藤浦洸作詞の歌詞一覧リスト  107曲中 1-107曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
107曲中 1-107曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
アイレ可愛や福来スズ子(趣里)福来スズ子(趣里)藤浦洸服部良一服部隆之アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく  アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛と ささやいた ハー アイレは可愛と ささやいた アイレ抱えた 烏籠に 白い小鳥が 歌います ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た ハー たんと幸福 持って来た アイレー
別れのブルース茨田りつ子(菊地凛子)茨田りつ子(菊地凛子)藤浦洸服部良一服部隆之窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕に錨の いれずみ彫って やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
北海ブギウギ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一服部良一寒い寒いもブギで暮せば 心うきうきと 北に来た来たブギウギ 北海ブギウギ 『鰊』『鮭』『鱈』『鱒』『昆布』 雪に生れて 雪国育ちも 恋の炎は真赤にもえて ワクワク心ズキズキ 北海ブギー北海ブギ― ランララララララー  風が吹いてもブギで暮せば 心うきうきと とんで来た来たブギウギ 北海ブギウギ 名所名物湯の町も 牧場田や畑 めんこい仔馬よ 虹が出た出た七色の夢 ワクワク心ズキズキ 北海ブギー北海ブギ― ランララララララー  海が荒れてもブギで暮せば 心うきうきと はやりものだよブギウギ 北海ブギウギ 港出船のサイレンも 沖の鴎の鳴く聲までも リズム朗らかのどかなうたよ ワクワク心ズキズキ 北海ブギー北海ブギ― ランララララララー
静岡ファンタジー渡辺はま子・藤山一郎渡辺はま子・藤山一郎藤浦洸古関裕而風は南よ みかんの香り お堀端には 葉桜みどり 君に会い度い 想いで立てば 公会堂の ドームの上に 二つ浮雲 うかれ雲  空はコバルト 陽射しがゆれる 粋な燕の 懐かし便り 恋の唇 真赤なイチゴ 呉服町角 姿が見えた 柳並木の みどり影  香り茶町も 七間町も みんな嬉しい 思い出の街 君と幾度 歩いた事か あつい なさけの 溢るる夢と 愛のふるさと 静岡よ
別れのブルース北島三郎北島三郎藤浦洸服部良一池多孝春窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 汐風 恋風のせて 今日の出船(でふね)は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの 切(せつ)なさよ  腕にいかりの いれずみほって やくざに強い マドロスの 御国言葉(おくにことば)は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの 切なさよ
別れのブルース秋元順子秋元順子藤浦洸服部良一中村力哉窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風潮風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕の錨の いれずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
水色のワルツ秋元順子秋元順子藤浦洸高木東六桑山哲也君に逢ううれしさの 胸にふかく 水色のハンカチを ひそめる習慣(ならわし)が いつの間にか 身に沁みたのよ 涙のあとをそっと 隠したいのよ  月影の細道を 歩きながら 水色のハンカチに 包んだ囁きが いつの間にか 夜霧にぬれて 心の窓をとじて 忍び泣くのよ 忍び泣くのよ
アイレ可愛や町あかり町あかり藤浦洸服部良一野々村源太アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 鳥篭ブラブラ ぶらさげて ハー 鳥篭ブラブラ ぶらさげて  アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレアイレーエ アイヤ ランランラン アイレアイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛いと ささやいた ハー アイレは可愛いと ささやいた  アイレ抱えた 鳥篭に 白い小鳥が 歌います ハー たんと幸福(しあわせ) 持ってきた ハー たんと幸福(しあわせ) 持ってきた アイレー
巴里の夜菅原洋一菅原洋一藤浦洸原六朗大貫祐一郎水と情けは 流れてゆれて 末(すえ)はどこかで 消えるものなの ボンソワ ムッシュウ も一度あのひとに 逢えるなんて オウボワ ムッシュウ 夢のような お話ね  旅の画家(えかき)の パイプのけむり 風がないのに ゆれているのは ボンソワ ムッシュウ あきらめられなくて 逢いたくて オウボワ ムッシュウ やるせない ためいきね  巴里の夜も 今夜はこれで 遠いあかりも 静かに消えた ボンソワ ムッシュウ ひとりで帰りましょう 河岸(かわぎし)を オウボワ ムッシュウ 夜明け星 おやすみね
懐しのブルース菅原洋一菅原洋一藤浦洸万城目正大貫祐一郎古い日記の 頁(ページ)には 涙のあとも そのままに かえらぬ夢の なつかしく 頬すり寄せる わびしさよ ああ なつかしのブルースは 涙にぬれて うたう唄  ひとつ浮雲 夜の空 なぜにか胸に しみじみと 思い出遠く ながれゆく 心にも似た かなしさよ ああ なつかしのブルースは ひとりさびしく うたう唄  重く悲しい 唄なれど 生きてゆく身の つれづれに 夕闇遠い 行く末の のぞみはかなく くちずさむ ああ なつかしのブルースは この世の夢を うたう唄
さつきの歌藤山一郎藤山一郎藤浦洸藤山一郎佐伯亮思いがけない 友だちが あの丘の あの道を たずねてくるよな さつきの陽ざし 青葉の道は なつかしい思い出の 夢の小道よ  歌う心は 愛の心よ あの歌を この歌を みんなで歌おうよ さつきの空に 若葉の森に こだまする 愛の歌 夢のメロディー  細いリボンの そよ風は 森をぬけ 野をこえて 心もおどるよ さつきの薫り あしなみかるく よろこびを あすの日に つなぐ今日の日
ラジオ体操の歌藤山一郎藤山一郎藤浦洸藤山一郎藤山一郎あたらしい 朝がきた 希望の 朝だ よろこびに 胸を開け 大空 あおげ ラジオの 声に すこやかな 胸を このかおる かぜにひらけよ それ 一、二、三、  あたらしい 空の下 かがやく みどり さわやかに てあしのばせ 土 ふみしめよ ラジオと ともに すこやかな 手足 この広い 土にのばせよ それ 一、二、三、
夜の湖藤山一郎藤山一郎藤浦洸古賀政男古賀政男こゝろ静かな 夜の湖 濡れてにじむ 遠き灯 山のホテルの 月のヴェランダ ひとりたゝずむ かげのさびしや  ふたつ並びし 椅子もかなしく 若き夢の いまださめず わが身のひとつに 想いいだきて 夜のふかさに 今宵沈まん  ちからかよわく くずれ終りし 若き恋の 夢のあとよ 何のこゝろぞ たずねきたりて あわれ水藻の 花とかなしむ
三色旗の下に慶應義塾ワグネル・ソサィエティー慶應義塾ワグネル・ソサィエティー藤浦洸藤山一郎松尾健司仰げば青空高く われらが誇りの三色旗 見よ! 伝統の色ぞ濃く 歴史の跡の華やかに 慶應 慶應 慶應 はえあるその名 慶應 慶應 慶應 われらが母校  雄々しくいざ闘えと 先師が示せし三色旗 いま! ここにあり燦やかに 世紀の風になびきつゝ 慶應 慶應 慶應 はえあるその名 慶應 慶應 慶應 われらが母校  さやけき光ぞ溢れ 勝利に微笑む三色旗 いざ! 陣頭にうちふりて 制覇の栄誉を打建てん 慶應 慶應 慶應 はえあるその名 慶應 慶應 慶應 われらが母校
ヘイヘイブギー吉岡聖恵吉岡聖恵藤浦洸服部良一本間昭光あなたがほほえむ時は 私も楽し あなたが笑えば 私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮せば ラッキーカムカム センチな唄など 皆な忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ランラララララララララ  あなたが悲しい時は 私も悲し あなたが張切りゃ 私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこ ラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラップダドダド ダドダダ  ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ランラララララララララ
私は街の子天童よしみ天童よしみ藤浦洸上原げんと池多孝春わたしは街の子 巷(ちまた)の子 窓に灯(あかり)が ともる頃 いつもの道を 歩きます 赤い小粒(こつぶ)の 芥子(けし)の花 あの街角で ひらきます  わたしは街の子 巷の子 なんで灯が 恋しやら いつもの歌を 歌います 柳落葉(やなぎおちば)が ひらひらと 赤いリボンに つもります  私は街の子 巷の子 ついた灯が また消(き)えりゃ いつもの人に 出逢います 今は恋しい 母様(かあさま)に うしろ姿も そっくりな
悲しき口笛天童よしみ天童よしみ藤浦洸万城目正池多孝春丘のホテルの 赤い灯(ひ)も 胸のあかりも 消えるころ みなと小雨(こさめ)が 降るように ふしも悲しい 口笛が 恋の街角(まちかど) 露地(ろじ)の細道 ながれ行く  いつかまた逢う 指切りで 笑いながらに 別れたが 白い小指の いとしさが 忘れられない さびしさを 歌に歌って 祈るこころの いじらしさ  夜のグラスの 酒よりも もゆる紅色(べにいろ) 色さえた 恋の花ゆえ 口づけて 君に捧(ささ)げた 薔薇(ばら)の花 ドラのひびきに ゆれて悲しや 夢と散る
ひばりの花売娘天童よしみ天童よしみ藤浦洸上原げんと池多孝春花を召(め)しませ ランララン 愛の紅ばら 恋の花 もゆる心の ささやきか 恋のそよ風 ゆらゆらと ゆれてはずかし 赤いばら 花を召しませ ランララン 召しませ紅ばら 恋の花  花を召しませ ランララン 白いミモザは 夢の花 ぬれた心の 愛の露(つゆ) 月の光か ささやきか 丘のチャペルの 鐘の音(ね)が 花を召しませ ランララン 召しませミモザは 愛の花  花を召しませ ランララン 乙女やさしい チューリップ 赤白黄色と とりどりの レビューまくぎれ 千代紙(ちよがみ)や なげたテープの うつくしさ 花を召しませ ランララン 召しませやさしい チューリップ  花を召しませ ランララン 花は散るもの しぼむもの 咲いた思いの はなびらに 夢があるうち いまのうち いとしお方(かた)に 捧(ささ)げなさい 花を召しませ ランララン 召しませ なさけの花束を
東京キッド天童よしみ天童よしみ藤浦洸万城目正池多孝春歌も楽しや 東京キッド いきでおしゃれで ほがらかで 右のポッケにゃ 夢がある 左のポッケにゃ チュウインガム 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 泣くも笑うも のんびりと 金はひとつも なくっても フランス香水 チョコレート 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 腕も自慢で のど自慢 いつもスイング ジャズの歌 おどるおどりは ジタバーグ 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール
別れのブルース八代亜紀八代亜紀藤浦洸服部良一村田陽一窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕に錨の いれずみ彫って やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
私は街の子伊藤咲子伊藤咲子藤浦洸上原げんと佐伯亮わたしは街の子 巷の子 窓に灯が ともる頃 いつもの道を 歩きます 赤い小粒の 芥子の花 あの街角で ひらきます  わたしは街の子 巷の子 なんで灯が 恋しやら いつもの歌を 歌います 柳落葉が ひらひらと 赤いリボンに つもります  わたしは街の子 巷の子 ついた灯が また消えりゃ いつもの人に 出逢います 今は恋しい 母様に うしろ姿も そっくりな
一杯のコーヒーから東京大衆歌謡楽団東京大衆歌謡楽団藤浦洸服部良一東京大衆歌謡楽団一杯の コーヒーから 夢の花咲く こともある 街のテラスの 夕暮れに 二人の胸の 灯が ちらりほらりと つきました  一杯の コーヒーから モカの姫君 ジャバ娘 歌は南の セレナーデ あなたと二人 朗らかに 肩をならべて 歌いましょう  一杯の コーヒーから 小鳥さえずる 春も来る 今宵二人の ほろにがさ 角砂糖二つ 入れましょか 月の出ぬ間に 冷えぬ間に
たのんまっせ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一服部良一タノンマース タノンマス タノンマース タノンマス タノンマッセ タノンマッセ タノマッセ タノマッセ 運ちゃん何とか たのんます スピード スピード たのんます ハヨ ハヨ ハヨ ハヨ ハヨ フルスピードで たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 後は私が引受けた 女は度胸で 男は愛嬌 此の節何でも 反対です まかしときなはれ まかしとき お金に糸目は つけません メーターどんどん あがるわ あがるわ おもろい おもろい たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ ここは何町 何丁目 さっぱりどこやら わからん わからん  そやかて あんたは見んかてい まかしときなはれ まかしとき 行く先ゃこっちで おしえます ハンドルしっかりぐるぐる 廻して急いで急いで たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 前のトラック何してんの 大きな荷物をぎょうさん 積みゃはって ガタガタガタ ウロウロウロウロ なにしてんのん ハヨハヨハヨ追い越して たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 一台ぬいたら百円ほうびや まかしとき お金に糸目はつけません 一寸オッサン あぶないな 命が惜しうはおまへんか 何をウロウロなにしてんの 自転車ヨロヨロ 小僧さん あぶない あぶない あぶないな いそがばまわれで 曲って 曲って 曲って 曲って右左 はよはよはよはよはよ はよはよはよはよはよ‥‥ アー ストップヤ 赤信号や よういわんわ
東京キッドクミコクミコ藤浦洸万城目正フェビアン・レザ・パネ歌も楽しや 東京キッド いきで おしゃれで ほがらかで 右のポッケにゃ 夢がある 左のポッケにゃ チュウインガム 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 泣くも笑うも のんびりと 金はひとつも なくっても フランス香水 チョコレート 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 腕も自慢で のど自慢 いつもスイング ジャズの歌 おどるおどりは ジタバーグ 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール
誕生日の午後二葉あき子二葉あき子藤浦洸服部良一去年迎えた 誕生日に 赤いダリヤの花を飾り ふたりで 楽しく 祝ったのも この部屋よ わずか一年瀬の 月日の影 さだめの糸の 悲しさは 待てども来ぬ君よ  せめて想い出の あの花を 君がよくかけた あの椅子に 飾れど 悲しや 音もなく 散り果てて 今は はや 望みも 夢と消えて 淋しく一人で 迎えましょう 涙の誕生日よ
別れのブルース森光子森光子藤浦洸服部良一山倉たかし窓をあければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕に錨の いれずみ彫って やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
クリスマス・ワルツ美空ひばり美空ひばり藤浦洸米山正夫クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ 胸よせて 踊りましょう クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ 歌いましょう このうた それだけが 私たちの たったひとつの 贈り物よ クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ やさしい歌よ クリスマス ワルツ  クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ 雪が降る 窓の外 クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ ひびき渡る 鐘の音 ひとみをとじ 祈りましょう まずしいこの愛の 幸福をば クリスマス クリスマス クリスマス ワルツ たのしい歌よ クリスマス ワルツ
ポトマックの桜美空ひばり美空ひばり藤浦洸米山正夫ポトマックの桜 愛の花よ 遠い夢をみて 微笑む花 東に吹く風に かおりをのせ ひろい海をこえて おくるあつい心 さくら さくら やよいの空は みわたす かぎり なつかしのうたよ ふるさとよ  ポトマックの桜 愛の陽ざし 春を待つすがた 水にうつし 訪ずれる人に 心をよせ 遠い国の母の やさし声の想い さくら さくら かすみか くもか においぞ いずる なつかしのうたよ ふるさとよ  ポトマックの桜 愛のむすび つよい土に生き 枝をひろげ やがてひらく日の 歌を歌う いつもいつも 思いだして歌う歌は さくら さくら ともども そろい いざ みにゆかん なつかしのうたよ ふるさとよ
思い出せないことばかり鶴田浩二鶴田浩二藤浦洸万城目正田代与志そよかぜは そよ風は 旅の心に ゆれながら 林の奥の 湖の 静かな水に よりそうて 『何か忘れて いるような 思い出せない ことばかり』  うきぐもは 浮き雲は 風の誘いに ゆれながら 楽しく咲いた ひまわりの 明るい顔に 影よせて 『何か忘れて いるような 思い出せない ことばかり』  ゆくひとは 行く人は 遠い想いに ゆれながら 心を抱いて 思い出の 楽しい町を ふりかえり 『何か忘れて いるような 思い出せない ことばかり』
東京キッドイルカイルカ藤浦洸万城目正石川鷹彦歌も楽しや 東京キッド いきで おしゃれで ほがらかで 右のポッケにゃ 夢がある 左のポッケにゃ チュウインガム 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 泣くも 笑うも のんびりと 金はひとつも なくっても フランス香水 チョコレート 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 腕も自慢で のど自慢 いつもスイング ジャズの歌 おどるおどりは ジタバーグ 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
一杯のコーヒーから氷川きよし氷川きよし藤浦洸服部良一一杯の コーヒーから 夢の花咲く こともある 街のテラスの 夕暮れに 二人の 胸の灯(ともしび)が ちらりほらりと つきました  一杯の コーヒーから モカの姫君 ジャワ娘 歌は南の セレナーデ あなたと二人 朗らかに 肩をならべて 歌いましょ  一杯の コーヒーから 夢はほのかに 香ります 赤い模様の アラベスク あそこの窓の カーテンが ゆらりゆらりと ゆれてます  一杯の コーヒーから 小鳥さえずる 春も来る 今宵二人の ほろにがさ 角砂糖二つ 入れましょか 月の出ぬ間に 冷えぬ間に
東京キッドTemiyan.Temiyan.藤浦洸万城目正歌も楽しや 東京キッド いきでオシャレで ほがらかで 右のポッケにゃ 夢がある 左のポッケにゃ チュウインガム 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 泣くも笑うも のんびりと 金はひとつも なくっても フランス香水 チョコレート 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 腕も自慢で のど自慢 いつもスイング ジャズの歌 おどるおどりは ジタバーク 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール
ヘイヘイブギ鈴木雅之鈴木雅之藤浦洸服部良一服部隆之あなたがほほえむ時は私も楽し あなたが笑えば私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮らせばラッキーカムカム センチな唄など 皆んな忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門にはラッキーカムカム あなたも私も笑って暮そよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ランラララララララララ  あなたが悲しい時は私も悲し あなたが張切りゃ私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門にはラッキーカムカム あなたも私も笑って暮そよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ラップダドダド ダドダダ
ひばりの花売娘松山千春松山千春藤浦洸上原げんと夏目一朗花を召しませ ランララン 愛の紅ばら 恋の花 もゆる心の ささやきか 恋のそよ風 ゆらゆらと ゆれてはずかし 赤いばら 花を召しませ ランララン 召しませ紅ばら 恋の花  花を召しませ ランララン 白いミモザは 夢の花 ぬれた心の 愛の露 月の光か ささやきか 丘のチャペルの 鐘の音が 花を召しませ ランララン 召しませミモザは 愛の花  花を召しませ ランララン 乙女やさしい チュウリップ 赤白黄色と とりどりの レビューまくぎれ 千代紙や なげたテープの うつくしさ 花を召しませ ランララン 召しませやさしい チュウリップ  花を召しませ ランララン 花は散るもの しぼむもの 咲いた思いの はなびらに 夢があるうち いまのうち いとしお方に 捧げなさい 花を召しませ ランララン 召しませなさけの 花束を
東京キッド松山千春松山千春藤浦洸万城目正夏目一朗歌も楽しや 東京キッド いきで おしゃれで ほがらかで 右のポッケにゃ 夢がある 左のポッケにゃ チュウインガム 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 泣くも 笑うも のんびりと 金はひとつも なくっても フランス香水 チョコレート 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 腕も自慢で のど自慢 いつもスイング ジャズの歌 おどるおどりは ジタバーク 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール
情熱のルムバ高峰三枝子高峰三枝子藤浦洸万城目正嘆きの空の 夕焼けは ばらの花より なお紅い もやせ情熱 歌えよ ルムバ 想い出の 花びらを 今宵散らそよ  どこへ行くのか あの船の なびく煙も 南風 ならせ リズムを はやせよ ルムバ 明日の日は あした咲く 花の色香よ  若い生命の ある限り 恋は散るもの ひらくもの たたけ 太鼓を おどれよ ルムバ くろかみの 長き夜を おどりあかそよ
ヘイヘイブギー天地総子天地総子藤浦洸服部良一あなたがほほえむ時は 私も楽し あなたが笑えば 私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮せば ラッキーカムカム センチな唄など 皆な忘れて アッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ イヒヒ オホホ ララッタララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラッタララララララララ ヘイ  あなたが悲しい時は 私も悲し あなたが張切りゃ 私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこ ラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて アッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ イヒヒ オホホ ララッタララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラッタララララララララ ヘイ
アイレ可愛や天地総子天地総子藤浦洸服部良一アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛と ささやいた ハー アイレは可愛と ささやいた アイレ抱えた 烏籠に 白い小鳥が 歌います ハー たんとしあわせ 持って来た ハー たんとしあわせ 持って来た アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイヤ嬉しや 喜びの 歌をうたって 日が暮れる ハー アイレは本当に しあわせよ ハー アイレは本当に しあわせよ アイレー
一杯のコーヒーから霧島昇&ミス・コロムビア霧島昇&ミス・コロムビア藤浦洸服部良一(女)一杯のコーヒーから (女)夢の花咲くこともある (女)街のテラスの夕暮れに (女)二人の胸の 灯が (女)ちらりほらりとつきました  (男)一杯のコーヒーから (男)モカの姫君 ジャバ娘 (男)歌は南のセレナーデ (男)あなたと二人 朗らかに (男)肩をならべて歌いましょ  (女)一杯のコーヒーから (女)夢はほのかに香ります (女)赤い模様のアラベスク (女)あそこの窓のカーテンが (女)ゆらりゆらりと ゆれてます  (男)一杯のコーヒーから (男)小鳥さえずる春も来る (男)今宵二人のほろにがさ (男)角砂糖二つ入れましょか (男)月の出ぬ間に冷えぬ間に
別れのブルースGOLD LYLIC淡谷のり子GOLD LYLIC淡谷のり子藤浦洸服部良一窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 潮風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの 切なさよ  腕にいかりの 入れずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの 切なさよ
別れのタンゴ井上ひろし井上ひろし藤浦洸万城目正別れの言葉は 小雨の花か 「さようなら」と 濡れて散る あつい情に 泣いた あの夜も はかない ひと夜のつゆか  あふるる涙に 夜空がうつる 「さようなら」と 流れ星 恋のアルバム ひとり ひらけば わびしや まぶたはくもる  あの日の言葉を ひそめて抱いて 「さようなら」と またうたう 恋のなごりに 胸をやく身の いとしや 別れのタンゴ
ヘイヘイブギー笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一あなたがほほえむ時は 私も楽し あなたが笑えば 私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮せば ラッキーカムカム センチな唄など 皆な忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ランラララララララララ  あなたが悲しい時は 私も悲し あなたが張切りゃ 私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこ ラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラップダドダド ダドダダ
さくらブギウギ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一さくら 咲いた咲いた ブギブギ チェリ チェリ チェリオー 咲いたり 咲かせたり うかれてうかれて ブギブギ それが若さだ いのちだ チェリ チェリ チェリオ あちら こちらも ぽかぽか 心は 燃えて お釈迦様でも にこにこ 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合わせ ブギブギ 青春 青春 チェリオ  さくらひとえだ ブギブギ チェリ チェリ チェリオー 山越え 谷越えて 隣りの村から ゆらゆら 馬の背中で ゆられて チェリ チェリ チェリオ  お嫁いりまで 待てない 待てない 想い とんで来たのよ 花嫁 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合せて ブギブギ 青春 青春 チェリオ  さくら 散る散る ブギブギ チェリ チェリ チェリオ ひらひら さかづきに はなびら ひとひら ウキウキ 咲けば 散るのが さくらだ チェリ チェリ チェリオ 赤いくちびる 小鳥の さえずる 歌に 春のリズムが 聞える 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合せて ブギブギ 青春 青春 チェリオ
名古屋ブギー笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 はでなリズムよ 若い心よ 歌えおどれ みんなでおどれ 恋になやんで 納屋橋渡れば ジャズが呼ぶ呼ぶ ネオンが招く そしてキャバレの 窓があく 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ  名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 虹の光だ 街は生きてる 歌えおどれ みんなでおどれ 木の芽草の芽 恋の芽も出たよ むかしなじみの 観音様の ここは大須の 喫茶店 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ  ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ  名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 僕とあなたの 夢のふるさと 歌えおどれ みんなでおどれ 上りゃ東京 下りは大阪 うれし涙も 別れの歌も なかをとりもつ 名古屋駅 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ
大阪ブギウギ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ 心斎橋から 戎橋 赤い灯青い灯 よいみやこ あちらで言うたら ニューヨーク 船場通れば いとはんたちが 声をそろえて ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ お城の上から 眺むれば 煙はもくもく 大繁盛 橋から橋まで 賑やかだ 梅田天六 千日前も 調子あわせて ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ 花の咲く町 みのる町 ほんまによいとこ よい都 車の買いもの ひろいもの そうさ戎は えらいやっちゃ えらいやっちゃ 身振り手振りで ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ
博多ブギウギ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一さあ お月さんが 一寸出た出た 松のかげから 顔出した 博多はよかとこ 博多はよかとこ 柳腰の 娘さん さあ 昔しゃ 博多の帯をしめて 今はハイヒール ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ 十文目の 鉄砲玉を ぽんと打ち出す スッポンポン 博多はよかとこ 博多はよかとこ 柳町 粋な町 さあ 昔しゃ 荒浪舟のりさん 今は小粋に ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ 何とこの世は すきな同志で てなべさげても いとやせぬ 博多はよかとこ 博多はよかとこ 博多人形と 手をとって さあ 海は静かな 松原みち 歌う歌まで ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ お月さんが 一寸出た出た 松のかげから 顔出した 博多はよかとこ 博多はよかとこ 博多ブギウギ ラララララ アー 生きていりゃこそ あなたもハッピー 晴れて 二人でブギウギ どんたく囃しで ブギウギ
アイレ可愛や笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛と ささやいた ハー アイレは可愛と ささやいた アイレ抱えた 烏籠に 白い小鳥が 歌います ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た アイレー
情熱娘笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸服部良一蝶々ひらひら 情熱娘 愛の花園 ひらひらと 踊って歌って はねまわる ファッショネートな 可愛い娘 礼儀も作法も ちんぷん かんぷん 気ままな鳥よ 一度口火を 切ったが最後だ どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘  黒い瞳の 情熱娘 つめたいお方は 大きらい お金は力がなくっても 恋は情熱 もゆるが花よ 遠慮も会釈も ちんぷん かんぷん 気ままな鳥よ  腕もひとつよ 心もひとつよ どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘  思い込んだら 情熱娘 恋ののぼりも 急行だ 下りも又々 スピードで 恋は機関車 特急娘 意見は御無用 ちんぷん かんぷん どこどこまでも 一度二度三度 四度五度お百度 どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘
銀座九丁目水の上神戸一郎神戸一郎藤浦洸上原げんと夢の光よ シャンデリア 粋なカクテル マンハッタン 欧州通いの 夢のせて 銀座九丁目は 水の上 今宵は船で すごしましょう  浮世ともづな さようなら こゝは青空 海の上 恋の潮風 しっぽりと 銀座九丁目は 水の上 今宵は船で すごしましょう  遊びづかれの ふたりづれ 月のデッキで 唄おうか それともキャビンで ハイボール 銀座九丁目は 水の上 今宵は船で すごしましょう
東京キッド岡林信康岡林信康藤浦洸万城目正歌も楽しや 東京キッド いきで おしゃれで ほがらかで 右のポッケにゃ 夢がある 左のポッケにゃ チュウインガム 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 泣くも笑うも のんびりと 金はひとつも なくっても フランス香水 チョコレート 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 腕も自慢で のど自慢 いつもスイング ジャズの歌 おどるおどりは ジタバーグ 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール
悲しき口笛岡林信康岡林信康藤浦洸万城目正丘のホテルの 赤い灯も 胸のあかりも 消えるころ みなと小雨が降るように ふしも悲しい 口笛が 恋の街角 露地の細道 ながれ行く  いつかまた逢う 指切りで 笑いながらに 別れたが 白い小指の いとしさが 忘れられない さびしさを 歌に歌って 祈るこころの いじらしさ  夜のグラスの 酒よりも もゆる紅色 色さえた 恋の花ゆえ 口づけて 君に捧げた 薔薇の花 ドラのひびきに ゆれて悲しや 夢とちる
懐しのブルース石原裕次郎石原裕次郎藤浦洸万城目正古い日記の ページには 涙のあとも そのままに かえらぬ夢の なつかしく 頬すり寄せる わびしさよ あゝ 懐しのブルースは 涙にぬれて 歌う唄  ひとつ浮雲 夜の空 何故にか胸に しみじみと 思い出遠く ながれ行く 心にも似た かなしさよ あゝ 懐しのブルースは ひとりさびしく 歌う唄  重く悲しい 歌なれど 生きて行く身の つれづれに 夕闇遠い 行末の のぞみはかなく くちづさむ あゝ 懐しのブルースは この世の夢を 歌う唄
水色のワルツ石原裕次郎石原裕次郎藤浦洸高木東六君に逢ううれしさの 胸にふかく 水色のハンカチを ひそめる習慣(ならわし)が いつの間にか 身に沁みたのよ 涙のあとをそっと 隠したいのよ  月影の細路を 歩きながら 水色のハンカチに 包んだ囁きが いつの間にか 夜露にぬれて 心の窓をとじて 忍び泣くのよ
別れのタンゴ石原裕次郎石原裕次郎藤浦洸万城目正別れの言葉は 小雨の花か 「さようなら」と 濡れて散る あつい情に 泣いたあの夜も はかない ひと夜のつゆか  あふるる涙に 夜空がうつる 「さようなら」と 流れ星 恋のアルバム ひとりひらけば わびしや まぶたはくもる  あの日の言葉を ひそめて抱いて 「さようなら」と また歌う 恋のなごりに 胸をやく身の いとしや 別れのタンゴ
別れのブルース青江三奈青江三奈藤浦洸服部良一窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの 切なさよ  腕にいかりの いれずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの 切なさよ
広東ブルース渡辺はま子渡辺はま子藤浦洸服部良一丘の上から バンドを見れば 赤い灯青い灯 夢のいろ ゆれて流れて どこへ行く フラワーボートの 恋の歌 胡弓さびしや 盲妹かなし 月の夜更の 広東ブルース  あそこあかるい 沙面波止場(シヤフメンハトバ) ドラがひびけば フランス橋で 水を眺めて 泣く乙女 水と情は ながれもの 汽笛せつなや 別れのつらさ 月の夜更の 広東ブルース  風は南よ マンゴがかおる グランド・ホテルの あの窓で 夢もかなしく むせびなく 旅の乙女の ノスタルジア 行こかもどろか イギリス橋の 月の夜更の 広東ブルース
長崎のお蝶さん渡辺はま子渡辺はま子藤浦洸竹岡信幸長崎 長崎 南の町よ 円に矢の字の マリアぶね むかしおひげの バテレンを 待った丸山 石だたみ 赤い提灯 灯がついて 今は涙の お蝶さん  長崎 長崎 港の町よ みなとそよそよ 南風 風にたよりが ないゆえに いとし可愛い 仇姿 沖を眺めて 背のびする 誰を待つのか お蝶さん  長崎 長崎 情けの町よ 情け一筋 立つけむり あれはメリケン いくさぶね 待ったお方は 来たけれど 死ぬほどつらい 人連れて さてもかなしい お蝶さん
アデュー上海渡辺はま子渡辺はま子藤浦洸服部良一アデュー上海 ガーデンブリッヂ スマローの灯よ アデュー上海 霜の雨 忍び泣く夜空 灯影浮かべて 水の上に とけて流れる 想い出の アデュー上海 又会うは 何時の日ぞ 何時の日 あー  アデュー上海 パブリックガーデン 緑の木陰 アデュー上海 只一人 立てる人いとし 涙も見せず 小雨に濡れ 旅の情の かわきもせず アデュー上海 又会うは 何時の日ぞ 何時の日 あー
海のバラード美空ひばり美空ひばり藤浦洸戸塚三博潮のみちひに 思いを寄せる 浜の娘は 心が熱い あそこ 悲しい 出船の岬 南風吹きゃ 汽笛がしめる  空は むらさき 鴎は白い サンタ・マリアの 鳴る鐘の音を 指で数えて あれから十日 今日か 明日かと 待つ便り  海はひとつよ ひとつの海が 何故にこんなに 遠いやら 逢うはいつの日 そのいつの日が 祈り甲斐ある 晴れた日に
南の花嫁さんGOLD LYLIC高峰三枝子GOLD LYLIC高峰三枝子藤浦洸任光古賀政男ねむの並木を お馬のせなに ゆらゆらゆらと 花なら赤い カンナの花か 散りそで散らぬ 花びら風情 隣の村に お嫁入り  「おみやげはなあに」 「籠のオーム」 言葉もたったひとつ いついつまでも  椰子の葉かげに 真赤な夕陽が くるくるくると まわるよ赤い ひまわりの花 たのしい歌に ほほえむ風情 心はおどる お嫁入り  「おみやげはなあに」 「籠のオーム」 言葉もたったひとつ いついつまでも  小川のほとり お馬をとめて さらさらさらと 流れにうつす 花嫁すがた こぼれる花か 花かんざしに にっこり笑う お月さま  「おみやげはなあに」 「籠のオーム」 言葉もたったひとつ いついつまでも
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
午前二時のブルース小林桂小林桂藤浦洸服部良一服部克久みてらのあかりも消えて 淋しい街角 えがおも涙も 夜霧につつまれて ただ一人 君を待ちわび ぬれた窓に扉に 午前二時の時計が 悲しくひびく夜空よ ああ悲しく  どこかで鳴いてた 渡り鳥さえ ねぐらで昨日の思いに心をとじている うす青い夢の灯(ともしび)消えた胸に心に 午前二時の時計が 明日(あした)の歌を知らせる ああかすかに
一杯のコーヒーからさだまさしさだまさし藤浦洸服部良一服部隆之一杯のコーヒーから 夢の花咲くこともある 街のテラスの夕暮に 二人の胸の灯し火が チラリホラリと つきました  一杯のコーヒーから モカの姫君 ジャバ娘 唄は南のセレナーデ 貴女と二人 ほがらかに 肩を並べて 唄いましょう  一杯のコーヒーから 夢はほのかに 香ります 赤い模様の アラベスク あそこの窓の カーテンが ゆらりゆらりと ゆれてます  一杯のコーヒーから 小鳥さえずる 春も来る 今宵二人の ほろにがさ 角砂糖二つ入れましょうか 月の出ぬ間に 冷えぬ間に
アデュー上海(シャンハイ)佐藤しのぶ佐藤しのぶ藤浦洸服部良一服部隆之アデュー上海(シャンハイ) ガーデンブリッヂよ 四馬路(スマロ)の灯(ひ)よ アデュー上海 霜の雨 忍び泣く夜空 灯影(ほかげ)浮かべて水の上に とけて流れる思い出の アデュー上海 又会うは 何時の日ぞ いつの日  アデュー上海(シャンハイ) パブリック ガーデン 緑の木陰(こかげ) アデュー上海 ただ一人起てる人いとし 涙も見せず小雨に濡れ 旅の情のかわきもせず アデュー上海 又会うは 何時の日ぞ いつの日
別れのブルース徳永英明徳永英明藤浦洸服部良一坂本昌之・服部隆之窓をあければ 港が見える メリケン波止場の 灯がみえる 夜風潮風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの 切なさよ  腕にいかりの いれずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの 切なさよ
ラジオ体操の歌竹田えり・ひまわりキッズ竹田えり・ひまわりキッズ藤浦洸藤山一郎新しい朝が来た 希望の朝だ 喜びに胸を開け 大空 仰げ ラジオの声に 健かな胸を この薫る風に開けよ ソレ一二三  新しい空のもと 輝くみどり さわやかに手足のばせ 地(つち) ふみしめよ ラジオと共に 健かな手足 この広い地(つち)に伸ばせよ ソレ一二三
一杯のコーヒーから由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子藤浦洸服部良一一杯の コーヒーから 夢の花咲く こともある 街のテラスの 夕暮れに 二人の 胸の灯が ちらりほらり と つきました  一杯の コーヒーから モカの姫君 ジャバ娘 歌は南の セレナーデ あなたと二人 朗らかに 肩をならべて 歌いましょ  一杯の コーヒーから 夢はほのかに 香ります 赤い模様の アラベスク あそこの窓の カーテンが ゆらりゆらりと ゆれてます  一杯の コーヒーから 小鳥さえずる 春も来る 今宵二人の ほろにがさ 角砂糖二つ 入れましょか 月の出ぬ間に 冷えぬ間に
別れのブルース美輪明宏美輪明宏藤浦洸服部良一窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの 切なさよ  腕にいかりの いれずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの 切なさよ
春のサンバ美空ひばり美空ひばり藤浦洸万城目正ほら ほら 釣鐘草が 土から 首を出したよ もうすぐ春がそこに来ている たのしい春が来ている ほら ほら 釣鐘草が にっこり 花を咲かせた  ゆら ゆら 陽ざしが ゆれて あしたも またよい天気 みどりの風がゆれて来るでしょう たのしい春のたよりよ ほら ほら 釣鐘草が 花びら ひろげているよ  ほろ ほろ 乙女の夢は いつでも 消えない虹よ コバルト色の空のどこかで きこえる春の鼻唄 ほら ほら 釣鐘草が あそこで 招いているよ
アイレ可愛いや二階堂和美二階堂和美藤浦洸服部良一アイレ可愛や村娘 好きな小鳥を追いかけて ハア 烏かごぶらぶらぶらさげて ハア 烏かごぶらぶらぶらさげて  アイレ朝から川づたい 岸の柳の木の影で ハア 村から村へと流れゆく ハア 村から村へと流れゆく  アイレ見つけた白い鳥 呼べば小鳥は肩に来て ハア アイレは可愛いとささやいた ハア アイレは可愛いとささやいた  アイレ抱えた烏かごに 白い小鳥が歌います ハア たんと幸せ持ってきた ハア たんと幸せ持ってきた
私は街の子美空ひばり美空ひばり藤浦洸上原げんと上原げんとわたしは街の子 巷の子 窓に灯が ともる頃 いつもの道を 歩きます 赤い小粒の 芥子の花 あの街角で ひらきます  わたしは街の子 巷の子 なんで灯が 恋しやら いつもの歌を 歌います 柳落葉が ひらひらと 赤いリボンに つもります  わたしは街の子 巷の子 ついた灯が また消えりゃ いつもの人に 出逢います 今は恋しい 母様に うしろ姿も そっくりな
夢は天国美空ひばり美空ひばり藤浦洸万城目正田代与志ふらふらふらと さあ行こう この世の天国 眠りの国へ 鵞鳥に乗った おばさんが 夢をくばって くれますよ 夢は楽しい ものばかり  ゆらゆらゆらと ゆれている 黄金の木馬に 銀ぴか鞍よ 鵞鳥の羽根の ひとひらで 風船ガムに チョコレート 王子様にも すぐなれる  とろとろとろと さあねよう 冷たい浮世に はいちゃいすれば 鵞鳥にのった おばさんが 待って居ります よんでいる 夢はやさしい 天国よ
東京キッドGOLD LYLIC美空ひばりGOLD LYLIC美空ひばり藤浦洸万城目正仁木他喜雄歌も楽しや 東京キッド いきで おしゃれで ほがらかで 右のポッケにゃ 夢がある 左のポッケにゃ チュウインガム 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 泣くも 笑うも のんびりと 金はひとつも なくっても フランス香水 チョコレート 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 腕も自慢で のど自慢 いつもスイング ジャズの歌 おどるおどりは ジタバーク 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール
悲しき口笛GOLD LYLIC美空ひばりGOLD LYLIC美空ひばり藤浦洸万城目正田代与志丘のホテルの 赤い灯も 胸のあかりも 消えるころ みなと小雨が 降るように ふしも悲しい 口笛が 恋の街角 露地の細道 ながれ行く  いつかまた逢う 指切りで 笑いながらに 別れたが 白い小指の いとしさが 忘れられない さびしさを 歌に歌って 祈るこころの いじらしさ  夜のグラスの 酒よりも もゆる紅色 色さえた 恋の花ゆえ 口づけて 君に捧げた 薔薇の花 ドラのひびきに ゆれて悲しや 夢とちる
銀座九丁目水の上氷川きよし氷川きよし藤浦洸上原げんと石倉重信夢の光よ シャンデリア 粋なカクテル マンハッタン 欧州通いの 夢のせて 銀座九丁目は 水の上 今宵は船で すごしましょう  浮世ともづな さようなら こゝは青空 海の上 恋の潮風 しっぽりと 銀座九丁目は 水の上 今宵は船で すごしましょう  遊びづかれの ふたりづれ 月のデッキで 唄おうか それともキャビンで ハイボール 銀座九丁目は 水の上 今宵は船で すごしましょう
浜っ子美空ひばり美空ひばり藤浦洸船村徹「これをあげるわ おたっしゃで」 母の形見の ペンダント 鳴くなかもめよ 気が沈む 私しゃ浜っ子 港の娘 酒をくむには まだ陽が高い  シスコがえりの 行く先は 遠いリスボン マルセイユ 潮に吹かれた 肌の色 私しゃ浜っ子 港の娘 酒をくむには まだ陽が高い  みなとしぐれに 片ひでり 沖じゃ出船の 泣く汽笛 泣いてみたとて どうなろか 私しゃ浜っ子 港の娘 酒をくむには まだ陽が高い
ラジオ体操の歌PLATINA LYLIC童謡・唱歌PLATINA LYLIC童謡・唱歌藤浦洸藤山一郎新しい朝が来た 希望の朝だ 喜びに胸を開け 大空あおげ ラジオの声に 健(すこ)やかな胸を この香る風に 開けよ それ 一 二 三  新しい朝のもと 輝く緑 さわやかに手足伸ばせ 土踏みしめよ ラジオとともに 健やかな手足 この広い土に伸ばせよ それ 一 二 三
ひばりの船唄美空ひばり美空ひばり藤浦洸上原げんとむせび泣くよな 汽笛の後で 白いけむりが なおのこる 心にしみる 眼にしみる 消えておくれよ 港の沖の 船もかすみに 消えたのに  瀬戸の内海 島かげほどに 想いのこして あの方と 別れみぎわの ひとことを 胸にいだいて 波止場のベンチ じっとこのまゝ いつまでも  風になびいた マストの上の 赤い三角 旗のいろ 何故か気になる 気にかゝる たより来るのは 明日の夜か 近いようでも 遠いのね
ひばりづくし美空ひばり美空ひばり藤浦洸船村徹そろた そろたよ おどり子そろた あの子 どこの子 あの子 どこの子 こいきな子  月の 出ぬ間に 鎮守の森で ぬしと ふたりで ぬりと ふたりで ひとおどり  おどり おどるなら 笑顔でおどれ 笛と太鼓と 笛と太鼓と 手拍子で
南の花嫁さん遊佐未森遊佐未森藤浦洸任光合歓の並木を お馬の背に ゆらゆらゆらと 花なら赤い カンナの花か 散りそで散らぬ 花びら風情 隣の村に お嫁入り 「お土産はなあに」 「籠のオウム」 言葉もたったひとつ いついつまでも  椰子の葉陰に 真赤な夕陽が くるくるくると まわるよ赤い ひまわりの花 たのしい歌に ほほえむ風情 心はおどる お嫁入り 「お土産はなあに」 「籠のオーム」 言葉もたったひとつ いついつまでも  小川の辺 お馬を止めて さらさらさらと 流れにうつす 花嫁すがた こぼれる花の 花かんざしに にっこり笑う お月さま 「お土産はなあに」 「籠のオウム」 言葉もたったひとつ いついつまでも
私は街の子泉谷しげる泉谷しげる藤浦洸上原げんと泉谷しげるわたしは街の子 巷の子 窓に灯が ともる頃 いつもの道を 歩きます 赤い小粒の 芥子の花 あの街角で ひらきます  わたしは街の子 巷の子 なんで灯が 恋しやら いつもの歌を 歌います 柳落葉が ひらひらと 赤いリボンに つもります  わたしは街の子 巷の子 ついた灯が また消えりゃ いつもの人に 出逢います 今は恋しい 母様に うしろ姿も そっくりな
悲しき口笛宇崎竜童宇崎竜童藤浦洸万城目正宇崎竜童丘のホテルの 赤い灯も 胸のあかりも 消えるころ みなと小雨が 降るように ふしも悲しい 口笛が 恋の街角 露地の細道 流れ行く  いつかまた逢う 指切りで 笑いながらに 別れたが 白い小指の いとしさが 忘れられない さびしさを 歌に歌って 祈るこゝろの いじらしさ  夜のグラスの 酒よりも もゆる紅色 色さえた 恋の花ゆえ 口づけて 君に捧げた 薔薇の花 ドラのひゞきに ゆれて悲しや 夢と散る
東京キッドカヒミ・カリィカヒミ・カリィ藤浦洸万城目正Arthur H歌も楽しや 東京キッド いきで おしゃれで ほがらかで 右のポッケにゃ 夢がある 左のポッケにゃ チュウインガム 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 泣くも 笑うも のんびりと 金はひとつも なくっても フランス香水 チョコレート 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール  歌も楽しや 東京キッド 腕も自慢で のど自慢 いつもスイング ジャズの歌 おどるおどりは ジタバーグ 空を見たけりゃ ビルの屋根 もぐりたくなりゃ マンホール
ひばりの花売娘PIZZICATO FIVEPIZZICATO FIVE藤浦洸上原げんとピチカート・ファイヴ花を召しませ ランララン 愛の紅ばら 恋の花 もゆる心の ささやきか 恋のそよ風 ゆらゆらと ゆれてはずかし 赤いばら 花を召しませ ランララン 召しませ紅ばら 恋の花  花を召しませ ランララン 白いミモザは 夢の花 ぬれた心の 愛の露 月の光か ささやきか 丘のチャペルの 鐘の音が 花を召しませ ランララン 召しませミモザは 愛の花  花を召しませ ランララン 乙女やさしい チューリップ 赤白黄色と とりどりの レビューまくぎれ 千代紙や なげたテープの うつくしさ 花を召しませ ランララン 召しませやさしい チューリップ  花を召しませ ランララン 花は散るもの しぼむもの 咲いた思いの はなびらに 夢があるうち いまのうち 愛しお方に 捧げなさい 花を召しませ ランララン 召しませなさけの 花束を   注意:歌詞はオリジナルを記載しています
父恋し母恋し美空ひばり美空ひばり藤浦洸万城目正夜の荒野に 鳴く雉の 哀しい声が 呼ぶ声が 胸を刺すよな せつなさで ああ 父恋し母恋し 思いあふれて 泣きぬれて  遠いかの夜の 愛の膝 情にゆれる ゆりかごに 花のかおりは 今はなく ああ 父恋し母恋し とじた瞼が またぬれる  こけし人形の ふたりづれ 並べてひとり いとしむは 何のこころか いじらしや ああ 父恋し母恋し 胸のこだまが またさけぶ
河童ブギウギ美空ひばり美空ひばり藤浦洸浅井挙曄カッパおどりは ブギウギ 陽気に たのしく 水玉とばして おどれよ どんととびこめ うき上れ しぶきは パチャ パチャ パチャ パチャ (キャーッ) カッパ・ブギウギ (キャーッ) さあ カッパは若いよ カッパ・ブギウギ (ギャーッ)  カッパおどりは ブギウギ 月夜の 水ぎわ 青い顔して いるけど はしゃぐときには はしゃぐよ 足音 パチャ パチャ パチャ パチャ (キャーッ) カッパ・ブギウギ (キャーッ) さあ 夜通しおどれよ カッパ・ブギウギ (ギャーッ)  カッパおどりは ブギウギ やなぎの 小枝で 拍子をそろえて おどれよ さあさワになれ まるくなれ 水音 パチャ パチャ パチャ パチャ (キャーッ) カッパ・ブギウギ (キャーッ) さあ リズムがはずむよ カッパ・ブギウギ (ギャーッ)  カッパおどりは ブギウギ もうすぐ 夜明けだ 夜明けは禁もつ ごめんだ うんとおどって 逃げ出そう 元気に パチャ パチャ パチャパチャ (キャーッ) カッパ・ブギウギ (キャーッ) さあ カッパの夜明けだ カッパ・ブギウギ (ギャーッ)
月夜船波平暁男波平暁男藤浦洸古賀政男おおい そこゆくのぼり船 今夜は月夜だ どこゆきだ え 船底いっぱい 荷をつんで 釜石行きだよ 追風だよ 追風だよ  おおい 入り舟くだり船 今夜は月夜だ お泊りか え 積荷をしっかり 上げたらば 笛吹く間もなく ひき返し ひき返し  帆づなともづな 心づな 月がよいとて ゆるめなよ え 船は木造り 木の柱 腕はくろがね 気は勇む 気は勇む
水色のワルツ菅原洋一菅原洋一藤浦洸高木東六上柴はじめ君に逢ううれしさの 胸にふかく 水色のハンカチを ひそめる習慣(ならわし)が いつの間にか 身にしみたのよ 涙のあとを そっと 隠したいのよ  月影の細路を 歩きながら 水色のハンカチに 包んだささやきが いつの間にか 夜露にぬれて 心の窓をとじて 忍び泣くのよ
悲しき口笛原由子原由子藤浦洸万城目正島健丘のホテルの 赤い灯も 胸のあかりも 消えるころ みなと小雨が 降るように ふしも悲しい 口笛が 恋の街角 露地の細道 流れ行く  いつかまた逢う 指切りで 笑いながらに 別れたが 白い小指の いとしさが 忘れられない さびしさを 歌に歌って 祈るこころの いじらしさ  夜のグラスの 酒よりも もゆる紅色 色さえた 恋の花ゆえ 口づけて 君に捧げた 薔薇の花 ドラの響きに ゆれて悲しや 夢とちる
別れのブルース美川憲一美川憲一藤浦洸服部良一窓をあければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕にいかりの いれずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
アイレ可愛や濱田マリ濱田マリ藤浦洸服部良一アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 鳥籠ブラブラ ぶらさげて ハー 鳥籠ブラブラ ぶらさげて アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛と ささやいた ハー アイレは可愛と ささやいた アイレ抱えた 鳥籠に 白い小鳥が 歌います ハー たんと幸福 持って来た ハー たんと幸福 持って来た アイレー
しのび泣くブルース高峰三枝子高峰三枝子藤浦洸万城目正虹の七色 消えたとて せめて紅色 ひといろは 燃ゆる心の 奥ふかく 秘めてひそめて 思い出に あゝ ひとふしの ブルースに  心みだるる この夕べ どうせこの世は 流れもの 思い砕ける 時もある 弱い乙女の かなしさは 泣いて嘆いて 帰るみち あゝ ひとふしの ブルースに 心みだるる この夕べ
別れのブルース舟木一夫舟木一夫藤浦洸服部良一窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの 切なさよ  腕にいかりの いれずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの 切なさよ
ヘイヘイブギー雪村いづみ雪村いづみ藤浦洸服部良一あなたが ほほえむ時はわたしも楽し あなたが笑えば わたしも笑う ヘイ ヘイ 二人で笑って暮せば ラッキー カムカム センチな歌など 皆んな忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘッヘ ウフッフ オホッホ イヒッヒ シュビドゥビウバシャバダドゥア アッアッアッ  昔から 笑う門には ラッキー カム カム あなたも わたしも 笑って暮そうよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ランパダバドゥアザバダドゥア  あなたが悲しい時は わたしも悲し あなたが張切りゃ わたしも嬉し ヘイ ヘイ 二人で いつも ニコニコ ラッキー カム カム 不平は言わずに 昔忘れて  ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘッヘ ウフッフ オホッホ イヒッヒ シュビドゥビウバシャバダドゥア アッアッアッ  昔から笑う門には ラッキー カム カム あなたも わたしも 笑って暮そうよ ヘイヘイ ヘイヘイ ヘイヘイ ランパダバドゥアザバダドゥア  ランパダバドゥアザバダドゥア
一杯のコーヒーから雪村いづみ雪村いづみ藤浦洸服部良一一杯のコーヒーから 夢の花咲くこともある 街のテラスの夕暮れに 二人の夢の灯し火が チラリホラリとつきました  一杯のコーヒーから モカの姫君 ジャバ娘 歌は南のセレナーデ 貴女と二人 ほがらかに 肩を並べて 歌いましょう  一杯のコーヒーから 夢はほのかに香ります 赤い模様のアラベスク あそこの窓のカーテンが ゆらりゆらりと ゆれてます  一杯のコーヒーから 小鳥さえずる春も来る 今宵二人のほろにがさ 角砂糖二つ入れましょうか 月の出ぬ間に 冷えぬ間に
月夜船近江俊郎近江俊郎藤浦洸古賀政男佐伯亮おおい そこゆくのぼり船 今夜は月夜だ どこゆきだ え 船底いっぱい 荷をつんで 釜石行きだよ 追風だよ 追風だよ  おおい 入り船くだり船 今夜は月夜だ お泊りか え 積荷をしっかり 上げたらば 笛吹く間もなく ひき返し ひき返し  帆づなともづな 心づな 月がよいとて ゆるめなよ え 船は木造り 木の柱 腕はくろがね 気は勇む 気は勇む
ペニイ・セレナーデ笠置シヅ子笠置シヅ子藤浦洸H.Hallifax、M.Weersma服部良一夕べ淡き星かげにさまよい きみがまどに捧ぐ ペニイ・セレネード シ・シ・シ 星のささやきに シ・シ・シ このペニイ・セレネード  月のあおき想いでに誘われ ギターにのせてうたう ペニイ・セレネード シ・シ・シ 愛のひとしずく シ・シ・シ このペニイ・セレネード  なさけあつき夜のうた楽しく きみとふたりうたう ペニイ・セレネード シ・シ・シ ゆめのひとときを シ・シ・シ このペニイ・セレネード
別れても二葉あき子二葉あき子藤浦洸仁木他喜雄空になる凩(こがらし) 雨戸うつ吹雪 冬の夜は 嵐に更けてゆく 思い出の窓辺の 青い灯火(ともしび)も 浮世の嵐に 消えてゆく 忘られぬ 思い出なつかしい昔 あの日が何時迄も 忘られましょうか 悲しみの涙を じっとこらえましょう たとえ別れても 別れても  楽しかったあの日は 遠い夢に消え 冬の夜は 思いに寒々と 片隅にさびしく あの人のギター きれた糸のあとも そのまゝに 忘られぬ思い出 なつかしい昔 あの日がいつ迄も 忘られましょうか 思い出のあのうた そっと歌いましょう たとえ別れても 別れても
水色のワルツソフィア女声合唱団ソフィア女声合唱団藤浦洸高木東六君に逢ううれしさの 胸にふかく 水色のハンカチを ひそめる 習慣(ならわし)が いつの間にか 身に沁みたのよ 涙のあとをそっと 隠したいのよ  月影の細路を 歩きながら 水色のハンカチに 包んだ囁きが いつの間にか 夜露にぬれて 心の窓をとじて 忍び泣くのよ
懐かしのボレロ藤山一郎藤山一郎藤浦洸服部良一南の国 唄の国 太鼓を打て 拍子をとれ 楽しき今宵 南の星 十字星 いとしの瞳に似て 輝けるは 愛のひかり 今宵も あの空に 高くひびけ 想い出の 懐かしの ボレロよ  想いをこめ 高らかに 太鼓を打て 拍子をとれ 楽しき今宵 南の花 紅い薔薇 優しき人の胸に 愛のしるし 高く香る 情を風にのせ 遠く送る 想い出の 懐しの ボレロよ
別れのタンゴ高峰三枝子高峰三枝子藤浦洸万城目正別れの言葉は 小雨の花か 『さようなら』と 濡れて散る あつい情に 泣いたあの夜も はかない ひと夜のつゆか  あふるる涙に 夜空がうつる 『さようなら』と 流れ星 恋のアルバム ひとりひらけば わびしや まぶたはくもる  あの日の言葉を ひそめて抱いて 『さようなら』と またうたう 恋のなごりに 胸をやく身の いとしや 別れのタンゴ
懐しのブルース高峰三枝子高峰三枝子藤浦洸万城目正古い日記の 頁には 涙のあとも そのままに かえらぬ夢の なつかしく 頬すり寄せる わびしさよ ああ なつかしの ブルースは 涙にぬれて うたう唄  ひとつ浮き雲 夜の空 なぜにか胸に しみじみと 思い出遠く ながれゆく 心にも似た かなしさよ ああ なつかしの ブルースは ひとりさびしく うたう唄  重く悲しい 唄なれど 生きてゆく身の つれづれに 夕闇遠い 行く末の のぞみはかなく 口ずさむ ああ なつかしの ブルースは この世の夢を うたう唄
水色のワルツGOLD LYLIC二葉あき子GOLD LYLIC二葉あき子藤浦洸高木東六君に逢ううれしさの 胸に深く 水色のハンカチを ひそめる習慣(ならわし)が いつの間にか 身にしみたのよ 涙のあとを そっと隠したいのよ  月影の細道を 歩きながら 水色のハンカチに 包んだ囁(ささや)きが いつの間にか 夜露にぬれて 心の窓をとじて 忍び泣くのよ 心の窓をとじて 忍び泣くのよ
さよならルンバ二葉あき子二葉あき子藤浦洸仁木他喜雄このまま お別れしましょう あなたの 言葉のまま ダリアの 花びらさえも 恋の時すぎりゃ 色はさめる ああ さめた後から いくら 泣いて 泣いて 泣いてみたとて かえらぬ 恋の終りは しおれた 花びら  それでは これでさよなら あなたの 言葉のまま タバコの すいがらのように みちにすてられた あたしなのね ああ つらいけれども いくら 泣いて 泣いて 泣いてみたとて かえらぬ 恋の終りは はかない けむりよ  さよなら さよなら さよなら
別れのブルース美空ひばり美空ひばり藤浦洸服部良一窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕にいかりの いれずみほって やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
ひばりの花売娘美空ひばり美空ひばり藤浦洸上原げんと花を召しませ ランララン 愛の紅ばら 恋の花 もゆる心の ささやきか 恋のそよ風 ゆらゆらと ゆれてはずかし 赤いばら 花を召しませ ランララン 召しませ紅ばら 恋の花  花を召しませ ランララン 白いミモザは 夢の花 ぬれた心の 愛の露 月の光か ささやきか 丘のチャペルの 鐘の音が 花を召しませ ランララン 召しませミモザは 愛の花  花を召しませ ランララン 乙女やさしい チューリップ 赤白黄色と とりどりの レビューまくぎれ 千代紙や なげたテープの うつくしさ 花を召しませ ランララン 召しませやさしい チューリップ  花を召しませ ランララン 花は散るもの しぼむもの 咲いた思いの はなびらに 夢があるうち いまのうち 愛(いと)しお方に 捧げなさい 花を召しませ ランララン 召しませ なさけの花束を
東京都杉並区立井荻中学校校歌校歌校歌藤浦洸山田耕筰武蔵野の空は広いよ 光があふれているよ 緑の森の上には いつも富士山が見えているよ おゝ この校庭を 行こう走ろう跳びはねよう あゝ 我等の井荻中学校  新しい風は そよぐよ ひざしが ゆれているよ 一人一人の胸には いつもあこがれがもえているよ おゝ この校舎で 立とうみつめよう学びとろう あゝ 我等の井荻中学校  よろこびの胸がおどるよ 希望の花が かおるよ 清く楽しい 想いを抱いて 遠い道を皆でいこうよ おゝ この友と語ろう うたおう高らかに あゝ 我等の井荻中学校
静岡県静岡市立安東中学校校歌校歌校歌藤浦洸古関裕而日本の表象 富士山を 日毎に仰ぐ よろこびに 希望の盾は 輝いて きょうも楽しい わが学校 ゆたかにかおる 真心を 強く正しく 伸ばしましょう おお おお わが学校 安東中学校  光はいつも 新らしく 学びの窓に 満ちあふれ 知識の若芽 知恵の苗 きょうも楽しい わが学校 明日に生きる 力をば 強く正しく 伸ばしましょう おお おお わが学校 安東中学校  先生・生徒 相集い 睦みと共に たくましく 丈夫な身体 鍛えあげ きょうも楽しい わが学校 ただひとすじの 人格 強く正しく 伸ばしましょう おお おお わが学校 安東中学校
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Masterplan
  2. さよーならまたいつか!
  3. ライラック
  4. Bling-Bang-Bang-Born
  5. 相思相愛

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×