服部隆之編曲の歌詞一覧リスト  101曲中 1-101曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
101曲中 1-101曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋のステップ福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)高橋掬太郎服部ヘンリー服部隆之あなたの胸に 抱かれりゃ 花も燃えそな 紅の色 チェリオ 嬉しいようで 恥ずかしい 恋のステップ 夢心地 チェリオ  真心一つ 末かけた 固く結んだ 胸の紐 チェリオ 嬉しいようで 恥ずかしい 恋のステップ 夢心地 チェリオ  五色のグラス 男気の 受けりゃこぼれる 仇情 チェリオ 嬉しいようで 恥ずかしい 恋のステップ 夢心地 チェリオ  あなたと歌う 恋の唄 胸に降ります キッスの雨 チェリオ 嬉しいようで 恥ずかしい 恋のステップ 夢心地 チェリオ
センチメンタル・ダイナ福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)野川香文服部良一服部隆之ダイナ 淋しい瞳に ほほえみは消えて 涙さえうるむ ネー ダイナ 若い娘は いつもほがらかに 希望にもえて くよくよするのは やぼな娘よ くよくよするのは やぼな娘よ おお ダイナ あなたのえくぼに ほほえみは消えて 溜息ばかり  センチメンタル ダイナ ほほえめよ ダイナ センチメンタル ダイナ 歌えよ ダイナ センチメンタル ダイナ 踊れよ ダイナ センチメンタル ダイナ ほがらかにうたえ  やさしい可愛い ダイナ 恋になやむ乙女 さびしい顔して  センチメンタル ダイナ 歌を忘れた 踊りも忘れた センチメンタル ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ
大空の弟(ブギウギ ver.)福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)村雨まさを服部良一服部隆之かねてより われらを苦しめた 憎い顔した 敵軍ども 日頃鍛えた この腕で 重い小銃 抱え込み ガーンと 突撃しています 〇〇隊にて 六郎より  ラジオや 新聞に もしや六郎の 部隊の名が 書いてないかと  どこにどうして いるのやら いつも〇〇〇部隊 〇〇方面 〇〇隊 〇〇〇ばかりなり 〇〇〇ではわからない  姉さんも 弱い体のお父さんと いつもあなたの お話ばかり ご親切な隣組の 皆様方の 厚い情けに 守られて なにひとつ 不自由なこともなく 暮らしています  これもひとえに弟の おかげと思い 姉さんは 遠い戦地を偲ぶごと 厚い感謝に 泣けている
アイレ可愛や福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)藤浦洸服部良一服部隆之アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく  アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛と ささやいた ハー アイレは可愛と ささやいた アイレ抱えた 烏籠に 白い小鳥が 歌います ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た ハー たんと幸福 持って来た アイレー
ハッピー☆ブギGOLD LYLIC中納良恵 さかいゆう 趣里GOLD LYLIC中納良恵 さかいゆう 趣里服部隆之服部隆之服部隆之何(なん)なの この リズム 無重力みたい ブギのウギが私(わたし)の心軽くするの 大空を羽(は)ばたけるの  ブギウギ ウギー ブギウギ ウギー 魔法の言葉 体が自然に踊り出す ダバドゥディダー 止まらない  ブギウギ ウギー ブギウギ ウギー みんなが夢中 ブギの虜(とりこ)よ 助けてちょうだい  何(なん)だろ この リズム 無重力みたい ブギのウギが僕らの心軽くするぞ 大海原駆け巡るよ  ブギウギ ウギー ブギウギ ウギー 魔法の言葉 ヘトヘト イライラ 吹き飛ばし ダバドゥディダー 元気です  ブギウギ ウギー ブギウギ ウギー 誰もが笑顔 今日も明日(あした)も ブギウギたのし  ブギはララバイ やさしいメロディー 素敵な夢の始まり ブギはララバイ シルキースポットライト 母の温もり 生きてる鼓動感じてる なんてクールなリズム  ブギウギ ウギー ブギウギ ウギー 魔法の言葉 体が自然に踊り出す ダバドゥディダー 止まらない ブギウギ ウギー ブギウギ ウギー みんなが夢中 心がウキウキー ワクワクー ダバドゥディダー 愛してる ブギウギ ウギー 大好き(ブギウギー) 幸せ過ぎる(大好き) 突っ走(ぱし)って ぶっち切(ぎ)って 歌って踊ろう!  熱(あつ)く踊ろう ブギは希望のエナジー!
東京ブギウギ福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)鈴木勝服部良一服部隆之東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って 歌おうブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ今宵も 星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギ
君住む街へソン・シギョンソン・シギョン小田和正小田和正服部隆之そんなに自分を責めないで 過去はいつでも鮮やかなもの 死にたいくらい辛くても 都会の闇へ消えそうな時でも  激しくうねる海のように やがて君は乗り越えてゆくはず  その手で望みを捨てないで すべてのことが終わるまで 君住む街まで 飛んでゆくよ ひとりと 思わないで いつでも  君の弱さを恥じないで 皆んな何度もつまづいている 今の君も あの頃に 負けないくらい 僕は好きだから  歌い続ける 繰り返し 君がまたその顔を上げるまで  あの日の勇気を忘れないで すべてのことが終わるまで 君住む街まで 飛んでゆくよ ひとりと 思わないで いつでも  雲の切れ間につき抜ける青い空 皆んな待ってる また走り始めるまで  その手で心を閉じないで その生命が尽きるまで かすかな望みが まだその手に 暖かく残っているなら  あの日の勇気を忘れないで すべてのことが終わるまで 君住む街まで 飛んでゆくよ ひとりと 思わないで いつでも  あの日の勇気を忘れないで すべてのことが終わるまで 君住む街まで 飛んでゆくよ ひとりと 思わないで いつでも
I CAN'T DO ANYTHING -宇宙よ-服部隆之 Presents GUNDAM THE ORIGIN featuring AYA服部隆之 Presents GUNDAM THE ORIGIN featuring AYA渡辺なつみ服部隆之服部隆之幾つ 傷ついたら 哀しみは 消え去るだろう どんな 場所に行けば 苦しみは 薄れるだろう  時は駆けゆく 青白き馬 伸ばすその手に 未来はあるか 夜明けは赤き 物言わぬ竜 争うことに 終わりはあるの  果てない宇宙(そら)よ 抱いて欲しい 答えて宇宙よ 宇宙に続く道はあるの  I CAN'T DO ANYTHING! ANYTHING! それでも生きて 明日へ  誰も 抗(あらが)うことの 叶わない 運命がある 何度 背を向けても その羽に 連れ去られてしまう  人は消えゆく ひとひらの雪 愛も望みも 散り逝くのなら 心は何処へ 向かえばいいの 分かり合うのは 愚かでしょうか  闇が光を 映している たどり着けると 祈る想いを 照らすように  I CAN'T DO ANYTHING! ANYTHING! それでも生きて 明日へ 明日へ  I DON'T WANT TO CRY FOREVER MORE  教えて宇宙よ 生きる意味を 遥かな宇宙よ 星は罪を 許しますか? 許しますか? I CAN'T DO ANYTHING! ANYTHING! ANYTHING! WOW WOW  果てない宇宙よ 抱いて欲しい 答えて宇宙よ 宇宙に 宇宙に続く 希望はあるの そこに愛はあるの? I CAN'T DO ANYTHING! それでも生きて 明日へ それでも生きて
君は薔薇より美しい鈴木雅之鈴木雅之門谷憲二ミッキー吉野服部隆之息をきらし胸をおさえて 久しぶりねと君が笑う ばかだね そんなに急ぐなんて うっすら汗までかいて  なぜか今日は君が欲しいよ 違う女と逢ったみたいだ 体にまとったかげりを脱ぎすて かすかに色づく口唇  目にみえない翼ひろげて 確かに君は変った 歩くほどに踊るほどに ふざけながら じらしながら 薔薇より美しい ああ 君は変った  愛の日々と呼べるほどには 心は何も知っていない いつでも抱きしめ急ぐばかり 見つめることさえ忘れ  笑いながら風を追いかけ 君に誘われ行ってみよう だました男がだまされる時 はじめて女を知るのか  目に見えない翼ひろげて 静かに君は変った 走るほどに笑うほどに 夢みながら 愛しながら 薔薇より美しい ああ 君は変った  歩くほどに踊るほどに ふざけながら じらしながら 薔薇より美しい ああ 君は変った
エイリアンズ鈴木雅之鈴木雅之堀込泰行堀込泰行服部隆之遥か空に旅客機 音もなく 公団の屋根の上 どこへ行く  誰かの不機嫌も 寝静まる夜さ バイパスの澄んだ空気と 僕の町  泣かないでくれ ダーリン ほら 月明かりが 長い夜に寝つけない二人の額を撫でて  まるで僕らはエイリアンズ 禁断の実 ほおばっては 月の裏を夢みて キミが好きだよ エイリアン この星のこの僻地で 魔法をかけてみせるさ いいかい  どこかで不揃いな 遠吠え 仮面のようなスポーツカーが 火を吐いた  笑っておくれ ダーリン ほら 素晴らしい夜に 僕の短所をジョークにしても眉をひそめないで  そうさ僕らはエイリアンズ 街灯に沿って歩けば ごらん 新世界のようさ キミが好きだよ エイリアン 無いものねだりもキスで 魔法のように解けるさ いつか  踊ろうよ さぁ ダーリン ラストダンスを 暗いニュースが日の出とともに町に降る前に  まるで僕らはエイリアンズ 禁断の実 ほおばっては 月の裏を夢みて キミを愛してる エイリアン この星の僻地の僕らに 魔法をかけてみせるさ 大好さエイリアン わかるかい
ENDLESS STORY鈴木雅之鈴木雅之Thomas Dawn Ann・日本語詞:ats-Thomas Dawn Ann服部隆之If you haven't changed your mind そばにいてほしいよTonight 強がることに疲れたの 幼すぎたのEvery time I think about you baby 今なら言える I miss you It's so hard to say I'm sorry  たとえば誰かのためじゃなくあなたのために 歌いたいこの歌を 終わらないstory続くこの輝きに Always 伝えたい ずっと永遠に  Memories of our time together 消さないでこのままdon't go away あたたかく溶けだして確かめるの 優しさのしずくこの胸にひろがってく 切ないほどに I'm missin'you 重ねた手 離さないで  たとえば叶うなら もう一度あなたのために 歌いたいこの歌を 終わらないstory絶え間ない愛しさで tell me why教えてよ ずっと永遠に  たとえば誰かのためじゃなくあなたのために 歌いたいこの歌を 終わらないstory続くこの輝きに Always 伝えたい ずっと永遠に
紅い花鈴木雅之鈴木雅之松原史明杉本真人服部隆之昨日の夢を 追いかけて 今夜もひとり ざわめきに遊ぶ 昔の自分が なつかしくなり 酒をあおる 騒いで飲んで いるうちに こんなにはやく 時は過ぎるのか 琥珀のグラスに 浮かんで消える 虹色の夢  紅い花 想いをこめて ささげた恋唄 あの日あの頃は 今どこに いつか消えた 夢ひとつ  悩んだあとの 苦笑い くやんでみても 時は戻らない 疲れた自分が 愛しくなって 酒にうたう いつしか外は 雨の音 乾いた胸が 思い出に濡れて 灯りがチラチラ 歪んでうつる あの日のように  紅い花 踏みにじられて 流れた恋唄 あの日あの頃は 今どこに いつか消えた 影ひとつ  紅い花 暗闇の中 むなしい恋唄 あの日あの頃は 今どこに 今日も消える 夢ひとつ 今日も消える 夢ひとつ
スローバラード鈴木雅之鈴木雅之忌野清志郎・みかん忌野清志郎・みかん服部隆之昨日はクルマの中で寝た あの娘と手をつないで 市営グランドの駐車場 二人で毛布にくるまって  カーラジオから スローバラード 夜露が窓をつつんで 悪い予感のかけらもないさ あの娘のねごとを聞いたよ ほんとさ 確かに聞いたんだ  カーラジオから スローバラード 夜露が窓をつつんで 悪い予感のかけらもないさ ぼくら夢を見たのさ とってもよく似た夢を
胸の振り子鈴木雅之鈴木雅之サトウハチロー服部良一服部隆之柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が 鳴る鳴る 朝から今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が 鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子が つぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子が つぶやく やさしきその名
青春の影鈴木雅之鈴木雅之財津和夫財津和夫服部隆之君の心へ続く 長い一本道は いつも僕を勇気づけた とてもとてもけわしく 細い道だったけど 今 君を迎えにゆこう 自分の大きな夢を追うことが 今までの僕の仕事だったけど 君を幸せにするそれこそが これからの僕の生きるしるし  愛を知ったために 涙がはこばれて 君のひとみをこぼれたとき 恋のよろこびは 愛のきびしさへの かけはしにすぎないと ただ風の中にたたずんで 君はやがてみつけていった ただ風に涙をあずけて 君は女になっていった  君の家へ続くあの道を 今 足もとにたしかめて 今日から君は ただの女 今日から僕は ただの男
いつか街で会ったなら鈴木雅之鈴木雅之喜多条忠吉田拓郎服部隆之何気ない毎日が 風のように過ぎてゆく この街で君と出会い この街で君と過ごす  この街で君と別れたことも 僕はきっと忘れるだろう  それでもいつか どこかの街で 会ったなら 肩を叩いて 微笑んでおくれ  さりげないやさしさが 僕の胸をしめつけた この街で僕を愛し この街で僕を憎み  この街で夢を壊したことも 君はきっと忘れるだろう  それでもいつか どこかの街で 会ったなら 肩を叩いて 微笑みあおう  それでもいつか どこかの街で 会ったなら 肩を叩いて 微笑みあおう  それでもいつか どこかの街で 会ったなら 肩を叩いて 微笑みあおう
BEAUTIFULGOLD LYLIC高橋優GOLD LYLIC高橋優高橋優高橋優服部隆之また「余計なお世話だよ」って君は言うかもな でも正直しんどそうに見えたから なんか美味いもんでも食べに行こうっていう 僕のわがまま聞いて来てくれたね 「別になんでもないよ」って君の笑い方が 尋常じゃないくらい上手で自然だから 大抵の人は騙されて気付かないんだろう 君らしい壁の作り方なんだね  その壁ぶっ壊させてくれなんて思わないし 土足で君に踏み込むつもりもない ただ一人じゃない そう一人じゃない ほんの少し笑い合いたいだけ  まっすぐに伸びる君の足跡に 追いつくようにそして寄り添うように もう一つの足跡が伸びてきて 振り返ってごらんもう一人じゃない やがて見渡す限りの喜び 隣にも前にも後ろの方にも 微笑みながら君を見守ってる 人がいてそん中に僕もいる  そりゃ淋しかったろう?辛かっただろう? どれくらい一人で悩んでいたの? ここまで来れたことが素晴らしいよ 一つだけでいい 信じてほしい 君は美しい  今思ってることを今伝えるのにも 言葉多過ぎたり足りなかったりで 悪気なんてこれっぽっちもないハズなのに 悪者みたいになってしまう時もある 自分が辛いときは上手に笑うくせに 僕が辛かった話打ち明けたら 君は自分のことのように涙してたね 余計なお世話はきっとお互い様だね  綺麗事だけでは生きていけないし きっとこれからも悩みは尽きない ただ一人じゃない そう一人じゃない もう少しだけその声聞かせて  上手に出来たことを喜んだり 初めて見つけたものに驚いたり 雷の音にやたら怖がったり ありのままの声に耳澄まして たとえば小さな頃の君がいて 今を生きてる君を見ていたら どんな顔してなんて言うのかな 無理しないでよなんて笑うかな?  君が優しい人だって知ってるよ だからこそ傷付いていることも ここまで来れたことが素晴らしいよ 一つだけでいい 信じてほしい 君は美しい  まっすぐに伸びる君の足跡に 追いつくようにそして寄り添うように もう一つの足跡が伸びてきて 振り返ってごらんもう一人じゃない やがて見渡す限りの喜び 隣にも前にも後ろの方にも 微笑みながら君を見守ってる 人がいてそん中に僕もいる  そりゃ淋しかったろう?辛かっただろう? どれくらい一人で悩んでいたの? ここまで来れたことが素晴らしいよ 一つだけでいい 信じてほしい 君は美しい
山はふるさと加藤登紀子加藤登紀子吉井省一都倉俊一服部隆之山はわたしに教えてくれる 森の緑のやさしさを 山はみんなに話してくれる 強く生きてく喜びを  街の暮らしを遠く見て きらめく風の子になろう 夢のつぼみを咲かせた花に 微笑みかけて 歩こうよ  山はふるさと 山は父 「よく来た」の声 こだまする  誰がつくったものでもないし 誰のものでもないけれど 山はみんなをつつんでくれる 愛も涙もその胸で  時代(とき)の流れにはぐれたら かがやく星の子になろう 天空(そら)が奏でる星座の歌に 明日(あす)へのちから もらおうよ  山はふるさと 山は母 「おかえり」の声 呼んでいる  山はふるさと 山は父 「よく来た」の声 こだまする
感謝状佐田玲子佐田玲子佐田玲子さだまさし服部隆之あなたのお陰で私は普通に お掃除も料理も洗濯も ヌカ味噌まで漬けるけど子供っぽいのは あなたに似たのでしょうか  出掛ける前に父さんには ちゃんと挨拶も出来ました あなたといえば最後まで 忘れ物の確認ばかり  さっきから私の友達に囲まれて 笑ってばかりいるけれど 私を見てくれない訳わかります 目が合えばきっと泣いてしまうから  どんなときでも笑顔を忘れない あなたに教えられたこと あとできちんとお礼の言葉を 泣かずに言えるでしょうか  何から話していいのでしょうか 朝から時間も無かったですね 昨夜やっぱり眠れなくて あなたの部屋へ行こうと思いました  なんだかもう会えないみたいで 大袈裟だから止めました ドラマなんかでよくあるけれど いざとなると出来ないものですね  不器用で駄目な娘で ごめんなさい わがまま娘で ごめんなさい 心配ばかりかけて ごめんなさい 言葉が足りなくて ごめんなさい  あなたがくれた女としての生き方を 両手に抱いてゆきます そのまま抱きとめてくれるあの人と きっと幸せになります  どんなときでも笑顔を忘れない 母さん あなたのように 私も一人は女の子が欲しいです 母さん ありがとう 私を産んでくれて ありがとう  母さん
流れ星MISIAMISIA里花里花服部隆之君は知らない 君がどんなに美しかを 君は知らない 君がどんなに素晴らしいかを 君は知らない 君がどんなに優しいかを 君は知らない 君の中にある輝きを  夜空を剥がれ落ちた 僕らは流れ星 みんなひとつひとつの光を抱いて 生まれてきたんだ どうか君を信じて 命いっぱい輝いて 君がありのままで そのままで 愛される日が来ますように  誰かの言葉に たとえ心が染まっても 誰かの言葉に たとえ心が破れても 君はしなない 君が抱きしめてる限り 君はしなない 君の中にある輝きは  笑顔を呼び集めれば そこは満天の星 みんなひとつひとつの光があるから こんなにきれいなんだ 君が笑ってくれたら ぼくの命は輝く 君がありのままを そのままを 愛する日が来ますように  君がありのままで そのままで 愛される日が来ますように  愛する日が来ますように
By Your Side澤田かおり澤田かおり澤田かおり服部隆之服部隆之There you are Looking discouraged Come here Let the wind guide you And I will take away the pain inside you  Lean on me Until the dawn Even in darkness You are the only one Gleams in my heart  Don't give up hope There's a better tomorrow I'd go through whatever it takes To protect you  Tonight, I'll be your light So bright, you won't lose the way I'll be by your side Day and night, like I've always been  Here we are Holding each other Calmness gently surrounds us In your arms I'll never be lonely  For million years Stars stay still Never stop burning That's how my love will be In your heart  Don't give up hope There's a better tomorrow I'd go through whatever it takes To protect you  Tonight, I'll be your light So bright, you won't lose the way I'll be by your side Day and night, like I've always been  Life without you Was such a colorless world Now I've found you Your blue eyes took my blues away  And tonight, I'll be your light Nothing's in my way I'm here come what may I'll be by your side Day and night, like I've always been  You're my hero Day and night, like you've always been
山崎まさよし山崎まさよし山崎将義山崎将義服部隆之わずかな望みを残した遥かな道を  小さな灯火を抱いてさまよう影よ 巡る空の下では 生まれくるあまたの命が問いかけてる ひたむきに生きる意味を 黄金色の風の中を 駆け抜けたその先に 僕たちは何を見るのだろうと  かすかな願いを紡ぐように旅鳥が舞う 雪解けのせせらぎが やがてくる本当の夜明けを告げている 優しさに包まれてく 柔らかい日差し浴びて 戯れたその場所が 僕たちの生きた証になると  花の季節が過ぎても この道は続いてゆく 赤く燃える落日に 染まりながらいつの日か 僕たちがまた巡り会うために
真夏の脱獄者SMAPSMAP椎名林檎椎名林檎服部隆之世界中のどんな牢獄より狭い場所に囚われている 危険な大勝負と知りつつこの檻を突破したい  おいで 重ねたい 汗ばんだ肌高鳴る胸 最高の夏に背を向けないで 早く今を生きて  世界中のどんな衝撃より未来を脅かす事実 生存者(サバイバー)同士出会い別れる俺たちに明日はない  おいで 逃さない 恥じらったようで鋭い目 最高の夏に文句はないね ごらん重そうに膨らんだ雲と空の色 必然が描くコントラスト 外が眩しいほど ほら闇は深く沈むだろう  ほんの少しの間何も話さないで 言葉が二人を捕らえて縛るから ずらかろうぜ!脱出しようぜ! さあ最高の夏へばっくれようよ Get ready, Get set, Go Bye Bye...
空になるGOLD LYLICさだまさしGOLD LYLICさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之自分の重さを 感じながら坂道を登る いくつもの峠を越えて もっともっと上を目指す いつか辿り着ける世界へ 僕は雲を抜けて 空の一部になる 僕は空になる らららら…  生きることの全てを 背負いながら坂道を辿る それぞれの抱く 自分だけの峠を目指す いつか叶う筈の世界へ 雲を抜けて 君の夢に手が届く 君は空になる らららら…  いつか辿り着ける世界へ 僕は雲を抜けて 風と一つになる 僕は空になる らららら…
枯れない花秋元順子秋元順子秋元康鈴木キサブロー服部隆之月が欠ければ 欠けた分だけ 元のかたちを 思い出すのよ 夜の長さを 持て余してる あの日の悔いが ため息になる  あなたがいない この部屋に独り こんな広かったかしら…  窓辺の花よ 水をあげないのに どうして今でも 咲き続けるの? 心の花よ 愛はもうないのに まだ枯れないまま 何を待つの?  腕の長さを 覚えているわ 背中辺りを 寂しく思う 夜が更けても 眠れないのは 同(おんな)じ夢を 見たくないから  目覚めた時に 手を伸ばしてみても 触れるぬくもりが消えた  窓辺の花よ 未来がないのに どうしてそんなに 綺麗でいるの? 記憶の花よ 愛の通りすがり ため息の風に 揺れてるだけ  窓辺の花よ 水をあげないのに どうして今でも 咲き続けるの? 心の花よ 愛はもうないのに まだ枯れないまま 何を待つの?  忘れられない その愛しさが 窓辺の花を 育てているの カーテン開けて 光の中で 水の代わりに 接吻(くちづけ)を…
愛し君へ鈴木雅之鈴木雅之森山直太朗・御徒町凧森山直太朗服部隆之いっそ 抱きしめて 抱きしめて 離さないよ このまま 傍にいて欲しい 何も問わずに  いっそ 最後まで 最後まで 信じられる力を 僕にください 例えばそれが 偽りでも  朝の光に 君が消えてしまいそうで 僕はまた眠った振りをした 眩し過ぎる思い出たち こっちを向いて 笑っているよ あの日溜りの中で  愛し君よ 愛し君よ 何処にいるの 今すぐ逢いに来て欲しい 例えばそれが幻でも いいから
L-O-V-E鈴木雅之鈴木雅之Milt Gabler・Bert Kaempfert・Kenji SazanamiMilt Gabler・Bert Kaempfert服部隆之Lと書いたら Look at me Oとつづけて Okey Vはやさしい文字 Very Good Eと結べば愛の字 L・O・V・E Love は世界の言葉 Love は二人の宝 愛しあえば 明日も明るい Love, Love You love, I Love you.....  Lと書いたら Look at me Oとつづけて Okey Vはやさしい文字 Very Good Eと結べば愛の字 L・O・V・E Love は世界の言葉 Love は二人の宝 愛しあえば 明日も明るい Love, Love You love, I Love you.....
女の子は誰でもPLATINA LYLIC東京事変PLATINA LYLIC東京事変椎名林檎椎名林檎服部隆之女の子は誰でも魔法使いに向いている 言葉を介さずとも肌で感じているから 淋しさへ立ち向かうにはぜんぶ脱いで 最初に覚えた呪(まじな)い一つだけ思い出して 女の子は何時でも現在(いま)が初恋でしょう 惚れた貴方だけには魔法使いも形無し やりかたを忘れたときはぜんぶ解いて 贋物(まやかし)を見抜く占い一つだけ思い出して 女の子はお砂糖と薬味(スパイス)とで出来ている 気休め喰らわずとも時めきを嗅ぐから この胸は甘く満ちてはち切れるほどに 願い事を焦がされて何処までも苦いの 唱えてみて一度だけライクアバージン  And when you talk to me it's paradise All words seem to turn into love songs And if I could be the one in your heart Just two people till death do us part If I am with you it's no consequence That blood flows through my veins I'm begging you Give your kiss to me now Would you fly me to heaven?
虹~Singer~岩崎宏美岩崎宏美さだまさしさだまさし服部隆之こんなにも長い間 何故歌って来たのかしら ちいさなしあわせや 伝説の向こう側に 逃げ込むチャンスは いくらもあったのに まだ 歌ってる 控室の窓辺の かすみ草の向こうを あなたの横顔に よく似た思い出が とおり過ぎてゆく 開演のベルが鳴るまで あと 15分  全てを手に入れたり 全て失くしたり あなたまで ひきかえにして 歌い手は 虹のように 悲しみの雨の向こうで 咲くものかしら  I'm a singer 虹になりたい ひとときの主役(ヒロイン) 演じてそして I'm a singer 振り返ったら 幻のように 消え去るもの 誰かのしあわせと 入れ違いに  時々ふとラジオから 先に逝った友達の なつかしい唄が 流れることがある そうだね永遠に 歌い続けてる しあわせ? ふしあわせ? 誰に負けてもいいの 自分に負けたくないの だってそれがいつか 思い出に変わった時 目をそむけないで いたいでしょ 私はまだ 旅の途中  誰かの心の 扉を叩き続けて 何もかも ひきかえにして 可笑しくて哀しくて 美しき人生 さあ 幕が降りる迄  Yes I'm a singer 虹になりたい ひとときの主役(ヒロイン) 演じてそして I'm a singer あなたの空を ひとときでも 私の色に 染められたら それでいい  I'm a singer 虹になりたい ひとときの主役(ヒロイン) 演じてそして I'm a singer 振り返ったら 幻のように 消え去るもの 誰かのしあわせと 入れ違いに
やわらかい月元ちとせ元ちとせ山崎将義山崎将義服部隆之笹の舟を 水辺に浮かべたまま 一人岸辺で 流せず見つめてる  暮れてゆく空に 慣れてくる頃 満ち足りた月は 水面をただよう  かたくなに何を 拒んできたのだろう 闇におびえて泣いたのは 遠い昔のことなのに  笹の船は 風で少しゆれた 僕の影が 行方をさえぎって  やわらかい月に たどり着くまで どれくらいの時が 流れればいい  かたくなに閉じたこの手を そっと開いて 思いが解き放たれてゆく それだけを祈ってる  まだこの心に光が あるのなら ゆるしあえる日がきっと来る その時を信じてる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
密偵物語椎名林檎椎名林檎Jack Brown椎名林檎服部隆之I'll tell you gals how To hoodwink a crowd Of liars, fat cats and thieves  A poison-dart eye And some quicksilver jive Make all men weak in the knees  Havana, Caracas, Monaco nights Istanbul, Rio and Nice  When the night has been won No one knows till the sun Is rising on you in Greece  Gong Gong Dr. Bow Tie quits on an ace A briefcase changes hands Why do these cats think that they're safe I'm clandestine by my microphone  「Oh 009, do try to be more careful this time.」  When 009 Takes his own sweet time And botches all of our plans The Agency chimes I'm called in to find Who took the briefcase and ran  Old Souse seas, Canberra, Marrakech nights Blue skies from Daker to Nice  All diabolic schemes Unravel with ease When you can scat your commands  Bomb Bomb Dr. Bow Tie makes for the door I light a short fuse on my sign She's a landmine draped in Dior A fine disguise, this live microphone  「マイクを前にして、わたしは眼(まなこ)を光らせる。 誰も気付かぬ間に多くを知りたいの。だって…人生は一度きり。 わたしなら、狙った獲物は逃さない。」  Bye Bye Dr. Bow Tie sullies his pants Foiled by my switcheroo Unsuspecting of quicksilver jazz Mesmerized by my microphone  Grecian sun is simply divine With a briefcase at my side Go fetch me a cocktail, dear What shall we do with you, 009!  「You're insufferable, 009. I will not allow such sloppy execution next time.」
色恋沙汰GOLD LYLIC椎名林檎GOLD LYLIC椎名林檎椎名林檎椎名林檎服部隆之空低く雲携え 木々の肌匂わせている 火照った頬に若葉が切絵を映して これっきりの日とあなた  空深く雲黙らせ 海の肌撫でつけている 翳った指に籠る温もりを隠して これっきりの夜とあなた  噫! 世界とまさに出会そうとしている 二度と来ないわたしの今日 二人と居ないあなたの所為  空遠く雲藍染め 今の肌通わせている 乾いた口に淀む言の葉を焦がして 潤んでは出合う眼差し 生きているわたしと これっきりの今日とあなた
ムーンリバー五木ひろし五木ひろしJohn H MercerHenry Nicola Mancini服部隆之Moon River, wider than a mile: I'm crossin'you in style some day. Old dream maker, you heart breaker, Wherever you're goin', I'm goin' your way:  Two drifters, off to see the world. There's such a lot of world to see. We're after the same rainbow's end Waitin''round the bend, my Huckleberry friend, Moon River and me.  Old dream maker, you heart breaker Wherever you're goin', I'm goin' your way:  Two drifters, off to see the world. There's such a lot of world to see. We're after the same rainbow's end Waitin''round the bend, my Huckleberry friend, Moon River and me.
ホワイト・クリスマス五木ひろし五木ひろしIrving BerlinIrving Berlin服部隆之I'm dreaming of a white Christmas, Just like the ones I used to know, where the treetops glisten and children listen to hear sieigh bells in the snow.  I'm dreaming of a white Christmas, With ev'ry Christmas card I write. “May your days be merry and bright And may all your Christmases be white”  I'm dreaming of a white Christmas, With ev'ry Christmas card I write. “May your days be merry and bright And may all your Christmases be white”
ラ・ノビア五木ひろし五木ひろしJoaquin PrietoJoaquin Prieto服部隆之白く輝く 花嫁衣装に 心をかくした 美しいその姿 その目にあふれる ひとすじの涙を 私は知っている アヴェ・マリア 祭壇の前に立ち いつわりの愛を誓い 十字架にくちづけして 神の許しを願う  その目にあふれる ひとすじの涙を 私は知っている アヴェ・マリア  Chorara tambem ao dizero“sim” E ao beijar a cruz pedira perdao E eu sei que esquecer nao poderia Que era outro o amor a quem queria.  Aos pes do altar esta chorando Todos dirao que e de alegria, Dentro sua alma esta gritando. Ave……Maria Ave……Maria Ave……Maria Ave……Maria
ねがい秋川雅史秋川雅史松井五郎服部隆之服部隆之覚えていますか いつか一緒に 名付けた星を  そこにはあなたを いつも見てる 光がある  どんな涙も 拭いきれるように  悲しみも 抱きしめて 優しくなれる  あなたには 愛という ちからがある  離れているほど そばにいると 忘れないで  瞳 閉じれば すぐに逢えるように  さみしさに 負けないで 道は生まれる  雨の日も 晴れの日も ひとりではないから  ありがとう それだけを 伝えるために  めぐり逢い わかちあう 心がある  幸せに なるために  生きてゆくのだから いま
マカリイ谷村新司谷村新司谷村新司谷村新司服部隆之大いなる島に生まれ 海に抱(いだ)かれてきた 幾億の星達に いつも抱(いだ)かれてきた  舟に命を与える人がいて 舟を導く人が伝えること  ヨーソロー ヨーソロー ココロ運んでゆく 永久(とこしえ)の愛のふところ マカリイの星のもとへ  大ぞらをゆく鳥は 空に抱(いだ)かれている 母の手に身を委(ゆだ)ね 今は旅立つ時  海の女神よ 舟を守りたまえ 無垢(むく)の光りよ 人を守りたまえ  ヨーソロー ヨーソロー ココロ運んでゆく 永久(とこしえ)の愛のふところ マカリイの星のもとへ  ヨーソロー ヨーソロー ココロ運んでゆく 永久(とこしえ)の愛のふるさと マカリイの星をこえて  ヨーソロー ヨーソロー ココロ運んでゆく 永久(とこしえ)の愛のふるさと マカリイの星をこえて
ブランケット プリーズ広瀬香美広瀬香美広瀬香美広瀬香美服部隆之カフェのテラスで 通り行きかう恋人達を眺めながら カプチーノはやっかいね ホイップは未だに器用に飲めない もう季節は巡ってしまいました すれちがってもあなたはきっと気付かない  Darlin' 近くにはいないから様子はわからないけれど 雪が舞いそうな予報でした 変わりなく過ごしてますか 遠くになるばかりで 手には届かないけれど あなたが愛に包まれていますように あの頃と同じように幸せでいますように ブランケット プリーズ  あの街から離れました どこにいても感じるから 思い出達は二人の宝物 半分連れてきちゃいました 人は皆 忘却の生き物 胸の奥 宝物の在り処さえも  Darlin' 冬が好きと言ってた 嫌いになってませんか 「雪は私が降らせてるの」あの言葉を覚えてますか 遠くになるばかりで 手には届かないけれど あなたの愛が結ばれていますように あなたの場所までこの想い届きますように
雪が降る五木ひろし五木ひろしSalvatore Adamo・日本語詞:安井かずみSalvatore Adamo服部隆之雪は降る あなたは来ない 雪は降る 重い心に むなしい夢 白い涙 鳥はあそぶ 夜は更ける  あなたは来ない いくら呼んでも 白い雪が ただ降るばかり La…… Woo……  雪は降る あなたの来ない夜 雪は降る すべては消えた  Triste certitude Le froid et l'absence Cet odieux silence Blanche solitude  Tu neviendras pas ce soir Me crie mon despoir Mais tombe la neige Impassible manege  Mais tombe la neige Impassible manege  La…… Woo…… La…… Woo……
Sky Highゴスペラーズゴスペラーズ安岡優S.Rakhmaninov・服部隆之服部隆之Don't Cry 誰もが翼を忘れた天使さ ふるえる胸の“Note” 手を繋ぐようにそばにいてあげる  Please Smile 世界は手拍子で君を待ってる 伝えて僕の“Rhythm” 微笑めば言葉はいらない いつの間にかまた見つめてる 目が合えば重なるハーモニー 祈りをほら見上げる未来へ Your Smile  この想い全て告げずに旅立つのは まだ夢を信じてるから 階段を上る空が近づくドアを開けて いま君に逢いたい  Sky High 僕らは舞い上がる風をみつけた 感じる 君の“Melody” 奏でたら夢がめぐり逢う 生まれたての羽を広げて 今すぐに大空遥かへと 飛び立つほら見下ろす世界は Sky High
星空のハネムーン松平健松平健なかにし礼浜圭介服部隆之愛する人よ 星空よ 輝く瞳で みつめておくれ。 今宵はハネムーン 二人はひとつ 波がよせ返す渚で。 心がほしい 身体がほしい 君のなにもかも ぼくのもの。 愛する人よ 星空よ 優しい口づけ あたえておくれ。  (セリフ) さあ、もっと心を開いて ぼくに身をまかせるんだ。 君がまだ見たこともない 素晴らしい世界へ 連れていってあげるから。 愛する人よ 可愛い君よ もうこの先は ハイ、としか言ってはいけないよ。  今宵はハネムーン 二人はひとつ 花が咲き匂う木陰で。 どこからぼくで どこまで君か 甘く溶けあって 結ばれる。 愛する人よ 星空よ 二人の幸せ いついつまでも。 愛する人よ 星空よ 二人の幸せ いついつまでも。
あの唄はもう唄わないのですかクミコクミコ伊勢正三伊勢正三服部隆之今朝 新聞の片隅に ポツンと小さく出ていました あなたのリサイタルの記事です もう一年経ったのですね  去年もひとりで誰にも知れずに 一番うしろで見てました あの唄 も一度聞きたくて 私のために作ってくれたと 今も信じてる あの唄を………  あなたと初めて 出会ったのは 坂の途中の小さな店 あなたはいつも唄っていた 安いギターをいたわるように  いつかあなたのポケットにあった あの店のマッチ箱ひとつ 今でも時々 とりだして ひとつ つけてはすぐに消します あなたの香りが しないうちに………  雨が降る日は 近くの駅まで ひとつの傘の中 帰り道 そして二人で 口ずさんだ あの唄はもう唄わないのですか 私にとっては思い出なのに
旅立ちクミコクミコ松山千春松山千春服部隆之私の瞳がぬれているのは 涙なんかじゃないわ 泣いたりしない この日がいつか 来ることなんか 二人が出会った時に 知っていたはず 私のことなど もう気にしないで あなたはあなたの道を 歩いてほしい  さよなら言わずに 笑ってみるわ あなたの旅立ちだもの 泣いたりしない 言葉はいらない 笑顔を見せて 心の中のあなたは いつもやさしい  私は泣かない だってあなたの あなたの思い出だけは 消えたりしない 私の瞳が ぬれているのは 涙なんかじゃないわ 泣いたりしない
KIZUNAMAYMAYKarin服部隆之服部隆之空に心浮かべて ひとりうつむく 辞書に並ぶことばじゃ はげませないから  突き放す 素振りでも やさしさ 気づいているでしょう  大事な人を守れたなら Together forever忘れないでね 絆と呼べる思い出が この手の中にあることを 君に届くこと信じてる Together forever一人じゃないよ 不器用な生き方でいい わたしがそばにいるから  描いていた未来が 遠く感じても 歩き出せる希望が 溢れているでしょう  弱虫なわたしだって 誰か救える明日がある  大事な人を守らなくちゃ Together forever強くなりたい 絆が見えないものでも 大丈夫、信じていて  別々のゴール目指し迷う日もあるけど 君へと繋がる道の上 怖くはない  大事な人を守れたなら Together forever忘れないでね 絆と呼べる思い出が この手の中にあることを 君に届くこと信じてる Together forever一人じゃないよ 不器用な生き方でいい わたしがそばにいるから わたしがそばにいるから
銀座カンカン娘ゴスペラーズゴスペラーズ佐伯孝夫服部良一服部隆之あの娘(こ)可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダル履いて 誰を待つやら 銀座の街角 時計眺めて ソワソワ ニヤニヤ これが銀座の カンカン娘  雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで ままよ銀座はわたしのジャングル トラや狼 恐くはないのよ これが銀座の カンカン娘  カルピス飲んで カンカン娘 一つグラスにストローが二本 初恋の味 忘れちゃいやーよ 顔を見合せ チュウチュウチュウチュウ これが銀座の カンカン娘
一杯のコーヒーからさだまさしさだまさし藤浦洸服部良一服部隆之一杯のコーヒーから 夢の花咲くこともある 街のテラスの夕暮に 二人の胸の灯し火が チラリホラリと つきました  一杯のコーヒーから モカの姫君 ジャバ娘 唄は南のセレナーデ 貴女と二人 ほがらかに 肩を並べて 唄いましょう  一杯のコーヒーから 夢はほのかに 香ります 赤い模様の アラベスク あそこの窓の カーテンが ゆらりゆらりと ゆれてます  一杯のコーヒーから 小鳥さえずる 春も来る 今宵二人の ほろにがさ 角砂糖二つ入れましょうか 月の出ぬ間に 冷えぬ間に
アデュー上海(シャンハイ)佐藤しのぶ佐藤しのぶ藤浦洸服部良一服部隆之アデュー上海(シャンハイ) ガーデンブリッヂよ 四馬路(スマロ)の灯(ひ)よ アデュー上海 霜の雨 忍び泣く夜空 灯影(ほかげ)浮かべて水の上に とけて流れる思い出の アデュー上海 又会うは 何時の日ぞ いつの日  アデュー上海(シャンハイ) パブリック ガーデン 緑の木陰(こかげ) アデュー上海 ただ一人起てる人いとし 涙も見せず小雨に濡れ 旅の情のかわきもせず アデュー上海 又会うは 何時の日ぞ いつの日
東京ブギウギ福山雅治福山雅治鈴木勝服部良一服部隆之東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 海を渡り響くは 東京ブギウギー ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢のあの歌 口笛吹こ 恋とブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世紀の歌心の歌 東京ブギウギー  さあさブギウギー 太鼓たたいて 派手に踊ろよ歌およ 君も僕も愉快な 東京ブギウギー ブギを踊れば 世界は一つ おなじリズムとメロディよ 手拍子取って歌おうブギのメロディ 燃ゆる心の歌 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星を浴びて 東京ブギウギー リズムうきうき 心ずきずき わくわく 世界の歌楽しい歌 東京ブギウギー ブギウギー陽気な歌 東京ブギウギー ブギウギー世紀の歌 歌え東京ブギウギー (ヘイ)
ラッパと娘松浦亜弥・日野皓正松浦亜弥・日野皓正服部良一服部良一服部隆之楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズデジドダー この歌歌えば なぜかひとりでに 誰でもみんなうかれだす バドジズデジドダー トラムペットならして スィングだして あおればすてきに ゆかいな あまいメロディー エディエディドダー バドディバドディドッドダー ドディダディエディドダー 歌えよ 楽しこの歌を バドジズエジドダー  吹けトランペット 調子を上げて エジエジドダー エジドダー バドダディデドダー  吹けトランペット 調子を上げて エジエジドダー エジドダー バドダディデドダー  あの町でも この町でも みんな歌うわ みんな歌うわ この歌 この歌 すてきな この歌 すてきな この歌 バドダドディエディ エジエジドダー バドダドディエディ エディドダー バーンバーンバーンバーン バンバンバンバン バンバンバンバン ババババー うたおよ うたおよ うたおよ うたおよ バーンディ バーンディ バーンディ バーンディ バドダドバドーダドバドーダッダー
昭和モダン山崎まさよし山崎まさよし松本隆服部隆之服部隆之君の乗る船の汽笛を 粉雪のささやきが消す 波止場へといそぐ君の背 舗道へと影が伸びてく  柔らかなベッドのくぼみ 透明な君の輪郭 珈琲は冷めてしまった ぼくたちの愛のようにね  上海で仕事があるの クラブでね ジャズを歌うの 2つの瞳 きらきらさせて 過去はみな捨ててくつもり  中国語 喋れないのに 無謀だと止めても無駄さ チャイナ服 似合うだろうね 細身だし脚も長いし  前向きで芯が強くて 絶対に涙見せない 新しいその生き方を 理解する努力はしたさ  上海で名前を変えて 別人になってもいいわ あなたとの3年間は ほんとうに重かったから  上海へ旅立つ船が 水平線 点になったよ それきりさ それきり2度と 君に逢うことはなかった
さらば恋人山崎まさよし山崎まさよし北山修筒美京平服部隆之さよならと 書いた手紙 テーブルの上に置いたよ あなたの眠る顔みて 黙って外へ 飛びだした  いつも幸せすぎたのに 気づかない二人だった 冷たい風にふかれて 夜明け町を一人行く 悪いのは僕のほうさ 君じゃない  ゆれてる汽車の窓から 小さく家が見えたとき 思わず胸にさけんだ 必ず帰って来るよと  いつも幸せすぎたのに 気づかない二人だった ふるさとへ帰る地図は 涙の海に捨てていこう 悪いのは僕のほうさ 君じゃない  いつも幸せすぎたのに 気づかない二人だった ふるさとへ帰る地図は 涙の海に捨てていこう 悪いのは僕のほうさ 君じゃない
二千一夜さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之君と出会って 僕は変わった ありふれた言葉かも知れないけど 信じ続ける 与え続ける そして待ち続ける愛を教わった  5cm程沈んで暮らしていた 目の前の悲しみが道をふさいでた  消えた夢の数を数えるくらいなら もっと沢山の夢を見てやればいい 君が与えてくれた愛は限りなく つまり僕の君への愛も限りなく  約束したね たとえどんなに 二人遠く離れてしまっても 僕はいつでも 君を想って 必ず何処かで 歌っていると  あれからもう幾度目の夜を過ごし 幾度目の朝を迎えたことだろう  たとえ何度君に出会ったとしても 僕はその度君に恋するだろう もしもこのまま君と会えなくなっても 死ぬまで君を信じてるだろう  約束を忘れない 少しも変わらない  二千一夜 過ごす間に 二千一度 君に恋する  二千一夜 過ごす間に 二千一度 君に恋する  二千一夜 過ごす間に (約束を忘れない) 二千一度 君に恋する (少しも 変わらない)  二千一夜 過ごす間に (約束を忘れない) 二千一度 君に恋する (少しも 変わらない)
冬の色広瀬香美広瀬香美広瀬香美広瀬香美服部隆之憶えていますか 出会いの瞬間(とき)を 柔らかくあたたかく 包まれた夜を  あの頃のあなたの年と この季節で同じになり 二人の距離どれだけ近づいた 愛は深まり  冬の色に染まる街で 星は泣いてる 月は嘆いてる Ah あなたは何色の夜空 見上げてますか  長い髪束ねるたび 視線さらえました お返事途切れるたび 胸が疼きました  私は神様でないから 明日のことすら知れないけど あなたへ今日を捧げる為なら 誰にも負けない  冬の色に染まる街で 夢を愁いてる 運命を恨んでる Ah あなたは何色の夜明け 願ってますか  初めて連れられて来た 思い出の海へ 一人 握り締めた二人の写真 波飛沫よ 笑顔の続きを返してちょうだい 振り返っても あなたはいない いくら叫んでも 決してあなた奪えない  冬の色は切ない色 雪に塗れて 凍ってしまえ  冬の色に染まる街で 夢を愁いてる 運命を恨んでる Ah あなたは何色の夜明け 願ってますか Ah あなたは何色の冬を 過ごしてますか
泣いたりしないでGOLD LYLIC福山雅治GOLD LYLIC福山雅治福山雅治福山雅治服部隆之泣いたりしないでこっちへおいでよ あなたのぜんぶを 抱きしめるよ  ひとりぼっちで怯えたりしないで あなたの心に さわっているから  悲しみを わかりたいんだ ぬくもりを 届けたいんだ  泣いたりしないでこっちを向いてよ 本当の言葉で 話そうよ  失くしたものなんて もう忘れなよ やっぱり本当の笑顔が いいよね  やさしさを 間違えないで 幸せを わけ合いたいんだ  あなたがいる それだけで強くなれるよ 僕がいるよ どんな時だって守ってみせる  やりなおせる 何度だって 大切な夢を 疑わないで  あなたがいる それだけで頑張れるんだよ あなたとなら どんなあしたでも生きてゆける  泣いたりしないでこっちへおいでよ あなたのぜんぶを 抱きしめるよ  あしたの話を たくさんしようよ そう やっぱりあなたの笑顔が大好き ねぇ 笑って
Smile平原綾香平原綾香平原綾香服部隆之服部隆之描いた青空に 立ち止まるのは 君のほほえみを 思い出すから  かけがえのない君 困らせてごめんね いつまでも いつまでも となりで笑って やさしい心でいれば 君はずっと Smile  涙もろい君 ひとりにしてごめんね いつまでも いつまでも ふたりでいたいね やさしい心でいれば 君はずっと  きっと 僕もずっと Smile…
心斎橋さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之夢を見てた 桜の樹の下を ある日二人 通り抜けた時 ふと あなた急に 別れを告げたまま 心斎橋の向こうへ 消えてしまう夢  人は誰も こうして何かに 怯えるように 暮らすものかしら 幸せな程 不安を捜して 明日降るかも知れない雨のことを 悲しんでる 実は  嘘をついた この恋を守る為に あの人なら 許してくれると思うけど  悲しいことに 慣れ過ぎた人は 始めから全て あきらめているものかしら 心斎橋を 笑顔でこちらへ 渡ってくるあなたみてたら 涙が 何故か止まらない  信じてみる 桜の樹の下を 今夜二人 歩いてみよう あなたの笑顔 信じてみよう
理想郷(ニライカナイ)さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之海原 静かに 全てを抱いて 水鳥 願いを 竜宮に伝えよ 悲しみは何処から来るのか 喜びは何処へと去るのか 教えてよ  遥かなる 海の涯て理想郷(ニライカナイ) 在るという 青空よ 幻でかまわない 写せよ  陽差しに デイゴの 花咲き 輝く 神々 何故 生命を たまうや 花は花の悲しみあるのか 人は人の悲しみあるように 教えてよ  遥かなる 海の涯て理想郷(ニライカナイ) 在るという 青空よ 幻でかまわない 写せよ  いつの日か ささやかな この願いよ 届けよ いつまでも あの人を 守りたまえ いつまでも
ETERNALLYさだまさしさだまさしさだまさしさだまさし・服部隆之服部隆之儚く移ろう時の流れ うたかたの恋 そして置き去りの夢達 あなたに あの時 出会わなければ あのまま この心は枯れ果てたはず  着飾る前のシンデレラの美しさ 思い出させてくれた あなたの笑顔  信じることから 愛は生まれる 真実は 永遠に変わらぬもの  夢見る頃は もう過ぎたはずだと 少しずつ疑うことを憶えかけてた あなたのぬくもりで魔法がとけて 夢のかけらたちが つながりはじめた  幼い日窓辺に見た 空を往く船 黄金色に輝く 雲の階段  今宵こそ あなたに そっと告げよう 永遠に変わらぬ この想いを  今こそ 信じた あなたに誓う 永遠に変わらぬ愛を  ETERNALLY
雨の夜と淋しい午後はさだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之忘れられない ひとがいる 青春のきらめきの彼方に その人は 季節はずれの薔薇のように 今も鮮やかに密やかに咲いてる  たとえば あゝ 雨の中を濡れて歩いた そのひとの泣き顔の ストップモーション おそらく あゝ 一杯のスープ分け合うような ささやかなぬくもり 求め合う恋だった  別れの理由を思い出せない あれ程 熱い恋も知らない その人が 仮に僕を忘れても あの恋を忘れることはないだろう  たとえば あゝ 雨の中で愛と憎しみが 激しく抱きあっていた ストップモーション おそらく あゝ 傷つけ乍ら いたわりあった 哀しいくらい倖せな恋だった  忘れられない ひとがいる 青春のきらめきの彼方に その人も どこかで僕のことを ふと こんな風に思い出すだろうか  たとえば あゝ 雨の夜と淋しい午後は 甘く痛む恋の ストップモーション おそらく あゝ 君という名の愛しい花は 僕の中で もう枯れることはない あゝ 雨の夜と淋しい午後は 君という名の花が咲く季節(シーズン) あゝ 雨の夜と淋しい午後は……
昨日・京・奈良、飛鳥・明後日。さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之駅前旅館をバスが 出たのは8時5分 これからわしらは修学旅行の第2日 794ウグイス平安京から 大化の改新ヘ 半分寝ながら 向かっているところ プレイボーイの山下がガイドにべたついて 週番の広田はビニール袋に蒼い顔 坂元たちは夕べのぞいた女風呂談議 誰の乳がでかいのちいさいの  春日大社に興福寺 誰かが唄った東大寺 柱の穴がくぐれずに 秋田が静かに落ち込んだ 鹿せんべいを喰った奴 こそこそ土産を選ぶ奴 ひたすら眠りこける奴 ため息ばかりついてる奴  昨日 京 奈良 飛鳥 明後日 青春は青空なのぢゃ あゝ 美しき思い出の 修学旅行  昨日京都で謎を見た 女は一人じゃ便所へゆけぬ ブラシ持っては金閣寺 しゃべり続けて銀閣寺 八瀬の大喰い食べ続けては 京都大腹三千人 おそらく生涯 治らぬことだろう クラス委員の福田と野原に怪しい噂 記念写真に隣同士で必ず写っとる 立山の奴が今夜井上に告白するから わしはそのシナリオ書きにまっこと忙しい  龍馬に中岡慎太郎 舞妓に月形半平太 わしの相手が見つからぬ 人の世話ばかりじゃ身が持たぬ 姉三六角蛸錦 四条五条の橋の上 わしが独りで見栄を切る 弁慶すらも現れぬ  昨日 京 奈良 飛鳥 明後日 青春は孤独なのぢゃ あゝ 美しき思い出の 修学旅行  宅間の酒が見つかって 男は連帯責任と 全員正座の腹いせに あいつ後ほど布団むし いつか笑える時が来る ふと懐かしむ時が来る そんなこんなで日が暮れて ああだこうだで明日が来る  昨日 京 奈良 飛鳥 明後日 青春はときめきなのぢゃ あゝ 美しき思い出の 修学旅行 修学旅行 修学旅行~♪
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
二軍選手さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之スター選手とのトレードで 彼がこの町に来たのは 三年前北風の強く吹く午後だった 合宿所迄の道程を きかれたことから二人の 二流の歌手と投手は友達になった  泥まみれの彼の笑顔が 僕を勇気づけ 僕の歌が 彼の安らぐところとなり ともすればくじけそうな それぞれの 夢という名の自分を支え合っていた そして  チャンスは 初め僕に来た オーディションに通ってレコード・デビューが決まった 僕は彼からギターを贈られた 彼は自分の事のように はしゃいだ まるで自分の事のようにね  翌年の春過ぎに 僕はこの町に帰った 僕の歌は少しも 売れはしなかった 彼はまだ二軍(ファーム)に居て 僕をなぐさめるかわりに 泥にまみれたいつもの 笑顔で迎えた  挫けそうな僕のステージの傍らで 時折遠くをみつめる彼がいた ともすれば はじけそうな それぞれの 風船みたいな夢を守ろうとするように やがて  チャンスは 次に彼に来た ナイトゲーム先発で彼の名前が呼ばれた プレイボールの声を聞き乍ら僕は まるで自分の事みたいに震えてた そう自分の事のようにね  彼は今スター選手の「恋人」と呼ばれてる バッティングピッチャーとして泥まみれで投げ続けてる 僕は小さな酒場で こうして歌ってる ささやかな物語を誰かに伝えたくて  誰もが夢見るスターのポジションは もう僕らに与えられることはないけど そうして誰の為の道かを教わった今 実は僕らの夢は始まったばかり そうさ  彼は心から野球を愛してる 僕は心から歌を愛してる たとえ泥まみれで捨てられても笑ってみせる たぶん自分の事以上に愛してる そう 自分の事以上にね
マグリットの石さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之あいそ笑いで生きるより ののしりの中で死にたい そう吐き捨てて遠くを見てた まなざしがとても恋しい  生まれ乍らに与えられた ものなんてほんのわずかなもの 嘘で磨いた輝きよりも 真実のまま錆びた魂が欲しい お前の口癖だったそんな とがった言葉達が いまさら 熱く俺の胸を揺さぶる やっと時代がお前に追いついた  あいそ笑いで生きるより ののしりの中で死にたい そう吐き捨てて遠くを見てた まなざしがとても恋しい  輝くのは一度だけでいい 砕け散る そのひとときだけで 売り渡してたまるか このプライド お前の声が今でも 聴こえるようだ マグリットの石は俺達の 時代を見すかして笑ってる お前はデ・ラ・ラ・マンチャの様に 風車に戦いを挑んでた  今初めて俺にあの時の お前の叫びが伝わる お前は夢を手にする為に 生命懸けで生き抜いたんだね 嘘で磨いた輝きよりも 真実のまま錆びた魂 売り渡してたまるか このプライド やっとお前が時代に伝わった
紫野さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之君 いつの間に 誰 恋して 眩暈を覚える 綺麗になったね その眼差しで 僕 見ないで 垣根がほどける 綺麗になった  七重八重 山吹は 実をつけず 枝垂れ咲く 鐘の声の 風の声の うらぶれて 道遠く  護りつつ犯しつつ 二人来た紫野  君 知らぬ間に 誰 壊して 妖しく哀しい 笑顔になったね ふと 今何か 僕 はじけた 肩口すべって 揺らり一葉落ちた  幾度の 初恋を 君すでに 脱ぎ捨てて 紅色の 唇に 香り立つ 薄明かり  与えつつ奪いつつ 二人来た紫野  幾度の 三叉路を 選び来て ゆき過ぎて また同じ 三叉路に 今二人 巡り来て  迷いつつ刻みつつ 茜さす紫野  君 いつの間に 誰 恋して 眩暈を覚える 綺麗になった
天狼星にさだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之自分だけは だませなくて 独り夜汽車で旅立つけれど ひとつひとつ 数える駅の 数だけ不安も 数えている  それ程遠くへ行く訳じゃない それが悲しい理由でもない 父さんよりも愛する人が 出来るなんて 思わなかった  膝の荷物が 二十余年の 重さというには 軽すぎるけど いつか何処かで 根付いたならば 許してもらえる そう信じてる  窓から見上げる夜空にひときわ 輝く星の名は知らないけれど 蒼い光に かけて誓う 何があっても くじけない  それ程遠くへ行く訳じゃない それが悲しい理由でもない 父さんよりも愛する人に 出会うなんて 思わなかった  父さんよりも愛する人が 出来るなんて 思わなかった
さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之またひとつ恋が生まれたよ 泣きたくなるほど いい子だよ 今度こそは 本当に しあわせに してやれると 思う 新宿発 あいつの町ゆき 今夜の夜行バスで ゆくつもり 今までいくつも 恋を迷って来たから 少しはきちんと 愛せると思う ビルの谷間で 狭い空を仰げば 折から朧に 上弦の月 北へ帰る 鳥が鳴いてゆく 缶ビール片手に 地図もない 俺の春  新宿発 あいつの町ゆき 最終バスに今 乗ったところ どんな顔で 笑ったらいいだろうか どんなふうに 抱きしめたらいいだろうか 三寒四温の 花冷えの旅立ちか お似合いじゃないか もう迷わない どこからか桜 降りしきる風の色 桜・桜咲くか 地図もない 俺の春  またひとつ恋が生まれたよ 泣きたくなるほど いい子だよ 今度こそは 本当に しあわせに してやれると 思う
猫に鈴さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之そんな笑顔で 僕を見ないで これ以上夢中にさせてどうするの 知ってるつもり 君は遠い人 友達で かまわないと言いきかせて 来たけれど  仲間の噂じゃ君は 誰にもつかまらないって 抱きしめたつもりでいても もう何処かにいるらしい (テレポーテーション テレポーテーション) 描の首に鈴をつける そんな感じでみんな おそるおそる君のこと 様子をうかがっている (フラストレーション フラストレーション) いつでもスキなど見せない でもお高い訳じゃない 途方に暮れてたある日 君から声かけられた 「今度ゆっくり 会いたいわ」 さすがに耳を疑ったさ 何がおきたのかと ストップモーション  いつもの笑顔で君は 僕をじっと見つめて あなたの噂教えるわと いきなりきり出した (イントロダクション イントロダクション) 誰にもつかまらないって みんなが言ってるわ あんな笑顔で私を 見つめるのは何故なの (インスピレーション インスピレーション) いつでもスキなど見せない でもお高い訳じゃない 途方に暮れたの私 だから実は今日 「猫に鈴を つけに来たのよ」 さすがに耳を疑ったさ それじゃあべこべだ ストップモーション  そんな笑顔で 僕を見つめて これ以上夢中にさせてどうするの 知ってるつもり 二匹の猫は 時々は爪をたてたりするけれど そばに居る いつでも そばに居る
October ~リリー・カサブランカ~さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之今日 君の誕生日 ふと思い出した 元気でいますか しあわせですか 君と二人きりで 祝ったあの日 しあわせなのが 切なかった 君を傷つけても 君が欲しかった リリー・カサブランカの 儚く白い風が 部屋を包んでいた 10月 午后の陽射し 愛はたおやかに 時計廻りに過ぎて もう 気が違う程に 違ざかったその風景は色褪せない  今日 君の誕生日 今頃誰と 祝っていますか しあわせですか 別れの言葉さえも 君に言わせた リリー・カサブランカの 花の香り淡く 君の髪を 梳かした 今でも愛している 苦しい程 想う夜更けもあるけれど 君のしあわせ 祈っている そう言ったら きれいごとだろうか  10月 午后の陽射し 愛はたおやかに 時針廻りに過ぎて もう 気が違う程に 遠ざかったその風景は色褪せない
秋の虹さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之まるめろの花の咲く頃に お前は生まれて来たのです 母さんが嫁いで 2年目の春でした  幼い頃から大人しく やさしい娘でありました 母さんが嫁いだ 歳を越えたなんて  こうして目を閉じて 思い起こせば 憶えたてのカタコトで 母さん呼んだお前を  嫁がせる朝 こんなことを 母は思い出しています  まるめろの実が実る頃 お前は嫁いでゆくのです 色深めるななかまど すてきな朝です  しあわせは形でなくて いつも心にあるのだと 言いかけてふと空に 虹を見つけました  そういえば私が 嫁いだ朝にも 母はやはり 庭に出て 花を見ていた  どうかお前が いつまでも しあわせでありますように
戦友会さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之櫛の歯が欠けるように 仲間が減ってゆく 戦友会に出掛けた夜 おやじが呟いた 学舎でなく古の戦の友が集う 年に一度の 思えばなんて儚い祭りだろう 誰もがいつか 年老いてゆくけれど 何とも俺達の風情は 他人に玉手箱 開けられてしまった 青春の浦島たちのようだ 生命懸けておまえ達を 守ったと言わせてやれ それを正義と言うつもりはないが 時代と片付けたくもない  今の青春を羨ましくなくもないが 替わろうかと言われても断るだろう 不幸な時代の若者たちはそれでも青春を確かに見たのだ 銃弾に倒れた友の顔を 忘れることなど出来ない あいつの分もあいつの分もと 生きる思いは解るまい いつかは消えゆく 集いなのだ 冬の名残の雪なのだ そして必ず 二度と必ず 降ってはならない雪なのだ 穏やかにそう言った後 息子の僕をサカナに 珍しくおやじは家で酒を呑んで その日は早くつぶれた  雪が降る今日もどこかで 誰かが凍えてる 遠くでバイクの走り去る 青春が聞こえた
東京物語さだまさしさだまさしさだまさし服部隆之服部隆之ロードショウで 憶えたての メインテーマ 口ずさんで 二人肩を並べたまま 夕暮れの迫る街を そぞろ歩けば 銀座の町も ちらほら 灯ともし頃 東京 東京 君はつぶやいた 本当のこの町の 姿なんて 誰も知らない  晴海通り 数寄屋橋へ 皇居前の広場あたり 議事堂にかかる 夕陽みつめ この町で 生まれた君と 東京 東京 確かに僕は 本当のこの町の 姿なんて 何も知らない  何もかもすべて 包み込んで わがままさえも 包み込んで まるで母の愛のように  東京 東京 君の横顔に 誓っている いつか 東京 東京 すばらしき人と すばらしきこの町 みつめ乍ら ここで暮らそう 
冬の蝉さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之時として人は 季節を違えて 生まれることがある 冬の蝉のように けれど短い時代(とき)を 悲しみもせずに 鳴き尽くせたら誰も 嘘と呼びはしない  せめて 枯野を駆け巡る 夢と呼んでも いつか 時の流れを越えて 真実(ほんとう)になる日が来る  あゝ生命は生命 夢は夢 何処で咲くかは 風に訊け  時として花は 季節を違えて 咲き匂うことがある 早い春のように 迷い咲きと呼ばれて 疑いもせずに 咲き尽くしたら誰も 嘘と呼びはしない  せめて蒼い空を埋める 風の色になれ いつか時の流れを越えて 実を結ぶ日も来る  あゝ心は心 花は花 何処で散るかは 風に訊け  せめて 枯野を駆け巡る 夢と呼んでも いつか 時の流れを越えて 真実(ほんとう)になる日が来る  あゝ生命は生命 夢は夢 何処で咲くかは 風に訊け
LET'S GO! いいことあるさGOLD LYLICSUPER P-kiesGOLD LYLICSUPER P-kiesJ.Morali・H.Belolo・V.Willis・日本語詞:タケカワユキヒデJ.Morali・H.Belolo・V.Willis服部隆之さあ 元気よく きみも 声出して 今日の一日を いっしょに 始めよう たとえ 友達と うまく いかなくて すこし おちこんでても 平気さ ガンバろう  LET'S GO! とびだそう LET'S GO! 勇気だして LET'S GO! 今度こそ LET'S GO! いいことあるさ  ほら笑ったら 気持ち 軽くなる そうさ 最初から いつも ほほえもう みんな いいヤツさ だから 話しあって 気持ち 伝われば そうさ わかりあえるさ  LET'S GO! とびだそう LET'S GO! 勇気だして LET'S GO! 今度こそ LET'S GO! いいことあるさ LET'S GO! ほら君も LET'S GO! 勇気だして LET'S GO! 今度こそ LET'S GO! 信じあおうよ  君の瞳はもう くもらない だってみんなはもう 仲間だから  こころ とじないで いつも 幸せを 強く 望んだら きっと つかめるさ みんな ふれあって そして 助けあって 人の 悲しみを わかって あげられれば  GO, GO, GO, LET'S GO! GO, GO, GO, LET'S GO! GO, GO, GO, LET'S GO! S・U・P・E・R SUPER P-kies!  LET'S GO! とびだそう LET'S GO! 勇気だして LET'S GO! 今度こそ LET'S GO! いいことあるさ  LET'S GO! とびだそう LET'S GO! 勇気だして LET'S GO! 今度こそ LET'S GO! いいことあるさ LET'S GO! ほら君も LET'S GO! 勇気だして LET'S GO! 今度こそ LET'S GO! 信じあおうよ  LET'S GO! とびだそう LET'S GO! 勇気だして LET'S GO! 今度こそ LET'S GO! いいことあるさ LET'S GO! ほら君も LET'S GO! 勇気だして LET'S GO! 今度こそ LET'S GO! いいことあるさ
さだまさしさだまさし永六輔さだまさし服部隆之しあわせだと思った人が ふしあわせ ふしあわせだと思った人が しあわせ そんなことってあるんだよね あの時は若かったのさ  まじめだと思ったヤツが ふまじめ ふまじめだと思ったヤツが まじめ そんなことってあるんだよね あの時は若かったのさ  どこかで しあわせ ふしあわせ だれかが しあわせ ふしあわせ あした しあわせみつけて育てよう 育てたしあわせ もう離さない  自由だと信じた日々が不自由 不自由だと信じた日々が自由 そんなことってあるんだよね あの時は若かったのさ  しんせつだと思ったヒトが ふしんせつ ふしんせつだと思ったヒトが しんせつ そんなことってあるんだよね あの時は若かったのさ  どこかで しんせつ ふしんせつ だれかが しんせつ ふしんせつ あした しあわせみつけて育てよう 育てたしあわせ もう離さない  どこかで しあわせ ふしあわせ だれかが しあわせ ふしあわせ あした しあわせみつけて育てよう 育てたしあわせ もう離さない  どこかで しあわせ ふしあわせ だれかが しあわせ ふしあわせ あした しあわせみつけて育てよう 育てたしあわせ もう離さない  しあわせだと信じた時代が ふしあわせ ふしあわせだと信じた時代が しあわせ そんなことってあるんだよね あの時は若かったのさ  そんなことってあるんだよね あの時は幼かったのさ
東京の花売娘ちあきなおみちあきなおみ佐々詩生上原げんと服部隆之青い芽をふく 柳の辻に 花を召しませ 召しませ花を どこか寂しい 愁いを含む 瞳いじらし あの笑くぼ ああ東京の 花売娘  ジャズが流れる ホールの灯影 花を召しませ 召しませ花を 粋なジャンバー アメリカ兵の 影を追うよな 甘い風 ああ東京の 花売娘 ああ東京の 花売娘
ラ・ボエームちあきなおみちあきなおみJacques Plante・Charles Aznavour・訳詞:なかにし礼Jacques Plante・Charles Aznavour服部隆之モンマルトルの アパルトマンの 窓辺に開く リラの花よ 愛の部屋よ あなたはいつも 絵を描いてた いとしいひと 私をモデルに 愛しあった あなたと私は 20歳の頃 ラ・ボエーム ラ・ボエーム しあわせの夢を ラ・ボエーム ラ・ボエーム 根のない草花  貧しかった 私達は 虹のおとずれ 夢みていた 仲間たちと カフェの隅で ボードレールや ベルレーヌの詩を読んでた 愛しあった あなたと私の 20歳の頃 ラ・ボエーム ラ・ボエーム きれいだったあの頃 ラ・ボエーム ラ・ボエーム 夢みるさすらい  夜更けに帰り あなたはむかう キャンバスの前に 夜をあかし 朝になれば コーヒーなど飲んで 夢をかたり 夢をみたの 愛のねむりの 愛し合えば 感じなかった その寒さを ラ・ボエーム ラ・ボエーム 若さと夢 ラ・ボエーム ラ・ボエーム はかなくうるわし  あの日のこと 私達の 愛の街角 訪ねてみた リラも枯れて アパルトマンの 影さえなく 歩きなれた道も 消えてた 若き日々の 靴の音は 聞こえなかった ラ・ボエーム ラ・ボエーム 帰らない夢 ラ・ボエーム ラ・ボエーム 一抹の夢を
アコーディオン弾きちあきなおみちあきなおみMichel Emer・訳詞:美輪明宏Michel Emer服部隆之街の女のマリーは 美人だった お得意の客もいて 貢いでくれた 客が帰ったあとは 今度はマリーが 遊びに行く番さ 彼のところへ 場末のホールへ 出掛けて行く 小柄な男で アコーディオン弾き  彼が弾くジャバに 耳を傾け 踊り場には 目もくれないで 情をこめて その目はみつめる 彼が熱演する姿 彼の素敵な指の動きに 胸も手も足も 体もしびれて 歌いたくなる まったくこのジャバときたら  街の女のマリーは 寂しかった アコーディオン弾きは 兵隊に行った 彼が帰ってきたら お店を持とう…と 二人っきりで働く かわいい店を 毎晩彼は 微笑みながら マリーのために ジャバを弾くのさ  そっとジャバを 口ずさめば 彼が目にうかぶ 情をこめて その目はみつめる 彼が熱演する姿 彼の素敵な指の動きに 胸も手も足も 体もしびれて 歌いたくなる まったくこのジャバときたら  街の女のマリーは ひとりぼっち 若い女たちは ジロリとにらむし 男は誰も 声もかけない あせればあせるほど 悪くなるだけ 死んでしまった アコーディオン弾き それでもくたびれた足は あのホールへ  別の男が ジャバを弾いてる 目を閉じて聞く 彼が帰ってきた 彼の素敵な指の動きに 胸も手も足も 体もしびれて 歌いたくなる まったくこのジャバときたら  「やめて」 そのジャバはやめて
したたる情熱中森明菜中森明菜及川眠子服部隆之服部隆之指先もくちびるも あなただけを待っている 散り急ぐ花のように 命を燃やして  いつの日か 気まぐれな 恋に疲れたあなたが この腕にたどりつくと 信じている  偶然街で 見かけた姿に 駆けよる私 露骨にイヤな顔したね  どんなにきらわれても 愛さずにいられない どうしようもないのよ たとえ傷ついても ぽとりぽとり いましたたる この情熱さえ私の証しなの  窓越しの流れ星 何度も願いをかける 叶わない夢なんて ないと思いたい  暗闇に怯えても 夜が明けるまでのこと 運命はこの想いの 味方をする  憎めばいいわ あなたの心に 私の愛が こびりついて消せないほど  どんなに背を向けても 追いかけてあげるから 簡単な幸せに 抱きしめられるより ぽとりぽとり またしたたる せつない涙を私は選びたい  どんなにきらわれても 愛さずにいられない どうしようもないのよ たとえ傷ついても ぽとりぽとり いましたたる この情熱さえ私の証しなの
Necessary中森明菜中森明菜夏野芹子大内義昭服部隆之月明かり 風に揺れている さり気ない夜 触れるほど わかる私たち 鏡のよう  穏やかな心がほら あなたを微笑ませ してほしいことをしたい 私を感じた  抱かれて抱いて姿 映しあうまま 捜したい あなたのすべて いけないところまでも 愛してくれる あなたの強さに甘えたい  哀しみも 独り癒せるわ 静けさの中 それなのに ふたり寄り添えば 震えている  私たち大人だけど 素直も嘘も欲しい 鏡には願いまでも 無惨に映るの  抱かれて抱いて涙 こぼれるままに ぶつけるわ 私のすべて 覚悟を決めることに 憧れていた いまこそ出逢いを信じるわ  抱かれて抱いて姿 映しあうまま 捜したい あなたのすべて 覚悟を決めることに 憧れていた いまこそ出逢いを信じるわ
STAY~あなたの声が聞きたいVOICEVOICE別所秀彦別所秀彦服部隆之紅茶色の街に 溢れてる 冬の気配さえ あなたの顔になる あの夜のささやきと 触れ合った手のぬくもり それだけで 待っている Oh あの人から奪う日を…  STAY くもりガラスの向こうに STAY 確かな嘘 見つけても STAY 受話器のベルも待てない STAY あなたの声が聞きたい  怯えにも似てるときめきに 鏡の前では涙がこぼれるの わがままな 女だと この髪を すいて欲しい 逢う度に やさしくて Oh 知る度に冷たいのに…  STAY 二人だけの思い出を STAY たやすく眠らせないで STAY 夢の中でも会えない STAY 愛されすぎるぬくもり  STAY くもりガラスの向こうに STAY 確かな嘘 見つけても STAY 受話器のベルも待てない STAY あなたの声が聞きたい
熱海あたりで八代亜紀・桂三枝八代亜紀・桂三枝秋元康林哲司服部隆之どうするつもり? この後は? 夜はまだ 長いでしょう? どうして欲しい? この後で? ご期待に 添いましょう  ああ 女の数だけ 恋をするのが男 その中で君だけが 特別な女さ  熱海あたりで メイキング・ラブ 車飛ばして このまま 熱海あたりで メイキング・ラブ もうー 止まらない  愛していいの? 今すぐに 唇で火をつけて 愛していいわ 今すぐに めらめらと燃えたい  ああ 男の数だけ 夢を見るのが女 その中であなただけ 特別になりそう  熱海あたりで フォールインラブ 大人同志の成り行き 熱海あたりで フォールインラブ もう ー戻れない  熱海あたりで メイキング・ラブ 車 飛ばして このまま 熱海あたりで メイキング・ラブ もうー 止まらない
Kissin' in the holy night福山雅治福山雅治福山雅治福山雅治服部隆之帰らぬ日々 忘れられぬ夜を想って あなたはそっと 哀しい横顔 見せるの  確かめないから 見つめないから 何も言わなくていい もう少し このままそばにいさせて  Kissin' in the holy night Singin' in the silent night  愛があなたを傷つけるなら 愛じゃなくていい  凍える街 やさしく包み込む雪のように あなたはそっと 震える心を隠すの  わかっているから つらくなるから 何も言わなくていい もう少し このまま抱きしめていたい  Kissin' in the holy night Singin' in the silent night  愛がふたりを傷つけるなら 愛じゃなくていい  降りしきる雪は 聖夜のラプソディー その涙が枯れるまで もう少し このまま抱きしめていたい  Kissin' in the holy night Singin' in the silent night  愛がふたりを傷つけるなら 愛じゃなくていい  Kissin' in the holy night
すべては愛の中に中西圭三中西圭三森雪之丞中西圭三服部隆之摩天楼から 滑り落ちた 太陽が奏でる Rhapsody 流されゆく 人の波に 僕だけが止まる...  I Love You... もし君がいなきゃ 今でも僕は ひとりきり あわただしい 街の中で 自分が誰かも 忘れていただろう  I Love You... 目を閉じただけで 素敵な君に逢えるよ 突然の雨が 靴を汚しても もう僕は 気にしない  心を傷つけた日々は 痛みを学ぶためだった 最後に恋をする 君をいつか やさしく抱けるように  I Love You... しか言えないけれど 囁くたびに思うよ 生きてきた理由(わけ)も せつなさの意味も すべては愛の中に  君には気づけない奇蹟 背中に隠れてた羽根が 唇ふれた時 僕をいつも やさしく包み込むよ  I Love You... しか言えないけれど 瞳の奥に映るよ 淋しさの理由(わけ)も 夢を見る意味も すべて愛の中...すべては愛の中に...
そして今は姿月あさと姿月あさと岩谷時子G.ベコー服部隆之なんにも したくない あなたも 今は去り 知らない 顔だけが 私をみているわ かぐわしい夜ふけも 今はただやるせなく ひとりの夜あけは 死にたくなる  あなたは 私だけ 残して どうしたの 淋しい このまちで 私はどうするの お願い教えて あなたが居ないから ひとりですることが なんにもない  明日は 泣かないわ 笑って 過ごしましょう あなたの 想い出も やいてすてましょう 鏡をのぞけば 私のバラもかれて いまではひとりで することもない 旅路の終りまで なんにもない
幸福を売る男姿月あさと姿月あさと岩谷時子J.P.カルヴェ服部隆之おいら バカボンド 幸せと楽しいシャンソン 売って歩く みんなみてる おれが愛の風にのって 通る空を おいらは蒔く いつの日も くちづけの麦を この胸にはいつもある 夏や春の歌が  人がなやみ 涙こぼす そんなときに おいらは行く 胸のなかの ほころびを つくろうため おいらは行く 年が来れば 来るごとに ぬれた涙ほして 心の舟出すために おいらは 歌うたう  おいら 涙売るよりも 笑い声を 売るのが好き 代はいらない 人が誰も幸せなら おいら いいさ おいらは行く いつの日も ぬれた涙 ほして この胸にはいつもある 夏や春の歌が  おいらバカボンド 幸せと心にシャンソン 置いて歩く みんなみてる 軽い愛の風にのって 通る空を
Sweet Darling福山雅治福山雅治福山雅治福山雅治服部隆之愛を感じてる わたし感じてる とてもやさしくて そっと哀しい 何も言わないわ 何も訊かないわ 誰も届かない 遠い世界へ誘って  今 願いはぬくもりに抱かれながら ふたり ひとつになって ずっとゆれて ずっと重ねて… 愛が嬉しくて わたし嬉しくて どんな言葉より あまい眠りください  ほら 祈りは この夜に許されたの ふたり ひとつになって もっと魅せて もっと溢れて… そっとくちづけを 愛にくちづけを どんな夜明けより あまい夢をください sweet sweet darling…
手のひら中西圭三中西圭三朝水彼方中西圭三・小西貴雄服部隆之ああ賑わう街の 通りを横切って 君を送る時間には ためいきだね いつでも  なぜ君は静かに笑うの それだけで切なくて 今 指が肩から髪へと 思いのままたどってしまうよ  この僕の手のひらは いつの日も君のため その頬を包み込み 涙など消してあげるから  かさついた僕の左手を 握り返す優しい人 この恋を信じ続けよう 君を見つめて心で言ってる  この僕の手のひらは 大きくはないけれど 恋人を守ってく 永遠のぬくもりでいたい  ああ手を振った後 一人で帰る道 今日はやがて終わるけど 心そばで眠らせて
ふたりぼっち片岡大志片岡大志片岡大志片岡大志服部隆之こわれそうな なくしそうな 泣き出しそうな 街明かり 窓辺に遠く ふくをぬいで 目を閉じて キスしたら 頼りない ふたりぼっち  あいたくて息が止まる 夕べと同じ気持ちを確かめて ふるえているの  言えない とどかない 信じられない こんなに求めていた 嘘じゃない 夢じゃない 間違いじゃない あなたをあいしている  しあわせな かわいそうな 物語の中でなら 何も聞こえない 連れ戻さないで はなれないで このままで 守れそうな ふたりぼっち  つかまえて 忘れないで 時が行けば どんな気持ちでさえ 変わっていくの  言えない とどかない 何もいらない こんなに求めていた 嘘じゃない 夢じゃない 間違いじゃない あなたをあいしてる  わかれはいつか来る遠い明日 かなしい人込みにもまれ 見えなくなるまで左手を ふり続けてくれたひと  言えない とどかない 泣くかもしれない こんなにもとめていた 嘘じゃない 夢じゃない 間違いじゃない あなたを あいしている  歩きながら 途切れながら ためらいながら このまま色褪せない  嘘じゃない 夢じゃない 間違いじゃない あなたを あいしてる  あなたを あいしてる  
春ひばり辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里服部隆之むかし、むかしのこと 凍った冬の河 水がぬるんで 生命は生まれる 眠り続けていた 季節も忘れてた 窓を開いて 深く息を吸う  夢から醒めて 夢から醒めて 戻っただけ、一人に……  春ひばり 灰色の空に舞う どうせ 過ぎた恋なら 悲しみも 喜びも 唄にして もっと 高く 高く……  あなたは知らないの 何んにも知らないの やさしい笑顔で 苦しめたことを 私は知りたくて 全てを知りたくて あなたのまわりで 鳴いていたことり  夢から醒めて 夢から醒めて 戻っただけ、一人に……  春ひばり 翔いて 空をゆく 愛に たどりつくまで 飛ぶことを その夢をやめないで もっと 強く 強く……  夢から醒めて 夢から醒めて 戻っただけ、一人に……  春ひばり 灰色の空に舞う どうせ 過ぎた恋なら 悲しみも 喜びも 唄にして もっと 高く 高く……
秋のホテル谷村新司谷村新司谷村新司谷村新司服部隆之あなたに抱かれた あの時の夏 私は確かに美しかった ホテルのロビーを 誇らしげに行く どの人よりもきらめいたけど 愚かだったわ  愛はDaylight Moonlight 激しく静かに 愛はDaylight Moonlight 移ろうままに あの人に飽きられた それさえも気づかないまま  “愛”から始まり“関係”になり やがて“過去(むかし)の女”に変わる 一人で来てみた あの夏のロビー 秋のホテルは どこか似ている 今の私に  愛はDaylight Moonlight 激しく静かに 愛はDaylight Moonlight 移ろうままに あの人に飽きられた 残酷ささえなつかしい  愛はDaylight Moonlight 激しく静かに 愛はDaylight Moonlight 移ろうままに あの人に愛された 残酷ささえなつかしい
Dear広瀬香美広瀬香美広瀬香美広瀬香美服部隆之元気? 久しぶりよね こんな真面目に手紙なんか書くの ちょくちょく電話しあってるから 特別ニュースはないけれど そうね 髪を切ったわ 相談してたら反対したでしょう? 思ってたより評判いいから そのうち写真でも送るわ  あなたなしで過ごした夏は 確かに通り過ぎたけれど 独りきりの生活は いまだに様にならない この頃私 生きてないみたい なんだか抜け殻みたい  クリスマスまでには 間に合うように 私のもとへ帰ってきてね ずっと遠く すごく遠く 離れているけど 忘れないでね 私のことも 二人の日々も これから先も 遠い遠いこの国で私 待っているのよ  きっとこれが初めて こんな素直に気持ち伝えるのは 似合わないこと言うんじゃないと 笑ってくれればそれでいい  遠い異国の恋人には 心配させたりしたくない 私なしの生活を しっかり頑張ればいい わかってるのに わかってるのに やっぱり寂しい私  クリスマスまでには 間に合うように 私のもとへ帰ってきてね ずっと遠く すごく遠く 離れているけど 忘れないでね 私のことも 二人の日々も これから先も 遠い遠いこの国で私 待っているのよ  今すぐにでも 会いたい (ハレルヤ) 今すぐにでも 会いたい Oh, If we miss me baby get over (here come on)  クリスマスまでには 間に合うように 私のもとへ帰ってきてね ずっと遠く すごく遠く 離れているけど 忘れないでね 私のことも 二人の日々も これから先も 遠い遠いこの国で私 待っているのよ  クリスマスまでには 間に合うように 私のもとへ帰ってきてね ずっと遠く すごく遠く 離れているけど 忘れないでね 私のことも 二人の日々も これから先も 遠い遠いこの国で私 待っているのよ  クリスマスまでには 間に合うように 私のもとへ帰ってきてね ずっと遠く すごく遠く 離れているけど 忘れないでね 私のことも 二人の日々も これから先も 遠い遠いこの国で私 待っているのよ  クリスマスまでには 間に合うように 私のもとへ帰ってきてね ずっと遠く すごく遠く 離れているけど 忘れないでね 私のことも 二人の日々も これから先も 遠い遠いこの国で私 待っているのよ  (クリスマス ハレルヤ)
輝きたい森川美穂森川美穂森川美穂大平勉服部隆之朝の光を浴びて 目覚めても 夢を見てるようで… 風が心をそっとさらってく 泣き出しそうな空へ高く 何を探しているの? 見つめたいの? 溢れ出す不安を 閉じ込めて歩き出せない 見失った心を 抱きしめても 過ぎてゆく時間を 持て余しながら 見送るだけ  胸のどこかで きっと迷ってる 夢を見つけたいの 空に広がる星を数えたら 果てしないほど 自由がある いつか傷つくことに 背をむけてた 誰よりも自然に 生きること愛してたのに 明日を信じながら 歩き出そう もう一度あの日の 自分に戻って輝きたい  いつか傷つくことに 背をむけてた 誰よりも自然に 生きること愛してたのに 明日を信じながら 歩き出そう もう一度あの日の 自分に戻って輝きたい
酔っぱらったよ河島英五河島英五河島英五河島英五服部隆之酔っぱらったよ 酔っぱらったよ 昔流行った唄が流れてる  俺達が出会ったあの頃がよみがえるね 輝きと影がまじりあっていたあの頃 この唄歌ってたあいつはどうしたんだろう 最近あんまり聞かないねさみしいね 時の重さが俺たちを変えたんだ 違う生き方選んだふたり  酔っぱらったよ 酔っぱらったよ 昔流行った唄が流れてる  時代は移り行き街角に知らない歌が お前見送ってひとりで泣こうか 新しい化粧もお前には似合うけど 変れないんだ男って奴は  酔っぱらったよ 酔っぱらったよ 昔流行った唄が流れてる  酔っぱらったよ 酔っぱらったよ まだ知らない唄が耳を過ぎる  酔っぱらったよ 酔っぱらったよ 昔の唄はもう聞きたくない  酔っぱらったよ 酔っぱらったよ 昔流行った唄が流れてる
無口河島英五河島英五河島英五河島英五服部隆之うまく言葉にできないおもいをどうすれば、どうすればいいんだろう わかってくれていると思っていたんだ わかってくれないはずはないんだと 当たり前で言いそびれたことが 今頃になりこんな形で現れるなんて わかってくれていると思っていたんだ 友達にもそう話していたのに 感謝とかすまなさとかとても言葉じゃ足りないよ そしておまえをいとおしむ この思いどこへぶつければいいのか  誰かがとても上手な言葉で傷ついた君を理解してくれたのかい 俺たちが築いたものは言葉よりも軽いのか無責任な誰かの言葉より 言ってみるよ聞いてておくれありったけの思いを言葉で やっぱり言葉じゃだめさ 言葉なんか嫌いさ 本当のことまで みんな嘘になる 感謝とかすまなさとか とても言葉じゃ足りないよ そしてお前を失いたくないこの思いどこへぶつければいいのか  空しく言葉は空回りして 自分を弁護しようとするだけ ただ お前を失いたくない なぜ 解ってくれないのか すでに閉ざされた お前の前で やがて 俺は また 無口の人となる
一徹者河島英五河島英五河島英五河島英五服部隆之一徹者でいい そのままでいい いまさら世間に なびいてもしょうがない いつもの居酒屋へ 下駄を鳴らせば なじみの顔ぶれ 笑顔が並んでる 一徹者は親父ゆずりだと 目頭おさえ おふくろが云う 生きているから いきているから ぬくもりが恋しい  ひたむきでいい まっすぐでいい 愚かに見えるくらいで ちょうどいい 新しがり屋に何が わかるか 男の仕事は はんぱなもんじゃない 一徹者は 親父以上だと 目を糸にして 女房が笑う 生きているから いきているから あしたが恋しい  一徹者でいい そのままでいい 幸せなんて 心が決めるもの 飲んでものまれず 惚れても騒がず 激しい想いを ほほえみにできればいい 一徹者は 直りゃしないネ、と 女房が云えば おふくろ うなずく 生きているから いきているから ぬくもりが恋しい 生きているから いきているから あしたが恋しい
欲望河河島英五河島英五河島英五河島英五服部隆之この街を 流れてる河は 今日も淋しさの吹き溜まり 愚か者や罪人達 救いの酒に酔い痴れてる  ただ流れゆく河の流れ あの頃のように じっと見つめれば 忘れられぬ愛しい面影が こみあげてくるのさ  この街は 欲望と人の夢が 転がり続ける街 裏切り合い 傷ついても慰めなんか欲しくない  ただ流れゆく河の流れ あの頃のように じっと見つめれば 忘られぬ愛しい面影が こみあげてくるのさ  行き過ぎる街の人は 悲しみさえ生きる力にして 傷ついた心抱いて 夜明けを待ちわびる 朝焼けの海に向い ひたすらに ただ流れてゆく もの云わぬ河の流れのように
のんべ河島英五河島英五河島英五河島英五服部隆之一緒に暮らそうと冗談でもあんたが 言ってくれたからあたしホロリときたんや のんべでアホな女といいかげんな男 うまくやれるはずないわ 試してみないでも  笑いながら笑いながら眠っていたんや 泣きながら泣きながら寝むった日もあったのに あんたの肩を時々たしかめてみたんや いつのまにかいつのまにか 消えてやしないかと  そうやあたしは母さんのように ふつうになろうとしたけど なりきれなかったんや  あんたが一晩中そばにいてくれたから 大人になってはじめてぐっすり眠れたんや 子供の頃によく見た夢をまた見たよ 月の浜辺で裸足で おどってる夢を  出て行ってよ出て行ってよ無理を言わないでよ たった一夜たった一夜夢見ただけなんや  せめて一度私の手料理食べて欲しかったけど もうおしまいもうおしまい すぐに出て行って  あんたが一晩中母さんのように 抱きしめてくれたから 幸せになれたんや  泣きながら泣きながらまたひとり寝るんや 笑いながら笑いながら眠れる日まで あ・ん・た
夢の森の中で君と河島英五河島英五河島英五河島英五服部隆之夜更けに急に目を覚まし 瞳濡らして震えてる 君は思い出の森の中 霧に迷って来たのかい  眠れ俺の胸で 抱いてあげる 優しく強く  ひそかな寝息たてながら まだ泣き顔の白いほほ 俺も思い出の森の中 枯れ葉踏みしめ歩こうか  眠れ俺の胸で つらい 夢など見ないように 眠れ俺の胸で いつも目覚めれば そばに いるよ
さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之いつまでもあなたのものでいると 一体誰が約束したの 突っ張って Far away これでお別れです Get away 夢から醒めて Run away. It's my way  振り向けば誰もが皆 つもる 想い出に引き止められるけど 振り切って Far away 降りしきる雨に Get away 傘もささないまま Run away. to my way  そんなに驚かないで 心は移ろい易い 教えてくれた人は あなたのはずでしょう 背中でドアの悲鳴を聞きながら  いつまでも あなたのものでいたい どこかで誰か 叫んでるけど 聞こえないわ Far away サヨナラ  掌に拡げるている想い出 処々が破れている 突っ張って Far away 傷ついたまま Get away それはお互いよね Run away. It's my way  あんなに冷たい顔で 知らない人見るように 氷の心のふり 私をみつめて 答えを私に出させた ずるい  いつまでも 私のままでいたい だから もう振り向きはしないわ 振っ切って Far away これでお別れです Get away 夢から醒めて Run away. to my way  突っ張って Far away Get away 突っ張って Far away Run away 突っ張って Far away Get away 突っ張って Far away サヨナラ
たまにはいいかさだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之いつもの店で君を待つ 2杯目のコーヒーも冷めかけた いつもいつも 待たせてばかりの僕が今日は 待ちくたびれてる 本も読まずに 町のざわめき みつめているうちに ふと気がつけば 季節の横顔に出会った そうか いつも きっと こんな風 そっと あいつ 待ってたんだな たまにはいいか  ささやかな いさかいがもとで 珍しく声を荒げた あいつ いつもいつも 飛び出すばかりの僕が初めて 聞いたドアの音 時計の音って 意外に大きいね 狭い部屋が不意に 拡がった様で 一人でいると 結構寒いね そうか いつも きっと こんな風 ずっと あいつ 待ってたんだな たまにはいいか  誰かにもらった コンサートチケット 無理に腕組みして 記念日でもないのに 着飾るあいつ 嬉しそうだね そうか いつも きっと こんな風 ちょっと あいつ 待ってたんだな たまにはいいか
修羅の如くさだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之人は何故 男と女に 分かれてしまったのだろう あらゆる哀しみが そこから始まるのに たとえば愛だけでは 生きてはゆけないけれど もしも愛なしでは とても 生きられない  次に男に 生まれたならば 修羅の如く 激しく生きるだろう 日が沈み また昇るように 生命くりかえし 子供のような瞳で眠るだろう  次に女に 生まれたならば 母の如く 強く生きるだろう 悲しみを悲しみとして 受け止めながら 疲れた修羅を 抱いて眠るだろう  人は何故 光と影に 分かれてしまったのだろう あらゆる憎しみが そこから生まれるのに たとえば雨のなかで 日差しに憧れても やがて日差しのなかで 雨を恋しがるだろう  次に女に 生まれたならば 天女の如く 柔らかく生きるだろう 喜びを喜びとして 受け止めながら 悲しい修羅を 愛して生きるだろう  次に男に 生まれたならば 修羅の如く 激しく生きるだろう 寄せては返す 波のように 生命くりかえし 愛しい人を 守って生きるだろう 寄せては返す 波のように 生命くりかえし 愛しい人を 守って生きるだろう
あなたを愛したいくつかの理由さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし服部隆之疲れ果ててたどり着いた お前の優しさに 少し甘え過ぎたようだ 別れも言わずに旅立つ ほんのかすかに寝息たてる お前の横顔 みつめたなら胸が詰まる 思い出が多すぎて 今 朝の光がおだやかに 窓辺にあふれて 俺のたどるべき遠い道を 照らし始めてる 何も持たず ここへ来たから 何も持たずに出てゆく  あなただけを愛し抜いて あなただけみつめて 歩くことがあなたには 重過ぎたのかも知れない 愛すること愛されること あなたに教えられた その幸せが深い程 不安も深かった 今 あなたの背中をみつめて 祈っているのは どうぞ あなたらしく思い切り 生き抜いて そして いつか私が誇りに思う そんな人になってほしい 誰でも目の前に独りきり たどる道があり 誰かの道を横切る度に 傷つけてゆく そして必ず それよりずっと 自分が傷ついてゆく  次に会えた時 胸を張って笑えるように 幸せな笑顔で あなたの目を見られるように そうでなければ この愛のすべてが嘘になるから 今 愛に賭けて夢に賭けて歩き出すところ 二人それぞれの遠い道を歩き出すところ 次に会えた時 胸を張って笑えるように 幸せな笑顔で あなたの目を見られるように 今 愛に賭けて夢に賭けて歩き出すところ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Masterplan
  2. Bling-Bang-Bang-Born
  3. ライラック
  4. さよーならまたいつか!
  5. 相思相愛

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×