い出せよ  失くしかけてる心 中途半端な明日(あした) 坐り込んだ さまよう世代  どこかで 愛が 買われて 誰かの 愛が 売られてゆく たやすく たやすく  いつも夢に くるまって 生きていたい いつも誰か 愛していたい だけど夢は 消えてゆく 誰かの手で もしも それが 俺の 影なら なんて 切ない  人の波間に押され 変わる自分を別の 俺が見てる いつのまにか  逃げるつもりはないさ お前 愛していても うまく言えず さまよう世代  不思議な 声が 聞こえる 見えない 声が俺の心 惑わす 惑わす  いつも夢に くるまって 生きていたい いつも誰か 愛していたい だけど今日も 消えてゆく 誰かの手で もしも それが 俺の 影なら なんて 悲しい  いつも夢に くるまって 生きていたい いつも誰か 愛していたい だけど夢は 消えてゆく 誰かの手で もしも それが 俺の 影なら なんて 切ない
Night Game松村雄基松村雄基内藤綾子水谷公生名前さえも 聞かないままで お前を誘った 踊るLight けだるい夜さ  どこか違う 輝く瞳 俺には見えたよ その瞬間 時間が止まる  Really Just You 訳なく 気まぐれのつもりが Just You こんなに 脆(もろ)く 俺が 惹かれてゆく  Oh 一夜の戯れ 裏腹さ 言葉は 佇む抜けがら No No 心 奪われ お前に 堕ちてゆく  今度いつか 逢うことさえも 約束しないで サヨナラだけ 夜明けの都会(まち)に  一人きりで 歩く路地裏 静けさがしみる 冷たい風 やりきれなくて  Really Just You 背中に 優しさが残るよ Just You どうして 好きと 俺は 言えなかった  Oh お前の横顔 懐かしさ すぐにも 感じる位に No No うまく言えない ざわめきが 漂う  Stay With Me 初めてのことだよ Stay With Me 愛したさ おまえを  Really Just You 訳なく 気まぐれのつもりが Just You こんなに 脆(もろ)く 俺が 惹かれてゆく
君との日々松村雄基松村雄基内藤綾子水谷公生君にあげられるものは 何も見あたらなかった 二人すれ違う電車に 乗れば 最後になる  そらす瞳を見た時 不意にやり場をなくした 君を愛したこの街で 別の誰かを愛せと言う  逢えない時間のせいだけで 勝手に別れを決めたのか オレは逢えないほど想いが 募ってくのに WowWow  膝をかかえて同じ夢を 朝が来る迄 語り合った 君と歩いた思い出の日々は いつまでも 消せはしない  人の心は季節の 色を しまい込んでいる 今は目に映る全てが やけに 物哀しい  君は足音だけでも ずぐに聞きわけていたよ なのにオレの気持ち一つ なんで解ってくれなかった  雨に濡れてるアスファルトが 黒くどこまでも続いてる 見慣れたはずの街並がまるで 別の様 Wow Wow  部屋を初めて尋ねた時 壁に記(しる)した あのイニシャル 君と歩いた想い出の日々は いつまでも 消せはしない  逢えない時間のせいだけで 勝手に別れを決めたのか オレは逢えないほど想いが 募ってくのに WowWow
遠く離れても松村雄基松村雄基内藤綾子菊池琢己あの日 お前が バックに 詰め込んだ 白いシューズも すっかり 汚れてる  お前 ひとりを 残した 東京の ニュース 聞く度 想いは 複雑さ  Far away from you どんなに 遠くても 結ばれた 心があれば Far away from you 同じ空を見てる 言葉も いらない 二人の愛は Yes, so nice 誰にも言える 愛してると お前以外は 愛さないと  ジェラシー 感じる ほんとの 胸のうち あまり綺麗に ならずにいてほしい  いつも 男の子みたい はしゃいでた それが なにより やすらぎだったのさ  Far away from you 真夜中のテレフォン・コール 透(す)き通る お前の声が Far away from you 今すぐ逢いたいと 小さく 震える 逢えないほどに More and more 初めての愛 知った時と 同じときめき 熱くなるよ  Far away from you どんなに 遠くても 結ばれた 心があれば Far away from you 同じ空を見てる 言葉も いらない 二人の愛は Yes, so nice 誰にも言える 愛してると お前以外は 愛さないと  wow wow wow ここから 抱きしめたい wow wow wow 離れて 尚激しく
青春メモリー松村雄基松村雄基内藤綾子水谷公生雨のハイウェイ 別れの 間際(まぎわ)に 激しく 飛ばした 中途半端な 俺では お前に 似合いは しないさ たとえ 何度も 何度も お前が 涙を 見せても 何も 答えて やれずに 黙って 見ていた ずっと  別れの 言葉も 言わずに いた俺  男の純情 形に 出来たら 二人は 別れはしなかった In the rain あの日と 同じ 雨・雨・雨 愛してるけど 戻れないのさ 二度と あばよ 青春メモリー  髪を切ったと 誰かが お前の ウワサを していた 俺は 本気で お前の 幸福(しあわせ) 思ってした事 人に 言わせりゃ 勝手な 男と 言われる けれども 胸に 刻(きざ)んだ リアルな 想いを 分(わ)かってほしい  一番 きれいな お前を 見てきた  男の純情 いつでも いつでも 変わりはしないさ 今もまだ In the rain 佇ずむ 俺に 雨・雨・雨 こんな痛みを 消し去る様に 強く あばよ 青春メモリー  男の純情 形に 出来たら 二人は 別れはしなかった In the rain あの日と 同じ 雨・雨・雨 愛してるけど 戻れないのさ 二度と あばよ 青春メモリー
ままならない風が吹く松村雄基松村雄基内藤綾子水谷公生何処までも 続いてる 何処までも 終わり見あたらない これから つける 足跡  鉄棒に ぶら下がり 逆様(さかさま)の俺を 見ているおまえ 不思議な 出会いさ  別々の 恋をして 別々に 傷ついた そんな時 偶然に 惹かれ合うなんて  ままならない 風が吹く だから 些細なことにでも 夢をみることが出来る  ままならない 悲しみがあるから 新しい喜び 感じるのかもしれない 誰も  届かない 遠過ぎて 届かない 星のぬくもりには 幼心(おさなごころ)に 思った  大人なら ほしいもの おもうまま 手の中に入ると 信じていたけど  とりあえず うなずいて とりあえず 満たしてく 退屈に なりそうさ いいだけの 日々は  ままならない 風が吹く だから 同じ過(あやま)ちなど してはいけないと気付く  ままならない 破(やぶ)れた望みを あきらめきれなくて 今があるかもしれない 俺は  ままならない 風が吹く だから 転がる石ころさ まるで 生きてゆくことは  ままならない 風が吹く だから 誰にもわからない 別れや 出会いがあるさ 人は
ふたりの距離松村雄基松村雄基内藤綾子水谷公生海岸沿いに 車を停め Tシャツを まくら替わりに ぼんやりと いつのまに 眠り込んでた  波と重なる 呼び出し音(ベル) 電話しても 誰も出ない 約束の 待ち合せ 時間は 過ぎたけど  気づいたら いつだって 一緒にいたよ 大人びてるおまえと 子供のままの俺さ  思い切り笑った あの瞳は 誰にもない 俺だけのもの  肩先をかすめる ふたりの距離 きっと 縮めてみせるさ もっと近く  焼けたアスファルトに 夕立 懐かしい 匂いが好きさ どこかしら 優しさが おまえに 似てるから  こんなふうに 誰かを 待つ事なんて しなかった俺なのに らしくもないことして  言葉より心が 先に見える それも初めて感じたこと  肩先をかすめる ふたりの距離 離れられないくらいに 抱きしめるさ  思い切り笑った あの瞳は 誰にもない 俺だけのもの
ひとり歩きの午後内海和子内海和子内藤綾子木戸泰弘清水信之ああ何処へゆくの 空が都会が動く 運命のひとひらを 微風がそっと盗むわ  ああ向かいのカフェ SHYな恋人達 微笑めば聞こえてくる 素敵な鼓動ね  静かに息を吐いて 心で噛んだ悲しみ散らす ひとり歩きの午後は 甘く切ないけれど  おろしたての笑顔をまるで 高層ビルさえ 冷たく感じることも忘れてしまう ささやかでも こんな気持ちを誰かに分けたい かかとを響かせるたび 生まれ変わるのよ きっと…  ああ探さないで 私だけの時間 横顔でのぞき込んだ ショーウインドウから  信号待ち切れない子供が とても自由に見えた ひとり歩きの午後は 瞳の中に揺れる  おろしたての笑顔をいつも 持ち続けてたら 優しく他人の喜び 受けとめられる 思い通りに生きてゆくのは 容易くないけど かかとを響かせるたび 何か始まるわ きっと きっと きっと……
好きかと言われて内海和子内海和子内藤綾子小森田実清水信之恋人がいます 海の向こうから もうすぐ帰る便りを 読み返すけど 一人堤防で 日傘に隠した 私の涙 あなたを待ちきれない  あぁ あぁ あぁ あぁ 長すぎた日々が ゆら ゆら ゆら ゆら 消えてゆくね  好きかと言われて 全てを賭けた 逢えないほどに愛を知り 背中を抱かれた あの優しさに もたれている  星降る夜には 古いアルバムを 窓辺で開き あなたをそっと見つめる 無口な人だと 誰もが言うけど 夢を包んだ瞳は輝いてた  もし もし もし もし 受話器から響く ねぇ ねぇ ねぇ ねぇ あなたなのね  好きかと言われて 微笑み送る 誰かのために生きている 幸福をこんな感じたことは 初めてなの  好きかと言われて 全てを賭けた 逢えないほどに愛を知り 背中を抱かれた あの優しさに もたれている
サイレント・グッバイ ―たとえ悲劇でも―デビル雅美デビル雅美内藤綾子水谷公生下手な言い訳 なんかしないで 上手く騙せる 相手さがして  切れ切れに飛び込む 黄昏街 エンジンだけやけに ひびく  壊れたままの ミラー覗いて あなたの胸の中を透かした  愛し合ってた事 悲しくなる 好きにすればいいわ あなた  もしもこの愛 たとえ悲劇だとしても 涙見せたりしない  これで終りと 別れ心で投げつけ 愛の記憶消すわ サイレント・グッバイ  肩をあずける事も出来ない 同じスタンス 無理ねこれ以上  泣いてなんかいない くやしいだけ 好きにすればいいわ あなた  もしもこの愛 もっと早く気づいたら 息を殺して泣けた  今はあなたに 別れ心で投げつけ 愛の記憶消すわ サイレント・グッバイ  もしもこの愛 たとえ悲劇だとしても 涙見せたりしない  これで終りと 別れ心で投げつけ 愛の記憶消すわ サイレント・グッバイ
気になるあいつ渡辺真知子渡辺真知子内藤綾子渡辺真知子水谷公生呼び出したのは あなたの方 溜息ばかり 私めいるわ めいるわ  いつから うまく いってないの あの娘 泣かせて あなたらしくない らしくないわ  何もわかっていない ほんとうの女心 幸か不幸か ほどほどに なれない あなたは いつでも  軽く 飲もうよ う・ふ・ふ もっと 飲もうよ あ・は・は  わかりあうまで 心を 見せて 愛せばいいのに  グラス少しも 減ってないの どうかしている 今日のあなたは あなたは  あれこれ 言うの 嫌だけれど 洒落た ジョークも ひとつ 決めてみて 決めてみて  優しい 言葉だけじゃ 不安まじりなものよ 私 あの娘が なんとなく わかるわ おんなじ 気持ちよ  軽く 飲もうよ う・ふ・ふ もっと 飲もうよ あ・は・は  恋する時の ほどよい痛み たまにはいいもの  肩を 並べていても 声が 届かないほど まわりは みんな 楽しそう あなたも 陽気に 笑って  軽く 飲もうよ う・ふ・ふ もっと 飲もうよ あ・は・は  わかりあうまで 心を 見せて 愛せばいいのに  軽く 飲もうよ う・ふ・ふ もっと 飲もうよ あ・は・は  軽く 飲もうよ う・ふ・ふ もっと 飲もうよ あ・は・は
BABY DO NOT CRY大谷健吾大谷健吾内藤綾子菊地圭介・大谷健吾大谷健吾・菊地圭介どうしたの その涙 僕のせいだね きっと 雨に濡れた 夜がうつむく ごめんね 心に 影が射してた君に 気づきもせず 愛に甘えてたね  そっと 震える肩抱いても 君は 背を向けたまま  BABY DO NOT CRY泣かないで 僕のこの腕の中 抱きしめたい 永遠に 愛しすぎる 君だから  疑う心は 雨が流してくれる 裸の愛 あの時のままだよ  そうさ 君が愛した僕は 何も 変わらないから  BABY DO NOT CRY泣かないで 君の愛に誓うよ 離したくない もう二度と 傷つけない BABY DO NOT CRY泣かないで 僕を信じればいい どんな時も 迷わずに 君のそばに 僕はいる  何もかもが 優しすぎて ほんとは 怖かった  BABY DO NOT CRY泣かないで 僕のこの腕の中 抱きしめたい 永遠に 愛しすぎる 君だから  BABY DO NOT CRY泣かないで 君の愛に誓うよ 離したくない もう二度と 傷つけない BABY DO NOT CRY泣かないで 僕を信じればいい どんな時も 迷わずに 君のそばに 僕はいる
銀雪の浪漫~Follow You~藤ゆうこ藤ゆうこ内藤綾子水谷公生人はどうして 傷つけ合うの 身動きも できない 痛みよ 凍りついてる 大地の果てを 吹雪にも トナカイ走る 誰かのために 自分を殺しても  光る瞳が 不思議に 何かを語るわ  Love is heart きっと 愛がなければ生きられない 寒いほど 温もり探すの それが真実 Follow you 愛を永遠 追い続ける 痛みさえ 忘れてしまう Follow you now  足跡もすぐ 消えるくらいに 銀雪のスクリーン 激しく どんな小さな 花も負けない 埋もれても 大地に体 残してずっと 光を待っている  いつか心の 吹雪も 優しく変わるわ  Love is heart きっと 遠くどこかで私のこと 待っている あなたのために  立ち止まらない Follow you 熱い涙を感じながら 体ごと 心のままに Follow you now  Love is heart きっと 愛がなければ生きられない 寒いほど 温もり探すの それが真実 Follow you 愛を永遠 追い続ける 痛みさえ 忘れてしまう Follow you now
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ファタール
  3. 新しい恋人達に
  4. シカ色デイズ
  5. ルル

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. 絶対アイドル辞めないで
  4. ブラックボックス
  5. 伏線回収

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×