服部良一作曲の歌詞一覧リスト  309曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
309曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ラッパと娘 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND服部良一服部良一猪俣義周楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌 歌えば なぜかひとりでに 誰でも みんなうかれだす バドジズ デジドダー トラムペット鳴らして スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌 歌えば なぜかひとりでに 誰でも みんなうかれだす バドジズ デジドダー トラムペット鳴らして スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー 吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  あの街でも この街でも みんな歌うは みんな歌うは この歌 この歌 すてきなこの歌 すてきなこの歌 バドダドジデジ エジエジドダー バドダドジデジ エジドダー バンバンバンバン バンバンバンバン バンバンバンバン ババババン 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バドダドダド ダドダドー
センチメンタル・ダイナ 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND野川香文服部良一クリヤ・マコトダイナ 淋しい瞳に ほほえみは消えて 涙さえうるむ ネー ダイナ 若い娘は いつもほがらかに 希望にもえて くよくよするのは やぼな娘よ くよくよするのは やぼな娘よ おお ダイナ あなたのえくぼに ほほえみは消えて 溜息ばかり センチメンタル ダイナ ほほえめよ ダイナ センチメンタル ダイナ 歌えよ ダイナ センチメンタル ダイナ 踊れよ ダイナ センチメンタル ダイナ ほがらかにうたえ  やさしい可愛い ダイナ 恋になやむ乙女 さびしい顔して センチメンタル ダイナ 歌を忘れた 踊りも忘れた センチメンタル ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ
ブギウギ時代 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND村雨まさを服部良一猪俣義周兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり ブギを歌って 八百屋へ行けば 八百屋あわてて ネギをば出した これじゃトウキョウ ネギネギ ブギウギ ネギネギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 好きと好きなら 遠慮はいらぬ ブギが取りもつ 二人の仲に 出来た子供が ブクブク育つ 好きと好きとで ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 昔しゃ音頭で アリャサノコリャサ 今じゃ浴衣で ブギウギダンス うちわ片手に ブギウギおどる 盆も祭も ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり 娘ダンスで ジルバを踊りゃ 親爺(おやじ)横町で 靴をばみがき ちょっと口笛 ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ
買物ブギー 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND村雨まさを服部良一猪俣義周今日は朝から私のお家はてんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよなてんてこ舞いの忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当たり次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買物はじめに 魚屋さんへととびこんだ 鯛に 平目に かつおに まぐろに ブリにサバ 魚は取立とび切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろうと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ とり貝 赤貝 たこに いか 海老に 穴子に キスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は魚は魚でも オッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根に ごぼうに 蓮根 ポパイのお好きなほうれん草 トマトに キャベツに 白菜に 胡瓜に 白瓜 ぼけなす 南瓜に 東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにダバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサンオッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがおっさん オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど
大阪ブギウギ 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND藤浦洸服部良一猪俣義周ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ 心斎橋から 戎橋 赤い灯青い灯 よいみやこ あちらで言うたら ニューヨーク 船場通れば いとはんたちが 声をそろえて ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ お城の上から 眺むれば 煙はもくもく 大繁盛 橋から橋まで 賑やかだ 梅田天六 千日前も 調子あわせて ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ 花の咲く町 みのる町 ほんまによいとこ よい都 車の買いもの ひろいもの そうさ戎は えらいやっちゃ えらいやっちゃ 身振り手振りで ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  大阪ブギ 大阪ブギ 大阪ブギ 大阪ブギ ランラララララ ブギウギ
ホット・チャイナ (SIZUKO! QUEEN OF BOOGIE Ver.) 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND服部龍太郎服部良一猪俣義周チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ ホット・チャイナ それ 今宵はお祭 チャイナ祭 陽気な町 あの町 チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ ホット・チャイナ それ 今宵はお祭 チャイナ祭 陽気な町 あの町 出てくる 姑娘 漫々的 出てくる 小孩 快々的 チャイナ太鼓は ボンボボン  チャイナ・シンバル ジャジャジャジャン ボンボボンボ ボンボボ ボボン ジャンジャジャンジャン ジャンジャンジャン 空には爆竹 町には笛の音 チャイナの祭り お面を被って はしゃいで踊ろよ チャイナの祭り  ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はチャイナ祭り ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はチャイナ祭り ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はチャイナ祭り 夕日が落ちて チャイナの町に 灯がつけば 暗い裏町に ほんのり浮かぶ 夢のチャイナ街 ランタンゆらゆらり ぼんぼり ともして ランタンゆらゆらり ぼんぼり ともして チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ いつか夜も更けるシナの町 チャイナの祭 チャイナ チャイナ ホット・チャイナ
ヘイヘイブギー 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND藤浦洸服部良一猪俣義周あなたがほほえむ時は 私も楽し あなたが笑えば 私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮せば ラッキーカムカム センチな唄など 皆な忘れて ワッハッハッハッハッハッハッ ワッハッハッハッハッハッハッ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ランラララララララララ  あなたが悲しい時は 私も悲し あなたが張切りゃ 私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこ ラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて ワッハッハッハッハッハッハッ ワッハッハッハッハッハッハッ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラップダドダド ダドダダ
オールマン・リバップ 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND村雨まさを服部良一クリヤ・マコトオールマン・リバー
東京ブギウギ 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND鈴木勝服部良一猪俣義周東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢のあのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って 歌おうブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギ
大空の弟 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND 新曲神野美伽 with ALL STAR JAZZ BAND村雨まさを服部良一小原孝かねてより アジアを 苦しめた 青い目をした ヤンキーども 日頃鍛えた この腕で 重い爆弾 抱え込み ガーンと 爆撃しています 〇〇基地にて 八郎より  姉さん、お元気ですか? ボクは毎日元気一杯に励んでおります。 今日は爆弾投下の訓練で、ボクは二番の成績でした。 次は必ず一等を獲ってみせます。 〇〇基地にて 八郎より  ラジオや新聞に もしや 八郎の 部隊の名が書いてないかと  夜はヤシの葉陰から、南十字星がきれいに見えます。 今日は美味しいバナナを腹一杯に食べました。 手紙と一緒に送ってあげられないのが残念です。 〇〇基地にて 八郎より  何処にどうしているのやら いつも〇〇 〇部隊 〇〇方面 〇〇基地 〇〇機の編隊だ 〇〇〇では わからない  姉さんも弱い体のお父さんと いつも あなたのお話しばかり ご親切な 隣組の皆様方の 熱い情けに守られて 何一つの 不自由な事もなく 暮らしています これもひとえに弟のお陰と思い 姉さんは 遠い戦地を 偲ぶごと あつい感謝に 泣けている  昼過ぎ、隊長殿から御話があり、明日はいよいよ決戦の日と相成りました。 憎き敵の機動部隊めがけて、わが〇〇部隊は夜明けとともに 全機出撃いたします。 夕方、まどろむ夢に姉さんが出てきました。 堂々たる大舞台、スポットライトの中で万雷の拍手を浴びておりました。 なるほど一寸の付けまつ毛とハイヒールの威力は大したものだと、 大いに感服致しました。 夢の中の姉さんは正真正銘の大スタアでした。 姉さん、どうぞ、いつまでもお健やかに。 〇〇基地にて 八郎より  繰り返し 繰り返し 読めども涙で 文字見えぬ アー 今は形見のこの手紙  弟よ 永遠にあれ 永遠の空に 雲の山越え 谷越え いずこで いずこの空で 敵をうつ  声を限りに歌うとき まぶたに浮かぶ弟よ わたしもニッポン女性なり つとめ変われど 国のため 歌に血潮をたぎらせて 果たす御国の民の道 果たす御国の民の道
蘇州夜曲さかいゆうさかいゆう西條八十服部良一さかいゆう君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
雨のブルース茨田りつ子(菊地凛子)茨田りつ子(菊地凛子)野川香文服部良一服部隆之雨よ降れ降れ 悩みを流すまでどうせ涙にぬれつつ 夜毎嘆く身は ああ 帰り来ぬ 心の青空 すすり泣く 夜の雨よ  暗いさだめに うらぶれ果てし身は 雨の夜道をとぼとぼ 一人さまよえど ああ 帰り来ぬ 心の青空 降りしきる 夜の雨よ
センチメンタル・ダイナ福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)野川香文服部良一服部隆之ダイナ 淋しい瞳に ほほえみは消えて 涙さえうるむ ネー ダイナ 若い娘は いつもほがらかに 希望にもえて くよくよするのは やぼな娘よ くよくよするのは やぼな娘よ おお ダイナ あなたのえくぼに ほほえみは消えて 溜息ばかり  センチメンタル ダイナ ほほえめよ ダイナ センチメンタル ダイナ 歌えよ ダイナ センチメンタル ダイナ 踊れよ ダイナ センチメンタル ダイナ ほがらかにうたえ  やさしい可愛い ダイナ 恋になやむ乙女 さびしい顔して  センチメンタル ダイナ 歌を忘れた 踊りも忘れた センチメンタル ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ
大空の弟(ブギウギ ver.)福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)村雨まさを服部良一服部隆之かねてより われらを苦しめた 憎い顔した 敵軍ども 日頃鍛えた この腕で 重い小銃 抱え込み ガーンと 突撃しています 〇〇隊にて 六郎より  ラジオや 新聞に もしや六郎の 部隊の名が 書いてないかと  どこにどうして いるのやら いつも〇〇〇部隊 〇〇方面 〇〇隊 〇〇〇ばかりなり 〇〇〇ではわからない  姉さんも 弱い体のお父さんと いつもあなたの お話ばかり ご親切な隣組の 皆様方の 厚い情けに 守られて なにひとつ 不自由なこともなく 暮らしています  これもひとえに弟の おかげと思い 姉さんは 遠い戦地を偲ぶごと 厚い感謝に 泣けている
アイレ可愛や福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)藤浦洸服部良一服部隆之アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく  アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛と ささやいた ハー アイレは可愛と ささやいた アイレ抱えた 烏籠に 白い小鳥が 歌います ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た ハー たんと幸福 持って来た アイレー
別れのブルース茨田りつ子(菊地凛子)茨田りつ子(菊地凛子)藤浦洸服部良一服部隆之窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕に錨の いれずみ彫って やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
ラッパと娘福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)服部良一服部良一服部隆之楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー  この歌 歌えば なぜかひとりでに 誰でも みんなうかれだす バドジズ デジドダー  トラムペット鳴らして スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー  歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー  この歌 歌えば なぜかひとりでに 誰でも みんなうかれだす バドジズ デジドダー  トラムペット鳴らして スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー  歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  あの街でも この街でも みんな歌うは みんな歌うは この歌 この歌 すてきなこの歌 すてきなこの歌 バドダドジデジ エジエジドダー バドダドジデジ エジドダー バンバンバンバン バンバンバンバン バンバンバンバン ババババン 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バドダドダド ダドダドー
東京ブギウギ福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)鈴木勝服部良一服部隆之東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って 歌おうブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ今宵も 星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギ
東京ブギウギ三山ひろし三山ひろし鈴木勝服部良一石倉重信東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディー 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたゝいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディーよ 手拍子取って うたおうブギのメロディー 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギー
買物ブギー三山ひろし三山ひろし村雨まさを服部良一石倉重信今日は朝から私のお家は てんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよな てんてこ舞いの忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当り次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買物はじめに 魚屋さんへととびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ 魚は取立とび切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根にごぼうに蓮根 ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に 胡瓜に白瓜ぼけなす南瓜に 東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ アアヤヤコシ チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサン オッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど
北海ブギウギ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一服部良一寒い寒いもブギで暮せば 心うきうきと 北に来た来たブギウギ 北海ブギウギ 『鰊』『鮭』『鱈』『鱒』『昆布』 雪に生れて 雪国育ちも 恋の炎は真赤にもえて ワクワク心ズキズキ 北海ブギー北海ブギ― ランララララララー  風が吹いてもブギで暮せば 心うきうきと とんで来た来たブギウギ 北海ブギウギ 名所名物湯の町も 牧場田や畑 めんこい仔馬よ 虹が出た出た七色の夢 ワクワク心ズキズキ 北海ブギー北海ブギ― ランララララララー  海が荒れてもブギで暮せば 心うきうきと はやりものだよブギウギ 北海ブギウギ 港出船のサイレンも 沖の鴎の鳴く聲までも リズム朗らかのどかなうたよ ワクワク心ズキズキ 北海ブギー北海ブギ― ランララララララー
東京ブギウギ渡辺美里 duet with 世良公則渡辺美里 duet with 世良公則鈴木勝服部良一山本拓夫東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って 歌おうブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギ
買物ブギーバックドロップシンデレラバックドロップシンデレラ村雨まさを服部良一今日は朝から私のお家はてんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよなてんてこ舞いの忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ  たまの日曜サンデーと云うのに 何が因果と云うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当り次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ  何はともあれ買物はじめに魚屋さんへととびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ 魚は取立とび切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろうと思うだけ わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ  とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう云わんわ アホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根にごぼうに蓮根 ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に 胡瓜に白瓜ぼけなす南瓜に 東京ネギネギ ブギウギ  ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ アアヤヤコシ  チョットオッサンこんにちは チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサン オッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ ああしんど
蘇州夜曲大月みやこ大月みやこ西條八十服部良一服部克久君がみ胸に 抱かれてきくは 夢の船歌 鳥の唄 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか柳が すすりなく  花を浮かべて 流れる水の あすの行方は 知らねども 今宵うつした 二人の姿 消えてくれるな いつまでも  髪にかざろか 口づけしよか 君が手折(たおり)し 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
湖畔の宿大月みやこ大月みやこ佐藤惣之助服部良一服部克久山の淋(さび)しい 湖に ひとり来たのも 悲しい心 胸の傷みに たえかねて 昨日の夢と 焚きすてる 古い手紙の うすけむり  水にたそがれ せまる頃 岸の林を 静かに行けば 雲は流れて むらさきの 薄きすみれに ほろほろと いつか涙の 日がおちる  ランプ引き寄せ ふるさとへ 書いてまた消す 湖畔の便り 旅のこころの つれづれに ひとり占う トランプの 青い女王(クィーン)の さびしさよ
別れのブルース北島三郎北島三郎藤浦洸服部良一池多孝春窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 汐風 恋風のせて 今日の出船(でふね)は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの 切(せつ)なさよ  腕にいかりの いれずみほって やくざに強い マドロスの 御国言葉(おくにことば)は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの 切なさよ
雨のブルース北島三郎北島三郎野川香文服部良一池多孝春雨よふれふれ なやみを 流すまで どうせ涙に 濡れつつ 夜毎なげく身は ああ かえり来ぬ 心の青空 すすり泣く 夜の雨よ  くらい運命に うらぶれ果てし身は 雨の夜路を とぼとぼ ひとりさまよえど ああ かえり来ぬ 心の青空 ふりしきる 夜の雨よ
別れのブルース秋元順子秋元順子藤浦洸服部良一中村力哉窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風潮風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕の錨の いれずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
東京ブギウギ門松みゆき門松みゆき鈴木勝服部良一西村真吾東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 海を渡り響くは 東京ブギウギー ブギのおどりは 世界の踊り 二人の夢の あの歌 口笛吹こう 恋とブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世紀の歌心の歌 東京ブギウギー(ヘイ)  さあさブギウギー 太鼓たたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も愉快な 東京ブギウギー ブギを踊れば 世界は一つ おなじリズムと メロディーよ 手拍子取って歌おう ブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星を浴びて 東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世界の歌楽しい歌 東京ブギウギー  ブギウギー陽気な歌 東京ブギウギー ブギウギー世紀の歌 歌え踊れよ ブギウギー ブギウギー陽気な歌 東京ブギウギー ブギウギー世紀の歌 歌え踊れよ ブギウギー
蘇州夜曲城南海城南海西條八十服部良一松浦晃久君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか柳が すすり泣く  花を浮かべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
蘇州夜曲木山裕策木山裕策西條八十服部良一宇戸俊秀君がみ胸に 抱かれてきくは 夢の船歌 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか柳が すすりなく  花を浮べて 流れる水の 明日の行方(ゆくえ)は 知らねども 今宵うつした 二人の姿 消えてくれるな 何時迄(いつまで)も  髪にかざろか 接吻(くちづけ)しよか 君が手折(たおり)し 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺(かんざんじ)
青い山脈町あかり町あかり西條八十服部良一野々村源太若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて 今日もわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ 青い山脈 かがやく嶺の なつかしさ 見れば涙が またにじむ  父も夢見た 母も見た 旅路のはての その涯の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る
風は海から町あかり町あかり西條八十服部良一小鉄昇一郎風は海から 吹いてくる 沖のジャンクの 帆を吹く風よ 情あるなら 教えておくれ わたしの姉さん どこで待つ  青い南の 空見たさ 姉と妹で 幾山越えた 花の広東 夕日の街で 悲しく別れて 泣こうとは  風は海から 吹いてくる 暮れる港の 柳の枝で 鳴いているのは 目の無い鳥か わたしも目の無い 旅の鳥
アイレ可愛や町あかり町あかり藤浦洸服部良一野々村源太アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 鳥篭ブラブラ ぶらさげて ハー 鳥篭ブラブラ ぶらさげて  アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレアイレーエ アイヤ ランランラン アイレアイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛いと ささやいた ハー アイレは可愛いと ささやいた  アイレ抱えた 鳥篭に 白い小鳥が 歌います ハー たんと幸福(しあわせ) 持ってきた ハー たんと幸福(しあわせ) 持ってきた アイレー
胸の振子町あかり町あかりサトウハチロー服部良一小鉄昇一郎柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名
山のかなたに藤山一郎藤山一郎西條八十服部良一服部良一山のかなたに あこがれて 旅の小鳥も 飛んでゆく 涙たゝえた やさしの君よ 行こよみどりの 尾根越えて  月をかすめる 雲のよう 古いなげきは 消えてゆく 山の青草 素足で踏んで 愛の朝日に 生きようよ  赤いキャンプの 火をかこむ 花の乙女の 旅の歌 星がながれる 白樺こえて 若い時代の 朝がくる  山のかなたに 鳴る鐘は 聖い祈りの アヴェマリヤ つよく飛べ飛べ こゝろの翼 光る希望の 花のせて
ばら色の月藤山一郎藤山一郎若山かほる服部良一服部良一ばらいろの ばらいろの月の夜 ほろほろと心はもえる あゝ こんな夜は そっと口笛吹きながら 月の光にぬれながら 肩をならべて歩いてみたいな ばら色の月の夜  ばらいろの ばらいろの月の夜 ほろほろと流れるピアノ あゝ 甘い声で いつか夢みたしあわせを ともに描いたしあわせを 二人しずかに話してみたいな ばら色の月の夜  ばらいろの ばらいろの月の夜 ほろほろと二人の吐息 あゝ 花はゆれて 匂う夢ならさめぬまに 夢の花なら散らぬまに あまいくちづけ 交してみたいな ばら色の月の夜
買い物ブギ西田あい西田あい村雨まさを服部良一SoulJa今日は朝から私のお家は てんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよな てんてこ舞いの忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当り次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買物はじめに 魚屋さんへととびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ 魚はとりたてとびきり上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ アホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参大根にごぼうに蓮根ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に胡瓜に白瓜ぼけなす南瓜に 東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサン オッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど
胸の振り子ダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイサトウハチロー服部良一柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名
夜のプラットフォーム川野夏美川野夏美奥野椰子夫服部良一星はまたたく 夜ふかく 鳴りわたる 鳴りわたる プラットホームの 別れのベルよ さよなら さよなら 君いつかえる  人は散りはて たゞひとり いつまでも いつまでも 柱によりそい たゝずむわたし さよなら さよなら 君いつかえる  窓にのこした あの言葉 なかないで なかないで 瞼にやきつく さみしい笑顔 さよなら さよなら 君いつかえる
ヘイヘイブギー吉岡聖恵吉岡聖恵藤浦洸服部良一本間昭光あなたがほほえむ時は 私も楽し あなたが笑えば 私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮せば ラッキーカムカム センチな唄など 皆な忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ランラララララララララ  あなたが悲しい時は 私も悲し あなたが張切りゃ 私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこ ラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラップダドダド ダドダダ  ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ランラララララララララ
蘇州夜曲純名里沙純名里沙西條八十服部良一君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折し 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
胸の振り子鈴木雅之鈴木雅之サトウハチロー服部良一服部隆之柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が 鳴る鳴る 朝から今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が 鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子が つぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子が つぶやく やさしきその名
東京ブギウギ秋元順子秋元順子鈴木勝服部良一中村力哉東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 海を渡り響くは 東京ブギウギー ブギのおどりは 世界の踊り 二人の夢の あの歌 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世紀の歌心の歌 東京ブギウギー(ヘイ)  さあさブギウギー 太鼓たたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も愉快な 東京ブギウギー ブギを踊れば 世界は一つ おなじリズムと メロディーよ 手拍子取って歌おう ブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星を浴びて 東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世界の歌 楽しい歌 東京ブギウギー ブギウギー陽気な歌 東京ブギウギー ブギウギー世紀の歌 歌え東京 ブギウギー
別れのブルース八代亜紀八代亜紀藤浦洸服部良一村田陽一窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕に錨の いれずみ彫って やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
東京ブギウギ伊藤咲子伊藤咲子鈴木勝服部良一佐伯亮東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたゝいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って うたおうブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ今宵も 星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギ ヘイー
一杯のコーヒーから東京大衆歌謡楽団東京大衆歌謡楽団藤浦洸服部良一東京大衆歌謡楽団一杯の コーヒーから 夢の花咲く こともある 街のテラスの 夕暮れに 二人の胸の 灯が ちらりほらりと つきました  一杯の コーヒーから モカの姫君 ジャバ娘 歌は南の セレナーデ あなたと二人 朗らかに 肩をならべて 歌いましょう  一杯の コーヒーから 小鳥さえずる 春も来る 今宵二人の ほろにがさ 角砂糖二つ 入れましょか 月の出ぬ間に 冷えぬ間に
丘は花ざかり東京大衆歌謡楽団東京大衆歌謡楽団西條八十服部良一東京大衆歌謡楽団若い生命の カレンダーを 今日もひらけば 君の顔 呼びかける あのひとみ モナリザの 謎のいとしさ あゝ若い日の 丘は花ざかり  青いホールの シャンデリヤ 抱いて踊れば 黒髪の なやましい 移り香に 春はゆく 涙ながして あゝ若い日の 丘は花ざかり  想い想われ 散ってゆく 恋は真紅な 天竺葵 あのひとも このひとも ながれゆく 淡い白雲 あゝ若い日の 丘は花ざかり
花の素顔東京大衆歌謡楽団東京大衆歌謡楽団西条八十服部良一東京大衆歌謡楽団恋のかなりや 籠から逃げて こよいいずこの 小枝に眠る 絵筆抱いて 君の名呼べば 花の素顔も 見える月  すねてかなしく あなたと別れ 白い雲見る 十国峠 若い女の 涙よ乾け 旅のみどりの そよ風に  愛すればこそ 憎さもつのる 恋はくるしい 男と女 強く別れて 涙でよごす 花の素顔を 誰が知る
東京ブギウギ東京ガールズキッズ東京ガールズキッズ鈴木勝服部良一CHRYSANTHEMUM BRIDGE東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた 心のうた 東京ブギウギ ワァーオ  東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディー  燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた 心のうた 東京ブギウギ ワァーオ  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ  君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディーよ 手拍子取って うたおうブギのメロディー 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろうよ今宵も 星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた 楽しいうた 東京ブギウギ  ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギー  ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギー  ブギウギー ブギウギー ブギウギー ブギウギー  イェーイ
銀座カンカン娘東京ガールズキッズ東京ガールズキッズ佐伯孝夫服部良一CHRYSANTHEMUM BRIDGEあの娘可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら 銀座の街角 時計ながめて そわそわ にやにや これが銀座の カンカン娘 (これが銀座の カンカン娘)  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼恐くはないのよ これが銀座の カンカン娘 (これが銀座の カンカン娘)  指をさされて カンカン娘 ちょいと啖呵も 切りたくなるわ 家はなくても お金がなくても 男なんかにゃ だまされまいぞえ これが銀座の カンカン娘 (これが銀座の カンカン娘)  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘れちゃいやよ 顔を見合わせ チュウチュウ チュウチュウ これが銀座の カンカン娘 (これが銀座の カンカン娘)
おおさか音頭湊由加里湊由加里安永栄次服部良一ハアー 春の大阪 うきうきそぞろ パット咲け咲け お城のさくら 染めてうれしや 商売はんじょう 招く 景気の 花がすみ サッサ オオサカ オオサカ イヤサカ エエトコ エエトコ  ハアー 夏は花火の 天神まつり 星も仲間に 踊ろやないか 音頭とるなら 通天閣の 高いやぐらで  威勢よく サッサ オオサカ オオサカ イヤサカ エエトコ エエトコ  ハアー 秋はアベック 道頓堀の 銀のあかりに 夢みるふたり お茶をのんだり 映画をみたり 恋をとりもつ 御堂筋 サッサ オオサカ オオサカ イヤサカ エエトコ エエトコ  ハアー 冬はホットな 地下センターで 貴方まかせの 今夜のコース 弾むディスコの ロックも愉し 若いふたりの パラダイス サッサ オオサカ オオサカ イヤサカ エエトコ エエトコ  ハアー 四季のおおさか みどりと花と 心ふれあう あの中之島 みんな仲よく 手に手をとれば むすぶちからの みおつくし サッサ オオサカ オオサカ イヤサカ エエトコ エエトコ
東京ブギウギ佐々木秀実佐々木秀実鈴木勝服部良一北島直樹東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で  東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク せいきのうた 心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も愉快な 東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って 歌おうブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた 楽しいうた 東京ブギウギ  ブギウギ 陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ せいきのうた 歌え踊れよ ブギウギ
胸の振り子高岡早紀高岡早紀サトウハチロー服部良一Takashi Yanagawa柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて  柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔うかべ 暗いこの世の つらさ忘れ  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子がつぶやく やさしきその名
蘇州夜曲菅原やすのり菅原やすのり西篠八十服部良一若草恵君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか柳が すすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折し 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
青い山脈菅原やすのり菅原やすのり西條八十服部良一若草恵若く明るい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて きょうもわれらの 夢を呼ぶ  古い上着よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  雨に濡れてる 焼け跡の 名も無い花も ふり仰ぐ 青い山脈 輝く峰の 懐かしさ 見れば涙が また滲む  父も夢見た 母も見た 旅路のはての その涯の 青い山脈 みどりの谷へ 旅を行く 若いわれらに 鐘が鳴る
恋は陽気にスィングで鈴木雅之鈴木雅之井田誠一服部良一服部隆之恋は陽気にスィングで ねらって打ちましょう貴方のハート 一度ねらえば 私のものよ 軽いスィング ダダダダ 私が唄えば 貴方が踊る いつのまにやらこころはひとつ 貴方も私もスィング スィング 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー  恋は陽気にスィングで リズムにのりましょう貴方のリズム スロークイック こころのままに 軽いスィング ダダダダ ハートのリズムの 高鳴るころは いつかとけあう二人のこころ 貴方も私もスィング スィング 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー  恋は陽気にスィングで ねらいをつけたらわき目もふらず 雨の降る日も 風吹く夜も 恋のお百度 ダダダダ 一押し二押し 押してくるが ままにならない女の気持 貴方もスィート 私もスィート 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー
コペカチータ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一ラララララランラ ラ……… 不思議なリズムだ ラララランラ きかずや君よ このリズムを きかずや君よ この歌声 今宵は君と 踊ろうよ 月影淡き このひと夜さを 心もふるえて たまらないわ 踊りましょう 歌いましょう  この歌 美わしや この歌 君知るや ラ‥‥ 新しき歌 それは コペカチータ ハ‥‥ ワラ…… コペカチータ ワラ…… コペカチータ 赤いバラは情熱 白いバラは純情 胸につけて踊ろう 情熱のさめぬまに ハハ‥‥  不思議なこの歌の魅力 君よ知らずや コペカチータ この歌の意味 みんな誰でも知らない コペカチータ コペカチータ ラ… コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ この意味教えよ ワララ ワララワララワララ コペカチータ コペカチータ それは情熱の歌 コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ ワラ‥‥ ワラ‥‥ ワァーワァーワァーワァー コペカチータ
ブギウギ時代笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり ブギを歌って 八百屋へ行けば 八百屋あわてて ネギをば出した これじゃトウキョウ ネギネギ ブギウギ ネギネギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 好きと好きなら 遠慮はいらぬ ブギが取りもつ 二人の仲に 出来た子供が ブクブク育つ 好きと好きとで ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 昔しゃ音頭で アリャサノコリャサ 今じゃ浴衣で ブギウギダンス うちわ片手に ブギウギおどる 盆も祭も ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり 娘ダンスで ジルバを踊りゃ 親爺(おやじ)横町で 靴をばみがき ちょっと口笛 ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ
ブギウギ娘笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一妾はブギウギ娘 妾はヘイヘイ娘 あたしだって 矢張り青春の血がワク ワク ワク ワク ワク おまけに彼氏と 一緒じゃほんまに やりきれませんワ なやまし なやまし なんだかハートが チクチクズキズキ いたみますわ ライラックのお花の 咲く頃となれば なぜにこんなに イライラ ムズムズするのだろ ヘイ  妾は陽気な娘 陽気のかげんでウキウキ あたしだって 恋しお方の二人や三人 ないしょ ないしょ ないしょ ないしょ 妾の彼氏は 気だてもやさしく とってもスマート 素敵な 素敵な なんだかハートが チクチクズキズキ いたみますわ ライラックのお花の 咲く頃となれば なぜにこんなに イライラ ムズムズするのだろ  唄え恋の歌 二人の愛の唄 恋のブギウギで みんな楽しく ハァ ブギウギ あちらもこちらも ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ さあさ恋のブギウギ 情熱の歌 声を揃えて 力かぎりに さあさヘイヘイ バッダダ さあさヘイヘイ バッダダ タララ…… 恋のブギウギ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ロスアンゼルスの買物笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一生まれてはじめて アメリカ見物 着いたトタンに 英語をはなした 素敵な兵隊さんが 私をみつめて ニコニコ ニヤニヤ 私も笑わず ニッコリ笑って ハローサンキュー アイラヴユーラヴ 知ってる英語を はしから並べて バイバイ バイバイ ところが皆さん 相手の兵隊さんは 二年三月も 日本にいた人 日本語上手で ベラベラベラベラ こんな便利な 国はない アメリカよいとこ アメリカ大好き ララララー 歌と踊りで 夜が明ける ああ たのし この世のパラダイス  いよいよ日本に 帰るときまれば みやげ買いたし お金が足りない デパートうろうろ 行ったり来たりで 日が暮れる 日が暮れる なるべく軽くて 沢山あるもの 恥をしのんで 値段をきいたら とっても安くて 丈夫できれいで ハウマッチ サンキュー ところが皆さん 日本に帰って 裏をかえせば メイド・イン・ジャパンだ みんなにさんざん わらわれましたよ こんな恥しいことはない アメリカよいとこ アメリカ大好き ララララ― 歌と踊りで 夜が明ける ああ たのし この世のパラダイス
ザクザク娘笠置シヅ子笠置シヅ子サイトウハチロー服部良一服部良一のんびりあわてる ザクザクムスメ 陽気で泣虫 強気でてれる ザックザクザクザックと 誰もいないのに 汽車から首出し ごきげんさよなら ザックザクザクザックと さらば故郷よ  寒い日あつがる ザクザクムスメ 笑へば涙を ぼろぼろこぼす ザックザクザクザックと 雨の降る日に せんたくもりもり 寝床にはいれば ザックザクザクザックと 唄の寝言よ  さわげば落ちつく ザクザクムスメ 笑へば涙を ぼろぼろこぼす ザックザクザクザックと 雨の降る日に せんたくもりもり 寝床にはいれば ザックザクザクザックと 唄の寝言よ  さわげば落ちつく ザクザクムスメ 子供で大人で 娘でマダム ザックザクザクザックと 真夜中目ざめて 鏡を眺めて 自分で自分を ザックザクザクザックと しかりつけるよ
モダン金色夜叉 with 堺駿二笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一此処は熱海の海岸で ミスター貫一 ミスお宮 ざっくざくざく 散歩する ジャブジャブジャブ 波が来る ブラブラブラブラ 二人連れ 宮さん 危いよ あっちいっちゃ危いよ 共に語るも 今日かぎり 共に歌うも ランラララララ 今日限り ヘーイ  あなた大学終るまで わたしは待っては いられない いくら落第したとても アルバイトで 稼いでも あなたを洋行させる為 富山一家に かしずこか ザクザクお金を 借りようか ダイヤモンドに 目がくらみ のってはならない ランラララララ 玉のこし ヘーイ  何をのたまう 貫一さん 貫一がいしちゃいやですよ だまれ宮さん つめたいよ 例えお金が なくっても お金のない人 大嫌い 竹の柱に 茅の屋根 手鍋さげても いとやせぬ そんな独白 はもう古い アプレゲールは ランラララララ 金次第 ヘーイ  金が仇の 此の世では 恋は恋でも 金もてコイ いくらお金が あったとて 人は身持が 第一よ 来年今夜の この月を わたしの涙で くもらせる そんな独白は 聞きあきた すがるお宮を 抱きよせて 仲よく 踊って ランラララララ ブギウギ ヘーイ
オールマン・リバップ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一オールマン・リバー  故郷の河 思い出のミシシッピー 歌は私の思い出の歌 オールマン・リバー
雷ソング笠置シヅ子笠置シヅ子野村俊夫・村雨まさを服部良一服部良一ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまは雲の上 此頃人間世界じゃ 雨降らぬ 電気が不足で 困ります パットついたら 又消える 御飯もゆっくり 喰べられない ローソクどんどん 高くなる 人工雨なぞ 馬鹿馬鹿しい これでは寝るより 仕方がない ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ さっと一雨 わけはない ピカピカドン  ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまも 恋をする 恋すりゃ雷さんでも 同じこと ワクワク血潮が 燃えあがる 泣いた涙で くもらせる 私の涙は涙雨  あんまり泣いたら 夕立で めそめそなくときゃ 梅雨の雨 私のハートは 稲光り チカチカゴロゴロ チカチカゴロゴロ どこの港へ 着くじゃやら ピカピカドン  ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまはへそが好き 近頃人間世界じゃ ストリップ おへそもかくさず 踊り出す どちら向いても ストリップ 雷門の浅草は 軒並揃えて ストリップ これではこちらが 悩ましい うっかり見とれて ふみはずす 桑原 桑原 桑原 桑原 久米の仙人じゃ こりゃたまらない ピカピカドン
七福神ブギ笠置シヅ子笠置シヅ子野村俊夫服部良一服部良一七福神ブギ 日本のマスコット 七福神ブギ ラッキーカムカムラッキー ゆらゆらゆらゆら 宝船が見える 四海浪静か 初日の出の朝 恵比寿に大黒 布袋に弁天 福禄 壽老人 び沙門 皆んな揃うて ヘイ 陽気な神様 縁結びの神 あなたと私の 恵比寿に大黒 布袋に 福禄 び沙門 弁天 壽老人 さあさみんなで 歌え踊れ 歌えよサァ 愉快な七福の歌  恵比寿と大黒 ルムバを踊れば 布袋も負けずに ジルバを踊るよ び沙門 福禄 手拍子揃えて バンドもにぎやか 七福神ブギ 恵比寿に大黒 布袋に弁天 福禄 壽老人 び沙門 皆んな揃うて ヘイ 陽気な神様 縁結びの神 あなたと私の 恵比寿に大黒 布袋に 福禄 び沙門 弁天 壽老人 さあさみんなで 歌え踊れ 歌えよサァ 愉快な七福の歌
たのんまっせ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一服部良一タノンマース タノンマス タノンマース タノンマス タノンマッセ タノンマッセ タノマッセ タノマッセ 運ちゃん何とか たのんます スピード スピード たのんます ハヨ ハヨ ハヨ ハヨ ハヨ フルスピードで たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 後は私が引受けた 女は度胸で 男は愛嬌 此の節何でも 反対です まかしときなはれ まかしとき お金に糸目は つけません メーターどんどん あがるわ あがるわ おもろい おもろい たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ ここは何町 何丁目 さっぱりどこやら わからん わからん  そやかて あんたは見んかてい まかしときなはれ まかしとき 行く先ゃこっちで おしえます ハンドルしっかりぐるぐる 廻して急いで急いで たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 前のトラック何してんの 大きな荷物をぎょうさん 積みゃはって ガタガタガタ ウロウロウロウロ なにしてんのん ハヨハヨハヨ追い越して たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 一台ぬいたら百円ほうびや まかしとき お金に糸目はつけません 一寸オッサン あぶないな 命が惜しうはおまへんか 何をウロウロなにしてんの 自転車ヨロヨロ 小僧さん あぶない あぶない あぶないな いそがばまわれで 曲って 曲って 曲って 曲って右左 はよはよはよはよはよ はよはよはよはよはよ‥‥ アー ストップヤ 赤信号や よういわんわ
コンガラガッタ・コンガ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ 私はあなたが 好きなのに あなたはあの娘が 好きなのね あの娘にゃ あの娘の彼氏があるのに そのまた 彼氏にゃ 彼女があるのに あの娘は何にも知らずに 彼氏に夢中で 惚れたの はれたの 惚れたの はれたの コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ  コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ あの人 あなたの好きな人 きかれてあわてて ごまかした あの人 姉さんの旦那の弟 そのまた従弟の 彼女の兄さん そのまた妹の彼氏で 私に夢中で  惚れたの はれたの 惚れたの はれたの コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ  コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ お家はどちらと 尋ねられ あそこを曲って 突き当り 左へ半丁 八百屋を曲がって三軒 向うのコンニャク屋と 歯医者の間を 斜めに入って 四ツ角の交番所で 私のお家を きいたらわかるわ コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ
ジャンケン・マンボ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーパーグーパーグー あいこでマンボ あいこでマンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ チーパーチーパーパー 雀のマンボ 雀のマンボ マンボマンボ 雀の学校は ピーチクパーチク ピーチクパーチク ピーパーピーパーパー  グーパーグーパーグー ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーグーグーグーグー  おやすみマンボ おやすみマンボ マンボマンボ あんまりねすぎて しくじった それピョンピョンピョンピョン チョキチョキチョキチョキチョキ 床屋のマンボ 床屋のマンボ マンボマンボ かにが店出しゃ うさぎがとび込む あわててお耳を チョキチョキチョキチョキチョキ  グーパーグーパーグー ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン・マンボで グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーグーグーグーグー いねむりマンボ いねむりマンボ マンボマンボ 夜更けにさみしい 火の用心 火の用心 拍子木 チョンチョンチョンチョンチョン お芝居マンボ お芝居マンボ マンボマンボ 拍子木叩けばドンチョウあがって 芝居が始まる チョンチョンチョンチョンチョン
夜のプラットホームクミコクミコ奥野椰子夫服部良一佐藤準星はまたたく 夜ふかく 鳴りわたる 鳴りわたる プラットホームの 別れのベルよ さよなら さよなら 君いつかえる  人は散りはて ただひとり いつまでも いつまでも 柱によりそい たたずむわたし さよなら さよなら 君いつかえる  窓にのこした あの言葉 なかないで なかないで 瞼にやきつく さみしい笑顔 さよなら さよなら 君いつかえる
ジャングル・ブギークミコクミコ黒沢明服部良一上田禎ウワオ ワオワオ ウワオ ワオワオ 妾はめひょうだ 南の海は 火をはく山の ウワオワオワオ生れだ 月の赤い夜に ジャングルで ジャングルで 骨のとけるような 恋をした ワァーアー ワァーアーアア 恋にくるい くるって ジャングルの ゴムの木に ひょうの毛皮を おいてきた ワァー ワァー  ウワオ ワオワオ ウワオ ワオワオ 妾はめひょうだ 火のふる島は 炎の恋が ウワオワオワオいのちだ 月の青い夜に ジャングルで ジャングルで むねがさけるほど ないて見た ワァーアー ワァーアーアア 恋にくるい くるって ジャングルの 星空に ひょうのなみだを すててきた ワァー ワァー ウワオワオワオ ウワオワオワオ ボンバボンバボンバボンバボンバボンバ ギャー
雨のブルースクミコクミコ野川香文服部良一フェビアン・レザ・パネ雨よ ふれふれ なやみを 流すまで どうせ涙に 濡れつつ 夜毎 なげく身は ああ かえり来ぬ 心の青空 すすり泣く 夜の雨よ  くらい 運命に うらぶれ 果てし身は 雨の夜路を とぼとぼ ひとり さまよえど ああ かえり来ぬ 心の青空 ふりしきる 夜の雨よ
胸の振子クミコクミコサトウハチロー服部良一上田禎柳につばめは あなたに わたし 胸の振子が 鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空をながめりゃ なにか燃えて  柳につばめは あなたに わたし 胸の振子が 鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子が つぶやく やさしきその名  君のあかるい 笑顔浮かべ くらいこの世の つらさ忘れ  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子が つぶやく やさしきその名
青い山脈氷川きよし氷川きよし西條八十服部良一若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて きょうもわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ 青い山脈 かがやく嶺の なつかしさ 見れば涙が またにじむ  父も夢みた 母も見た 旅路のはての その涯の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る
青い山脈石原詢子石原詢子西條八十服部良一若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて 今日もわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣(うわぎ)よ さようなら 淋しい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ 青い山脈 かがやく嶺の なつかしさ 見れば涙が またにじむ  父も夢見た 母も見た 旅路のはての その涯(はて)の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る
湖畔の宿石原詢子石原詢子佐藤惣之助服部良一山のさびしい みずうみに ひとり来たのも 悲しいこころ 胸のいたみに たえかねて 昨日の夢と 焚(た)きすてる 古い手紙の うすけむり  水にたそがれ せまるころ 岸の林を しずかに往(ゆ)けば 雲はながれて むらさきの うすきすみれに ほろほろと いつか涙の 陽が堕ちる  ランプ引きよせ ふるさとへ 書いて又消す 湖畔のたより 旅のこころの つれづれに ひとり占う トランプの 青い女王(クイン)の さびしさよ
東京ブギウギ石原詢子石原詢子鈴木勝服部良一東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディー 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたゝいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディーよ 手拍子取って うたおうブギのメロディー 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ今宵も 星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギー
蘇州夜曲石原詢子石原詢子西條八十服部良一君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船歌 鳥の歌 水の蘇州の 花ちる春を 惜しむか柳が すすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろうか 接吻(くちづけ)しよか 君が手折(たお)りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺(かんざんじ)
銀座カンカン娘石原詢子石原詢子佐伯孝夫服部良一あの娘可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰れを待つやら 銀座の街角 時計ながめて そわそわにやにや これが銀座の カンカン娘  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼 恐くはないのよ これが銀座の カンカン娘  指をさされて カンカン娘 ちょいと啖呵(たんか)も 切りたくなるわ 家(うち)はなくても お金がなくても 男なんかにゃ だまされまいぞえ これが銀座の カンカン娘  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘れちゃいやよ 顔を見合せ チュウチュウチュウチュウ これが銀座の カンカン娘
黒田ブギー神野美伽神野美伽村雨まさを服部良一ほろよいブギーほろよいブギー ふらふらふらふら ドッコイ ほろよい機嫌で 千鳥足  酒はのめのめ 飲むならば 日の本一の この槍を のみ取る程に のむならば これぞまことの 黒田武士  黒田ブギウギ 黒田ブギウギ 日本の素的なブルース ブギウギリズムで陽気に 太鼓を叩いて陽気に ブッパーブ バップバ ブッパーブ バップバ 春には花見酒 夏には涼み酒 秋には紅葉酒 冬には雪見酒 ハッハハハー  酒のみゃー 春夏秋冬 楽しいつでも 心は楽し 春には花見酒 夏には涼み酒 秋には紅葉酒 冬には雪見酒 ハッハハハー 酒のみゃー いつでも楽しや楽しや 楽しや ランララランラン ほろよい人生あー バッドゥディ バッドゥディ バッドゥディ バッドゥディ ララララララ………  愉快な酒なら のましゃれ 程よくのむなら のましゃれ のむ程酔う程 愉快にさあさ乾盃 みんなで盃あげて 乾盃みんなで盃あげて さあさ踊ろよ さあさ唄およ バンバンバンバンバン ああ酔うた酔うた酔うた ふらふら
雨のブルースレーモンド松屋レーモンド松屋野川香文服部良一雨よ降れ降れ 悩みをながすまで どうせ涙に 濡れつつ 夜ごと 嘆く身は ああ かえり来ぬ心の青空 すすり泣く 夜の雨よ  暗いさだめに うらぶれ果てし身は 雨の夜道を とぼとぼ ひとり さまよえど ああ かえり来ぬ心の青空 ふりしきる 夜の雨よ
胸の振り子小野リサ小野リササトウハチロー服部良一マリオ・アジネー柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が鳴る鳴る 朝から今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔うかべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子がつぶやく やさしきその名  なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が鳴る鳴る 朝から今日も
霧のブルーナイトアイ・ジョージアイ・ジョージ二条冬詩夫服部良一ブルーナイト ひとり ブルーナイト もえて さまよう街に 流れる霧よ 別れた君を 愛して生きる 心の かなしさよ ヘッドライトに また浮ぶ ほそい肩も 霧がかくした つめたいまぼろし オー ブルーナイト ひとり ブルーナイト もえて さまよう かなしさよ  ブルーナイト ひとり ブルーナイト もえて 涙の胸に 愁いは沈む いのちの君を 愛するために 別れる むなしさよ 泣いてあまえた あのときの くちづけさえ 霧がこぼした 小さな花びら オー ブルーナイト ひとり ブルーナイト もえて さまよう むなしさよ
アスタ・マニアーナアイ・ジョージアイ・ジョージ村雨まさを・岩村悦子服部良一月影青い 渚の砂に アスタ・マニアーナ ただふたりで 濡れる夜明けの 熱い吐息 アスタ・マニアーナ また逢いましょう たとえ朝が 訪れても 離れられない ふたりだけに 今宵ひと夜 燃えつづける いとしい思い アスタ・マニアーナ  ふるえる声で ソッとささやく アスタ・マニアーナ ただそれだけ 泣くんじゃないよ もう夜明けだ アスタ・マニアーナ また逢いましょう 熱い思い 胸に痛く 別れられない ふたりだけに いのちこめて 燃えつづける いとしお前 アスタ・マニアーナ
誕生日の午後二葉あき子二葉あき子藤浦洸服部良一去年迎えた 誕生日に 赤いダリヤの花を飾り ふたりで 楽しく 祝ったのも この部屋よ わずか一年瀬の 月日の影 さだめの糸の 悲しさは 待てども来ぬ君よ  せめて想い出の あの花を 君がよくかけた あの椅子に 飾れど 悲しや 音もなく 散り果てて 今は はや 望みも 夢と消えて 淋しく一人で 迎えましょう 涙の誕生日よ
銀座ジャングル暁テル子暁テル子村雨まさを服部良一服部良一銀座ジャングル 心も とろける あゝ やるせない 月の光も 夢見ごこち 今日も昨日も 宵ごこち 銀座ジャングル 心 狂おしい  胸はあやしく あやしく狂う あゝ 悩ましい血潮の赤き薔薇  銀座はジャングル ボンバ(ヤアー) 銀座はジャングル ザンバ(ヤアー) 銀座のジャングルは 心も狂おしい 深い情けの森  銀座はジャングル ボンバ(ヤアー) 銀座はジャングル ザンバ(ヤアー) 何にも汚されない森の 奥深くむせぶ 蘭の その香りを あやしても 銀座ジャングル 情けの花  銀座はジャングル ボンバ(ヤアー) 銀座はジャングル ザンバ(ヤアー) 血潮は香る 情けも香る 恋の銀座はジャングル 恋の銀座はジャングル 恋の銀座はジャングル 魅惑の森の ジャングルの女王  恋のジャングル ジャングル ジャングル ジャングル ジャングル 銀座ジャングル
ミシン娘暁テル子暁テル子井田誠一服部良一服部良一丘のアパート 白い窓 今日もあの人は ミシンを踏んでいる ランラ ラララララ 明るいリズム 水色のギャバジンに 心をこめて 踏み込む夢は どんな夢 針が光る 明るいあの響きよ  春の日ながの バルコニー 今日もあの人は ミシンを踏んでいる ランラ ラララララ 楽しいリズム 恋人のワイシャツか そよかぜ吹けば ベルトも唄う 愛の歌 糸が光る 楽しいあの響きよ  灯影明るい 愛の部屋 今日もあの人は ミシンを踏んでいる ランラ ラララララ 嬉しいリズム コバルトのハンカチに ハートを縫って ほほ笑む瞳 待つは誰 星が光る 嬉しいあの響きよ
東京カチンカ娘暁テル子・羽山和男暁テル子・羽山和男村雨まさを服部良一服部良一どこかで 逢うた人に 今日また逢えた銀座 言葉掛けよか 今宵 さすらいの街 カチンカ 恋の街 夢の街 あの娘は カチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ  あの娘 どこから来たか ネッカチーフが似合う 燃える瞳の娘 雪国生まれ カチンカ さすらいの 恋の歌 銀座のカチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ  銀座は 雪に暮れて 今宵は燃えるペチカ どこかで唄う歌は さすらいの歌 カチンカ 恋の歌 夢の歌 あの娘は カチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ  ギターを かき鳴らせば バンドネオンは 唄う タンバリンを鳴らして 今宵も踊る カチンカ 恋の歌 夢の歌 銀座のカチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ
ブギウギ音頭市丸市丸村雨まさを服部良一服部良一サァー 浮いた浮いた浮いた 浮かれて浮かれて浮かれて ホイホイ これがウキウキ ブギウギ音頭 チョイナ チョイ チョイトナー こんな陽気な リズムはないない それもそうじゃないか ブギは世界の エー 音頭じゃないか さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り  サァー 好いて好かれて好かれて 好いて好かれて ホイホイ 好いた同士が ブギウギ音頭 チョイナ チョイ チョイトナー あなた音頭取りゃ わたしが踊る わたし唄えば あなた陽気に エー ブギウギリズム さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り  サァー 椰子の葉陰で浮かれて 浮かれて浮かれて ホイホイ 可愛いブギウギ ホノルル音頭 チョイナ チョイ チョイトナー ピンクシャワーの チョイと 花が咲く 可愛いあの娘が 小麦色して エー 踊るじゃないか さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り  サァー 揃うた揃うたよ あちらもこちらもブギウギ ホイホイ これがウキウキ ブギウギ音頭 チョイナ チョイ チョイトナー 月をかこんで 世界の人が 丸く仲良く お手々つないで エー 踊ろうじゃないか さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り
ヤンキー・セレネード小畑実小畑実井田誠一服部良一服部良一ヤンキー・セレネーデ 幌馬車で 君と唄う たそがれの丘よ バラ色雲 頬にうつり 静かに流れる ギターの音 ヤンキー・セレネーデ 淡い恋ごころの歌  ヤンキー・セレネーデ 月淡く 君と語る 思い出の丘よ ミモザの花 甘く香り 梢に夢みる 駒鳥 ヤンキー・セレネーデ 夢さそう 夜の調べ  un... un... un...
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
うたかたの恋小畑実小畑実佐伯孝夫服部良一佐野鋤山の煙よ さようなら いで湯の里よ さようなら 君をはるばる 訪ね来て むなしく帰る 波の上  ひとり掛けてる 藤椅子の 冷え冷え淋しい 白い船 瀬戸の夕陽に また鳴らす 未練の汽笛 誰が聞く  恋のいのちの はかなさは 波間に消ゆる うたかたか 泣いて涙で かき流す 一夜の 花の名よ
東京ブルー・ムーン小畑実小畑実須賀原照夫服部良一松井八郎ブルー・ムーン 東京の青い月影 懐かしい 愛の光よ 並木路 君と去りゆく 今宵は どこかで 薔薇が匂うような どこかで 鳩が啼くような あゝ 若いふたりのこころを ブルー・ムーン 静かに照らすよ ブルー・ムーン 東京の淡い光よ  ブルー・ムーン 東京の青い月影 仄かなる 夢の輝き ベランダで 君と囁く 今宵は 誰かが 歌を唄うような 誰かが 口笛吹くような あゝ 若いふたりの思いに ブルー・ムーン やさしくそそぐ ブルー・ムーン 東京の恋の輝き
ウッカリ・タンゴ久慈あさみ久慈あさみ村雨まさを服部良一服部良一うっかり誘われ タンゴ 何も知らずに 手を取られ みんな私を見つめてる 広いホールの 真ん中で 慌てて アッという間に 転んじゃった うらめしい タンゴよ  近ごろ流行りの タンゴ 夜のラジオの ひとときを みんな楽しく 踊りましょう 軽いリズムに浮かれて 抜き足 差し足 あやしく震え 悩ましい タンゴよ  うっかり覚えた タンゴ いつの間にやら やみつきだ 宵のキャバレーに 灯がつけば 知らず知らずに浮かれて ウットリ 君に抱かれ 聴く歌は 懐かしい タンゴよ
銀座カンカン娘高峰秀子・笠置シヅ子・岸井明・灰田勝彦(コーラス)高峰秀子・笠置シヅ子・岸井明・灰田勝彦(コーラス)佐伯孝夫服部良一夜のキャバレーで カンカン娘 浮いたリズムに 唄って踊る これもしがない アルバイトだよ 金もくれずに 聞くのはひどいよ これが銀座の カンカン娘 (レイホーホー レイホーホー...)  なんて可愛い カンカン娘 チョイと斜めに カンカン被り ペーブメントで タップを踊って ブギを唄って チャガチャガチャガチャガ これが銀座の カンカン娘 (これが銀座のカンカン娘)  あの娘可愛や カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら 銀座の街角 時計ながめて そわそわにやにや これが銀座の カンカン娘 (これが銀座のカンカン娘)  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼 恐くはないのよ これが銀座の カンカン娘 (これが銀座のカンカン娘)
札幌シャンソン竹山逸郎・服部富子竹山逸郎・服部富子吉川静夫服部良一服部良一青い封筒の 鈴蘭栞 秘めて懐かし 初恋日記 夢の絵巻か ノスタルジアか あゝ 白いアカシアの花が散る 花が散る  都札幌 エルムの木陰 金のボタンの 青春時代 歌が流れる 緑の風に あゝ 鐘が鳴る鳴る 時計台 時計台  ペチカ燃やして 君待つ胸に 響く馬橇の あの鈴の音よ 逢うた初めは 中島パーク あゝ 踊り明かした カーニバル カーニバル
さすらいのブルース轟夕起子轟夕起子佐伯孝夫服部良一服部良一忘られぬ あの人は 夕空遠く 鳴る鳴る 鐘か ああ 懐かしい 音色に 涙ながして 身をよじって いのちひとすじ 逢いたさに 今日も唄うは さすらいのブルースよ  別れたは つい昨日 さくらんぼの 色づく頃よ ああ いまは冬 粉雪白く 淋しく 薄い手に 受けて やつれて なお燃えて ひとり唄うは さすらいのブルースよ
目下花嫁修業中中村メイコ中村メイコ山上武夫服部良一服部良一いつの間にやら 私も大人 つまり いわゆる 年頃で 何とも やむなく 人並みに 目下花嫁修業中 きょうは洋裁 あしたは和裁 手芸 編み物 お料理と やれやれ まったく 本当に 忙しい  パパは ノンビリしているけれど ママは やきもき ご心配 こちらは全然 売り物で 目下花嫁修業中 しびれ切らした お作法済めば 茶の湯 生け花 エトセトラ やれやれ まったく 本当に 忙しい  こんなことなら お嫁になんか 厭よ厭よと 一応は すねてはみるけど 始まらず 目下花嫁修業中 いずれお見合い 予定のコース ゴールインする それまでは やれやれ まったく 本当に 忙しい  もしも お嫁に行く日が来たら ママは ちょっぴり涙ぐみ パパだって しょんぼりするくせに 目下花嫁修業中 夢をみました 新婚旅行 巴里 倫敦 紐育 やれやれ まったく 本当に 忙しい
メイコの電話中村メイコ中村メイコ井田誠一服部良一服部良一「もしもし もしもし」 アノネ 私メイコよ アノネ 銀座ヘママと買物に 大至急 自動車一台ねがいます 「もしもし ハイ もしもし」 自動車急いで ねがいます 「こちらは消防署だがネ。火事はどこ。 エー。所と番地を早く教えなさい」 まァ 驚いた 混線 混線 あきれて物が言えないワ  「もしもし もしもし」 アノネ 私メイコよ アノネ 白薔薇 紅薔薇 五、六本 今すぐに お家に届けてちょうだいナ 「へーい もしもし ハイ もしもし」 紅薔薇 白薔薇 五、六本 「毎度ありがとうございます。 ハイこちら魚屋でございます 生憎どうも、茹で蛸は売り切れまして。 ヒラメじゃいかがでしょうか」 まァ 驚いた 混線 混線 あきれて物が言えないワ  「もしもし もしもし」 アノネ 私メイコよ アノネ 特急つばめの座席券 ふたり分 何とかご都合ねがいます 「もしもし ハイ もしもし」 何とかご都合ねがいます 「ハイ皆さん。こちらは幼稚園。 おひとりなら、ちょうど欠員がござい ますよ」 まァ 驚いた 混線 混線 あきれて物が言えないワ  「もしもし もしもし」 アノネ あたしメイコよ アノネ いつものところで 待っててネ お小遣いママにもらって すぐ行くわ 「もしもし ハイ もしもし」 いつものところで待っててネ 「こちらは税務署、ハイ。待てませんなァ。 お早く納税ねがいます」 まァ 驚いた 混線 混線 あきれて物が言えないワ
ハロー銀座灰田勝彦灰田勝彦村雨まさを服部良一服部良一ハロー ハロー ハロー さても銀座というとこは 用事がないのに 来るところ 用事のないのは よいけれど お金のないのは 困りもの これじゃ お腹がフラフラ  ハロー ハロー ハロー 若い銀座のエチケット 映画も見なくちゃ 話せない ダンスも出来なきゃ 恥をかく 知らない英語も 知ったふり これじゃ 頭がフラフラ  ハロー ハロー ハロー 君と逢う日は喫茶店 コーヒーに 紅茶に ソーダ水 時間が過ぎても まだ来ない 宵待草の やるせなさ これじゃ お腹がダブダブ  ハロー ハロー ハロー せまる銀座の黄昏は あちらも こちらも アベックで 口笛鳴らして 腕組んで 楽しくささやく ふたり連れ これじゃ ひとりで歩けない
秘めた恋服部富子服部富子佐伯孝夫服部良一服部良一心の青空 浮かぶ面影は 君の影よ ひとり秘めて 思いわびて 黒髪いとし 春かなし 誰も知らない 心の君よ 秘めた恋 君も知らない  心の夕空 宿る面影は やさし影よ 花を捧げ 涙ぐんで 見果てぬ夢の 身は淋し 誰も知らない 心の君よ 逢えばとて 君も知らない
別れのオランダ船服部富子服部富子坂口淳服部良一服部良一港長崎 オランダ船の せつない別れの 銅鑼が鳴る 泣かないで 送りましょうよ あの人を 悲しいけれど 明日から わたしは思い出に 生きてゆくのよ ただひとり  坂の長崎 ふたりの夢の 儚い生命の 曼珠沙華 手をふれば いつか恋しい 面影も 涙ににじむ 潮路も遥かな バテレンの 国は西やら 東やら  暮れりゃ長崎 ザボンの月に 灯りも淋しい 色硝子 逢える日の あても無いのに いつまでも 待つ身がいとし せめては やさしいマリアさま 胸の想いを 伝えてよ
想いでの湖畔よ三浦洸一三浦洸一南波哲服部良一服部良一汽笛わびしく 黄昏の 水面をゆすり 汽車は去りゆく 想いでの 湖畔の駅よ ひとり尋ねし 悲しい群れに シグナルは シグナルは 青い涙か せつなく光る  岸のボートよ 忘られぬ ホテルの窓よ 瞳やさしく 寄り添いし あの日の君よ 暗いホームに 帰らぬ夢を やるせなく やるせなく 追えば夜霧が ソフトを濡らす  いっそこのまま とまらずに さよならしよか つらい悲しい 想いでの 湖畔の駅よ 更けて淋しい 待合室の 白樺の 白樺の 古いベンチに 男の涙
五ツ木ルンバ吉岡妙子吉岡妙子小野金次郎服部良一服部良一おどま かんじん かんじん あん人達ゃ よか衆 よかしゃ よか帯 よか着物  呑んで 後生楽 酔うたが 無理か 酒はよか酒 よかおなご  川辺 川上 おどんが嫁は 五ツ木越えして 丘の荘  向い小山から 出る 月影に まめな この顔 うつしたや  嫁が 来るのなら だんないけれど もしや追っ手の たいまつか
別れのブルース森光子森光子藤浦洸服部良一山倉たかし窓をあければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕に錨の いれずみ彫って やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
胸の振子倍賞千恵子倍賞千恵子サトウハチロー服部良一小六禮次郎柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が なるなる 朝から今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに私 胸の振子が なるなる 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子が つぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮べ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子が つぶやく やさしきその名
蘇州夜曲倍賞千恵子倍賞千恵子西条八十服部良一小六禮次郎君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の唄 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか柳が すすり泣く  花を浮べて 流れる水の 明日の行方は 知らねども 今宵うつした 二人の姿 消えてくれるな いつまでも  髪にかざろか 口づけしよか 君が手折(たおり)し 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺(かんざんじ)
東京シンデレラ宮城まり子宮城まり子井田誠一服部良一服部良一燃える瞳に 青空うつし 夢を見ていりゃ この世はたのし 恋もお金も つかめば消えて 後にゃ涙が 残るだけ わたしは東京の シンデレラ だから一人よ 夢見るだけよ  誰も知らない 乙女の希(ねが)い そっと抱いた クイーンの夢よ 馬車に揺られて 花咲く小径 逢いにゆこうか プリンスに わたしは東京の シンデレラ だから一人よ 夢見るだけよ  空はコバルト あこがれ秘めて きよく暮せば ゆたかな心 薔薇の花さえ 風吹きゃ散って とげに刺されて 泣くばかり わたしは東京の シンデレラ だから一人よ 夢見るだけよ
恋は陽気にスィングで宮城まり子宮城まり子井田誠一服部良一服部良一恋は陽気にスィングで ねらって打ちましょう貴方のハート 一度ねらえば 私のものよ 軽いスィング ダダダダ 私が唄えば 貴方が踊る いつのまにやらこころはひとつ 貴方も私もスィング スィング 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー  恋は陽気にスィングで リズムにのりましょう貴方のリズム スロークイック こころのままに 軽いスィング ダダダダ ハートのリズムの 高鳴るころは いつかとけあう二人のこころ 貴方も私もスィング スィング 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー  恋は陽気にスィングで ねらいをつけたらわき目もふらず 雨の降る日も 風吹く夜も 恋のお百度 ダダダダ 一押し二押し 押してくるが ままにならない女の気持 貴方もスィート 私もスィート 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー
青い山脈芹洋子芹洋子西條八十服部良一若くあかるい 歌声に 雪崩(なだれ)は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜(ゆきわりざくら) 空の果て 今日も我等(われら)の 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ 憧れの 旅の乙女に 鳥も啼く  雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ 青い山脈 かがやく嶺の 懐かしさ 見れば涙が 又にじむ  父も夢見た 母も見た 旅路のはての その涯(はて)の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若い我等に 鐘が鳴る
白夜のタンゴ由紀さおり由紀さおり大津あきら服部良一ゆらゆら踊りましょう はなやぐ夜の果てに 別れには似合うでしょう 愛しあった二人 白夜のタンゴ  水に浮かぶレストラン 絹のフロアー 愛が幻になる 今日からは  やさしすぎるから あなたの手を離せなくなるのよ 最後の夜を奪って……  ゆらゆら踊りましょう ささやく夜の隅で 悲しみを隠しましょう 抱きしめあう二人 白夜のタンゴ  すべるヨットの群れに 黄金(キン)のベール 夜はつかの間の夢 二人には  愛しているから あなたを今離したくないのよ 最後の夜を奪って……
アンナ・カレーニナ由紀さおり由紀さおり藤公之介服部良一あなたに借りたままの ロシア文学全集 はさみ込んでた 出さずじまいの あなたあての別れ文(ぶみ)  アンナ・カレーニナにも 負けはしないこの愛 だけどあなたが望むなら 捨てましょうと………  あれから十何年 時のせせらぎの中 見おぼえのある うしろ姿を ふと見つけた歩道橋  淡い陽ざしを受けて 子供の手を引いていた 父と娘 長い影と短い影………  学生時代なんて 恐さ知らずの季節 人生論を 熱い言葉で ぶつけてくる人だった  あなたが貸してくれた 「カラマーゾフの兄弟」 読み通せないで 栞(しおり)を はさんだまま………  二つの影が渡る たそがれの歩道橋 追い越しざまに 振り返ったら あなたのけだるげな顔  ギラギラしたあの目は どこに忘れてきたの おさな児(ご)がしがみついてる あなたの指………  おさな児(ご)がしがみついてる あなたの指………
君の名はさくら由紀さおり由紀さおりあみはるこ服部良一きらきらと輝ける 白い波よ ひき潮のかえり行く 悲しさよ  思いは遥かな海の向うへ さすらうこの胸よ  君はさくらさくら 黒い瞳に紅の口唇 花の様な その名さくらさくら 踊る姿喋喋の様に 羽震るわせ  別れのその夜 涙でさようなら こぼれるしずくは 真珠か  あーあー さくらさくら いま一度だけ めぐり逢える その日を ただ夢に見て  君はさくらさくら 黒い瞳に紅の口唇 花の様な その名さくらさくら 踊る姿喋喋の様に 羽震るわせ  別れのその夜 涙でさようなら こぼれるしずくは 真珠か  あーあー さくらさくら いま一度だけ めぐり逢える その日を ただ夢に見て
一杯のコーヒーから氷川きよし氷川きよし藤浦洸服部良一一杯の コーヒーから 夢の花咲く こともある 街のテラスの 夕暮れに 二人の 胸の灯(ともしび)が ちらりほらりと つきました  一杯の コーヒーから モカの姫君 ジャワ娘 歌は南の セレナーデ あなたと二人 朗らかに 肩をならべて 歌いましょ  一杯の コーヒーから 夢はほのかに 香ります 赤い模様の アラベスク あそこの窓の カーテンが ゆらりゆらりと ゆれてます  一杯の コーヒーから 小鳥さえずる 春も来る 今宵二人の ほろにがさ 角砂糖二つ 入れましょか 月の出ぬ間に 冷えぬ間に
青い山脈Temiyan.Temiyan.西條八十服部良一若く明るい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて 今日もわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ 青い山脈 かがやく峯の なつかしさ 見れば涙が またにじむ  父も夢見た 母も見た 旅路のはての そのはての 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る
銀座カンカン娘Temiyan.Temiyan.佐伯孝夫服部良一あの娘 可愛や カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら 銀座の街角 時計ながめて そわそわ にやにや これが銀座の カンカン娘  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼 恐くはないのよ これが銀座の カンカン娘  指をさされて カンカン娘 ちょいと啖呵も 切りたくなるわ 家はなくても お金がなくても 男なんかにゃ だまされないぞえ これが銀座の カンカン娘  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘れちゃいやよ 顔を見合わせ チュウチュウチュウチュウ これが銀座の カンカン娘
東京ブギウギTemiyan.Temiyan.鈴木勝服部良一東京ブギウギ リズムうきうき 心ずきずき わくわく 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギのおどりは 世界の踊り 二人の夢の あの歌 口笛吹こう 恋とブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世紀の歌心の歌 東京ブギウギ (ヘイ)  さあさブギウギ 太鼓たたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も愉快な 東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ おなじリズムとメロディーよ 手拍子取って歌おう ブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星を浴びて 東京ブギウギ リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世界の歌楽しい歌 東京ブギウギ ブギウギー陽気な歌 東京ブギウギ ブギウギー世紀の歌 歌え踊れよ ブギウギー
蘇州夜曲島谷ひとみ島谷ひとみ西條八十服部良一君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか柳が すすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
夜のプラットホーム氷川きよし氷川きよし小野椰子夫服部良一星はまたたく 夜ふかく なりわたる なりわたる プラットホームの 別れのベルよ さよなら さよなら 君いつ帰る  ひとはちりはて ただひとり いつまでも いつまでも 柱に寄りそい たたずむわたし さよなら さよなら 君いつ帰る  窓に残した あのことば 泣かないで 泣かないで 瞼にやきつく さみしい笑顔 さよなら さよなら 君いつ帰る
蘇州夜曲蘭華蘭華西条八十服部良一君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折し 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
ヘイヘイブギ鈴木雅之鈴木雅之藤浦洸服部良一服部隆之あなたがほほえむ時は私も楽し あなたが笑えば私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮らせばラッキーカムカム センチな唄など 皆んな忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門にはラッキーカムカム あなたも私も笑って暮そよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ランラララララララララ  あなたが悲しい時は私も悲し あなたが張切りゃ私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門にはラッキーカムカム あなたも私も笑って暮そよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ラップダドダド ダドダダ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
三味線ブギ三沢あけみ三沢あけみ佐伯孝夫服部良一前田俊明三味線ブギーで シャシャリツシャンシャン さあさ 踊ろよブギウギうきうき ういたういたよ シャシャリツ シャンシャン 踊るあほに 踊らぬあほだよ 同じあほなら 踊らにゃそんだよ さあさ 猫もしゃくしもブギウギ ハ、チョイトブギウギ  三味線ブギーで シャシャリツシャンシャン さあさ 踊ろよブギウギ好き好き ハローベイビー シャシャリツシャンシャン 飲んだ酒なら 酔わずにいらりょか 酔えばお前に惚れずにいらりょか さあさ 花も実もあるブギウギ ハ、チョイトブギウギ  三味線ブギーで シャシャリツシャンシャン さあさ 踊ろよブギウギ浮き浮き 派手に陽気に シャシャリツシャンシャン 踊りゃよくなる ますます良くなる 茄子もカボチャも 景気もよくなる さあさ 粋も不粋もブギウギ ハ、チョイトブギウギ  三味線ブギーで シャシャリツシャンシャン さあさ 踊ろよブギウギ好き好き パット踊って シャシャリツシャンシャン 花と名がつきゃ 何んでも好きだよ 物を言う花 いちばん好きだよ さあさ 鳥も蝶々もブギウギ ハ、ちょいとブギウギ
夢の中のパーティー曽根史郎曽根史郎佐伯孝夫服部良一とても素敵な夢を見た 好きなあなたと 踊る夢 共にとる手に 思いは通い 雲に乗り行く 旅ごころ あゝ 旅ごころ  嬉し楽し 夢をみた さめてくやしい 甘い夢 夢の続きを もいちどみせて くれるあなたであったなら あゝ あったなら  ふたり踊った夢をみた 白い花さえ 揺れていた つのる愛しさ 何にも云えず 時の経つのも 忘れてた あゝ 忘れてた
青い山脈GOLD LYLIC梶光夫GOLD LYLIC梶光夫西条八十服部良一若く明るい 歌声に 雪崩(なだれ)は消える 花も咲く 青い山脈 雪割(ゆきわり)ざくら 空のはて 今日もわれらの夢を呼ぶ  古い上衣(うわぎ)よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に鳥も啼(な)く  雨にぬれてる 焼けあとの 名もない花も ふり仰ぐ 青い山脈 かがやく峰の なつかしさ 見れば涙がまたにじむ  父も夢見た 母もみた 旅路のはての そのはての 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに鐘が鳴る
青い山脈宝田明宝田明西條八十服部良一服部良一若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて きょうもわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ 青い山脈 かがやく嶺の なつかしさ 見れば涙が またにじむ  父も夢みた 母も見た 旅路のはての その涯の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る
夢去りぬボニージャックスボニージャックス加茂六郎服部良一服部克久夢いまだ さめやらぬ 春のひと夜 君呼びて ほほえめば 血汐おどる ああ 若き日の夢 今君にぞ通う この青春の夢も さめて散る花びら  過ぎし夢は はかなく 消えて悲し 今はただ 君がやさし 面影 むねにえがき 今日もまた ギターを弾きて 歌うは 君がよく歌った あの歌 今もせつなくひびく 恋の思い出よ  夢いまだ さめやらぬ 春のひと夜 君呼びて ほほえめば 血汐おどる ああ 若き日の夢 今君にぞ通う この青春の夢も さめて散る花びら
青い山脈石川さゆり・潮哲也石川さゆり・潮哲也西條八十服部良一若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて 今日もわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  父も夢みた 母も見た 旅路のはての その涯の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る
買い物ブギUAUA村雨まさを服部良一内橋和久今日は朝から私のお家は てんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよな てんてこ舞いの忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ たまの日曜サンデーと云うのに 何が因果と云うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当り次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ  何はともあれ買物はじめに魚屋さんへとびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ 魚は取立とび切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろと思うだけ わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ 鳥貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ  お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう云わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参大根にごぼうに蓮根ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に胡瓜に白瓜ぼけなす南瓜に 東京ネギネギブギウギボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサン オッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ ああしんど
蘇州夜曲UAUA西條八十服部良一内橋和久君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花ちる春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日の行方は 知らねども こよいうつした ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろうか 接吻しよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
東京ブギウギ天地総子天地総子鈴木勝服部良一東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた 心のうた 東京ブギウギ ヘイ  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って 歌おうブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた楽しいうた 東京ブギウギ  ブギウギ歌え踊れ 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌えブギウギ ヘイ
銀座カンカン娘天地総子天地総子佐伯孝夫服部良一あのこ可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰れを待つやら 銀座の街角 時計ながめて そわそわニヤニヤ これが銀座の カンカン娘  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座は 私のジャングル トラや狼 恐くはないのよ これが銀座の カンカン娘  指をさされて カンカン娘 たまに啖呵も 切りたくなるわ 家がなくても お金がなくても 男なんかに だまされないのよ これが銀座の カンカン娘  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘れちゃいやよ 顔を見合わせ チュウチュウ チュウチュウ これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘
ヘイヘイブギー天地総子天地総子藤浦洸服部良一あなたがほほえむ時は 私も楽し あなたが笑えば 私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮せば ラッキーカムカム センチな唄など 皆な忘れて アッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ イヒヒ オホホ ララッタララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラッタララララララララ ヘイ  あなたが悲しい時は 私も悲し あなたが張切りゃ 私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこ ラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて アッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ イヒヒ オホホ ララッタララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラッタララララララララ ヘイ
ラッパと娘天地総子天地総子服部良一服部良一楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌 歌えば なぜかひとりでに 誰でも みんなうかれだす バドジズ デジドダー トラムペット鳴らして スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ララララララ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ エジドダー  吹けトランペット 調子を上げて デジエジドダー エジドダー バドダディデドダー 吹けトランペット 調子を上げて エジエジドダー エジドダー バドダジデドダー  あの町でも この町でも みんな歌うは みんな歌うは この歌 この歌 すてきなこの歌 すてきなこの歌 バドダドジデジ エジエジドダー バドダドジデジ エジドダー バンバンバンバン バンバンバンバン バンバンバンバン ババババン 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バドダドダド ダドダドダダー
ジャングル・ブギー天地総子天地総子黒沢明服部良一ウワオ ワオワオ ウワオ ワオワオ 妾はめひょうだ 南の海は 火をはく山の ウワオワオワオ生れだ 月の赤い夜に ジャングルで ジャングルで 骨のとけるような 恋をした ワァーアー ワァーアーアア 恋にくるい くるって ジャングルの ゴムの木に ひょうの毛皮を おいてきた ワァー ワァー  ウワオ ワオワオ ウワオ ワオワオ 妾はめひょうだ 火のふる鳥は 炎の恋が ウワオワオワオいのちだ 月の青い夜に ジャングルで ジャングルで むねがさけるほど ないて見た ワァーアー ワァーアーアア 恋にくるい くるって ジャングルの 星空に ひょうのなみだを すててきた ワァー ワァー ウワオワオワオ ウワオワオワオ ボンバボンバボンバボンバボンバボンバ ギャッホー
買物ブギー天地総子天地総子村雨まさを服部良一今日は朝から私のお家はてんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよなてんてこ舞の忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやかさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買い物頼まれひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当たり次第に人の気持ちも知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買い物はじめに魚屋さんへとびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ 魚は取立とび切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろうと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ  お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根ごぼうに蓮根ポパイの好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に胡瓜に白瓜ぼけなす 南瓜に東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダータバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ チョットオッサン今日はチョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサンオッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン わて 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど
アイレ可愛や天地総子天地総子藤浦洸服部良一アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛と ささやいた ハー アイレは可愛と ささやいた アイレ抱えた 烏籠に 白い小鳥が 歌います ハー たんとしあわせ 持って来た ハー たんとしあわせ 持って来た アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイヤ嬉しや 喜びの 歌をうたって 日が暮れる ハー アイレは本当に しあわせよ ハー アイレは本当に しあわせよ アイレー
セコハン娘天地総子天地総子結城雄次郎服部良一皆さん誰方も 私の事を セコハン娘と 誰れでも言います 私のこのドレスも 着物も ハンドバックも このハイヒールも 何一つあれもこれも 私の姉さんの お古ばかり だから私は セコハン娘  やっと見つけた 私の恋人 とっても スマート素敵な人なの これがまたまた 姉さんのお古よ はかない恋 悲しいさだめよ 私はママの 連れっ子だから 大事なパパさんも 二度目のパパ だから私は セコハン娘  何日になったら お嫁に行けるの セコハン娘で 終るのかしら もしもお嫁に 行ったとしても 二度目の花嫁と 人は言うでしょう だけど私 唯一つ お古でない 乙女の純潔は 神様だけが ご存知なの
センチメンタル・ダイナ天地総子天地総子野川香文服部良一センチメンタル・ダイナ センチメンタル・ダイナ センチメンタル・ダイナ センチメンタル・ダイナ ダイナ 淋しい瞳に ほほえみは消えて 涙さえうるむ おお ダイナ 若い娘は いつもほがらかに 希望にもえて くよくよするのは やぼな娘よ くよくよするのは やぼな娘よ おお ダイナ あなたのえくぼに ほほえみは消えて 溜息ばかり センチメンタル・ダイナ ほほえめよ ダイナ センチメンタル・ダイナ 歌えよ ダイナ センチメンタル・ダイナ 踊れよ ダイナ センチメンタル・ダイナ ほがらかにうたえ やさしい可愛い ダイナ 恋になやむ乙女 さびしい顔して センチメンタル・ダイナ 歌を忘れた 踊りも忘れた センチメンタル・ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ
コペカチータ天地総子天地総子服部良一服部良一ララララ ラララ ラララ… ラララ ララララ ラララ 不思議な魅力よ コペカチータ きかずや君よ このリズムを きかずや君よ この歌声 今宵は君と 踊ろうよ 月影さやけき このひとよさ 素敵なリズムにあわせて 踊りましょう うたいましょう カスタネット 狂おしや フラメンコ 悩ましや ラララ ランラランラ ラン 可愛いあの娘は その名コペカチータ ハハハハハハハハー 熱いくちづけ それはコペカチータ ハハハハハハハハー じっとみつめる あのひとみ あのまなざしよ 熱い吐息 胸はふるえ ときめく心 紅いバラは情熱 白い花は純情 髪にさしておどる そのうたは恋の歌 ハハハハハハー 不思議なこの歌の魅力 君よ知らずや コペカチータ ただ一目惚れ 恋の耳打ち 悩まし  コペカチータ コペカチータ ラララ… コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ カスタネット フラメンコ この歌 この夜 この恋 この酒 コペカチータ コペカチータ それは情熱の女 コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ ワナナ ナナナ ナナナナー ワナナ ナナナ ナナナナー… コペカチータ
君の手紙(ラブ・レター)天地総子天地総子村雨まさを服部良一君の手紙 うれしい手紙 初めて読む やさしい手紙 胸はふるえて 心ときめき 何度も読みかえす ただひと言 アイラブユー マイダーリン ただひと言 アイラブユー マイダーリン これがあの人の 始めての手紙  君の手紙 いく月ぶりよ あまりにも 長き月日のかげ 胸に抱いてソット開けば 懐し君の文字 ただひとこと 僕は元気だ ものたりない君が この手紙 これがあの人の 久し振りのレター  君の手紙 悲しい手紙 あまりにもつめたい この手紙 君の手紙と 思えないのよ 涙はとめどなく ただ一言 グッドバイ さようなら ただ一言 グッドバイ さようなら これがあの人の 最後の手紙よ
無茶茶(MUCHACHA)天地総子天地総子村雨まさを服部良一MU CHA CHA MUCHACHA MUCHACHA 若い時ゃ MUCHACHA カッカときちゃうよ MUCHACHA なんでもかんでも MUCHACHA 君も MUCHACHA 僕も MUCHACHA MUCHACHA MUCHACHA MUCHACHA 愛しあっているのに 逢えばつめたいそぶり  つれない仕打ちばかり MUCHACHA 好きだとただひとこと どうして言えなかった あの時がうらめしい MUCHACHA MUCHACHA  若い時ゃ MUCHACHA なんでも反対 MUCHACHA やじうま根性 MUCHACHA よせよ MUCHACHA やめろ MUCHACHA MUCHACHA MUCHACHA MUCHACHA 花園を荒らさないで 学園をこわさないで 傷つけ合うことなど MUCHACHA 啼くな小鳩 さわぐな 君たちが悪いんじゃない なにかが狂ってるんだ MUCHACHA MUCHACHA  MUCHACHA MUCHACHA 若い時ゃ MUCHACHA 二度とない MUCHACHA やるだけやるさ MUCHACHA 君も MUCHACHA 僕も MUCHACHA  MUCHACHA MUCHACHA MUCHACHA この国がいやならば 隣りの国があるさ よその花は赤いよ MUCHACHA 春になれば 花咲き 夏も冬も住みよく しあわせなこの国よ MUCHACHA MUCHACHA
マーチング・マーチ天地総子天地総子阪田寛夫服部良一マーチったら チッタカタァ 行進だ マーチったら チッタカタァ 行進だ 右足くん 左足くん カワリ バンコ カワリ バンコ ぼくをはこんで チッタカ タッタッタア 野っ原へ つれていけ チッタカ タッタッタア  マーチったら チッタカタァ 行進だ マーチったら チッタカタァ 行進だ バス道くん どろ道くん ざっく ざっく ぼっこ ぼっこ ざっく ざっく ぼっこ ぼっこ いい音ならして チッタカ タッタッタア 野っ原へつれていけ チッタカ タッタッタア  カ カ カエルのおへそ ミ ミ ミミズのめだま あるのか ないのか ないのか あるのか みにいこう マーチったら チッタカタア 行進だ マーチったら チッタカタア 行進だ ふる靴くん ぼろ靴くん ひだり みぎ ひだり みぎ 一二三四 ぼくを はこんで チッタカ タッタッタア 野っ原へ つれていけ チッタカ タッタッタア  カ カ カエルのおへそ ミ ミ ミミズのめだま あるのか ないのか ないのか あるのか みにいこう マーチったら チッタカタア 行進だ マーチったら チッタカタア 行進だ ふる靴くん ぼろ靴くん ひだり みぎ ひだり みぎ 一二三四 ぼくを はこんで チッタカ タッタッタア 野っ原へ つれていけ チッタカ タッタッタア
胸の振子霧島昇霧島昇サトウハチロー服部良一柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名
一杯のコーヒーから霧島昇&ミス・コロムビア霧島昇&ミス・コロムビア藤浦洸服部良一(女)一杯のコーヒーから (女)夢の花咲くこともある (女)街のテラスの夕暮れに (女)二人の胸の 灯が (女)ちらりほらりとつきました  (男)一杯のコーヒーから (男)モカの姫君 ジャバ娘 (男)歌は南のセレナーデ (男)あなたと二人 朗らかに (男)肩をならべて歌いましょ  (女)一杯のコーヒーから (女)夢はほのかに香ります (女)赤い模様のアラベスク (女)あそこの窓のカーテンが (女)ゆらりゆらりと ゆれてます  (男)一杯のコーヒーから (男)小鳥さえずる春も来る (男)今宵二人のほろにがさ (男)角砂糖二つ入れましょか (男)月の出ぬ間に冷えぬ間に
蘇州夜曲PLATINA LYLIC霧島昇・渡辺はま子PLATINA LYLIC霧島昇・渡辺はま子西条八十服部良一君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折し 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺 
雨のブルース淡谷のり子淡谷のり子野川香文服部良一雨よ降れ降れ 悩みをながすまで どうせ涙に 濡れつつ 夜ごと 嘆く身は ああ かえり来ぬ心の青空 すすり泣く 夜の雨よ  暗いさだめに うらぶれ果てし身は 夜の夜道を とぼとぼ ひとり さまよえど ああ かえり来ぬ心の青空 ふりしきる 夜の雨よ
別れのブルースGOLD LYLIC淡谷のり子GOLD LYLIC淡谷のり子藤浦洸服部良一窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 潮風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの 切なさよ  腕にいかりの 入れずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの 切なさよ
小雨の丘井上ひろし井上ひろしサトウハチロー服部良一雨が静かに降る 日暮れの町はずれ そぼ降る小雨に ぬれゆくわが胸 夢のようなこぬか雨 亡き母のささやき ひとりきく ひとりきく 寂しき胸に  つらいこの世の雨 悲しきたそがれよ そぼ降る小雨に 浮かぶは想い出 うつりゆく日をかぞえ 亡き母を偲べば 灯火が 灯火が 彼方の丘に  丘に静かに降る 今宵のさみしさよ そぼふる小雨と 心の涙よ ただひとりたたずめば 亡き母のおもかげ 雨の中 雨の中 けむりて浮かぶ
ヘイヘイブギー笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一あなたがほほえむ時は 私も楽し あなたが笑えば 私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮せば ラッキーカムカム センチな唄など 皆な忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ランラララララララララ  あなたが悲しい時は 私も悲し あなたが張切りゃ 私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこ ラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラップダドダド ダドダダ
ホームラン・ブギ笠置シヅ子笠置シヅ子サトウハチロー服部良一拍手拍手 フレーフレー フレーフレーフレー  一つかんと打ちゃ ホームラン・ブギ 広いスタンド 拍手が湧けば 飛ぶよ飛ぶ飛ぶ はるかのはるか 空の青さよ 芝生の芝生の青さ カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  二人揃って ホームラン・ブギ 肩を並べりゃ 心も通う 通いなれたる このスタジアム 拍手拍手で お手手がお手手が痛い カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  五つ何時もの ホームラン・ブギ 一度打ったら もうやめられぬ あの子見てるか ネットのかげで 可愛笑くぼで 花束花束抱いて  拍手拍手 フレーフレー フレーフレーフレー  昔なつかし ホームラン・ブギ 甲子園から 野球に通い 今じゃ伜が 大学野球 可愛孫さえ 小学小学選手 カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  七つ涙の ホームラン・ブギ ぽろりぽろりと ラジオの前で 伜出かした よくこそ打った 見事当てたぞ ラッキー ラッキー・セブン カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  八つチームの ホームラン・ブギ 虎に巨人に ロビンス阪急 鷹に東急 中日スターズ みんな揃って 元気な元気な選手 カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  ここで一本 ホームラン・ブギ これが終りだ 九回裏だ コキンと飛ばして サヨナラしよか のびたのびたよ ラッキー ラッキー・ゾーン
さくらブギウギ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一さくら 咲いた咲いた ブギブギ チェリ チェリ チェリオー 咲いたり 咲かせたり うかれてうかれて ブギブギ それが若さだ いのちだ チェリ チェリ チェリオ あちら こちらも ぽかぽか 心は 燃えて お釈迦様でも にこにこ 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合わせ ブギブギ 青春 青春 チェリオ  さくらひとえだ ブギブギ チェリ チェリ チェリオー 山越え 谷越えて 隣りの村から ゆらゆら 馬の背中で ゆられて チェリ チェリ チェリオ  お嫁いりまで 待てない 待てない 想い とんで来たのよ 花嫁 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合せて ブギブギ 青春 青春 チェリオ  さくら 散る散る ブギブギ チェリ チェリ チェリオ ひらひら さかづきに はなびら ひとひら ウキウキ 咲けば 散るのが さくらだ チェリ チェリ チェリオ 赤いくちびる 小鳥の さえずる 歌に 春のリズムが 聞える 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合せて ブギブギ 青春 青春 チェリオ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
名古屋ブギー笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 はでなリズムよ 若い心よ 歌えおどれ みんなでおどれ 恋になやんで 納屋橋渡れば ジャズが呼ぶ呼ぶ ネオンが招く そしてキャバレの 窓があく 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ  名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 虹の光だ 街は生きてる 歌えおどれ みんなでおどれ 木の芽草の芽 恋の芽も出たよ むかしなじみの 観音様の ここは大須の 喫茶店 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ  ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ  名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 僕とあなたの 夢のふるさと 歌えおどれ みんなでおどれ 上りゃ東京 下りは大阪 うれし涙も 別れの歌も なかをとりもつ 名古屋駅 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ
大阪ブギウギ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ 心斎橋から 戎橋 赤い灯青い灯 よいみやこ あちらで言うたら ニューヨーク 船場通れば いとはんたちが 声をそろえて ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ お城の上から 眺むれば 煙はもくもく 大繁盛 橋から橋まで 賑やかだ 梅田天六 千日前も 調子あわせて ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ 花の咲く町 みのる町 ほんまによいとこ よい都 車の買いもの ひろいもの そうさ戎は えらいやっちゃ えらいやっちゃ 身振り手振りで ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ
博多ブギウギ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一さあ お月さんが 一寸出た出た 松のかげから 顔出した 博多はよかとこ 博多はよかとこ 柳腰の 娘さん さあ 昔しゃ 博多の帯をしめて 今はハイヒール ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ 十文目の 鉄砲玉を ぽんと打ち出す スッポンポン 博多はよかとこ 博多はよかとこ 柳町 粋な町 さあ 昔しゃ 荒浪舟のりさん 今は小粋に ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ 何とこの世は すきな同志で てなべさげても いとやせぬ 博多はよかとこ 博多はよかとこ 博多人形と 手をとって さあ 海は静かな 松原みち 歌う歌まで ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ お月さんが 一寸出た出た 松のかげから 顔出した 博多はよかとこ 博多はよかとこ 博多ブギウギ ラララララ アー 生きていりゃこそ あなたもハッピー 晴れて 二人でブギウギ どんたく囃しで ブギウギ
センチメンタル・ダイナ笠置シヅ子笠置シヅ子野川香文服部良一服部良一ダイナ 淋しい瞳に ほほえみは消えて 涙さえうるむ ネー ダイナ 若い娘は いつもほがらかに 希望にもえて くよくよするのは やぼな娘よ くよくよするのは やぼな娘よ おお ダイナ あなたのえくぼに ほほえみは消えて 溜息ばかり センチメンタル ダイナ ほほえめよ ダイナ センチメンタル ダイナ 歌えよ ダイナ センチメンタル ダイナ 踊れよ ダイナ センチメンタル ダイナ ほがらかにうたえ  やさしい可愛い ダイナ 恋になやむ乙女 さびしい顔して センチメンタル ダイナ 歌を忘れた 踊りも忘れた センチメンタル ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ
ホット・チャイナ笠置シヅ子笠置シヅ子服部龍太郎服部良一チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ ホット・チャイナ それ 今宵はお祭 シナ祭 陽気な町 あの町 チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ ホット・チャイナ それ 今宵はお祭 シナ祭 陽気な町 あの町 出て来る 姑娘 漫々的 出て来る 小孩 快々的 シナ太鼓は ボンボボン  チャイナ・シンバル ジャジャジャジャン ボンボボンボ ボンボボ ボボン ジャンジャジャンジャ ジャンジャンジャン 空には爆竹 町には笛の音 チャイナの祭り お面を被って はしゃいで踊ろよ チャイナの祭り  ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はシナ祭り ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はシナ祭り ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はシナ祭り  夕日が落ちて チャイナの町に 灯がつけば 暗い裏町に ほんのり浮かぶ 夢のシナ街 ランタンゆらゆらり ぼんぼり ともして ランタンゆらゆらり ぼんぼり ともして チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ いつか夜も更けるシナの町 シナの祭 チャイナ チャイナ ホット・チャイナ
アイレ可愛や笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛と ささやいた ハー アイレは可愛と ささやいた アイレ抱えた 烏籠に 白い小鳥が 歌います ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た アイレー
セコハン娘笠置シヅ子笠置シヅ子結城雄次郎服部良一皆さん誰方も 私の事を セコハン娘と 誰れでも言います 私のこの着物も ドレスも ハンドバックも このハイヒールも 何一つあれもこれも 私の姉さんの お古ばかり だから私は セコハン娘  やっと見つけた 私の恋人 とっても スマート素敵な人なの これがまたまた 姉さんのお古よ はかない恋 悲しいさだめよ 私はママの 連れっ子だから 大事なパパさんも 二度目のパパ だから私は セコハン娘  何日になったら お嫁に行けるか セコハン娘で 終るのかしら もしもお嫁に 行ったとしても 二度目の花嫁と 人は言うでしょう だけど私 唯一つ お古でない 乙女の純潔は 神様だけが ご存知なのよ
情熱娘笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一蝶々ひらひら 情熱娘 愛の花園 ひらひらと 踊って歌って はねまわる ファッショネートな 可愛い娘 礼儀も作法も ちんぷん かんぷん 気ままな鳥よ 一度口火を 切ったが最後だ どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘  黒い瞳の 情熱娘 つめたいお方は 大きらい お金は力がなくっても 恋は情熱 もゆるが花よ 遠慮も会釈も ちんぷん かんぷん 気ままな鳥よ  腕もひとつよ 心もひとつよ どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘  思い込んだら 情熱娘 恋ののぼりも 急行だ 下りも又々 スピードで 恋は機関車 特急娘 意見は御無用 ちんぷん かんぷん どこどこまでも 一度二度三度 四度五度お百度 どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘
ぺ子ちゃんセレナーデ笠置シヅ子笠置シヅ子東美伊・補作詞:藤浦洸服部良一楽しい夢に ふくらんだ 赤いジャケツに SOS いつでもきちんと 8字まげ 肩で風切る あの歌は ぺ子ちゃん愛しの セレナーデ ぺ子ちゃん セレナーデ  ひらいた花は ひまわりか 娘ざかりを はなやかに なんでもちゃっかり 心得て 風に吹かれて 歌い出す ぺ子ちゃん可愛や セレナーデ ぺ子ちゃん セレナーデ  青空瞳 ジャジャ馬で 弾む心の ゴム風船 たまにははじけて ためいきが 窓にこぼれる いじらしさ ぺ子ちゃんやさしい セレナーデ ぺ子ちゃん セレナーデ
たよりにしてまっせ笠置シヅ子笠置シヅ子吉田みなを・村雨まさを服部良一ほんまに たよりにしてまっせ くよくよせんと まかしとき アンタの言葉を 真にうけて ここまで来たんや おまへんか それを今更 なんだんねん しっかりしなはれ しっかりし たのんまっせ たのんます ほんまに たよりにしてまっせ  ほんまに たよりにしてまっせ ゴジャゴジャ言わんと まかしとき アンタはいつでも 口ばっかり やるならどかんと やりなはれ それを今更 なんだんねん しっかりしなはれ しっかりし たのんまっせ たのんます ほんまに たよりにしてまっせ  ほんまに たよりにしてまっせ 困ったことや どないしょ アンタの顔見りゃ 気の毒で 言いたいことでも よう言わん 金のないのは お互いや しっかりしなはれ しっかりし いかれてるで いかれてる ほんまに たよりにしてまっせ  ほんまに たよりにしてまっせ さっぱりわやや あきまへん アンタはほんまに 甲斐性なし いややでムチャクチャ せんといて 急に今更 なんだんねん はっきりしなはれ はっきりし どないすんねん どないする ほんまに たよりにしてまっせ
ラッパと娘PLATINA LYLIC笠置シヅ子PLATINA LYLIC笠置シヅ子服部良一服部良一服部良一楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌歌えば なぜかひとりでに 誰でも皆んな うかれだす バドジズ デジドダー トランペット鳴して スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌歌えば なぜかひとりでに 誰でも皆んな うかれだす バドジズ デジドダー トランペット鳴して スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  あの街でも この街でも 皆んな歌うは 皆んな歌うは この歌 この歌 すてきなこの歌 すてきなこの歌 バドダドジデジ エジエジドダー バドダドジデジ エジドダー バンバンバンバン バンバンバンバン バンバンバンバン バダジダー 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バドダドダド ダドダドー
俺はハイティーン神戸一郎神戸一郎水島哲服部良一ブルージーンに白いセーター ロックシューズも リズミック 風もほほえむ セシールカット どこへ行くやら 銀座の街を わきめふらずに 一直線 アヽ うしろ姿も イカスじゃないか 思い出しても 思い出しても 思い出しても あの娘は おれを泣かせるぜ レッツゴー ハイティーン ハイティーン ハイティーン イカスあの娘は ハイティーン ハイティーン  ドラム アップだ ベースのソロだよ ぐっときたんだ あのエレキ おれは思わず あの娘を抱いた 野球 サッカー きらいじゃないが 今日のカケシは ジャズ喫茶 アヽ あの娘いったよ 断然ショック 二人並んで 二人並んで 二人並んで あの娘は おれを泣かせるぜ レッツゴー ハイティーン ハイティーン ハイティーン おれもお前も ハイティーン ハイティーン  金はないけど 心はこめたぜ さがしまわった プレゼント 受けておくれよ 真心だけは あした会おうよ 二人で会おう 握手しながら おれの顔 アヽ じっとみつめる あの眼にゃ弱い 思い出しても 思い出しても 思い出しても あの娘は おれを泣かせるぜ レッツゴー ハイティーン ハイティーン ハイティーン 若い希望の ハイティーン ハイティーン
青い山脈神戸一郎・青山和子神戸一郎・青山和子西條八十服部良一若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて 今日もわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ 青い山脈 かがやく嶺の なつかしさ 見れば涙が またにじむ  父も夢みた 母もみた 旅路のはての その涯の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る
東京の屋根の下森光子森光子佐伯孝夫服部良一東京の屋根の下に住む 若い僕等は幸福者 日比谷は恋のプロムナード 上野は花のアベック なんにもなくてもよい 口笛吹いてゆこうよ 希望の街 憧れの都 二人の夢の東京  東京の屋根の下に住む 若い僕等は幸福者 銀座は宵のセレナーデ 新宿は夜のタンゴ なんにもなくてもよい 青い月の光りに ギターを弾き 甘い恋の唄 二人の夢の東京  東京の屋根の下に住む 若い僕等は幸福者 浅草 夢のパラダイス 映画にレビューにブギウギ なつかし 江戸の名残り 神田 日本橋 キャピタル東京 世界のあこがれ たのしい夢の東京
雨のブルース石原裕次郎石原裕次郎野川香文服部良一雨よふれふれ なやみを 流すまで どうせ涙に 濡れつつ 夜毎 なげく身は あゝ かえり来ぬ 心の青空 すすり泣く 夜の雨よ  くらい運命に うらぶれ果てし 身は 夜の夜路を とぼとぼ ひとり さまよえど あゝ かえり来ぬ 心の青空 ふりしきる 夜の雨よ
夜のプラットホーム石原裕次郎石原裕次郎奥野椰子夫服部良一星はまたたき 夜ふかく なりわたる なりわたる プラットホームの 別れのベルよ さよなら さよなら 君いつ帰る  ひとはちりはて ただひとり いつまでも いつまでも 柱に寄りそい たたずむわたし さよなら さよなら 君いつ帰る  窓に残した あの言葉 泣かないで 泣かないで 瞼にやきつく さみしい笑顔 さよなら さよなら 君いつ帰る
別れのブルース青江三奈青江三奈藤浦洸服部良一窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの 切なさよ  腕にいかりの いれずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの 切なさよ
明日の運命(さだめ)霧島昇・渡辺はま子霧島昇・渡辺はま子西條八十服部良一夕焼け雲の かげ映す ながれの岸に 語らえど むすぶすべなき ふたつの心 アア秋の上海 うずら泣く  乙女の胸 紅染めて せつなき色の 夕雲に 君が心を 優しく問えば アア雲はこたえず 落葉降る  仇(かたき)と知れど ふるさとの 妹に似たる うしろかげ 明日の運命も 唐なでしこの アア君は歌うよ 愛の歌  往来の雲の たまたまに 逢うては落とす 小夜(さよ)時雨 晴れて大陸 ほのぼの昇る アア朝の日の出ぞ たのもしき
広東ブルース渡辺はま子渡辺はま子藤浦洸服部良一丘の上から バンドを見れば 赤い灯青い灯 夢のいろ ゆれて流れて どこへ行く フラワーボートの 恋の歌 胡弓さびしや 盲妹かなし 月の夜更の 広東ブルース  あそこあかるい 沙面波止場(シヤフメンハトバ) ドラがひびけば フランス橋で 水を眺めて 泣く乙女 水と情は ながれもの 汽笛せつなや 別れのつらさ 月の夜更の 広東ブルース  風は南よ マンゴがかおる グランド・ホテルの あの窓で 夢もかなしく むせびなく 旅の乙女の ノスタルジア 行こかもどろか イギリス橋の 月の夜更の 広東ブルース
いとしあの星渡辺はま子渡辺はま子サトウハチロー服部良一馬車が行く行く 夕風に 青い柳に ささやいて いとしこの身は どこまでも きめた心は かわりゃせぬ  暗いランプの 灯のかげで たより書くのも なつかしや いとし返事は なんと来る 母も行くよと くるかしら  ロバの鳴くのに 起こされて 窓を開ければ 朝の星 いとしあの星 あの瞳 今日の占い 何と出る  夢で見た見た いつかの夜 夢で話した その人は 骨も命も この土地に みんな埋めよと 笑い顔
風は海から渡辺はま子渡辺はま子西條八十服部良一風は海から 吹いてくる 沖のジャンクの 帆を吹く風よ 情けあるなら 教えておくれ 私の姉さん 何処で待つ  青い南の 空見たさ 姉と妹で 幾山越えた 花の広東 夕陽の街で 悲しく別れて 泣こうとは  風は海から 吹いてくる 暮れる港の 柳の枝で 啼いているのは 目のない鳥か 私も目のない 旅の鳥
アデュー上海渡辺はま子渡辺はま子藤浦洸服部良一アデュー上海 ガーデンブリッヂ スマローの灯よ アデュー上海 霜の雨 忍び泣く夜空 灯影浮かべて 水の上に とけて流れる 想い出の アデュー上海 又会うは 何時の日ぞ 何時の日 あー  アデュー上海 パブリックガーデン 緑の木陰 アデュー上海 只一人 立てる人いとし 涙も見せず 小雨に濡れ 旅の情の かわきもせず アデュー上海 又会うは 何時の日ぞ 何時の日 あー
銀座カンカン娘美空ひばり美空ひばり佐伯孝夫服部良一あの娘可愛や カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら 銀座の街角 時計ながめて ソワソワニヤニヤ これが銀座の カンカン娘  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼 恐くはないのよ これが銀座の カンカン娘  指をさされて カンカン娘 ちょいと啖呵も 切りたくなるわ 家がなくても お金がなくても 男なんかにゃ だまされまいぞよ これが銀座の カンカン娘  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘れちゃイヤよ 顔を見合わせ チュウチュウチュウチュウ これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘
蘇州夜曲氷川きよし氷川きよし西條八十服部良一石倉重信君がみ胸に抱かれてきくは 夢の船歌 鳥の唄 水の蘇州の花散る春を 惜しむか柳がすすりなく  花を浮べて流れる水の 明日の行方は知らねども 今宵うつした二人の姿 消えてくれるないつまでも  髪にかざろか口づけしよか 君が手折(たお)りし桃の花 涙ぐむよなおぼろの月に 鐘が鳴ります寒山寺(かんざんじ)
東京ブギウギ氷川きよし氷川きよし鈴木勝服部良一石倉重信東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 海を渡り響くは 東京ブギウギー ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あの歌 口笛吹こう 恋とブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世紀の歌心の歌 東京ブギウギー ヘイー  さあさブギウギー 太鼓たたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も愉快な 東京ブギウギー ブギを踊れば 世界は一つ おなじリズムと メロディーよ 手拍子取って歌おう ブギのメロディー 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星を浴びて 東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世界の歌楽しい歌 東京ブギウギー ブギウギー陽気な歌 東京ブギウギー ブギウギー世紀の歌 歌え踊れよブギウギー
青い山脈天童よしみ天童よしみ西條八十服部良一若くあかるい 歌声に 雪崩(なだれ)は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて 今日もわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ 青い山脈 かがやく嶺の なつかしさ 見れば涙が またにじむ  父も夢みた 母も見た 旅路のはての その涯の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る
湖畔の宿天童よしみ天童よしみ佐藤惣之助服部良一山の淋しい 湖に ひとり来たのも 悲しい心 胸のいたみに たえかねて 昨日(きのう)の夢と 焚(た)きすてる 古い手紙の うすけむり  水にたそがれ せまる頃 岸の林を しずかに行けば 雲は流れて むらさきの 薄(うす)きすみれに ほろほろと いつか涙の 陽(ひ)がおちる  ランプ引きよせ ふるさとへ 書いてまた消す 湖畔の便り 旅のこころの つれづれに ひとり占う トランプの 青い女王(クイーン)の さびしさよ
東京ブギウギ天童よしみ天童よしみ鈴木勝服部良一東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で  東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク せいきのうた 心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も愉快な 東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って 歌おうブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた 楽しいうた 東京ブギウギ  ブギウギ 陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ せいきのうた 歌え踊れよ ブギウギ
銀座カンカン娘天童よしみ天童よしみ佐伯孝夫服部良一あの娘(こ)可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら 銀座の街角 時計ながめて ソワソワニヤニヤ これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼 恐くはないのよ これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘  指をさされて カンカン娘 ちょいと啖呵(たんか)も 切りたくなるわ 家(うち)がなくても お金がなくても 男なんかに だまされまいぞよ これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘れちゃいやよ 顔を見合わせ チュウチュウチュウチュウ これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘
マリカの調べ谷村新司谷村新司谷村新司服部良一ジャスミンの花の下 ひとりたたずみ 雲の流れ見上げて 心に何を想う 哀しみも苦しみも この胸の中に 埋づめて静かに 花の香に寄り添い  ふるさとの灯りが 揺れては消える頃 あなたのぬくもり 嗚々恋しくて 目を閉じて夢を見て 夢から醒めて 心に残るは ただ マリカの調べ  ツバメ飛ぶ岸辺にも 季節はめぐり 人も流れ いつかは 花の香に包まれる 命から命へと伝わる調べは 涙をうすめて 祈りをこえてゆく  ふるさとの灯りが 揺れては消える頃 あなたのぬくもり 嗚々恋しくて 目を閉じて夢を見て 夢から醒めて 心に残るは ただ マリカの調べ  目と閉じて夢を見て 夢から醒めて 心に残るは ただ マリカの調べ
湖畔の宿美空ひばり美空ひばり佐藤惣之助服部良一山の淋しい みずうみに ひとり来たのも 悲しいこころ 胸のいたみに たえかねて 昨日の夢と 焚きすてる 古い手紙の うすけむり  水にたそがれ せまるころ 岸の林を しずかに往けば 雲は流れて むらさきの うすきすみれに ほろほろと いつか涙の 陽が堕ちる  ランプ引きよせ ふるさとへ 書いて又消す 湖畔のたより 旅のこころの つれづれに ひとり占う トランプの 青い女王(クイン)の さびしさよ
蘇州夜曲二階堂和美二階堂和美西條八十服部良一君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花ちる春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろうか 接吻(くちづけ)しよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
買物ブギー小林幸子小林幸子村雨まさを服部良一宮川泰今日は朝から私のお家は てんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよな てんてこ舞の忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当たり次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買物はじめに 魚屋さんへととびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろに ブリにサバ 魚は取立とび切り上等 買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたなら おいしかろうと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせて お寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ  お客さんあんたは一体 何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン 鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根にごぼうに蓮根 ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に胡瓜に 白瓜ぼけなす 南瓜に東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ  チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサンオッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど
蘇州夜曲KOKIAKOKIA西条八十服部良一君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の唄 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか柳が すすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映(うつ)した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折(たお)りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
東京ブギウギ水森かおり水森かおり鈴木勝服部良一伊戸のりお東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディー 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ今宵も 月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた心のうた 東京ブギウギ(ヘイ~)  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って うたおうブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ今宵も 星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギ
蘇州夜曲藤田恵美藤田恵美西條八十服部良一小松原俊君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花ちる春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日の行方は 知らねども こよいうつした ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろうか 接吻しよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
胸の振り子藤田恵美藤田恵美サトウハチロー服部良一木原健太郎柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から 今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から 今日も  煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしき その名 君のあかるい 笑顔を浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしき その名
蘇州夜曲香西かおり香西かおり西条八十服部良一薗広昭君がみ胸に抱かれてきくは 夢の船歌鳥の歌 水の蘇州の花散る春を 惜しむか柳がすすり泣く  花を浮べて流れる水の 明日(あす)の行方は知らねども 今宵うつした二人の姿 消えてくれるな何時までも  髪にかざろか口づけしよか 君が手折(たお)りし桃の花 涙ぐむよなおぼろの月に 鐘が鳴ります寒山寺
胸の振子香西かおり香西かおりサトウハチロー服部良一薗広昭柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も なにも云わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も  たばこのけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔うかべ くらいこの世の つらさ忘れ たばこのけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 胸の振子がつぶやく やさしきその名
蘇州夜曲戸川純戸川純西條八十服部良一君がみ胸に抱かれて聞くは 夢の船歌 恋の唄 水の蘇州の花散る春を 惜しむか柳がすすり泣く
胸の振り子加藤登紀子加藤登紀子サトウハチロー服部良一島健柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から 今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から 今日も  煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしき その名 君のあかるい 笑顔を浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしき その名
夜のプラットホーム加藤登紀子加藤登紀子奥野椰子夫服部良一島健星はまたたく 夜ふかく なりわたる なりわたる プラットホームの 別れのベルよ さよなら さよなら 君いつ帰る  人はちりはて ただ一人 いつまでも いつまでも 柱に寄りそい たたずむわたし さよなら さよなら 君いつ帰る  窓に残した あのことば 泣かないで 泣かないで 瞼に焼きつく さみしい笑顔 さよなら さよなら 君いつ帰る
買物ブギーPLATINA LYLIC笠置シヅ子PLATINA LYLIC笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一今日は朝から 私のお家は てんやわんやの 大さわぎ 盆と正月 一緒に来たよな てんてこまいの忙しさ 何が何だか さっぱりわからず どれがどれやら さっぱりわからず 何もきかずに とんでは来たけど 何を買うやら 何処で買うやら それがごっちゃに なりまして わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  たまの日曜 サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山 買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの 手当たり次第に ひとの気持も 知らないで わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  何はともあれ 買物はじめに 魚屋さんへと とびこんだ 鯛に 平目に かつおに まぐろに ブリにサバ 魚は取立 とび切り上等 買いなはれ オッサン買うのと 違います 刺身にしたなら おいしかろうと思うだけ わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  とり貝 赤貝 たこに いか 海老に 穴子に キスに シャコ ワサビをきかせて お寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体 何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でも オッサン鮭の缶詰 おまへんか わてほんまに よう言わんわ あほかいな  丁度隣は八百屋さん 人参 大根に ごぼうに 蓮根 ポパイのお好きな ほうれん草 トマトに キャベツに 白菜に 胡瓜に 白瓜 ぼけなす 南瓜に 東京ネギ ネギ ブギウギ  ボタンとリボンと ポンカンと マッチにサイダーに ダバコに仁丹 ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ アア ヤヤコシ  ちょっとおっさん こんにちは ちょっとおっさん これなんぼ おっさんいますか これなんぼ おっさんおっさん これなんぼ おっさんなんぼで なんぼがオッサン おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん わしゃ 聞こえまへん わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ あーしんど
夜のプラットホーム二葉あき子二葉あき子奥野椰子夫服部良一服部良一星はまたたく 夜ふかく なりわたる なりわたる プラットホームの 別れのベルよ さよなら さよなら 君いつ帰る  ひとは ちりはて ただひとり いつまでも いつまでも 柱に寄りそい たたずむわたし さよなら さよなら 君いつ帰る  窓に残した あの言葉 泣かないで 泣かないで 瞼にやきつく さみしい笑顔 さよなら さよなら 君いつ帰る
小雨の丘小夜福子小夜福子サトウハチロー服部良一服部良一雨が静かに降る 日暮の町はずれ そぼ降る 小雨に 濡れゆくわが胸 夢のようなこぬか雨 亡き母のささやき ひとりきくひとりきく さびしき胸に  ああ 母さん、あなたが死んで三年 私はこの雨にあなたを想う 雨 雨 泣きぬれる雨 木の葉も草も そして私も  つらいこの世の雨 悲しきたそがれよ そぼ降る小雨に 浮かぶは思い出 うつり行く日を数え 亡き母を偲べば ともしびがともしびが 彼方の丘に  ともしび ともしび 母さんの瞳によく似た ともしび 私は歌おう 私の好きなあの丘で 母さんを想う心からの歌 ああ 懐かしい思い出の歌  丘に静かに降る 今宵のさみしさよ そぼ降る小雨と 心の涙よ ただ一人たたずめば 亡き母のおもかげ 雨の中 雨の中 けむりて浮かぶ
銀座カンカン娘遊佐未森遊佐未森佐伯孝夫服部良一あの娘可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら 銀座の街角 時計ながめて ソワソワニヤニヤ これが銀座の カンカン娘  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼 怖くはないのよ これが銀座の カンカン娘  指をさされて カンカン娘 ちょいと啖呵も 切りたくなるわ 家はなくても お金がなくても 男なんかにゃ だまされまいぞえ これが銀座の カンカン娘  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘れちゃいやよ 顔を見合わせ チュウチュウチュウチュウ これが銀座の カンカン娘
ケロリン青空晴れた空楠トシエ楠トシエサトウハチロー服部良一雪空雨空 くもり空 頭のいたみに 歯のいたみ どうにもならない そのつらさ ケロリン一服 お水でグイー ケロリン ケロリン 青空晴れた空  となりに向いに 裏の人 こしのいたみに 神経痛 いそいで教える 窓と窓 ケロリン一服 お水でグイー ケロリン ケロリン どなたも笑い顔  おととい昨日に 又今日と つづくいたみに 部屋の中 ちっとも晴れない むねのうち ケロリン一服 お水でグイー ケロリン ケロリン 唄までとんででる
蘇州夜曲夏川りみ夏川りみ西條八十服部良一君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花ちる春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻(くちづけ)しよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
銀座カンカン娘歌姫楽団歌姫楽団佐伯孝夫服部良一歌姫楽団あの娘可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら 銀座の街角 時計ながめて ソワソワニヤニヤ これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼 恐くはないのよ これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘  指をさされて カンカン娘 ちょいと啖呵も 切りたくなるわ 家がなくても お金がなくても 男なんかにゃ だまされないぞぇ これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘すれちゃいやよ 顔を見合わせ チュウチュウチュウチュウ これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘
胸の振り子井上陽水井上陽水サトウハチロー服部良一服部克久柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにかもえて 柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から今日も  煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔を浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしきその名
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. さよーならまたいつか!
  4. キミがいれば
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×