水森英夫作曲の歌詞一覧リスト  898曲中 1-200曲を表示

全5ページ中 1ページを表示
898曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
危険な呪文 新曲山西アカリ 新曲山西アカリ岸快生水森英夫こみかるみっちゃんあのひとは忍者 あのひとは忍者 わたしのこころ 盗んで消えた 紫色の スカーフはずし わたしに投げて 闇夜に溶けた 臨(りん)、兵(びょう)、闘(とう)、者(しゃ)、 皆(かい)、陣(じん)、烈(れつ)、在(ざい)、前(ぜん) 危険な呪文 耳を離れない あのひとは忍者  あのひとは忍者 あのひとは忍者 わたしに言葉 授(さず)けて行った ひとさし指を おでこにあてて 会いたくなれば 唱えなさいと 臨(りん)、兵(びょう)、闘(とう)、者(しゃ)、 皆(かい)、陣(じん)、烈(れつ)、在(ざい)、前(ぜん) 危険な予感 だけどとまらない あのひとは忍者  臨(りん)、兵(びょう)、闘(とう)、者(しゃ)、 皆(かい)、陣(じん)、烈(れつ)、在(ざい)、前(ぜん) 危険な呪文 耳を離れない あのひとは忍者 あのひとは忍者 あのひとは忍者
みれん酒 新曲羽山みずき 新曲羽山みずき里村龍一水森英夫渡辺博史お酒にすがる 悲しさを きっとあなたは 知らないでしょう 夢の数だけ 涙も枯れた 駄目になるとは 知らないで みんなあげたわ あなたには 想い出が泣いている 幸せみれん酒  あなたの側(そば)で 尽くしたい それが私の 生きがいでした 信じられない 別れたなんて こんな気持ちじゃ もう二度と 他(ほか)の男(ひと)など 愛せない 霧雨も泣いている 幸せみれん酒  夜更けの町は 人も無く 帰る家路は 淋しく辛い 今もあなたが 命の私 悪いところは 直すから どうか私を 捨てないで 恋しさが泣いている 幸せみれん酒
ひとり酒 新曲羽山みずき 新曲羽山みずきたかたかし水森英夫渡辺博史あなたと肩を並べて飲んだ お酒が恋しい 雨降る路地は おまえと呼ばれて 抱かれた夜の 女のしあわせ お猪口(ちょこ)についで チビリチビリ チビリチビリ… 夜の居酒屋 ひとり酒  煙草のけむりがこの目にしみる あなたの匂いを 懐(おも)いだすから いつかは一緒と こころにきめて 捧げてつくした 女のなみだ チビリチビリ チビリチビリ… 夜の居酒屋 ひとり酒  お酒のせいで泣くんじゃないわ 寂(さみ)しいこころを わかってほしい かなわぬ夢でも 生きてるかぎり 女の春を待つ 路地裏あかり チビリチビリ チビリチビリ… 夜の居酒屋 ひとり酒
あなたと一緒花木優花木優いとう彩水森英夫水谷高志言葉がなくても 通じ合う そんな男に 惚れました けして上手(じょうず)な 生き方じゃないけど 大事なんです 女には あなたと一緒 この先も…  倖せ者だと 人は言う 嬉し涙が こみ上げる けして夢見た 生き方じゃないけど 泣いた分だけ 花は咲く あなたと一緒 この先も…  我がまま言ったら 叱ってね よそ見しないで 愛してね けして飾った 生き方じゃないけど 笑顔絶やさず 着いて行く あなたと一緒 この先も…
女神輿花木優花木優いとう彩水森英夫水谷高志花火一発 ドンと上がりゃ 女だてらに 血が騒ぐ 祭りや 祭りや <ハァ!> 祭りやで 老いも若きも みな燃えろ 手出し足出し この肩に 熱い吐息を ぶっかけな そこのけ そこのけ 女神輿 ベエラッ<ベエラッ!> ベエラッ<ベエラッ!> ベエラッ<ベエラッ!>  親よ止めるな 喉枯らし 三日三晩の 血が滾(たぎ)る 祭りや 祭りや <ハァ!> 祭りやで 嫁に行く気は 無いじゃなし 勇気ある奴ぁ この胸の 晒(さら)し解(ほど)いて 抱いてみな そこのけ そこのけ 女神輿 ベエラッ<ベエラッ!> ベエラッ<ベエラッ!> ベエラッ<ベエラッ!>  料理洗濯 家事上手(じょうず) 実は本当は みな上手 祭りや 祭りや <ハァ!> 祭りやで 祭り終われば しとやかに 心洗って 身も洗う これがホンマの 浪花(なにわ)っ娘 そこのけ そこのけ 女神輿 ベエラッ<ベエラッ!> ベエラッ<ベエラッ!> ベエラッ<ベエラッ!>
赤羽ノスタルジー松尾雄史松尾雄史もりちよこ水森英夫伊平友樹心配しないで、幸せよ 話したくちびる かさついて もともと嘘など 下手なおまえさ グラスを持つ手も 震えてる  どしゃ降りの あの日 傘のなか 「行くな」と 抱きしめたかった  今じゃ 後悔ばかりさ まだ愛してる ごめん ごめんよ 今さら 赤羽一番街 遅すぎた  潤んだ瞳で 笑うから 心の傷あと また疼く 守ってやれない そんな俺には 手放すことさえ 愛だった  「帰さない」なんて 言ったなら 俺たち 台無しになる  だけど 背中を向けても また泣けてくる ごめん ごめんよ 今さら 壊れた置時計 遅すぎた  どしゃ降りの あの日 傘のなか 「行くな」と 抱きしめたかった  今じゃ 後悔ばかりさ まだ愛してる ごめん ごめんよ 今さら 赤羽一番街 遅すぎた
ガラスの指輪松尾雄史松尾雄史もりちよこ水森英夫伊平友樹笑うしかないね こんな男は 笑ってくれたなら どんなに楽だろう  どこか遠くで 暮らそうなんて どうかしてたよ 子供じゃあるまいし  奪えぬ愛だった 掴めぬ愛だった 送り届けた 部屋の明かりに ガラスの指輪 握りしめるだけ  守ってあげると 肩を抱いたね そっぽを向くほうが ほんとはよかったね  駅前通り 錆びたベンチに ふたり並んで 途方に暮れた夜  運命すれ違う 幸せすれ違う おまえが望む あの日の夢は ガラスの指輪 叶わぬ約束  どこか遠くで 暮らそうなんて どうかしてたよ 子供じゃあるまいし  奪えぬ愛だった 掴めぬ愛だった 送り届けた 部屋の明かりに ガラスの指輪 握りしめるだけ
夢の足跡青山新青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお明日のことも わからずに 夢にはぐれて 泣いた夜 悩んだぶんだけ 強くなれると 信じて前だけ 向いて来た… 迷わずに 焦らずに まわり道でも 一歩ずつ 夢を捨てずに 歩いて行けば きっと足跡 残るから  元気を出せと 声をかけ いつも笑顔を くれる人 ひとりじゃ何にも 出来ないままで 感謝してます いつだって… 迷わずに 焦らずに 回り道でも 一歩ずつ 涙流した 哀しい夜も 笑い話に できるから  迷わずに 焦らずに まわり道でも 一歩ずつ 夢を追いかけ 歩いて行けば きっと足跡 残るから
女がつらい青山新青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお噂を拾って はるばると たずねるすすき野 北の街(まち) 七歳(ななつ)年下 あなたは今頃どこに 夢もチリヂリ 女がつらい  ヒールが重たい 裏通り さ迷う新宿 ネオン街(まち) 世話を焼き過ぎ あなたに嫌われました 夢もチリヂリ 女がつらい  私のことなど 忘れたか 賑わう曽根崎(そねざき) 未練街(まち) 出来ることなら あなたとやり直したい 夢もチリヂリ 女がつらい  賑わう人込み あなたかと 駆け寄る中州(なかす)は 恋の街(まち) 今日をかぎりに あなたをあきらめましょか 夢もチリヂリ 女がつらい
昭和かたぎ天童よしみ天童よしみ水木れいじ水森英夫猪股義周坂のむこうで 花咲く春が 待っているよと 言った人 忍んで耐えた 冬いくつ 似た者どうしで 越えてきた かさねた命に心はひとつ 離れずに 離さずに 生きるのよ  昭和かたぎの あなたに惚れて 苦労しました 泣きました いろいろあるわ あるけれど あなたの背中が 道しるべ 片道切符の人生だから 離れずに 離さずに 生きるのよ  情(なさ)け知らずの 人の世だけど きっと倖(しあわ)せ つかもうね 私にだって 意地がある やっぱり 昭和の女です 悲しい時こそ笑ってみせる 離れずに 離さずに 生きるのよ
花の春天童よしみ天童よしみ水木れいじ水森英夫猪股義周尽(つく)しきれずに 別れたことが あたし死ぬより つらかった そぼ降る雨に 吹く夜風(かぜ)に 淋(さみ)しさ噛みしめ詫(わ)びてます… きれいな心は あの日のままよ 幸せをもう一度 花の春  泣いて昔が 帰るのならば 涙かれても かまわない あれから二年 今さらと 女のみれんを責めないで… やっぱりひとりじゃ 生きられないわ 幸せをもう一度 花の春  季節(とき)が巡れば 忘れるなんて そんな恋なら 恋じゃない 明日(あした)は逢える 逢えますと きりりと口紅ひき直す… 私の命は あなたのものよ 幸せをもう一度 花の春
中山道原田悠里原田悠里鈴木紀代水森英夫伊戸のりおあなた忘れの 旅に来て あなた恋しと 泣く私 夜泣き地蔵さん 見ていて欲しい 碓氷峠(うすいとうげ)を 越えたなら けじめをつけます 一歩また一歩 中山道(なかせんどう)は 山の中  未練引きずる この胸を 十六夜月(いざよいづき)が 笑ってる 右へ行(ゆ)こうか 左へ行こか 追分宿(おいわけじゅく)の 分かれ道 涙をふいたら 一歩また一歩 中山道は 迷い道  肩にとまった 枯れ葉より 軽いはかない 恋だった 憎さいとしさ 谷間に流し 奈良井宿(ならいじゅく)まで あと三里(さんり) 明日を夢見て 一歩また一歩 中山道は 道半ば
名残り花池田輝郎池田輝郎万城たかし水森英夫南郷達也秋の山里 湯の宿に 恋の破片(かけら)か 夕霧(きり)が降る あぁ 名残り花 いまも消えない 胸の火は 惚れた女の のこり香(が)か  恋のからくり もつれ糸 悔いが絡んで ほどけない あぁ 名残り花 過ぎた月日を 振りかえりゃ あんないい奴 いなかった  窓に沁み入る 鳴く鈴虫(むし)の こころ細さに 眠れない あぁ 名残り花 遠い面影 抱きながら 冷やで一杯 酒を酌(く)む
コッキーサンバ池田輝郎池田輝郎杉紀彦水森英夫桜庭伸幸ひとめ惚れはいつも 俺らの癖(くせ)なのさ 陽気にさわいで 歌おう お富さん エル・クンバンチェロ パヤ ティ・アモ ボニータ パヤ どこにもないよな 恋する二人さ どこまでも エル・コラソン コキコキコキコキ サンバ コキコキコキコキ サンバ コキコキサンバ コキコキサンバ コッキーサンバ  明日(あす)が来ればきっと 二人はしあわせに 抱きしめ頬(ほほ)よせ 踊ろう 東京アンナ エル・クンバンチェロ パヤ ティ・アモ ボニータ パヤ 日暮れが待てない 愛する二人は どこまでも エル・コラソン コキコキコキコキ サンバ コキコキコキコキ サンバ コキコキサンバ コキコキサンバ コッキーサンバ  世界が終ろうと 死んでも離さない 星降るこの夜 肩よせ リンゴ村から エル・クンバンチェロ パヤ ティ・アモ ボニータ パヤ 心も身体(からだ)も いとしい二人さ どこまでも エル・コラソン コキコキコキコキ サンバ コキコキコキコキ サンバ コキコキサンバ コキコキサンバ コッキーサンバ  コキコキコキコキ サンバ コキコキコキコキ サンバ コキコキサンバ コキコキサンバ コッキーサンバ
罪の恋二見颯一二見颯一麻こよみ水森英夫石倉重信心ひとつに 愛しても この手に奪えぬ 他人(ひと)の花 あなた あなた あなたは 年上の女(ひと) いけないわ いけないわ 逢えばひととき 抱き寄せる 甘い香りの あゝ罪の恋  会いたかったと 囁(ささや)けば うなずく瞳(ひとみ)の 愛(いと)おしさ あなた あなた あなたは 年上の女 いけないわ いけないわ つらい噂に ならぬよに 逢瀬(おうせ)重ねる あゝ罪の恋  罰を受けても かまわない 離れはできない 愚かさよ あなた あなた あなたは 年上の女 いけないわ いけないわ 紅い唇 ほつれ髪 夜に隠れる あゝ罪の恋
さよならの街角二見颯一二見颯一森坂とも水森英夫石倉重信小さな窓辺で 愛を育てたの つらいお別れ 思いもせずに 重荷でしたね わたしの気持ち あなただけよと 尽くすほど アデュー アデュー さよならの街角  ときめく恋など もういらないの あなたわたしの やすらぎでした 忘れられない 素顔のままで 肩に甘えた ぬくもりを アデュー アデュー さよならの街角  泣かない約束 交わすこの指で 涙拭くたび いい聞かせるの あなた以上に 愛せる人と きっといつかは 出逢えるわ アデュー アデュー さよならの街角
紀ノ川よ山西アカリ山西アカリさくらちさと水森英夫伊戸のりお紀州の女の 負けん気は 山椒のように ぴりりと辛(から)い 雨(あめ)風(かぜ)嵐(あらし)も 耐えたなら 天の恵みに なるのよと 母さん だれにも 見せない涙 呑んで流れる 紀ノ川よ  夕陽に染まった 母の背が 木枯らし吹けば まぶたに浮かぶ 心に誓った 夢ならば 何があっても 負けるなと 母さん その手で 送ってくれた 甘い蜜柑に 泣ける夜  極楽橋から 女人道(にょにんみち) 美(う)っつい春が 包んで香る ふる里はなれて 暮らしても こころやさしい 娘(こ)であれと 母さん つむいだ 尊い願い 乗せて流れる 紀ノ川よ
曽根崎マリヤ山西アカリ山西アカリさくらちさと水森英夫伊戸のりおあきちゃったんだよね 東京(トウキョ)のネオンにさ 誰が呼んだか 曽根崎マリヤ 流れて来たのは 三月前 新地の店で 踊ってる マリヤ マリヤ マリヤ あたしはマリヤ  うんざりなんだよね 男の嘘にはさ 赤いドレスの 曽根崎マリヤ お金も指輪も いらないわ 命を懸けて ほしいのよ マリヤ マリヤ マリヤ あたしはマリヤ  しあわせなんだよね 踊っていられりゃさ 誰が呼んだか 曽根崎マリヤ 涙も過去(むかし)も 傷痕(きずあと)も ライトを浴びて 花と咲く マリヤ マリヤ マリヤ あたしはマリヤ あたしはマリヤ
大川くだり出光仁美出光仁美さくらちさと水森英夫竹内弘一ちょいとごらんよ 三日月さまが 舟の後ろを ついてくる 好いて好かれて その気になって 人目忍んで ゆらゆらゆらり 濡れてみたさの エェ~大川くだり  差しつ差されつ 着物の裾も いつか乱れて 宵灯り とめておくれよ 浜町河岸に いっそ朝まで ゆらゆらゆらり 浮き世捨てましょ エェ~大川くだり  いやだいやだよ 別れるなんて 帯もとかずに このまんま 清州橋から 永代橋へ 夢も流れて ゆらゆらゆらり ほんにせつない エェ~大川くだり
一度でいいから岡田しのぶ岡田しのぶたかたかし水森英夫前田俊明おまえと呼ばれた うれしさに 熱い涙を かみしめる 一度でいいから やさしい胸に 胸にあまえて みたいのよ 逢えてよかった よかったわ あなた、しっかり しっかり抱いててよ  悲しい過去なら おれもある いまのおまえが 好きという 傷つきながらも それでもあなた あなたさがして 来たわたし 逢えてよかった よかったわ あなた、しっかり しっかり抱いててよ  あなたが灯す ひとすじの 愛のともしび 消さないで ふたりの明日に 小さな夢を 夢をかさねて 生きてゆく 逢えてよかった よかったわ あなた、しっかり しっかり抱いててよ
釧路発5時35分根室行き三丘翔太三丘翔太さくらちさと水森英夫竹内弘一あの娘の白いマフラーを 濡らした霧が今日も舞う 風のうわさを追いかけて 夜明けも待てず挽歌の駅へ 釧路発5時35分根室行き  幸せそうに手を振って 別れて行った雪の朝 あれは哀しい芝居だね ひとりで何を想って暮らす 釧路発5時35分根室行き  朝日に煙る雪原の 最後のカーブ汽車は行く 泣いているのは流氷か あの娘が遠く呼んでるような 釧路発5時35分根室行き
捨てられないの三丘翔太三丘翔太さくらちさと水森英夫竹内弘一女のしあわせ くれました 甘い涙も くれました あなたの嘘には 夢がある 芯から泣かせる 夢がある ばかねばかね 信じたの あなたは私を 捨てたけど 捨てられないの あなたがすべて  背中のホクロは 深情け 指でなぞって 言ったひと 兄さんみたいに やさしくて 弟みたいに 可愛(かわい)くて 好きよ 好きよ 今も好き あなたは私を 捨てたけど 捨てられないのあなたがすべて  あなたと拾った迷い猫 今はヒロシと呼んでます 七色十色(なないろといろ)ねおもいでは 遠くになるほどいとおしい 好きよ好きよ今も好き あなたは私を捨てたけど 捨てられないのあなたがすべて
浮世がらす蒼彦太蒼彦太久仁京介水森英夫竹内弘一あまい嘘には 人が寄る 苦い真実(まこと)にゃ そっぽ向く これが世間と 嘆くじゃないよ 俺はやりたい ことをやる 夢を抱えて 三度笠 浮世がらすの 意地っ張り  ~長い坂道 荷物を背負(しょ)って 登っていくのが 人生だとよ ゆっくり行こうさ これから峠だ  二足草鞋(にそくわらじ)は はやりでも 苦手なんだよ 不器用(ぶきよ)もの 人にゃ云わない 本音も嘘も 俺は行きたい 道をゆく ごめんなすって おくんなせぇ 空に陽気な 揚げひばり  向かい風吹きゃ それも良し 決めた道なら それで良し 歩くしかない 能なし野郎 俺はやりたい ことをやる 夢とあの娘(こ)と 三度笠 浮世がらすの 意地っ張り
灯台蒼彦太蒼彦太久仁京介水森英夫竹内弘一逢いたいひとに 逢えないつらさ おれには続く 旅がある 船が岸壁 はなれたら 雨も嵐も 波間も越える 夢は果てなく 遠いから 灯台あかり 照らしておくれ  朝日が映える 夕日が燃える 大海原と あの砂丘 人にかつがれ 世の中を 生きるからには 苦労を花に きっと咲かせて みたいから 灯台あかり 照らしておくれ  海原はるか 乗り越えたとき まだ見ぬおれに 出会うだろう 一度しかない 人生の 生きた証は 我慢のこころ おれの旅路の 終わりまで 灯台あかり 照らしておくれ
酒きずな福田こうへい福田こうへい石本美由起水森英夫山田年秋一度結んだ 命のきずな 結び通して どこまでも これが二人の 生甲斐ですと 決めた心に…エエエ…嘘はない  晴れて添えない この世の運命(さだめ) 怨む気持ちは ないものを 私独りを 残して逝った あなたあの世は…エエエ…遠すぎる  古い女と 笑われようと 肌は誰にも 許さない 月に淋しさ 打ち明けながら なみだ杯…エエエ…酒きずな
海峡浪漫山内惠介山内惠介菅麻貴子水森英夫流れつく 流木に 花は咲かぬと 人は言う 成らぬことでも 成し遂げる それが男の 男の浪漫 間宮海峡… 道はるか  最果ての 地の先に 夢も通さぬ 海がある 命あずけた 木(こ)っ端(ぱ)船 決めた男の 男の覚悟 間宮海峡… 怒涛(なみ)しぶき  ひゅるひゅると 風が啼く 凍る大地を 踏みしめる 土になろうと この身体 果たす男の 男の使命 間宮海峡… 夜が明ける
風まかせ山内惠介山内惠介麻こよみ水森英夫よそ見してたら 吹き飛ばされる  行く手邪魔する 向かい風  メソメソ泣いてる 暇はない  変わる風向き 待とうじゃないか  そうしましょう そうしましょう  好きなあの娘に 好きだと言えぬ  胸に臆病 風が吹く ダメダメあっさり  あきらめちゃ 押しの一手で勝負じゃないか  そうしましょう そうしましょう  やけにしんみり 人恋しくて  肩に淋しい 隙間風  クヨクヨするなよ 大丈夫  月も空から見てるじゃないか  そうしましょう そうしましょう  右に行こうか それとも左  足に絡まる 夜の風 グズグズあれこれ  迷わずに 明日に向かって行こうじゃないか  そうしましょう そうしましょう
あいつの彼女山内惠介山内惠介桜木紫乃水森英夫あいつの彼女だったはず いつもと違うくちびるに ふたりの時間ほしくなる ほしくなる  どうしよう 始まっちゃうじゃない 出会いまで戻らなくちゃ  赤い糸結び直さなくちゃ やだよ本気 だけど本気ああ  KISSのハードル高いんじゃない? このまま髪にもふれないなんて  バカなんて言うなよ 瞳笑ってないじゃない  あいつとケンカしたくない 眼差しきつく責めるなよ わがまま自分がイヤになる イヤになる  どうしよう からまっちゃうじゃない 友達を演じなくちゃ  今夜からウソをつかなくちゃ ごめん本気 だけど本気ああ  KISSのハードル高いんじゃない? 冷たい指先耐えられるかい  目を伏せて逃げるなよ 嫌いじゃないと言ってくれ  KISSのハードル高いんじゃない? 冷たい指先耐えられるかい  目を伏せて逃げるなよ 嫌いじゃないと言ってくれ
哀傷歌鳥羽一郎鳥羽一郎久仁京介水森英夫竹内弘一ひとつどうぞと そそぐ手に 過ぎた昔の 影がある 傷を隠さぬ 薄化粧 わかっているさ 俺しかいない 優しい夜を やれるのは  昼と夜とが あるように 恋に表と 裏がある 未練なみだは 今日かぎり わかっているさ 俺しかいない 孤独のつらさ 分けるのは  追えば逃げてく ものばかり 夢の名残(なご)りが やるせない 逃げちゃいけない つらくても わかっているさ 俺しかいない 明日(あした)をともに 歩くのは
木更津みれん若山かずさ若山かずさ菅麻貴子水森英夫伊戸のりお港 桟橋 出てゆく船は 汽笛を残して 行くものを 今夜は泣いても いいですか あなた優しい ひと言を せめて私に 置いてって… 月もおぼろの…(ヤッサイモッサイ…) 木更津みれん  いつも 男は 薄情かもめ 死ぬまで一緒と 抱いたのに 今夜は酔っても いいですか 港まつりの あの夜の 花火みたいに 散った恋… 涙ほろ酔い…(ヤッサイモッサイ…) 木更津みれん  夜霧 大橋 酒場の灯り 最後のおちょこに 酌(つ)ぐお酒 今夜は甘えて いいですか 夢を追うのが 男なら 夢を見るのが 女です… ここで春待つ…(ヤッサイモッサイ…) 木更津みれん
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
港酒キム・ヨンジャキム・ヨンジャ岸快生水森英夫竹内弘一何で泣かせる わたしのことを 夢見ていいのね もういちど 俺といっしょに ならないか 飲み過ぎよ バカみたい 霧笛がひとつ 港酒  言っちゃいけない 思いと決めて しまってきたのよ 胸のなか 俺といっしょに ならないか 飲み過ぎよ バカみたい 似た者どうし 港酒  泣いているのが 答えと聞かれ 何にも言えずに うなずいた 俺といっしょに ならないか 飲み過ぎよ バカみたい 灯りがぽつり 港酒
あなた探して港町青山新青山新麻こよみ水森英夫竹内弘一忘れて欲しいと あなたの電話 船の汽笛が 聞こえてた 嫌よ 嫌よ このまま これきりなんて たずねる函館 港町  あなたにいつでも 甘えてばかり どうぞ許して わがままを せめて せめて ひと言 謝りたくて たたずむ今治(いまばり) 港町  あきらめちゃいなと カモメが騒ぐ 潮風(かぜ)が噂を 消してゆく 他の 他の 誰かと 幸せですか 日暮れの長崎 港町
会津想々奥山えいじ奥山えいじ槙桜子水森英夫南郷達也山また山に 抱(いだ)かれた 湖やさし 翡翠いろ 只見 金山(かねやま)… 奥会津 ふるさとはるか 想う夜は 胸を警笛(きてき)が すり抜ける  うすむらさきの カタクリが うつむきがちに 咲く春よ 三島 柳津(やないづ)… 名残り雪 幼き初恋(こい)の 面影が まぶたとじれば 見えかくれ  一本杉に 石地蔵 おふくろさんが 子達(こら)を呼ぶ 坂下(ばんげ) 喜多方… 里景色 心の岸辺 たどりゆく 瀬音なつかし 茜空
心の海峡奥山えいじ奥山えいじ槙桜子水森英夫南郷達也風が噂を 落としていった おまえは今も 待ってると… 止まり木すてた あの日から 北の港町(みなと)は 遠すぎる たどり着けない 戻れない 心の海峡 迷い鳥  もしも背中を 向けずにいたら 比翼の鳥に なれたのか… まぶたの裏で ゆれている 白い横顔 片えくぼ 酒に未練が 浮かぶ夜は 心の海峡 霧が舞う  龍飛岬(ざき)から 荒海渡り ひよどりさえも 松前へ… 翼に傷を もつ俺が めざす灯りは おまえだけ 飛んでゆきたい ひとすじに 心の海峡 おぼろ月
美味しいお酒 飲めりゃいい長山洋子長山洋子麻こよみ水森英夫伊戸のりお似たよな男 似たよな嘘に ばかね何度も 泣かされて 心に傷が また増えて たまに自分が 嫌になる それでも それでも 美味しいお酒 飲めりゃいい  誰かにいつも 話を合わせ 愛想(あいそ)笑いが 癖になる 思ったことの 半分も 言えずじまいの 意気地なし それでも それでも 笑ってお酒 飲めりゃいい  焼きもち焼きで おしゃべり好きで 恥もいっぱい かいてきた 女になんで 生まれたか 愚痴りたくなる 夜もある それでも それでも 美味しいお酒 飲めりゃいい
信州追分政五郎松尾雄史松尾雄史松岡弘一水森英夫石倉重信義理と人情の 振り分け荷物 肩にかついで 三度笠 見て見ぬ振りが できない質(たち)で 人を助けて 追われ旅 おひけえなすって ホーイ ホイ 信州追分 エーエ 政五郎  浅間神社の 清流すくい 喉をうるおしゃ せみしぐれ 今頃おせい どこぞで暮らす 嫁に行ったか 待ってるか おひけえなすって ホーイ ホイ 信州追分 エーエ 政五郎  戸板一枚 隔てて親子 なぜに逢えない おっかさん 祭り太鼓を 背中で聴いて そっと置いたは 黄楊(つげ)の櫛 おひけえなすって ホーイ ホイ 信州追分 エーエ 政五郎
冬子は蛍松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫石倉重信窓辺 粉雪 海辺のホテル 別れも言えずに 置手紙 ごめんよ 冬子 おまえは 雪蛍 俺を忘れて 飛んでゆけ ひゅるり ひゅるりと 飛んでゆけ  霧笛 波音 歩道のしぶき 横顔はかない 涙ぐせ ごめんよ 冬子 守って やれないで 男なみだが 風になる ひゅるり ひゅるりと 風になる  指輪 想い出 出て行く船よ 明日(あした)も見えない 俺だから ごめんよ 冬子 おまえは 雪蛍 俺の手のひら 消えてゆく ひゅるり ひゅるりと 消えてゆく
中洲・那珂川・涙雨松尾雄史松尾雄史美馬とおる水森英夫石倉重信あなたの面影 心にのこる うわさ追いかけ 訪ねてきたの きっと逢えると 来てみたけれど 恋の行方が かくれんぼ 中洲・那珂川・涙雨  ふたりが出逢った 屋台でのんで ひとりとぼとぼ 探して歩く きっと逢えると 心に決めた 五色ネオンも 泣いている 中洲・那珂川・涙雨  あなたの思い出 心に抱いて 生きて行きます これから先も 泣いて涙で みれんをとかす 外は情けの 出逢い橋 中洲・那珂川・涙雨
修羅の舟山内惠介山内惠介田久保真見水森英夫馬飼野俊一噛んでと言われ くすり指 指輪のような 痕(あと)つける 痛みは消えて しまうから ずっと消えない 傷が欲しいと 泣くお前 修羅朱朱朱 修羅朱朱朱 男と女が出す舟は 涙に沈む 木の葉の舟よ  情念燃やす 赤い月 満ちても欠ける せつなさよ するりと落とす 銀の帯 床に乱れる 渡る渡れぬ 天の川 修羅朱朱朱 修羅朱朱朱 果てない闇へと進もうか かすれて熱い 吐息の風で  はだけてひらり 蝶のよう 墨汁色の 夜を舞う 心はどこに あるのかと 聞いたお前の 細い背中を 抱き寄せる 修羅朱朱朱 修羅朱朱朱 男と女が出す舟は 石より重い 宿命(さだめ)の舟よ
夜まかせ謝鳴&椋忠治郎謝鳴&椋忠治郎木下龍太郎水森英夫竹内弘一見えないようだね 待ち人あなたも 塞がらないのね 貴方の隣りも 降られ同士の 関係(あいだ)なら このまま別れちゃ 行けないね 女は酸っぱい リンゴより 完熟トマトよ 食べるなら 北の男と 南の女で 名前どうでも いいじゃない 大人の恋は 大人の恋は 成り行きまかせ 夜まかせ  どうするつもりよ 私を酔わせて とってもきれいさ 酔ってる女は これじゃ車に 乗れないし つき合う他には ないみたい 男はボジョレ ヌーボーより 熟成ワインさ 呑むのなら 北の男と 南の女で 後を引くよな 野暮はなし 大人の恋は 大人の恋は 成り行きまかせ 夜まかせ  港が見えるよ ホテルの部屋から 一杯飲ませて 酔い覚めお水を 船の霧笛を 聴きながら 踊って過ごすも 悪くない 夜明けのコーヒー 飲むなんて 本当に何年 ぶりかしら 北の男と 南の女で 秘密持つのも いいじゃない 大人の恋は 大人の恋は 成り行きまかせ 夜まかせ
愛々傘椋忠治郎椋忠治郎木下龍太郎水森英夫竹内弘一良いことだけの 一生ならば この世に苦労の 二字はない 片袖濡れても 肩寄せ合えば 凌げる冷たい 冬時雨 愛々傘は 愛々傘は 貴方と私の こころ傘  見た目は野暮な 番傘だけど 畳めば明日の 杖になる 一人じゃ気付かず つまずく溝(どぶ)も 二人で避けてく 水たまり 愛々傘は 愛々傘は 貴方と私の きずな傘  信じて待てば いつかは晴れる 二人の人生 空模様 この世の長雨 上った後も 日傘の代りに 差して行く 愛々傘は 愛々傘は 貴方と私の いのち傘
一里塚二見颯一二見颯一かず翼水森英夫竹内弘一天に届けと この手をのばし 夢のしっぽを 掴むのさ 故郷(ふるさと)出てから はや幾年(いくとせ)か 旅はまだまだ 一里塚… おっと弱音は やめときな わき目ふらずに 明日へ進め  すがるあの娘に 背中を向けた 胸のつらさを 誰が知ろ 面影こころに 宿したままで 旅はまだまだ 一里塚… おっと未練は やめときな 俺を忘れて 幸せ探せ  空を染めてる 真っ赤な夕日 俺の闘志が また燃える おふくろすまない 待ってておくれ 旅はまだまだ 一里塚… おっと涙は やめときな めざせてっぺん いつかは昇る
青空みたいな男です二見颯一二見颯一保岡直樹水森英夫竹内弘一つらい涙も 笑顔にかえて いつも心は 日本晴れ 声もしぐさも くちびるも みんな好きだよ 可愛いよ きみにぞっこん 惚れました 青空みたいな 男です  時の流れは 雲より疾(はや)い 今日を大事に 生きたいね カッコつけずに 俺らしく 燃える想いは いつまでも きみにぞっこん 惚れました 青空みたいな 男です  愛のことばを 弾ませながら 歌で春風 とどけるよ きみが小鳥(とり)なら 俺は空 夢よ羽ばたけ この胸で きみにぞっこん 惚れました 青空みたいな 男です
天空の城福田こうへい福田こうへい荒木とよひさ水森英夫南郷達也天にもらった この命 洗いざらしの ままでいい 時代遅れと 言われても 生きざまひとつ 腰に差し 仰ぐ心の あぁ 天空の城  櫻ひと春 何語る 無情儚き 花咲かせ 道の小石は 踏まれても 石垣支え 逃げはせぬ 熱き涙の あぁ 天空の城  遥か遠けき 海を抱き 膝に幼き 孫を抱き 生きた証しか ここに有り 血潮のしぶき 拭きはせぬ それが男の あぁ 天空の城
こぬか雨山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお窓を伝って しずくが落ちる 俺の涙のような こぬか雨 おまえが残した 別れの手紙 無かった事には 出来ないか いとし過ぎて せつな過ぎて… 今も「さよなら」言えない 俺なんだ  晴れる事ない 重たい胸で 苦(にが)い想い出ばかり 渦(うず)を巻く 根もない噂に おびやかされて 泣かせたあの日も 雨だった 愛し過ぎて 求め過ぎて… ぎこちないほど愚(おろ)かな 俺だった  おまえも一度 帰って来ぬか 来ぬか来ぬかと願う こぬか雨 逢いたい逢えない おまえに飢(う)えて 今夜も心が ひもじがる 淋し過ぎて 恋し過ぎて… 今も「おかえり」言いたい 俺なんだ
ひとり流浪山内惠介山内惠介坂口照幸水森英夫馬飼野俊一白い横顔 あの眼差しが 旅の果てまで ついてくる にぶい俺でも 気づくのさ ここが汐どき 身の引き際と にじむ街の灯(ひ) ひとり流浪  思い出すよじゃ 先へも行けぬ 俺はおまえの 通り道 雪に負けずに 咲く花の 汚(けが)したくない その凛々しさは そっと野に置け ひとり流浪  旅に行き暮れ 終着駅の 灯りはるばる まだ遠い 俺の涙は 置いて行く どうかしあわせ つかんでおくれ 北へ流れる ひとり流浪
言いわけ山内惠介山内惠介田久保真見水森英夫上杉洋史合鍵あける 音を待ちわびて 眠れないまま本を 読んでいた 誰かと居たの? 何をしていたの? 聞くに聞けない想いが 降りつもる  愛してるなんて 言いわけだから 言わないで言わないで 別れるならば  男はみんな少年 飽きれば次を 追いかける 大人になっても 子供のあなた  洗った髪を 乾かしてくれた そんな優しい夜を 思い出す 心変わりを 隠したりしない 嘘のつけないあなたを 愛してる  大切だなんて 言いわけだから 言わないで言わないで 別れるならば  男はみんな少年 いつでも愛と 遊んでる 大人になっても 子供のあなた  愛してるなんて 言いわけだから 言わないで言わないで 別れるならば  男はみんな少年 飽きれば次を 追いかける 大人になっても 子供のあなた
女のはじまり青山新青山新田久保真見水森英夫竹内弘一もっと優しい 男がいると あなたは背中を 向けるけど やめてやめてやめてよ 倖せよりも あなたのために 泣きたいの ああ 女の 女のはじまり  胸がほんとに 張り裂けること あなたが教えて くれたのよ あたしあたしあたしは 死ぬほど抱かれ 女の気持ち 知りました ああ 女の 女のはじまり  どんな優しい 男がいても 冷たいあなたが 好きなのよ 欲しい欲しい欲しいの あなたのすべて 宿命(さだめ)の中に 身を投げる ああ 女の 女のはじまり
どうにもならない恋だもの青山新青山新田久保真見水森英夫竹内弘一どうにもならない 恋だもの 泣いてさけんで 恨んでみても どうにもならない 恋なのに 何故かあきらめ 切れないあたし 男がひとり 女がふたり もつれもつれた 恋の糸  どうにもならない 恋だもの 捨ててしまえば 良かったけれど どうにかこうにか したくって そっと夜更けに 待ちぶせしたの 男は迷い 女は決める たぐり寄せたい 恋の糸  どうにもならない 恋だもの 惚れて許して 信じるだけね どうにもならない 恋だから 腹をくくって 覚悟を決める あなたがひとり あたしがひとり こころ結んだ 恋の糸
雨の空港森山愛子森山愛子岸快生水森英夫馬飼野俊一なぜか悲しい 雨の空港 あなたは返す わたしの傘を またくるからねと 握る手の 指の冷たさ せつなくて ゲートに消えて あなたは帰る わたしの知らない あなたの街へ  いつもあなたは またくるからと 笑って言うの いつとは言わず このまま飛べなく なればいい ずっとあなたと いたいから ゲートに消えた あなたの帰り 待ってる誰かを 忘れて欲しい  そして飛び立つ 雨の空港 ロビーにひとり わたしを残し あなたに抱かれて しまうたび 別れたいのと 言えなくて ゲートに消えて 見えなくなった あなたを今すぐ 返して欲しい
父さんのウイスキー森山愛子森山愛子岸快生水森英夫馬飼野俊一日暮れになると いつでもひとり 背中をまるめて 飲んでいた 無口な父さん だったけど わたしの知らない 母さんの 話は笑顔で してくれた 残ったままの ウイスキー 聞きたいことは まだまだあったのに  グラスを揺らし 音立てながら あなたの真似して 飲んでます 今さらわかった 父さんの 淋しい気持ちに よりそえず 何度も喧嘩を しましたね 残ったままの ウイスキー ごめんなさいが 言えないままなのに  日暮れになると 氷の音が 聞こえてくるよな 気がします 心配ばかりを かけたこと わたしによく似た 母さんと いまごろ話して いるのかな 残ったままの ウイスキー ふたりでいつも わたしを見ていてね
大阪演歌黒川真一朗黒川真一朗さくらちさと水森英夫南郷達也なにはなくとも 宗右衛門町の 灯りを見なけりゃ 日は暮れぬ となり合わせた 止まり木の 苦労ばなしに 世話焼いて それが なにわの いいところ あぁ大阪 大阪演歌  裏もおもても 甲斐性(かいしょ)もなくて ないない尽くしの お人好し 出世ばかりの この浮き世 情けひとつで 歩きたい そんな なにわの 裏通り あぁ大阪 大阪演歌  風が吹こうが 時雨(しぐれ)て来よが 笑ってゆれてる 赤ちょうちんよ 今日の憂さなど みな呑んで 明日(あす)も一から やるだけや それが なにわの 心意気 あぁ大阪 大阪演歌
東京灯り黒川真一朗黒川真一朗さくらちさと水森英夫南郷達也誰かが演歌を 歌ってる かなしい歌を 鼻唄で みんな似たよな さみしがり 泣いていいのさ 泣きたけりゃ あぁ東京 東京灯り  夜雨(よさめ)に寄り添う 傘の花 沁みるよ胸の 古傷に ろくな幸せ やれないと 泣いてゆずった 恋ひとつ あぁ東京 東京灯り  ネオンの眩しい 空だって 故郷につづく おなじ空 どこにいたって 出直せる ひとついいこと あればいい あぁ東京 東京灯り
寒すずめ松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫杉村俊博指と指とを からめたふたり 別れはいやだと すがったおまえ ごめんよ倖せ やれない俺さ か細いからだが 震えてた すずめ すずめ 寒すずめ 誰にはぐれた おまえも一羽  星も見えない 冬空だって 瞼を閉じれば おまえに逢える うなじの白さに そのはかなさに 心のつよさを 秘めていた すずめ すずめ 寒すずめ 雪に埋もれて 寒くはないか  雪が氷雨に 氷雨が小雨(あめ)に 必ず来る春 信じていたね 男のわがまま 勝手な仕打ち 恨んでくれたら いいものを すずめ すずめ 寒すずめ 泣いていないか 都会の隅で
ひとり横浜松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫杉村俊博あなたにすがった 私が馬鹿ね 雨の元町 とぼとぼと 優しい笑顔に このひとだけと かけてすべてを あげたのに さよならは さよならは ひどすぎる あゝ ひとり横浜  一途なおんなと わらわれたって 雨の伊勢佐木 傘のなか 諦めきれない あなたのことが 命まるごと 捧げたい さよならは さよならは つらすぎる あゝ ひとり横浜  あなたがいなけりゃ 生きられないわ 雨の馬車道 灯がゆれる 何度も信じて 泣かされたって 好きは好きです 変わらない さよならは さよならは まちがいよ あゝ ひとり横浜
君恋列車二見颯一二見颯一かず翼水森英夫竹内弘一あの日別れた 小雪のホーム 今日は小雨が 見送(おく)ってくれる ひとりで残され 初めて知った 心の隙間は 埋まらない 走れ 走れ 走れ…君恋列車 君のふるさと 青森行きの  胸のポケット 潜(ひそ)めた指輪 そっとさわれば 勇気をくれる 冷たい噂に 泣いてた君を 命を懸けても 守りたい 走れ 走れ 走れ…君恋列車 次駅(つぎ)は盛岡 面影乗せて  二度とこの愛 離しはしない 夢を探そう ふたりの夢を 別れのつらさに 背中を押され 迎えに来たんだ 逢いに来た 走れ 走れ 走れ…君恋列車 遠く見えるは お岩木山か
ふるさと暮色二見颯一二見颯一かず翼水森英夫竹内弘一夕焼けトンビが ピーヒョロロ あの娘が摘(つ)んだ 野菊の花を 辻の地蔵に 供えて祈る うなじの白さが まぶしくて あれが恋とも 知らないで… 思い出暮れなずむ ふるさと暮色  林檎の花びら ハラハラリ 今でも浮かぶ 田毎(たごと)の月よ 細いあぜ道 ふたりで歩き 別れがつらいと 気づいた日 あれが恋とも 知らないで… 思い出暮れなずむ ふるさと暮色  祭りの太鼓が ドンドコドン 夕闇せまる 鎮守の森で 浴衣姿の あの娘を見かけ 突然騒いだ 胸の奥 あれが恋とも 知らないで… 思い出暮れなずむ ふるさと暮色
発車のベルが長すぎる三丘翔太三丘翔太岸快生水森英夫竹内弘一乗ってくるひと 降りるひと どこへゆくのか 帰るのか 俺はいったい どこへゆく おまえと別れ どこへゆく すがるなみだに 背を向けて 仕方ないさと 別れたけれど 発車のベルが 長すぎる  横に流れる 窓の雨 駅に着くたび 縦になる 遠くなるほど 胸を刺す おまえのなみだ 胸を刺す 理由(わけ)も言わずに 背を向けた 俺を許せる はずなどないが 発車のベルが 長すぎる  待っているのか 今ならば 駅のベンチで 泣きながら だけど戻れる はずがない 戻ってゆける はずがない ドアが開(あ)くたび 降る雨が 胸に吹きこみ こころを揺らす 発車のベルが 長すぎる
しあわせのうた三丘翔太三丘翔太水森英夫・補作詞:岸快生水森英夫竹内弘一さぁ みんなで歌おうよ しあわせのうたを 笑顔と笑顔が ぼくたちをつなぐ  どんなにいやなことも どんなにつらいことも しあわせのうたを歌えば 未来の君がいる  La La La Sing a Song La La La Sing a Song さぁ みんなで歌おうよ  さぁ みんなで歌おうよ しあわせのうたを 昨日と明日を あのうたがつなぐ  どんなにいやなことも どんなにつらいことも しあわせのうたを歌えば 未来の君がいる  La La La Sing a Song La La La Sing a Song さぁ みんなで歌おうよ  La La La Sing a Song La La La Sing a Song さぁ みんなで歌おうよ
あの日の恋物語山田邦子・青山新山田邦子・青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお三年ぶりに あなたと私 偶然出会った 街の角 少しも君は 変わってなくて 胸に広がる なつかしさ‥‥ 誰にも秘密の 恋した二人 遠いあの日が 心に浮かぶ 甘くせつない 恋物語  いつかは二人 別れが来ると わかっていました はじめから すべてを捨てて 一緒に暮らす 夢をみた日も あったのに‥‥ あなたと過ごした 海辺のホテル 遠い思い出 かすかに浮かぶ 甘くせつない 恋物語  二人で過ごした 海辺のホテル 遠い思い出 かすかに浮かぶ 甘くせつない 恋物語
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
千里の酒秋岡秀治秋岡秀治岸快生水森英夫竹内弘一いつか一緒に おまえとふたり 夫婦(めおと)になって 飲める日が 信じていれば きっとくる きっとくる きっとくる その日を夢に がまんの酒は おまえも同じ 千里の酒さ  ずっとやまない 雨などないさ 虹さえかかる 晴れた日が ふたりの空に きっとくる きっとくる きっとくる その日のために 涙をためて 今夜もひとり 千里の酒さ  誰に遠慮も しなくていいさ ひなたの道を ふたりして 歩けるときが きっとくる きっとくる きっとくる 心と心 引きよせあえば 思いは一里(いちり) 千里の酒さ
俺はやっぱり演歌だぜ秋岡秀治秋岡秀治岸快生水森英夫竹内弘一照れて口には 出せないけれど 夫婦春秋(めおとしゅんじゅう) ありがたさ ともに白髪の 背中に向かい 胸でつぶやく ありがとう 演歌だぜ 演歌だぜ 俺はやっぱり 演歌だぜ  覚悟している つもりでいたが 娘持つ親 さびしさよ 妻に何度も たしなめられて やっとひとこと おめでとう 演歌だぜ 演歌だぜ 俺はやっぱり 演歌だぜ  肩を組むのは 柄ではないが 旧(ふる)い友情 変わりなし ともに過ごした 学び舎(や)さえも 今はないなと 酒を飲む 演歌だぜ 演歌だぜ 俺はやっぱり 演歌だぜ  演歌だぜ 演歌だぜ 俺はやっぱり 演歌だぜ
うかれ恋山内惠介山内惠介桜木紫乃水森英夫伊戸のりおうらみごと きれいごと ちぎれちぎれて 躰(からだ)ごと 避けて通れぬ うかれ恋 罪も赦(ゆる)しも 棄てました  逃げるふたりの けものみち 焔(ほのお)をまとう 蝶の群れ  なにが哀しと 生きいそぐ 恋路てらして 命火よ 戻るところが ないのなら 翅(はね)を重ねて 焦がしましょう  かくれ人 はぐれ人 詫びる先ない ながれ人 躰(からだ)ひらけば はだか恋 悔いなく果てる 身軽さよ  過去も明日も 火にくべて 焔(ほのお)をまとい 蝶がとぶ  なにが哀しと 問わないで 翅(はね)もからだも とけたなら 繋いだ指を ほどかずに あおい焔(ほのお)に 焼かれましょう  逃げるふたりの けものみち 焔(ほのお)をまとう 蝶の群れ  なにが哀しと 生きいそぐ 恋路てらして 命火よ 戻るところが ないのなら 翅(はね)を重ねて 焦がしましょう
いつもの朝がくる山内惠介山内惠介もりちよこ水森英夫上杉洋史いつもの朝がくる おはようの声 聞くだけで あなたが 笑って いるだけで  いつもの朝がくる 冷たい雨が 降る路地に 思い出 途切れた 街角に  悲しいときも うれしいときも 沈む夕陽は 朝陽のために  いつもの朝がくる  いつもの朝がくる 風の匂いが するだけで 両手で 水を 掬うたび  いつもの朝がくる 誰かがついた ため息に 涙が こぼれた その頬に  別れたひとへ 出会ったひとへ 今日には今日の 喜びがくる  いつもの朝がくる  いつもの朝がくる
あした絆坂美山京子美山京子峰崎林二郎水森英夫竹内弘一春は小さな つぼみに隠れ 冬がひっそり 連れてくる あなた来ますよ ふたりの春も 桜咲く日を 指折り数え これからも よろしくね お願いします 並んで見上げる 絆坂  永い人生 雨 風 あらし 辛い苦労は 分け合って たまのけんかも 一本付けて 向かい酒です 注がれて注いで これからも よろしくね お願いします 並んで見上げる 絆坂  雪の重さに 折れそな枝も 耐えて桜は 春を待つ 支えられたり 支えてあげて どこか似ている あなたとわたし これからも よろしくね お願いします 並んで見上げる 絆坂
面影酒よ美山京子美山京子峰崎林二郎水森英夫竹内弘一酒で未練が 消せない夜は 誰かに甘えて みたくなる 忘れたいのに 注ぐ酒に あなたが浮かんで 憎らしい 面影酒よ  尽くし足りずに 別れたひとの やさしさ強さを 思い出す 酒よ女の さみしさを 分っているなら 止めないで 面影酒よ  こぼれ涙で 別れた人の 名前を何度も 書いて消す おんなひとりで 飲む酒は こころの底まで 沁み透る 面影酒よ
南紀白浜水森かおり水森かおり麻こよみ水森英夫伊戸のりおばかな女と 叱るよに 波の飛沫(しぶき)が 砕け散る 南紀白浜 三段壁(さんだんぺき)に 捨てに来ました この涙 いいのです いいのです 生きて行けるわ 今日からひとり  好きになっては いけないと 知って抱かれた 恋でした 南紀白浜 千畳敷(せんじょうじき)に 置いて行きます 思い出を 泣きません 泣きません 逢えて良かった あなたに逢えて  私一人が 身を引けば うまく行くはず 何もかも 南紀白浜 円月島(えんげつとう)に 赤く夕陽が 染める海 いいのです いいのです 生きて行けるわ 今日からひとり
別れてあげる美川憲一美川憲一かず翼水森英夫矢田部正私に言わせれば あなた罪作り 最後の幕引きは 女にさせるのね フラれた男を 気取っても ほんとは私が フラれたの あなたの心も 読めないで 本気の恋だと 思ってた 私が尽くした 年月を 返してくれたら 別れてあげる  私に言わせれば あなた意気地なし いいひとできたなら 教えてほしかった まわりの噂で 知るなんて 女のプライド 砕け散る 涙を流して すがるほど 惚れてたわけでも ないけれど 私が捧げた 真ごころを 分かってくれたら 別れてあげる  憎んでしまえば 楽だけど 愛した分だけ つらいのよ あなたが今より 幸せに なれるのだったら 別れてあげる
恋の炎美川憲一美川憲一かず翼水森英夫遠山敦女は時には 泣きながら 死ぬほど苦しい 恋をする どうにもならない 宿命(さだめ)でも ひとりの昨日に 戻れない 赤々と赤々と 身を焦がす 恋の炎を 消さないで  男の命は 野望(ゆめ)にある 女の命は 愛だから 陽炎みたいな 幸せと 分かっているのに 溺れるの 赤々と赤々と 身を焦がす 恋の炎に 散るもいい  どんなに出逢いが 遅くても 愛する想いに 罪はない 涙で溶かした 紅を引き 今夜もあなたを 待ちわびる 赤々と赤々と 身を焦がす 恋の炎に 乱れます
甲州路氷川きよし氷川きよしかず翼水森英夫石倉重信どこへ帰るか 日暮れのカラス 風が身に沁む 小仏峠(こぼとけとうげ) 夢があるのさ でっかい夢が 心乱すな 赤い花 恋はこりごり 甲州路 明日(あす)はいずこか はぐれ雲  連れて行ってと すがった声が 今も聞こえる 石和(いさわ)宿 体ひとつの 身軽な旅も 情けからめば 重くなる 恋はこりごり 甲州路 なんで振り向く はぐれ雲  行けば上諏訪(かみすわ) 戻れば甲府 遠く呼ぶのは 甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ) 二度と逢うまい 心に決めりゃ どこか空似の 地蔵さん 恋はこりごり 甲州路 足の向くまま はぐれ雲
藤枝しぐれ氷川きよし氷川きよし松岡弘一水森英夫石倉重信子連れのおひとに 声かけられて 道を聞かれりゃ 俺の里 帰るつもりは さらさらないが ついてきなせえ 途中まで 言って見上げる 藤枝もみじ  子供がなついて 離れやしない 鬼だ鬼だと すごんでも 笑うばかりで こわがりゃしない 叱る母親 さえぎって 死んだ倅(せがれ)に 坊やは似てる  山桃赤らみ 滝音瀬音 五年ぶりだぜ 俺の里 なぜか涙が ほろほろ落ちる 袖で隠して お達者で 踵(きびす)返せば 藤枝しぐれ
難波の恋氷川きよし氷川きよし麻こよみ水森英夫石倉重信どこか寂しい 横顔の あなたを見るたび ドキドキときめいて もしか今夜は 会えるかと のぞく酒場の カウンター ほほ ほろほろ ゆゆ ゆらゆら ため息が こぼれて難波の 夜が更ける  惚れて一途な この気持ち あなたの真似して 覚えた赤い酒 女心も 気づかずに あなた意地悪 意気地なし ほほ ほろほろ ゆゆ ゆらゆら 店灯り グラスに揺れます 面影が  店の扉が 開(あ)くたびに あなたを待ちわび 浮き立つこの心 どこで飲んでる 今頃は 誰かいい人 いるのでしょう ほほ ほろほろ ゆゆ ゆらゆら せつなくて しょんぼり難波の 夜が更ける
あゝ純情港町氷川きよし氷川きよしかず翼水森英夫石倉重信捜しに来たんだよ 逢いに来たんだよ 噂を尋ねて 波のりこえて 潮風さんてば 潮風さん 「惚れた病に 薬なし」なんて そんな言い方 ないじゃないか あゝ純情港町  悔やんでいるんだよ 詫びているんだよ 愛しているのは この世でひとり 海鳥さんてば 海鳥さん 「恋のイロハも 知らないで」なんて そんな言い方 ないじゃないか あゝ純情港町  叫んでみたんだよ 呼んでみたんだよ 幸せ誓えば 夕陽が燃える 三日月さんてば 三日月さん 「どうせ今ごろ 他人(ひと)の花」なんて そんな言い方 ないじゃないか あゝ純情港町
迎えに来たよ青山新青山新麻こよみ水森英夫石倉重信迎えに来たよ 夢ではないさ 震える肩先 抱き寄せる 待たせてごめんね もう離さない 君の匂いの なつかしさ これからは これからは いつもそばにいる  ひとりのつらさ 笑顔で隠し 今日まで待ってて くれたよね 忘れたことなど 一度もないさ 君を誰より 愛してる これからも これからも そばにいて欲しい  離れた月日 いくつも超えて 二人の絆が 強くなる 幸せあげるよ もう泣かないで 君の瞳の 愛(いと)おしさ これからは これからは いつもそばにいる
花火山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお倖せ続くと 信じてた ひび割れ砕けた この心 淋しさ逃れて 旅してみても 酒を飲んでも 埋まらない 夜空を染める 火花の中に おまえが浮かぶ 恋花火  着慣れぬ浴衣に 帯しめて 背中にうちわを 差した俺 ほほえむおまえと 手と手をつなぎ 胸を焦がして 見た花火 鮮やかすぎる 色とりどりの 想い出今は 夢花火  跡形失くした この別れ 自分を自分で 責めている 二人の写真は 残ってないが 忘れられない 片えくぼ おまえも俺と 想いを分けて 見てるだろうか 遠花火(とおはなび)
酒語り山内惠介山内惠介松岡弘一水森英夫伊戸のりお魚屋朝吉(あさきち) 棒手(ぼて)振り稼業 生きのいいのが 取り柄でござい からんだ野暮天(やぼてん) 啖呵(たんか)で払う 後で来てねと 島田髷(まげ) 酒と今夜は 遊ぼうぜ 髷の香りに 夢おぼろ  あんたがもてたら 逆立ちするよ お調子者(ちょうしもん)だと おたよに言われ 土産(みやげ)の簪(かんざし) ふところしまう 惚れているのに てやんでぇ! 酒に今夜は 八つ当たり チクリ簪 胸を刺す  神田は豊島屋 鎌倉河岸(がし)で ねぎま目刺(めざ)しに 冷酒(ひやざけ)二合 弱きを助けて 強きをくじく それが男の 生きる道 酒の説教 身に沁みる 見ててくだせぇ おてんとさんよ
放浪のはて二見颯一二見颯一かず翼水森英夫斉藤功夕陽が沈んだ 山の端(は)に 泣いているよな 月が出る 明日(あす)の行方(ゆくえ)も わからぬままに 夢にさすらう この命  心をよぎるは 故郷(ふるさと)の 野辺(のべ)に残した 白い花 またの逢う日が まぼろしならば せめて祈ろう 幸せを  何才(いくつ)になっても 男には 母のぬくもり 忘られぬ たとえ誰かを 愛してみても あなた探しの 永遠(とわ)の旅  生まれてくるのが ひとりなら 朽ちてゆくのも またひとり 所詮(しょせん)ひとりの 人生ならば 何故(なぜ)にひとりで 生きられぬ
長崎の夜二見颯一二見颯一日野浦かなで水森英夫竹内弘一愛しながらも 別れたひとを 思い出させる 夜(よる)もある けむる小雨の 思案橋 忘れきれない 女がひとり 滲むネオンの あぁ 長崎の夜  人目偲んだ オランダ坂を そぞろ歩けば 夜(よ)が更ける ポツリ灯した 恋あかり 浮世(かぜ)に吹かれりゃ なおさら燃えて 夢も儚い あぁ 長崎の夜  薄いビードロ 南蛮硝子(なんばんがらす) 割れりゃ淋しい うす縁(えにし) 何を祈ろうか 天主堂 どうせ添えない 悲しい運命(さだめ) 響く鐘の音(ね) あぁ 長崎の夜
オランダ坂に雨が降る松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫竹内弘一グラス持つ手も 甘い言葉も すべてが すべてが 好きでした ひと目逢いたい あのひとに 馬鹿です心が 欲しがるの ここは長崎 想い出の オランダ坂に 雨が降る  傘をさしても 濡れる面影 涙が 涙が じゃまをする 二年足らずの 倖せが 滲んで揺れてる 街あかり 噂ひろって 港町 オランダ坂に 雨が降る  霧笛啼く夜 そっとボトルに 名前を 名前を 書いたひと ひと目逢いたい あのひとに 今さら呼んでも 届かない 異人屋敷も たそがれて オランダ坂に 雨が降る
君のふるさと松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫竹内弘一君を育てた ふるさとは かすむ島並み 輝(ひか)る海 船をかすめて 低く飛ぶ はぐれ鴎も 呼びかける いつかふたりで 行きたいね 海風かおる 君の 君の 君の ふるさとへ  海と同(おんな)じ 色をした ホタルカズラの 花が咲く 丘へ登れば 見えてくる 赤い鉄橋 寄せる波 耳をすませば 潮騒が 響いてくるよ 君の 君の 君の ふるさとに  君を育てた ふるさとは 屋根が重なる 海辺町 君によく似た かあさんの 笑顔やさしい この写真 いつかふたりで 行きたいね 夕陽に染まる 君の 君の 君の ふるさとへ
拝啓 みかんの里山西アカリ山西アカリ岸快生水森英夫伊戸のりお拝啓 ふるさと様へ お変わりないですか そろそろみかんの 白い花 段々畑に 咲く頃ですね 自分の夢だけ 追いかけて 列車の窓から 手を振った あれはもう あれはもう 十年前ですね  拝啓 ふるさと様へ 許してくれますか みかんの匂いが する手紙 返事も出さずに 都会の暮らし あなたの気持ちを 知りながら 平気で背中を 向けました あれはもう あれはもう 十年前ですね  拝啓 ふるさと様へ 元気にしてますか そろそろみかんの 実る頃 とうさん無理して いないでしょうか 最後に手伝い した時に 初めて言われた ありがとう あれはもう あれはもう 十年前ですね
ネオンしぐれ山西アカリ山西アカリ岸快生水森英夫伊戸のりおネオン映した 水たまり 跳ねてしぶきに 消えた恋 雨がやんだ 傘のよに 邪魔になったの わたしのことが あれは札幌 すすきのしぐれ  橋のたもとの 約束は 渡りきれずに 消えた恋 川に散った 花のよに 捨てていったの わたしのことを あれは大阪 堂島(どうじま)しぐれ  泣いているよな 濡れ柳 朝の霞(かすみ)に 消えた恋 季節過ぎた 服のよに 脱いでいったの わたしのことを あれは中洲の 那珂川(なかがわ)しぐれ
湯の花みれん池田輝郎池田輝郎日野浦かなで水森英夫墨絵ぼかしの 湯けむりに 揺れる面影 たずねれば ああ 湯の花 恋の花 せめて逢いたい ひと目でも 追えば未練の 雨が降る  紅く燃えてる 山あいに ポツリ灯(とも)った 宿あかり ああ 湯の花 白い花 抱けば儚(はかな)く 消えそうな 細い襟足 忘れない  古い酒場の 夜(よ)も更けて ひとりしみじみ 手酌酒 ああ 湯の花 かくれ花 どこにいるのか 幸せか 追えば未練の 雨が降る
0時の終列車二見颯一二見颯一かず翼水森英夫伊戸のりお見送らないでと 君は言ったけど やっぱりもう一度 逢いたくて… 雪のベンチで ふるえる肩を 抱いたぬくもり 忘れない 恋が行く 恋が行く 儚(はかな)い恋が行く 午前0時の 終列車  戻って来るかと 聞けば涙ぐむ あなたの幸せ 探してと… 君の瞳に さよならなんて 言えるものかよ つらすぎる ベルが鳴る ベルが鳴る 別離(わかれ)のベルが鳴る 午前0時の 終列車  車窓(まど)の灯りが 雪に消えてゆく プラットホームに ひとりきり… 君の過去など 気にしちゃいない 明日(あす)を誓った はずなのに 恋が行く 恋が行く 終わった恋が行く 午前0時の 終列車
木曽の峠二見颯一二見颯一かず翼水森英夫伊戸のりお木曽の峠は やまびこ峠 夢を追いかけ 旅立つ背(せな)に 励ます親父(おやじ)の 声がする 山の仕事の 苦労はいつも 御岳(おんたけ)さんが 御岳さんが 見てござる  木曽の峠は 見返り峠 今日はおふくろ 手を振りながら 何度も振り向き 越えるみち 山の暮らしで 白髪(しらが)も増えた 御岳さんも 御岳さんも 雪帽子  木曽の峠は やまびこ峠 山のカケスが 啼き啼き帰りゃ 炭焼く煙が 目に沁みる 親父おふくろ 無事だけ祈り 御岳さんに 御岳さんに 手を合わす
しあわせ街道八木裕子八木裕子日野浦かなで水森英夫伊戸のりお一度決めたら 貫き通す あんたを信じて ついてきた 耐えて忍んだ つづら坂 苦労を笑顔に 変えながら このままずっと どこまでも しあわせ街道 夫婦みち  古い一間の 小さな部屋も よりそい暮らせば 夢の城 背中合わせて 眠る日は 互いに素直に なれなくて どんなに心 遠い日も しあわせ街道 夫婦みち  たとえどんなに 離れていても あなたのしあわせ 祈るよと 母の言葉が 胸に沁む 明日が見えない そんな日も あんたとならば どこへでも しあわせ街道夫婦みち
この世は捨てたモンじゃない八木裕子八木裕子日野浦かなで水森英夫伊戸のりお好いて好かれて 本気になって 咲いて散りゆく 恋の花 一期一会と 信じてみても 振られ上手に なるばかり 嫌になっちゃうね 嫌になっちゃうよ それでも必ず 明日はくる きっと幸せが きっと待っている この世は捨てたモンじゃない 捨てたモンじゃない  呑んで呑まれて 浮かれてみても どこ淋しい カウンター 濡れた心に 優しく傘を そっと差し出す 人がいる 好きになっちゃうね 好きになっちゃうよ 女の弱みも 今夜だけ そんな出逢いでも そんな悪くない この世は捨てたモンじゃない 捨てたモンじゃない  嫌になっちゃうね 嫌になっちゃうよ それでも必ず 明日はくる きっと幸せが きっと待っている この世は捨てたモンじゃない 捨てたモンじゃない
誰に愛されても山内惠介山内惠介売野雅勇水森英夫馬飼野俊一ささやかな人生が 灯る街灯り 人知れず哀しみや 涙が燃えてるようね せめてあと一夜 (ひとよ) せめてあと一秒 あなたに溺れていたい 運命に 引き裂かれて 時代に 虐(しいた)げられ 流されてゆく 星屑の 魂だけれど まごころは あなたのもの 誰に愛されても  人様に誇るもの 何もないけれど 憧れで張り裂ける こころの悲鳴も聴いた なんで 儚いの なんで 切ないの あなたに見せられる夢 運命に はぐれたって 世間に はぶられても 不器用なりに ひたむきに 愛しあったね この命 捧げた人 誰と生きようと  運命に 引き裂かれて 時代に 虐げられ 流されてゆく 星屑の 魂だけれど まごころは あなたのもの 誰に愛されても
はるかの陽は昇る山内惠介山内惠介松井五郎水森英夫馬飼野俊一はじめから 道などなく 人生はただ 荒れ地が続く 泣きながら 生まれた日を 悔やまぬように 涙をこらえ 人が儚い灯火(ともしび)だって ひとりひとつに燃えるもの 心 託して 行くのなら あゝはるかの陽は昇る 未だ道半ば 生きてこそ 夢よ 最果てはここじゃない  すれ違う 名もなき花 幸せはなぜ 縁(えにし)を迷う 抱きしめる 強さだけじゃ 守りきれない 明日もあるが 時にこの世が 残り火だって 一期一会を照らすもの 先を 信じて 行くのなら あゝはるかの陽は昇る 未だ道半ば 生きてこそ 愛よ 慰めはいまじゃない  未だ道半ば 生きてこそ 夢よ 最果てはここじゃない
氷炎山内惠介山内惠介田久保真見水森英夫上杉洋史許すことより 許さないのが 優しさ なのだと知った あなたが嘘を 繰り返すのは 私が 許すからね 傷つけたいのなら 傷つけていい 愛が欲しいのに 愛に背を向ける どうして あなたは… 冷ややかな眼差しと 熱い素肌 あなたの心は 裏腹ね  愛していると 言わないあなた 星さえ 見えない夜に 甘い言葉は くれないけれど 心を 抱いてくれる 裏切られるよりも 裏切りたいと 愛が欲しいのに 愛を憎んでる どうして あなたは… 凍りつく哀しみと 燃える吐息 私の心も 裏腹ね  傷つけたいのなら 傷つけていい 愛が欲しいのに 愛に背を向ける どうして あなたは… 冷ややかな眼差しと 熱い素肌 あなたの心は 裏腹ね
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
女の裏酒場山内惠介山内惠介麻こよみ水森英夫伊戸のりお生きるつらさに 淋しさに 酔えばなおさら せつなくて こんな日は 誰か隣に いて欲しい ため息つけば ギシギシと 椅子も泣きます 女の裏酒場  無理に別れた 人もいる 惚れて尽くした 人もいる 面影が なんで今さら 顔を出す 少しは嘘も まぜながら むかし語りの 止まり木裏酒場  女心の 片隅に 夢があります 今もまだ これからは きっと自分を 騙(だま)さずに 優しく灯る 店灯り のぞみ注ぎ足す 女の裏酒場
東京演歌黒川真一朗黒川真一朗さくらちさと水森英夫南郷達也夢にはぐれて 流されながら 上野 日暮里 北千住 ふる里便り 握りしめ 酔ってつぶれる 奴がいる どうにかなるさ 何とかなるさ ああ 誰が歌うか 東京演歌  恋の未練が うわさを拾う 小岩 亀戸 錦糸町 ネオンの色に 染まるなと 故郷(くに)へ帰した うぶな娘(やつ) 幸せだろか 忘れたろうか ああ 誰が歌うか 東京演歌  洒落にならない 身の上話 王子 赤羽 池袋 世渡り下手(べた)の 笑いじわ ガードくぐれば 月あかり どうにかなるさ 明日は来るさ ああ 誰が歌うか 東京演歌
再会橋で出光仁美出光仁美美馬とおる水森英夫石倉重信南の風が 春を呼び 優しく髪を なでてゆく すずらん一輪 胸に抱き 幸せを 呼びよせる きっときっと 逢えますね 再会橋で 待ってます  大潮満ちる この橋は 待ち人来(きた)ると 先人(ひと)は云う 願いはひとすじ 逢いたくて 占いも 信じたい きっときっと 逢えますね 再会橋に 来ています  あいたか橋で 待ちこがれ ときめく胸が 痛みます 一度でいいから この胸に 夢灯かり 点したい きっときっと 逢えますね 再会橋で 待ってます
君とどこまでも青山新青山新岸かいせい水森英夫石倉重信星の見えない 夜だって 迷いはしない ふたりでいれば 君の歩いてゆく道が 僕の歩いてゆく道さ このままずっと どこまでも 君と君と 君とどこまでも  枯れ葉舞い散る 街角も 寒くはないさ ふたりでいれば 君のふれあう指先が 僕のふれあう指先さ このままずっと どこまでも 君と君と 君とどこまでも  ひとり見ていた 夕暮れも 淋しくないさ ふたりでいれば 君の誓った約束が 僕の誓った約束さ このままずっと どこまでも 君と君と 君とどこまでも
奥州三関青山新青山新麻こよみ水森英夫石倉重信はぐれ浮雲 流れ雲 ひとり みちのく 北の空 夢の峠を 一歩ずつ 越える苦労の 白川(しらかわ)の関 俺が 俺が 決めたこの道 どこまでも  純なあの娘の あの涙 思い出させる 通り雨 桃のひと枝 懐(ふところ)に 未練断ち切る 勿来(なこそ)の関よ 俺が 俺が 決めたこの道 迷わずに  風に揺れてる 野辺の花 遙か故郷(ふるさと) 懐かしく 越える試練の 念珠ヶ関(ねずがせき) 後に戻れぬ 人生一度 俺が 俺が 決めたこの道 ひとすじに
酔いあかりキム・ヨンジャキム・ヨンジャ菅麻貴子水森英夫伊戸のりお泣いたり笑ったり 忙しいひとですね ほんとうによかったわ 結婚するんでしょ 波止場で霧笛が 凍える夜は 生きるの死ぬのと 言ってたあなた… 命しみじみ… 灯す 女の 酔いあかり  笑顔がいちばんよ 涙は似合わない しんちゃんやけんちゃんは がっかりするかもね 哀しみよろこび 行ったり来たり 男と女は 不思議なものね… 命しみじみ… 灯す 女の 酔いあかり  泣いたり笑ったり 忙しいひとですね 信じたり恨んだり いろいろあったけど 氷雨もあがれば もうすぐ春ね 掴んだ倖せ 離しちゃだめよ… 命しみじみ… 灯す 女の 酔いあかり
あなたに咲いた花だから天童よしみ天童よしみ水木れいじ水森英夫猪股義周好きで別れる せつなさに やっぱり涙が あふれるわ 夢をあなたが 叶える朝を 今は遠くで 祈るだけ… 何があっても 忘れはしない あゝ…あゝ… あなたに咲いた花だから  数えきれない 思い出は かばんにつめても まだ余る 車窓(まど)に面影 浮かべて忍ぶ あの日あの部屋 あの暮らし… 何があっても 散らせはしない あゝ…あゝ… あなたに咲いた花だから  ここがあなたの 故郷(ふるさと)よ 疲れた時には 来て欲しい 山の紅葉(もみじ)の 紅(あか)より赤(あか)く 燃える一途な 恋ごころ… 何があっても 信じているわ あゝ…あゝ… あなたに咲いた花だから
おもかげブルース天童よしみ天童よしみ水木れいじ水森英夫猪股義周派手なお店は 苦手だと 雨の小窓で 乾杯したね それは季節の 変わり目のこと 似た者どおし 結ばれた 酔うほどに 酔うほどに あんた逢いたい あんた恋しいよ  喧嘩するたび うちとけて 気づきゃ一緒に 暮らしていたね だけどそれでも 無口なままで 渋いブルース 聴くばかり どこ行った どこ行った あんた逢いたい あんた恋しいよ  気ままわがまま そのくせに 嘘が下手って 笑わせるよね どこがいいとか 言えないけれど ほかにいないよ あんな男(やつ) 好きだった 好きだった あんた逢いたい あんた恋しいよ
中禅寺湖氷川きよし氷川きよし清瀬あき水森英夫石倉重信はかなき夢の なつかしく 訪ね来たりし 日光で あの日の恋の なきがらは そっと流そう 湖に あなたの涙 指先で そっとぬぐった 中禅寺湖  ひとりの旅の 淋しさは 知らぬわけでは なかったが 忘れはしない あのひとの 姿清らな 面影を あふれる紅葉 浴びながら 風も色づく いろは坂  傷つきながら 人はみな 生きる強さに めぐりあう ゆうべの月を 待ちきれず そっとみずから 散る花よ 汀の音に 酔いながら 心名残りの 中禅寺湖
ダイヤモンド富士氷川きよし氷川きよし保岡直樹水森英夫石倉重信はるか頂上 まさに今 光を放ち 陽が昇る 自分と富士と 太陽が 一直線に つながるよ 空と大地の 贈りもの 心きらめく ダイヤモンド富士  凛と広がる 本栖湖よ 小鳥のこえも 冴えわたる 鏡のような この水に のぞみを映す 冬の朝 空と大地の 贈りもの いのち讃える ダイヤモンド富士  風の色さえ 刻々と 変わってゆくよ あざやかに 新たな息吹 頬にうけ 輝く未来へ 飛び立とう 空と大地の 贈りもの 翔けて行きたい ダイヤモンド富士
なでしこの花松尾雄史松尾雄史たきのえいじ水森英夫竹内弘一人目ふれずに 小雨に打たれ 咲いて哀しい うす紅の花 ごめんよ幸せ やれなくて 秋もあれから ひと回り なでしこの花 なでしこの花 誰に思いを 告げて咲く  いつも淋しい 目をして笑う そんなおまえの 笑顔が浮かぶ 逢うのが遅いと 悔やんでた 今も心に 突き刺さる なでしこの花 なでしこの花 抱いてやれない 身がつらい  逃げた幸せ 追う事よりも 夢を捜して 暮らしておくれ 寄り道ばかりを させながら 何もお返し してやれず なでしこの花 なでしこの花 泣いているのか なでしこも
北の恋酒場松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫竹内弘一あゝ あのひと あゝ 気になる ここは馴染みの 北酒場 ちょっと好みの 男(ひと)がいて 今日もなんだか 帰れない グラスで氷が 溶けだして 外は粉雪 盛り場通り エエエー 灯がゆれる  あゝ あのひと あゝ 気になる 恋の予感の 北酒場 好きと言えない じれったい 言って恥かく こともある のれんを揺らして 風が吹く 春は遠いし お酒は苦い エエエー 夢はぐれ  あゝ あのひと あゝ 気になる 笑顔あつまる 北酒場 誰も仲間で いいひとで お故郷(くに)自慢に 花が咲く ふるさと何処だと 聞かれても 今日はひとりで 呑みたい気分 エエエー 恋酒場
よこはま埠頭三丘翔太三丘翔太かず翼水森英夫石倉重信黄昏くぐって 行き交う貨物船よこはま あの娘はどこにいる カモメに聞いたって ピヨロピヨロと 啼くばかり ひとり港を さ迷えば 未練ホロホロ 夜風もホロホロ 赤いドレスを 見たという 噂たずねて 伊勢佐木あたり  遠くで出船の 銅鑼の音五つ六つよこはま あの娘の思い出が 心に押し寄せて 過去に振り向く 石だたみ ひとり港を さ迷えば 未練ホロホロ 夜風もホロホロ きっと明日は 逢えそうな そんな気がする 本牧あたり  夜更けに霧笛が 切なくむせんでるよこはま あの娘によく似てる 姿とすれ違う 古い煉瓦の 倉庫街 ひとり港を さ迷えば 未練ホロホロ 夜風もホロホロ 今もひとりで いるという 噂信じて 馬車道あたり
そんなもん人生三丘翔太三丘翔太水谷千重子水森英夫石倉重信雨が降るか降らないか 一か八かで傘もたず やっぱり今日も雨が降る 一か八かの人生で 誰が得する お地蔵さん 通りの地蔵に聞いたとて 応えがでてくるわけもなく  我がの人生おかしいか? いやいや世の中そんなもん 山なし谷なし退屈か? いやいや人生そんなもん  純喫茶のべっちんに 指でなぞるはひとの跡 誰を想うわけもなく ただただゆっくり目を瞑る カランコロンが響いても 珈琲の匂いかいだとて 恋の記憶もないくせに  そんな人生つまらんか? いやいや惚れた腫れたより 明日が晴れたらそれでいい そうそう人生そんなもん  不意の幸せなぜ悩む? 万歳しときゃいいのにさ そうさ人生ケセラセラ  我がの人生つまらんか? いやいや人は言わんだけ 見栄はって生きるがいいのかな? 正直生きるが得なもん
ひとり風の盆森山愛子森山愛子かず翼水森英夫伊戸のりおくち紅を 涙と一緒に ふき取れば 夜風がしみます くちびるに あなたを忘れに 来たけれど 未練が哀しく からみつく 流れ流れて 風の盆  いつの日か ふたりで来ようと 言っていた 夜流しぼんぼり 坂の町 あなたを恨んで しまえずに いいことばかりを 数えてる おわら恋唄 風の盆  ゆきずりの 私に今夜の 宿もなく さまよう八尾(やつお)は 水の音 あなたと隠れて 住めたらと 今さら愚かな 夢を見る すすり泣くよな 風の盆
みれん花森山愛子森山愛子かず翼水森英夫伊戸のりお女ひとりで 飲んでる姿 淋しく見えても ほっといて 別れの その日まで 心変わりも 知らないで 何でもないよな 顔をして あぁ嘘つき 私はみれん花  誰か待たせて いるのでしょうか 逃げてく背中の うすなさけ 見た目が いいだけの あんな男に 夢を見た 平気な振りして 強がって あぁバカよね 私はみれん花  私だけはと 自惚れながら 最後の女で いたかった やさしく 抱きしめて 君の幸せ 祈るよと ホロっとくるよな ことを言う あぁ嘘つき 私はみれん花
夢情の酒二見颯一二見颯一森坂とも水森英夫石倉重信忘れた昔に 灯りを入れて ひとり呑んでる 駅裏酒場 憂さを注ぎたす 俺の手を 止めたあの指 あの涙 やけにチラつく やけにチラつく 今夜の酒だ  小雨の屋台で 肩寄せふたり 生きる温もり 確かめ合った 星も見えない 裏通り どこではぐれた 倖せと 問えば切ない 問えば切ない 今夜の酒だ  のれんに舞い込む 巷の風が 今もあいつは ひとりと告げる よせよこの胸 なぜ揺らす あわす顔など ない俺さ 呑めばしぐれる 呑めばしぐれる 今夜の酒だ
ごめんよ二見颯一二見颯一森坂とも水森英夫石倉重信一目でいいから 逢いたくて 夜汽車を乗り継ぎ 来たと言う 君のふるえる 黒髪を 抱けば広がる 故郷(こきょう)の香り お願い お願い もう泣かないで ごめんよ ごめんよ 許しておくれ  忘れたつもりは 無かったが まぶしい東京(とかい)に 浮かれてた 君は変わって ゆく僕を どんな思いで 待ったのだろう 淋しい 淋しい 心の内を ごめんよ ごめんよ 聞かせておくれ  からめた小指に 口づけて 変わらぬ気持ちを 誓う夜 君はつらいと 泣くけれど 今は帰そう 故郷(こきょう)の空へ かならず かならず 迎えに行くよ ごめんよ ごめんよ 待ってておくれ
千島海道山内惠介山内惠介菅麻貴子水森英夫伊戸のりお海が哭(な)く… 雲が飛ぶ 我(われ)の行く手を 怒涛(しぶき)が阻(はば)む 千島沖から 択捉(エトロフ)へ 胸に帆を張れ 意地を張れ 道は ひとすじ… 千島海道  故郷(ふるさと)を… 後にして 詫びて詫びれぬ 女房に子供 淡路 松前 箱館と 拓(ひら)く港の 夜(よ)は明ける 明日(あす)へ 羽ばたけ… 千島海道  風を吸い… 太陽(ひ)を浴びて ニシン昆布の 北前船は 汗で稼いだ 宝船 男一代 次の時代(よ)へ 夢は 幾千… 千島海道
月の揺りかご山内惠介山内惠介田久保真見水森英夫伊戸のりお守られることだけが 愛じゃないから 今夜はあなたを 守ってあげたいの いつもより笑うのは 何があったの 私の部屋では 泣いてもいいのよ  夜空の 三日月は 揺りかご みたい 眠れ 眠れ 眠れ あなたの 傷みよ  苦しみを隠してる 心のボタン はずして 心の 裸を見せて  約束はいつだって 見えやしなくて それでも絡めた ゆびさき信じてる いつもより濃いお酒 今日はとめない 子供に戻って 泣いてもいいのよ  私の この胸は 揺りかご だから 眠れ 眠れ 眠れ あなたの 傷みよ  哀しみにあふれだす 心の涙 優しく 心を 洗ってくれる  夜空の 三日月は 揺りかご みたい 眠れ 眠れ 眠れ あなたの 傷みよ  苦しみを隠してる 心のボタン はずして 心の 裸を見せて
望郷ひとり言越川ゆう子越川ゆう子鈴木紀代水森英夫伊戸のりお寄る辺(べ)なくした 都会の隅で ぽっかり穴が 空(あ)いた胸 諦(あきら)め切れない 夢抱いて 小さな夜空を 見上げる私 帰りたい 帰れない… あゝ帰ろかな 今夜も望郷 望郷ひとり言  人の情けが 行き交(か)う町は 故郷(ふるさと)遠い 城下町 悩みも苦労も 知らないで 笑顔で歩いた 夕焼け坂よ 帰りたい 帰れない… あゝ帰ろかな つぶやく望郷 望郷ひとり言  いつも倖せ 願ってくれる 過去(むかし)も今も 父さん子 ごつごつした手で あの指で 私の涙を ぬぐって欲(ほ)しい 帰りたい 帰れない… あゝ帰かな 私の望郷 望郷ひとり言
じょんから未練越川ゆう子越川ゆう子鈴木紀代水森英夫伊戸のりお恋もしました 夢も見た 涙にまみれた 明日(あす)への扉 津軽中里 故郷(ふるさと) 離れ じょんから節よ じょんから未練 うしろ髪引く さとごころ  同じ月見て 父さんは 熱燗(あつかん)一杯 やってる頃か 耳に聞こえる しわがれ声の じょんから節よ じょんから未練 ぎゅっと唇(くちびる) かみしめる  春はいつ来る この胸に 忘れた笑顔を 取り戻したい 前を向こうと 言い聞かせては じょんから節よ じょんから未練 今じゃ私の 子守唄
長月の宿若山かずさ若山かずさかず翼水森英夫竹内弘一思い出たどれば 悲しいだけと 分かっていても もう一度 あなたに抱かれた この部屋で 今日も聞いてる 虫時雨… ひとり手酌の 未練酒です 未練酒です 長月の宿  あの日が最後の 逢瀬だなんて 会えなくなって 知りました あなたと渡った 赤い橋 添えぬ仲でも よかったの… 忘れられずに 未練旅です 未練旅です 長月の宿  茜に染まった 夜明けの空を 山鳥さえも 二羽でゆく あなたは今では 遠いひと なんでぐずるか 残り火よ… 朝の湯船で 未練流した 未練流した 長月の宿
ほろり雨水田かおり水田かおり円香乃水森英夫伊戸のりお濡れてないかと 口には出さず そっとかしげる ひとつ傘 泣きながら 生きてきて こんな幸せ 来るなんて 頬に ほろほろ ほろり雨 嬉し涙の ああ 恋の雨  雨が降る夜は 淋しくなって 指を絡めて 身を寄せる 一人でも 平気だと バカな片意地 張ってきた 頬に ほろほろ ほろり雨 今はあなたの ああ 傘の中  あなた好きよと 甘えて言えば 照れて背中を 向ける人 降り続く 氷雨でも 雨が咲かせる 花がある 頬に ほろほろ ほろり雨 これが最後の ああ 恋だから
昭和恋月夜二見颯一二見颯一菅麻貴子水森英夫竹内弘一塵(ちり)にまみれた 昭和の幻(ゆめ)と 他人(ひと)が笑おうと 気にしない 意地ひとつ 道ひとつ 貫きとおす ついて来いとは 言えずにひとり 見上げる 昭和の恋月夜  頑固者でも あんたのことが 好きと言ってた 女(やつ)もいた 酒ごころ 酔いごころ 手酌の酒に 捨てたあの日の 面影ひとつ 浮かべる 昭和の恋月夜  愚痴のひとつも 言いたい時は 笑顔つくって 馬鹿になれ 意地ひとつ 道ひとつ 貫きとおす 夢を枕に 時代の片隅(すみ)で 見上げる 昭和の恋月夜
大江戸辻売り小唄二見颯一二見颯一円香乃水森英夫竹内弘一「てェへんだ~ てェへんだ~」  聞いておくんな 見てくんな 瓦版(かわらばん)なら このオイラ そこの旦那に 女将さん こいつ読まなきゃ 大損だ エー大損だ  お江戸 八百八町(はっぴゃくやちょう)なら 蟻の穴でも お見通し だけど見えない ものがある 好いたあの娘(こ)の 胸の内 エー胸の内  話三分(さんぶ)の 辻売りは 嘘が売りモン 調子モン 寝ずに綴(つづ)った 恋文(こいぶみ)も どうせあの娘にゃ 只の紙 エー只の紙  聞いておくんな 見てくんな ビッグニュースだ 号外だ そこの旦那に 女将さん 好いたあの娘が 嫁に行く エー嫁に行く
石楠花の雨青山新青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお二度と会わぬと 心に決めて ふたり別れた 雨の夜 石楠花(しゃくなげ)の 花びらに そっと重ねる 面影よ 寂しさが 寂しさが 胸を刺す  無理にあの人 奪ってみても きっと苦労を かけるだけ 石楠花(しゃくなげ)の 薄紅の 色も儚い つらい恋 思い出が 思い出が また揺れる  生まれ変わって 誰より先に 巡り会いたい あの人に 石楠花(しゃくなげ)の 花びらが 風に小さく 震えてる 会いたさが 会いたさが 胸を刺す
長瀞舟下り氷川きよし氷川きよし清瀬あき水森英夫石倉重信川の流れの 激しさに 告げる想いも 揺れ惑う 過ぎたあの日の 気まぐれで 絆なくした ふたりでも 古い傷跡 胸に秘め ああ ひとり長瀞 舟下り  燃ゆる紅葉を 浴びながら 何にすがって 生きるのか 愛におぼれて 流されて 今は苦労の 渡し舟 忘れられない 面影を ああ 追ってつれない 岩畳  遠く陽炎 ゆらすのは 夢かさだめか まぼろしか ふたり渡れぬ 舟ならば いっそひとりの はぐれ旅 風がこの身に 沁みるけど ああ ひとり長瀞 舟下り
しぐれの酒場池田輝郎池田輝郎坂口照幸水森英夫竹内弘一どこか影ある 男に似合う 雨に滲んだ 露地あかり ままよ火の酒 あおろうと 酒じゃ洗えぬ 傷もある 何を今さら しぐれの酒場  やけに沁みるぜ 流行りの歌が つれに逸(はぐ)れた 身の上に どんな苦労を してるやら まさか独りじゃ あるまいに 酒と泣く泣く しぐれの酒場  俺は生きたい あいつと二人 出来るものなら もう一度 肩をすぼめて 差す傘の 足もちどりの 夜更けごろ 晴れる日もあろ しぐれの酒場
夢恋酒池田輝郎池田輝郎坂口照幸水森英夫竹内弘一からだに毒だよ 飲むのは止(よ)せと いらぬお世話よ 放(ほ)っといて あなた忘れる ひとり酒 酒場すずめの お節介 肩に置く手を ふり切って バカなのね バカなのよ いっそ泣きたい 夢恋酒(ゆめこいざけ)と  おそらくどこかに いい女(ひと)いるわ そんな勘(かん)ほど 当たるもの タバコ買うように 雨の夜 プイと出てって それっきり あなた今頃 どのお店 バカなのね バカなのよ いっそ泣きたい 夢恋酒と  どのみち私を 棄(す)てるのならば もっと巧(うま)い手 あったはず 空のボトルに 一輪を 差して面影 探しても 今じゃ涙の 誘い水 バカなのね バカなのよ いっそ泣きたい 夢恋酒と
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花が呼んでいる山内惠介山内惠介松井五郎水森英夫伊戸のりお遠く離れた故郷の あの日夕焼け凪の空 泣いて手を振る横顔が いまも瞳に浮かんでる  慣れぬ仕事の愚痴ひとつ シャツを洗って星を見る 負けた数だけ立ち上がる 夢がここにある  あゝ花が 花が呼んでいる 帰ってこいと どんな涙も乗り越えて きっと帰るよ かならずきっと  やけにさびしい街の灯に 未だ運命(さだめ)は三分咲き 電話くらいはできるのに 無精者だと 叱るかい  人は歩いている道が 何処へ続くか気づかない 生きて明日を知りながら 夢を追いかけて  あゝ花が 花が呼んでいる 帰ってこいと いつか光を携えて きっと帰るよ かならずきっと  あゝ花が 花が呼んでいる 帰ってこいと どんな涙も乗り越えて きっと帰るよ かならずきっと
火事と喧嘩は江戸の花山内惠介山内惠介松岡弘一水森英夫伊戸のりお「どいたどいたや組纏(まとい)のお通りだい!」  江戸の火消は いろはにほへと や組纏(まとい)の 新八は お光にゃ弱いが 炎にゃ強い 櫓(やぐら)で半鐘 ジャンと鳴りゃ 背中(せな)の唐獅子(からじし) 目を覚ます 火事はおいらに 任せてくんな  やっと射止めた お光の心 そこで北風 横恋慕(よこれんぼ) たちまちお江戸は 炎の餌食 負けてなるかよ 纏を振って 甍(いらか)またいで 仁王立ち 江戸はおいらに 任せてくんな  刺子袢纏(さしこばんてん) 鳶口(とびくち)握り 屋根を伝って 火の中へ 右脇年寄り 左は子供 火の粉あびつつ 抱えて走る 火事と喧嘩は 江戸の花 命おいらに あずけてくんな
筑後川氷川きよし氷川きよし麻こよみ水森英夫石倉重信山並み遙か 白い雲 きらめく景色 なつかしく 音も清らな せせらぎが 胸に優しく 沁み渡る 流れる月日 たたずむ岸辺 姿変わらぬ 筑後川  川面に浮かぶ 夏花火 あの日の遠い 思い出よ 淡い初恋 面影が 甘くせつなく また揺れる 土手道走り 子供らが行く 命育む 筑後川  明日へ続く 昇開橋 夕日にそよぐ 川風よ 人は誰でも 旅人で 夢を追いかけ 生きて行く 旅路の果てに いつかは帰る 流れ悠々 筑後川
星空のメモリーズ氷川きよし氷川きよしかず翼水森英夫石倉重信孤独な流れ星 どこへ急ぐのか 夜空を見上げれば よみがえる日々よ 自分への約束は 果たせただろうか 夢見た場所へ 行けただろうか メモリーズ 輝く思い出たち 心を燃やせる 明日に向かって 歩いてゆこう かけがえのない人生  迷子の星たちは 何を目指すのか 過去に振り向けば ほろ苦い涙 色あせた季節でも やがて春が来て 希望が胸に 灯りをつける メモリーズ いとしい思い出たち 心に寄り添う 夢を抱きしめ 歩いてゆこう かけがえのない人生  メモリーズ 輝く思い出たち 心を燃やせる 明日に向かって 歩いてゆこう かけがえのない人生
悠久の古都野村真希野村真希かず翼水森英夫伊戸のりお山辺(やまのべ)の 道は遥かに黄昏て ゆきて戻らぬ 想い出よ ひとり桜井 三輪山(みわやま)へ あなたのふるさと 歩いています も一度 も一度 逢いたいあなた  いにしえの 古都の栄華を偲ばせる 風も雅な 大和路よ 花の御寺(みてら)の 木漏れ日に いとしい面影 重ねています も一度 も一度 逢いたいあなた  あおによし 奈良は吉野の八重桜 高見のさとに 散る花よ 恋の終わりか 夢の淵 清き流れに 幸せ祈る も一度 も一度 逢いたいあなた
それゆけ!ブギウギ婦警さん野村真希野村真希かず翼水森英夫伊戸のりおここに駐車は ダメですよ 緊急車両の 邪魔になる 私がやさしい 笑願のうちに さっさとどこかへ 移してね ブギウギ ブギウギ ブギウギ婦警さん それゆけ世のため 人のため それが私の それが私の 生きる道ブギウギ  親の愛情 利用する 振り込め詐欺には 気をつけて 息子の名前を 尋ねてみたり 生年月日を 確かめて ブギウギ ブギウギ ブギウギ 婦警さん それゆけ年金 守るため それが私の それが私の 役回りブギウギ  長く生きてる お姉様 横断歩道で 手を引けば 感謝の言葉が 心にしみて 故郷の母さん 思い出す ブギウギ ブギウギ ブギウギ婦警さん それゆけみんなに 幸せを それが私の それが私の 恩返しブギウギ
夢路の宿野村真希野村真希森田いづみ水森英夫伊戸のりお胸に冷たい 浮世の風が 絡む欄干(らんかん) 思案橋 しのべば暮れる 丸山あたり 今宵焦がれて 恋の街 燃えて身をやく 燃えて身をやく 夢路の宿よ  脆(もろ)儚い 情けの糸を 手繰り寄せれば 雨が降る 出島に向かう 坂道あたり 傘に寄り添う 影ふたつ 濡れて切ない 濡れて切ない 夢路の宿よ  運命(さだめ)哀しい 別れを連れて 路面電車が 鳴く夜明け 灯影(ほかげ)に揺れる 見返り柳 せめて一夜(ひとよ)の 恋まくら 後ろ髪引く 後ろ髪引く 夢路の宿よ 
星空の酒松尾雄史松尾雄史たきのえいじ水森英夫竹内弘一月のしずくが 一滴二滴(いってきにてき) おちょこにこぼれて 渦を巻く 君の涙か 呼ぶ声か 今も心を しめつける 別れて一年 もう二年 逢いたい逢えない 星空の酒  ひとり手酌の 淋しさ辛さ 背広で隠して やせ我慢 ビルの谷間の 吹きおろし やけに今夜は 身に沁みる 叱っておくれよ この僕を 逢いたい逢えない 星空の酒  夢を追う程 遠くへ逃げる 追わなきゃ この手でつかめない 君を迎えに 帰る日は いつになるやら 叶うやら 忘れやしないよ 約束は 逢いたい逢えない 星空の酒
君の瞳松尾雄史松尾雄史たきのえいじ水森英夫竹内弘一路地の酒場が 逢わせてくれた 君と云う名の 宝物 ついておいでよ 今日からは きっと幸せ つかむから 君の瞳に 明日が映る ふたりをそっと 呼んでいる  こんな都会に 山などないが 辛い苦労の 山がある 越えてきたのか 人知れず ちゃんとその目に 書いてある 君の瞳は 笑顔が似合う 泣いたら夢も かくれんぼ  命ふたつを ひとつに結ぶ 赤い血潮の 糸がある 何があっても 離れない 何があっても 離さない 君の瞳に 約束するよ 誰にも愛は 負けないと
みちのく夢情水田竜子水田竜子水木れいじ水森英夫野村豊赤く咲いても ゆきずりの花 それでいいのと あなたに燃えた みなと釜石 曳き船まつり ここは紅葉の 仙人峠(せんにんとうげ)… 越えて明日が 見えるのならば 泣きはしないわ みちのく夢情(むじょう)  ついて行こうか あきらめようか 胸にうずまく 尾崎の岬 かもめ釜石 沖ゆく船に みれん心は 乗せたじゃないの… 強く生きても やっぱり女 忘れられない みちのく夢情  もらい泣きする 観音さまの 目には涙か 夜露のしずく ひとり釜石 不動の滝で こころ洗って 出直したいの… それも強がり 夢ものがたり あなた逢いたい みちのく夢情
うす紅の宿水田竜子水田竜子水木れいじ水森英夫野村豊忍ぶ忍ばず ひと夜(よ)の恋に 咲いて誰待つ 花水木 こころ一重(ひとえ)に 銀山川(ぎんざんがわ)の 冬に耐えてた 女です… 抱いてください しっかりと 命とかして うす紅の宿  肩をよせあい 白銀橋(しろがねばし)を 行けば日暮れる いで湯川 燃えてせつない この身をまかせ 夢を見たいの 夜明けまで… そうよその手の ぬくもりに 命染めたい うす紅の宿  今度いつとは 言えない人の うしろ姿に 泣けました 瀬音哀しい 洗心郷(せんしんきょう)で なごり惜しめば 雨が降る… 忘れないでね また来てね 命あずけた うす紅の宿
南風氷川きよし氷川きよしかず翼水森英夫石倉重信希望をひとつ 列車に乗せて もいちど夢を 走らせた 名前も知らずに 降り立つ春の駅 見上げる空に 鳴く揚げヒバリ そよぐ南風 明日が呼んでいる  胸に消えない 面影抱いて 人を恋うれば 知る涙 幸せ祈るよ また逢うその日まで さよならだけが 人生じゃない 唄う南風 明日も日が昇る  心にいつも ふるさと行きの 白い線路が 続いてる どうにもならない 淋しさ道連れに 夕陽に向かい それでも行こう 吹けよ南風 明日が待っている  明日が待っている
たわむれのエチュード氷川きよし氷川きよし松井五郎水森英夫伊戸のりお翳(かげ)りの月に 身を隠し 思わずふれた 指の先  忍んで逢えば そこからは 煩(わずら)う恋に なりますか  じきに三叉路 どこへ行く あなたがあなたが 欲しいのに  まだ花は咲かない まだ夢に戸惑(とまど)い さみしさも 微笑みも たわむれのエチュード  見えない糸を 手繰りよせ 結び目ばかり 作ってる  いつでもほどく 覚悟だけ ひとりで持って いればいい  戻る道など とうにない 心を心を 決めなくちゃ  まだ花は咲かない まだ夢に彷徨(さまよ)い 幸せも哀しみも たわむれのエチュード  いつか花が咲くまで ただ夢に彷徨(さまよ)い さみしさも 微笑みも たわむれのエチュード
おんな花笠 紅とんぼ氷川きよし氷川きよし松井由利夫水森英夫石倉重信風の吹きよで てのひら返す 人の心と 枯落葉(かれおちば) そんな浮世を さらりと捨てて 気まま 向くまま 旅の空 お江戸 日本橋 振り出しに おんな花笠 紅とんぼ  見ないふりして 薄目をあけりゃ 富士のお山は 雪化粧 好いた 惚れたに あくせくするな 花は 二度咲く 三度咲く ここは 東海道 茶の香り おんな花笠 紅とんぼ  足を延ばして 信濃路抜けて 温泉(いでゆ)めぐりも 乙なもの 横にくわえた 一本桔梗(ひともとききょう) 噛めばほろりと 恋の味 明日は中山道 鼻唄で おんな花笠 紅とんぼ
磯千鳥氷川きよし氷川きよしかず翼水森英夫石倉重信むせぶ小島の 遠灯り 呼べど帰らぬ 父母(ちちはは)恋し ねえさん… 追われるように 故郷(こきょう)を捨てた 寄る辺なきこの身の 行く末を 知るや片瀬の 磯千鳥  夢も仮寝の 捨て小舟(おぶね) 肩を寄せ合い 寒さをしのぐ ねえさん… くじけちゃ駄目と 心に沁みる 花ひとつ咲かずに 行く青春(はる)を 泣いてくれるか 磯千鳥  これが二人の 宿命(さだめ)なら 越えて行こうよ 浮世の波を ねえさん… 幸せあげる 命を賭けて 胸焦がす涙の 夕焼けに 濡れて飛び立つ 磯千鳥
古傷GOLD LYLIC山内惠介GOLD LYLIC山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりおまぶたにおまえが 浮かぶ夜 心の古傷 また痛む… 別れちゃいけない 女(ひと)だったんだ 別れた後で 気がつくなんて 胸に今でも 棲んでいる おまえがいたから 俺がある  石段登って 初詣 真っ赤な着物が 似合ってた… おみくじ小枝に 結んでいたね 別れが来ると 書かれてたのか 二人暮らした 帰らぬ日 あの日があるから 今がある  心に傷跡 無い人に 心の痛みは わかるまい… おまえの背中の 小さなほくろ この手が指が おぼえているよ 愛も涙も 分け合った おまえがいたから 俺がある
なにげない日々山内惠介山内惠介もりちよこ水森英夫上杉洋史珈琲の香りと あくびがふたつ 起こしてごめんよ 新たな今日が やってきて 窓のむこうに 朝焼けの空  きれいだねって言うと きれいだね、君がくり返す  なにげない日々のまんなかで さりげない言葉をずっと 笑った顔が 似てるのは しあわせ 半分に 分けるから  ほんのり頬染め ワイン語れば 僕より詳しい スローな夜に 酔いしれて 君にもたれる やわらかなソファ  言えなくたってわかる こころまで、ぜんぶ感じてる  なにげない日々のまんなかで かわらない想いをずっと つないだ指が 喋り出す こんなに 君だけを 愛してる  つないだ指が 喋り出す こんなに 君だけを 愛してる
ふるさと心山内惠介山内惠介麻こよみ水森英夫伊戸のりお賑わう居酒屋 片隅で ひとりの酒の ほろ苦さ つまみのタラの芽 頬ばれば まぶたに浮かぶ あの山川よ 酔えば しみじみ ふるさと心(ごころ)  暮らしに流され この頃は 夢さえいつか あきらめて トランクひとつで 乗った汽車 十九才(じゅうく)の旅立ち 木造駅舎 巡る思い出 ふるさと心  菜の花畑が 続く道 山には月が 出る頃か 親父の形見の 腕時計 無骨な生き方 今ならわかる 酔えばせつない ふるさと心
夜明けはバラ色の指山内惠介山内惠介喜多條忠水森英夫伊戸のりお桃色の貝を 浜辺でさがす フレアースカートの 白い君は 今も鮮やかにまぶたに 焼きついてる 愛し合ってたふたり 信じあってたふたり 微笑んでくれたのは 夜明けの海 そう バラ色の指だった バラ色の指だった  虹色の夢を ふたりはさがし 手が届きそうで すぐに消える そんな歯がゆさがふたりの 暮らしだった 愛し合ってたふたり 信じあってたふたり さよならをさざなみで 届けたのも そう バラ色の指だった バラ色の指だった  バラ色の指と 夜明けの空を ギリシャの人は 呼んでいたと 君がささやいた遠い日 戻らぬ愛 愛し合ってたふたり 信じあってたふたり 幸せと安らぎを くれたんだね そう バラ色の指の朝 バラ色の指の朝
誰かあいつを知らないか黒川真一朗黒川真一朗菅麻貴子水森英夫伊戸のりお街から駅へ 運河を渡り あの日ふたりは ゴンドラまかせ ため息橋で くちづけ交わし 愛を誓った 仲なのに 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか  ふたつの影が 重なり合って 月と一緒に 水面で揺れた 異国の街の 匂いが沁みる あれは運河(かわ)沿い カフェテラス 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか  名前はたしか “さちこ”と言って 笑うしぐさは 子供のようで カモメと鳩が 群がる広場 愛に疲れて 泣いていた 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか
下北慕情黒川真一朗黒川真一朗菅麻貴子水森英夫竹内弘一君を訪ねて 降り立つ駅は 線路も途切れた 海の町 古い小さな 酒場にいると 噂ひろって 汽車の旅… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) 波も凍てつく 大湊(おおみなと)  抱いてあげたい この手のなかに 面影浮かべる 旅の空 俺の勝手で 別れたけれど 泣いていないか 細い肩… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) 君に逢いたい 脇野沢(わきのさわ)  明日(あす)へ乗り継ぐ 列車もなくて 瞼を閉じれば 風ばかり もしも逢えたら 苦労も夢も 俺に預けろ これからは… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) ひとり涙の 尻屋崎(しりやざき)
修善寺の夜二見颯一二見颯一たきのえいじ水森英夫伊戸のりお姿隠して 鳴く山鳩よ 誰を恋しと 鳴くのやら 君故に 今もなお 忘れられない 面影を 浮かべてひとり 修善寺の夜  吹いてみたとて 草笛悲し 届くはずない 天城山(あまぎさん) 逢いたさに 泣けてくる こらえ切れない やるせない 思いははるか 修善寺の夜  行くに行けない もう帰れない 汽車に乗っても あの日には 結ばれぬ 恋だから せめて祈ろう 幸せを 灯りが沁みる 修善寺の夜
若竹二見颯一二見颯一保岡直樹水森英夫伊戸のりお空の青さに あこがれて 竹は真っすぐ 伸びてゆく 雨に何度も 叩かれながら 背伸びするのが 青春だ 俺は若竹 ありったけ 挑むだけ  竹に雀の 仲だった あの娘(こ)移り気 はぐれ鳥 月を見るたび 心が騒ぐ 忘れられない 恋ひとつ 惚れて若竹 ありったけ 燃えるだけ  強い竹ほど しなやかだ それが男の 立ち姿 せまる試練は 笑顔で受けて 信念(おもい)ひとすじ 天を指す 俺は若竹 ありったけ 進むだけ
霧雨の夜は更ける青山新青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお何も言うなよ わかっているさ つらい男の 胸の内 終わった恋なら 今夜で忘れろよ 窓の向こうに 音もなく 霧雨 降る降る 港の酒場  いつも別れは 突然過ぎて 心傷つく 事ばかり 愛した月日を 嘆(なげ)くな悔やむなよ 青いカクテル 薄灯り 静かに更け行く 港の酒場  恋の苦(にが)さを つらさを知って 人は優しく なれるから 今さら自分を そんなに責めるなよ 胸の痛みを 包むよに 霧雨 降る降る 港の酒場
がまん桜青山新青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお雪の礫(つぶて)を 北風を 耐えて堪(こら)えて 春を待つ 一度心に 決めたなら 口にゃ出さない 泣き事は いつの日か いつの日か がまん桜よ 花と咲け  汗の滴(しずく)が 沁み込んで 天に向かって 伸びる枝 人の情けの あたたかさ 流す涙の 嬉し泣き あざやかに あざやかに がまん桜よ 凜と咲け  たとえ三日で 散ろうとも 巡る月日の 春を待つ 熱い思いを 胸に抱き 急くな焦るな じっくりと いつの日か いつの日か がまん桜よ きっと咲け
流れ舟松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫伊戸のりお川の水面に 浮き沈み 誰が流した 木の葉舟 いのちをひとつに 寄せ合いながら 涙で数えた 冬いくつ ふたり何処まで 流れ舟  夜霧(きり)にまぎれて しのび逢う 恋は運命(さだめ)か また夢か おまえの小さな その肩先に 行き交う蛍の 薄明かり 揺れて何処まで 流れ舟  水にゆらゆら 身を投げて 泣いているよな 木の葉舟 噂を逃れて この世の果てに 暮らせる倖せ あればいい ふたり何処まで 流れ舟
バラの傷あと松尾雄史松尾雄史森田いづみ水森英夫伊戸のりお真っ赤な花びら その身に纏い 愛することが 怖いと泣いた 愛しきローザ 僕のものさ 胸の棘ごと 抱きしめたい ローザ ローザ 哀しきローザ ここにおいで  ジルバのリズムに ヒールを鳴らし きらめくライトに 妖しく揺れる あの日のローザ 僕のものさ 君のくちびる その瞳も ローザ ローザ 哀しきローザ 愛してるよ  ワイングラスに つかまる様に 一人にしてと つぶやく背中 愛しきローザ 僕のものさ 胸の傷あと なぐさめたい ローザ ローザ 哀しきローザ 離さないよ
君の声を抱きしめる山内惠介山内惠介もりちよこ水森英夫金子隆博君の声を抱きしめる 君の声を抱きしめる  月の綺麗な 空だから 部屋に着くまで 待ちきれず 握りしめた 携帯で 遠くの君を 呼んでみた  ひとりは嫌いじゃないけれど 孤独になりたくない夜は  君の声を抱きしめる 君の声を抱きしめる 手をのばしても さわれないから 僕のそばで 笑顔聞かせて  明日は雨とか 晴れだとか どんな話も 愛おしい 嬉しいことが あった日は 早口だから すぐ分かる  それぞれの夢があるけれど べつべつの道じゃないんだよ  君の声を抱きしめる 君の声を抱きしめる 会えない距離も 時間も越えて このままずっと くちびる寄せ合い  君の声を抱きしめる 君の声を抱きしめる 手をのばしても さわれないから 僕のそばで 笑顔聞かせて  笑顔聞かせて
雨のち虹山内惠介山内惠介森田いづみ水森英夫伊戸のりお降り出した雨のなか ほどけた靴紐 僕は思わず立ち止まる 都会(まち)の片隅  名誉をかけた競争(レース)に 虚しさ抱いて走ってた 深呼吸した僕に 雨の午後が見せる景色  さぁさ 今を切り開いて 未来を描こう まだ見ぬ光 雨空の向こう 自分を信じて 見上げる空は… 雨のち虹  高ければ高いほど 超えてみたくなる 胸の不安や擦り傷も 勲章(あかし)に変えて  誰かの敷いた線路(レール)を 壊して明日に進むんだ 深呼吸した僕に 昨日までと違う景色  さぁさ 雲を切り開いて 未来を描こう 光が射した果てしない空が 優しく微笑む 見上げる空は… 雨のち虹  突然の雨のあと 澄み渡る空に 僕は思わず手を伸ばす 心のままに  濡れてしまった荷物が 乾いた頃に歩こうか 深呼吸した僕に 虹の午後が見せた景色  さぁさ 今を切り開いて 未来を描こう 輝く瞬間(とき)を駆けてゆく僕が この手で創ろう 見上げる空は… 雨のち虹
雪の交差点山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお雪がはらはら 肩に舞う 行く人来る人 曲がる人… 別れたあの女(ひと) あの背中 夢でも見てるか この目の前に 時が止まる 息が止まる あゝゝゝ めぐり逢い 雪の交差点  あの日歩いた 雪の道 寄り添う足跡(あしあと) 忘れない… 若さのおろかさ 腑甲斐(ふがい)なさ 時計を戻して 許して欲しい 時が止まる 足が止まる あゝゝゝ 抱きしめる 雪の交差点  雪は春には 消えるけど 消えない真心(まごころ) 届けたい… 一人にしないよ もう二度と 喜ぶあなたの こぼれる笑顔 時が止まる 声が止まる あゝゝゝ この涙 雪の交差点
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
五月晴れ山内惠介山内惠介松岡弘一水森英夫杉山ユカリ「父上にお目にかかれるまでは、母上、死んではなりませぬぞ!」  母の病を 癒やすため 弓で捕えた 雁(がん)一羽 死罪覚悟の 仕置き場で 新三郎が 夢見るは まだ見ぬ父の 御尊顔(ごそんがん) いずこにおわす 父恋し  宝三種を 見せたれば 覚えあるぞと 撫でさすり 新三郎の 顔を見て 口元目元 姿さえ 昔のわしに そっくりじゃ ほそめた殿の 目に涙  「口には出さねど父上と、心で一度呼ばせてくだされませ」  よくぞ立派に 育てたと 母の名を呼び 手を取りて 親子の絆 認むれば もらい泣きする 娘あり 花びら受けて 山陽道 晴れ晴れ歩む 笠三つ
日本 ワッショイ山内惠介山内惠介麻こよみ水森英夫伊戸のりおどんと花火を 打ち上げて あがる歓声 血が躍る 日本良いとこ 北から南 春夏秋冬 祭りだよ ねじり鉢巻き 光る汗  揺れる提灯 お手拍子 揃い浴衣で ひと踊り 日本良いとこ 通わす心 笑顔花咲け 祭りだよ 人の情けの あたたかさ  夢の神輿(みこし)を 担ぎ上げ 男花道 駆け抜ける 日本良いとこ 海原千里(うなばらせんり) 年に一度の 祭りだよ 明日に向かって まっしぐら  響く太鼓の 勇ましさ 姿凜々(りり)しい 富士の山 日本良いとこ きらめく稲穂(いなほ) 命輝け 祭りだよ 天の恵みの ありがたさ
母恋しぐれ二見颯一二見颯一菅麻貴子水森英夫伊戸のりおひとり夜更けの 燗冷まし 手酌で乾したら 鳴く汽笛 遠い故郷(ふるさと) 母さんへ 書いた手紙も 出せずに二年 つらいこの胸 叩くな雨よ 窓辺に降ります 母恋しぐれ  星がまたたく 空の下 母さん今頃 冬支度 耳をすませば 聞こえます お国訛りの 北風夜風 夢を抱いても 心が寒い 寝返る隙間に 降る恋しぐれ  風が落ち葉を 転がせば 必ず明日は 晴れになる 世話になるより 世話をする そんな心が あなたの教え 夢で帰れば 枕が濡れる 想い出温める 母恋しぐれ
ところがギッチョン恋之介二見颯一二見颯一円香乃水森英夫伊戸のりお恋にツボミが あるならば 咲かせてみせましょ 恋の花 手塩にかけて 水かけて 情けをかければ 花が咲く 男と女の 掛け算も… “ところがギッチョン恋之介” 弱気が裏目の ひとり草  好いて三年 茶屋通い 男を見せましょ 今宵こそ 盃二杯 つがれたら あの娘に三杯 つぎ返す 男と女の 足し算も… “ところがギッチョン恋之介” 今宵もつぶれて 橋の上  押して駄目なら 引いてみな 引き際上手は 恋上手 きれいに引けば 逢いたさに あの娘がくれない 紅を引く 男と女の 引き算も… “ところがギッチョン恋之介” 引きどき早まり 幕を引く
松竹梅水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-坂口照幸水森英夫伊戸のりお松は風雪(ふうせつ) 耐えてこそ 今に教える 人の道 そうさしあわせ 生きること 見たぞまことの 晴れ姿 祝いうた舞う エ… 松竹梅  竹はしなりで 強くなる 天にむかって 伸びてゆく まして一生 一度だけ 咲いたその花 目にすれば 縁起ものだよ エ… 松竹梅  梅にうぐいす 鳴き渡り 川の雪解け 春の音 まわり道ほど 味なもの 花のあとから 葉も繁る 明日に響けよ エ… 松竹梅
小江戸捕物帖水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-松岡弘一水森英夫周防泰臣小江戸川越 名物あげりゃ 祭りに芋菓子 蔵造り おっと忘れちゃ いませんか 鬼の三吉 目明かし稼業 父の形見の 十手くるくる 十手くるくる 腕が鳴る  お恋三吉 ほの字にほの字 相性はいいのか 悪いのか おっと忘れちゃ いませんか 御用提灯 早縄投げて 悪い奴から 今日も守るぞ 今日も守るぞ 川越を  謎が謎呼ぶ 辻斬り事件 三吉頭を 抱え込む おっと忘れちゃ いませんか 待ってましたと お恋が言えば 出たよまじない ちちんぷいぷい ちちんぷいぷい 名推理
酒しずく三丘翔太三丘翔太麻こよみ水森英夫伊戸のりおバスは二日に 一度だけ 山の谷間の ふる里よ 捨てたつもりが 今さら何で 何で浮かぶか コップ酒 どうしているか 妹は  渡る世間の 冷たさに 心寒々(さむざむ) 裏通り 手紙ひとつも 残さず越えた 越えた日暮れの 峠道 幾年(いくとせ)過ぎた あの日から  星が煌(きら)めく あの夜空(そら)は 今も変わらぬ ままだろか 悔いはしないと 飲み干す酒に 酒に涙の ひとしずく 今夜の夢で 帰ろうか
きみまち阪三丘翔太三丘翔太美馬とおる水森英夫伊戸のりお桜前線 追いかけるよに 北から北へ みれん旅 失くした愛が 忘られず 愚図だよね 馬鹿だよね それでも君に 逢いたくて ここは二ツ井町の きみまち阪ヨ  肩を引きよせ 好きだと言える 勇気があれば いいものを 米代川に 風が吹く 愚図だよね 馬鹿だよね それでも君を 追いかけて ここは二ツ井町の きみまち阪ヨ  風の噂は 冷たく憎い あの時僕を 待ってたと 厳しさ耐える 屏風岩 愚図だよね 馬鹿だよね それでも君は いま遠い ここは二ツ井町の きみまち阪ヨ
はぐれ夢氷川きよし氷川きよしかず翼水森英夫石倉重信思い出たどれば 心に今も あなたと言う名の 雪が降る 二人暮らした ひと冬だけの 幸せ知ってる 時計台 あぁ札幌 札幌はぐれ夢  他人じゃないのに 誰より他人 つれない背中が 遠ざかる 夕日あかあか 古町(ふるまち)通り くちびる噛んでも 出る涙 あぁ新潟 新潟はぐれ夢  酔うほど恋しい あなたが遠い 酔わなきゃ独りで いられない 風が揺らした 曽根崎灯り 噂を聞くたび うずく胸 あぁ大阪 大阪はぐれ夢  夢でも逢いたい 信じていたい 今ごろあなたは どのあたり 肩を寄せ合い オランダ坂を 歩いたあの日も 雨でした あぁ長崎 長崎はぐれ夢
まよい川五条哲也五条哲也高畠じゅん子水森英夫伊戸のりお胸にくすぶる おもいでを 並べてくずして いる私 雨の降る日は 無性に逢いたい あんなにいいひと ふたりといない 行きつ 戻りつ 迷い川  指でつまめる ささやかな しあわせそれさえ なくていい 雨のしずくが 鎖になるなら 縛ってください ほどけぬくらい 夢も 濡れます 迷い川  誰に語れば よいのやら お酒が相手を してくれる 雨よ叱って おんなの我がまま さだめがあるのよ わかってるでしょ 未練 流して 迷い川
紫苑の花が咲く頃五条哲也五条哲也高畠じゅん子水森英夫伊戸のりお羊を数えて 眠った昔に 戻るだけ 長い夜 愛していたから ほんとの気持ちが 言いだせず いたんです 吹きすぎる風の中 抱(いだ)きあうぬくもり 気づけば終ってた 終ってた…恋 そして… そして… そして… 紫苑(しおん)の花が咲く頃  くちびるはなして みつめる瞳は やさしさで みちあふれ 運命なんだと あきらめられずに 泣きぬれて 夜を明かす あなただけ強い手で 離したくなかった 背中が遠去(とお)ざかる 遠去ざかる…恋 そして… そして… そして… 紫苑の花が咲く頃  美しいあの日々は まだ赤い残り火 どこへもいかないで いかないで…恋 そして… そして… そして… 紫苑の花が咲く頃
網走3番線ホーム山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫馬飼野俊一君への電話も つながらないし 胸に不安が 又よぎる 願いは一つ ただ一つ はやく笑顔を 見せてくれ 発車まで あと五分 網走3番 3番線ホーム  一緒に釧路へ 行くはずだった 僕を一人に しないだろ 風さえ凍(こお)る 始発駅 生きる望みを くれた女(ひと) 今に来る きっと来る 網走3番 3番線ホーム  けたたましいほど 発車のベルが ひびき渡るよ 胸を刺す 僕から君を 失(な)くしたら 何がこの手に 残るのか 嘘だろう 嘘だろう 網走3番 3番線ホーム
緋恋花山内惠介山内惠介桜木紫乃水森英夫馬飼野俊一恋のしくじり 緋恋花(ひれんばな) 別れるために また出会う 誰のものにも なりゃしない 残り香だけの 熱い肌 殺してほしい この愛を 馬鹿な出会いと 悔いたなら  嘘に刃(やいば)を 突き立てて 胸の芯まで 届くよう 欠けた刃先に こぼれ花 二度とは咲かぬ 緋(あか)い傷 殺してほしい この愛を ひどい言葉で 終わらせて  結びたくても 結ばれず 咲かせたときが 最後でも 咲かぬわけには ゆかないと じりじり焦げる 十八夜 殺してほしい この愛を 今日がこの世の 終わりでも
伊吹おろし森山愛子森山愛子麻こよみ水森英夫伊戸のりおあなた失くした この胸に 伊吹おろしが ヒュル ヒュル吹き抜ける 恋も散り散り 夢の跡 ひとりたたずむ 関ヶ原(せきがはら) 幸せ続くと 信じてた ばかね ばかですね 信じてた  遊びでしたか この私 二人暮らした 月日は夢ですか 膝で甘えた あの夜を どうぞ返して 今すぐに あなたと呼んでも 届かない ばかね ばかですね 届かない  風によろけて 膝をつく こらえきれずに 涙がこぼれます 抱いて下さい もう一度 女哀しい 十九女池(つづらいけ) あなたを今でも 憎めない ばかね ばかですね 憎めない
甲州夢小路森山愛子森山愛子麻こよみ水森英夫伊戸のりお南アルプス 白い雲 交わす笑顔の 嬉しさよ 幸せ来ました 私にも 待ってて良かった あなたのことを 二度とこの手は 二度とこの手は 離さない ふたり寄り添う 甲州夢小路  昔ながらの 町並みを 人が行き交う 石畳 愚かな女と 言われても 信じて良かった あなたのことを つらい昨日は つらい昨日は 忘れます 通うぬくもり 甲州夢小路  心ひとつに これからは 月日 重ねる 時の鐘 無駄ではなかった 泣いた日も 待ってて良かった あなたのことを 生きて行きます 生きて行きます はぐれずに ふたり寄り添う 甲州夢小路
あいたか橋で出光仁美出光仁美美馬とおる水森英夫石倉重信出船入船 数ある中で なんで恋しい 船はない 帰り間近と 知らせがあれば 汐の匂いも やさしく沁みる 香椎北浜 あいたか橋で 爪先立てて 待ってます  便りないのは 元気なしるし だけど逢いたい 今すぐに 秋はまだいい 冬ともなれば 肌が冷たい あなたが欲しい 香椎北浜 あいたか橋で 温もりひとつ 夢ひとつ  岬すぎれば 三角波が 帰るあなたを 拒むのか 空は澄んでも まぶたは曇る 辛い恋でも この恋すべて 香椎北浜 あいたか橋で 爪先立てて 待ってます
面影のれん水田かおり水田かおり麻こよみ水森英夫南郷達也暖簾(のれん)しまって ひと息つけば 胸に広がる 面影よ ひとりの夜は 想い出たどり そっとあなたに 逢いに行く ほろり ほろほろ 涙がほろり 心濡れます 裏通り  肩を抱かれて ひとつの傘で 二人歩いた 雨の中 噂になれば あなたが困る 泣いてほどいた 恋の糸 ゆらり ゆらゆら お酒にゆらり 酔えば せつない 裏通り  ふたり寄り添い 世間の隅で 暮らすことなど 夢でした あなたに逢えた 幸せ抱いて 生きて行きます これからも ほろり ほろほろ 涙がほろり 口紅(べに)も泣きます 裏通り
山川豊山川豊松井由利夫水森英夫石倉重信堕ちるとこまで 堕ちたなら 失くすものなど なにもない 口じゃ強がり 叩いたけれど 昔 馴染みの 居酒屋の 灯りも そっぽを 向きやがる …… しょっぱいよなあ  他人は見た目で 品定め 脛に傷持ちゃ なおのこと それが 世間と 奥歯を噛んで くぐる ガードの 暗がりで 鳴いてる 仔猫を 抱きあげる …… あったかいなあ  遅い春でも 花は咲く 雨があがれば 陽ものぞく 裏を見なけりゃ 見えない表 握り拳を 梃子にして 人生 かならず 這いあがる …… やるっきゃないなあ
筑波の寛太郎福田こうへい福田こうへい松岡弘一水森英夫伊戸のりお筑波颪(つくばおろし)を 合羽(かっぱ)でよけて 肌でぬくめた お六櫛(ろくぐし) 笠に一輪 竜胆(りんどう)挿(さ)して 赤い夕陽に 背を向ける ツンツン筑波の寛太郎 エエー 忍び泣き  筑波山(つくばやま)にも 男体女体(なんたいにょたい) 凛と流れる 男女川(みなのがわ) 福来(ふくれ)みかんの 酸っぱさ甘さ 愛しおみよの 味がする ツンツン筑波の寛太郎 エエー 月しぐれ  西に富士なら 東に筑波(つくば) 頬(ほほ)に風花(かざはな) 三度笠 ガマの油で なおらぬものは 脛(すね)に傷持つ 親不孝 ツンツン筑波の寛太郎 エエー どこへ行く
あれが沓掛時次郎福田こうへい福田こうへい松岡弘一水森英夫伊戸のりお一宿一飯 渡世の義理で 斬った相手に 頼まれやした 鴻巣宿(こうのすじゅく)から 熊谷(くまがや)へ 送る道中 母子(ははこ)の旅は 涙隠しの 三度笠 あれが沓掛 時次郎  好いちゃあいけねえ 好かれちゃならぬ しょせんこの世じゃ 結ばれやせん 嫌いなふりする しかめつら 義理と人情 天秤(てんびん)はかりゃ 義理が重たい 渡世人(とせいにん) あれが沓掛 時次郎  助っ人(すけっと)稼業は 長脇差(ながどす)頼(だよ)り 斬って稼いだ 命の綱を 韋駄天(いだてん)走(ばし)りも 間に合わず なぜにおいらを 待っててくれぬ おきぬ亡骸(なきがら) ひしと抱く あれが沓掛 時次郎
ズミの花青山新青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお二人歩いた 思い出小径 そよぐ風さえ 涙を誘う 君の面影 白い花 弱い 体(からだ)を 隠していたか ズミの花 ズミの花 も一度会いたい ズミの花  髪を掻(か)き上げ 微笑むしぐさ 時間(とき)がたつほど 恋しさつのる 甘い香りの 白い花 触れた唇 ただ一度だけ ズミの花 ズミの花 身を切る淋しさ ズミの花  揺れる木漏れ日 哀しいほどに 空の青さが 心に沁みる 肩にひとひら 白い花 散るは運命(さだめ)か 儚い命 ズミの花 ズミの花 も一度会いたい ズミの花
夜の花美川憲一美川憲一かず翼水森英夫矢田部正なみだ浮かべて すがるほど 可愛い女に なれなくて どうせ咲いても 夜の花 黙って別れて あげるけど ダイヤの指輪は 返さない  わずかばかりの 純情は お酒で流して しまいたい どうせ咲いても 夜の花 遊びの恋だと 知ってても 夢見てしまうの 女って  過去もあります 傷もある むかしのことなど 聞かないで どうせ咲いても 夜の花 しみじみひとりの 止まり木で 哀しい唄など 口ずさむ
港の迷い猫美川憲一美川憲一かず翼水森英夫矢田部正ごめんよ俺は カモメ鳥 それじゃアバヨと 消えたひと 見送るつもりも ないのにさ 未練桟橋 追いかけた 港 路地裏 迷い猫 帰るところを 忘れたか こんな私(あたし)に ついて来る  戻って来てと 叫んでも きっとあんたに 届かない 霧笛がボーッと 重なって 海に消えたよ 船灯り 港 私も 迷い猫 今日は独りじゃ いられない 抱いて寝ようか 身代わりに  何度も夢を 見たけれど あんた一番 好きだった 抜け殻みたいな この胸に 寄せて返すよ 波の音 港 どこなの 迷い猫 情が移って 来た頃に あんたみたいに 消えちゃった
住之江の恋水沢明美水沢明美麻こよみ水森英夫椿拓也夜更けの 住之江(すみのえ) 松風泣いて 来ないあなたを 待ちわびる 好きと私を 抱いたのは その場限りの いつわりですか 夢の通(かよ)い路(じ) 今夜の夢で どうぞお願い 逢いに来て  あなたの優しさ 思えばつらい 痩(や)せて行(ゆ)きます この胸が 情け交わした 幸せは 二度と戻らぬ 幻ですか 夢の通(かよ)い路(じ) 今夜の夢で どうぞ私を 抱きしめて  夜明けの 住之江(すみのえ) 寄り添いながら 聞いたかすかな 波の音 あなた今頃 どこにいる ふたりこのまま お終(しま)いですか 夢の通(かよ)い路(じ) 今夜の夢で どうぞお願い 逢いに来て
虹の橋水沢明美水沢明美麻こよみ水森英夫椿拓也浮き世しぐれの 冷たさに 心震える 夜もある 夢を捨てずに 暮らしたら いつかいい日が きっと来る 雨のち晴れで いいじゃないか  誰に見られる こともなく 雨に咲いてる 白い花 いつも自分を 信じたら 苦労坂道 越えられる 雨のち晴れで いいじゃないか  悔し涙を 胸に抱き じっと我慢の 時もある 虹の架け橋 夢の橋 渡るその日は きっと来る 雨のち晴れで いいじゃないか
刈干恋歌二見颯一二見颯一たきのえいじ水森英夫石倉重信山がョ山がョ 山が呼んでる刈干の 朝も早よから 萱(かや)を刈る 何が辛かろ 野良仕事 あの娘を浮かべて 精を出す 無理は云わぬが 無理は云わぬが 帰らぬか どこへ流れる あかね雲  誰がョ 誰がョ 誰が恋しと鳴くのやら 姿隠して 鳴く雲雀(ひばり) ふたり歩いた 里の道 今年も稲穂が 黄金色(こがねいろ) 便り書こうか 便り書こうか 便箋に せめてひと言 この想い  風がョ風がョ 風が身に沁むこんな夜は 夜の長さが 長くなる あの娘達者か もう二年 さぞかし都会も 寒かろう はやり風邪など はやり風邪など ひかぬよに 両手合わせる 冬の空
望郷終列車二見颯一二見颯一森坂とも水森英夫石倉重信夢を道連れ プラットホーム ひとり故郷(ふるさと) 後にした 母の母の 母のやさしい 手紙の文字に むせび泣きした 十九の旅路 あの春恋しや 望郷終列車  花もはじらう あの娘の瞳(ひとみ) かくす涙の いじらしさ 愛し愛し 愛し面影 忘れはしない 夜毎(よごと)つのらす 遥かな想い 届けておくれか 望郷終列車  青い畳も いつしか褪せて 胸に侘しさ 吹き抜ける いつかいつか いつか名を上げ 帰れる日まで 夢で今夜は 帰ってみよか 汽笛が呼ぶよな 望郷終列車
男の峠池田輝郎池田輝郎坂口照幸水森英夫伊戸のりお人を押しのけ 生きてるうちは いい目に遭(あ)わぬさ いい目に遭えぬ 今を越えれば 越えるほど きっと灯(あか)りも 拾えると 山のむこうの また山仰ぐ 男の峠  泣くも笑うも 人生なのさ 落ちたらそこから 這(は)い出るまでだ どんな不器用な 男でも 歩む道には 嘘はない 一歩一歩の 足あと刻む 男の峠  お引き合わせの 縁(えん)そのものさ 人生遅咲き おまえと俺も いいさこれでも 屋台骨 背負いきるとも 最後まで 明日(あす)に向かって おまえと越える 男の峠
紀州の女池田輝郎池田輝郎坂口照幸水森英夫伊戸のりお今もひとりで いると云う 噂ひろって 列車に乗れば どこまで碧(あお)い 空と海 君の故郷(ふるさと) 来は来ても 訊(たず)ねあぐねる あゝ紀州の女(ひと)よ  君と歩いた あのときの 橋もそのまま 羽衣橋(はごろもばし)も 身を引くことが しあわせと 花のよこがお 細い肩 何で消えたか あゝ紀州の女よ  南紀白浜 日は暮れて 八重(やえ)の汐々(しおじお) 夕陽に光る 明日はきっと この腕に 抱いてやりたい 思いきり 待っていてくれ あゝ紀州の女よ
残照山内惠介山内惠介松井五郎水森英夫馬飼野俊一どんな夢にも 涯(はて)がある ならば二人で 行くもいい なのにどうして すだれ雨 ふいに二人を引き裂いた  行くな 行くな 行かないで 花の彩(いろ)は 散らせない いまも ここに いまも あなたは いのちが涸れても 心を灯して  決してひとりに しないよと 固く結んだ 指と指 あの日 誓ったはずなのに 時は無情に 線を引く  なぜだ なぜだ なぜなんだ 抱いた からだ 儚くて 涙ばかり 後を追うのか いのちが涸れても 心を残して  何度名前を 叫んでも そこに応える 声はない 思い一途に 辿るほど 人は戻れる場所がない  行くな 行くな 行かないで こんな 別れ 許せない いまも 深く 残るぬくもり いのちが涸れても 心を灯して
弱虫山内惠介山内惠介田久保真見水森英夫伊戸のりおさよならを あげる 他に何も あげるものがないから 傷あとを あげる 出逢えたこと 忘れないで欲しいから 北向きの部屋で 何度も抱きしめ 私を だましたの あなたは弱虫 心変わりしても サヨナラ言えない 弱虫  この愛を 捨てる 他に何も 捨てるものがないから 憎しみを 捨てる 出逢えたこと 汚さないでいたいから すて猫のように 温もり欲しくて 自分を だましたの 私も弱虫 愛が冷めた今も ひとりがこわくて 弱虫  ふたりは弱虫 傷つけあうくせに サヨナラできない 弱虫
正念場山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫伊戸のりお夢とロマンを 追いかけて あの日故郷(ふるさと) 後(あと)にした 雨の日風の日 嵐の日 一に我慢 二に我慢 男が惚(ほ)れる 男になりたい  親にもらった この命 何(なん)で祖末(そまつ)に 出来ようか 心に錦(にしき)を 飾(かざ)るまで 一に努力 二に努力 男を磨(みが)く 男を生きたい  やっと見つけた 生きる道 後(あと)へ退(ひ)けない 崖(がけ)っ淵(ぷち) たじろぐ怯(おび)える 正念場(しょうねんば) 一に度胸(どきょう) 二に度胸 男の中の 男でありたい
振り返れば、いつも君が山内惠介山内惠介もりちよこ水森英夫杉山ユカリ「振り返れば、いつも君が…」  久しぶりの 駅に降り立てば 風の匂いと ざわめきと ビルの角を 曲がったら 仲間と騒いだ 店がある たとえ時代が 変わっても 俺達は 何も変わらない 息巻いていた あの青さ 君は 静かに 眺めてた 振り返れば、いつも君が 笑ってた 振り返れば、今も君に ありがとう くじけそうでも 笑っているよ 笑っているよ  譲れないと 信じているんだ そっと手のひら 握りしめ 君にいつか 打ち明けた 夢の続きを 生きている どんな明日に なったって 俺達は ずっと俺達だ 不器用だけど、それでいい。 空の どこかで 言ってくれ 振り返れば、いつも君と 夢見てた 振り返れば、今も君は そばにいる 輝く星を 見上げていこう 見上げていこう  振り返れば、いつも君が 笑ってた 振り返れば、今も君に ありがとう くじけそうでも 笑っているよ 笑っているよ
仕方ないのさ青山新青山新麻こよみ水森英夫伊戸のりお仕方ないのさ 仕方ないんだよ 涙をお拭きよ もう泣かないで 嫌いになった 訳じゃない 好きで別れる 恋もある 月も潤むよ アカシア小径  仕方ないのさ 仕方ないんだよ 笑顔を見せてよ もう泣かないで 幸せ君に やれなくて ひとり別れを 決めたのさ  渡すハンカチ アカシア小径  仕方ないのさ 仕方ないんだよ 怨まずおくれよ もう泣かないで わかって欲しい 嘘じゃない つらい気持ちは 同じだよ 名残り尽きない アカシア小径
青春プロローグ青山新青山新岸かいせい水森英夫伊戸のりお履けなくなった シューズ 菜の花 一輪そえて 汗と涙の グラウンド 金網越しに 見送った  握った切符は 片道 レールの向うは 陽炎  さよなら青春エピローグ そして今 始まる 僕の 青春プロローグ そして今 始まる  あのこが編んだ ミサンガ 願いを 手首に巻けば 空に向かって 校舎から ひこうき雲が 伸びてゆく  背中のリュックは ぺしゃんこ 胸には希望が ぎっしり  さよなら 青春エピローグ そして今 始まる 僕の 青春プロローグ そして今 始まる  握った切符は 片道 レールの向うは 陽炎  さよなら青春エピローグ そして今 始まる 僕の 青春プロローグ そして今 始まる
なだめ酒黒川真一朗黒川真一朗有島司水森英夫南郷達也浮世嵐に 今日もまた 押し流されて 西東 西東 あぁ 遣ってられない 呑まずにいられない 酔って愚痴れば まぁまぁと なだめてくれる 心酒  好きな女にゃ 無視されて 嫌いな女(やつ)に 言い寄られ 言い寄られ あぁ 遣ってられない 呑まずにいられない そんなもんだよ まぁまぁと なだめてくれる 支え酒  みんな千切れて どこ行った 胸踊らせた 夢たちよ 夢たちよ あぁ 遣ってられない 呑まずにいられない 酔って落ち込みゃ まぁまぁと なだめてくれる 力酒
紺屋町ブルース黒川真一朗黒川真一朗有島司水森英夫南郷達也待っていますと 泣きながら あの娘(こ)は小さく 手を振った どこか淋しい… どこか淋しい 紺屋町(こうやまち) いつか一緒に なる夢も 散って儚い 夜の風  嘘と真実(まこと)の すれ違い 男と女の かけ橋は どこかせつない… どこかせつない 紺屋町(こうやまち) きっと幸せ あげるよと 抱けば濡らした 白い頬  なにがあっても 笑い顔 あの娘(こ)は絶やしは しなかった どこか悲しい… どこか悲しい 紺屋町(こうやまち) めぐり逢えたら 今度こそ 離すものかよ 離さない
播磨の渡り鳥森山愛子森山愛子松井由利夫水森英夫前田俊明播磨灘から 瀬戸内づたい 噂追いかけ 紅緒笠 逢える 逢えない 逢えない 逢える 旅の気休め 花占いに チョイト なぜか しんみり 淡路島 女 ひといろ 渡り鳥だよ  赤い蹴出しに ほろりとからむ 野菊 いとしや いじらしや 通す 通さぬ 通さぬ 通す 意地の白帆も 潮風夜風 チョイト たたみたくなる 伊予の月 涙 ひといろ 渡り鳥だよ  恋の蛍は 飛ぶにも飛べぬ 秋のはずれの 鶴見崎 行こか 戻ろか 戻ろか 行こか 思案したとて 一天地六 チョイト ままよ出たとこ この勝負 心 ひといろ 渡り鳥だよ
俺の花松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫杉村俊博風に吹かれて 飛ばされた 風花みたいに 散った恋 男ひとりの 旅まくら 濡らす夜雨に おまえが浮かぶ 俺の花 俺の花 せめて心の 庭に咲け  忘れられない 淋しさを まぎらす夜更けの 旅の酒 馬鹿な男に 鷺草(さぎそう)の 白い花びら 静かに揺れる 俺の花 俺の花 せめて心の 庭に咲け   ほんの小さな 夢だって いいのとすがった 細い肩 純なお前が いじらしい どうか倖せ つかんで欲しい 俺の花 俺の花 せめて心の 庭に咲け
北の旅立ち松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫杉村俊博幸せに なるんだよ 俺など忘れ 優しい笑顔と そのえくぼ 一生守って やりたいけれど こんなよごれた 男の胸じゃ おまえを抱けない… 北の旅立ち  鈍色(にびいろ)の 空の下 詫びてる俺に 降り積むこな雪 身を責める 明日なし夢なし 傘さえなくて 歩き疲れて 振り向く先に 面影揺れるよ… 北の旅立ち   ひとり来た 最果ては 骨まで凍る 別れることより 仕方(みち)がない おまえにゃ苦労を させたくなくて 馬鹿な男の 涙の糸で 未練を切るのさ… 北の旅立ち
燈台灯り三丘翔太三丘翔太麻こよみ水森英夫伊戸のりお馬鹿な男と 笑っておくれ 迎えに来るのが 遅すぎた 今のおまえは 遠い人 この手届かぬ 人の妻 沁みる 沁みる涙のヨー 燈台灯り  嘘じゃないのさ 信じておくれ 忘れたことなど なかったよ 花の唇 長い髪 愛(いと)し面影 抱き寄せる 呼んで 呼んでみたとてヨー 燈台灯り  尽きぬ未練を わかっておくれ 夜空を見上げりゃ ただ侘(わび)し ままになるなら ひと目でも せめておまえに 逢いたくて 何を 何を今さらヨー 燈台灯り
さすらい種次郎三丘翔太三丘翔太麻こよみ水森英夫伊戸のりお風に吹かれて 西東(にしひがし) あてもないまま どこへ行く フワリ フワフワ ひとり旅 俺(おい)ら さすらい 種次郎 住めば都さ ここで芽を出す 花咲かす  いいさ世間の 雨嵐 愚痴は言うまい 嘆くまい フワリ フワフワ ひとり旅 俺ら さすらい 種次郎 つらい時には 浮かぶあの娘の あの笑顔  流れ浮き雲 見上げては ちょいとここらで ひと休み フワリ フワフワ ひとり旅 俺らさすらい種次郎 今日も明日もいいさ焦らず行けばいい  人に踏まれて泥まみれ どっこい元気で生きている フワリフワフワひとり旅 俺らさすらい種次郎 遠い故郷(ふるさと) 夢で今夜は帰ろうか
置き手紙五十川ゆき五十川ゆき岡田冨美子水森英夫バス停へ急ぎながら 何度もふり返る 坂の上 白い窓 輝く朝日 あの部屋であなたはまだ 静かに眠ってる 目覚めたらベッドから私を呼ぶわ 置き手紙にはさよなら一言だけ またねと書きかけたけど それは未練ですね 言葉にはできないわ 別れの理由  朝食はいつも通り 作っておいたから 熱々の紅茶だけ自分で入れて 芝居だと思うでしょう 私を捜すでしょう 痛いほど合鍵を握りしめてる 置き手紙にはさよなら一言だけ 遠い町へ行きたいの 光る海が見たい 言葉にはできないわ 別れの理由  置き手紙にはさよなら一言だけ またねと書きかけたけど それは未練ですね 言葉にはしたくない 別れの理由  別れの理由
夕霧草丘みどり丘みどり多野亮水森英夫伊戸のりお花にうつむく 恋一輪に 別れをつげる 鐘の音 夕霧草(ゆうぎりそう) 夕霧草 赤紫の 花影に 思い出ゆれる 微笑むように  どんな暮らしを してるでしょうか 便りもとだえ 春ふたつ 夕霧草 夕霧草 わきたつ雲の 花模様 はげしく燃えた あの日のように  なごり惜しむか 爪弾く風も 季節はめぐる 走馬灯(そうまとう) 夕霧草 夕霧草 命を急ぐ 忘れ蝉 そえない二人 いたわるように
播磨のおんな丘みどり丘みどり菅麻貴子水森英夫伊戸のりお胸に秘めてる この恋も 日暮れりゃ涙の 千ヶ峰(せんがみね) 空にすいすい 赤とんぼ 夕陽を背にして 何処までゆくの 私の片恋(こと)なら だいじょうぶ だいじょうぶ 播磨(はりま)育ちの おんなです  好きなおひとは 雲のうえ 諭(さと)しているのか 三室山(みむろやま) 風がひゅるひゅる 先を行(ゆ)く 追いつき追い越し 何処までゆくの 大きなこの夢 咲かすまで 咲かすまで 播磨育ちの おんなです  山の尾根から 見下ろせば みれんの波立つ 千種川(ちくさがわ) 川面(かわ)にゆらゆら 舟がゆく どなたを探して 何処までゆくの 私はこの道 ひとすじよ ひとすじよ 播磨育ちの おんなです
箱根八里の半次郎福田こうへい福田こうへい松井由利夫水森英夫伊戸のりお廻(まわ)し合羽も 三年がらす 意地の縞目(しまめ)も ほつれがち 夕陽背にして 薄(すすき)を噛めば 湯の香しみじみ 里ごころ やだねったら やだね やだねったら やだね 箱根八里の 半次郎  寄木細工よ 色恋沙汰は つぼを外せば くいちがう 宿場むすめと 一本刀 情けからめば 錆(さび)がつく やだねったら やだね やだねったら やだね まして半端な 三度笠  杉の木立を 三尺よけて 生まれ在所(ざいしょ)を しのび笠 おっ母(かあ)すまねぇ 顔さえ出せぬ 積る不幸は 倍返し やだねったら やだね やだねったら やだね 箱根八里の 半次郎
天文館の夜野村美菜野村美菜森田いづみ水森英夫伊戸のりお愛しいあなたの 面影が グラスのお酒に また浮かぶ 雨に滲んだ 天文館に 明日をなくした 女がひとり ポツリ止まり木 夢に酔う  遠くに霞んだ 桜島 抱かれたあの日の 夢あかり 星が降るよな 天文館で いつかおまえを 迎えに来ると 小指差し出し 言ったひと  港の霧笛が 胸を刺す 錦江湾から 船が行く 月も哀しい 天文館に 追ってゆけない 女がひとり 待って見送る 春いくつ
湯布院ワルツ野村美菜野村美菜森田いづみ水森英夫伊戸のりお恋の終わりを 告げるよな 鴬(うぐいす)哀し いで湯町 これが最後の ふたりの旅路 春もさかりの 湯布院に 灯るさびしい 灯るさびしい 宿あかり  水に浮かんだ 花筏(はないかだ) 紅く染めゆく 金鱗湖(きんりんこ) 日暮れ街道 遥かな由布岳(やま)よ こころ寄り添う 湯布院は 辻馬車(ばしゃ)に揺られる 辻馬車(ばしゃ)に揺られる ふたり道  いくら燃えても すがっても わかれ涙の 夜が明ける 今日はいらない 明日が欲しい 霧が隠した 湯布院に 愛も散りゆく 愛も散りゆく 消えてゆく
海霧の町山内惠介山内惠介麻こよみ水森英夫伊戸のりおおまえの噂を 隠すよに 海霧(うみぎり)流れる 白鳥大橋(はし)の上 一ヶ月(ひとつき)早く たずねたら きっと おまえに 逢えたのに ひとり室蘭 霧がまた揺れる  おまえの呼ぶ声 したようで 振り向く心に 波の音 怨んでいるか この俺を 姿重ねる 島影よ ひとり ため息 霧がむせび泣く  おまえの優しさ ぬくもりを なんで捨てたか あの時に きらめく夜景 チラチラと 沁(し)みてなおさら つらくなる ひとり室蘭 霧がまた揺れる
やばいi山内惠介山内惠介桜木紫乃水森英夫馬飼野俊一明け方のまどろみに 愛を避けてる しぐさみつけて うそつきな舌の根が 乾かぬように くちびるを ふさいでた  酔いに逃げてる 不実なからだ 欲望 焦がして 傷つける  だめだ だんだん 好きになる いやだ どんどん 嫌いになる やばいi  昨日なら笑えたさ ぼくを避けてる ずるい瞳も うそつきなお互いに 気づいた零時 あともどり できたかい  愛に逃げない 覚悟を隠し 引き寄せ 壊して 傷つけた  だめだ だんだん 好きになる いやだ どんどん 嫌いになる やばいi  ここで逃げたら 恋はできない 本気を 盗んで 傷つくさ  だめだ だんだん 好きになる いやだ どんどん 嫌いになる やばいi
全5ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. お酒がいいの冷やがいい
  3. オセロ
  4. 366日
  5. Lion Heart

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. 永久 -トコシエ-
  5. hanataba

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×