青山新の歌詞一覧リスト  14曲中 1-14曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
14曲中 1-14曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あなた探して港町忘れて欲しいと あなたの電話 船の汽笛が 聞こえてた 嫌よ 嫌よ このまま これきりなんて たずねる函館 港町  あなたにいつでも 甘えてばかり どうぞ許して わがままを せめて せめて ひと言 謝りたくて たたずむ今治(いまばり) 港町  あきらめちゃいなと カモメが騒ぐ 潮風(かぜ)が噂を 消してゆく 他の 他の 誰かと 幸せですか 日暮れの長崎 港町青山新麻こよみ水森英夫竹内弘一忘れて欲しいと あなたの電話 船の汽笛が 聞こえてた 嫌よ 嫌よ このまま これきりなんて たずねる函館 港町  あなたにいつでも 甘えてばかり どうぞ許して わがままを せめて せめて ひと言 謝りたくて たたずむ今治(いまばり) 港町  あきらめちゃいなと カモメが騒ぐ 潮風(かぜ)が噂を 消してゆく 他の 他の 誰かと 幸せですか 日暮れの長崎 港町
奥州三関はぐれ浮雲 流れ雲 ひとり みちのく 北の空 夢の峠を 一歩ずつ 越える苦労の 白川(しらかわ)の関 俺が 俺が 決めたこの道 どこまでも  純なあの娘の あの涙 思い出させる 通り雨 桃のひと枝 懐(ふところ)に 未練断ち切る 勿来(なこそ)の関よ 俺が 俺が 決めたこの道 迷わずに  風に揺れてる 野辺の花 遙か故郷(ふるさと) 懐かしく 越える試練の 念珠ヶ関(ねずがせき) 後に戻れぬ 人生一度 俺が 俺が 決めたこの道 ひとすじに青山新麻こよみ水森英夫石倉重信はぐれ浮雲 流れ雲 ひとり みちのく 北の空 夢の峠を 一歩ずつ 越える苦労の 白川(しらかわ)の関 俺が 俺が 決めたこの道 どこまでも  純なあの娘の あの涙 思い出させる 通り雨 桃のひと枝 懐(ふところ)に 未練断ち切る 勿来(なこそ)の関よ 俺が 俺が 決めたこの道 迷わずに  風に揺れてる 野辺の花 遙か故郷(ふるさと) 懐かしく 越える試練の 念珠ヶ関(ねずがせき) 後に戻れぬ 人生一度 俺が 俺が 決めたこの道 ひとすじに
女がつらい噂を拾って はるばると たずねるすすき野 北の街(まち) 七歳(ななつ)年下 あなたは今頃どこに 夢もチリヂリ 女がつらい  ヒールが重たい 裏通り さ迷う新宿 ネオン街(まち) 世話を焼き過ぎ あなたに嫌われました 夢もチリヂリ 女がつらい  私のことなど 忘れたか 賑わう曽根崎(そねざき) 未練街(まち) 出来ることなら あなたとやり直したい 夢もチリヂリ 女がつらい  賑わう人込み あなたかと 駆け寄る中州(なかす)は 恋の街(まち) 今日をかぎりに あなたをあきらめましょか 夢もチリヂリ 女がつらい青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお噂を拾って はるばると たずねるすすき野 北の街(まち) 七歳(ななつ)年下 あなたは今頃どこに 夢もチリヂリ 女がつらい  ヒールが重たい 裏通り さ迷う新宿 ネオン街(まち) 世話を焼き過ぎ あなたに嫌われました 夢もチリヂリ 女がつらい  私のことなど 忘れたか 賑わう曽根崎(そねざき) 未練街(まち) 出来ることなら あなたとやり直したい 夢もチリヂリ 女がつらい  賑わう人込み あなたかと 駆け寄る中州(なかす)は 恋の街(まち) 今日をかぎりに あなたをあきらめましょか 夢もチリヂリ 女がつらい
女のはじまりもっと優しい 男がいると あなたは背中を 向けるけど やめてやめてやめてよ 倖せよりも あなたのために 泣きたいの ああ 女の 女のはじまり  胸がほんとに 張り裂けること あなたが教えて くれたのよ あたしあたしあたしは 死ぬほど抱かれ 女の気持ち 知りました ああ 女の 女のはじまり  どんな優しい 男がいても 冷たいあなたが 好きなのよ 欲しい欲しい欲しいの あなたのすべて 宿命(さだめ)の中に 身を投げる ああ 女の 女のはじまり青山新田久保真見水森英夫竹内弘一もっと優しい 男がいると あなたは背中を 向けるけど やめてやめてやめてよ 倖せよりも あなたのために 泣きたいの ああ 女の 女のはじまり  胸がほんとに 張り裂けること あなたが教えて くれたのよ あたしあたしあたしは 死ぬほど抱かれ 女の気持ち 知りました ああ 女の 女のはじまり  どんな優しい 男がいても 冷たいあなたが 好きなのよ 欲しい欲しい欲しいの あなたのすべて 宿命(さだめ)の中に 身を投げる ああ 女の 女のはじまり
がまん桜雪の礫(つぶて)を 北風を 耐えて堪(こら)えて 春を待つ 一度心に 決めたなら 口にゃ出さない 泣き事は いつの日か いつの日か がまん桜よ 花と咲け  汗の滴(しずく)が 沁み込んで 天に向かって 伸びる枝 人の情けの あたたかさ 流す涙の 嬉し泣き あざやかに あざやかに がまん桜よ 凜と咲け  たとえ三日で 散ろうとも 巡る月日の 春を待つ 熱い思いを 胸に抱き 急くな焦るな じっくりと いつの日か いつの日か がまん桜よ きっと咲け青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお雪の礫(つぶて)を 北風を 耐えて堪(こら)えて 春を待つ 一度心に 決めたなら 口にゃ出さない 泣き事は いつの日か いつの日か がまん桜よ 花と咲け  汗の滴(しずく)が 沁み込んで 天に向かって 伸びる枝 人の情けの あたたかさ 流す涙の 嬉し泣き あざやかに あざやかに がまん桜よ 凜と咲け  たとえ三日で 散ろうとも 巡る月日の 春を待つ 熱い思いを 胸に抱き 急くな焦るな じっくりと いつの日か いつの日か がまん桜よ きっと咲け
君とどこまでも星の見えない 夜だって 迷いはしない ふたりでいれば 君の歩いてゆく道が 僕の歩いてゆく道さ このままずっと どこまでも 君と君と 君とどこまでも  枯れ葉舞い散る 街角も 寒くはないさ ふたりでいれば 君のふれあう指先が 僕のふれあう指先さ このままずっと どこまでも 君と君と 君とどこまでも  ひとり見ていた 夕暮れも 淋しくないさ ふたりでいれば 君の誓った約束が 僕の誓った約束さ このままずっと どこまでも 君と君と 君とどこまでも青山新岸かいせい水森英夫石倉重信星の見えない 夜だって 迷いはしない ふたりでいれば 君の歩いてゆく道が 僕の歩いてゆく道さ このままずっと どこまでも 君と君と 君とどこまでも  枯れ葉舞い散る 街角も 寒くはないさ ふたりでいれば 君のふれあう指先が 僕のふれあう指先さ このままずっと どこまでも 君と君と 君とどこまでも  ひとり見ていた 夕暮れも 淋しくないさ ふたりでいれば 君の誓った約束が 僕の誓った約束さ このままずっと どこまでも 君と君と 君とどこまでも
霧雨の夜は更ける何も言うなよ わかっているさ つらい男の 胸の内 終わった恋なら 今夜で忘れろよ 窓の向こうに 音もなく 霧雨 降る降る 港の酒場  いつも別れは 突然過ぎて 心傷つく 事ばかり 愛した月日を 嘆(なげ)くな悔やむなよ 青いカクテル 薄灯り 静かに更け行く 港の酒場  恋の苦(にが)さを つらさを知って 人は優しく なれるから 今さら自分を そんなに責めるなよ 胸の痛みを 包むよに 霧雨 降る降る 港の酒場青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお何も言うなよ わかっているさ つらい男の 胸の内 終わった恋なら 今夜で忘れろよ 窓の向こうに 音もなく 霧雨 降る降る 港の酒場  いつも別れは 突然過ぎて 心傷つく 事ばかり 愛した月日を 嘆(なげ)くな悔やむなよ 青いカクテル 薄灯り 静かに更け行く 港の酒場  恋の苦(にが)さを つらさを知って 人は優しく なれるから 今さら自分を そんなに責めるなよ 胸の痛みを 包むよに 霧雨 降る降る 港の酒場
仕方ないのさ仕方ないのさ 仕方ないんだよ 涙をお拭きよ もう泣かないで 嫌いになった 訳じゃない 好きで別れる 恋もある 月も潤むよ アカシア小径  仕方ないのさ 仕方ないんだよ 笑顔を見せてよ もう泣かないで 幸せ君に やれなくて ひとり別れを 決めたのさ  渡すハンカチ アカシア小径  仕方ないのさ 仕方ないんだよ 怨まずおくれよ もう泣かないで わかって欲しい 嘘じゃない つらい気持ちは 同じだよ 名残り尽きない アカシア小径青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお仕方ないのさ 仕方ないんだよ 涙をお拭きよ もう泣かないで 嫌いになった 訳じゃない 好きで別れる 恋もある 月も潤むよ アカシア小径  仕方ないのさ 仕方ないんだよ 笑顔を見せてよ もう泣かないで 幸せ君に やれなくて ひとり別れを 決めたのさ  渡すハンカチ アカシア小径  仕方ないのさ 仕方ないんだよ 怨まずおくれよ もう泣かないで わかって欲しい 嘘じゃない つらい気持ちは 同じだよ 名残り尽きない アカシア小径
石楠花の雨二度と会わぬと 心に決めて ふたり別れた 雨の夜 石楠花(しゃくなげ)の 花びらに そっと重ねる 面影よ 寂しさが 寂しさが 胸を刺す  無理にあの人 奪ってみても きっと苦労を かけるだけ 石楠花(しゃくなげ)の 薄紅の 色も儚い つらい恋 思い出が 思い出が また揺れる  生まれ変わって 誰より先に 巡り会いたい あの人に 石楠花(しゃくなげ)の 花びらが 風に小さく 震えてる 会いたさが 会いたさが 胸を刺す青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお二度と会わぬと 心に決めて ふたり別れた 雨の夜 石楠花(しゃくなげ)の 花びらに そっと重ねる 面影よ 寂しさが 寂しさが 胸を刺す  無理にあの人 奪ってみても きっと苦労を かけるだけ 石楠花(しゃくなげ)の 薄紅の 色も儚い つらい恋 思い出が 思い出が また揺れる  生まれ変わって 誰より先に 巡り会いたい あの人に 石楠花(しゃくなげ)の 花びらが 風に小さく 震えてる 会いたさが 会いたさが 胸を刺す
ズミの花二人歩いた 思い出小径 そよぐ風さえ 涙を誘う 君の面影 白い花 弱い 体(からだ)を 隠していたか ズミの花 ズミの花 も一度会いたい ズミの花  髪を掻(か)き上げ 微笑むしぐさ 時間(とき)がたつほど 恋しさつのる 甘い香りの 白い花 触れた唇 ただ一度だけ ズミの花 ズミの花 身を切る淋しさ ズミの花  揺れる木漏れ日 哀しいほどに 空の青さが 心に沁みる 肩にひとひら 白い花 散るは運命(さだめ)か 儚い命 ズミの花 ズミの花 も一度会いたい ズミの花青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお二人歩いた 思い出小径 そよぐ風さえ 涙を誘う 君の面影 白い花 弱い 体(からだ)を 隠していたか ズミの花 ズミの花 も一度会いたい ズミの花  髪を掻(か)き上げ 微笑むしぐさ 時間(とき)がたつほど 恋しさつのる 甘い香りの 白い花 触れた唇 ただ一度だけ ズミの花 ズミの花 身を切る淋しさ ズミの花  揺れる木漏れ日 哀しいほどに 空の青さが 心に沁みる 肩にひとひら 白い花 散るは運命(さだめ)か 儚い命 ズミの花 ズミの花 も一度会いたい ズミの花
青春プロローグ履けなくなった シューズ 菜の花 一輪そえて 汗と涙の グラウンド 金網越しに 見送った  握った切符は 片道 レールの向うは 陽炎  さよなら青春エピローグ そして今 始まる 僕の 青春プロローグ そして今 始まる  あのこが編んだ ミサンガ 願いを 手首に巻けば 空に向かって 校舎から ひこうき雲が 伸びてゆく  背中のリュックは ぺしゃんこ 胸には希望が ぎっしり  さよなら 青春エピローグ そして今 始まる 僕の 青春プロローグ そして今 始まる  握った切符は 片道 レールの向うは 陽炎  さよなら青春エピローグ そして今 始まる 僕の 青春プロローグ そして今 始まる青山新岸かいせい水森英夫伊戸のりお履けなくなった シューズ 菜の花 一輪そえて 汗と涙の グラウンド 金網越しに 見送った  握った切符は 片道 レールの向うは 陽炎  さよなら青春エピローグ そして今 始まる 僕の 青春プロローグ そして今 始まる  あのこが編んだ ミサンガ 願いを 手首に巻けば 空に向かって 校舎から ひこうき雲が 伸びてゆく  背中のリュックは ぺしゃんこ 胸には希望が ぎっしり  さよなら 青春エピローグ そして今 始まる 僕の 青春プロローグ そして今 始まる  握った切符は 片道 レールの向うは 陽炎  さよなら青春エピローグ そして今 始まる 僕の 青春プロローグ そして今 始まる
どうにもならない恋だものどうにもならない 恋だもの 泣いてさけんで 恨んでみても どうにもならない 恋なのに 何故かあきらめ 切れないあたし 男がひとり 女がふたり もつれもつれた 恋の糸  どうにもならない 恋だもの 捨ててしまえば 良かったけれど どうにかこうにか したくって そっと夜更けに 待ちぶせしたの 男は迷い 女は決める たぐり寄せたい 恋の糸  どうにもならない 恋だもの 惚れて許して 信じるだけね どうにもならない 恋だから 腹をくくって 覚悟を決める あなたがひとり あたしがひとり こころ結んだ 恋の糸青山新田久保真見水森英夫竹内弘一どうにもならない 恋だもの 泣いてさけんで 恨んでみても どうにもならない 恋なのに 何故かあきらめ 切れないあたし 男がひとり 女がふたり もつれもつれた 恋の糸  どうにもならない 恋だもの 捨ててしまえば 良かったけれど どうにかこうにか したくって そっと夜更けに 待ちぶせしたの 男は迷い 女は決める たぐり寄せたい 恋の糸  どうにもならない 恋だもの 惚れて許して 信じるだけね どうにもならない 恋だから 腹をくくって 覚悟を決める あなたがひとり あたしがひとり こころ結んだ 恋の糸
迎えに来たよ迎えに来たよ 夢ではないさ 震える肩先 抱き寄せる 待たせてごめんね もう離さない 君の匂いの なつかしさ これからは これからは いつもそばにいる  ひとりのつらさ 笑顔で隠し 今日まで待ってて くれたよね 忘れたことなど 一度もないさ 君を誰より 愛してる これからも これからも そばにいて欲しい  離れた月日 いくつも超えて 二人の絆が 強くなる 幸せあげるよ もう泣かないで 君の瞳の 愛(いと)おしさ これからは これからは いつもそばにいる青山新麻こよみ水森英夫石倉重信迎えに来たよ 夢ではないさ 震える肩先 抱き寄せる 待たせてごめんね もう離さない 君の匂いの なつかしさ これからは これからは いつもそばにいる  ひとりのつらさ 笑顔で隠し 今日まで待ってて くれたよね 忘れたことなど 一度もないさ 君を誰より 愛してる これからも これからも そばにいて欲しい  離れた月日 いくつも超えて 二人の絆が 強くなる 幸せあげるよ もう泣かないで 君の瞳の 愛(いと)おしさ これからは これからは いつもそばにいる
夢の足跡明日のことも わからずに 夢にはぐれて 泣いた夜 悩んだぶんだけ 強くなれると 信じて前だけ 向いて来た… 迷わずに 焦らずに まわり道でも 一歩ずつ 夢を捨てずに 歩いて行けば きっと足跡 残るから  元気を出せと 声をかけ いつも笑顔を くれる人 ひとりじゃ何にも 出来ないままで 感謝してます いつだって… 迷わずに 焦らずに 回り道でも 一歩ずつ 涙流した 哀しい夜も 笑い話に できるから  迷わずに 焦らずに まわり道でも 一歩ずつ 夢を追いかけ 歩いて行けば きっと足跡 残るから青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお明日のことも わからずに 夢にはぐれて 泣いた夜 悩んだぶんだけ 強くなれると 信じて前だけ 向いて来た… 迷わずに 焦らずに まわり道でも 一歩ずつ 夢を捨てずに 歩いて行けば きっと足跡 残るから  元気を出せと 声をかけ いつも笑顔を くれる人 ひとりじゃ何にも 出来ないままで 感謝してます いつだって… 迷わずに 焦らずに 回り道でも 一歩ずつ 涙流した 哀しい夜も 笑い話に できるから  迷わずに 焦らずに まわり道でも 一歩ずつ 夢を追いかけ 歩いて行けば きっと足跡 残るから
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. 366日
  4. Darling
  5. さよーならまたいつか!

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×