村雨まさを作詞の歌詞一覧リスト  35曲中 1-35曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
35曲中 1-35曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
大空の弟(ブギウギ ver.)福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)村雨まさを服部良一服部隆之かねてより われらを苦しめた 憎い顔した 敵軍ども 日頃鍛えた この腕で 重い小銃 抱え込み ガーンと 突撃しています 〇〇隊にて 六郎より  ラジオや 新聞に もしや六郎の 部隊の名が 書いてないかと  どこにどうして いるのやら いつも〇〇〇部隊 〇〇方面 〇〇隊 〇〇〇ばかりなり 〇〇〇ではわからない  姉さんも 弱い体のお父さんと いつもあなたの お話ばかり ご親切な隣組の 皆様方の 厚い情けに 守られて なにひとつ 不自由なこともなく 暮らしています  これもひとえに弟の おかげと思い 姉さんは 遠い戦地を偲ぶごと 厚い感謝に 泣けている
買物ブギー三山ひろし三山ひろし村雨まさを服部良一石倉重信今日は朝から私のお家は てんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよな てんてこ舞いの忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当り次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買物はじめに 魚屋さんへととびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ 魚は取立とび切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根にごぼうに蓮根 ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に 胡瓜に白瓜ぼけなす南瓜に 東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ アアヤヤコシ チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサン オッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど
買物ブギーバックドロップシンデレラバックドロップシンデレラ村雨まさを服部良一今日は朝から私のお家はてんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよなてんてこ舞いの忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ  たまの日曜サンデーと云うのに 何が因果と云うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当り次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ  何はともあれ買物はじめに魚屋さんへととびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ 魚は取立とび切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろうと思うだけ わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ  とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう云わんわ アホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根にごぼうに蓮根 ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に 胡瓜に白瓜ぼけなす南瓜に 東京ネギネギ ブギウギ  ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ アアヤヤコシ  チョットオッサンこんにちは チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサン オッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン オッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ ああしんど
買い物ブギ西田あい西田あい村雨まさを服部良一SoulJa今日は朝から私のお家は てんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよな てんてこ舞いの忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当り次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買物はじめに 魚屋さんへととびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ 魚はとりたてとびきり上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ アホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参大根にごぼうに蓮根ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に胡瓜に白瓜ぼけなす南瓜に 東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサン オッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど
コペカチータ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一ラララララランラ ラ……… 不思議なリズムだ ラララランラ きかずや君よ このリズムを きかずや君よ この歌声 今宵は君と 踊ろうよ 月影淡き このひと夜さを 心もふるえて たまらないわ 踊りましょう 歌いましょう  この歌 美わしや この歌 君知るや ラ‥‥ 新しき歌 それは コペカチータ ハ‥‥ ワラ…… コペカチータ ワラ…… コペカチータ 赤いバラは情熱 白いバラは純情 胸につけて踊ろう 情熱のさめぬまに ハハ‥‥  不思議なこの歌の魅力 君よ知らずや コペカチータ この歌の意味 みんな誰でも知らない コペカチータ コペカチータ ラ… コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ この意味教えよ ワララ ワララワララワララ コペカチータ コペカチータ それは情熱の歌 コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ ワラ‥‥ ワラ‥‥ ワァーワァーワァーワァー コペカチータ
ブギウギ時代笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり ブギを歌って 八百屋へ行けば 八百屋あわてて ネギをば出した これじゃトウキョウ ネギネギ ブギウギ ネギネギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 好きと好きなら 遠慮はいらぬ ブギが取りもつ 二人の仲に 出来た子供が ブクブク育つ 好きと好きとで ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 昔しゃ音頭で アリャサノコリャサ 今じゃ浴衣で ブギウギダンス うちわ片手に ブギウギおどる 盆も祭も ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり 娘ダンスで ジルバを踊りゃ 親爺(おやじ)横町で 靴をばみがき ちょっと口笛 ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ
ブギウギ娘笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一妾はブギウギ娘 妾はヘイヘイ娘 あたしだって 矢張り青春の血がワク ワク ワク ワク ワク おまけに彼氏と 一緒じゃほんまに やりきれませんワ なやまし なやまし なんだかハートが チクチクズキズキ いたみますわ ライラックのお花の 咲く頃となれば なぜにこんなに イライラ ムズムズするのだろ ヘイ  妾は陽気な娘 陽気のかげんでウキウキ あたしだって 恋しお方の二人や三人 ないしょ ないしょ ないしょ ないしょ 妾の彼氏は 気だてもやさしく とってもスマート 素敵な 素敵な なんだかハートが チクチクズキズキ いたみますわ ライラックのお花の 咲く頃となれば なぜにこんなに イライラ ムズムズするのだろ  唄え恋の歌 二人の愛の唄 恋のブギウギで みんな楽しく ハァ ブギウギ あちらもこちらも ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ さあさ恋のブギウギ 情熱の歌 声を揃えて 力かぎりに さあさヘイヘイ バッダダ さあさヘイヘイ バッダダ タララ…… 恋のブギウギ
ロスアンゼルスの買物笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一生まれてはじめて アメリカ見物 着いたトタンに 英語をはなした 素敵な兵隊さんが 私をみつめて ニコニコ ニヤニヤ 私も笑わず ニッコリ笑って ハローサンキュー アイラヴユーラヴ 知ってる英語を はしから並べて バイバイ バイバイ ところが皆さん 相手の兵隊さんは 二年三月も 日本にいた人 日本語上手で ベラベラベラベラ こんな便利な 国はない アメリカよいとこ アメリカ大好き ララララー 歌と踊りで 夜が明ける ああ たのし この世のパラダイス  いよいよ日本に 帰るときまれば みやげ買いたし お金が足りない デパートうろうろ 行ったり来たりで 日が暮れる 日が暮れる なるべく軽くて 沢山あるもの 恥をしのんで 値段をきいたら とっても安くて 丈夫できれいで ハウマッチ サンキュー ところが皆さん 日本に帰って 裏をかえせば メイド・イン・ジャパンだ みんなにさんざん わらわれましたよ こんな恥しいことはない アメリカよいとこ アメリカ大好き ララララ― 歌と踊りで 夜が明ける ああ たのし この世のパラダイス
モダン金色夜叉 with 堺駿二笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一此処は熱海の海岸で ミスター貫一 ミスお宮 ざっくざくざく 散歩する ジャブジャブジャブ 波が来る ブラブラブラブラ 二人連れ 宮さん 危いよ あっちいっちゃ危いよ 共に語るも 今日かぎり 共に歌うも ランラララララ 今日限り ヘーイ  あなた大学終るまで わたしは待っては いられない いくら落第したとても アルバイトで 稼いでも あなたを洋行させる為 富山一家に かしずこか ザクザクお金を 借りようか ダイヤモンドに 目がくらみ のってはならない ランラララララ 玉のこし ヘーイ  何をのたまう 貫一さん 貫一がいしちゃいやですよ だまれ宮さん つめたいよ 例えお金が なくっても お金のない人 大嫌い 竹の柱に 茅の屋根 手鍋さげても いとやせぬ そんな独白 はもう古い アプレゲールは ランラララララ 金次第 ヘーイ  金が仇の 此の世では 恋は恋でも 金もてコイ いくらお金が あったとて 人は身持が 第一よ 来年今夜の この月を わたしの涙で くもらせる そんな独白は 聞きあきた すがるお宮を 抱きよせて 仲よく 踊って ランラララララ ブギウギ ヘーイ
オールマン・リバップ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一オールマン・リバー  故郷の河 思い出のミシシッピー 歌は私の思い出の歌 オールマン・リバー
コンガラガッタ・コンガ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ 私はあなたが 好きなのに あなたはあの娘が 好きなのね あの娘にゃ あの娘の彼氏があるのに そのまた 彼氏にゃ 彼女があるのに あの娘は何にも知らずに 彼氏に夢中で 惚れたの はれたの 惚れたの はれたの コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ  コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ あの人 あなたの好きな人 きかれてあわてて ごまかした あの人 姉さんの旦那の弟 そのまた従弟の 彼女の兄さん そのまた妹の彼氏で 私に夢中で  惚れたの はれたの 惚れたの はれたの コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ  コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ お家はどちらと 尋ねられ あそこを曲って 突き当り 左へ半丁 八百屋を曲がって三軒 向うのコンニャク屋と 歯医者の間を 斜めに入って 四ツ角の交番所で 私のお家を きいたらわかるわ コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ
ジャンケン・マンボ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーパーグーパーグー あいこでマンボ あいこでマンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ チーパーチーパーパー 雀のマンボ 雀のマンボ マンボマンボ 雀の学校は ピーチクパーチク ピーチクパーチク ピーパーピーパーパー  グーパーグーパーグー ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーグーグーグーグー  おやすみマンボ おやすみマンボ マンボマンボ あんまりねすぎて しくじった それピョンピョンピョンピョン チョキチョキチョキチョキチョキ 床屋のマンボ 床屋のマンボ マンボマンボ かにが店出しゃ うさぎがとび込む あわててお耳を チョキチョキチョキチョキチョキ  グーパーグーパーグー ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン・マンボで グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーグーグーグーグー いねむりマンボ いねむりマンボ マンボマンボ 夜更けにさみしい 火の用心 火の用心 拍子木 チョンチョンチョンチョンチョン お芝居マンボ お芝居マンボ マンボマンボ 拍子木叩けばドンチョウあがって 芝居が始まる チョンチョンチョンチョンチョン
黒田ブギー神野美伽神野美伽村雨まさを服部良一ほろよいブギーほろよいブギー ふらふらふらふら ドッコイ ほろよい機嫌で 千鳥足  酒はのめのめ 飲むならば 日の本一の この槍を のみ取る程に のむならば これぞまことの 黒田武士  黒田ブギウギ 黒田ブギウギ 日本の素的なブルース ブギウギリズムで陽気に 太鼓を叩いて陽気に ブッパーブ バップバ ブッパーブ バップバ 春には花見酒 夏には涼み酒 秋には紅葉酒 冬には雪見酒 ハッハハハー  酒のみゃー 春夏秋冬 楽しいつでも 心は楽し 春には花見酒 夏には涼み酒 秋には紅葉酒 冬には雪見酒 ハッハハハー 酒のみゃー いつでも楽しや楽しや 楽しや ランララランラン ほろよい人生あー バッドゥディ バッドゥディ バッドゥディ バッドゥディ ララララララ………  愉快な酒なら のましゃれ 程よくのむなら のましゃれ のむ程酔う程 愉快にさあさ乾盃 みんなで盃あげて 乾盃みんなで盃あげて さあさ踊ろよ さあさ唄およ バンバンバンバンバン ああ酔うた酔うた酔うた ふらふら
銀座ジャングル暁テル子暁テル子村雨まさを服部良一服部良一銀座ジャングル 心も とろける あゝ やるせない 月の光も 夢見ごこち 今日も昨日も 宵ごこち 銀座ジャングル 心 狂おしい  胸はあやしく あやしく狂う あゝ 悩ましい血潮の赤き薔薇  銀座はジャングル ボンバ(ヤアー) 銀座はジャングル ザンバ(ヤアー) 銀座のジャングルは 心も狂おしい 深い情けの森  銀座はジャングル ボンバ(ヤアー) 銀座はジャングル ザンバ(ヤアー) 何にも汚されない森の 奥深くむせぶ 蘭の その香りを あやしても 銀座ジャングル 情けの花  銀座はジャングル ボンバ(ヤアー) 銀座はジャングル ザンバ(ヤアー) 血潮は香る 情けも香る 恋の銀座はジャングル 恋の銀座はジャングル 恋の銀座はジャングル 魅惑の森の ジャングルの女王  恋のジャングル ジャングル ジャングル ジャングル ジャングル 銀座ジャングル
東京カチンカ娘暁テル子・羽山和男暁テル子・羽山和男村雨まさを服部良一服部良一どこかで 逢うた人に 今日また逢えた銀座 言葉掛けよか 今宵 さすらいの街 カチンカ 恋の街 夢の街 あの娘は カチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ  あの娘 どこから来たか ネッカチーフが似合う 燃える瞳の娘 雪国生まれ カチンカ さすらいの 恋の歌 銀座のカチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ  銀座は 雪に暮れて 今宵は燃えるペチカ どこかで唄う歌は さすらいの歌 カチンカ 恋の歌 夢の歌 あの娘は カチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ  ギターを かき鳴らせば バンドネオンは 唄う タンバリンを鳴らして 今宵も踊る カチンカ 恋の歌 夢の歌 銀座のカチューシャか あゝ 銀座のカチンカ娘よ
ブギウギ音頭市丸市丸村雨まさを服部良一服部良一サァー 浮いた浮いた浮いた 浮かれて浮かれて浮かれて ホイホイ これがウキウキ ブギウギ音頭 チョイナ チョイ チョイトナー こんな陽気な リズムはないない それもそうじゃないか ブギは世界の エー 音頭じゃないか さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り  サァー 好いて好かれて好かれて 好いて好かれて ホイホイ 好いた同士が ブギウギ音頭 チョイナ チョイ チョイトナー あなた音頭取りゃ わたしが踊る わたし唄えば あなた陽気に エー ブギウギリズム さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り  サァー 椰子の葉陰で浮かれて 浮かれて浮かれて ホイホイ 可愛いブギウギ ホノルル音頭 チョイナ チョイ チョイトナー ピンクシャワーの チョイと 花が咲く 可愛いあの娘が 小麦色して エー 踊るじゃないか さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り  サァー 揃うた揃うたよ あちらもこちらもブギウギ ホイホイ これがウキウキ ブギウギ音頭 チョイナ チョイ チョイトナー 月をかこんで 世界の人が 丸く仲良く お手々つないで エー 踊ろうじゃないか さあサ 陽気に一踊り サテ サテサテ 一踊り
ウッカリ・タンゴ久慈あさみ久慈あさみ村雨まさを服部良一服部良一うっかり誘われ タンゴ 何も知らずに 手を取られ みんな私を見つめてる 広いホールの 真ん中で 慌てて アッという間に 転んじゃった うらめしい タンゴよ  近ごろ流行りの タンゴ 夜のラジオの ひとときを みんな楽しく 踊りましょう 軽いリズムに浮かれて 抜き足 差し足 あやしく震え 悩ましい タンゴよ  うっかり覚えた タンゴ いつの間にやら やみつきだ 宵のキャバレーに 灯がつけば 知らず知らずに浮かれて ウットリ 君に抱かれ 聴く歌は 懐かしい タンゴよ
ハロー銀座灰田勝彦灰田勝彦村雨まさを服部良一服部良一ハロー ハロー ハロー さても銀座というとこは 用事がないのに 来るところ 用事のないのは よいけれど お金のないのは 困りもの これじゃ お腹がフラフラ  ハロー ハロー ハロー 若い銀座のエチケット 映画も見なくちゃ 話せない ダンスも出来なきゃ 恥をかく 知らない英語も 知ったふり これじゃ 頭がフラフラ  ハロー ハロー ハロー 君と逢う日は喫茶店 コーヒーに 紅茶に ソーダ水 時間が過ぎても まだ来ない 宵待草の やるせなさ これじゃ お腹がダブダブ  ハロー ハロー ハロー せまる銀座の黄昏は あちらも こちらも アベックで 口笛鳴らして 腕組んで 楽しくささやく ふたり連れ これじゃ ひとりで歩けない
買い物ブギUAUA村雨まさを服部良一内橋和久今日は朝から私のお家は てんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよな てんてこ舞いの忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ たまの日曜サンデーと云うのに 何が因果と云うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当り次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ  何はともあれ買物はじめに魚屋さんへとびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ 魚は取立とび切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろと思うだけ わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ 鳥貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ  お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう云わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参大根にごぼうに蓮根ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に胡瓜に白瓜ぼけなす南瓜に 東京ネギネギブギウギボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサン オッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン オッサン オッサン オッサンオッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ ああしんど
買物ブギー天地総子天地総子村雨まさを服部良一今日は朝から私のお家はてんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよなてんてこ舞の忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやかさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買い物頼まれひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当たり次第に人の気持ちも知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買い物はじめに魚屋さんへとびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ 魚は取立とび切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろうと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせてお寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ  お客さんあんたは一体何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根ごぼうに蓮根ポパイの好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に胡瓜に白瓜ぼけなす 南瓜に東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダータバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ チョットオッサン今日はチョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサンオッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン わて 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど
君の手紙(ラブ・レター)天地総子天地総子村雨まさを服部良一君の手紙 うれしい手紙 初めて読む やさしい手紙 胸はふるえて 心ときめき 何度も読みかえす ただひと言 アイラブユー マイダーリン ただひと言 アイラブユー マイダーリン これがあの人の 始めての手紙  君の手紙 いく月ぶりよ あまりにも 長き月日のかげ 胸に抱いてソット開けば 懐し君の文字 ただひとこと 僕は元気だ ものたりない君が この手紙 これがあの人の 久し振りのレター  君の手紙 悲しい手紙 あまりにもつめたい この手紙 君の手紙と 思えないのよ 涙はとめどなく ただ一言 グッドバイ さようなら ただ一言 グッドバイ さようなら これがあの人の 最後の手紙よ
無茶茶(MUCHACHA)天地総子天地総子村雨まさを服部良一MU CHA CHA MUCHACHA MUCHACHA 若い時ゃ MUCHACHA カッカときちゃうよ MUCHACHA なんでもかんでも MUCHACHA 君も MUCHACHA 僕も MUCHACHA MUCHACHA MUCHACHA MUCHACHA 愛しあっているのに 逢えばつめたいそぶり  つれない仕打ちばかり MUCHACHA 好きだとただひとこと どうして言えなかった あの時がうらめしい MUCHACHA MUCHACHA  若い時ゃ MUCHACHA なんでも反対 MUCHACHA やじうま根性 MUCHACHA よせよ MUCHACHA やめろ MUCHACHA MUCHACHA MUCHACHA MUCHACHA 花園を荒らさないで 学園をこわさないで 傷つけ合うことなど MUCHACHA 啼くな小鳩 さわぐな 君たちが悪いんじゃない なにかが狂ってるんだ MUCHACHA MUCHACHA  MUCHACHA MUCHACHA 若い時ゃ MUCHACHA 二度とない MUCHACHA やるだけやるさ MUCHACHA 君も MUCHACHA 僕も MUCHACHA  MUCHACHA MUCHACHA MUCHACHA この国がいやならば 隣りの国があるさ よその花は赤いよ MUCHACHA 春になれば 花咲き 夏も冬も住みよく しあわせなこの国よ MUCHACHA MUCHACHA
買物ブギー小林幸子小林幸子村雨まさを服部良一宮川泰今日は朝から私のお家は てんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよな てんてこ舞の忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当たり次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買物はじめに 魚屋さんへととびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろに ブリにサバ 魚は取立とび切り上等 買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたなら おいしかろうと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせて お寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ  お客さんあんたは一体 何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン 鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根にごぼうに蓮根 ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に胡瓜に 白瓜ぼけなす 南瓜に東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ  チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサンオッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど
買物ブギーPLATINA LYLIC笠置シヅ子PLATINA LYLIC笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一今日は朝から 私のお家は てんやわんやの 大さわぎ 盆と正月 一緒に来たよな てんてこまいの忙しさ 何が何だか さっぱりわからず どれがどれやら さっぱりわからず 何もきかずに とんでは来たけど 何を買うやら 何処で買うやら それがごっちゃに なりまして わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  たまの日曜 サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山 買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの 手当たり次第に ひとの気持も 知らないで わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  何はともあれ 買物はじめに 魚屋さんへと とびこんだ 鯛に 平目に かつおに まぐろに ブリにサバ 魚は取立 とび切り上等 買いなはれ オッサン買うのと 違います 刺身にしたなら おいしかろうと思うだけ わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  とり貝 赤貝 たこに いか 海老に 穴子に キスに シャコ ワサビをきかせて お寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体 何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でも オッサン鮭の缶詰 おまへんか わてほんまに よう言わんわ あほかいな  丁度隣は八百屋さん 人参 大根に ごぼうに 蓮根 ポパイのお好きな ほうれん草 トマトに キャベツに 白菜に 胡瓜に 白瓜 ぼけなす 南瓜に 東京ネギ ネギ ブギウギ  ボタンとリボンと ポンカンと マッチにサイダーに ダバコに仁丹 ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ アア ヤヤコシ  ちょっとおっさん こんにちは ちょっとおっさん これなんぼ おっさんいますか これなんぼ おっさんおっさん これなんぼ おっさんなんぼで なんぼがオッサン おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん わしゃ 聞こえまへん わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ あーしんど
買い物ブギSUPER EIGHTSUPER EIGHT村雨まさを服部良一岩田雅之今日は朝から私のおうちはテンヤワンヤの大騒ぎ 盆と正月一緒に来たよなテン手古舞のいそがしさ ナニがなんだかさっぱり判らずどれがどれやらさっぱり判らず 何も聴かずに 飛んでは来たけど 何を買うやら どこで買うやら それがごっちゃになりまして ワテほんまによう言わんワ ワテほんまによう言わんワ  たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買物頼まれ 人の迷惑考えず あるものないもの手当り次第に 人の気持も知らないで ワテほんまによう言わんワ ワテほんまによう言わんワ  何はともあれ買い物初めに魚屋さんへ 飛び込んだ 鯛(タイ)に平目(ヒラメ)に鰹(カツオ)に鮪(マグロ)に鰤(ブリ)に鯖(サバ) さかなはとりたて 飛び切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたならおいしかろと思うだけ ワテほんまによう言わんワ ワテほんまによう言わんワ  鳥貝赤貝蛸(トリガイアカガイタコ)にイカ海老にあなごにキスにしゃこ わさびをきかせておすしにしたなら なんぼか 美味しかろ なんぼか 美味しかろ  「お客さんあんたは一体何買いまんねん」 そうそう私の買い物はさかなはさかなでも 「おっさん鮭の鑵詰めおまへんか」 ワテほんまによう言わんワ あほかいな  ちょうど隣は八百屋さん 人参大根ごぼうにれんこん ポパイのお好きな ほうれん草 トマトにキャベツに白菜に キューリに白瓜ボケなすかぼちゃに 東京ねぎねぎ ブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにたばこに仁丹 ヤヤコシヤヤコシややこしややこし ああヤヤコシ ちょっとおっさん 今日はちょっとおっさんこれなんぼ おっさんいますか これなんぼ おっさんおっさんこれなんぼ おっさんなんぼでなんぼがおっさん おっさんおっさんおっさんおっさん おっさんおっさんおっさんおっさん おっさんおっさんおっさんおっさん 「耳不自由できこえまへん」 ワテほんまによう言わんワ ワテほんまによう言わんワー 「あーしんどー」
ハーイ・ハイ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一ご機嫌如何です ハーイハイ ご機嫌如何です ハーイハイ いつでも貴方は ニコニコ ハーハ……  ほんまにえびす顔 朗らか 何を言われた時も 嫌な顔一つせず 明るい声 やさしい顔 心も朗らか 愛嬌たっぷりにおどけた その唄は 鼻唄をラ……… 口笛をラ……… その唄唄えば 皆も ハーイハイ ハーイハイ ラ……… 唄は流れる 街をゆく ハーイハイ ハーイハイ あちらでも ハーイ こちらでも ハーイ さあ皆声を揃え唄およ 踊りも唄およ 天までとどけよ さあさ唄およ さあさ唄およ 声を張りあげて 皆揃って ハーイハイ ハーイハイ ルッパラ ラットゥラ ルッパラ ラットゥラ…… ハッチャチャ ハッチャチャ…………
ボン・ボレロ笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一私のお家の父さん母さん太鼓が大好き ドラムが大好き大好き大好き 大大大好き 雨が降っても嵐が吹いても 毎朝毎晩太鼓に合せてお唄を唄って 一心不乱に或る日のこと 母さん私に言いました お前は仲々音楽大好き おまけにジャズが大好き大好きで ジャズが好きなら同じ太鼓だ リズムに変りはないわいな 何でも信心いわしの頭も信心からから ひとつ皆と一緒に 太鼓叩いて唄いなさい 太鼓のリズムは何でもないない こうしてああして 言われて私も皆と一緒に 毎晩毎晩アーアー ドンツクドンツクドンドンツクツク ドンツクドンツクドンドオン ドンツクドンツクドンドオン…… アー…… ドンツクドンツクドンドオン…… ラー…… お前の太鼓は何ですか 踊る宗教か酋長の娘か それともアフリカ土人の ジャングル太鼓じゃあるまいし それでは神様怒って御座るぞ 罰があたるぞ天罰てきめん 私が太鼓を叩けば 皆がゲラゲラゲラ笑うよ笑うよ なーにがおかしい日本の太鼓は リズムはむずかしジャズよりややこし 或る日のこと アメリカの私の友達 遊びに来たので ハロー カムカム ウエルカム チョイト太鼓を叩いて尋ねたら 尋ねてみたなら 驚いた大きな口をば パクパクひらいて 眼をむいて ジャパニーズ タムタム ワンダフル 大変よろしいジャパニーズ ルムバだ  日本のボレロだ 世界の何処にもないから 日本のボレロだボンボレロ ジャパニーズボレロだ ボンボレロ あなたも愉快だ私も愉快だ ボンボレロ ボンボレボンボレボンボレロ …… ドンツクドンドンツクツク …… ボレロ
黒田ブギー笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一ほろよいブギーほろよいブギー ふらふらふらふら ドッコイ ほろよい機嫌で 千鳥足  酒はのめのめ 飲むならば 日の本一の この槍を のみ取る程に のむならば これぞまことの 黒田武士 黒田ブギウギ 黒田ブギウギ 日本の素的なブルース ブギウギリズムで陽気に 太鼓を叩いて陽気に ブッパー ブバップバ ブッパー ブバップバ 春には花見酒 夏には涼み酒 秋には紅葉酒 冬には雪見酒 ハッハハハー  酒のみゃー 春夏秋冬 楽しいつでも 心は楽し 春には花見酒 夏には涼み酒 秋には紅葉酒 冬には雪見酒 ハッハハハー  酒のみゃー いつでも楽しや楽しや 楽しや ランラララランラン ほろよい人生あー バッドゥディ バッドゥディ バッドゥディ バッドゥディ ララララララ……… 愉快な酒なら のましゃれ 程よくのむなら のましゃれ のむ程酔う程 愉快にさあさ乾盃 みんなで盃あげて 乾盃みんなで盃あげて さあさ踊ろよ さあさ唄およ バンバンバンバンバン ああ酔うた酔うた酔うた ふらふら
ジャジャムボ笠置シヅ子・旗照夫笠置シヅ子・旗照夫村雨まさを服部良一服部良一さあ 皆さん おききなさい こんな唄は いかがでしょうか 東京では 今 流行の 愉快な唄 楽しい踊り ジャジャ馬でも 野次馬でも ついフラフラ 皆 踊りだす 太鼓は それ お手のものだ かけ声 それ 頼みますぞェー ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャジャンボ 明るい唄声 朗らかな唄は ジャジャンボ 大人も子供も 手拍子揃えて ジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャジャンボ  さあ 皆さん 歌う時は 大きな口 パクリとあけて 恥ずかしいと 思っちゃ駄目 すましていちゃ 尚更だめよ ザックバラン それがよろし さあ元気で 歌いましょうよ 太鼓は それ お手のものだ 破れるまで 叩きまくれよ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャジャンボ 楽しい唄声 にぎやかな唄は ジャジャンボ 夏でも冬でも 一年中それ ジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャンジャジャンボ ジャジャンボ
南の恋唄暁テル子暁テル子村雨まさを服部良一服部良一麗(うるわ)しや 歌の調べに 君を呼ぶ 南の島の娘よ  椰子の葉茂りて 風静かに 月も青く 波に砕けて コバルトの 夜の香りも 甘き 恋唄  熱い情け 燃ゆる瞳 島の娘の 悲しい唄 君を呼ぶ その恋へ  哀れ懐かし君よ 辛い心も知らぬ 恋し乙女の君よ 木陰は遠く 哀れ懐かし君よ 辛い心も知らぬ 恋し乙女の君よ 木陰は遠く  儚く消えゆく 月の明りよ 儚く消えゆく 月の明りよ 哀れ消えゆく 別れの唄よ アー アー…  この唄 南の島 恋の唄を麗しく 唄う乙女 アー アー… この唄  悲しい唄声 淋しい唄声 南の恋唄 君を知るや悲し調べ 南の島の 恋の唄よ アー
これがブギウギ暁テル子暁テル子村雨まさを服部良一服部良一悲しいブルースに 泣くのはおよしよ 遠い昔の思い出など 諦めて 朗らかに 陽気にはずんで 唄いましょ 明るい歌のブギウギを  ダ ディド バディ(ダ ディド バディ) ダダ ディド バディ(ダダ ディド バディ) さあさ踊ろよ ゆかいな歌 これがブギウギ ランララン  ダディ(ダディ) ダダダ ダディ(ダディ) これがブギウギ ヘイー!  別れりゃどなたでも なんぼか辛いか 月を眺めて 涙浮かべ 悲しくて 淋しくて 日暮れになったら 泣けてくる てなこと言って みたけれど 陰では(陰では) すました顔(すました顔) ブギを唄って 浮かれている これがブギウギ ランララン  ダディ(ダディ) ダダダ ダディ(ダディ) これがブギウギ ヘイー!  二人で踊っても 一人ではずんでも ブギはいつでも 陽気な歌 あちらでも こちらでも ディダバグ ジクバク ブギウギを どなたも皆んな 朗かに  ダ ディド バディ(ダ ディド バディ) ダダ ディド バディ(ダダ ディド バディ) さあさ踊ろよ ゆかいな歌 これがブギウギ ランララン  ダディ(ダディ) ダダダ ダディ(ダディ) これがブギウギ ヘイー!
バラのルムバ雪村いづみ雪村いづみ村雨まさを服部良一香り高き花の バラを歌ったルムバ 乙女の夢の花 情熱に燃えて咲く 切ないこの胸を きざむリズム ルムバ あやしくも胸はふるえ 心おどる バラのルムバ 清らかな白薔薇は 若き日の淡き夢 恋に生き恋に咲くは 血汐よりも 赤いバラ バラのルムバ 燃えあがる この胸の高鳴りを 抱かれて君と踊る バラのルムバ あゝ なやまし  今宵限りのルムバ 明日は別れの日か 乙女の夢の花 いつまでも胸に秘め また逢う其の日まで 色も香もあせず 胸に咲くこころの花 やさしい花 バラのルムバ
タンゴ物語笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一皆さんタンゴの踊りは どこの国から始まったか 御存知ですか それは エスパーニア それは アルゼンチナ それは アフリカの土人の踊りから 皆さんタンゴの踊りは どこの国から始まったものでもありません それは日本の国の 古い民族舞踊です それは日本の歌 日本の踊りです  二度と行くまい タンゴの宮津 縞の財布が 空になる タンゴの宮津か 宮津のタンゴか  皆さんタンゴの踊りは こうして日本の国から 始まったのです 今はエスパーニア 今はアルゼンチナ 今は世界中 どこでもタンゴ  おお 美わしき君よ 今宵も聞く歌は ああ 思い出なつかし ポエマ タンゴよ  クムパルシタ クムパルシタ クムパルシタ クムパルシタ タンゴ夢さそう タンゴ君共に 踊る夢のタンゴよ 高なるこの心よ 胸に燃ゆる火か 踊り狂うよ 夢見る瞳 心もとけるこの夜 クムパルシタ クムパルシタ クムパルシタ ランラララララララララン 思い出のタンゴ
ほろよいブルース笠置シヅ子笠置シヅ子村雨まさを服部良一酒のめ酒のめのめ のんだ酒なら よわなきゃそんだよ ウイウイ 赤い酒のみゃ 心がもえるよ ウイウイ ブラボー 赤く燃えあがる ジプシーの恋の酒 カルメンの情熱の 赤き恋の酒 よっぱらった もうよっぱらった ようてくだまきゃ 尚更かわいよ ウイウイウイ 青い酒のみゃ 悲しい思い出 ウイウイウイ 酒は涙か溜息か 別れた亭主を思い出す やさしかったあの人 うれしかったあの夜 二人でよっぱらって乾盃 思い出させる青い酒 ようて泣くのじゃないけれど ぐちをこぼすじゃないけれど 何故か涙が落ちてくる ハックション 酒のめ 陽気にのめ 嫌な思い出 サラリと忘れて ウイウイ ブギウギ
銀座セレナーデ藤山一郎藤山一郎村雨まさを服部良一今宵流れる メロディは 甘いほのかな セレナーデ うれし銀座に 若い銀座に 二人の銀座に 恋の微風 ペーブメントに 花が咲く  今宵流れる メロディは なぜか悲しい セレナーデ 可愛いあの子の すすり泣きか それとも別れの 涙の歌か トレモロさみし ギターの音よ  今宵流れる メロディは 二人の夢の セレナーデ 柳ナヨナヨ スイング出して 愛のリズムに 月も踊るよ 恋し銀座の 銀の月
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Masterplan
  2. ライラック
  3. Bling-Bang-Bang-Born
  4. さよーならまたいつか!
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×