河野圭編曲の歌詞一覧リスト  163曲中 1-163曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
163曲中 1-163曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
たがためCHiCOCHiCO福岡晃子福岡晃子河野圭取り込んだままの洗濯物 行方知れずテレビリモコン 交通費の精算 飲み会断る返信  たまりたまるやらなきゃリスト とりあえず起動カタリスト 真上から見下ろす太陽 なんか言いたげ  「心配だから言ってるんだよ」 優しさに混ざる小さな棘 「ありがとう」って受け取るけれど ズキズキ  誰のための わたしなんだろう だけど誰かに 見ててほしい 「人の気も知らないで」って怒るわたしは 何を知ってほしいんだろう  飲み込んだままの本音のとこ 行方知れずあの自尊心 人見知りの清算 出会いたい本当の景色  世界を救うボーカリスト それでもわたしはカタリスト 何かが変わる瞬間を 抱きしめて歌いたい  気がつけばみんな誰かと並んで歩き始める わたしはわたしのままで 走っていたい  誰のための わたしなんだろう だけど誰かに 見ててほしい 「人の気も知らないで」って怒るわたしは 何を…  誰のための わたしなんだろう だけど誰かと分かり合いたい 「人の気も知らないで」って笑うわたしは 明日を信じてるんだろう  誰のためのわたしなんだろう
宝者アイナ・ジ・エンドアイナ・ジ・エンドアイナ・ジ・エンドアイナ・ジ・エンド、河野圭河野圭ありがとう 宝者 掠れずに伝えたい 温かいこころをくれたね 背中撫でるように  さよならね 宝者 さすらいの猫のように わたしも自由に歩いていくわ 行かなきゃね いつかの約束  夜明けに泣きついた ほんとは素直でいたいの あやして去らないで つよがりの私です  自信ない音 宙に舞ってる あなたいつも 見透かしている 馴染みある音 触れてくれる あなたいつも そばにいてくれたね  ありがとう 宝者 きえないさ滲んでる もらった言葉をぎゅってして 音にする旅よ  さよならね 宝者 不甲斐なく空を見る まだ少し寂しい模様だけど 行かなきゃね いつかの約束  『星見えなくなった』と思えば 目が悪くなっただけだったみたいだ 変わりゆくのは自分  至らない音 くすんだ日々 あなたいつも 見透かしていた 確かな音 守られた日々 忘れないように 変わらないままいたい  なんて考えていたっけ なんで歩いてんだっけ 立ち返るその度に 柔らかい記憶  大事だった 大事だった 届けにいかなきゃ  ありがとう 宝者 掠れずに伝えたい 温かいこころをくれたね 背中撫でるように  さよならね 宝者 さすらいの猫のように わたしも自由に歩いていくわ 行かなきゃね いつかの約束
ガラス花Hokuto Matsumura(SixTONES)Hokuto Matsumura(SixTONES)アイナ・ジ・エンドアイナ・ジ・エンド河野圭僕のことを笑ってくれよ 君と僕は それでいいんだ 風邪を引いた夜の夢のよう  忙しない街 残されていく 君と僕 それでいい それでいいんだ 生意気な季節のまま  瞳からすんなり転げ落ちた 涙は一粒 君のポッケ 掌に春をのせてあげたかった あぁ 放つ夜に そっと  さよなら 君はガラス花 枯れずに割れていった 僕の大切 さよなら かけらを拾うから 僕のことを笑ってくれよ ほら  僕の前だけ泣いてくれよ 優しさは時には いじらしいね 美しからぬ季節です  まだ若葉だった影を撫でる日々 咳払いじゃもう 拭えないや 全て投げ捨てて 叫びたいけれど ちっぽけだ 僕は あぁ  さよなら 僕のガラス花 遠くで咲いてたら 見守ってね さよなら 夢の中ゆらり 僕の前だけで泣いてくれよ  深い空が 鼓動飲み込んで 割れてく 消えてく 音がしてる まだそちらには いけないよ 透明な夜 明けるかな  さよなら 僕もガラス花 空に放つ春よ 届いてくれ ありがとう 忘れられないや 僕のこと笑ってくれよ ほら ほら
ヰタ・フィロソフィカ伊東歌詞太郎伊東歌詞太郎伊東歌詞太郎伊東歌詞太郎河野圭それはどこにあるだろうか 何度でも何度でも求めている 天の川銀河の中に 輝いた僕だけの美しい光  もういいかい まだだよ もういいかい いつまでもあなたを待ってる  何回も 何度も伝えるよ 本当の美しいあなたへ 大切なものひとつ それは 僕とあなたの幸せだろう  あなたの隣にいられて 大切に物語つむいでいく 孤独な暗い空の中 こっそりと泣いていたあなたのこと  もういいかい まだだよ もういいかい? その手握る時を待ってた  何回だって 伝え続けるよ 泣いていたってそばにいさせてよ 大切なものひとつ それは 僕とあなたの幸せだろう  確かなものはひとつもない なんてさ そんなわけないじゃない 変わり続ける僕らの心は変わらない  何回も 何度も伝えるよ どうなったって変えられぬ愛を 本当の美しいあなたを ずっと前から僕は見てたよ  大切なものひとつ それは 僕とあなたの幸せだろう
猫猫日和伊東歌詞太郎伊東歌詞太郎伊東歌詞太郎伊東歌詞太郎河野圭気になることがありすぎて 時間が足りないな 意地悪をしてるわけじゃない 意地張ってるだけ  あなたが構ってくれなくても 構わず向かうから あなたが構いたくなっても 構わないから  大切なあなたの呼ぶ声がする 寄り添ってあげてもいいけど  まだイッツショータイム! 走り出せ今 あなたと逆に向かうけれど 本当は捕まえて欲しい 捕まったら噛みつくけれどね いつだってあなたを待っているから  話したいことは山ほどある 言葉にしてしまうと 安い気持ちになっちゃうから 目を閉じるだけ  大好きなあなたが隣にいる このままで眠りたいけれど  まだゴールデンタイム! 眠れないほど 愛しい気持ちが膨らんで 触れたいなと思った時が触れ時 まだ夜はこれから  (be alive, my everything you be alive)  まだtwilight time! 眠ったままのあなたもとても可愛いけど 遊びたいお腹空いたり こちらの準備は万端だ  まだイッツショータイム! 走り出せ今 あなたと逆に向かうけれど 本当は捕まえて欲しい 捕まったら噛みつくけれどね  いつだってあなたを待っているから
ぼくらしく重岡大毅・藤井流星(WEST.)重岡大毅・藤井流星(WEST.)竹原ピストル竹原ピストル河野圭季節の終わりの風が吹いている。 ふと思い浮かぶ顔がある。 甘いような苦いような。。 どっちつかずの感傷を持て余し、ツムジをつつく。  “ありがとう。”も“ごめんね。”も、 “好きだよ。”も“好きだったよ。”も 口に出さなくなっただけで、思わなくなったわけじゃない。 大人になったけど、大人になったけど 大人になったけど、大人になっただけ。  やるせなさに寝返りを繰り返し 不甲斐なさに唇を噛み締める夜を越えて  全然そんな気分じゃないのに晴模様。 チグハグチグハグ歩いて行くよ。 ぼくらしさって何だろ?何だろ?何だろ?って 首をかしげ続けていくよ、ぼくらしく。  季節の始まりの風が吹いている。 ふと込み上げる胸の高鳴りがある。 例えば新しい服で、新しい靴で 街と街の継ぎ目をいよいよ跨ごうとするときのような。。  “夢”も“希望”も、“勝ちたい”も“負けたくない”も 口に出さなくなっただけで、思わなくなったわけじゃない。 大人になったけど、大人になったけど 大人になったけど、大人になっただけ。  めくるめくイメージにひとりニヤけ そっと吸い込まれるように眠る夜を越えて  せっかくこんな気持ちなのに雨模様。 あべこべあべこべ歩いて行くよ。 ぼくらしさって何だろ?何だろ?何だろ?って 首をかしげ続けていくよ、ぼくらしく。  全然そんな気分じゃないのに晴模様。 チグハグチグハグ歩いて行くよ。 ぼくらしさって何だろ?何だろ?何だろ?って 首をかしげ続けていくよ、ぼくらしく。
ひなたの国伊東歌詞太郎伊東歌詞太郎伊東歌詞太郎伊東歌詞太郎河野圭誰にも言えない言葉 君にだけは話せたよ いつも耳を傾けて 聞いてくれてたよね  気まぐれな性格だと 勝手に僕は思ってた ずっと真っ直ぐ僕だけを 見てくれてありがとう  あぁ 過ぎ去っていく 毎日が 重なるたび 昨日より今日は  全身で愛を伝える君も 遠慮して愛を伝える君も どうやったって僕は死ぬまで丸ごと愛してしまうから 天真爛漫な心も 太陽が香る体も ずっと一緒にいられたら  君のことを想わない そんな日は一日もない 君と一緒に眠るから 必ず帰るのさ  静かに眠る君を ずっと抱きしめたいよ  あぁ 過ぎ去っていく 毎日が 重なるたび もっと鮮やかに  全身で愛を伝える君も 遠慮して愛を伝える君も どうやったって僕は死ぬまで丸ごと愛してしまうから 天真爛漫な心も 太陽が香る体も ずっと一緒にいられたら  君が隣で眠るから 愛してる もう大丈夫だよ
いまダンスをするのは誰だ?樋口了一樋口了一古新舜樋口了一河野圭酸素を無くした都会の海 重いネクタイ解(ほど)き方忘れた ひとりぼっちの音のない世界 朝と夜はシュレッターにかけた 騙して押したシャッターでは 歪(ゆが)んだ風景(いま)が心を締めつける 病いの影が忍び寄る 今日までの人生呪った  But I'm dancing, laughing, knocking on my destiny! スポットライトは いつも誰かに当たってた 手は震え 足固まる このままでいいのか? ステージは そっぽした運命を 手招きする さあどうする? 心はいま揺れ動く  名刺はマスト「ゴールはどこだ?」 君へのリボン結び方忘れた 踊らされてるターンテーブル 右へ左へまたルーレット まぶた閉じてピント定めたら 溢れ出る色 思い切りシャッフル くすんだ定期投げ捨てた 明日への切符握った  Yes! I'm dancing, laughing, knocking on my destiny! スポットライトは なぜか誰かを照らしてた 手はもがき 足はわめく このままでいいのか? ステージは フレームをぶち壊す 目を開けろ さあどうする? 心はもう決まったろ?  ファインダーばかり 覗いてたけど 自分らしさなんて 探さなくていい 後悔の日常は もう捨てちまったよ 未来への航海は いま始まったんだ  Dancing, laughing, knocking on my destiny! スポットライトは ただまぶしいだけじゃんか? 手足は気ままにはしゃいでる このままじゃ終われない ステージは 過去も悲しみも 許してた さあ踊ろう 心は自由を抱きしめる  Dancing, laughing, knocking on my destiny! スポットライトなんて もう要らないんだ! かっこつけるな 下手くそでいい 笑われたっていい ステージを 飛び出そう 世界が待ってるから 踊りまくろう 心はほら輝いてる!  「諦めることを諦めたよ。たとえここが暗闇だとしても…… 僕はいま君とダンスがしたいんだ」  僕はいま君とダンスがしたいんだ! 僕はいま君とダンスがしたいんだ!!
かたつむり森七菜森七菜福岡晃子佐藤千亜妃河野圭アスファルトの色 黄色ならよかったのにね きみが真顔で言うから おかしくて笑った  ため息の日は きみを待ってる 雨に 降られた後には 期待してしまう虹のように  のばしたツノがきみを突き刺した 泣いたのはわたしのほう あああ 声にならない 欠片があふれた  やさしくなりたい きみになりたい この気持ちの名前は? ららら 虹を渡ろう おまえのこころはどこにある  だれかの処方箋 しわくちゃのオブラート 喉を通らなくて きみの言葉思い出した  くだらないこと 電話しよう 今日も 手のひらサイズの希望がこの夜照らしてる  のばしたツノがきみを突き刺した 泣いたのはわたしのほう あああ 声にならない 欠片があふれた  やさしくなりたい きみになりたい この気持ちの名前は? ららら 虹を渡ろう おまえのこころはどこにある  片目をつぶって 半分にしたら 笑ってくれた月 きみにあげたいから  どうしよう また雨が降り出した 泣いたのは夜空のほう あああ 雲のうえで 願いがこぼれた  やさしくなりたい きみになりたい この夜を越えるから ららら 探しに行こう おまえのこころはどこにある
百年十色絢香絢香絢香絢香河野圭心の水面に浮かぶ わたしと無邪気な心  小さく手を振ったら 未来が微笑むのかな?  自分を愛せぬまま あなたに恋をしてた  100年経った時も キミを想い続けたい 同じ景色が見たくて手を 握りしめていたよね  いつしか身を委ねて 揺れ動く想いを抱いて  なんにも持たずに乗ろう 明日へ漕ぎ出すボート  光のさす方へと キミとならどこまでも  100年過ごす日々も いつも笑顔を見てたい 心を解いたあなたの目で そばで夢を見させて  例え何があっても 2人なら乗り越えると 大丈夫だよの声が染みこむ そっと照らす優しさ  100年経った時も キミを想い続けてる 同じ景色が見たくて手を 握りしめていたよね  握りしめていたから…
Love for everyone絢香絢香絢香絢香河野圭ここは あなたの場所 良いとこばかり見て歩こう Love your smile Love for everyone  ここに おいで いるよ 良いとこばかり見て歩こう Love your smile Love for everyone  ここに おいで いまも みんなのことが大好きよ Love your smile Love for everyone  例えば 離れても心は1つ はしゃぎすぎたら 肩の力を抜いて  ここは いつも あるよ 思いやる心溢れてる Love your smile Love for everyone  例えば 挫けそうになった時も 歩いたことない道を気晴らしに進んでみようよ  ここに おいで いるよ 良いとこばかり見て歩こう Love your smile Love for everyone  ここは いつも あるよ 思いやる心溢れてる Love your smile Love for everyone  ここに おいで いまも あなたのことが大好きよ Love your smile Love for everyone Love your smile Love for everyone Love your smile Love for everyone
rainy rainy rainy blues佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃河野圭近づくほど遠くなってゆく 手のひらの切符 擦り切れて何も見えない また曇ってどうしようもなく 虚しくなるよ 靴擦れのままで歩く  愛想なく、アイソレート 気付いてよ サクソフォン、歪む記憶と 抜け殻の街  rainy rainy rainy rainy blues 言葉ひとつで伝わればいいのに rainy rainy rainy rainy blues 雫になってこぼれ落ちて消える  嗚呼、無数の傷で静かに 丸くなってく 退屈を飼い慣らして 瞬きの間に日々は色褪せて 辻褄合わせ 飽き飽きして逃げたくなる  愛想尽かし、I scream いつからか 心と、語呂が合わない 時計は進む  rainy rainy rainy rainy blues ずっと押し殺していた気持ちに気付いた rainy rainy rainy rainy blues 雨に濡れても 光の方へ走れ  rainy rainy rainy rainy blues かたちあるもの 信じすぎていた rainy rainy rainy rainy blues かたちないもの たぐり寄せて生きる  rainy rainy rainy rainy blues 言葉ひとつで救えたらいいのに rainy rainy rainy rainy blues 傘を無くして 雨に濡れても 怖がらないで 光の方へ走れ
甘い煙佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃河野圭甘い煙 胸に吸い込んで 頭飛ばして サヨナラするの 甘い台詞 騙されたいな 今夜くらいは 忘れさせてよ  もしも誰かがそっとくちづけて 仮に上書きできたとしても  それに何の意味があるの またきっと無くしてしまうのに  甘い煙 胸に吸い込んで 夜空にちょっと涙こぼれる 甘い声で強請るのからかって 冷えた身体 抱き寄せてよ  こんなんじゃ駄目なの ずっとわかってる ほらね、どうしようもない夜が訪れて  これで最後、そう決めても またきっと繰り返してしまうから  甘い煙 胸に吸い込んで 笑い飛ばして サヨナラするの 甘い台詞 聞き飽きたからさ 何も言わずに くちづけてよ  愛を愛と思わず 恋を恋と気付かず そんなくらいがいいよ 愛を愛と思わず 恋を恋と気付かず そんなくらいでいいよ
リナリア佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃河野圭最終電車で息を止めた 魔法にかかる前にさよなら 言ったけど、でもね 本音はいつも胸のなか  改札抜けて手を振る あなたのことを ずっと忘れられないんです 帰りたくなかった  夢から覚めるそのとき あなたのそばに いれたら何もいらないんです 単純でしょう?笑って  乗り過ごした言い訳を秘めて 決めたルールもとうに廃れた 今から会いに行くから 鍵は開けておいて  冴えない日々の 色を塗り替える今日に あたしはめくるめくあなたを ひとりじめしたくて  でも夢から覚めるそのとき あなたの頬に 触れたら消えてしまいそうで 怖いんです 馬鹿みたい  空からすべり落ちた星々と 寄り添い眠る街で  会えないときに限って あなたのことを ずっと考えちゃうんです どこで何してるのかな  交差点で見た懐かしい あいつの横顔にも ときめかないんです 不思議でしょう?笑って
佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃河野圭雨は降り続け、やがて雪になる 足跡は静かに見えなくなるだろう  いつかすべてが消えてしまうけど その背中越しにあなたを想いたい  埋めあった喪失を 互いの棺に持ってゆくまで  どんなに離れてもこの心は あなたの元へと戻ってゆく 私を傷つけることが出来るのは この世界でたったひとり、あなただけ  街灯が途切れた先には誰もいない 足音は夜の闇に溶けてしまうだろう  蘇る慟哭を 忘れてもずっと捨てないでいて  どんなに隠してもこの心は 穴が空いているの満たされずに 私を生きさせることが出来るのは この世界でたったひとり、あなただけ
Love her...佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃河野圭横顔が忘れられなくて 意味もなくふいに泣きそうになる  I don't wanna know, you love her. 運命の人は I don't wanna know, you love her. 私じゃなかった  いつしか書くのやめたダイアリー 開くと胸が張り裂けそうになる  I don't wanna know, you love her. 瞳を閉じれば I don't wanna know, you love her. 今でも鮮やかに  くだらない言葉と 君の煙草の匂い 時計を巻き戻す お下がりの指輪 夜な夜な電話した あの夏のふたりには 戻れない戻れないよもう You love her... I just miss you.  約束が思い出せなくて なんとなく無理に笑ってみる I don't wanna know, you love her. 愛してたことは I don't wanna know, you love her. 秘密にしておくね  くだらない言葉と 君の煙草の匂い 時計を進めよう それぞれの指輪で 夜な夜な電話した あの夏のふたりには 戻れない戻れないよもう You love her... I just miss you.
愛が通り過ぎて佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃河野圭死んだ星を見ていることに 気付きもしないで救われていた  着信を待ち望んで 心のカケラ探して またその曖昧な目で 悲しみを向き合わせて 心の重荷ほどいて まだ頬を撫でる手を思い出せる  答えなど無いという 愛がまた通り過ぎて 最初から最後まで 私はあなたに片想いだった  夜を越える鳥たちのように 優しい温度を探していただけ  とりとめもなく悩んで 終わり先延ばしにして この夢を見ていたい 喜びをわかちあって 心の影を照らして ただ隣にいれたなら それで良かった  答えなど無いという 愛がまた通り過ぎて 最初から最後まで 私はあなたに片想いだった  私はあなたに片想いだった
ランドマーク佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃河野圭何でもないふりしてさ あたしのことばっかり みつめているんでしょう?  どうでもいいふりしてさ 明日のことばっかり 考えているんでしょう?  ぐるぐる回って迷って傷ついて 辿り着いた場所で君に会いたい 何度でも  ヘッドフォンを耳に当てて 君の好きな歌を聴いて待ってるね ドラマチックな恋じゃないけど 君の瞳だけが、あたしのランドマーク  週末の約束は リスケにしようなんてさ どうしてなんですか  会いたくて仕方ないのは あたしだけなのかな 説明してください  だんだん薄れていく愛の狭間に 隠された暗号は解読不可能で さよならか  絵に描いたような終わりじゃ 味気ないからね泣いてやらないよ 会いたいと思うのなら 新しい人がきっと君のランドマーク  ヘッドフォンを耳にあてて 君の好きな歌を聴いて待ってたね ドラマチックな恋じゃなかったけど 君は今もあたしのランドマーク
橙ラプソディー佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃河野圭はにかんで「あのね」しか言えない 夕陽が沈みかけて夜になりそう やっとのことで言えた言葉に あなたが頷くから、もう死んでもいい  可愛げのない女だからさ 意地張ってあなたを困らせてばかり 不器用なタイプだからさ つなぎとめる方法がわからなくて  遠ざかるあなたの背中を ただずっと見つめていた きっとあなたは私を忘れる 橙色の帰り道も  心臓の音を撫でるように 風が吹き始めて少し震えてた なんにも言えず黙り込んでも あなたが微笑むから、もう死んでもいい  面白くないテレビの話 いつだってあなたを飽きさせてばかり 察しの悪いタイプだからさ 離れてゆく理由がわからなくて  遠ざかるあなたの背中を ただずっと見つめていた きっとあなたは私を忘れる 橙色の帰り道も  あの日の帰り道も
Who Am I佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃佐藤千亜妃河野圭Adjust な世界を泳ぐ泳ぐ泳ぐ あの日夢に見たような景色じゃなくとも 場違いな事態を繋ぐ繋ぐ繋ぐ トキメキに似たような配分で良いでしょう  そうでしょう  空っぽな頭を揺らす揺らす揺らす どの自分も借り物みたいで情けなくなる 不器用な Step で踊る踊る踊る 近道に似たような迷宮で迷子だ  どうしよう  鍵を無くしてドアが開かない 地図もなくただもがいているだけ  “誰かみたい”じゃなく 自分が自分自身になれるまで Who Am I?問いかけ続ける  立ち止まりたくなる いっそ諦めた方が楽なのに Who Am I?知りたくて生きてる  飛び込んだニュースが頭を殴る殴る殴る 見せかけの楽園で動けなくなる 無気力なアイロニーが育つ育つ育つ 何かを見下してみてもいたちごっこだ  どうして  顔を隠して傷つけたがる かさぶただらけのその指で  “誰かのせい”じゃなく きっと“誰かのため”に生きたくて Who Am I?答えを探してる  立ち上がる勇者を 影で嘲笑う方が楽だけど Who Are You?望むのは君さ  なんのために生まれたの? なんのために生きているの? わかる日が来ないとしても それでも  “誰かみたい”じゃなく 自分が自分自身に会えるまで Who Am I?追いかけ続ける  立ち止まりたくなる いっそ諦めた方が楽なのに Who Am I?知りたくて生きてる  Who Am I?望むのは僕だ
家路伊藤蘭伊藤蘭森雪之丞布袋寅泰河野圭ほろ酔いの一駅 歩きましょう今夜(きょう)は 恋にはしゃいだ あの日のように 久しぶり 腕なんか組んで  寂しさを 剥がそうとして ときめきも 削ってしまう 神様が人に与えた 愛は未完成 ひと滴 三日月の露 凛と鳴る 綺羅星の鈴 ありがとうあなた 逢えてよかった  濡れた闇薄れて また夏が終わる 訳もないのに 哀しい夜は 訳もなく 甘えていいの  想い出や 時間(とき)が積もると 幸せは 曇って滲む 愚かでしょ 嘘をついたの 愛が見たくて ふた滴 隠した涙 風孕み 光る叢雲(むらくも) 静かな夜ね 家路を辿る  離れて揺れる ふたつの影は やがては溶ける 迷子の心  ひと滴 三日月の露 凛と鳴る 綺羅星の鈴 神様が人に与えた 愛は未完成 ふた滴 隠した涙 風孕み 光る叢雲(むらくも) ありがとうあなた 逢えてよかった 静かな夜ね 家路を辿る
伽藍堂Sano ibukiSano ibukiSano ibukiSano ibuki河野圭夏が通り過ぎていく香りが漂って 愛の機嫌を損ね、また独法師(ひとりぼっち)だ  夜ってこんなに冷たかったかな 今も夢であなたへの罪に襲われる  正解も間違いもなくて 誰かのために生きたくて、戯れを演じていた ねえ 神様教えてよ 苦しみが襲う夜の上手い眠り方を  空っぽな私を騙して いつまでも満たしてくれ 誰も知らない秘密の味で 隙間を埋めていった 「さよなら」の後に溢れる 言葉にならないこの声を 罰と呼ぶのでしょうか  誰かの傘に紛れれば、悲しみは晴れども 幸せでも傷ついた 私が馬鹿みたい  「あなたの眼にあたしは映ってないでしょう」 なんて でたらめは言わないで ねえ 神様教えてよ 痛いのに笑っちゃう、癖の上手い治し方を  「はじめまして」 その時に勝る、喜びなど無いのさ 不幸を纏った横顔が あまりにも綺麗だった 夕焼けの鐘の音が響く 氷菓(アイス)も溶けた あの涙を 始まりをもう一度  人生は誰か次第、駄作も傑作もない 偽りだらけの空っぽに救いはないから でも足りないと、満たしたいと あがけば本物を見つけられるのなら 人すら辞めたい  汚れ切った白銀の世界で、私の罪は美しく 花を咲かせ、春を待たず、光に墜ちていった  伽藍堂な私を愛して いつの日か満たしてくれ 誰も知らない秘密の味で 希望の糸を手繰った 「さよなら」の声を求めだす 心に空いたこの穴を 罪と呼ぶのでしょうか この愛を  春が通り過ぎていく香りが漂って 雨が降り止む頃に 「また会いましょう」
CLOSE CONTACT高橋優高橋優高橋優高橋優河野圭部屋が散らかってきた いい加減片付けなきゃ 心模様うつした みたいなソファーの上の抜け殻 君に会いに行きたいな その前に片さなきゃ 心もフローリングも モノで溢れないように  目に映る景色ぜんぶ煩わしい そんな日もあるよ ほんとやんなっちゃうけど  いらないものを一つずつ選んでは捨ててくよりも 本当に必要なものだけを選んで生きてく あってもなくてもいいものは多分なくても生きていけるから 両手ふさがらないくらいの荷物で会いに行く そして君の手を握る  思い出は大切だ もらいもんも大切だ 大切に縛られた ガラクタばかりの部屋 君に会いにいきたいな その前に片さなきゃ 心はどこへ行った?身動き取れているか?  目を逸らすほどにぜんぶ煩わしい 苦手な人からの 電話出たくもないのに  空が晴れても誰かの記念すべき日を迎えても 憂鬱なもんは憂鬱なんだと嘆き散らしてみる 君と会える日以外早送り出来たらいいんだけれど とっておきの笑い話に変えたら会いに行く  いらないものを一つずつ選んでは捨ててくよりも 本当に必要なものだけを選んで生きてく あってもなくてもいいものは多分なくても生きていけるから 両手ふさがらないくらいの荷物で会いに行く そして君の手を握る
愛にできることはまだあるかい三浦透子三浦透子野田洋次郎野田洋次郎河野圭何も持たずに 生まれ堕ちた僕 永遠の隙間で のたうち回ってる  諦めた者と 賢い者だけが 勝者の時代に どこで息を吸う  支配者も神も どこか他人顔 だけど本当は 分かっているはず  勇気や希望や 絆とかの魔法 使い道もなく オトナは眼を背ける  それでもあの日の 君が今もまだ 僕の全正義の ど真ん中にいる  世界が背中を 向けてもまだなお 立ち向かう君が 今もここにいる  愛にできることはまだあるかい 僕にできることはまだあるかい  君がくれた勇気だから 君のために使いたいんだ 君と分け合った愛だから 君とじゃなきゃ意味がないんだ  愛にできることはまだあるかい 僕にできることはまだあるかい  運命(サダメ)とはつまり サイコロの出た目? はたまた神の いつもの気まぐれ  選び選ばれた 脱げられぬ鎧 もしくは遥かな 揺らぐことない意志  果たさぬ願いと 叶わぬ再会と ほどけぬ誤解と 降り積もる憎悪と  許し合う声と 握りしめ合う手を この星は今日も 抱えて生きてる  愛にできることはまだあるかい? 僕にできることはまだあるかい  君がくれた勇気だから 君のために使いたいんだ 君と育てた愛だから 君とじゃなきゃ意味がないんだ  愛にできることはまだあるかい 僕にできることはまだあるかい  何もない僕たちに なぜ夢を見させたか 終わりある人生に なぜ希望を持たせたか  なぜこの手をすり抜ける ものばかり与えたか それでもなおしがみつく 僕らは醜いかい それとも、きれいかい  答えてよ  愛の歌も 歌われ尽くした 数多の映画で 語られ尽くした そんな荒野に 生まれ落ちた僕、君 それでも  愛にできることはまだあるよ 僕にできることはまだあるよ
桜紅葉さだまさしさだまさしさだまさしさだまさし河野圭桜は春にだけ 美しいのではない ひともまた然り 月は夜にだけ 美しいのではない ひともまた然り 秋の日の桜紅葉に春の夢 密やかに 生まれています 愛しい人を お守り下さい  晴れの日ばかりが 続くものではない ひともまた然り 雨の日ばかりが 続くものではない ひともまた然り 出会いあり 別れありまた見失い いつの日か 邂逅(めぐりあ)うのです 愛しい人を お守り下さい  生命より大切なものがあること 今更に 思い募ります  愛しい人を お守り下さい お守り下さい
everybody goes 〜秩序のない現代にドロップキック〜絢香絢香桜井和寿桜井和寿・小林武史河野圭複雑に混ん絡がった社会だ 組織の中で ガンバレ サラリーマン 知識と教養と名刺を武器に あなたが支える 明日の日本  そして you 晩飯も社内で一人 インスタントフード食べてんだ ガンバリ屋さん 報われないけど  上京して3年 彼女にすりゃ chance 地道なダイエットの甲斐もあって カメラの前で悩ましげなポーズ そして ベッドじゃ 社長の上に股がって  oh you それでも夢みてる ムービースター 世間知らずの お人好しさん 相変わらず 信じてる  everybody goes everybody fights 秩序のない現代に ドロップキック everybody knows everybody wantsでもNo No No No 皆(みんな)病んでる  愛する一人娘の為に 良かれと思う事はやってきた “教育ママ”と 近所に呼ばれても 結構 家庭円満な この18年間  でも you 娘は学校 フケてデートクラブ で 家に帰りゃ また おりこうさん 可憐な少女 演じてる  everybody goes everybody fights 羞恥心のない 十代に水平チョップ everybody knows everybody wants そしてYes Yes Yes Yes 必死で生きてる  Ah 仕事の出来ない連中は こう言う あいつは変わった自惚屋(うぬぼれや)さん こんなにガンバッてるのに  everybody goes everybody fights 退屈なヒットチャートに ドロップキック everybody knows everybody wants 明るい未来って何だっけ? everybody goes everybody fights 秩序のない現代に 水平チョップ everybody knows everybody wants でもNo No No No 皆病んでる 必死で生きてる
ヒロイン絢香絢香清水依与吏清水依与吏河野圭君の毎日に 僕は似合わないかな 白い空から 雪が落ちた 別にいいさと 吐き出したため息が 少し残って 寂しそうに消えた  君の街にも 降っているかな ああ今隣で  雪が綺麗と笑うのは君がいい でも寒いねって嬉しそうなのも 転びそうになって掴んだ手のその先で ありがとうって楽しそうなのも それも君がいい  気付けば辺りは ほとんどが白く染まって 散らかってた事 忘れてしまいそう 意外と積もったねと メールを送ろうとして 打ちかけのまま ポケットに入れた  好まれるような 強く優しい僕に 変われないかな  雪が綺麗と笑うのは君がいい 出しかけた答え胸が痛くて 渡し方もどこに捨てればいいかも分からずに 君から見えてる景色に ただ怯えているんだ  思えばどんな映画を観たって どんな小説や音楽だって そのヒロインに重ねてしまうのは君だよ 行ってみたい遠い場所で見たい夜空も 隣に描くのはいつでも  見慣れたはずの 街がこんなにも 馬鹿だなぁ僕は  君の街に白い雪が降った時 君は誰に会いたくなるんだろう 雪が綺麗だねって誰に言いたくなるんだろう 僕は やっぱり僕は  雪が綺麗と笑うのは君がいい でも寒いねって嬉しそうなのも 転びそうになって掴んだ手のその先で ありがとうって楽しそうなのも 全部君がいい
フレンズ絢香絢香Nokko土橋安騎夫河野圭口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて ひとつずつ 夢をかぞえたね  ほら あれは2人の かくれが ひみつの メモリー oh  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって  指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  ねえ 君は 覚えている 夕映えによくにあうあの曲 だまりこむ 君がいつも 悲しくて 口ずさんだのに  今 時は流れて セピアに染まるメロディー oh  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい  どこで こわれたの oh フレンズ うつむく日は みつめあって  指をつないだら oh フレンズ 時がとまる 気がした  2度と もどれない oh フレンズ 他人よりも 遠く見えて いつも走ってた oh フレンズ あの瞳が いとしい
恋人よ絢香絢香五輪真弓五輪真弓河野圭枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむよに 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけれど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』絢香絢香山口一郎山口一郎河野圭バッハの旋律を夜に聴いたせいです こんな心 バッハの旋律を夜に聴いたせいです こんな心  月に慣れた僕がなぜ 月に見とれたのはなぜ 歩き出そうとしてたのに 待ってくれって服を掴まれたようだ  バッハの旋律を夜に聴いたせいです こんな心 バッハの旋律を夜に聴いたせいです こんな心  月に慣れた君がなぜ 月を見ていたのはなぜ 僕の左手に立ち 黙ってる君の顔を思い出したよ  気まぐれな君の色 部屋に吹くぬるいその色 壁が鳴り痺れるチェロ すぐに忘れてしまうだろう  気まぐれな君の色 部屋に吹くぬるいその色 壁が鳴り痺れるチェロ すぐに忘れてしまうだろう  バッハの旋律をひとり聴いたせいです こんな心 バッハの旋律をひとり聴いたせいです こんな心  忘れかけてたのになぜ 忘れられないのはなぜ 歩き始めた二人 笑ってる君の顔を思い出したよ  気まぐれな君の色 部屋に吹くぬるいその色 壁が鳴り痺れるチェロ すぐに忘れてしまうだろう  気まぐれな君の色 部屋に吹くぬるいその色 壁が鳴り痺れるチェロ すぐに忘れてしまうだろう  気まぐれな君の色 部屋に吹くぬるいその色 壁が鳴り痺れるチェロ すぐに忘れてしまうだろう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ファーストトイSano ibukiSano ibukiSano ibukiSano ibuki河野圭駄々をこねて 眠る前 話してもらった 物語 同い年のクマと一緒に 夢と部屋の隙間 さまよっていた  あと少し このまま おやすみから逃げられればいいのに  君は何も変わらなくていいよ 何もくれなくたってそばにいるよと 撫でてくれた温度は橙の電球と共に ぼんやりと消えて残っている 初めてもらった宝物だよ  布団の中 秘密基地 作り上げた絵本のキャラクター あなたにただ会わせたくて 探して 三輪車 どこまでだって  帰りのチャイムも 夢中に駆ける耳には届かなかった ああ  君は何も覚えていなくていいよ 楽しいことが待っているからと 覚えているよ 寂しそうにつぶやく あなたをいつもの笑顔にしたくて 初めて 交わした あの指切りを  黄昏月 昇る河川敷 やぶれた夢に溢れた涙 叱ることもしないで 繋いでくれた手に何も言えなかった  大丈夫 ちゃんと覚えているから 変わってしまったこともそりゃあるけれど 同い年、クマも言えなかった想いも 古びてくたびれても しまってあるよ 初めてもらった 宝物だよ
どんな名前つけよう松室政哉松室政哉松室政哉松室政哉河野圭少年が手放した群青の風船 空に溶けてく 奥の奥ツンとする懐かしいあの日の匂いがしたよ  友達とはぐれてしまって泣きながら帰る商店街 夢中で組み立てるダンボールロボット  思い出が膨らんで 弾けそうな気持ちにどんな名前つけよう  目に映る何もかも初めてだらけの毎日だった 探検家 あの勇者 何にだってなれると信じていた  In my life  ボロボロになってもまだ鳴らしてるおもちゃのピアノ 未来を描いてく秘密のノート  思い出が膨らんで 弾けそうな気持ちにどんな名前つけよう
おまじないSano ibukiSano ibukiSano ibukiSano ibuki河野圭この手から光が 月を忘れた夜に消えていく 指先に微かに残る 想いも届けばいいなと隠した  不揃いの気持ち 抱えて 滲む目の前に温もりを一つ願った  空に上がった 僕らの痛みをさ 見えなくなっても見つめていた 忘れたくなかった どんなに僕が 今 壊れそうでも 君が笑っているなら この涙 救われる  全て何だか虚しくて 落として忘れたものさえ気づけない 心から会いたい 君ではなくて 震えたあの時に  睡蓮(すいれん)の花をよそ目に 夕立の中 無邪気に泣いたあの瞬間(とき)  まるで世界が時を止めたような 夜に交わした言葉とも お別れなんだね ここからずっと ねえ ずっと遠くで 生まれた 星の名前は 僕と君しか知らない  空に上がった 僕らの涙はさ 見えなくなっても輝いて 誰かを照らしている ここからずっとそう ずっと遠くの 君が泣いているなら 見上げてよ ほら いつまでも そばにいる 星のこと  ひとりぼっちの夜に思う 君と一緒でよかった
沙旅商Sano ibukiSano ibukiSano ibukiSano ibuki河野圭全て零のような国 砂の雨 生死の境に吹かれる 名声 ふらり楽になって 空に向かった 彼らに手を振って 心の羅針のゆくまま  赤く燃える太陽 無情のお頭 そこで伸びる影が迎うは蜃気楼 まるで闘うかのような この目で見つめた 夢をただ 守りたいだけなのさ  戸惑い歎(なげ)き抱え込んでも意味はない 淋しさなら とうに忘れただろう 今は亡き屍の希望を捉えたまま 嵐の中、進め 続け  馬鹿言 戯れ言すら叶えてみせよう 希望に飢えた悲しき者達よ 聳え立った恐怖に 高鳴るぜ 理想郷 僕ら止まらない  ゆらり過った願望に怯えた ありもしない楽園にただ震えた 溢れてしまったら全てが 無駄になってしまう だなんてさ 初めから分かっているんだ  幾つもの景色を潜り抜けた先で知る 空に消えた 誰かの祈りの歌を 偶然とか宿命とか別にいらないから 終わりにしようぜ 後悔に嘆く夜を  聴こえたんだろう あの闇を切り裂いた声が 命を賭けた覚悟の燈が 未開拓の風を受け、尚更響くなら 突き進め 傲慢に夢の淵へ  昇るライトの向こう 幻の真実よ まだ醒めない夜に踊っていろよ 枯れ果てた同じ空の下 続く 零の王国で  馬鹿言 戯れ言すら掴んでみせよう 見てろ 希望に飢えている者達よ 光り輝く太陽の元 滲んだ絶望も それら全て前兆の道でしかないのさ 矛盾と冗句で出来ているはずの体ならば 秘めたる無限を無下には出来ないから 聳え立つな 過去よ 高鳴るぜ 理想郷 必要ないぜ 勇気は 笑えるね くだらねえ 変えるさ 全てをこの手で
いとし仔のワルツSano ibukiSano ibukiSano ibukiSano ibuki河野圭世界が声を失くした ひとりだけ 息を吸って それを吐いて 呼吸のリズム ひとつだけ  望んだ景色の中にいるのに 眠れないのはどうしてなんだろう  安心すれば恐くなるよ 終わりを追いかけるみたいでしょう 息を吸って それを吐くことも 不安で堪らなくなるよ  孤独という街に埋もれても 眠れないのはどうしてなんだろう  ふわり 夜を越えてさ 知らないことばかり増えた くだらない感情で満たされて どうせ 忘れてしまうならさ こんな想いに夜に痛みに きっと 全部意味はない  荒げた心の奥底 いつかの誰かを思い出す 訳が分からず誤魔化した 優しさってやつがわからなかった  宙に伸びた塵の光に 苔の生えた心臓が騒いでいる  なんとか朝を凌ぐ度 知りたいことをまた見つけた 誰かに伝えたくなって ひとりぼっちの意味に気づいた  大丈夫だ もう十分さ 孤独なんて嘘ばかりだ 離れる時が怖くて逃げた 君はそばにいた  僕が音を失くしていた 呼吸のリズム ひとつだけ 苦しいよ 上手くできないよ ごめんね 会いたいよ  ふわり 夜を越えられたなら 君に触れたいと願っていた くだらない感情で満たされて どうせ 忘れてしまうならさ こんな想いに夜に痛みに 意味はない それでも 全部生きる意味
Sano ibukiSano ibukiSano ibukiSano ibuki河野圭顔出した 明日が手伸ばしに 僕を誘った 阿呆ヅラして八方見ていたら 気づけなかった 違和感も怠惰と一緒くたに 誤魔化したんだ 好きなものが好きだったから 期待をしたのさ  喜びの果てに眩ませた 本当の先にあったことを 見失ったことに 君も僕も気づいていますように  呼吸するように 消えた未来には どんな明日が羽を伸ばしていたんだろうか 想像と空想の中で止まった化石は 掘り起こした時に蘇るだろうか そうやって後悔と悲しみの先で また会おう 出会った頃のように  平行移動した虹の歩幅が混ざりかけていた 一番に守ったのは自分の色だった 知らないから恐いんだ 切なくなる事すら馬鹿らしいと 本当の気持ち 隠したまま  かつてここで同じ朝を繰り返した 恥ずかしいくらいの過去を 笑い合えたことが 君と僕の印となるように  本物の思い出がどんな風に 作り直されてしまったの教えてくれよ 何光年と先のことまで話し合った 赤ん坊の日々を忘れないように 今だって崩壊中、懺悔の街で僕は眠るよ 出会う前のように  選ばれた言葉の上に 並んだ過去は嘘のようで 忘れてしまえば 簡単で それでも僕は壊したくないんだ 信じていたいんだ  呼吸するように 消えた未来には どんな明日が羽を伸ばしていたんだろうか 想像と空想の中で生きている化石を 掘り起こした時に思い出すだろうか そのときがいつだって僕は待ってるから 出会った頃のように そうやって何度も挫折して分かり合って どこかでまた会おう
僕は僕で僕じゃない松室政哉松室政哉松室政哉・いしわたり淳治松室政哉河野圭22年の助走をつけて 羽ばたくため飛び込んだ 広くて狭い社会は  失敗しないことばかりを 求めるから不器用な 僕じゃなくなってゆく  あの日の僕はもういない らしさは全部捨てたよ これでいいと呟くと どうしてさ 涙が出るのは  長いものに巻かれなくちゃ 絡みついて手も足も 動けなくなってゆく  息が出来てるのかも もう 分からないよ 絡まってる 首にまで 見えない何かが  あの日の僕はもういない 憧れなんか捨てたよ これでいいと呟くと どうしてさ 涙が出るのは  簡単だ 簡単だ 自分をだますくらい 単純な 問題さ 計算高くなるんだ 簡単な 問題だ なのに今日もまた 答えが出ない  僕は僕で僕じゃない 迷いは全部捨てたろう? 胸の奥が叫んでも 聞こえやしないんだ  あの日の僕はもういない らしさは全部捨てたよ これでいいと呟くと どうしてさ 涙が出るのは
しののめ琴音琴音小松令奈河野圭河野圭時計が止まった部屋で ギター抱えてる 誰かのことを思うのには 丁度いい 静寂の瞬間(とき)  おぼろげな夢に小さな羽が生えて 足踏みばかりの弱い心 いつも支えてくれてたね  美しい朝焼けは 等しく全てを染める  青春の入り口で 命は煌めきを 探している 例え小さく頼りなくても 理由(ヒカリ)を集めながら  春が来て 冬が来て この道は描いた 明日へ続いてゆくと 今 信じているから  朝まで語った 灯り消えたベンチで 重なる言葉たちが そっと背中を押してくれてたよ  まだ小さな光でも やがて行く道を照らす  不安も 戸惑いも 喜びも 歌声に変わってゆくから  紫に染まる空 出会いとサヨナラが 滲むように ふと声に出した やさしいメロディー あなたに 届けたくて  雨が降る朝だって 高鳴るこの胸が 羽ばたくための勇気を 確かに温めている
ここにいること琴音琴音琴音琴音河野圭夢を見ていたんだ 窓からこぼれる光に包まれるような それはとても淡くて でも美しくて 心が安らぐありふれた場所  今日もまた始まるかな 雲間の朝日も少しの迷いも顔を出してる そんな変哲もなくて平凡な 今日を幸せだなって歌ってるよ  今は遠い日のあなたの記憶 少しだけぼやけてはいるんだけど 柔らかくすぼめた大きな瞳は たしかに僕をうつしてた  あなたの傍にいるだけで平坦で モノクロな景色でさえ色づき始めるの 望んでいなくても時は過ぎるから 怖くなる日だってあるけれど あなたと出会えたこと あなたと過ごせること そして僕がここにいれること 胸張れるように 強くなるから ずっとずっと見守っていて 愛しい人よ  いつから気づいたかな 嬉しさと悲しみは隣合わせで いいことばかりじゃない 分かってるから 喜びにさえ目をそむけてた  写真になった思い出たちは枠の中で 僕らを手招きする もう戻れない でもあの頃の僕らが知らない 今を生きていける  この街の風景も あなたの着ていた服も 僕の靴も変わってゆくけど 最初から今でも変わらないもの あなたが気づかせてくれたんだよ あなたが話す言葉も やがて過去になるこの時も そして僕がここで見れる景色も きっと何年経っても 覚えてるから ずっとずっと忘れないでいて 愛しい日々を  あなたの傍にいるだけで平たんで モノクロな景色でさえ色づき始めたの 望んでいなくても時は過ぎるから 怖くなる日だってあるけれど あなたと出会えたこと あなたと過ごせたこと そして僕がここにいれること 胸張れるように 強くなるから ずっとずっと見守っていて 愛しい人よ  この先も いつまでも 共に… 愛しい人よ
カラフル!!絢香絢香絢香絢香河野圭朝焼けが目に染みる 泣いたって朝はくる  青息吐息の 自分はもうやめだ  ただ1筋の 信じ抜く ヒカリ  心踊る Sing a song 笑顔になるまで 自分史上最高の 人生に幸あれ  日常が繰り返す 明日の扉嫌になるわ  断然こっちのがお得 だっていつも笑顔  ほらバラ色の 信じ抜く 未来  ハラカラ声出して みんなで歌えば 自分史上最高の 人生に幸あれ  色の無い時代 Hello 私らが色になる ポケットの中にある 勇気の種は取り出して 陽に当ててみなきゃ…  心踊る Sing a song 笑顔になるまで 自分史上最高の 人生に幸あれ  ハラカラ声出して みんなで歌えば 自分史上最高の 人生に幸あれ
ネオンライト絢香絢香絢香絢香河野圭眠らない街で トレモロのしらべ  キラメク旅路の 果てには影 Oh 流星の雨 夜空に墜ちる  追いかけて 追い越して 追い求め ネオンライトまで 華やぐ危険な香りを 放つネオンサイン  ミラー越しに見える 若さと過ち  響き笑う 私を横目に Oh 雲に隠れた 月のウサギに…  追いかけて 追い越して 追い求め ネオンライトまで 華やぐ危険な香りを 放つネオンサイン  実像を映し出して 虚像じゃなく真実で ハンドルを切り アクセルを踏んで  追いかけて 追い越して 追い求め ネオンライトまで  追いかけて 追い越して 追い求め ネオンライトまで 華やぐ危険な香りを 放つネオンサイン
Woman絢香絢香絢香絢香河野圭人混みに紛れた 赤い目をしたマダム lady 弱音は捨ててきたわ 遠く離れた昔に 痛いとこ突かれて この身を焦がすよりも 切り開く 魂よ いま  この街は螺旋状に 続いてゆくの 意味のない愛 イラっとするくらい sigh 私たちが支配者なら この世界変わる 意味ないはずない クラッとする愛 defy  静かに抱きしめた 嵐のように猛る本能 操られるのやめた 繋がれた糸を切るの 後ろを振り向けば 勇ましく並ぶ戦士 暴かれる 魂よ いま  この街は螺旋状に 続いてゆくの 意味のない愛 イラっとするくらい sigh 私たちが支配者なら この世界変わる 意味ないはずない クラッとする愛 defy  oh oh oh…  この街は螺旋状に 続いてゆくの 意味のない愛 イラっとするくらい sigh 私たちが支配者なら この世界変わる 意味ないはずない クラッとする愛 defy  oh oh oh…
午前0時のヴィーナス松室政哉松室政哉松室政哉松室政哉河野圭高く鳴らした靴音で全ての視線を集めて 颯爽と現れた姿はまるでヒロインのようさ  10年ぶりの同窓会 派手なドレス身に纏って 教室ではにかむあの日の愛しい君はいなかった  繰り出される自慢ストーリー ワイングラス揺らして 綺麗なの重々承知 だけど引き換えに何を手放したの?  無理してないかい? 強がらないでヴィーナス You are ヴィーナス 無駄なお節介? 仮面を脱いでヴィーナス You are ヴィーナス 本当の君が見たいんだ  時計の針は午前0時 魔法が解け始めていく 君は突然泣き出すんだ 一瞬、時が止まった  振られたオトコとのストーリー 語る度に涙 落ちていくメイクの奥に 飾る事のない僕が知る君がいた  重たくないかい? 過去を引きずるヴィーナス You are ヴィーナス 苦しくないかい? 心開いてヴィーナス You are ヴィーナス 本当の君が見たいんだ  無理してないかい? 強がらないでヴィーナス You are ヴィーナス 無駄なお節介? 仮面を脱いでヴィーナス You are ヴィーナス  見つめていたいよ いつだって君こそ Oh my ヴィーナス 偽りのない 笑顔をもう一度 Oh my ヴィーナス そのままで美しいから
群青森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧河野圭澄み渡る空を見てると 自分が小さくなったみたいで それは全然悪いことでは ないと思うよたぶん絶対  しばらく前からあそこの壁に ビニールの傘がかかっていて それが一体なんなのかって 言葉にしないで考えている  あのね あのさ 僕はどうして あのね あのさ 僕は僕なんだろう  Hey Siri 僕の悩みを聞いてくれよ Hey Siri 誰にも言えないことなんだ Hey Siri 生まれて生きて死ぬだなんて Hey Siri ところで君はどんな気分だ  嫌いな奴がクラスにいてさ おそらくあいつも俺を嫌いで 世界地図からはみ出しそうな 金魚の浮かぶ気だるい午後さ  あのね あのさ 手のひらの汗 あのね あのさ 遠く校庭の声  Hey Siri 明日の天気はいかがです Hey Siri どっちのシャツが似合ってる Hey Siri 元気になれる食べ物なあに Hey Siri この空の色教えてくれよ  Hey Siri 僕の悩みを聞いてくれよ Hey Siri 誰にも言えないことなんだ Hey Siri 生まれて生きて死ぬだなんて Hey Siri ところで君はどんな気分だ  あのね あのさ あのね あのさ あのね あのさ
出世しちゃったみたいだね森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧河野圭どうしたんだ ヘヘイ ブラザー 出世しちゃったみたいだね  真っすぐなネクタイ 真っ白な Yシャツ しゃべり方も板についてる どうやら出世しちゃったみたいだね  調子はどうよ ヨーマイ ブラザー 出世しちゃったみたいだね  とんがったシューズ 金ぴかのウォッチ オールバックも様になっている すっかり出世しちゃったみたいだね  朝まで馬鹿やって 夢を語らった 空っぽの腹と いっぱいの胸 バイクで繰り出した 夜の吉祥寺 あのファミレスの天使のこと 覚えているかい  出世しちゃったみたいだね 出世しちゃったみたいだね そうやってうっすら微笑んだ時に見せる歯並びも最高さ 出世しちゃったみたいだね  粉雪降りしきる 暮れの中華街 かじかんだ指と なけなしの金 吐くまで付き合った 奴の誕生日 壊れそうな声で 名前を呼んだ  出世しちゃったみたいだね 出世しちゃったみたいだね ちょっとだけ太ったんじゃないかって聞いたらこれは筋肉だ ってお前は言うけれど 出世しちゃったみたいだね  出世しちゃったみたいだね 出世しちゃったみたいだね そうやってうっすら微笑んだ時に見せる歯並びも最高さ 出世しちゃったみたいだね  そうやってうっすら微笑んだ時に見せる歯並びも最高さ 出世しちゃったみたいだね
人間の森森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧河野圭流れた涙が 星になって 星になってから 闇に消えてった  震えていたのは 僕の方だよ 優しいふりして 肩に手を掛けた  天津風に今 身を預けて 覚えのない未来  綺麗なだけの蝶々を追って 迷い込んだ人間の森 月並な夢に 絆されて 傷つくことを忘れた僕は 名もなき外国の鳥 答えのない世界 折に触れ  夕暮れに あの小さな浮浪雲 どことなく僕らに似ているよ 何処へ  綺麗なだけの蝶々を追って 迷い込んだ人間の森 悲しみの雨は メゾフォルテ 途絶えた点と点を辿って 異なる旅立ちの時 答えのない世界 折に触れ
自分が自分でないみたい森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧河野圭どうしてまた そんなことするの 自分が自分でないみたいに  どこから見た 景色なのこれは 自分が自分でないみたいね  大好きなのに傷つけて 傷ついたのに笑ってる 雨が降っても嫌じゃない 晴れた空から声がする 自分が自分でないみたい  ほんとにもうめんどくさいよね 自分が自分でないみたいで  大嫌いでも抱き合って 飽きがくるほどキスをする 生きているのに死ぬことを 考えずにはいられない 自分が自分でないみたい  自分でないみたい
やがて森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧河野圭扨は地平に響く歌 殊更にあおる永遠の中で 絡まってる  果てはこの手にしたい物 ありふれた表情(かお)で語りかける 愛の融和  吹き抜ける風の仕草で 何かが描かれようとしている それを見ている瞳に目的はない 眠る猫の傍で 明け方を告げる前置きのない旋律  やがて 何一つ不条理じゃない 君と生きた世界なら やがて 実に秘密の果実は甘い 咎に満ちた未来から 彼方へ やがて  時は折しも今しがた 陽炎に揺れる「おはよう」の声 誰の言葉  気の抜けた炭酸水の深淵 何かが描かれようとしている 夕暮れに紛れた紙芝居のエンディング 物理学者のくたびれたジャケット 叩かれた文字が微笑みを浮かべド  やがて 決められた物語(ストーリー)はない 時を真似た光さえ やがて さも未踏の大地は暗い 今は過去を捨て去って さながら やがて  やがて 何一つ不条理じゃない 君と生きた世界なら やがて 実に秘密の果実は甘い 咎に満ちた未来から 彼方へ やがて
花の名前森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧河野圭僕と君が出会ったのは ドーナツ池のそのほとり ねぇ遊ぼうって言う前に 君は微笑んだ  春には春の 秋には秋の 花々は咲き、綻ぶ それはまるで 百年前の約束みたい  サクラ ヒマワリ カスミソウ ダリア カトレア ノウゼンカズラ どの花にも それぞれに呼び名はあるけど サツキ アジサイ キンモクセイ ポピー モクレン ブーゲンビリア 本当の名前を 僕は知らない  私とあなたが出会ったのは 銀杏並木のアーケード 家路を急ぐ人の波 呼ぶ声がした  夏には夏の 冬には冬の 流行歌が流れてくる それはまるで 百年先の幻みたい  アザミ コスモス クロッカス ツバキ ナデシコ ドウダンツツジ どの花にも それぞれに香りがあるように キキョウ クチナシ ハナミズキ シオン アネモネ エーデルワイス 私は一人の 人でありたい  僕と君 私とあなた 一つだけの 名前を呼んで とりどりの 色とりどりの 花を咲かすよ 只  サクラ ヒマワリ カスミソウ ダリア カトレア ノウゼンカズラ どの花にも それぞれに呼び名はあるけど サツキ アジサイ キンモクセイ ポピー モクレン ブーゲンビリア
時代は変わる森山直太朗森山直太朗森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧河野圭ああだこうだと屁理屈並べて のらりくらりでどこまで行くのか 西から東へ地球は廻る そうさこうしてむすんでひらいて  時代は変わる 空の青さに理由を求め 時代は変わる 海の向こうの気配に怯え 嗚呼もう時代は変わる 変わらぬモノを笑い飛ばせと  どうせ短き命じゃないか 手前の飯もくれてやれよと 奪い合うのが芸じゃないぜよ 陸海空の先に太陽  時代は変わる 誰でも言えるそれが真実 時代は変わる 後にも先にも今しかなくて 嗚呼もう時代は変わる 変わらぬコトを弾き飛ばせと  やいのやいのと諸手を挙げて 祭の合図を待っていたのさ たかが百年掛けても万年 この身の限り言ってみただけ  時代は変わる 涙を堪え僕らをノセて 時代は変わる 夕日はまるで朝日のようで  嗚呼もう時代は変わる 宇宙の果てでイジケる同胞(なかま) おーい!  時代は変わる 眠れぬ夜に聴こえる歌よ 時代は変わる 新たに生まれる命の限り 嗚呼もう時代は変わる 言葉が愛を越えない夜に  嗚呼もう時代は変わる 変わらぬモノを笑い飛ばせと
歩み古澤剛古澤剛古澤剛古澤剛河野圭春の香りに町は踊り 道の向こう ぼんやりと霞み 忘れてはいけないことも 知らないうちに霞むよ  風が運ぶ便りを開き ずいぶん会ってない君想い なんとなくやりきれない今を 遠い空へ飛ばすよ  君に出逢った季節の真ん中で あの日と今を重ねがさね どこに居たってひとりじゃないことを ここに居ない君に また教えられたよ  生命を燃やす 花のように 散っても美しい 花のように 僕はもっと強くならなきゃ もっと強くならなきゃね  君に出逢った季節の真ん中で 何も果たしてないことに気付いて 君との約束をにぎりしめて 花びら舞う道を 歩きはじめるよ  君に出逢った季節の真ん中で 大切なことに気付いたよ また新しい季節で逢おうね 新しい笑顔で  君に出逢った季節の真ん中で あの日と今を重ねがさね どこに居たってひとりじゃないことを 君にも伝えたくて 僕は歩きはじめるよ
ダルトンeddaeddaCoccoCocco河野圭いつか 時が来て この腕が癒えたなら  空の青や赤は どう褪せていくだろう  誰も見たことがない 私の黒 汚れなき糸も 呑み込むわ  遠くで鳴く 鳥は海を渡るわ  ここにいてほしい 誰かに届いて  最後にあげられる 優しさがあるのなら  もう全部あなたを 忘れてあげようとおもう  横顔も髪も 涙のあの日も あなたの影など 呑み込むわ  幾千の星 どれか落ちてしまうの  ここにいてほしい 誰かに届いて  遠くで泣く声は どれもごちゃまぜ となりで抱える孤独は 両手に溢れて  遠くで鳴く 鳥は海を渡るわ  ここにいてほしい 誰かがいないの  いないの
きっと愛は不公平松室政哉松室政哉松室政哉松室政哉河野圭君の面影がこびり付く ガランとした部屋に残された 持て余すテーブルの隅で 不意に名前呼びかけて やめた  まだ痛いよ 触れ合った手 寝息 君の全てを無かったことになんて出来ない  きっと愛は不公平だ 僕なんか忘れて 誰かの胸に凭れて眠るのかい? 君と過ごしていた日々 これ以上遠ざけないで まだ「さよなら」も上手く言えてない  あの夜もっと強く引き止め 離れないように 抱きしめてたなら... 後悔を並べてみるけど 遅すぎるよ もう戻らないんだ  まだ痛いよ 止まった時計 季節 この静寂に 僕はまた耳を塞いだ  きっと愛は不公平だ 僕なんか忘れて 幸せの中 綺麗になってくのかい? 君が過ごしていく日々 これ以上輝かないで そんな独り言 届くはずもない  愛すること 教えてくれた君が 忘れ方は教えず去って行く 憎めたならラクなのに 傷は深くなっていくのに ただ、会いたいんだ  きっと愛は不公平だ 僕なんか忘れて 誰かの胸に凭れて眠るのかい? 君と過ごしていた日々 これ以上遠ざけないで  僕の未来に君がいないのなら  初めて交わしたキスを 二人で選んだテーブルを 僕に別れを告げた風吹く夜を 君が過ごしていく未来で 無かったことにはしないで 最後のわがまま これぐらいはいいでしょ
しのぶ大竹しのぶ大竹しのぶ森山直太朗・御徒町凧森山直太朗・御徒町凧河野圭ねぇ しのぶ あなたが生まれた朝の 透き通る光 優しい風 ねぇ しのぶ 過ち 悲しい出来事 それ以外の全てのこと知っているわ  壁に掛けた追憶の中で あなたは微笑んでいた  まるで世界は まわる舞台みたい 懐かしい星影に 身を委ねたなら そこには本当の 歌が聴こえるの だから花束も 鳴り止まぬ喝采も もういらない  ねぇ しのぶ 雨降る夜の街角 いつまで夜明けを待っているの ねぇ しのぶ あなたを通り過ぎてく あらゆる人たちに別れを告げて  きっといつかこんな日が来ると なんとなく分かっていた  もしもあなたが 嗚呼人生の 瞬きを終える 束の間にいるなら そこから本当の 旅が始まるの 開演を告げる鐘 胸に抱きとめて もうおやすみ  何もない宇宙がどこまでも続いているって素敵じゃない? 強く瞼を閉じると そこかしこにトルコ桔梗が咲いているわ ねぇ しのぶ あなたの背中を見送る群衆の中 私もそこに きっとそこにいるはずよ 世界はこんなにも広くて こんなにも小さいの ね? しのぶ  まるで世界は まわる舞台みたい 懐かしい星影に 身を委ねたなら そこには本当の 歌が聴こえるの だから花束も 鳴り止まぬ喝采も もういらない
毎秒、君に恋してる松室政哉松室政哉松室政哉松室政哉河野圭はじまりは最後の恋の歌 100年先も  向かいのホームで手を振る君を 最終の電車が連れ去っていく 定刻通りのサヨナラにまた ため息  もしも僕が駆け出してたら 君はそこにいてくれたかな? 三流映画のシナリオは今日もお蔵入りになった  毎秒 君が刻まれてゆく 流れる景色も追い越して こんなに君で溢れるのに 満たされないんだ  時に見せる瞳の揺らぎ どんな風に受け止めたらいいの? 何気ない仕草 一つ一つが僕を狂わすんだ  毎秒 君が焼き付いてる 脳内のフィルムが縺れ出す 不意に誰かの胸の中に 消えてく前に  帰り道 午前一時 物言わぬ月に君の顔 重ねた 僕の名前を 僕だけの名前を囁いて  君に出会ってしまったんだ 色づいたモノクロの世界 はじまりは最後の恋の歌 伝えなくっちゃ 毎秒 君が刻まれてゆく 必ず最後の恋になる 胸の奥に閉じ込めていた 言葉を今
マイ フェイバリット ジュエル大原櫻子大原櫻子秦基博秦基博河野圭買ったばかりの靴 髪を揺らす風 散歩している犬 ずっと繰り返し 聴いてる歌  雨上がりの匂い 雫纏う花 昨日観た映画 君から不意に届いたメッセージ  何気ない景色に 特別は隠れてる 他の誰にも気づけない大事なもの  真夏に降る日射しを集めて 光り輝くジュエルのように わたしだけのきらめき見つけたい そう わたしだけの幸せがあるから  鏡うつる顔 少し疲れてない? 週末はまだ遠い 負けるな わたし 言い聞かせた  流行りはあんまり 関係がないの お気にいりだけ入れておく秘密の箱  真夏に咲く花火を見上げて いつかこぼれたジュエルのように 楽しいものだけじゃ足りなくて そう 痛みだって美しく輝くの  真夏に降る日射しを集めて 光り輝くジュエルのように わたしだけのきらめき見つけたい そう よろこびの中に 悲しみの先に わたしだけの幸せがあるから
コトノハ絢香絢香絢香絢香河野圭懐かしいあの声が 寄り添う 帰り道 元気にしてますか? あなたを思う日々  もっと素直に ごめんねと言えたら 神様いまお願い 時を戻して  伝えたいことは 溢れるほどあるけど あなたへの言の葉が 時を超えて 愛を結ぶ  一文字記憶から 呼び覚ます 綴る日々 うららかな春の空 あなたを忘れない  もっと近くに 感じたくなったら 言葉の魔法使い 時を戻して  伝えたいことは 溢れるほどあるけど あなたへの言の葉が 時を超えて 愛を結ぶ  時には目を腫らし唇かむけど あなた想う一つ星が照らすから  伝えたいことは 溢れるほどあるけど あなたへの言の葉が 時を超えて 愛を結ぶ
センチメント絢香絢香絢香絢香河野圭曇り空の透き間に あなた想う温もり かすかな光のなか 目を閉じた  いつもの世界を背に あなたを感じてたい 心の真ん中で 泣いていた  会いに行きたい あなたはどこに ここにいるから ありのままの 私を見つめてほしい  曇り空をかきわけ あなたへの道しるべ 広い世界のなか 目を閉じた  あなたに会えなくても 夢の続きを見よう 淡い世界よどうか 覚めないで  会いに行きたい あなたはどこに ここにいるから ありのままの 私を見つめてほしい  ここにいるから ありのままの 私を見つめてほしい
サナギAnlyAnlyAnlyAnly河野圭冗談でわたしを惑わせて 少年みたいに笑うから まじめな顔が余計きわだつ 騙してほしいわ あなたなら  車の窓に反射している わたしはまだまだ女の子 『最近どうだ?』『疲れてないか』 気づいてくれたの あなただけ  背伸びして 化粧だって 覚えたのに 綺麗なんて 一言も言わないね 高望みしてるなんて 気づいてる 恋に年齢は関係ないわ  あなたの目に映るわたしを 知りたい 知りたい 教えてよ 泣き虫と笑われてしまう 今はまだ 大人にはなれない  困るとすぐに鼻をすすって わざとらしいほど優しくて 『明日ね』『またね』 何度言っても あなたはわたしを引き止めない  もうすぐでわたしだって 大人になって 今よりはいいこともあるかもね 同じように あなただって年を取る 距離をつめるたび 遠ざかってく  『境目ならもう見えたでしょ?』 これが現実と笑うなら 泣き虫も変わるよ 今はサナギでも 飛び立つよ  いつか いつか いつか  この気持ち隠せてるか わからないけど あなたなら知ってても 言わないわ きっと カッコつけてなくて 優しいだけじゃなくて なにか惹かれるものが あるから  あなたの目に映るわたしを 知りたい 知りたい 教えてよ 泣き虫と笑われてしまう 今はまだ  あなたの目に映るわたしを 知りたい 知りたい 教えてよ 泣き虫は変わるよ 今はサナギでも 飛び立つよ 今はそのときを待ってるの
AnlyAnlyAnlyAnly河野圭突然の雨に苦笑いして 嘘でしょ。と呟き走った 前を歩いてたあなたがふりむいて 『入れば?』と言うの  あなたはちょっと恥ずかしそうに 『早くやめばいいな』というけど 神様あと少しだけ 雨を止めないでくれないかな  あと5分経てば 二人サヨナラ 言いだそうか? 好きなんて...  雨の音にかき消されて 君にはきっと届かない 他愛のない話だけど 胸がドキドキしてるのよ 鼓動が聞こえないように もっと雨よふれ  はんぶんこしてる傘の比率 あなたの方が雨にぬれている ゴメンねと言ったわたしに また傘を傾けてくれたり  雨が好きだとか嫌いだとかは ほんとはどうでもいい話 とにかく間をあけずに 話さなきゃ倒れてしまいそう  雲の隙間 光差し込んで 気づかないで 晴れてきたこと...  ゆっくり歩いてるうちに 勇気が顔をだすかもね ビニール傘越しの空に 太陽が先に顔を出す 何度も見た瞳の中でほら輝く  雨の音にかき消されて きっと君には届かない 他愛のない話だけど 胸がドキドキしてるのよ 鼓動が聞こえないように もっと雨よふれ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
レモンティーAnlyAnlyAnlyAnly河野圭レモンティーを飲むと あなたのことを思い出す 水無月 雨がふるふる 甘い雨がふるふる  車にもたれて眺めてる 東の空は黄金に 誰にもわからぬ悲しみは 隠していてもわすれない  姿を変えて 世界を回って それでもあなたは わたしをひとりにはしない  天使が好きな飲み物は 甘くすっぱいレモンティー 心の渇きをうるおして キラキラ水滴がひかる  レモンティーを飲むと 悲しくなってしまうけど 大きくなってく残像に ほほえむこともできるのよ  姿を変えて わたしを守って 夏がくる気配 あなたにもひとくちあげる  天使が好きな飲み物は 甘くすっぱいレモンティー 心の渇きをうるおして キラキラ水滴がひかる  レモンティーを飲めば あなたに会える気がしてる たとえそこが心でも 涼しい風が吹き渡る  天使が好きな飲み物は 甘くすっぱいレモンティー 心の渇きをうるおして キラキラ旅路を照らす
イギリスAnlyAnlyAnlyAnly河野圭『いつかお金を貯めたら、イギリスに行きましょう』 と言ってくれた君はいない あのころの君はいない  同じ夢を語っては 同じ歌を口ずさむ そんな二人がうまくいくはずなんてなかった  大人びてる言葉使っても 伝わらないこともある 友達ならよかったと なんでそんな悲しいことが言えるのかも  気づいてた 君は顔に出るから 別れはきっともうすぐ来るのかな? 君のことは好きだからわかるのよ サヨナラする日は近いと  ある日夢が変わったと 話す君の声を聞いて なぜか二人で歩いた 帰り道の陽が落ちた  進んでゆく時が速すぎて 必死に手を掴んでた 優しい君の右手を 私きっと強く握りすぎたんでしょ?  いつの間にか鼓動は静かになり 君からほら着信のランプさ わかってるの 言いたいことはわかる  Good bye Good bye 心に貯めていた気持ちは ぱっと空に消えて こんなに広い青空に 気づかなかったなんて
Ambition絢香絢香Tom Collekiyo絢香河野圭Diamonds in the rough 唯一 無二の光射し込むように  Diamonds in my dream なぜ 息を呑むほどに 美しい  Diamonds in the rough 現実 意味の無いことに意味は有り  Diamonds in my dream だって それは憧れの 眩い カタチ  目指すゴールは 最果てよ そんな 際限の無い愛  終わり無き願い 繰り返し We try 終わり無き願い 尽きることは無い 終わり無き願い  Diamonds in the rough 秀逸 他にありそうでない旋律を歌い  Diamonds in my dream いいね やり直すほどに 輝き  目指すゴールは 最果てよ そんな 際限の無い愛  終わり無き願い 繰り返しWe try 終わり無き願い 尽きることは無い 終わり無き願い  目指すゴールは 最果てよ そんな 際限の無い愛  終わり無き願い 繰り返しWe try 終わり無き願い 尽きることは無い 終わり無き願い
FIREI Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.河野圭カラダ中溶けてしまいそうな感覚は初めて Oh girl 君はその気にさせるのが上手いね  So I can't sleep tonight (Because you're lovely, baby) I want your everything (Because you’ re a sexy lady) I can't sleep tonight (Because I LOVE YOU baby)  Oh you're mine 明かりを消そう  Come on Baby I could be your FIRE 君の心に火をつけてあげる Darling, I could be your LOVER ダイヤの指輪より輝く日々を Uh Uh Uh I give you now  Just one more time 君の望むモノはすべて捧げよう So please show me your smile 今夜は寝かせないよ 朝まで  So I can't sleep tonight (Because you're lovely, baby) I want your everything (Because you're a sexy lady) I can't sleep tonight (Because I LOVE YOU baby) Oh you're mine 明かりを消そう  Come on Baby I could be your FIRE 君の心に火をつけてあげる Darling, I could be your lover ダイヤの指輪より輝く日々を Uh Uh Uh I give you now  I COULD BE YOUR LOVER I COULD BE YOUR BABY, I'm ON FIRE I COULD BE YOUR LOVER I COULD BE YOUR BABY, I'm ON FIRE I COULD BE YOUR LOVER I COULD BE YOUR BABY, I'm ON FIRE  Wow Oh you're mine I'll never let you go  Come on Baby I could be your FIRE 君の心に火をつけてあげる Darling, I could your LOVER ダイヤの指輪より輝く日々を  Baby I could be your FIRE 誰も消せないような火をつけるから Darling, I could be your LOVER ダイヤの指輪より輝く明日を Uh Uh Uh I give you now
TOKYO BROTHERSI Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.河野圭HEY BROTHER! SING A SONG LOUDER ROAR LIKE A JUGER BE A FREAK AND GO LET'S CLAPPA IT'S LIKE A JET CRACKER WE ARE THE ROCK'N ROLL BABY  THIS CITY IS THE NEST FOR PRETTY GIRLS GET SO SWEATY, IT MAKES US CRAZY HA I'M SO SORRY OH PAPA AND MAMA YO! WE ARE THE ROCK'N ROLL BABY  HOT PARTY NOW! HOT PARTY NOW!  WE ARE THE TOKYO BROTHERS WE ARE THE ROCK'N ROLL BABY T.O.K.Y.O BROTHERS WE ARE THE SUPER STARS!  WE ARE THE TOKYO BROTHERS WE ARE THE FUNK'N ROLL BABY T.O.K.Y.O BROTHERS WE ARE THE NO.1!  HEY BUDDY THIS IS “BOOM PARTY” ALL THE GIRLS WANT IT COZ I'M TOO HOT BABY I'M SO SORRY OH PAPA AND MAMA YO! WE ARE THE ROCK'N ROLL BABY  HOT PARTY NOW! HOT PARTY NOW!  WE ARE THE TOKYO BROTHERS WE ARE THE ROCK'N ROLL BABY T.O.K.Y.O BROTHERS WE ARE THE SUPER STARS!  WE ARE THE TOKYO BROTHERS WE ARE THE ROCK'N ROLL BABY T.O.K.Y.O BROTHERS WE ARE THE SUPER STARS  WE ARE THE TOKYO BROTHERS WE ARE THE FUNK'N ROLL BABY T.O.K.Y.O BROTHERS WE ARE THE SUPERSTARS WE ARE THE SUPERSTARS WE ARE THE NO.1!  WE ARE THE TOKYO BROTHERS WE ARE THE ROCK'N ROLL BABY T.O.K.Y.O BROTHERS WE ARE THE SUPER STARS!
SINGI Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.河野圭ヒトは誰もが愛を求めて この世界に生を受けるなら おそらく僕はアナタのために アナタのためにそう生まれたんだ LIFE IS SO BEAUTIFUL 隣にいるとつられて笑えるから  YOU ARE MY EVERYTHING MY EVERYTHING I SING FOR YOU 星空の下愛を唄おう EVERYDAY OH EVERYNIGHT I SING FOR YOU 2人で共に歩いていくのさ  アナタが僕を必要ならば 例え地球の果てまでゆくよ もしもアナタが泣きたい時は そっとその肩を抱き寄せるよ LIFE IS SO BEAUTIFUL 眠りについても その手は離さないから  YOU ARE MY EVERYTHING MY EVERYTHING I SING FOR YOU ふたりのために愛を唄おう EVERYDAY OH EVERYNIGHT I SING FOR YOU 死ぬまで共に歩いていくのさ  いつの日か2人が年をとっても 変わらずにこの腕でだきしめよう やがてこの瞳が見えなくなっても アナタだけはみえるから そしてこのカラダが生まれ変わっても またアナタを愛してしまうだろう 何億とあるこの細胞すべてが アナタを愛してしまうから  'CAUSE YOU ARE MY EVERYTHING MY EVERYTHING I SING FOR YOU 星空の下愛を唄おう EVERYDAY EVERYNIGHT I SING FOR YOU 誰かのために声をあげて  EVERYTHING MY EVERYTHING I SING FOR YOU ふたりのために愛を唄おう EVERYDAY OH EVERYNIGHT I SING FOR YOU 死ぬまで夢を探しにいこう  EVERYTHING MY EVERYTHING I SING FOR YOU 星空の下愛を唄おう EVERYDAY OH EVERYNIGHT I SING FOR YOU あなたの為に I JUST WANA SING THIS SONG FOR YOU
LOVE YOURSELFI Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.河野圭Why so insecure? 今日の貴方は a little different いつもの君を何処かにしまい込んで What's wrong with you?  ため息つく姿は君には似合わないよ 俯いたりはもうしないで 笑ってみせてくれさあ顔あげて  Hey come on Boys and Girls! Everybody Love yourself 誰かを愛すように 自分のことを愛してみてよ さあ手を伸ばそう You're really beautiful So love yourself and trust yourself Love yourself for me  胸の鼓動が聴こえるくらいに I wana hold you (I wana hold you) ただ僕は君の側にいたいから I just want you baby,I need you I love you  またこの先貴方が肩を落とす時は 焦らなくていいから二人でまた笑える日々を探しにいこう  Hey come on Boys and Girls! Everybody Love yourself 俯く顔上げ 辛い時こそ笑ってみてよ さあ手を伸ばそう You're really beautiful So love yourself and trust yourself Love yourself for me  Can you hear my love song Can you hear my love song Can you hear my love song Can you hear my love song For You  Hey come on Boys and Girls! Everybody Love yourself 誰かを愛すように 自分のことを愛してみてよ さあ手を伸ばそう You're really beautiful So love yourself and trust yourself Love yourself for me  Hey come on Boys and Girls! Everybody Love yourself 俯く顔上げ 辛い時こそ笑ってみてよbaby さあ手を伸ばそう You're really beautiful So love yourself and trust yourself Love yourself for me Just love yourself for me
ROADI Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.I Don't Like Mondays.河野圭On the road that rainy day I was holding and feeling you Never thought of otherwise Our love is baby, forever and ever  愛することの意味も知らずに 幼き僕は貴方の全てを愛していた  I'm walking on the same road But you are not here anymore I know that it's way too late but I know now I wish I could oh baby Tell you, I'm loving you  On the road that rainy day You were smiling and I gave you a kiss あの日の僕はこのまま二人は永遠だと  I was wrong to let you down before Now I can do love you better way But you are gone but you are gone I don't see you anywhere  On the road its rainy day I'm walking, walking alone いつかこの空が晴れてアナタが 笑顔でいられるように
Have fun!!絢香絢香絢香絢香河野圭休み明けの 足取りはslow でも楽しもう  金曜日の午後 みたいな気持ちを 常にもつの  ほら空が笑ってる  1step 歩けば 2step 広がる 大きな空小さな自分 1step 例えば 2step ためらう そんなのはナンセンス  oh oh oh oh oh oh oh...  満面の笑み 空を指差し はしゃぐ子供に  何かあるの? 見上げてみると 写メの準備よ  ほら空が笑ってる  1step みんなの 2step 笑顔が 溢れて輪になった 1step ゆっくり 2step 近づく 飛行船と未来  oh oh oh oh oh oh oh...  Never mind Never mind Never mind Never mind そんな日常茶飯事 Never mind Never mind Never mind Never mind どんな失敗も楽しい  1step 歩けば 2step 広がる 大きな空小さな自分 1step 例えば 2step ためらう そんなのはナンセンス  oh oh oh oh oh oh oh... Yeah!!!!
No end絢香絢香Tom CollekiyoTom Collekiyo河野圭Louder Clock tick tocks an hour Heard'em say We major Knock it off my trauma Sun goes down  他の誰と 同じ 香りばかり身にまとい 走り出した 論理 イデオロギー積んだ船に乗り  Call out your name Where do you belong Long road のサイクル Back to the start New names appear After another Remember You're the only reason Break my thoughts and I've been awakened Get ready for ride No end tonight  Faster Row your boat I wonder My minds out Desire Stop this rain forever Hit the floor  削除された メモリ 記憶たどるほどに ああ‥ 窓を叩く 今宵 キミを尋ね夢のなか迷い  Call out your name Where do you belong Long road のサイクル Back to the start New names appear After another Remember You're the only reason Break my thoughts and I've been awakened Get ready for ride No end tonight  Ah ah ah..  黒く光る脳裏宙を舞い  Call out your name Where do you belong Long road のサイクル Back to the start New names appear After another Remember You're the only reason Break my thoughts and I've been awakened Get ready for ride No end tonight
Lose control絢香絢香Tom CollekiyoTom Collekiyo河野圭Turn off your mind Sneak a peak inside your eyes Sign of the time Just go with the flow tonight  Ohoh ohoh ohoh ohoh ohoh ohoh oh ohohoh×2  到底理解 できないくらい 脳天を差す たゆたう目眩  I've never felt so high I'm losing myself tonight  Ohoh ohoh ohoh ohoh ohoh ohoh oh ohohoh×2  実情が 曖昧になる 奇々怪々 But we ain't gonna stop!  I've never felt so high I'm losing myself tonight  Ohoh ohoh ohoh ohoh ohoh ohoh oh ohohoh×2  Come and get it babe If you want it babe Come and get it babe If you want it babe Come and get it babe If you want it babe Come and get it babe If you want it babe all the people say  I've never felt so high I'm losing myself tonight  Ohoh ohoh ohoh ohoh ohoh ohoh oh ohohoh×4
青春の輝き~I Need To Be In Love平原綾香平原綾香Richard Lynn Carpenter・John Bettis・Albert Louis HammondRichard Lynn Carpenter・John Bettis・Albert Louis Hammond河野圭The hardest thing I've ever done Is keep believing There's someone in this crazy world for me  The way that people come and go Through temporary lives My chance could come and I might never know  I used to say “No promises Let's keep it simple” But freedom only helps you say goodbye  It took a while for me to learn That nothin' comes for free The price I've paid is high enough for me  I know I need to be in love I know I've wasted too much time I know I ask perfection of A quite imperfect world And fool enough to think that's what I'll find  So here I am with pockets full Of good intentions But none of them will comfort me tonight I'm wide awake at four a.m. Without a friend in sight Hanging on a hope but I'm alright  I know I need to be in love I know I've wasted too much time I know I ask perfection of A quite imperfect world And fool enough to think that's what I'll find  I know I need to be in love I know I've wasted too much time I know I ask perfection of A quite imperfect world And fool enough to think that's what I'll find
SWEET RAIN中森明菜中森明菜Ryohei Matsufuji河野圭河野圭ほんとはね ずっと 言えなかったことがあるの 駐車場の片隅で 傘もささないまま  いつもなら もっと 素直になれたのに 意地はって放した手 あなたは見えない  優しい雨の 涙に包まれて 「これ以上側にいられない」 あなたと いたいの 優しい雨の 向こう側には 雨上がりの 空が 必ず あるのに  いつもなら そっと 二人手を繋いで 歩くこの道さえも 今は悲しくて  優しい雨の 涙に包まれて もう二度と戻れないわけを 聞かせて ほしいの 優しい雨の 向こう側には あなたといた 日々が 今でも 映るよ  混み合う交差点 あなたの背中探してる 抱きしめて 今すぐに あの頃のように  優しい雨の 涙に包まれて 「これ以上側にいられない」 あなたと いたいの 優しい雨の 向こう側には 雨上がりの 空が 必ず あるのに
にじいろMILLION LYLIC絢香MILLION LYLIC絢香絢香絢香河野圭これからはじまるあなたの物語 ずっと長く道は続くよ にじいろの雨降り注げば 空は高鳴る  眩しい笑顔の奥に 悲しい音がする 寄りそって 今があって こんなにも愛おしい  手を繋げば温かいこと 嫌いになれば一人になってくこと ひとつひとつがあなたになる 道は続くよ  風が運ぶ希望の種 光が夢の蕾になる  なくしたものを数えて 瞳閉ざすよりも あるものを数えた方が 瞳輝きだす  あなたが笑えば誰かも笑うこと 乗り越えれば強くなること ひとつひとつがあなたになる 道は続くよ  La la la la la la la la la…  これからはじまるあなたの物語 ずっと長く道は続くよ にじいろの雨降り注げば 空は高鳴る
幻想曲GOLD LYLIC絢香GOLD LYLIC絢香絢香絢香河野圭きみにあいたい あと何度でも 永遠はあると信じたくて でも ぬくもりがいつか無くなり 思い出に変わる日が来るの  きみが笑う そのたびに優しくなれる たしかに いま感じる  そっと抱きしめ いまを刻んで 夢みた世界に きみを連れ出す 悲しみに包まれるときは きっと思い出す なにげない いまを  季節はめぐり あの日にはもう 二度と戻れないと思うだけで この一瞬が とても儚く とても愛おしく感じるの  失うこと 目を逸らしたくなるけれど たしかに いま感じる  さよならの唄 うたうときには とびきりの笑顔でいたいよ そんなこと考えていたら きみがまた笑った 涙こぼれる  そっと抱きしめ いまを刻んで 夢みた世界に きみを連れ出す いつまでもずっと 色褪せないように 伝えたい いま ありがとう
boyfriendPLATINA LYLIC阿部真央PLATINA LYLIC阿部真央阿部真央阿部真央河野圭苦しいです あなたに頼りたいの 友達というくくりの中でどこまで許されるの?  踏み込みすぎるつもりはない 縛りつける権利もない だけどこんな夜に聞きたくなるのは あなたの声だけで  時々あなたに会いたくてたまらない時がある 今何してるの?電話でもかけてみようかな 甘えてゴメンね…?  悲しいです 神様 気づいてしまったの 友達という名のルールを私は犯しました  思っても仕方ないのに 望んではいけないのに だけどあなたにとっての特別は 私だけであってほしい  隣にいてもね 伝えきれない気持ちたちがある 今何見てるの?もう少し近づいていいですか?  隣にいてもね もどかしさ越えられないワケがある あなたを失くすのが こわくて こわくて…  時々あなたに会いたくてたまらない時がある 今何してるの?電話でもかけてみようかな  いいですか…?
Sunday morning阿部真央阿部真央阿部真央阿部真央河野圭あと数センチ 近づいたら 触れてしまえるかな 柔らかな渓谷 白い素肌に貼りつく汗 笑う君の下で揺れている果実  君がこんなにこの夏を独り占めしてる 無邪気な笑顔が携えた 悩ましい奇跡…  Sunday morning 大胆に揺れるその胸に 釘付けSexy baby 悲しき真夏のStand up boy 重ねたまつげも濡れた唇も 霞む魅惑のフルーツで僕を葬って Super Sexy baby…  いったいどんな景色なんだろう 一度拝んでみたい 美しい頂  もぎ取るように玩びその頬を染めたい まだ見ぬ花びらはどうか 清らかなままであって…  Sunday morning もう二度と戻らない夏を 刻もうSexy baby 僕はもうすでにStand up, baby 今まで重なった誰よりも熱い めくるめくとろける夏をどうかこの手に My sweet sweet sweet baby…  せっかちな季節が僕らを残して 逃げ去ってしまうその前に 夕日にまぶしい時に神々しい 君のすべて君の夏を 今どうかこの僕に  Sunday morning 大胆に揺れるその胸に 釘付けSexy baby 悲しき真夏のStand up boy 重ねたまつげも濡れた唇も 霞む魅惑のフルーツで僕を葬って Super sexy baby…
Starting OverTinaTinaTina島野聡・Tina河野圭空っぽの街並みに 夕暮れはどこか寂しくて 思わず泣きたくなるのは何故? ひとりじゃないって わかってるけど  弱虫な心が あきらめる言い訳を探して 置き去りにした 夢のつづきは まだ終わりじゃない 明日があるなら  笑ってもう一度 Starting over 溢れる涙を拭いて 土砂降りの雨に打たれて 心が折れないように 今 Starting over...  歩き続けるのも 立ち止まるのも勇気がいるから 道に迷って眠れない夜は あなたの笑顔が 背中を押して  なるようになるさと 地図などない旅の途中で うまくいかない時もあるけど その場所からまた やり直せばいい  笑ってもう一度 Starting over 溢れる涙を拭いて 乾いた風に掻き消されて 倒れてしまわぬように 今 Starting over...  歩き出して胸の扉を開いて 未来を探しに行こう 雨上がりの空 虹が見えるまで 命ある限り何度でも Try again...  笑ってもう一度 Starting over 溢れる涙を拭いて 土砂降りの雨に打たれて 心が折れないように 今 Starting over...
そこまで歩いていくよ絢香絢香絢香絢香河野圭一緒に帰ろう 涙のあとに 綺麗な虹  ありがとう また会おう 明日を描く 澄んだ夜空  ひとりで頑張りすぎた日は 自分をいっぱい褒めてあげよう  未来の僕は笑ってるかな? 愛する人の側にいるのかな? 臆病にならず前を向いてるかな? そこまで歩いていくよ  見上げた空には 雲の隙間に わずかな青  小さな希望のよう 気づけたことが 嬉しかった  うまくいかない事だってある 立ち止まって空を見上げて  未来の僕は夢を叶えたかな? そして新たな夢持ってるかな? 誰かを強く守っているのかな? そこまで歩いていくよ  悲しみのない世界があるなら きっと喜びもないはず  未来の僕は笑ってるかな? 愛する人の側にいるのかな? 臆病にならず前を向いてるかな? そこまで歩いていくよ  未来の僕は夢を叶えたかな? そして新たな夢持ってるかな? 誰かを強く守っているのかな? そこまで歩いていくよ  そこまで歩いていくよ
いいんじゃない?平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理河野圭今度で何回目? ごめん笑っちゃった 年中ダイエットじゃ そりゃ食べちゃうってば 我慢しなきゃ味わえない ここまでの美味しさは 間違いなく 世界1のHappy  いいんじゃない? それでいいんじゃない? 思い通りにいかないからいい  そっかあの彼氏と 別れちゃったんだね 忘れられないのなら 忘れないでいいよ 失恋のお陰で やしなった『見る目』で もっといい人見つけられるよ  いいんじゃない? それでいいんじゃない? 思い通りにいかないからいい いいんじゃない  そのままのあなたでいい 戦わないでいこう あせらずにあわてずに でもあきらめずに 迷いながら くじけながら 続けてる人に 神様は微笑む  仕事辞めたいって噂は本当なの? つらくなるって事は 頑張ってる証拠 今夜ここへ皆んな集まるから来てね バカっ話で息抜きしよう  いいんじゃない? それでいいんじゃない? 思い通りにいかないからいい  いいんじゃない? それでいいんじゃない? 思い通りにいかないからいい いいんじゃない いいんじゃない
みんなでね ~PANDA with Candy BEAR's~alanalanとしおちゃん菊池一仁河野圭さみしいな‥‥ 子供たち いなくなり 夜がきて 灯りつく ふるさとを 想います 高い峰 白い霧 深い森 小鳥たち 歌います ああ、夢の中  アア、アーアーアー  こんにちは (リーリー) よろしくね こんにちは (シンシン) よろしくね ぼくらも人も自然の仲間 こんにちは 仲良くね  うれしいな‥‥ 月の輪の くまさんが お友だち にっぽんの いろいろを ならいます  春夏と 秋が過ぎ 冬がくる 囲炉裏(いろり)でね 語り合う ああ、夢だよね  アア、アーアーアー  こんにちは よろしくね こんにちは よろしくね こんにちは よろしくね みんなでね (シンシン) わになろう ぼくらも人も自然の仲間 なかよしに なれるよね  いつかはね 届くよね この夢が いつかはね 届くよね この夢が‥‥
簡単に言えたなら島谷ひとみ島谷ひとみ古内東子古内東子河野圭光る道路は雨上がりのサイン 忘れていかないで、その青い傘 あなたの背中今夜も見送って 玄関の扉は別れの扉 ひとり部屋で思うの やっぱりあなたのすべて欲しいなんて 簡単に言えたならば 涙こぼしたりなんてしない ただもう一度、もう一度だけ そうして今日まで来てしまった、来てしまった  恋をしたのはきっと自然なこと だってあなただけが輝いて見えた せめて寂しい夜には やっぱりあなたのそばにいたいなんて 簡単に言えたならば 涙こぼしたりなんてしない ただ会いたくて、会いたくなって そうして今日まで来てしまった  簡単に嫌えるなら こんな風に苦しくならない ほんの一瞬でも、一瞬だけでも あなたの手に触れていたいのに  明日電話くれたなら きっとまた嬉しくなってしまう 溢れるような気持ちは ねえどれくらい届いてる? 届いてる?  簡単に言えたならば 涙こぼしたなんてしない ただもう一度、もう一度だけ そうして今日まで来てしまった  簡単に嫌えるなら こんな風に苦しくならない ほんの一瞬でも、一瞬だけでも そうして今日まで来てしまった、来てしまった
僕が一番欲しかったものKKNoriyuki MakiharaNoriyuki Makihara河野圭さっきとても素敵なものを 拾って僕は喜んでいた ふと気が付いて横に目をやると 誰かがいるのに気付いた その人はさっき僕が拾った 素敵なものを今の僕以上に 必要としている人だと 言う事が分かった  惜しいような気もしたけど 僕はそれをあげる事にした  きっとまたこの先探していれば もっと素敵なものが見つかるだろう その人は何度もありがとうと 嬉しそうに僕に笑ってくれた  その後にもまた僕はとても 素敵なものを拾った ふと気が付いて横に目をやると また誰かがいるのに気付いた その人もさっき僕が拾った 素敵なものを今の僕以上に 必要としている人だと 言う事が分かった  惜しいような気もしたけど またそれをあげる事にした  きっとまたこの先探していれば もっと素敵なものが見つかるだろう なによりも僕を見て嬉しそうに 笑う顔が見れて嬉しかった  結局僕はそんな事を何度も繰り返し 最後には何も見つけられないまま ここまで来た道を振り返ってみたら  僕のあげたものでたくさんの 人が幸せそうに笑っていて それを見た時の気持ちが僕の 探していたものだとわかった  今までで一番素敵なものを 僕はとうとう拾う事が出来た
空に舞う阿部芙蓉美阿部芙蓉美阿部芙蓉美谷本新河野圭子供じみた言葉が口をついて 君を傷つけた 夏の気配 滲んだひこうき雲  道の途中で立ち止まるたびに胸が痛むよ 紙吹雪のように舞う雨粒のひかり  あの日こう言いかけた  「どこまでも二人で行こう」 見つめてよ 私のことだけを  離ればなれは 嫌だと言えなかっただけ それだけ  傘を持たず 濡れた眼差しを持って 日々は美しいと信じてた ごめん、と言えないまま  馬鹿げてるよ これが恋ならば  君はなんて言いかけたの  「どこまでも二人で行こう」 そんな目で 見つめ返さないで  離ればなれの 意味を教えてくれて ありがとう  懐かしい歌を口ずさむみたいに み空に今宵 満開のさよならを描こう  どこまでも二人で行こう 見つめてよ 明日のことだけを 離ればなれは 嫌だと言えなかっただけ、それだけ  別れごと 空に舞えば 旅立ちの合図は届くだろう 離れていても 君のしあわせをずっと願うよ
innamoratoTinaTinaTina矢吹香那河野圭シルクが似合う夜 with moonlight 窓際のソファーで laid back グラス片手に 貴方を待つ  退屈しのぎの not true love 駆け引きはまるで true love はみだしてる 愛のカタチ  待ちわびてた 貴方の影 (息をひそめて) ドアを叩く5 秒前 come close to me  今宵 貴方と all night 寄り添って dancing all night long 胸の隙間をうめるように makin' love  夢中にさせて all night 夜明けまで dancing all night long キズ跡をそっと撫でるような makin' love 付かず離れずの Lover  月の明かりだけを two of us 身にまとい 貴方と slow down ねぇ アタシも寂しがりね…  甘えさせて その背中に (指でなぞって) 爪を立てて 溺れたい Let's do it again  今宵 貴方に all night 身をゆだね dancing all night long 耳元でそっとささやいて makin' love  濡れた瞳で all night ねだるように dancing all night long 夜が明けても やめないで makin' love  アタシだけを見つめてる その瞳が好きなの アタシだけのあなたを deep inside...  今宵 貴方と all night 寄り添って dancing all night long 胸の隙間をうめるように makin' love  夢中にさせて all night 夜明けまで dancing all night long キズ跡をそっと撫でるような makin' love 付かず離れずの Lover
RASPBERRY DREAMNOKKONOKKONOKKO土橋安騎夫河野圭今夜も月が見てるわ 鏡の前のStep and Step Hipに磨きをかけて 野良猫は夢見るのThe Lucky Star  どうか 魅力を ください 見つめれば 凍りつくほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 胸もとまで So Sweet Sweet Raspberry Dream CHU CHU CHU Believe me  悪い遊びを少し 覚えはじめた日から 路地裏はステージに 夕やみは金色のドレス  どうか 勇気をください 星よりも 高く飛べるほど  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 腰つきまで Wo Shake Shake Raspberry Dream CHU CHU CHU Believe me  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 胸もとまで So Sweet Sweet Raspberry Dream CHU CHU CHU  Raspberry Dream 口もとから Please Please Please Raspberry Dream 腰つきまで Wo Shake Shake Raspberry Dream CHU CHU CHU
Ordinary Magic今井美樹今井美樹川江美奈子河野圭河野圭窓越しの光が あなたの横顔を照らしてる 思わず手を止めて 今を抱きしめたくなる  急ぎがちだったわたしにほら 神様がウィンクしたの  あどけない表情で どうしたの?ってちいさく笑った なんでもないの、ただ この奇跡を愛してる  山積みになったルーティンがほら いじわるをしても  一歩ずつ確かめながら行こう あなたとわたしの 部屋じゅうにあふれてるこの宇宙は 最高のドラマ This is my ordinary magic  いつからか未来が読めるような 気になっていたわ あなたが起こす魔法で ずっとはらはらさせてね  欲張りだからぜんぶぜんぶ 憶えていたいけど  忘れたら確かめながら行こう あなたとわたしの 泣きながら笑ってるこの世界は 最高のドラマ This is my ordinary magic  いつかこの世にさよならしても 心で手をつなごう  一歩ずつ確かめながら行こう あなたとわたしの 部屋じゅうにあふれてるこの宇宙は 最高のドラマ  忘れたら確かめながら行こう あなたとわたしの 泣きながら笑ってるこの世界は 終わりなきドラマ This is my ordinary magic
beautiful life今井美樹今井美樹岩里祐穂河野圭河野圭昼と夜ほども違うあなたと私は だからお互いを求める  たった一人に出逢い なぜか運命を感じ やがて世界はとても美しい  それは恋する二人 私たちはいつでも ときめく気持ちばかりを繋ぎ合わせてゆく  こんな素敵な人生 終わりがあるのなら 愛に生きてみたい そうでしょう  太陽が生まれて生命(いのち)あるものすべては その手に包まれているのね  とっても自由な風 遠い記憶と調べ 何処にも心縛るものはない  そしてあなたと私 まちがい 心変わり 何度もくり返すけど それもまた愛でしょう  情熱や ためらいや ジェラシー 憧れも まるで花のように咲くかしら  それは恋する二人 私たちはいつでも ときめく気持ちばかりを繋ぎ合わせてゆく  こんな素敵な人生 終わりがあるのなら 愛に生きてみたい そうでしょう
陽のあたる場所から今井美樹今井美樹岩里祐穂松本俊明河野圭そこには名もない花が咲いていて あの日小さな幸せを運んできました  それなのに星は輝きを失くし やがて暗闇が二人を閉じ込めてゆく  ああ 止めどない涙もそのままに抱きしめて  愛した年月が私たちに教えてくれるよ 誰よりそれぞれが代わりのない一人の人だと  役目が終わって花びらは散るわ けれど春が来てまた花を咲かせるでしょう  ああ 誰もがすべてを背負うほど強くない  心解き放ち 泣きくずれるあなたをこの手に そっと抱いたとき 子供のような匂いがしました  正しさもそして間違いさえも 何処にもないから  愛した年月が私たちに教えてくれるよ 誰よりそれぞれが代わりのない一人の人だと  誰にも代われないただ一人の人だよと
オン・ザ・プラネット今井美樹今井美樹岩里祐穂河野圭河野圭空と海が抱きしめ合うように 私のからだが宙に浮かんでゆくの  どこへ行こう 終わりも始まりもなにもない道が続く 夜のHighway  どうしても忘れたいなら なにもかも跡形もなく 消えてしまうまで  Ah… What a wonderful night 風になれたら たとえば 限りない自由 この手にできるから  Ah… What a wonderful night 惑星の果て すれ違ったあの人に どこかで もう一度 会えるよ  過去と未来 交差する彼方へ 眠らない光の帯 流れてゆく  もう少し遠くへ行けば 振り向いた今日までのことが愛しくなるから  Ah… What a wonderful night 出会いと別れ 気づけば めまいのように 過ぎ去ってゆくけど  Ah… What a wonderful night 惑星の果て 微笑んだあの夢が どこかで もう一度 待ってる 私を待ってる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
初恋のように with Brother Ship今井美樹今井美樹岩里祐穂MAYUMI河野圭手のひらに あたたかな雨が降ってる 石の広場のすみに こわれかけている木造りのシーソー  傘の中 抱き寄せるあなたの腕を 笑いながらほどいて いたずらに漕いでみるの  私たち 誰にも邪魔されず 生きてゆきたいわ 忘れてしまったたいせつなものを あなたといると思い出せるの  愛してる… まるで初めて恋をした 幼い日の少女ね 瞳をかがやかせながら 出会いに見とれた  霧雨をくちびるに含み ふたりは見つめ合う はりつく前髪かきあげてくれた 指先にからだがふるえたわ  愛してる… それは初めて恋をした 遥かな日の少女ね 永遠さえ信じながら はしゃいでいたくて
足跡今井美樹今井美樹川江美奈子川江美奈子河野圭つよく抱いたらするりとかわす 砂の背中に焦がれたの 溶け合うことをこわがるように あなたはひとり闇をゆく  泣いてる君は嫌いと云った 響きはどこか優しくて 幻なんて呼ばせないから 私は涙とじこめる  愛してるなら 汚れたその手で私の頬を撫でて ここを去るのなら 消えない足跡 刻みつけて  乾いた風がさらりと吹いて あれは嘘だと囁くの あなたが噛んだ傷が薄れても 白夜の続き待っている  もうこれ以上、何も脱げない 最後の場所で逢いたくて 手加減なんて欲しくないから 醜い私さらけ出す  愛してるから 壊れた心も憎しみも吐き出して 独りじゃないから 確かな足跡 踏み出して  こぼれる砂にまみれても 真実のひとしずくを あなたに注ぎたいから  愛してるなら 汚れたその手で私の頬を撫でて 夢だと云うなら 今すぐ瞼をこじ開けて  愛してるから 壊れた心も憎しみも吐き出して 独りじゃないから 確かな足跡 踏み出して 確かな足跡 踏み出して
春待月夜川江美奈子川江美奈子川江美奈子川江美奈子河野圭きいてほしくてわざと黙った 嘘を見抜いて ねぇ春待月夜  愛がこわくてわざと壊した 私隠して あぁ春待月夜  世界がまるごと消えればいいのに そしたらなんにも悲しくないのに ぶつけた瞬間粉々に散った かけらを抱きしめた  深く降り積む雪の底から 誰をせめるの あぁ春待月夜  何も語らず闘うあなたの 息が聴こえる あぁ春待月夜  世界はひとごとって言えばすむのに そしたら痛みに触れずにすむのに 小さな穴からたまらず見上げた 光がやさしくて  深く降り積む雪がとけたら 夢を醒まして あぁ春待月夜 会いに行かせて あぁ春待月夜
Rainy story川江美奈子川江美奈子川江美奈子川江美奈子河野圭いっそどしゃ降りの雨ならよかったわ 曖昧に滲んだこの夜は どこへも誘わない  いっそ死ぬくらい傷つけて去ってよ いつだってあなたははぐらかし その手をゆるめたから  小さな子供をなだめるような やさしいキスをどうかしないで 壊れるほど愛せないなら それは本当のさよなら  最後のけやき坂 のぼるまでの物語 溺れてた螺旋はこの街に もうすぐ呑み込まれる  嘘の微笑みで見送らせて 大人のふりで夢閉じさせて 忘れること許し合えたら それは本当のさよなら  橙色に泣いているタワーをもう振り返らないわ  嘘の微笑みで手を振らせて 大人のふりで夢終わらせて 忘れること許し合えたら それは本当のさよなら 忘れること許し合えたら それは本当のさよなら
プレゼント川江美奈子川江美奈子川江美奈子川江美奈子河野圭今ね 私の好きな冬の歌が流れている 曲が終わる前に たどりついてくれたらいいな まるで初恋のように 胸の奥がはしゃいでいる 揺れる店の灯り きっと12月の魔法ね  Oh, It's comin'on Christmas 夜の闇をぬけて ドアの向こう あなたの気配がする 特別なことじゃなく 続く思いが あなたからのプレゼント  いつも嬉しいニュース まっ先に話してくれる そんな瞳の中に どれだけ力をもらっただろう すべて投げ出したいと あなたの前で泣いたこと 今年の思い出と いつか笑い合えたらいいな  Oh, It's comin'on Christmas 夜の闇をぬけて 一日の終わりに あなたがいる 特別なことじゃなく 続く思いが あなたからのプレゼント  Oh, It's comin'on Christmas 雪のない空から しあわせが降ってるような気がした 特別なことじゃなく 続く明日が あなたからのプレゼント
Swearalanalan宮川ユカ・aico菊池一仁河野圭君の心に吹く風も 激しく降り注いだ雨も 二人なら乗り越えてゆく 永遠に感じる瞬間を抱いて  眩い光 少しずつ低く 季節は変わって行くけど 君が伸ばした その手の先には 変わらない思いだけ 信じてる  近づくほどに離れてゆく 足跡だけを辿ってた 気にはしないと 言った過去に 笑いながら目を伏せた  数え切れない思い出を きつく繋いだ二人の手に 限りない愛を誓うんだ 今日からは二人で歩いてゆける  何度も同じ 景色を見つけて 沢山の今を知ってく ぶつかり合って 笑い合った日々が 一つずつ刻まれてゆくけれど  期待するだけ不安になる 信じることを忘れてた 迷わず今を生きることで 恐れることも消えてた  君の心に吹く風も 激しく降り注いだ雨も この指でそっと触れている 涙もそう全てを受け止めてゆく 数え切れない思い出を きつく繋いだ二人の手に 限りない愛を誓うんだ 今日からは二人で歩いてゆける  君の心に吹く風も 激しく降り注いだ雨も 二人なら乗り越えてゆく 永遠に感じる瞬間を抱いて 数え切れない思い出を きつく繋いだ二人の手に 限りない愛を誓うんだ 今日からは二人で歩いてゆける
ひとひら今井美樹今井美樹川江美奈子川江美奈子河野圭胸に秘めたその悲しみ 星の光だけが知っているわ 窓を開けて そっと呼んで やがて明日へと風は吹くの  迷いは永遠 けれどひとひら 心を捨てたいと言うのなら  その一瞬を私にください 黙ってあなたを抱きしめるから 黙ってあなたを抱きしめるから  紅く染めた頬の上に 三日月の瞳が揺れているわ 涙よりも笑顔よりも あなたがいるだけで花が咲くの  出逢いは命 だから残酷 無かったことにはできないから  その一瞬を私にください 黙ってあなたを抱きしめるから 黙ってあなたを抱きしめるから
re-born今井美樹今井美樹川江美奈子川江美奈子河野圭見上げて育ったあの木はもうない 幾つかの夢は破れてしまった 生きてゆくことは削れてゆくこと 真実だけ残るということ  止まない涙はいつしか乾いて 心は再び叫びはじめる 生きてゆくことは芽吹いてゆくこと 愛するかぎり終わらないこと  悲しみはくり返し、そして 必ず喜びを生むから いとしい人よ、おそれないで 明日へre-born つなげてゆこう  輝く瞳に映し出すものは あなたを裏切ることもあるだろう 生きてゆくことは赦してゆくこと それでもなお信じてゆくこと  愛されて生まれ来て、そして 愛だけしか置いてゆけない いとしい人よ、傷ついても あふれるその気持ち咲かせてゆこう  悲しみはくり返し、そして 必ず喜びを生むから いとしい人よ、おそれないで 明日へre-born つなげてゆこう
宝物今井美樹今井美樹川江美奈子川江美奈子河野圭ガラスの欠片を太陽にかざして 覗きこんでるあなたの瞳 どんな夢を見る?  古いおもちゃ箱そっと開けるみたいに 輝く笑顔におしえられる 気持ちがあるのよ  すべてを捨てても守りたい 私はもう何もおそれない I'm on your side Now and forevermore  道端に咲いた花の名前かぞえて 手をつないで帰る町のいろ 今も憶えてる  これからあなたが歩き始める日々に 愛された景色があることを 願っているから  生まれてきた意味を伝えたい この場所からずっと見つめてる I'm on your side Now and forevermore  宝物はただひとつだけ 幸せでいるあなたの未来 I'm on your side Now and forevermore  すべてを捨てても守りたい この強い気持ちをありがとう I'm on your side Now and forevermore この願いは消えない
Heartthe generousthe generousyoko大西克巳河野圭赤く染まる街 空を仰いでは 思い出す あなたの事 遠く見守っている 笑顔抱いて 薄れる事の無い 愛をくれた  サヨナラの時も 素直になれなくて 手を振る姿も 見れなくて ただ うつむいていたね  溢れ出す涙 堪えて歩いた ひとり 夢を追いかける為 遠く離れても 瞳を閉じれば ほら あなたの優しさ I can feel it in my heart  過ぎ去る時間に 耳をかたむけた 夜の中 立ち止って 壊れかけの勇気を つなぎ止めた いつも変らない 声が響く  受話器の向こうで あなたの穏やかな 聞き馴れた声が 張り詰めた心 溶かしてくれたね  溢れ出す涙 幾千の愛が いつも 僕を支えてくれた 側にいなくても 星を見上げれば ほら あなたの笑顔が I can see it in the sky  変わらない愛情は 重ねた瞬間(トキ)の夢 You gave me so much love I know your true heart  溢れ出す涙 堪えて歩いた ひとり 夢を追いかける為 遠く離れても 瞳を閉じれば ほら あなたの優しさ I can feel it in my heart  ほら あなたの優しさ I can feel it in my heart
未来の扉the generousthe generousyoko&森月キャス大西克巳河野圭幼心に芽吹いた憧れ 追いかけたくて ここまで来た 足早な街 埋もれてた僕は 動くことさえ 忘れていた  ポケットの奥でまだ眠る情熱 鍵穴に差し込もう もう一度  未来の扉 開け放ち get new world 今こそ届けよう 愛の唄を 夢の花びら 咲かせたい my dreams 必ず辿り着くから 約束の場所  ビルの隙間で揺れてる花だって チカラの限り輝いていた ガラスに映る朝陽を頼りに 空の在り処を 探しながら  曖昧な日常から目をそらしても 1ミリも近づけない 自由な空  未来の扉 駆け抜けて get new life どこまでも広がる 蒼い世界 希望の破片(かけら) かき集め my future 無邪気なあの頃のまま 歩いてゆこう  未来の扉 開け放ち get new world 今こそ届けよう 愛の唄を 夢の花びら 咲かせたい my dreams 必ず辿り着くから  未来の扉 駆け抜けて get new life どこまでも広がる 蒼い世界 希望の破片(かけら) かき集め my future 無邪気なあの頃のまま 歩いてゆこう
Renaissancethe generousthe generousyoko&森月キャス大西克巳河野圭埃だらけの部屋を飛び出し 街路樹の道 駆け抜けてゆく 加速をつけて誰より速く きらめく未来 たどり着きたい  逆転のStory 信じてGo My Way スピード上げて どこまでも  夢中になるChanceに 胸のBeat弾む 奇跡を願うより 足跡を刻もう 地平線の彼方 まだ見ぬ明日越えて もう迷わない 本当の自由  時計の針を逆に回して Cancelしたい あの日の私 雨のち晴れの人生模様 傘を閉じたら また走り出そう  向かい風なんて両手ひろげて 上昇気流に変えていこう  宇宙からのSpotlight 体中に浴びて 太陽の下全部 夢叶うStage 空と海の狭間 生まれたての光 今鳴り響く はじまりの合図  逆転のStory 信じてGo My Way スピード上げて どこまでも  夢中になるChanceに 胸のBeat弾む 奇跡を願うより 足跡を刻もう 地平線の彼方 まだ見ぬ明日越えて もう迷わない 本当の自由
LoveChageChage青木せい子CHAGE河野圭ためいきをついて 夢をあきらめる それもしあわせと 言い聞かせながら うまくゆかないことに 慣れてゆくのは とても悲しいことさ だけどLove 疲れた日は 君にKiss  大切なものを 手に入れた時に 僕は臆病に なる気がしていた 傷の痛みよりは 楽しむことを 選んで暮らしてきた だけどLove ふたりだけ できるKiss 僕が君に溶ける  I do love you 抱きしめた時に 心が重なる このあたたかさが やさしさに変わる  僕の生き方を 君が見つめてる 誰よりきびしく 僕を見つめてる そんなふうな強さで 愛されたなら 自分を裏切れない これがLove 君がくれた これがKiss 言葉よりも深く  I do love you 愛し合うことで 自由になれるよ ひとりで見るより この空は青い  胸の奥にある 涙に似ている気持ち  I do love you 愛し合うことで 自由になれるよ ひとりで見るより この空は青い  I do love you
夜のイキモノChageChageCHAGE・エガワヒロシCHAGE河野圭Oh My Honey 蜂蜜の中で 泳ぎ続けて 溺れるように  君の首のホクロのそばで 行き場をなくした 僕がいる  ふたりは愛の言葉 静かに飲み込んだ 少しだけ苦いんだ  Oh My Honey 蜂蜜の味が 喉の奥から 甘い音色を  僕は「夜のイキモノ」抱きしめる 抱きしめる それでも足りなくて くちづける くちづける  夢から覚めないように この瞼閉じたまま 本当はさみしかったと 美しいままの君に 伝えたい  終わりを終わらせないために 嘘も嫌いさと 嘘をつく  帰る場所などすでに もう忘れかけている 出口のない何処か  Oh My Honey 蜂蜜の匂い 混ざり合うのは 吐息と目眩  君も「夜のイキモノ」抱きしめて 抱きしめて それでも足りなくて くちづけて くちづけて  降りてゆく指先を ここから見つめたまま 本当は泣いてほしいと 美しいままの君に 伝えたい
クールで行こう!ChageChageCHAGE・青木せい子CHAGE河野圭なあ、幼なじみのお前だから 酒のつまみがわりに聞いてくれ アンビリーバボーな事ってあるんだな? ここ最近の俺のビッグニュース!  交差点で見かけた 確か五番目の元彼女 別れた訳は忘れたが そこだけピンスポ浴びちゃって そりゃもう綺麗になっちまって 思い出リアルになっちまって ロマンス映画になっちまって どうすりゃよかったんだ!  なあ、やるせない気持ち笑ってくれ ため息吐き出せば CO2 俺の名前に(N)を入れてほら ‘CHAGE’になれば道も開く!  何言ってんのよ、あんたって 妄想抱いても遅いって だいたい女心を 深読みしない分かってない だけど不思議な生き物で なんだかんだと優しんだ 空も泳げる単純さ でもねクールで素敵!  もう一度聞くけど、俺って let's be cool? しょうがない何度でも let's be cool! 今夜はおごりだ、俺の let's be cool? 酒と薔薇の人生 let's be cool!  交差点で見かけた 確か五番目の元彼女 何言ってんのよ、あんたって 妄想抱いても遅いって 別れた訳は忘れたが そこだけピンスポ浴びちゃって だいたい女心を 深読みしない分かってない そりゃもう綺麗になっちまって 思い出リアルになっちまって だけど不思議な生き物で なんだかんだと優しんだ ロマンス映画になっちまって どうすりゃよかったんだ! 空も泳げる単純さ でもねクールで素敵!
SOME DAYChageChage澤地隆CHAGE河野圭二人 風の音聞いてた 草の葉が寄り添う音 確か遠く出会った日も 風の中ただよってた あれから何が僕らを変えただろう あのとき誰が行き先を知っていただろう  泣いてた夜も 迷ったあの朝も きっと SOME DAY 思い出せる その人と It's long way to you It's long way to love  今は 旅のまだ途中を 右手には青い夢と 少し 少し昨日よりも 穏やかに微笑んでる 人の優しさ僕らは感じてたい 人の痛みは忘れない忘れたくない  はかない夏も 無口なあの冬も ずっと SOME DAY 覚えていて あの空も It's long way to you It's long way to love  二人 風の音聞いてた きっと SOME DAY 抱いていたい この愛を It's long way to you It's long way to dream It's long way to love
このせかいに村岸カンナ村岸カンナ村岸カンナ村岸カンナ河野圭目をとじたら感じて この星をだいている やさしさという風 きみにきみに 名前を名前をあげるから 待っててね あたたかいのは ひとりじゃないしるし 耳をすましてみて ハートとハートはほら こんなにも近くにある きみのきみの 強さももろさも感じられる ふしぎだよなつかしい音 ひとりじゃないしるし  指をひらいてみて まだ小さなその手が いつか夢かなえるよ きみがきみが 何かを強く守りたいとき つないでみて重ねた手 ひとりじゃないしるし きみが来るこの星 見たこともない未来は どんな風に目に映るの きみがきみが もしも明日におびえても 手をひろげて受け止めよう ひとりじゃない空に やっと会えた きみに 小さなえくぼ見つけた きみが笑う それがすべて このせかいのすべて
ありのままでそばにいて郷ひろみ郷ひろみ川江美奈子川江美奈子河野圭時はただ僕のために 流れてくはずだった 自分以上に誰かを 思う日が来るなんて  新しい五線紙には 悲しい唄もあるだろう だけど君がいるかぎり 声を枯らし唄うよ  君というその強さ 君というその儚さ 君というその優しさの中で 僕は気づいていく ずっと探していく 明日のためにできること  追いかけてもがくうちに 夢は形を変えて 何処へ向かっていたのか 見えなくなる日がある  そんなとき僕はいつも 一本の木を見上げ 何があってもぶれない 帰り途を知るんだ  光が君を照らし 雨が君を濡らし 風が君を裸にしても 僕が季節になる ずっと見つめている ありのままの君のこと  傷つかずに歩きたくて 頑なに閉ざした日々もあった 君と勇気に満たされて 失くすものは もう何も無いから  君というその笑顔 君というその涙 君というその奇跡に出逢い 僕は気づいていく 限りある命は愛するためと  光が君を照らし 雨が君を濡らし 風が君を裸にしても 僕が季節になる ずっと愛していく ありのままの君のこと だから安心して 僕に身をゆだねて ありのままでそばにいて
旅立ちの日にredballoonredballoon小嶋登坂本浩美河野圭白い光の中に 山並みは萌えて 遙かな空の 果てまでも 君は飛び立つ  限りなく青い 空に心ふるわせ 自由をかける鳥よ 振り返ることもせず  勇気を翼にこめて 希望の風に乗り この広い大空に 夢を託して  懐かしい友の声 ふとよみがえる 意味もない いさかいに 泣いたあの時  心通ったうれしさに 抱き合った日よ みんな過ぎたけれど 思い出強く抱いて  勇気を翼にこめて 希望の風に乗り この広い大空に 夢を託して  今 別れの時 飛び立とう 未来信じて はずむ 若い 力信じて この広い この広い 大空に  今 別れの時 飛び立とう 未来信じて はずむ 若い 力信じて この広い この広い 大空に
最良の日大黒摩季大黒摩季大黒摩季大黒摩季河野圭たったひとこと たった五分で 恋はカンタンに 終わってしまうんだね  もしもこうすれば… ああ Ah~ タラレバ 会えないその間に 変わってしまった常識  Oh No~ No No Oh~ 今日はキミを失った最悪の日  だけど  Oh Know~ No, Know Oh~ 自分の弱さ 知った最良の日  ちっちゃなことで 泣いたり 笑ったり 同じ夢追いかけ「二人」を生きるために… Oh…  信じていたんだ 過信にも似た Force で キミの代わりはいない アタシの代わりもいないと  Oh No~ No No Oh~ 今日はキミを失った最悪の日  だけど  Oh Know~ No, Know Oh~ 自分の弱さ 知った最良の日  さよならを覚悟するまで 悩み苦しんでくれた君にも  時は流れる 心が砕け散っても 道は続く 希望が見えなくても 星は輝く たとへ 暗闇にうずくまっていたくても 太陽は昇る どんなに夜明けを拒んでも  目覚める 光りと共に  まだキミを 過去にしないで  Oh No~ No No Oh~ 今日はキミを失った最悪の日  だけど  Oh Know~ No, Know Oh~ 自分の弱さ 知った最良の日
Groove on ~ 脱いでごらん ~大黒摩季大黒摩季大黒摩季大黒摩季河野圭Gotta get up to groove on Gotta get up to groove on Gotta get up to groove on, let it flow You gotta lose your reason  Gotta get up to groove on Gotta get up to groove on Gotta get up to groove on Undress! Shake off all your fear  週末の夜の Date コースは Your coordinate Dinner&Bar セミダブルの Bed with R&B 目覚めのカプチーノは Sugar2つ軽めの Fruit Oh~Check it×3  まるでルーティン Work 聞き飽きた Tv joke 君の描くアジェンダ通りにしてきたけどね ロジックより女はロマンティック Let's move  凍てつく街 不安な時代 過剰に着込む Theory 間違いの無いことにしか 乗り込めなくなっているだけ ここにいちゃダメね 温かい場所に連れ出すわ  Dance with me lose your jacket 青く肌を愛撫する潮風 Oh~Burn away Burn with fever 熱い太陽に心乱れて 戸惑う少年 見たい Whoop it up,Whoop it up 理性を脱いでごらん  男らしさってきっと 優しさならばもっと 愛を深める為のスパイス Main じゃない 的外れの Full care より 不器用な Kiss に Sensation  どんな人とどんな恋をしてきたのか見えないけど 完璧に憧れても不完全さに母性は惹きつけられるものよ 私に流されてみない?  Dance on a dime together 揺れて濡れる Latin dance のように Non step 灼熱の Rhythm 沸き立つ野生にまかせて 危険な君 見たい Stepping up Stepping up Pride を説いでごらん  Gotta get up to groove on Gotta get up to groove on Gotta get up to groove on Undress! Shake off all your fear Dance with me lose your jacket 青く肌を愛撫する潮風 Oh~Burn away Burn with fever 熱い太陽に心乱れて 戸惑う少年 見たい Whoop it up,Whoop it up 理性を脱いでごらん
歌と星空玉手ゆういち玉手ゆういち玉手ゆういち玉手ゆういち河野圭目が覚めたらヒドく冷たい夕日が 僕を待ってた やる気も起きない今日に 歌と星空  別に意味なんてない 何も 僕が生きてる今日だって なんにも光りはしない  流れてく 歌のように 君の方へ それだけはただ 輝ける時 星空と近くにいる 今日からは 少しだけ 強くなろう 昨日と違う 輝きを放って 歌と星空  駅前のベンチに腰をおろす ため息と共に 何かを得るよりも 失うのただ恐れて  ふいに見上げた空 まるで 僕を抱きしめるように 優しく包んでくれた  恋をする 歌のように 君の方へ それだけはただ 輝ける時 嘘なんてどこにもない 涙なら 今すぐに 乾くから そのままでいいさ 信じた歌を 大声で歌おう  溢れ出す 光のように 君の方へ 未来(あした)の空に 輝きを放って 歌と星空
Candy☆BoyMEILINMEILINCHIHIROCHIHIRO・Ryosuke“Dr.R”Sakai河野圭私好みのCandy☆Boy 史上最高の出会いかも! ふわふわトキメクこころ 甘い×2 Sweetsみたい  Specialな愛 築きたいのYou & I 夢の中でいさせて Baby I need....  君だけがOnly one 私だけのSuperstar 溢れ出すReal true heart Don't know why この気持ち 会いたくて Missin'U どこへでも Take me there 迷わず Movin'on 明日はきっと You'll be mine  君に貰った Birthday Card 短い言葉も嬉しくて 目と目が合えばクラクラ So happy, So crazy 胸が痛む  ささやかな愛 近づきたいYou & I 素直に伝えたくて Baby I need....  振り向いてBe my side 気づいてる? Feel my sign 見つめてるだけじゃ No, no, no... 届かない ときめきは Precious time 二人なら It's all right 君といれたら いつのまにか笑えるの  What do U think of me? Can't stop lovin' U...  君だけがOnly one 私だけのSuperstar 溢れ出すReal true heart Don't know why この気持ち 会いたくて Missin'U どこへでも Take me there 迷わず Movin'on 明日はきっと You'll be mine  振り向いてBe my side 気づいてる? Feel my sign 見つめてるだけじゃ No, no, no... 届かない ときめきは Precious time 二人なら It's all right 君といれたら いつのまにか笑えるの
今井美樹今井美樹川江美奈子川江美奈子河野圭美しく伝うこともなく 拭い去ることも出来ないで その胸は何を抱えてる ただじっと愛に怯えてる  差し伸べた手をかわして 眩しいふりで空を見上げた君  滴、滴、こぼれても 黙ってここにいるよ いつかいつか気づいて 君はずっと愛の中  羽根のような優しい言葉を かけるのはきっと容易くて でもなぜか言いたくなかった ただそっと君を待ちたくて  ひとすじの風が吹いた 夏の薫りがよけい切ないだけ  滴、滴、こぼれても 時が頬を撫でるよ 哀しみも抱きしめて 君は君で行けばいい  雲が流れてゆく 心あずけてみて  まわるまわるこの世界 思うほど悪くない 傷ついても信じて 誰も愛を捨てられない  滴、滴、こぼれたら ほんの少し忘れよう そしてぎゅっと感じて 君はずっと愛の中 君はずっと愛の中
祈り今井美樹今井美樹川江美奈子川江美奈子河野圭何が見えますか 瞼の向こうに どうかその場所があたたかいように 聴こえていますか ここからの声は どうか孤独にも響いているように  頬を伝う涙は旅発つあなたの 甘くてからい味がする  とうとうと流れるこの水の中 わたしたち寄り添い夢を見られた 濁流に呑まれて今 はぐれても いつか海で逢わせてください  花が咲きました 見慣れた岸辺に 眩しすぎるからわたしは目を閉じる 一瞬だけでも話がしたい 変わらないねと笑って見届けて  めぐりめぐる季節に何を見つけたら あなたに逢いに行けるでしょう  さらさらと過ぎて行くこの時の中 わたしだけ立ち止まることはできない 濁流にもがいて今 泳ぐから いつか海で両手を広げて  とうとうと流れるこの水の中 わたしたち寄り添い夢を見られた さよならは告げずに今 泳ぐから いつか海で逢わせてください 夢のつづき見させてください
誰より好きなのにSoweluSoweluToko FuruuchiToko Furuuchi河野圭「君には何でも話せるよ」と笑う顔が淋しかった あの夜 重ねたくちびるさえ忘れようとしてるみたい もう一度であった頃に戻れたなら もっと上手に伝えられるのに 二人近くなりすぎて心はいつも裏腹の言葉になってく  やさしくされると切なくなる 冷たくされると泣きたくなる この心はざわめくばかりで 追いかけられると逃げたくなる 背を向けられると不安になる 誰より好きなのに  手帳にそっとはさんだ写真はあなたばかり集めていた 友達に混じってはしゃぐ姿 私だけのものならいいのに どうしてもあなたの声を聞きたくなると 受話器片手に理由考えて 途切れる会話の中でこの気持ちに気付いてよ、どうかお願い  伝えたいことは たったひとつ ずっと想ってる あなただけを いつも見てる いちばん近くで やさしくされると切なくなる 冷たくされると泣きたくなる 誰より好きなのに
恋の悪魔~She's no Angel~大黒摩季大黒摩季シライシ紗トリシライシ紗トリ河野圭身体を熱くさせてくれる 流行りにゃうるさい It's Up-To-Date 誰かと同じは嫌だけど 誰かのモノは気になります  ゲームなんかじゃない ~I don't do that~ 出会いは奇遇じゃない ~I always searches for it~ 乱れてもいい 嘘でも多少いい 悪魔に魂を売ってシアワセニなるには?  ah 近づいて。。uh uh もっと触れてみて ah ah ah わかるはず。。un uh もう決めてみて ah ah  気づいてる? 本当の恋のマジック  五感を研ぎ澄ませてみるわ コツには手慣れた Up and at them おちゃらいだけならノリでいい 素直な場所を探すだけ  バーターなんかしない ~I don't do that~ 安定は偶然じゃない ~I always searches for it~ それでも信じたい ガセでもぽくていい 悪魔に魂を売ってシアワセニなるには?  ah 見せてみて。。uh uh もっと抱き寄せて ah ah ah わかるから。。un uh もう放せない ah ah  気づいてる? 本当の恋のマジック  ah 近づいて。。uh uh もっと触れてみて ah ah ah わかるはず。。un uh もう決めてみて ah ah  ah 見せてみて。。uh uh もっと抱き寄せて ah ah ah わかるから。。un uh もう放せない ah ah  気づいてる? 本当の恋のマジック 気づいてる? 本当の恋のマジック
IF伴都美子伴都美子David GatesDavid Gates河野圭If a picture paints a thousand words Then why can't I paint you? The words will never show The you I've come to know.  If a face could launch a thousand ships Then where am I to go? There's no one home but you You're all that's left me to  And when my love for life is running dry You come and pour yourself on me...  If a man could be two places at one time I'd be with you Tomorrow and today Beside you all the way  If the world should stop revolving Spinning slowly down to die I'd spend the end with you And when the world was through  Then one by one the stars would all go out Then you and I would simply fly away
西暦2010年広瀬香美広瀬香美広瀬香美広瀬香美河野圭西暦2010年になっても 僕は君となら仲良く過ごせている 約束する 君は安定がいいの? それとも冒険がいいの? 僕はただ 君がただ 望む世界へ連れて行って あげたいんだ ah ha  幸せって具体的な目標 子供は好き? マンションはどう? すぐ来る未来さ 曖昧じゃダメさ  西暦2010年にはつかもう 優しい君と強い僕と そして子供と犬と楽しい毎日を To Be With You Only With You  西暦2010年になるまで ときめきのポイント いっぱい貯めたなら 愛はプラチナ 僕はマジシャンじゃないから セレブに変身はできないけど 遠い将来なんてあてにしないで 今をたくさん 積み重ねよう ah ha  幸せって継続的な目標 困った時 悲しい日々 敵の盾になり守ってあげるよ おばさんになっても おばあさんになっても ずっと好きさ おじいさんの僕に あいかわらずのかわいい微笑を To Be With You Only With You  そんな事言って 君を頷かせたプロポーズ ほんとは直感で 君は最高だった 僕は幸せだなぁ  幸せって具体的な目標 仕事は好き? 生きがいはある? 短い人生 曖昧じゃダメさ 西暦2010年にはつかもう 優しい君と強い僕と そして子供と犬と楽しい毎日を To Be With You Only With You Oh I Love You Only With You
ちいさな手TiATiATiATiA河野圭うまく気持ち言葉にできない いつも笑顔で隠していた さみしさだって 強がりだって わかってしまうのね なんにも言わずに抱きしめてくれる  背中にくっついた胸から伝わる速い鼓動 私もおんなじ なんだかちょっと照れ笑い  その大きな手で この小さな手をつつみこんで ずっとずっと繋がっていたい まだ小さな恋だけど いつか永遠ってくらい 大きな愛となれるように ぎゅっと にぎりしめた  やりたいこと行きたいところ並べて 「いつか一緒に行こうね」って小指からませた でも別にどこに出かけなくたってね そばにあなたがいればトクベツな場所みたい  なにげない一言に喜んだり落ち込んだり ほかの誰でもない あなたの言葉だから  その大きな手で この小さな手をつつみこんで ずっとずっと繋がっていたい 手のひらに込めた想い もしかして伝わったかな? くすぐったいような幸せ ぎゅっと にぎり返してくれた  まだ小さい恋だけど… いつか永遠ってくらい 大きな愛となれるように  ぎゅっと にぎりしめた ぎゅっと にぎりかえしてくれた ぎゅっと にぎりしめた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
PromiseTiATiANatsumi KobayashiMasataka Kitaura河野圭輝く君の瞳に誓った 小さな窓から 青空が見えた午後 逃げることなんて もうしたくはないよ 背中にあたたかい 手のひらを感じてる  傷つくよりもつらいのは 明日をあきらめて 自分に嘘つき続けること  大事な夢をひとつ ココロにいつでも 信じて守って 乗り越えて行こう 大事な夢があるから もっと強くなれる 思い描いた未来を抱きしめて これからも  少しだけ前を歩く肩ごし おんなじ歩幅で 白い雲追いかけてた 選んだ道が正しいかなんて 誰にも分からない 迷うときもあるけれど  つまづくことを怖がって 待っているだけじゃ 昨日と何も変わらないから  大事な夢をひとつ ふたりでいつでも 信じて守って 歩き続けよう 大事な夢があるから 前だけを見つめて もっと遥かな未来を目指してく これからも  傷つけて傷つけられて くやしくて泣いた日も 次のドア開く勇気を 君がくれたよ  大事な夢をひとつ ココロにいつでも 信じて守って 乗り越えて行こう 大事な夢があるから もっと強くなれる 思い描いた未来を抱きしめて これからも
コエヲキカセテsonasona小林夏海望月衛介河野圭透き通る空の果てまで 見えそうな土曜日の午後 きっかけのコトバ探して 立ち止まる長い坂道  繋いでたはずの右手を 解いたことも 気づかずにいる 後ろ姿に 二人でいる孤独感じた  イマコエヲキカセテ ミミヲスマセルカラ 私にも 少しだけ触れさせて 見せたくない傷跡があるのなら 隠したままで構わないから コノコエニキヅイテ ミミヲスマセテミテ すぐそばで呼んでいる いつだって その心のドアをそっと ノックする私に気がついて  飛び立った鳥の行方を 見つめてるあなたの隣り 真っ直ぐなその目に映る 無防備な鳥になりたい  守りたいと願うままに 握りしめたら 壊れてしまうそんな気がして やっぱり何も言えないけど  イマコエヲキカセテ ミミヲスマセルカラ 私にも 少しだけ触れさせて 見せたくない傷跡があるのなら 隠したままで構わないから  コノコエニキヅイテ ミミヲスマセテミテ すぐそばで呼んでいる いつだって その心のドアをそっと ノックする私に気がついて  タダコノテニフレテ ソシテハナサナイデ 今よりも 少しだけ近づいて ポケットの中しまいこんだ 手のひら 私のために開いてみせて  イマソノテニフレテ ソシテアタタメタイ もう一度 ぬくもりを確かめて 長い夜が来るまでには あたたかいあの部屋へ帰ろう 手をつなぎあの部屋へ帰ろう
眠れぬ夜の小夜曲広瀬香美広瀬香美広瀬香美広瀬香美河野圭TVもDVDもMDもMagazineもアニメも ストレッチも瞑想も安眠グッズも なぁーんも効かない ビールに紹興酒に焼酎 あるだけみんな持って来ぉーい ! I wanna sleep. I wanna sleep.  眠れぬ夜のための小夜曲 聞かせてよ 羊の数 数えすぎで 押しつぶされそうよ 「考えない!」って考え過ぎちゃって もーなんだかわかりませーん Nemuritai-now Watashiwa Nemuritai-now  だからさぁ 夜は嫌い キレイなモノ 滅茶苦茶にするから キミとのキスの先も 来春の誕生日も ネガティブの極地へ 想像力は驚異的に天才だ ! きっとα波のせいかしら?  世界がもし滅びちゃうよな事があっても 心配しないで はぐれたってきっと捜し出すよ 二人だけで最初から やり直すのもいいね Aishiteru-now Kimiwo Aishiteru-now  Yo 目指せ体脂肪9% 今ならジム会費が4000円 私はサラダしか食べません 落として燃やして 納豆食べないと お酢もQ10も (にがりは?)しないと (Ah) やる事めったやたら増えちゃって (why) 私の安らぎを返せ !!!  だからさぁ 夜は嫌い 最悪な性格になるから 意地悪なアイデアも 皮肉な名台詞も あー言えばこう言おうって 発想力は爆発的に大ヒットだ ! この才能どっかで活かせないかしら?  世界がもし平和を取り戻す日が来たら 安心して ぐっすりとゆっくりと休めるかな 眠れぬ夜のための小夜曲 キミへ響け Aishiteru-now Kimiwo Aishiteru-now  TVもDVDもMDもMagazineもヒルティも ストレッチも瞑想も安眠グッズも なぁーんも効かない ビールに紹興酒に焼酎 あるだけみんな持って来ぉーい ! I wanna sleep.  3.141592653589793238462643383279 502884197169399375105820974944…
明日に向かって架ける橋広瀬香美広瀬香美広瀬香美広瀬香美河野圭Come on over baby come on over We could dance under moonlight Let's run away Come on over baby come on over Let's hide away  ラジオから微かに聞こえる 懐かしい曲 平気な顔してられるのは 一人のせい 未来を輝かせるのは 私しかできない事  メールで済ませた デートの返事や かけ直すはずの 親からの電話 繋げておきたい 優しさの温度 過去からのお誘い ソコソコにして 明日に向かって架ける橋 渡ってみようか  Come on over baby come on over  嫌味や悩みややっかみに 負けないわ 心にサプリで女っプリ 男前に 未来を楽しくするのは 私しかできない事  映画で泣いても 遠慮はいらない 深夜にコンビニ 一人ビールでオツカレ 大胆不敵を 気にする事なく 昨日の私に 戻れないから 明日に向かって架ける橋 壊しちゃダメだよ  飛んで行っちゃった 希望 空っぽのままの 小さな度胸 遠く遠く 逃げちゃった風船は 何処へ何処へ 虹の彼方へ 追いかけてみよう!  始まりのような 終わりのような夜 スピード上げたら 見つかるでしょう 優柔不断を 気にする事なく 行ったり来たりの 繰り返しでいいよ 明日に向かって架ける橋 渡ってみようよ 少し先まで その先まで 行ってみようよ  Come on over baby come on over Come on over baby come on over
Da CapomycomycomycoMIZUHO河野圭渋めの Cool Jazz に誘われて ここは週末の Club of HEAVEN やめられないキツメのシガレット ハートが焦げる予感  「ねぇ 隣に座っていい?」「yes, of course」狙いさだめて  「What's your name?」「私は Carry、あなたは?」「I am BIG」 恋なんて始めの五秒 この勝負もらったわ  「What's your drink?」「Pink matini, あなたは?」「mine's scoth」 飲み干してあなたに酔うの シナリオ通りの 1st stage  時計仕掛け近づく Distance 魔法解けだす Midnight 「いけない こんな時間」 ハートの高鳴り押さえて  本気になれば looser!! リングも恋も同じね  「帰るわね」「Can you wait a second, it's too quick!!」「楽しかったわ」 恋なんて終わりの五秒 この勝負もらったわ  「When are you free?」「気が向いたらね、電話して」「I'll drive you home」 「Hey! TAXI 一人で平気」完璧すぎる 2nd stage  いい女演じても ステージはない 一人芝居ね  「帰るわね」「Can you wait a second? it's too quick!!」「楽しかったわ」 恋なんて終わりの五秒 この勝負もらったわ  「When are you free?」「気が向いたらね、電話して」「I'll drive you home」 「Hey! TAXI 一人で平気」本当はすごく寂しい  「What's your name?」「私は Carry、あなたは?」「I am BIG」 恋なんて始めの五秒 この勝負もらったわ  「What's your drink?」「Pink matini, あなたは?」「mine's scoth」 まるで同じ二時間前と 魔法効かない夜に Da capo
ホントの気持ち今井美樹今井美樹布袋寅泰布袋寅泰河野圭久しぶりよね?当てもないドライブなんて 出逢った頃を思い出す ずいぶん街並も変わってしまったけれど 貴方の気持ちも変わったのかしら?  ビデオは観ても映画館に行かなくなった ショッピングはもちろん別々に… 愛の言葉を囁いてくれなくなった キッスの回数もかなり減ったわよね?  誰も気付かないくらいちょっと 切った髪ホメてくれた貴方はドコ?  Ah… いつの日も女心やるせなく揺れている Ah… 強がりも見抜けない恋人じゃ悲しい  見つめて感じて探し当てて 胸の奥に隠したホントの気持ち  Ah… 黄昏のPromenade二人きり手をつなぎ Ah… 潮風の誘うまま何処までも連れてって Ah… 両手で髪を包み込み瞳ごと飲み込んで Ah… いつまでも抱きしめて放さないと誓って Woo…
Over the Rainbowmelody.melody.E.Y.HaburgHarold Arlen河野圭Somewhere over the rainbow, way up high There's a land that I heard of once in a lullaby Somewhere over the rainbow, skies are blue And the dreams that you dare to dream really do come true!  Someday I'll wish upon a star and wake up where the clouds are far behind me Where troubles melt like lemon drops Away above the chimney tops, that's where you'll find me!  Somewhere over the rainbow, way up high There's a land that I heard of once in a lullaby Somewhere over the rainbow, bluebirds fly Birds fly over the rainbow, why then oh why can't I?  Someday I'll wish upon a star and wake up where the clouds are far behind me Where troubles melt like lemon drops Away above the chimney tops, that's where you'll find me!  Somewhere over the rainbow, bluebirds fly Birds fly over the rainbow, why then oh why can't I? If happy little bluebirds fly, beyond the rainbow Why oh why can't I?
Simple As Thatmelody.melody.melody.・Maiko NakagawaKazuhiro Hara河野圭I know it's happening to me.どんな時でも! 雨上がりを信じて 夢に恋に泣いたり 涙が教えてくれた強さを胸に 迷わず前に進むだけ、It's simple as that.  Don't be sad, I'm not alone, Don't feel bad, I'll live on, Don't look back, I just move on, On and on…  「I said…」「You said…」 ぶつかりあっていた日々 どんな場面も今はにじむだけ 耳に揺れてた あの日もらったピアス そっとはずして oh wow, yeah yeah…  輝いて ふたりで紡いだ時間(とき) 止まらずにI will go my way.  Because it's happening to me,望み通りに 雨上がりのsceneny is waitin' for me finally 涙が教えてくれた強さを胸に 迷わず前に進むだけ、It's simple as that.  きっと誰もが手探りで生きてる 何かを失い また何かを見つけて 今夜、友達とParty Time 騒いで そんな日だって過ごしてみたいから  繰り返す毎日の中で ひとつだけ I know what's best for me.  Because it's happening to me. どんな時でも 煌めいた新しい世界 will open for me. ほら、目覚めるとそこに待っててくれる 降り注ぐ朝陽浴びたら 歩き出そう  素肌見せて ハイヒールも履いて girlyな感じに決めて 目立ちたいよ So you know, you can't stop me any more Being true to my self  街中が微笑みかけてくる アスファルト反射して 眩しくてかさした手のひらに 感じたい uh shiny today.  I'm feelin' stronger than before, 生まれ変わるよ 煌めいた新しい世界 will open for me. ほら、目覚めるとそこに待っててくれる 降り注ぐ朝陽浴びたら 歩き出そう  Because it's happening to me, どんな時でも 雨上がりを信じて 夢に恋に泣いたり 涙が教えてくれた強さを胸に 迷わず前に進むだけ、It's simple as that…  Don't be sad, I'm not alone. Don't feel bad, I'll live on, Don't look back, I just move on, On and on…  
Off you go小谷美紗子小谷美紗子odani misakoodani misako河野圭I'm not within reach to give up you. 待ち続ける your calling ringing But I know absolute quiet will go on  夜風に舞う without your answer If I ever annoy you イマスグ Would you say like a strict teacher “off you go” time and time again?  Can't you hear my crying for the moon? Let me seek you イマダケ 月さえ雲まみれでした So you might serve your smile to me in once, don't you think so?  コエガキキタイ アイタイアイタイ ソレシカイエナクナリマシタ If nothing will begin アイタイアイタイ Don't let me love you Say! “off you go” Then I'll try ニドト I'll never think of you  勇気のない Mother finger It can't move at all ドウシテ Would you say like a strict teacher “off you go” time and time again?  It seems like yesterday that I started by saying I love you. イマデモ A year passed while I was crazy about you But I'm still shy. how dare I could say that. don't you think so?  コエガキキタイ アイタイアイタイ ソレシカイエナクナリマシタ If nothing will begin アイタイアイタイ ただもう一度だけ Say! “off you go” Then I'll never ニドト I'll never think of you  Can't you hear my crying for the moon? Let me seek you イマダケ 記憶巡る 波の様に So you might serve your tears to me in once, don't you think so?  I'm so scared to know there's nothing, there's nothing But I'm still running to you If nothing will begin You tell me not! You tell me not! ただ一言だけ Say! “off you go” Then I'll never dream of you I'll never think of you
帰郷辛島美登里辛島美登里Midori KarashimaMidori Karashima河野圭思い出は遥かに 現在の私見守ってる 出迎える空気は 変わらない故郷  駅前に置く自転車 好きな人待つ本屋 本当の友達がいない気がしていた  悲しくて 悲しくて 目立たない自分なりに夢みてた この町を離れたら新しい私になる それまでは 帰らない 帰れない おかっぱの少女  恋人との愛は消えたけれど 命を得た 穏やかな海の色あなたに見せたくて  生まれた瞬間の風を 身体中今浴びて もう一度やり直すために戻ってきた  切なくて 切なくて でも夢を全部失くしたわけじゃない 少しだけ疲れたの あの頃見えなかった愛情を 感じたい 注ぎたい 歩いてゆこう  切なくて 切なくて こらえてた涙がやっとこぼれたの 帰ったの故郷に あの頃見えなかった愛情を 感じたい 注ぎたい 歩いてゆこう
東横線辛島美登里辛島美登里Midori KarashimaMidori Karashima河野圭考えていたよりも別れは簡単だった あなたの指を見つめていた 瞳の奥に刻みこんだ おそろいの腕時計 薄まってゆくアイスティ 暗くなる前にもう一度 並んで歩いて  さらさらと あなたは私を忘れる さらさらと 幸せにできずごめん、とあきらめた 女の気持ちを 何にもしらずに  人波に押されながら吊革につかまる時 似た手を見る度思い出す 寂しさはいつ消えるだろう? 変わってく愛情を あなたが認めなくても 好きだから先に気付いたの 泣かせないで、もう  さらさらと 多摩川越えたらもうすぐ さらさらと やっと慣れた頃 別れがやってくる 失ったものは 恋だけじゃないの  あなたの街に停まらない電車に乗る  本当に私を愛していたなら 行かないで このままにしないで さらさらと あなたは私を忘れる さらさらと あきらめてゆくの  女の気持ちを 何にもしらずに...
Blue辛島美登里辛島美登里Midori KarashimaMidori Karashima河野圭仲直りをしたいけれど、今更やだあやまれない ご免なさい...この5文字が 意外とムズカシイ 「パソコンでは低気圧がにわか雨を運んでくる」 あなたってねぇ、思ったより複雑な人です。  LaLaLa......愛はもしか 足し算じゃないかも だって今二人はなんだかBlue LaLaLa......クリックするその隣に腰掛けた 引力はきっとてのひらにあるよ 重ねると、あたたかい  恋はまるで天気予報 晴れも雨も当たりにくい 傘がさせてちょっとはしゃぐ、単純な人です。  LaLaLa......愛はもしか 透き通ったものかも だって今二人の間にBlue LaLaLa......跳ねる水 誰もいないオープンカフェ 幸せはたぶん色々あるけど この気持ち理解るのは  世界中に、私だけ...  LaLaLa......愛はもしか 足し算じゃないかも だって今二人はなんだかBlue LaLaLa......クリックするその隣に腰掛けた LaLaLa......愛はもしか 透き通ったものかも だって今二人の間にBlue LaLaLa......跳ねる水 誰もいないオープンカフェ  LaLaLa......引力はきっと てのひらにあるよ LaLaLa......幸せはたぶん色々あるけど LaLaLa..........
泣きたいのに辛島美登里辛島美登里Midori KarashimaMidori Karashima河野圭今 リボンかけた箱の愛は何で量る? きっと 他人の目にはうらやましく映ってるね  賑やかな街でプレゼント選びながら 聞けないことが心に渦巻いてる  泣きたいのに 泣きたいのに あなたが探せなくて そばにいても 微笑んでも 心は離れている 髪にふわり舞い降りた雪 初めて会った日のように  何故 一人よりも二人の方が切なくなる? ただ 別れるより耐える方が愛は深い  若い日のような激しい時期(とき)は過ぎ 積み重ねてきた静かな愛を知る  思いだして 思いだして 本当は不器用なの 失くすほどに怖くなって 誰も愛せなくなる 一緒にいてわかってきた 二人は似ていることを  コートに手を絡ませたの 白い氷の粒は 何も言わず 春が来れば 消えてゆくでしょう  泣きたいのに 泣きたいのに あなたが探せなくて そばにいても 追いかけても 心は離れてゆく 買ってあるの黒のセーター 寒いから早く帰ろう  帰ろう、帰ろう... 一緒に、帰ろう...
haru.辛島美登里辛島美登里Midori KarashimaMidori Karashima河野圭あなたには理解らないことがある 愛しあっていても どうしても会いたくない日もある 鏡の前  いつからだろう?使わなくなった 引き出しを覗いた時 失くしたものが見つかるような 温もりに包まれて  春の空を眺めて歩いた 時の針を巻き戻し 古い写真 ふくよかだった 子供の頃 思い出して  好きだった道 膨らむつぼみ やさしい人 いつも私 守られてた  「僕のこと好きじゃない?!」そうじゃない その繰り返しが 重たくて また傷付けあいそうで 不安になる  男と女 季節のように はぐれても戻れたら...  「春は苦手」あなたの言葉に 何故か少しホッとした 無理に他人にあわせないでね そこが好きな私だから  花冷えの街 長い道のり あなたがいて たぶん私 救われてる  春の空を眺めて歩いた 時の針を巻き戻し 無理に他人にあわせないでね そこが好きな私だから  夕映えの橋 追いつくように 並んだ影 たぶん私 あなたとなら うまくやれる
Promise辛島美登里辛島美登里Midori KarashimaMidori Karashima河野圭教えてよ この手が離れる瞬間に何を言えばいい? 今きみが 背中を向けたら戻ってこない気がするよ  魅かれあうその訳をなりゆきと想ってる? 目が合った時にもう、私は恋をしてた  あなたがいたから私の微笑みは生まれ続けた 風の日雲が動いてく空を見て全てが、約束に思えたあの頃(ひ)  気がつけば一緒にいたから 好きなもの感じ方もわかる だけど何故?名前を呼んでも振り向かない時があるね  すれ違う日々もある だけど忘れないで あなたが行くどの道も 私は見守るよ  楽しむだけなら互いを必要としなかったはず 切ない時間を越えてまた出会うの、二人は 大切な、友達だから 永遠の、恋人だから  あなたがいたから私の微笑みは生まれ続けた 切ない時間を越えたらもっと深く愛せる さよならは言わないで 永遠の、約束だから
爪の月辛島美登里辛島美登里Midori KarashimaMidori Karashima河野圭誰も知らない別の私をあなたに見せたい 伸ばした爪がまるで細い月のよう みんなとはしゃいでるけど早く独りになりたい... そんな私のこと あなたずっと見ていたの?  泣きなさい、ここで。 月は二人に誘いかける 眠りなさい、蒼い光に浮かぶ雲のベッド 時計の針になって切ない夜をこえよう  失うことを怖れているの?でもこの都会には 永遠などないのよ 夢は夢のまま いい時だけね 悪くなったら遠ざかる足音 そっと声をかけてくれた人はあなただけ  泣けないの、涙は、もっと悲しい時のために 眠れない、心は、目を離すスキに変わってゆく マニキュア乾かしてる 二人の未来映して  隣にいないのが不思議になってく 愛はもう ひざの上で消えるおとぎ話  泣きなさい、ここで。 月は二人に誘いかける 眠りなさい、蒼い光に浮かぶ雲のベッド 時計の針になって切ない夜をこえよう
菜種時雨~natane shigure~辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里河野圭はるかなこの道 どこへ続くのだろう にじんだアルバム 菜種時雨の春  小さな願いに すべてを尽くしたけど 応えられぬあなたもまた 苦しかったと  雨の降る日は傘になって あなたを守りたい だから元気でいてね いつか微笑って会えるように  人生 からくり 進んでいるようで 振り出し 懐かし 想いでなぞる旅  強がって結局 周りを困らせたね 今なら泣ける 弱い方が助けあえるね  夢より大事なものがあると あなたに伝えたい 時が経つほどに哀しみは 愛に変わってゆく  アリガトウ、アリガトウ、あのときに言えないままで それきりだから...  雨の降る日は傘になって あなたを守りたい だから元気でいてね いつか微笑って会えるように  夢より大事なものがあると あなたに伝えたい 時が経つほどに哀しみは 愛に変わってゆく  愛に変わってゆく...
花環CORE OF SOULCORE OF SOULFukiko Nakamura・Song RuiSoug Rui・Fukiko Nakamura河野圭呼吸を忘れそうだよ あなたを見ると愛しくて 背中が凍るよ  人はなぜこんなに 愛すことをやめないの 失いながら  強く魅せられて 時代も忘れて 愛にまたひざまづく  季節を間違えて咲いている花でもいい つないで つないで ひかれあう瞬間を一つずつ確かめて 言葉のない約束キスで交わそう  瞬きしてる内に あなたが消えてしまったら きっと恨むよ  その悪い傷を くちびるで塞ぐから 毒を私にも回してね  あなたも私も誰かを愛してた それでいい それでいい 傷付いた記憶がふと蘇っても 私を抱き締めて離さないで  あなたが焦がれた誰かの影なんて 私に見えてもあなたに見えなければいい  季節を間違えて咲いている花でもいい つないで つないで 最後の最後は私を抱いててね 絆が輪になって 永遠(とわ)にめぐる
Mother's EternityMIOMIO町田俊行亀井登志夫河野圭過ぎ去りし日 憂いを問い 小さな波音に消され 言葉達は波間を するりするり踊って 今は昔 私は鳥 大きな地球(ほし)を渡る鳥 喜びや争いの中を泳いだ  陽を纏い手を繋ぎ 星空を見下ろそう 水が流れ緑満ちてゆく その日を讃え歌おう  人は愛する事覚え 愚かさ故に 純な気持ちは果てなく  悪戯に目を閉じて 来世まで見えても 時が流れ辿り着いてゆく その地を讃え歌おう  人は愛する事覚え 愚かさ故に 純な気持ちは果てなく  この光を燃やして放つは永遠
太陽のキミ 暗闇のボクdrug store cowboydrug store cowboydrug store cowboydrug store cowboy河野圭邪まな思想がどっと流れ込み 罪もなき祈りが踏みにじられてく 全ての終わりにそっと幕を退き 春の訪れを共に待ちませんか?  あなたには大切な人がいますか? 命投げ出し成り振りも構わずに守る人が あなたには大切な人がいますか? どうしても離れたくない様な人が  What I should do? Where I want to be? Keep going my way What I should do? Where I want to be? Destiny isn't just one  鼓動分け合った民は殺し合い 肉の裂け目はこちらを睨み返す 太陽のキミは影を創り出し 暗闇のボクは光求めてた  あなたには大切な人がいますか? 命投げ出し成り振りも構わずに守る人が あなたには大切な人がいますか? どうしても離れたくない様な人が  What I should do? Where I want to be? Keep going my way What I should do? Where I want to be? Destiny isn't just one  愛は言葉越え行く さあ 今手を繋げ
KingMakerdrug store cowboydrug store cowboydrug store cowboydrug store cowboy河野圭What have I been feeling since I was born in the smog I have to choose anything by myself form minimum choice  Kick up a fuss, don't like town Heat turns me into zealot again Look down upon, fuck'n town Look down me  as well fuck'n town  If tomorrow is followed by the no name day You'd better to sew your mouth up never to smile again But I know I can't solve anything in that way  Overconfidence of my ability talent And despair hopeless But if you fell unsuitable to the life there I really tought so  Kick up a fuss, don't like town Heat turns me into zealot again Look down upon, fuck'n town Look down me If tomorrow is followed by the no name day You'd better to sew your mouth up never to smile again But I know I can't solve anything in that way  I'm taken by tomorrow Was getting well on my life in this town Do you remember still me  I'm taken by tomorrow Was getting well on my life in this town Do you remember still me  Next→Full Speed…
Seeds~ひまわりの種~MIOMIOShifoShifo・HIBINO GEnKI河野圭ありふれた嘘の言葉が 私の胸にずっと残っていて その日からの自分の存在に 確かな気持ちが なくなってた  これから続く一人の時間を どれだけ素直に過ごせるの?  今は辛くても いつか出会う あなたと笑えるように ありのままでいる その強さを どんなに 傷ついても 忘れない…  あのころの生き方から 私の胸に ずっと残ったまま 絡んだ糸はもう溶けるほどに 傷口ふさいで 痛みもない  過ごした日々は 永遠に消えてく 未来はあなたを超えられるの?  ひまわりの種に羽をつけて 彼方に運びたい 空よりも高く舞い上がれば 新たに変われるころ 咲くから…  時の長さより 深さで愛を満たしたい 思い出はきっと 過去にあるのじゃなく 未来で見えるの  今は辛くても いつか出会う あなたと笑えるように ありのままでいる その強さを どんなに傷ついても  ひまわりの種に羽をつけて 彼方に運びたい 空よりも高く舞い上がれば 新たに変われるころ 咲くから…
最愛のひとMIOMIO森浩美あみ啓三河野圭せつなく愛しい気持ち 偽れず抱きしめたい すべてを変えてく たったひとつの出会いがある  気づかぬ内に 運命の糸 このゆびさきに握っていた 最愛のひと 微笑み絶やさずに 傍にいて語りかけていて  晴れた空の遠く 未来のかがやき おそれるものはもう 何ひとつないから 茜雲に染まる あなたの横顔見つめて 誓いの言葉を いま永遠に信じたい  ふたりは広い宇宙のなか 小さな存在でも お互い守れる つよい心を持っているの  目の前にある 明日がもしも 曲がりくねって 荒れ果てても 最愛のひと 淋しさも悲しみも 分けあって歩いてゆけそうで  晴れた空に高く 無数の星たち 求めるものはもう その胸の愛だけ 月の滴浴びて あなたと向かい合う夜の 誓いのくちづけ いま永遠を信じたい  あぁどんなに hu…時が流れ過ぎても ずっとずっとこの想い 消えないから…  晴れた空に高く 無数の星たち 求めるものはもう その胸の愛だけ 月の滴浴びて あなたと向かい合う夜の 誓いのくちづけ いま永遠を信じたい
closed辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里河野圭目を閉じるとあなたがいて 目を開けたらひとりぼっち そんな朝を繰り返すなら ずっと ずっと 眠り続けたい  楽しかった、あれが本当で 悲しんでる、これは夢で この身体は 意味もないのに 赤い 赤い 河が流れてる  何故、息をする?喉が渇いてしかたない あぁ、もう何も見たくないから「楽にさせてください」  友達には戻れないこと 一番ほら、わかっている 私だから受け取らないんだね? 電話も メールも 跳ね返されて  風を泳ぐ雲を見てた 涙がまたあふれてきた 私にはもう羽根がないから 歩いて 歩いて 探すしかない  何故、彷徨うの?人ごみの中おぼれてく あぁ、愛なんてなくていい、ただ 肩を抱いてほしいんです  広すぎる空の下 あなたしか見えなくて くやしくて くたびれて どこへ行くのか、教えて…  何故、息をする? 喉が渇いてしかたない あぁ、からっぽの胸は叫ぶの、「愛を分けてください」  目を閉じるとあなたがいて 目を開けたら誰かがいて きっと忘れさせてくれるよ…
凍える手辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里河野圭今夜あなたの手を暖めてくれる人はいますか? 一人でいても 誰かといても 淋しいときがあるね  もう会えない二人なら 遠い空から 音もなく語りかける 雪になりたい  凍える両手にキスして 自分にやさしくしてあげて あなたが思うよりもっと 心は傷ついてるから 壊れていかないで…  愛はどんなもの? 嘘に近いもの? 答えをだせないまま 似たような街で 似たような恋を 始めているとしても  どこかで会える必ず 乾いた道に 降り注ぎ流れてゆく 雨になりたい  誰も信じられないときは 懐かしい故郷想って 誰かに抱かれてあなたは この世に生まれたのだから 幸せになれるよう…  凍える両手にキスして 自分にやさしくしてあげて 涙があふれそうな時は 無理して笑わなくていい あなたは暖かいよ…
Next Love辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里河野圭会えないと忘れられそうで 悪い方ばかり考えてしまう 週末の午後に雨が降る いたたまれずに傘をさして出る  なんでこんなに切なくなるの? 去年はもっと哀しかったはず 一人ぼっちそれよりも 孤独になるのは愛を知ったとき  次の恋が来たみたい 波のように心が震えて いつも胸で呼んでた彼の名前 ふと流れに消えた、rain, rain  「かわいそう」ってすぐ言わないで 誰にも心許せずいたけれど 単純ね、恋は恋でしか癒せないこと かみしめて歩く  出会った時には気付かなかった 心地いい風のように感じてた 少し今、わかるのよ 情熱以上に大切なものが  次の恋は友達の顔のまま 手をつないできた 初めてなの、あなたと何も決めず 散歩したくなった、rain, rain  次の恋は不器用な 新しい自分の始まり 頑張ろうと思わず生きてみたい そう、あなたのとなりで
Lullaby辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里河野圭平和な一日を過ごすそれだけでいいのに 神様は心になぜ傷を与えるのだろう? 痛みや憎しみがいつかやさしさに包まれ 静かに泣きながら話せる日がきっとくるよ  新しい哀しみに独り向かう時 もう何も、夢さえも、見たくないのなら  眠りよ 眠りよ 眠りなさい 春が来たら起こしてあげる 枯れたと思った枝に咲く 花の薫り 届けてあげる  私がどれくらいあなたを大好きだったか もっと言えばよかった これが最後と知ってたら  突然の哀しみに愛を疑う瞬間(とき) 出会うのも、待つことも、信じ疲れたら  眠りよ 眠りよ 眠りなさい 夏が来たら誘ってあげる 強くて懐かしい風が吹く 海に身体 還しに行こう  眠りよ 眠りよ 眠りなさい 秋が来たら教えてあげる 夕暮れ街並み つなぐ手が マフラーより暖かいこと  眠りよ 眠りよ 眠りなさい 冬が来て あなたは気付くの 弱くて小さな私でも 何かひとつ、たったひとつ、伝えるため、生まれてきたと
クラスメイト上原多香子上原多香子Я・KЯ・K河野圭何をゴールに すればいいの 別に欲しい物はないよ 暗くなる ニュースなんてなく ただなんとなく歩けてる 街で逢った 懐かしいクラスメイト 人の波にのみ込まれて 手を振るだけだよ  君の影を追いつづけた まぶしいあの頃 失敗をおそれずに ただ夢を追って 真夜中でも 眠らなくて 怒られるのにも慣れてた あの頃の生き方 小さな真実を 抱きしめたよ 大事そうに 嘘つきな大人の中で  いつも一緒にいたかったよ 君の言葉に甘えてた 君の後ろの影色だけ やけに鮮やかに映った ずっと先の 大きな分かれ道 知っていたよ でももう少し ゆっくり近づくと  君の強さに守られてた まぶしい あの頃 消せないメモリーが ひとつ残っている もう帰れない あの頃とは 違う君がいるよ だけど まっすぐに生きても 小さな真実を 落としてゆく 無くしてゆく 嘘つきな時代の中で 失敗を恐れずに ただ夢を追って 真夜中でも はしゃいだよね 怒ってくれる人がいた  あの頃の生き方 小さな真実を 抱きしめたよ 大事そうに 嘘つきな影色の中で
lonely girl上原多香子上原多香子Я・KЯ・K河野圭新しい季節 目覚めたての今日 何か起こりそう 訳もなく思う だけど心は 穏やかじゃなくて 恋は終わりに 駆け出してゆくよ  あなたのそう何処かに 惹かれたから 触れたいと 願っていた  長いキスの途中 ブーツを脱ぎ捨て ベッドに倒れた 少し照れながら  全ては そこから 始まるはず 鮮やかに奪われたら  だけど lonely night lonely night every night with your dream lonely girl lonely girl lonely girl loveless lonely night lonely night every night with your dream 何か足りない hopefully Tomorrow  背伸びはしない 無理してもダメ 似合いの人を 憧れじゃなくて  すれ違って すれ違って 終わってゆく 大嫌いだけど I miss you  ずっと lonely night lonely night every night with your dream lonely girl lonely girl lonely girl loveless lonely night lonely night every night with your dream 息が合わない hopefully Tomorrow  今も lonely night lonely night every night with your dream lonely girl lonely girl lonely girl loveless  さあ 見つけなくっちゃ 新しい I love you 諦めてみよう 扉を開こう
SWEET DREAMS上原多香子上原多香子Я・KЯ・K河野圭抱きしめたなら 戻れない事は 知っていたよね 止められない事を キミの髪の匂いと 胸に感じてるその息と 時計の音 扉の前で 急に包まれて 隠せなかったよ 本当の気持ちを 息が出来なくなりそうで 強く抱きしめられたよ 帰りたくない  あなたが送って来た 突然の切なさを 気づかないふりで  抱きしめたなら 戻れない事は 知っていたよね もう止められない 一人で帰れるなんて 強がってごまかしても 動けなくて 結ばれる未来のない 出逢いなんて無いけれど 言葉にできない想い  もう離さない 離れられない こんなにも誰かを 欲しいと思うなんて あなたと 逢える事を 始めから何処かで 予感してた だけど  奇跡 とっても 甘い夢 痛い胸  もう無いと思ってた 苦しいほどの想い 口づけをした 
ParodyGOLD LYLIC宇多田ヒカルGOLD LYLIC宇多田ヒカルUtada HikaruUtada Hikaru河野圭深夜放送 テレビが青い目で私を見てる いくらチャンネルを変えても その視線を振り切れずにいる  冷蔵庫の中は 何度覗いても同じ返事 聴きなれた返事 タイムリミットは目前 もっと時間がいる let me be  Oh no これは parody でも自分には life story 私を待てずに時計は 何も知らないフリしてる I know よくある話 でも自分には life story 誰かの真似じゃない私は これから続きを書きます  みんなで同じ方向へ向かってく 高速道路 ただの偶然なんだよ 道が別れる時は突然  七階まで急いでお願いね 意外と狭いエレベーター 誰もいないから安心 「思いやり」から set me free  Oh no どれも parody でも誰だって true story 力を出せずにあなたは 何もいらないフリしてる I know よく似た二人 でも競い合うばかり 力を入れずに私は これから続きを読みます  Oh no これも多分 parody きっと他人にはfake story 自分の靴しか履けない それで歩けるんだからいい I know よくある話 でも自分にはreal story 続きを待てずに私は これから君に会いに行くよ
サイレンSomething ELseSomething ELse今井千尋今井千尋河野圭長井は僕らに言う 「ねえ君たちって目の前のチャンスをいつも逃してんだ」と  分かってる 確かにそう言われればそうかもしれない 明け方に サイレンの音が僕の睡眠をジャックする  sunshine まだ眠る太陽 掴みたいよ can i change? 今 変われるもの 始まってくもの  山崎は僕に言う 「君の夢ってまるで具体性に欠ける空想なんだ」と  悔しくて (一人) 眠れない夜が僕を大きくしてゆく (いつかきっと) 明け方に (響く) サイレンの音が僕の精神をロックする  sunshine まだ眠る太陽 叫びたいよ can i do? もう急がなくちゃ 時間がないよ can i change? 今 変われるもの 始まってくもの
パーティーを始めようSomething ELseSomething ELseChihiro ImaiChihiro Imai河野圭みんながそろったら パーティーを始めよう 暗闇を合図に パーティーを始めよう 今日は君のバースデー パーティーを始めよう そろわない声で ハッピーバースデーを歌おう ずっと内緒にしていたケーキの登場 驚く君に盛大な拍手を 今日は君のバースデー パーティーを始めよう  揺らめく炎を 1・2・3で吹き消そう グラスがそろったら パーティーを始めよう 乾杯を合図に パーティーを始めよう ちょっと最高潮に なった僕らのモード 君の父さんと 母さんに感謝を 今日は君のバースデー パーティーを始めよう 夜はこれからさ パーティーを続けよう  まだ見ぬ明日に めいっぱいの勇気を 暗闇を合図に 二人で抜け出そう 大好きなあなたに I love youを伝えよう 冷やかす仲間に 愛のキックをかまそう みんながそろったら パーティーを始めよう 今日は君のバースデー パーティーを始めよう
夕立ちSomething ELseSomething ELse今井千尋今井千尋河野圭8月の祭りのあとは 理由もなく寂しく 薫り立つ浴衣の君は全てが艶やかで  夏がゆくたびに君はまた綺麗になる  ゆっくりゆっくりと君を抱いてもいいの? カミナリが連れてきた長い夕立ちが肌の熱を覚ましてゆくよ  紫陽花の色が流れてやがて虹に変わる 泣きながら笑ったのはなぜ さよならの最後に  好きなのにどうして僕たちは壊れてゆく  あんなにあんなにも激しく恋におちて 本当の君の重みを知った時に何故か僕は震えていたよ  夏がゆくたびに君はほら大人になる  ゆっくりゆっくりと君を抱いてもいいの? 遠くから聞こえてくる太鼓の音に胸の鼓動は早くなる  ゆっくりゆっくりと君を忘れていいの? カミナリが連れてきた長い夕立ちが肌の熱を覚ましてゆくよ 肌の熱を覚ましてゆくよ
2人のDIFFERENCE辛島美登里辛島美登里吉田美和吉田美和・中村正人河野圭偶然通り過ぎた 交差点の脇 聞き覚えのある声 ふと足が止まる コドウが速くなって 数人のグループ 大きな声で笑う あなたを見つけた  声をかけようか しばらく迷って でも本当に楽しそうだから 上げかけた手 戻した  私だけが忘れない あなたはすべて忘れて 毎日の中で 少しも私を 思い出さないの  電話もひさしぶりね どきどきしながら 街で見かけた事を そのままに告げた だまって行き過ぎたのが 気まずく伝わる イヤミじゃないのゴメン でも言い出せない  そっけなく切った 冷たい感触 悲しくて悔しい気持ちにまた 眠れない夜がくる  私だけが忘れない あなたはすべて忘れて 毎日の中で 少しも私を 思い出さないの  初めて名前 呼んでくれた日 初めて2人 喧嘩した日も  私だけが忘れられない あなたはもう新しい毎日の中で 少しも私を 思い出さない…
白いくつ下は似合わない辛島美登里辛島美登里荒井由実荒井由実河野圭私の瞳に 映ったあなたが 涙にゆがんで こぼれ落ちてしまう 私の心に 住んでたあなたが 誰かと腕組み 遠くへ行ってしまう  歩道橋の上でよりそって 並木道 見下ろして きみとどこまでも歩きたいと 云ったのは うそなの  失くしたものなど何もないけれど 白いくつ下 もう似合わないでしょう  電話のそばから 離れられないの わかってる二度とは 声も聞けないこと  小雨の降りだした寒い夜 肩を抱きよせながら 今はきみだけしか見えないと 云ったのは うそなの  失くしたものなど何もないけれど 白いくつ下 もう似合わないでしょう 白いくつ下 もう似合わないでしょう
さよならを待ってる辛島美登里辛島美登里吉田美和吉田美和・中村正人河野圭ねぇ あなたから聞かせてよ ねぇ 噂は残酷なだけ ねぇ 裏通りを選んで ねぇ 傘に隠れてた2人  私のためにだけ そんなことをするなら 悲しい決断も覚悟も また傷つける  さよならを ずっと待っていた ダイアル押す指が 震えた コール7回 数えてから あなたにつながる  ねぇ‘もしもし'と繰り返す ねぇ いつも聞いてた声が ねぇ 耳の奥に響いて ねぇ 一言も話せない  どうして切らないの? 私と判るからね 沈黙に付き合ってくれているのが あなたらしい  さよならを ずっと待っていた 誰も 傷つかずに済むのは 気付いて ありえないことだと やさしさじゃないと…  さよならを ずっと待っていた ホントは 声が聞きたかった あなたの声が 聞きたかった たとえ最後でも  さよならを ずっと待っている 今 その瞬間を 待ってる どうかかなえて この願いを 一言でいい 声を聞かせてよ 声を聞かせてよ
For YouPLATINA LYLIC宇多田ヒカルPLATINA LYLIC宇多田ヒカルUtada HikaruUtada Hikaru河野圭ヘッドフォンをして ひとごみの中に隠れると もう自分は消えてしまったんじゃないかと思うの 自分の足音さえ 消してくれるような音楽 ケンカのことも君をも忘れるまで踊っていたい  散らかった部屋に帰ると 君の存在で 自分の孤独確認する  誰かの為じゃなく 自分の為にだけ 優しくなれたらいいのに 一人じゃ孤独を感じられない だから For you... 強くなれるように いつか届くように 君にも同じ孤独をあげたい だから I sing this song for you  起きたくない朝も 君の顔のために起きるよ 眠れない夜は 君がくれた歌を口ずさむんだ  勘違いしないでよ 誰もなにも君に頼ろうと 思ってるわけじゃないから  誰かの為じゃなく 自分の為にだけ 歌える歌があるなら 私はそんなの覚えたくない だから For you... 慣れてるはずなのに 素直になれるのに 誤解されると張り裂けそうさ だから I sing this song for you  I want to make you cry 傷つけさせてよ 直してみせるよ 飛びたいときは You will always give me a brighter sky You want to make me cry 悲しみで教えてくれた喜び 輝きたいときは You will always give me a darker sky  誰かの為じゃなく 自分の為にだけ 優しくなれたらいいのに 一人じゃ孤独を感じられない だから For you... 強くなれるように いつか届くように 君にも同じ孤独をあげたい だから I sing this song for you  誰かの為じゃなく 自分の為にだけ 歌える歌があるなら 私はそんなの覚えたくない だから For you... 慣れてるはずなのに 素直になれるのに 誤解されると張り裂けそうさ だから I sing this song for you
はやとちり宇多田ヒカル宇多田ヒカル宇多田ヒカル宇多田ヒカル河野圭そろそろ部屋から出ておいで いつまでたっても消えないから「事実」 つまずく姿を見られた時の様に フォローすればいいのかな  だいたい君もずるいじゃないかい (お世辞じゃないよ) 会いたい また私のはやとちり  思わせぶりでは好かれてしまうよ? 嘘吐きなだけでは嫌われちゃうよ?  カラカラになった太陽は 毎日雨を望んでいるのかも そう考えれば降られた気分だって 悪くないんじゃないかな  「勝てないような気がした オマエはいつも強いし 泣かない」 それは君の勘違い  事態を理解してしまった時に 理想主義の理論なんてうるさい  責めないで 間違った速度で走ってたんじゃない ただ今回はさ ちょっと歩幅が合わなかっただけ  夢から覚めた後また眠りたいよ 現実主義者には分からないだろう  随分話が違うじゃないかい 今すぐ厭なら明日にバイバイ That's the way it is いつまで待っても損なだけなら 出直してくるよ 今はバイバイ That's the way it is
Two of us辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里河野圭遠くへ逝くのが私のせいなら 毎日だってあやまるわ 飼えなくなった猫のように私は 月夜に放り投げられた  それからはもう無我夢中で 仕事でもほめられるほど でもまだ忘れてはいない  ショックと痛みにはいつも時差がある ほんとに哀しくなるのは 日常に戻る 49日すぎからだと友達は言った  なんていい天気なの今日は 立ち止まり胸を押さえた あぁ息をするのが苦しい  今はまだ未定 涙をみせずに 決められたことこなすだけで 振り回される日々に自分を支えてもらってるよ あなたを忘れたい あなたを消したい だけどほんとは会いたい 世界中で巡りあえた ただひとつのTwo of us  何かしてないとおかしくなりそうで あなたに手紙を書いてる 恨み事じゃなく感謝の気持ちを 違うな…何かが違う  怖い夢だってかまわない 私より先に消えないで この手で あなたに触れたい  ペンを回す癖 本をめくる音 隣にあなたがいるようで 思い出がからみつくこの森を早く抜け出したい あなたを忘れたい あなたを越えたい だけどもう一度会えたら 友達だってかまわないって言いそうだよTwo of us  出会ったことも 訣れたことも 費やした長い時間も 意味があったと無駄ではないと 信じられる日はいつだろう  心配しないで はしゃぐ中にいると つられて微笑む時もある あなたの占める場所に新しい何かが育っていく そのうち忘れる そのうち変われる 誰と競いあう恋じゃない あぁよかったとあくびをして終わるそれがTwo of us
passport to heaven辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里河野圭Patapalaparila, Patapalaparila, Patapalaparila, hum..........  驚きませんか? 隣のビルが 今朝来たら跡形もなく『For Sale』の空き地だった 「明日は自分の番だ」言える人ほど 最後まで生き延びていく そうに決まっている  「あぁ 受付嬢には さぁ わからないだろう?」って顔して  なんだっていいの どうだっていいの こわれちゃってもいいの I want a passport to heaven, Everybody can get paradise 入り口に座って 人を眺めてた あなたを待ってた (買って買って持ち帰って) 黄色い瞳で 黄色く誘ったの (ストレスストレス溜まっていくから) 早くPick upして!  Patapalaparila, Patapalaparila, Patapalaparila, hum..........  静かなフロアを E-MAILが行き交う 友達は いけない恋の行方にもがいてる 仕事をしながらいつも あなたを想う 肝心なことを言えずに 一日が過ぎていく  ねぇ どこに隠れた? もぅ 三日も電話が通じない  なんだっていうの どうしたっていうの サヨナラだっていうの? I want a passport to heaven, Everybody can get paradise 愛がない毎日は 何にも見えない どこも歩けない (擦れ違っても気付かない) 楽しいヤツだけど いいヤツなんだけど (一生一生キメる相手には) 私向いてない?!  人を眺めてた あなたを待ってた (買って買って持ち帰って) 黄色い瞳で 黄色く誘ったの (ストレスストレス溜まっていくから) 早くPick upして! なんだっていいの どうだっていいの こわれちゃってもいいの I want a passport to heaven, Everybody can get paradise 入り口に座って“Hello & Smile!!” なんだっていうの どうしたっていうの サヨナラだっていうの? I want a passport to heaven, Everybody can get paradise ところで私は誰でしょう?  Patapalaparila, Patapalaparila, Patapalaparila, hum..........
Never Let GoGOLD LYLIC宇多田ヒカルGOLD LYLIC宇多田ヒカルUtada HikaruUtada Hikaru河野圭真実は最高の嘘で隠して 現実は極上の夢でごまかそう そんな二人でも あなたを失いたくない ねぇ どうしてそんなに不安なの ゆるぎない愛なんて欲しくないのに  二人で靴脱ぎ捨てて はだしでかけていこう -I'll never let go- 無感覚のなか泳いで 不安のなか走ってく -I'll never let go- 二人で靴脱ぎ捨てて はだしでかけていこう -I'll never let go- 太陽に目がくらんでも その手を離さないで -I'll never let go-  悲しみは優しい雨に任せて 幸せを思い出そう 先が見えない けど怖くない 明日の私たちどこにいるの?  二人で靴脱ぎ捨てて はだしでかけていこう -I'll never let go- 無感覚のなか泳いで 不安のなか走ってく -I'll never let go- 二人で靴脱ぎ捨てて はだしでかけていこう -I'll never let go- 太陽に目がくらんでも その手を離さないで -I'll never let go-
First LoveMILLION LYLIC宇多田ヒカルMILLION LYLIC宇多田ヒカルUtada HikaruUtada Hikaru河野圭最後のキスは タバコの flavor がした ニガくてせつない香り  明日の今頃には あなたはどこにいるんだろう 誰を想ってるんだろう  You are always gonna be my love いつか誰かとまた恋に落ちても I'll remember to love You taught me how You are always gonna be the one 今はまだ悲しい love song 新しい歌 うたえるまで  立ち止まる時間が 動き出そうとしてる 忘れたくないことばかり  明日の今頃には わたしはきっと泣いてる あなたを想ってるんだろう  You will always be inside my heart いつもあなただけの場所があるから I hope that I have a place in your heart too Now and forever you are still the one 今はまだ悲しい love song 新しい歌 うたえるまで  You are always gonna be my love いつか誰かとまた恋に落ちても I'll remember to love You taught me how You are always gonna be the one 今はまだ悲しい love song 新しい歌 うたえるまで
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. Dear
  3. 夢幻
  4. さよーならまたいつか!
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. 永久 -トコシエ-
  5. hanataba

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×