服部良一編曲の歌詞一覧リスト  56曲中 1-56曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
56曲中 1-56曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
北海ブギウギ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一服部良一寒い寒いもブギで暮せば 心うきうきと 北に来た来たブギウギ 北海ブギウギ 『鰊』『鮭』『鱈』『鱒』『昆布』 雪に生れて 雪国育ちも 恋の炎は真赤にもえて ワクワク心ズキズキ 北海ブギー北海ブギ― ランララララララー  風が吹いてもブギで暮せば 心うきうきと とんで来た来たブギウギ 北海ブギウギ 名所名物湯の町も 牧場田や畑 めんこい仔馬よ 虹が出た出た七色の夢 ワクワク心ズキズキ 北海ブギー北海ブギ― ランララララララー  海が荒れてもブギで暮せば 心うきうきと はやりものだよブギウギ 北海ブギウギ 港出船のサイレンも 沖の鴎の鳴く聲までも リズム朗らかのどかなうたよ ワクワク心ズキズキ 北海ブギー北海ブギ― ランララララララー
山のかなたに藤山一郎藤山一郎西條八十服部良一服部良一山のかなたに あこがれて 旅の小鳥も 飛んでゆく 涙たゝえた やさしの君よ 行こよみどりの 尾根越えて  月をかすめる 雲のよう 古いなげきは 消えてゆく 山の青草 素足で踏んで 愛の朝日に 生きようよ  赤いキャンプの 火をかこむ 花の乙女の 旅の歌 星がながれる 白樺こえて 若い時代の 朝がくる  山のかなたに 鳴る鐘は 聖い祈りの アヴェマリヤ つよく飛べ飛べ こゝろの翼 光る希望の 花のせて
ばら色の月藤山一郎藤山一郎若山かほる服部良一服部良一ばらいろの ばらいろの月の夜 ほろほろと心はもえる あゝ こんな夜は そっと口笛吹きながら 月の光にぬれながら 肩をならべて歩いてみたいな ばら色の月の夜  ばらいろの ばらいろの月の夜 ほろほろと流れるピアノ あゝ 甘い声で いつか夢みたしあわせを ともに描いたしあわせを 二人しずかに話してみたいな ばら色の月の夜  ばらいろの ばらいろの月の夜 ほろほろと二人の吐息 あゝ 花はゆれて 匂う夢ならさめぬまに 夢の花なら散らぬまに あまいくちづけ 交してみたいな ばら色の月の夜
コペカチータ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一ラララララランラ ラ……… 不思議なリズムだ ラララランラ きかずや君よ このリズムを きかずや君よ この歌声 今宵は君と 踊ろうよ 月影淡き このひと夜さを 心もふるえて たまらないわ 踊りましょう 歌いましょう  この歌 美わしや この歌 君知るや ラ‥‥ 新しき歌 それは コペカチータ ハ‥‥ ワラ…… コペカチータ ワラ…… コペカチータ 赤いバラは情熱 白いバラは純情 胸につけて踊ろう 情熱のさめぬまに ハハ‥‥  不思議なこの歌の魅力 君よ知らずや コペカチータ この歌の意味 みんな誰でも知らない コペカチータ コペカチータ ラ… コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ この意味教えよ ワララ ワララワララワララ コペカチータ コペカチータ それは情熱の歌 コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ ワラ‥‥ ワラ‥‥ ワァーワァーワァーワァー コペカチータ
ブギウギ時代笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり ブギを歌って 八百屋へ行けば 八百屋あわてて ネギをば出した これじゃトウキョウ ネギネギ ブギウギ ネギネギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 好きと好きなら 遠慮はいらぬ ブギが取りもつ 二人の仲に 出来た子供が ブクブク育つ 好きと好きとで ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 昔しゃ音頭で アリャサノコリャサ 今じゃ浴衣で ブギウギダンス うちわ片手に ブギウギおどる 盆も祭も ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり 娘ダンスで ジルバを踊りゃ 親爺(おやじ)横町で 靴をばみがき ちょっと口笛 ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ
ブギウギ娘笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一妾はブギウギ娘 妾はヘイヘイ娘 あたしだって 矢張り青春の血がワク ワク ワク ワク ワク おまけに彼氏と 一緒じゃほんまに やりきれませんワ なやまし なやまし なんだかハートが チクチクズキズキ いたみますわ ライラックのお花の 咲く頃となれば なぜにこんなに イライラ ムズムズするのだろ ヘイ  妾は陽気な娘 陽気のかげんでウキウキ あたしだって 恋しお方の二人や三人 ないしょ ないしょ ないしょ ないしょ 妾の彼氏は 気だてもやさしく とってもスマート 素敵な 素敵な なんだかハートが チクチクズキズキ いたみますわ ライラックのお花の 咲く頃となれば なぜにこんなに イライラ ムズムズするのだろ  唄え恋の歌 二人の愛の唄 恋のブギウギで みんな楽しく ハァ ブギウギ あちらもこちらも ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ さあさ恋のブギウギ 情熱の歌 声を揃えて 力かぎりに さあさヘイヘイ バッダダ さあさヘイヘイ バッダダ タララ…… 恋のブギウギ
ロスアンゼルスの買物笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一生まれてはじめて アメリカ見物 着いたトタンに 英語をはなした 素敵な兵隊さんが 私をみつめて ニコニコ ニヤニヤ 私も笑わず ニッコリ笑って ハローサンキュー アイラヴユーラヴ 知ってる英語を はしから並べて バイバイ バイバイ ところが皆さん 相手の兵隊さんは 二年三月も 日本にいた人 日本語上手で ベラベラベラベラ こんな便利な 国はない アメリカよいとこ アメリカ大好き ララララー 歌と踊りで 夜が明ける ああ たのし この世のパラダイス  いよいよ日本に 帰るときまれば みやげ買いたし お金が足りない デパートうろうろ 行ったり来たりで 日が暮れる 日が暮れる なるべく軽くて 沢山あるもの 恥をしのんで 値段をきいたら とっても安くて 丈夫できれいで ハウマッチ サンキュー ところが皆さん 日本に帰って 裏をかえせば メイド・イン・ジャパンだ みんなにさんざん わらわれましたよ こんな恥しいことはない アメリカよいとこ アメリカ大好き ララララ― 歌と踊りで 夜が明ける ああ たのし この世のパラダイス
ザクザク娘笠置シヅ子笠置シヅ子サイトウハチロー服部良一服部良一のんびりあわてる ザクザクムスメ 陽気で泣虫 強気でてれる ザックザクザクザックと 誰もいないのに 汽車から首出し ごきげんさよなら ザックザクザクザックと さらば故郷よ  寒い日あつがる ザクザクムスメ 笑へば涙を ぼろぼろこぼす ザックザクザクザックと 雨の降る日に せんたくもりもり 寝床にはいれば ザックザクザクザックと 唄の寝言よ  さわげば落ちつく ザクザクムスメ 笑へば涙を ぼろぼろこぼす ザックザクザクザックと 雨の降る日に せんたくもりもり 寝床にはいれば ザックザクザクザックと 唄の寝言よ  さわげば落ちつく ザクザクムスメ 子供で大人で 娘でマダム ザックザクザクザックと 真夜中目ざめて 鏡を眺めて 自分で自分を ザックザクザクザックと しかりつけるよ
モダン金色夜叉 with 堺駿二笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一此処は熱海の海岸で ミスター貫一 ミスお宮 ざっくざくざく 散歩する ジャブジャブジャブ 波が来る ブラブラブラブラ 二人連れ 宮さん 危いよ あっちいっちゃ危いよ 共に語るも 今日かぎり 共に歌うも ランラララララ 今日限り ヘーイ  あなた大学終るまで わたしは待っては いられない いくら落第したとても アルバイトで 稼いでも あなたを洋行させる為 富山一家に かしずこか ザクザクお金を 借りようか ダイヤモンドに 目がくらみ のってはならない ランラララララ 玉のこし ヘーイ  何をのたまう 貫一さん 貫一がいしちゃいやですよ だまれ宮さん つめたいよ 例えお金が なくっても お金のない人 大嫌い 竹の柱に 茅の屋根 手鍋さげても いとやせぬ そんな独白 はもう古い アプレゲールは ランラララララ 金次第 ヘーイ  金が仇の 此の世では 恋は恋でも 金もてコイ いくらお金が あったとて 人は身持が 第一よ 来年今夜の この月を わたしの涙で くもらせる そんな独白は 聞きあきた すがるお宮を 抱きよせて 仲よく 踊って ランラララララ ブギウギ ヘーイ
オールマン・リバップ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一オールマン・リバー  故郷の河 思い出のミシシッピー 歌は私の思い出の歌 オールマン・リバー
雷ソング笠置シヅ子笠置シヅ子野村俊夫・村雨まさを服部良一服部良一ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまは雲の上 此頃人間世界じゃ 雨降らぬ 電気が不足で 困ります パットついたら 又消える 御飯もゆっくり 喰べられない ローソクどんどん 高くなる 人工雨なぞ 馬鹿馬鹿しい これでは寝るより 仕方がない ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ さっと一雨 わけはない ピカピカドン  ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまも 恋をする 恋すりゃ雷さんでも 同じこと ワクワク血潮が 燃えあがる 泣いた涙で くもらせる 私の涙は涙雨  あんまり泣いたら 夕立で めそめそなくときゃ 梅雨の雨 私のハートは 稲光り チカチカゴロゴロ チカチカゴロゴロ どこの港へ 着くじゃやら ピカピカドン  ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまはへそが好き 近頃人間世界じゃ ストリップ おへそもかくさず 踊り出す どちら向いても ストリップ 雷門の浅草は 軒並揃えて ストリップ これではこちらが 悩ましい うっかり見とれて ふみはずす 桑原 桑原 桑原 桑原 久米の仙人じゃ こりゃたまらない ピカピカドン
七福神ブギ笠置シヅ子笠置シヅ子野村俊夫服部良一服部良一七福神ブギ 日本のマスコット 七福神ブギ ラッキーカムカムラッキー ゆらゆらゆらゆら 宝船が見える 四海浪静か 初日の出の朝 恵比寿に大黒 布袋に弁天 福禄 壽老人 び沙門 皆んな揃うて ヘイ 陽気な神様 縁結びの神 あなたと私の 恵比寿に大黒 布袋に 福禄 び沙門 弁天 壽老人 さあさみんなで 歌え踊れ 歌えよサァ 愉快な七福の歌  恵比寿と大黒 ルムバを踊れば 布袋も負けずに ジルバを踊るよ び沙門 福禄 手拍子揃えて バンドもにぎやか 七福神ブギ 恵比寿に大黒 布袋に弁天 福禄 壽老人 び沙門 皆んな揃うて ヘイ 陽気な神様 縁結びの神 あなたと私の 恵比寿に大黒 布袋に 福禄 び沙門 弁天 壽老人 さあさみんなで 歌え踊れ 歌えよサァ 愉快な七福の歌
たのんまっせ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一服部良一タノンマース タノンマス タノンマース タノンマス タノンマッセ タノンマッセ タノマッセ タノマッセ 運ちゃん何とか たのんます スピード スピード たのんます ハヨ ハヨ ハヨ ハヨ ハヨ フルスピードで たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 後は私が引受けた 女は度胸で 男は愛嬌 此の節何でも 反対です まかしときなはれ まかしとき お金に糸目は つけません メーターどんどん あがるわ あがるわ おもろい おもろい たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ ここは何町 何丁目 さっぱりどこやら わからん わからん  そやかて あんたは見んかてい まかしときなはれ まかしとき 行く先ゃこっちで おしえます ハンドルしっかりぐるぐる 廻して急いで急いで たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 前のトラック何してんの 大きな荷物をぎょうさん 積みゃはって ガタガタガタ ウロウロウロウロ なにしてんのん ハヨハヨハヨ追い越して たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 一台ぬいたら百円ほうびや まかしとき お金に糸目はつけません 一寸オッサン あぶないな 命が惜しうはおまへんか 何をウロウロなにしてんの 自転車ヨロヨロ 小僧さん あぶない あぶない あぶないな いそがばまわれで 曲って 曲って 曲って 曲って右左 はよはよはよはよはよ はよはよはよはよはよ‥‥ アー ストップヤ 赤信号や よういわんわ
コンガラガッタ・コンガ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ 私はあなたが 好きなのに あなたはあの娘が 好きなのね あの娘にゃ あの娘の彼氏があるのに そのまた 彼氏にゃ 彼女があるのに あの娘は何にも知らずに 彼氏に夢中で 惚れたの はれたの 惚れたの はれたの コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ  コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ あの人 あなたの好きな人 きかれてあわてて ごまかした あの人 姉さんの旦那の弟 そのまた従弟の 彼女の兄さん そのまた妹の彼氏で 私に夢中で  惚れたの はれたの 惚れたの はれたの コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ  コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ お家はどちらと 尋ねられ あそこを曲って 突き当り 左へ半丁 八百屋を曲がって三軒 向うのコンニャク屋と 歯医者の間を 斜めに入って 四ツ角の交番所で 私のお家を きいたらわかるわ コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ
ジャンケン・マンボ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーパーグーパーグー あいこでマンボ あいこでマンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ チーパーチーパーパー 雀のマンボ 雀のマンボ マンボマンボ 雀の学校は ピーチクパーチク ピーチクパーチク ピーパーピーパーパー  グーパーグーパーグー ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーグーグーグーグー  おやすみマンボ おやすみマンボ マンボマンボ あんまりねすぎて しくじった それピョンピョンピョンピョン チョキチョキチョキチョキチョキ 床屋のマンボ 床屋のマンボ マンボマンボ かにが店出しゃ うさぎがとび込む あわててお耳を チョキチョキチョキチョキチョキ  グーパーグーパーグー ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン・マンボで グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーグーグーグーグー いねむりマンボ いねむりマンボ マンボマンボ 夜更けにさみしい 火の用心 火の用心 拍子木 チョンチョンチョンチョンチョン お芝居マンボ お芝居マンボ マンボマンボ 拍子木叩けばドンチョウあがって 芝居が始まる チョンチョンチョンチョンチョン
銀座ジャングル暁テル子暁テル子村雨まさを服部良一服部良一銀座ジャングル 心も とろける あゝ やるせない 月の光も 夢見ごこち 今日も昨日も 宵ごこち 銀座ジャングル 心 狂おしい  胸はあやしく あやしく狂う あゝ 悩ましい血潮の赤き薔薇  銀座はジャングル ボンバ(ヤアー) 銀座はジャングル ザンバ(ヤアー) 銀座のジャングルは 心も狂おしい 深い情けの森  銀座はジャングル ボンバ(ヤアー) 銀座はジャングル ザンバ(ヤアー) 何にも汚されない森の 奥深くむせぶ 蘭の その香りを あやしても 銀座ジャングル 情けの花  銀座はジャングル ボンバ(ヤアー) 銀座はジャングル ザンバ(ヤアー) 血潮は香る 情けも香る 恋の銀座はジャングル 恋の銀座はジャングル 恋の銀座はジャングル 魅惑の森の ジャングルの女王  恋のジャングル ジャングル ジャングル ジャングル ジャングル 銀座ジャングル
ミシン娘暁テル子暁テル子井田誠一服部良一服部良一丘のアパート 白い窓 今日もあの人は ミシンを踏んでいる ランラ ラララララ 明るいリズム 水色のギャバジンに 心をこめて 踏み込む夢は どんな夢 針が光る 明るいあの響きよ  春の日ながの バルコニー 今日もあの人は ミシンを踏んでいる ランラ ラララララ 楽しいリズム 恋人のワイシャツか そよかぜ吹けば ベルトも唄う 愛の歌 糸が光る 楽しいあの響きよ  灯影明るい 愛の部屋 今日もあの人は ミシンを踏んでいる ランラ ラララララ 嬉しいリズム コバルトのハンカチに ハートを縫って ほほ笑む瞳 待つは誰 星が光る 嬉しいあの響きよ
東京カチンカ娘暁テル子・羽山和男暁テル子・羽山和男村雨まさを服部良一服部良一どこかで 逢うた人に 今日また逢えた銀座 言葉掛けよか 今宵 さすらいの街 カチンカ 恋の街 夢の街 あの娘は カチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ  あの娘 どこから来たか ネッカチーフが似合う 燃える瞳の娘 雪国生まれ カチンカ さすらいの 恋の歌 銀座のカチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ  銀座は 雪に暮れて 今宵は燃えるペチカ どこかで唄う歌は さすらいの歌 カチンカ 恋の歌 夢の歌 あの娘は カチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ  ギターを かき鳴らせば バンドネオンは 唄う タンバリンを鳴らして 今宵も踊る カチンカ 恋の歌 夢の歌 銀座のカチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ
ブギウギ音頭市丸市丸村雨まさを服部良一服部良一サァー 浮いた浮いた浮いた 浮かれて浮かれて浮かれて ホイホイ これがウキウキ ブギウギ音頭 チョイナ チョイ チョイトナー こんな陽気な リズムはないない それもそうじゃないか ブギは世界の エー 音頭じゃないか さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り  サァー 好いて好かれて好かれて 好いて好かれて ホイホイ 好いた同士が ブギウギ音頭 チョイナ チョイ チョイトナー あなた音頭取りゃ わたしが踊る わたし唄えば あなた陽気に エー ブギウギリズム さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り  サァー 椰子の葉陰で浮かれて 浮かれて浮かれて ホイホイ 可愛いブギウギ ホノルル音頭 チョイナ チョイ チョイトナー ピンクシャワーの チョイと 花が咲く 可愛いあの娘が 小麦色して エー 踊るじゃないか さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り  サァー 揃うた揃うたよ あちらもこちらもブギウギ ホイホイ これがウキウキ ブギウギ音頭 チョイナ チョイ チョイトナー 月をかこんで 世界の人が 丸く仲良く お手々つないで エー 踊ろうじゃないか さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り
ヤンキー・セレネード小畑実小畑実井田誠一服部良一服部良一ヤンキー・セレネーデ 幌馬車で 君と唄う たそがれの丘よ バラ色雲 頬にうつり 静かに流れる ギターの音 ヤンキー・セレネーデ 淡い恋ごころの歌  ヤンキー・セレネーデ 月淡く 君と語る 思い出の丘よ ミモザの花 甘く香り 梢に夢みる 駒鳥 ヤンキー・セレネーデ 夢さそう 夜の調べ  un... un... un...
ウッカリ・タンゴ久慈あさみ久慈あさみ村雨まさを服部良一服部良一うっかり誘われ タンゴ 何も知らずに 手を取られ みんな私を見つめてる 広いホールの 真ん中で 慌てて アッという間に 転んじゃった うらめしい タンゴよ  近ごろ流行りの タンゴ 夜のラジオの ひとときを みんな楽しく 踊りましょう 軽いリズムに浮かれて 抜き足 差し足 あやしく震え 悩ましい タンゴよ  うっかり覚えた タンゴ いつの間にやら やみつきだ 宵のキャバレーに 灯がつけば 知らず知らずに浮かれて ウットリ 君に抱かれ 聴く歌は 懐かしい タンゴよ
札幌シャンソン竹山逸郎・服部富子竹山逸郎・服部富子吉川静夫服部良一服部良一青い封筒の 鈴蘭栞 秘めて懐かし 初恋日記 夢の絵巻か ノスタルジアか あゝ 白いアカシアの花が散る 花が散る  都札幌 エルムの木陰 金のボタンの 青春時代 歌が流れる 緑の風に あゝ 鐘が鳴る鳴る 時計台 時計台  ペチカ燃やして 君待つ胸に 響く馬橇の あの鈴の音よ 逢うた初めは 中島パーク あゝ 踊り明かした カーニバル カーニバル
さすらいのブルース轟夕起子轟夕起子佐伯孝夫服部良一服部良一忘られぬ あの人は 夕空遠く 鳴る鳴る 鐘か ああ 懐かしい 音色に 涙ながして 身をよじって いのちひとすじ 逢いたさに 今日も唄うは さすらいのブルースよ  別れたは つい昨日 さくらんぼの 色づく頃よ ああ いまは冬 粉雪白く 淋しく 薄い手に 受けて やつれて なお燃えて ひとり唄うは さすらいのブルースよ
目下花嫁修業中中村メイコ中村メイコ山上武夫服部良一服部良一いつの間にやら 私も大人 つまり いわゆる 年頃で 何とも やむなく 人並みに 目下花嫁修業中 きょうは洋裁 あしたは和裁 手芸 編み物 お料理と やれやれ まったく 本当に 忙しい  パパは ノンビリしているけれど ママは やきもき ご心配 こちらは全然 売り物で 目下花嫁修業中 しびれ切らした お作法済めば 茶の湯 生け花 エトセトラ やれやれ まったく 本当に 忙しい  こんなことなら お嫁になんか 厭よ厭よと 一応は すねてはみるけど 始まらず 目下花嫁修業中 いずれお見合い 予定のコース ゴールインする それまでは やれやれ まったく 本当に 忙しい  もしも お嫁に行く日が来たら ママは ちょっぴり涙ぐみ パパだって しょんぼりするくせに 目下花嫁修業中 夢をみました 新婚旅行 巴里 倫敦 紐育 やれやれ まったく 本当に 忙しい
メイコの電話中村メイコ中村メイコ井田誠一服部良一服部良一「もしもし もしもし」 アノネ 私メイコよ アノネ 銀座ヘママと買物に 大至急 自動車一台ねがいます 「もしもし ハイ もしもし」 自動車急いで ねがいます 「こちらは消防署だがネ。火事はどこ。 エー。所と番地を早く教えなさい」 まァ 驚いた 混線 混線 あきれて物が言えないワ  「もしもし もしもし」 アノネ 私メイコよ アノネ 白薔薇 紅薔薇 五、六本 今すぐに お家に届けてちょうだいナ 「へーい もしもし ハイ もしもし」 紅薔薇 白薔薇 五、六本 「毎度ありがとうございます。 ハイこちら魚屋でございます 生憎どうも、茹で蛸は売り切れまして。 ヒラメじゃいかがでしょうか」 まァ 驚いた 混線 混線 あきれて物が言えないワ  「もしもし もしもし」 アノネ 私メイコよ アノネ 特急つばめの座席券 ふたり分 何とかご都合ねがいます 「もしもし ハイ もしもし」 何とかご都合ねがいます 「ハイ皆さん。こちらは幼稚園。 おひとりなら、ちょうど欠員がござい ますよ」 まァ 驚いた 混線 混線 あきれて物が言えないワ  「もしもし もしもし」 アノネ あたしメイコよ アノネ いつものところで 待っててネ お小遣いママにもらって すぐ行くわ 「もしもし ハイ もしもし」 いつものところで待っててネ 「こちらは税務署、ハイ。待てませんなァ。 お早く納税ねがいます」 まァ 驚いた 混線 混線 あきれて物が言えないワ
ハロー銀座灰田勝彦灰田勝彦村雨まさを服部良一服部良一ハロー ハロー ハロー さても銀座というとこは 用事がないのに 来るところ 用事のないのは よいけれど お金のないのは 困りもの これじゃ お腹がフラフラ  ハロー ハロー ハロー 若い銀座のエチケット 映画も見なくちゃ 話せない ダンスも出来なきゃ 恥をかく 知らない英語も 知ったふり これじゃ 頭がフラフラ  ハロー ハロー ハロー 君と逢う日は喫茶店 コーヒーに 紅茶に ソーダ水 時間が過ぎても まだ来ない 宵待草の やるせなさ これじゃ お腹がダブダブ  ハロー ハロー ハロー せまる銀座の黄昏は あちらも こちらも アベックで 口笛鳴らして 腕組んで 楽しくささやく ふたり連れ これじゃ ひとりで歩けない
秘めた恋服部富子服部富子佐伯孝夫服部良一服部良一心の青空 浮かぶ面影は 君の影よ ひとり秘めて 思いわびて 黒髪いとし 春かなし 誰も知らない 心の君よ 秘めた恋 君も知らない  心の夕空 宿る面影は やさし影よ 花を捧げ 涙ぐんで 見果てぬ夢の 身は淋し 誰も知らない 心の君よ 逢えばとて 君も知らない
別れのオランダ船服部富子服部富子坂口淳服部良一服部良一港長崎 オランダ船の せつない別れの 銅鑼が鳴る 泣かないで 送りましょうよ あの人を 悲しいけれど 明日から わたしは思い出に 生きてゆくのよ ただひとり  坂の長崎 ふたりの夢の 儚い生命の 曼珠沙華 手をふれば いつか恋しい 面影も 涙ににじむ 潮路も遥かな バテレンの 国は西やら 東やら  暮れりゃ長崎 ザボンの月に 灯りも淋しい 色硝子 逢える日の あても無いのに いつまでも 待つ身がいとし せめては やさしいマリアさま 胸の想いを 伝えてよ
想いでの湖畔よ三浦洸一三浦洸一南波哲服部良一服部良一汽笛わびしく 黄昏の 水面をゆすり 汽車は去りゆく 想いでの 湖畔の駅よ ひとり尋ねし 悲しい群れに シグナルは シグナルは 青い涙か せつなく光る  岸のボートよ 忘られぬ ホテルの窓よ 瞳やさしく 寄り添いし あの日の君よ 暗いホームに 帰らぬ夢を やるせなく やるせなく 追えば夜霧が ソフトを濡らす  いっそこのまま とまらずに さよならしよか つらい悲しい 想いでの 湖畔の駅よ 更けて淋しい 待合室の 白樺の 白樺の 古いベンチに 男の涙
五ツ木ルンバ吉岡妙子吉岡妙子小野金次郎服部良一服部良一おどま かんじん かんじん あん人達ゃ よか衆 よかしゃ よか帯 よか着物  呑んで 後生楽 酔うたが 無理か 酒はよか酒 よかおなご  川辺 川上 おどんが嫁は 五ツ木越えして 丘の荘  向い小山から 出る 月影に まめな この顔 うつしたや  嫁が 来るのなら だんないけれど もしや追っ手の たいまつか
東京シンデレラ宮城まり子宮城まり子井田誠一服部良一服部良一燃える瞳に 青空うつし 夢を見ていりゃ この世はたのし 恋もお金も つかめば消えて 後にゃ涙が 残るだけ わたしは東京の シンデレラ だから一人よ 夢見るだけよ  誰も知らない 乙女の希(ねが)い そっと抱いた クイーンの夢よ 馬車に揺られて 花咲く小径 逢いにゆこうか プリンスに わたしは東京の シンデレラ だから一人よ 夢見るだけよ  空はコバルト あこがれ秘めて きよく暮せば ゆたかな心 薔薇の花さえ 風吹きゃ散って とげに刺されて 泣くばかり わたしは東京の シンデレラ だから一人よ 夢見るだけよ
恋は陽気にスィングで宮城まり子宮城まり子井田誠一服部良一服部良一恋は陽気にスィングで ねらって打ちましょう貴方のハート 一度ねらえば 私のものよ 軽いスィング ダダダダ 私が唄えば 貴方が踊る いつのまにやらこころはひとつ 貴方も私もスィング スィング 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー  恋は陽気にスィングで リズムにのりましょう貴方のリズム スロークイック こころのままに 軽いスィング ダダダダ ハートのリズムの 高鳴るころは いつかとけあう二人のこころ 貴方も私もスィング スィング 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー  恋は陽気にスィングで ねらいをつけたらわき目もふらず 雨の降る日も 風吹く夜も 恋のお百度 ダダダダ 一押し二押し 押してくるが ままにならない女の気持 貴方もスィート 私もスィート 恋は陽気にスィングで ハッピーハッピー
青い山脈宝田明宝田明西條八十服部良一服部良一若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて きょうもわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ 青い山脈 かがやく嶺の なつかしさ 見れば涙が またにじむ  父も夢みた 母も見た 旅路のはての その涯の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る
センチメンタル・ダイナ笠置シヅ子笠置シヅ子野川香文服部良一服部良一ダイナ 淋しい瞳に ほほえみは消えて 涙さえうるむ ネー ダイナ 若い娘は いつもほがらかに 希望にもえて くよくよするのは やぼな娘よ くよくよするのは やぼな娘よ おお ダイナ あなたのえくぼに ほほえみは消えて 溜息ばかり センチメンタル ダイナ ほほえめよ ダイナ センチメンタル ダイナ 歌えよ ダイナ センチメンタル ダイナ 踊れよ ダイナ センチメンタル ダイナ ほがらかにうたえ  やさしい可愛い ダイナ 恋になやむ乙女 さびしい顔して センチメンタル ダイナ 歌を忘れた 踊りも忘れた センチメンタル ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ
ラッパと娘PLATINA LYLIC笠置シヅ子PLATINA LYLIC笠置シヅ子服部良一服部良一服部良一楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌歌えば なぜかひとりでに 誰でも皆んな うかれだす バドジズ デジドダー トランペット鳴して スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌歌えば なぜかひとりでに 誰でも皆んな うかれだす バドジズ デジドダー トランペット鳴して スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  あの街でも この街でも 皆んな歌うは 皆んな歌うは この歌 この歌 すてきなこの歌 すてきなこの歌 バドダドジデジ エジエジドダー バドダドジデジ エジドダー バンバンバンバン バンバンバンバン バンバンバンバン バダジダー 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バドダドダド ダドダドー
買物ブギーPLATINA LYLIC笠置シヅ子PLATINA LYLIC笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一今日は朝から 私のお家は てんやわんやの 大さわぎ 盆と正月 一緒に来たよな てんてこまいの忙しさ 何が何だか さっぱりわからず どれがどれやら さっぱりわからず 何もきかずに とんでは来たけど 何を買うやら 何処で買うやら それがごっちゃに なりまして わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  たまの日曜 サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山 買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの 手当たり次第に ひとの気持も 知らないで わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  何はともあれ 買物はじめに 魚屋さんへと とびこんだ 鯛に 平目に かつおに まぐろに ブリにサバ 魚は取立 とび切り上等 買いなはれ オッサン買うのと 違います 刺身にしたなら おいしかろうと思うだけ わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  とり貝 赤貝 たこに いか 海老に 穴子に キスに シャコ ワサビをきかせて お寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体 何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でも オッサン鮭の缶詰 おまへんか わてほんまに よう言わんわ あほかいな  丁度隣は八百屋さん 人参 大根に ごぼうに 蓮根 ポパイのお好きな ほうれん草 トマトに キャベツに 白菜に 胡瓜に 白瓜 ぼけなす 南瓜に 東京ネギ ネギ ブギウギ  ボタンとリボンと ポンカンと マッチにサイダーに ダバコに仁丹 ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ アア ヤヤコシ  ちょっとおっさん こんにちは ちょっとおっさん これなんぼ おっさんいますか これなんぼ おっさんおっさん これなんぼ おっさんなんぼで なんぼがオッサン おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん わしゃ 聞こえまへん わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ あーしんど
夜のプラットホーム二葉あき子二葉あき子奥野椰子夫服部良一服部良一星はまたたく 夜ふかく なりわたる なりわたる プラットホームの 別れのベルよ さよなら さよなら 君いつ帰る  ひとは ちりはて ただひとり いつまでも いつまでも 柱に寄りそい たたずむわたし さよなら さよなら 君いつ帰る  窓に残した あの言葉 泣かないで 泣かないで 瞼にやきつく さみしい笑顔 さよなら さよなら 君いつ帰る
小雨の丘小夜福子小夜福子サトウハチロー服部良一服部良一雨が静かに降る 日暮の町はずれ そぼ降る 小雨に 濡れゆくわが胸 夢のようなこぬか雨 亡き母のささやき ひとりきくひとりきく さびしき胸に  ああ 母さん、あなたが死んで三年 私はこの雨にあなたを想う 雨 雨 泣きぬれる雨 木の葉も草も そして私も  つらいこの世の雨 悲しきたそがれよ そぼ降る小雨に 浮かぶは思い出 うつり行く日を数え 亡き母を偲べば ともしびがともしびが 彼方の丘に  ともしび ともしび 母さんの瞳によく似た ともしび 私は歌おう 私の好きなあの丘で 母さんを想う心からの歌 ああ 懐かしい思い出の歌  丘に静かに降る 今宵のさみしさよ そぼ降る小雨と 心の涙よ ただ一人たたずめば 亡き母のおもかげ 雨の中 雨の中 けむりて浮かぶ
アロハ・ブギ笠置シヅ子笠置シヅ子尾崎無音・補作詞:藤浦洸服部良一服部良一アロハ・ブギウギ アロハのブギ 夢の小島の ハワイのブギ かけた五色のレイは 乙女の胸の高鳴り ブギウギ サァサみんなで アロハ・ブギウギ 歌おうよ 赤い夕日が 沈むころ ワイキキ浜辺を行こう 君と二人で ああ アロハ・ブギウギ ハワイのブギウギ  アロハ・ブギウギ フラフラブギ 花の小島の ハワイのブギ アロハ・シャツ着て ココナッツ・ハット 一寸かぶって ブギウギ サァサ みんなでブギを歌って 踊ろうよ  あつい情の 島娘 真赤な花をさして 黒い瞳に 夢を見るような ハワイの ブギウギ  アロハ・ブギウギ 月夜のブギ 椰子の木影の ハワイのブギ どんと砕ける 波は黒潮 寄せて返して ブギウギ さあさ みんなで胸を叩いて 歌おうよ 今宵限りの 旅の人 ホノルル出船のドラ 明日は別れか ああ アロハ・ブギウギ ハワイのブギウギ
ハーイ・ハイ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一ご機嫌如何です ハーイハイ ご機嫌如何です ハーイハイ いつでも貴方は ニコニコ ハーハ……  ほんまにえびす顔 朗らか 何を言われた時も 嫌な顔一つせず 明るい声 やさしい顔 心も朗らか 愛嬌たっぷりにおどけた その唄は 鼻唄をラ……… 口笛をラ……… その唄唄えば 皆も ハーイハイ ハーイハイ ラ……… 唄は流れる 街をゆく ハーイハイ ハーイハイ あちらでも ハーイ こちらでも ハーイ さあ皆声を揃え唄およ 踊りも唄およ 天までとどけよ さあさ唄およ さあさ唄およ 声を張りあげて 皆揃って ハーイハイ ハーイハイ ルッパラ ラットゥラ ルッパラ ラットゥラ…… ハッチャチャ ハッチャチャ…………
ボン・ボレロ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一私のお家の父さん母さん太鼓が大好き ドラムが大好き大好き大好き 大大大好き 雨が降っても嵐が吹いても 毎朝毎晩太鼓に合せてお唄を唄って 一心不乱に或る日のこと 母さん私に言いました お前は仲々音楽大好き おまけにジャズが大好き大好きで ジャズが好きなら同じ太鼓だ リズムに変りはないわいな 何でも信心いわしの頭も信心からから ひとつ皆と一緒に 太鼓叩いて唄いなさい 太鼓のリズムは何でもないない こうしてああして 言われて私も皆と一緒に 毎晩毎晩アーアー ドンツクドンツクドンドンツクツク ドンツクドンツクドンドオン ドンツクドンツクドンドオン…… アー…… ドンツクドンツクドンドオン…… ラー…… お前の太鼓は何ですか 踊る宗教か酋長の娘か それともアフリカ土人の ジャングル太鼓じゃあるまいし それでは神様怒って御座るぞ 罰があたるぞ天罰てきめん 私が太鼓を叩けば 皆がゲラゲラゲラ笑うよ笑うよ なーにがおかしい日本の太鼓は リズムはむずかしジャズよりややこし 或る日のこと アメリカの私の友達 遊びに来たので ハロー カムカム ウエルカム チョイト太鼓を叩いて尋ねたら 尋ねてみたなら 驚いた大きな口をば パクパクひらいて 眼をむいて ジャパニーズ タムタム ワンダフル 大変よろしいジャパニーズ ルムバだ  日本のボレロだ 世界の何処にもないから 日本のボレロだボンボレロ ジャパニーズボレロだ ボンボレロ あなたも愉快だ私も愉快だ ボンボレロ ボンボレボンボレボンボレロ …… ドンツクドンドンツクツク …… ボレロ
エッサッサ・マンボ笠置シヅ子笠置シヅ子服部鋭夫服部良一服部良一エッサッサのマンボ エッサッサのエッサッサ エッサッサのマンボ エッサッサのエッサッサ  出雲名物荷物にゃならぬ きいてお帰り安来節 あらエッサッサ エッサッサ 出雲の神さんごきげんさん まあごきげんさん わたしゃ御縁がないままに 今日まで一人で来たけれど ちょいと神さんあんまりだ 出雲の神さんあんまりだ うらんでみたとて仕方がないけど こちゃマンボかさみしかろ 心入れかえたんと信心する程に 私の縁談たのみます ぜいたくなんぞは申しません 男と名がつきゃ大事に  大事にいたします じゃによって出雲の神さん たのみまっせたのみます お百度踏みます エッサッサ エッサッサ エッサッサ エッサッサ  安来千軒名の出たところ 社日桜や十神山 あらエッサッサ エッサッサ 御利益テキメン見つかった まあ見つかった とてもすてきなハンサムが よだれが出る程よい男 やさしお方で金持ちで うずめの命じゃないけれど 唄っておどって夢中になって こちゃマンボかうれしかろ あの手この手でなんとかなるかと 口説いたら鏡とそうだんしてごらん  うぬぼれすぎるも程がある 男はこんなに冷たいものとは 知らなんだ じゃによって出雲の神さん うらみまっせ うらみます 一生一人で エッサッサ エッサッサ エッサッサ エッサッサ
ジャジャムボ笠置シヅ子・旗照夫笠置シヅ子・旗照夫村雨まさを服部良一服部良一さあ 皆さん おききなさい こんな唄は いかがでしょうか 東京では 今 流行の 愉快な唄 楽しい踊り ジャジャ馬でも 野次馬でも ついフラフラ 皆 踊りだす 太鼓は それ お手のものだ かけ声 それ 頼みますぞェー ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャジャンボ 明るい唄声 朗らかな唄は ジャジャンボ 大人も子供も 手拍子揃えて ジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャジャンボ  さあ 皆さん 歌う時は 大きな口 パクリとあけて 恥ずかしいと 思っちゃ駄目 すましていちゃ 尚更だめよ ザックバラン それがよろし さあ元気で 歌いましょうよ 太鼓は それ お手のものだ 破れるまで 叩きまくれよ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャジャンボ 楽しい唄声 にぎやかな唄は ジャジャンボ 夏でも冬でも 一年中それ ジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャジャンボ
銀座カンカン娘PLATINA LYLIC高峰秀子PLATINA LYLIC高峰秀子佐伯孝夫服部良一服部良一あの娘可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら 銀座の街角 時計ながめて そわそわ にやにや これが銀座の カンカン娘 (これが銀座の カンカン娘)  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼恐くはないのよ これが銀座の カンカン娘 (これが銀座の カンカン娘)  指をさされて カンカン娘 ちょいと啖呵も 切りたくなるわ 家はなくても お金がなくても 男なんかにゃ だまされまいぞえ これが銀座の カンカン娘 (これが銀座の カンカン娘)  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本 初恋の味 忘れちゃいやよ 顔を見合わせ チュウチュウ チュウチュウ これが銀座の カンカン娘 (これが銀座の カンカン娘)
丘は花ざかり藤山一郎藤山一郎西條八十服部良一服部良一若い生命の カレンダーを 今日もひらけば 君の顔 呼びかける あのひとみ モナ・リザの 謎のいとしさ ああ若い日の丘は花ざかり  青いホールの シャンデリヤ 抱いて踊れば 黒髪の なやましい 移り香に 春はゆく 涙ながして ああ若い日の丘は花ざかり  想い想われ 散ってゆく 恋は真赤な 天竺葵(ゼラニアム) あのひとも このひとも ながれゆく 淡い白雲 ああ若い日の丘は花ざかり
南の恋唄暁テル子暁テル子村雨まさを服部良一服部良一麗(うるわ)しや 歌の調べに 君を呼ぶ 南の島の娘よ  椰子の葉茂りて 風静かに 月も青く 波に砕けて コバルトの 夜の香りも 甘き 恋唄  熱い情け 燃ゆる瞳 島の娘の 悲しい唄 君を呼ぶ その恋へ  哀れ懐かし君よ 辛い心も知らぬ 恋し乙女の君よ 木陰は遠く 哀れ懐かし君よ 辛い心も知らぬ 恋し乙女の君よ 木陰は遠く  儚く消えゆく 月の明りよ 儚く消えゆく 月の明りよ 哀れ消えゆく 別れの唄よ アー アー…  この唄 南の島 恋の唄を麗しく 唄う乙女 アー アー… この唄  悲しい唄声 淋しい唄声 南の恋唄 君を知るや悲し調べ 南の島の 恋の唄よ アー
これがブギウギ暁テル子暁テル子村雨まさを服部良一服部良一悲しいブルースに 泣くのはおよしよ 遠い昔の思い出など 諦めて 朗らかに 陽気にはずんで 唄いましょ 明るい歌のブギウギを  ダ ディド バディ(ダ ディド バディ) ダダ ディド バディ(ダダ ディド バディ) さあさ踊ろよ ゆかいな歌 これがブギウギ ランララン  ダディ(ダディ) ダダダ ダディ(ダディ) これがブギウギ ヘイー!  別れりゃどなたでも なんぼか辛いか 月を眺めて 涙浮かべ 悲しくて 淋しくて 日暮れになったら 泣けてくる てなこと言って みたけれど 陰では(陰では) すました顔(すました顔) ブギを唄って 浮かれている これがブギウギ ランララン  ダディ(ダディ) ダダダ ダディ(ダディ) これがブギウギ ヘイー!  二人で踊っても 一人ではずんでも ブギはいつでも 陽気な歌 あちらでも こちらでも ディダバグ ジクバク ブギウギを どなたも皆んな 朗かに  ダ ディド バディ(ダ ディド バディ) ダダ ディド バディ(ダダ ディド バディ) さあさ踊ろよ ゆかいな歌 これがブギウギ ランララン  ダディ(ダディ) ダダダ ダディ(ダディ) これがブギウギ ヘイー!
鬼のブギウギ暁テル子暁テル子佐伯孝夫服部良一服部良一ギャーギャー ギャーギャー 鬼のブギウギ ギャーギャー ギャーギャー 鬼のブギウギ  水の流れも 散りゆく花 ブギウギ ブギウギ 何をくよくよ 心配なんぞ バイバイバイ 行こうよブギウギで 素晴らしい 世紀の歌 鬼のブギウギを 青鬼赤鬼 赤鬼唄えば 青鬼踊るよ 鬼と名がつきゃ 人間しゃばでは 何でもかんでも ビクビクビクビク ガタガタガタガタ 鬼も十八 つのさえ可愛いい さあさグッチョイ グッチョイ グッチョイ ブギーウギ ブギウギ  好いて好かれて 浮かれて浮いて ブギウギ ブギウギ ほれゝばどこまで 此のつのさえも バイバイバイ 行こうよブギウギで 朗らかな 世紀の歌 鬼のブギウギを 青鬼赤鬼 赤鬼唄えば 青鬼踊るよ 鬼と名がつきゃ どこでもここでも  何でもかんでも ビクビクビクビク ガタガタガタガタ つのがこわけりゃ 浮気はおやめよ さあさグッチョイ グッチョイ グッチョイ ブギーウギ ブギウギ
東京やんちゃ娘宮城まり子宮城まり子井田誠一服部良一服部良一東京やんちゃ娘 おしゃれでおきゃんで お転婆で アプレじゃないわ江戸ッ子だい 神田の生れだよ だけど 男とお酒は大嫌い ダンスや歌なら大好き ヤンチャ ヤンチャ娘 私は江戸ッ子だい  東京やんちゃ娘 映画を見なくちゃ眠れない コーヒーがなくちゃ起きられない 困ったお嬢さん だけど 銀座は毎日ブラブラ お陰で頭は フラフラ ヤンチャ ヤンチャ娘 私は江戸ッ子だい  東京やんちゃ娘 月夜の晩には チョイとセンチ ギターをひいて 唄うのは なげきのセレナーデ 恋をしようか あきらめましょうか いえいえ 私はツーヤング ヤンチャ ヤンチャ娘 私は江戸ッ子だい  東京やんちゃ娘 お嫁に行くなら 派手にゆく お城の中か ジャングルか 私は女王様 若いプリンス 私に首ったけ お金もダイヤも くさる程 ヤンチャ ヤンチャ娘 夢ではないかしら
恋の流れ星山口淑子山口淑子佐伯孝夫服部良一服部良一つれないゆえに こんなにも 死ぬほど恋しい あなたやら つれないゆえに 忘られず しみじみ未練の 私やら あゝ あなたは 何処の空 気ままな恋の 流れ星  諦めながら 泣きながら 夢ではないかと 思うたり 本当のことと 今さらに 並木の木陰で 咽んだり あゝ 泣かせて 何処の空 浮気な恋の 流れ星  つれないゆえに 今日もまた あなたの面影 追うのやら 眠れぬゆえに 月に泣き 切なく悲しい 私やら あゝ あなたは 何処の空 いとしい恋の 流れ星
ラ・ヴィ・アン・ローズ(愛の花びら)山口淑子山口淑子Edith.Piaf・訳詞:野川香文Louiguy服部良一愛の花びら いつも香る あなたの胸に 強く抱かれて 心もえる 愛のくちづけ 瞼をとじて しずかにきく 愛のことば  夢をゆする さゝやき 風もうたう 愛のうた いつもあなたの 胸にかおる 花びら  瞼をとじて しずかにきく 愛のことば  夢をゆする さゝやき 風もうたう 愛のうた いつもあなたの 胸にかおる 花びら
想い出の白蘭山口淑子山口淑子佐伯孝夫服部良一服部良一白蘭、美わし想い出の 白蘭、香わしき恋の花よ ああ、白蘭 黒髪にかざして きみと踊りしあの頃 踊り疲れて 龍燈ほのかな きみの膝の上に やさしく置いた花よ 白蘭、二人の恋は 春の夜に似て短かかりしよ  ああ、白蘭、切なき想い出の 忘れじの花よ 想い出の花
懐かしのタンゴ山口淑子山口淑子佐伯孝夫服部良一服部良一赤いネオンに小ぬか雨 やさしく降ってる夜でした 水玉模様のマフラーした 彼とタンゴ 一おどり 彼はわたしを抱き寄せて 「今夜も家まで送りましょう」 やさしく囁いた あまりまじめなその顔に 「送り狼 あなたが恐い」 そっと瞳をそらした  恋の花咲くキャバレーで しおしお萎れる彼でした あまり淋しそうな横顔に 彼とタンゴ 踊りつつ ポッとこの頬 紅くして 「今夜はわたしが送りましょう」 やさしく囁いて 胸に甘えりゃ憎いひと 「送り狼 あなたが恐い」 あとは笑っていた人
ペニイ・セレナーデ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸H.Hallifax、M.Weersma服部良一夕べ淡き星かげにさまよい きみがまどに捧ぐ ペニイ・セレネード シ・シ・シ 星のささやきに シ・シ・シ このペニイ・セレネード  月のあおき想いでに誘われ ギターにのせてうたう ペニイ・セレネード シ・シ・シ 愛のひとしずく シ・シ・シ このペニイ・セレネード  なさけあつき夜のうた楽しく きみとふたりうたう ペニイ・セレネード シ・シ・シ ゆめのひとときを シ・シ・シ このペニイ・セレネード
セントルイス・ブルース笠置シヅ子笠置シヅ子大町竜夫W.C.Handy服部良一赤い夕日に 今日もくれる 哀しあの歌 見果てぬ夢 あふるる涙 ほほをつたう 過ぎて帰らぬ 楽しき日よ 君と二人で 丘を行けば 春の光が あふれていた そよと吹く風 森の小鳥 みんな二人に ほほえんで いた  つめたい雨よ 身に沁む ………の灯が 思いは楽し春 歌えセントルイス・ブルース セントルイス・ブルース  セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース ラララランララン ラララランララン  セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース
ジャングル・ブギー笠置シヅ子笠置シヅ子黒沢明服部良一服部良一ウワオ ワオワオ/ウワオ ワオワオ 私はめひょうだ 南の海は 火をはく山の ウワオワオワオ生れだ 月の赤い夜に ジャングルで ジャングルで 骨のとけるような 恋をした ワァーアー ワァーアーアア 恋にくるい くるって ジャングルの ゴムの木に ひょうの毛皮を おいてきた ワァー ワァー  ウワオ ワオワオ ウワオ ワオワオ 私はめひょうだ 火のふる島は 炎の恋が ウワオワオワオいのちだ 月の青い夜に ジャングルで ジャングルで むねがさけるほど ないて見た ワァーアー ワァーアーアア 恋にくるい くるって ジャングルの 星空に ひょうのなみだを すててきた ワァー ワァー ウワオワオワオ ウワオワオワオ ボンバボンバボンバボンバボンバボンバ ギャー
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. お酒がいいの冷やがいい
  3. オセロ
  4. 366日
  5. Lion Heart

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. 永久 -トコシエ-
  5. hanataba

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×