服部隆之編曲の歌詞一覧リスト  23曲中 1-23曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
23曲中 1-23曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
雨のブルース茨田りつ子(菊地凛子)茨田りつ子(菊地凛子)野川香文服部良一服部隆之雨よ降れ降れ 悩みを流すまでどうせ涙にぬれつつ 夜毎嘆く身は ああ 帰り来ぬ 心の青空 すすり泣く 夜の雨よ  暗いさだめに うらぶれ果てし身は 雨の夜道をとぼとぼ 一人さまよえど ああ 帰り来ぬ 心の青空 降りしきる 夜の雨よ
別れのブルース茨田りつ子(菊地凛子)茨田りつ子(菊地凛子)藤浦洸服部良一服部隆之窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕に錨の いれずみ彫って やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
ラッパと娘福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)服部良一服部良一服部隆之楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー  この歌 歌えば なぜかひとりでに 誰でも みんなうかれだす バドジズ デジドダー  トラムペット鳴らして スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー  歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー  この歌 歌えば なぜかひとりでに 誰でも みんなうかれだす バドジズ デジドダー  トラムペット鳴らして スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー  歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  あの街でも この街でも みんな歌うは みんな歌うは この歌 この歌 すてきなこの歌 すてきなこの歌 バドダドジデジ エジエジドダー バドダドジデジ エジドダー バンバンバンバン バンバンバンバン バンバンバンバン ババババン 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バドダドダド ダドダドー
永遠のAstraea柴咲コウ柴咲コウ柴咲コウ服部隆之服部隆之なびく草原を駆け抜けてく 柔らかに響く 風の出会い またたく瞳に 映る世界 何を見ているの? 遠い未来?  繁いだ言葉を あふれる想いを いつまでも 壊れぬように 抱きしめる  生きてる 今ここに 肩寄せ合い静かに 眠りにつくあなたが ah おとなになるまで あとどれくらいでしょう  霞む稜線が 藍に暮れる 温かに浮かぶ家に急ぐ  「おかえり」の声が 伝う手のひらが いつまでも ふたつの心 抱きしめる  いとしい人がいる 涙 笑顔に変わる いつだって傍にいる ただやすらげるように ほらごらん 夜が来たわ  怖れないで 闇の彼方に 新たに広がる 朝が待っている  いとしい人がいる 涙 力に変えて 生きてる 今ここに 肌寄せ合い静かに  眠りにつくあなたが ah おとなになっても 幸せ祈る 永遠に
宇宙の彼方で森口博子森口博子森雪之丞服部隆之服部隆之宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる 星が静かに 瞬くように…  鋼の鎧に 身を包んだら 心が悲劇を 纏ってしまった 平和の願いは もう聞こえない 瓦礫が崩れる 音に消されて  動き始めた 歴史の歯車 向かう先には 絶望しかない みんな知っているのに なぜ?なぜ?なぜ?  宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる 人は愚かに 生きては死ぬの だけど愛しい 命のために せめて朝まで 祈りましょうか  兵士が流した 血は乾かずに 幼い涙を 朱に染めるでしょう 正義と名付けた 欲望の下(もと) 憎しみだけが 連鎖してゆく  死神が待つ 時空の荒野で 最後に“愛”の 強さを知るのね みんな持っていたのに なぜ?なぜ?なぜ?  宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる その屍が 道になるまで 明日生まれる 命のために 次の未来を 祈りましょうか  宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる 星が静かに 瞬くように…
Day by Day...きっと森口博子森口博子森雪之丞服部隆之服部隆之人にはみんな 運命があると 誰かが言うのよ 不思議な声で 小鳥を包(くる)む 手のひらのように 優しくなりたい 明日(あした)はもっと  少し前まで 天使だったみたい あなた守るため 生まれてきたの  Day by Day 微笑むたび 愛が夢が One by One 運命をひとつにする 謎が心に 結んだ途惑いは 時の指先が 解(ほど)いてくれるでしょう …きっと  月の光に 傷痕が透けて 窓辺のあなたが 迷子に見える 凍えた孤独 温めるために 恋した胸には 微熱があるの  抱いた背中が 微かに震えた 何も言わないで 朝が来るから  Day by Day ときめくたび 愛が夢が One by One 未来という絵に溶ける もしも涙が どこかで待ってても 選んだ運命 後悔しないでしょう …きっと  Day by Day 微笑むたび 愛が夢が One by One 運命をひとつにする 謎が心に 結んだ途惑いは 時の指先が 解(ほど)いてくれるでしょう …きっと
星屑の砂時計yu-yuyu-yu山川啓介服部隆之服部隆之千億の星屑が 私に降りかかる 自分の小ささに すくむの心が 運命の箱船が 旅立つ時間(とき)の海 音のない序曲が ひびき始める ねえ私 この世に 生まれてよかったの? 答えのないまま 月は 欠けて 満ちて 私のなかの 少女が 大人になってゆく  なぜ人間(ひと)は愛し合い 傷つけ憎み合う 孤独な星たちが 引き合うみたいに でも今は信じたい 夢という遺伝子が 苦しみも涙も 越えて行くって ねえどんな あしたが 私を待ってるの? たずねてみるけど 月は ほほえむだけ 誰も知らない 未来へ 砂時計 落ちてゆく  何光年 離れようと ふるさとは やさしい胸  ねえ私 この世に 生まれてよかったの? 答えのないまま 月は 欠けて 満ちて 私のなかの 少女が 大人になってゆく  千億の星屑よ 私もきらめこう…
タイムトラベル鈴木雅之鈴木雅之松本隆原田真二服部隆之街の外れの 古い館が 君の家 日の暮れる頃 呼び鈴 押した 暗い廊下で 君は無言の手招きさ 蕃紅花色のドアを開けたよ  スフィンクスが眠る 砂漠に 君は立ち 下弦の月に 照らされてたよ 北極星の真下に 尖がるピラミッド 光の船を君はさす  時間旅行のツアーはいかが いかがなもの? クレオパトラの衣裳の君が 時間旅行のツアーはいかが いかがなもの? そうささやいた ああ夢の中 ああ夢の中  黒い自動車 すれ違いざま マシンガン ニューヨークでは お祭りさわぎ 古いラジオが奏でだすのは チャールストン FBIもタップダンス  時間旅行のツアーはいかが いかがなもの? ハリウッドクイーンまがいの君が 時間旅行のツアーはいかが いかがなもの? 甘い吐息さ ああ夢の中 ああ夢の中  最後の部屋は 星降りそそぐ 時の果て 幾千万の船が旅立つ 住めなくなった 青い地球は 窓の外 やがて小さな点に消えたよ  時間旅行のツアーはいかが いかがなもの? 突然 夢がそこで途切れた 時間旅行のツアーはいかが いかがなもの? ここは東京 君の手の中 君の手の中  時間旅行のツアーはいかが?
接吻鈴木雅之鈴木雅之田島貴男田島貴男服部隆之長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love 熱く口づけるたびに やけに色の無い夢を見る  ああ どこか物足りない今日は あなたの 濡れた眼差しが嬉しい  何時の間にか 枯れ葉色のtwilight 子供のように無邪気に欲しくなる  長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love 熱く口づけるたびに 痩せた色の無い夢を見る  night flight 瞳 移ろうように甘く あなたの素肌 冷たすぎて苛立つ  焼けるような戯れの後に 永遠に独りでいることを知る  長く甘い口づけを交わそう 夜がすべて忘れさせる前に fall in love きつく抱きしめるたびに 痩せた色の無い夢を見てた  甘い口づけを交わそう 夜がすべて忘れさせる前に fall in love きつく抱きしめるたびに やけに色の無い夢が続く…
歌うたいのバラッド鈴木雅之鈴木雅之斉藤和義斉藤和義服部隆之嗚呼 唄うことは難しいことじゃない ただ声に身をまかせ 頭の中をからっぽにするだけ 嗚呼 目を閉じれば 胸の中に映る 懐かしい思い出や あなたとの毎日  本当のことは歌の中にある いつもなら照れくさくて言えないことも  今日だってあなたを思いながら 歌うたいは唄うよ ずっと言えなかった言葉がある 短いから聞いておくれ 「愛してる」  嗚呼 唄うことは難しいことじゃない その胸の目隠しを そっと外せばいい  空に浮かんでる言葉をつかんで メロディを乗せた雲で旅に出かける  情熱の彼方に何がある? 気になるから行こうよ 窓の外には北風が 腕組みするビルの影に吹くけれど  ぼくらを乗せて メロディは続く…  今日だってあなたを思いながら 歌うたいは唄うよ どうやってあなたに伝えよう 雨の夜も 冬の朝も そばにいて ハッピーエンドの映画を今 イメージして唄うよ こんなに素敵な言葉がある 短いけど聞いておくれよ 「愛してる」
恋は陽気にスィングで鈴木雅之鈴木雅之井田誠一服部良一服部隆之恋は陽気にスィングで ねらって打ちましょう貴方のハート 一度ねらえば 私のものよ 軽いスィング ダダダダ 私が唄えば 貴方が踊る いつのまにやらこころはひとつ 貴方も私もスィング スィング 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー  恋は陽気にスィングで リズムにのりましょう貴方のリズム スロークイック こころのままに 軽いスィング ダダダダ ハートのリズムの 高鳴るころは いつかとけあう二人のこころ 貴方も私もスィング スィング 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー  恋は陽気にスィングで ねらいをつけたらわき目もふらず 雨の降る日も 風吹く夜も 恋のお百度 ダダダダ 一押し二押し 押してくるが ままにならない女の気持 貴方もスィート 私もスィート 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー
コイン・ランドリー・ブルース鈴木雅之鈴木雅之トシ・スミカワ増田俊郎服部隆之真夜中の コインランドリー 冷たい雨が 窓を叩いて 最後の服を 洗い終わったら 此の街を出て行こう  寝静まった 夜更けの通りに 此処だけが 明かりを点けてた 俺たち二人が 初めて逢った夜も まるで灯台の灯のように  北の国で生まれたおまえは 場末のみじめなダンサー 二歳になる子供を人にあずけたまま 此の街で二十歳になった  俺といえば 昔のつまらない事件を 未だに忘れられずに 逃げるたびに嘘を覚えて その嘘からまた逃げてきた  俺たちは ただの魚さ 河の流れまでは 変えられない 流れてゆく 海もまたひとつだけ だから その日だけが俺たちのすべて  どれくらい ふたりで働いたら 幸せが買えるだろう 抱かれるたびに諦めたようにつぶやく お前が愛おしい  俺たちは ただの魚さ 河の流れまでは 変えられない 流れてゆく 海もまたひとつだけ だから その日だけが俺たちのすべて  俺たちは ただの魚さ 河の流れまでは 変えられない 流れつづけて 生きてゆけるなら お前の言った幸せも買えるだろう  真夜中の コインランドリー 冷たい雨が 窓を叩いて 濡れた心乾かせたら 此の嫌な街 出て行こう
月のあかり鈴木雅之鈴木雅之下田逸郎桑名正博服部隆之灯りをつけるな 月の光が やさしく お前をてらしているから ふり向くな この俺を 涙ぐんでいるから 長い旅になりそうだし さよならとは違うし この街から 出てゆくだけだよ  お前のしぐさの ひとつひとつが どれだけこの俺 救ってくれたか うまくは言えないよ 胸がつまっているから わがままは 生まれつきさ お前も 気づいてたよ 愛しているのさ はじめて言うけれど  ふり向くな この俺を 涙ぐんでいるから 長い旅になりそうだし さよならとは違うし この街から 出てゆくだけだよ  この街出てゆくだけだよ この街出てゆくだけだよ
星屑の町鈴木雅之鈴木雅之東条寿三郎安部芳明服部隆之両手をまわして 帰えろ ゆれながら 涙の中を たったひとりで やさしかった 夢にはぐれず 瞼を閉じて 帰えろ まだ遠い 赤いともしび  指笛吹いて 帰えろ ゆれながら 星屑分けて 街をはなれて わすれない 花のかずかず 瞼を閉じて 帰えろ 思い出の 道をひとすじ  両手をまわして 帰えろ ゆれながら 涙の中を たったひとりで
夜明け前の浜辺鈴木雅之鈴木雅之大瀧詠一大瀧詠一服部隆之あたりをおおう 波の音 砂の上に 横たわり 僕の声を からだで 君は受けとめ 目をとじる  丸い月が 名残り惜しげに 海に浮かぶ 星空 夜明け前の 浜辺で 二人を照らす うすあかり  夜明け前の 浜辺に 残る波の 遠い独言
夢の中で会えるでしょう鈴木雅之鈴木雅之高野寛高野寛服部隆之今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日  愛の行方 探すことだけで 僕の胸の中 張り裂けそうになる 離ればなれでも 君を胸に抱いて 僕はいつだって 歌い続けてる  苦しいことは消えて 楽しいこと始まる 大事なこのときめきを きざみつけて 生きてゆこう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  愛の言葉 選びぬいたなら 僕は君に向け 手紙を書くから 君の忘れ物 青い色のペンで 花のような君 想い出しながら  苦い涙乾いて 甘い想い出にじむ 僕らのつくる奇跡を 笑いながら ながめていよう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから
熱き心に鈴木雅之鈴木雅之阿久悠大瀧詠一服部隆之北国の旅の空 流れる雲 はるか 時に人恋しく  くちびるに ふれもせず 別れた女いずこ 胸は 焦がれるまま  熱き心に 時よもどれ なつかしい想い つれてもどれよ  ああ 春には 花咲く日が ああ 夏には 星降る日が 夢を誘う 愛を語る  熱き心に きみを重ね 夜の更けるままに 想いつのらせ  ああ 秋には 色ずく日が ああ 冬には 真白な日が 胸を叩く 歌を歌う 歌を  オーロラの空の下 夢追い人 ひとり 風の姿に似て  熱き心 きみに
ヘイヘイブギ鈴木雅之鈴木雅之藤浦洸服部良一服部隆之あなたがほほえむ時は私も楽し あなたが笑えば私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮らせばラッキーカムカム センチな唄など 皆んな忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門にはラッキーカムカム あなたも私も笑って暮そよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ランラララララララララ  あなたが悲しい時は私も悲し あなたが張切りゃ私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門にはラッキーカムカム あなたも私も笑って暮そよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ラップダドダド ダドダダ
愛燦燦鈴木雅之鈴木雅之小椋佳小椋佳服部隆之雨 清々と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして 人は哀しい 哀しいものですね  それでも過去達は 優しく睫毛に憩う 人生って 不思議なものですね  風 散々と この身に荒れて 思いどおりにならない夢を 失くしたりして 人はかよわい かよわいものですね  それでも未来達は 人待ち顔して微笑む 人生って 嬉しいものですね  愛 燦々と この身に降って 心秘そかな嬉し涙を 流したりして 人はかわいい かわいいものですね  ああ 過去達は 優しく睫毛に憩う 人生って 不思議なものですね  ああ 未来達は 人待ち顔して微笑む 人生って 嬉しいものですね
そっとおやすみ鈴木雅之鈴木雅之クニ河内クニ河内服部隆之化粧の後の かがみの前で いつも貴方の 手を借りた 背中のボタンが とめにくい 一人ぼっちの 部屋で 今は居ない 貴方に そっとそっと おやすみなさい  もう陽にやけた タタミのにおい 白いフスマに 傷ついた けんかの名残りも 悲しそう 一人ぼっちの 部屋で 今は居ない 貴方に そっとそっと おやすみなさい  別れの夜の 涙のしずく 星も流れて 散ってゆく 今夜のベッドも 冷たそう 一人ぼっちの 部屋で 今は居ない 貴方に そっとそっと おやすみなさい そっとそっと おやすみなさい
ママがサンタにキッスした鈴木雅之鈴木雅之Tommie Connor・訳詞:漣健児Tommie Connor服部隆之それはきのうの夜 サンタのおじさんが 重い袋 肩にかついで そっとお部屋に入ってきたら ママは寄り添いながら やさしくキッスして とてもうれしそうに お話ししてる I SAW MOMMY KISSING SANTA CLAUS  ママは寄り添いながら やさしくキッスして とてもうれしそうに お話ししてる I SAW MOMMY KISSING SANTA CLAUS
ラヴ・イズ・オーヴァー鈴木雅之鈴木雅之伊藤薫伊藤薫服部隆之Love is over 悲しいけれど 終りにしよう きりがないから Love is over ワケなどないよ ただひとつだけ あなたのため  Love is over 若いあやまちと 笑って言える 時が来るから Love is over 泣くな男だろう 私の事は 早く忘れて  わたしはあんたを忘れはしない 誰に抱かれても忘れはしない きっと最後の恋だと思うから  Love is over あたしはあんたの お守りでいい そっと心に Love is over 最後にひとつ 自分をだましちゃいけないよ  お酒なんかでごまかさないで 本当の自分をじっと見つめて きっとあんたにお似合いの人がいる  Love is over 悲しいよ 早く出てって ふりむかないで Love is over Uh… 元気でいてね Love is over…
I'm Here鈴木雅之鈴木雅之麻生圭子鈴木雅之服部隆之夜明けが近い Main st.を歩き出す ゆっくりと コートのボタンは全てはずし 肩の力を抜いて  タイヤ鳴らして 走り過ぎるBikeの音 なつかしい 時の流れはテレくさいよね 胸がせつなくなった  誰かがNOと言う度に ジェネレーションですました 1ツの嘘をつくために いくつの真実 失くしたの  Baby I'm here ここにいるよ あの日がやっと判った Baby You're here 愛してるよ 今 素直に言える  東に向かう クルマのスモールライトが今消えた いつかは今日もあの日になって 笑える時がくるよ  昨日すべて失くした時 気づいたのよ Oh Lovin' you 一人で生きていけるよと 誰にも笑顔をつくってた  Baby I'm here だいじょうぶさ ここからまた始めるよ Baby You're here 愛してるよ 今 言葉で言える  Baby I'm here ここにいるよ 自分がやっと判った Baby You're here ここにいるよ 想い出は消えない
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Masterplan
  2. さよーならまたいつか!
  3. ライラック
  4. Bling-Bang-Bang-Born
  5. 相思相愛

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×