×

たきのえいじ作詞の歌詞一覧リスト  409曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
409曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
三陸挽歌 新曲水森かおり 新曲水森かおりたきのえいじ弦哲也伊戸のりお雪になるよと 海猫が ひと声鳴いて 巣に帰る 三陸沖を 漁船(ふね)が行く 命を見送る 女(ひと)がいる ザンザザザン ザンザザザン 強い絆を 見ているようで ザンザザザン ザンザザザン 私はひとり… 涙が流れて 波に砕け散る  うねる海原 染めぬいて 夕陽が沈む 北みなと 漁場の無事を 祈りつつ 命を待ってる 女(ひと)がいる ザンザザザン ザンザザザン 愛の深さが 心に刺さる ザンザザザン ザンザザザン もう帰れない… あの日のあなたの 胸の港には  ザンザザザン ザンザザザン 波の向こうに 明日(あした)を探す ザンザザザン ザンザザザン 私はひとり… 涙と過去(きのう)は 海に捨てて行く
風の歌HANZOHANZOたきのえいじHANZO大平基人はどうして 空を見上げるの あふれる涙 こぼさない為 人はどうして 海を見つめるの 辛い思い出 流す為  幸せの瞬間は幸せに 気付かないけど 耳をすませば聞こえてくる 風の歌 ひたむきに生きたかと 耳をすませば聞こえてくる 風の歌 おだやかに生きたかと  人はどうして 夢を追うのだろう 夢のままで 終わらさない為 人はどうして 旅に出るのだろう 愛する人に 出逢う為  今日も又過ぎていく 静やかに 一日が今 耳をすませば聞こえてくる 風の歌 喜びはあったかと 耳をすませば聞こえてくる 風の歌 うつむかず生きたかと  ひたむきに生きたかと 耳をすませば聞こえてくる 風の歌 おだやかに生きたかと  ララ~  耳をすませば聞こえてくる 風の歌 おだやかに生きたかと
がんばって!~この指とまれ~HANZOHANZOたきのえいじHANZO大平基がんばって がんばって がんばらないで ENYAKORA がんばって がんばって がんばらないで ENYAKORA  時には泣こうぜ 男らしく 時にはイバッテ 女らしく 酒を飲んでごまかして 人間らしく生きようぜ  時代の流れは 蹴とばして Everyday All day Yesterday 百年たらずの 人生じゃないか 愛しい友よ この指とまれ 百年たったら わらおうじゃないか 愛しい友よ この指とまれ  がんばって がんばって がんばらないで ENYAKORA がんばって がんばって がんばらないで ENYAKORA  惚れたらトコトン 惚れてやれ それでも駄目でも 惚れてやれ 一度限り人生は 好いた惚れたで ENYAKORA  名も無い花でも 咲かせたら Everyday All day Yesterday ボトルに飾って 飲もうじゃないか 愛しい友よ この指とまれ ボトルを空けても 飲もうじゃないか 愛しい友よ この指とまれ  がんばって がんばって がんばらないで ENYAKORA がんばって がんばって がんばらないで ENYAKORA  百年たらずの 人生じゃないか 愛しい友よ この指とまれ 百年たったら わらおうじゃないか 愛しい友よ この指 この指 この指 とまれ
人生舫い舟松前ひろ子松前ひろ子たきのえいじ弦哲也南郷達也よしてください ごめんだなんて 何を今さら ねえあなた 右に左に 棹(さお)さして 泥水浴びて 生きてきた 漕(こ)いで行きましょう 縁(えにし)の川を 浮き世 人生舫(もや)い舟  演歌みたいな 人生だけど 人にわからぬ 味がある 晴れ着一枚 買えなくて 今では遠い 語り草 離しませんよ 命の綱は ふたり 人生舫(もや)い舟  夢をこぼして ふたりで拾う 夢と寄り添い 生きて行く 変わりばんこね 人の世は 泣いてもみたり 笑ったり 漕(こ)いで行きましょう 縁(えにし)の川を 明日も 人生舫(もや)い舟
郡上しぐれて津吹みゆ津吹みゆたきのえいじ四方章人竹内弘一あなたに会って 知りました 恋の苦しさ もどかしさ 郡上おどりの 下駄の音 聞けばあの日が また浮かぶ 抱きしめて 抱きしめて… 郡上しぐれて 袖しぼる  手鏡のぞき 口紅(べに)引けば 胸の奥まで 熱くなる どうかひとりに させないで 思い断ち切る 術(すべ)もない 抱きしめて 抱きしめて… 郡上しぐれて 山が泣く  想い出揺れる 長良川 涙ばかりを また誘う きっと帰ると 云ったのに やがて暦も ひと回り 抱きしめて 抱きしめて… 郡上しぐれて 身も細る
母子草津吹みゆ津吹みゆたきのえいじ四方章人竹内弘一胸にしまった 苦労の数が やせた背中に 書いてある 母の姿が 私の鏡 明日(あした)に続く 道しるべ 雨に打たれて 色づいて 咲いてひそかな 母子草  歳を重ねて あなたが判る 辛い時ほど なおさらに 骨身(ほねみ)削って なり振り捨てて 育ててくれた その思い 無駄にしません この命 咲いて愛しい 母子草  弱音吐いたら 幸せだって 逃げて行きます 両手から 母の言葉を かみしめながら うつむかないで 生きて行く 夢がひとひら 風に舞う 咲いて嬉しい 母子草
命の花道岡千秋岡千秋たきのえいじ岡千秋渡る世間の 身を切る寒さ 弱音吐いたら 苦労が笑う 苦労が笑う 夢は夢でも 叶わぬ夢を エンヤコラ ドッコイショ 叶えてみせる いつの日か 飾る 飾る 命の花を 花道を  言葉なくても 目を見りゃ判る 惚れりゃ尚更 心が見える 心が見える あれは祭りの 太鼓の音か エンヤコラ ドッコイショ 路地から路地に 鳴り響く 続く 続く 命の花が 花道が  雨に明日が 隠れていても やがて日が照る 朝日が昇る 朝日が昇る 生きて一生 無駄にはしない エンヤコラ ドッコイショ 飛び散る汗が 華になる 歩く 歩く 命の花を 花道を
あなたに哀愁岡本幸太岡本幸太たきのえいじ向井浩二若草恵あなたしか 見えない こうしているのが 夢のよう あの日あの時 あの場所で めばえた愛が ここにある ふるえる位 あなたに哀愁 心も体も 何もかも 離しはしない あなたに哀愁 優しい瞳が 沁みるよ  運命(うんめい)の神様(かみさま) ふたりの出会いにありがとう 時がどんなに 急いでも 守っていくよ いつまでも こっちを向いて あなたに哀愁 ときめく心を 隠せない ロマンの香り あなたに哀愁 ふたりの明日(あした)に乾杯  ふるえる位 あなたに哀愁 心も体も 何もかも 離しはしない あなたに哀愁 優しい瞳が 沁みるよ
たそがれシネマ岡本幸太岡本幸太たきのえいじ向井浩二矢田部正高層ビルに灯りが点る おもいでばかり まぶしく照らす 愛と云うには若すぎて 恋と呼ぶには遅すぎた あの頃 みんなみんな どこ行った 時代の舟を 漕ぎながら もしももしもが叶うなら あなたにも一度逢いたくて…たそがれシネマ  見果てぬ夢を追いかけていく 男は誰もサムライだった まるで映画のスクリーン 閉じたまぶたによみがえる 静かに 生きる事に不器用で 心配ばかりかけ通し だけどあなたが誰よりも 今でも大事な宝物…たそがれシネマ  みんなみんな どこ行った 時代の舟を 漕ぎながら もしももしもが叶うなら あなたにも一度逢いたくて…たそがれシネマ
サクラウタ北原ミレイ北原ミレイたきのえいじ弦哲也猪股義周あなたの替わりに なる人は 世界のどこにも どこにもいないわ 必ず逢えると 信じてた 私の人生 ゆだねる人に I Love You サクラが舞う ふたりを優しく 包むよに I Love You サクラが舞う 去年よりも 去年よりも 美しく  麻布につながる サクラ坂 ちいさな枝にも 枝にも一輪 誰もが見上げて 指を差し だまって幸せ かみしめて行く I Love You サクラが舞う あなたを愛して 良かったわ I Love You サクラが舞う 去年よりも 去年よりも 麗(うる)わしく  I Love You サクラが舞う ふたりを優しく 包むよに I Love You サクラが舞う 去年よりも 去年よりも 美しく
雨あがり北原ミレイ北原ミレイたきのえいじ弦哲也猪股義周雨が嫌いだった 心までも 淋(さみ)しくて 雨のち雨の 人生だった あなたに逢うまで 私 昨日と同じ あの空に 綺麗な虹が かかってる これを人は 幸せと 呼ぶのでしょうね… 呼ぶのでしょうね 雨あがり  愛が叶うなんて きっとないと 思ってた 誰でも人は わがままだから あきらめていたわ 私 あなたの為に 使いたい これから生きる 歳月(としつき)を 過去は全て 流しましょう 昨日の雨で… 昨日の雨で 雨あがり  ラララ… 雨あがり
男の酒場唄黒川英二黒川英二たきのえいじすがあきら斉藤功背(せな)に冷たい 世間の風も 暖簾(のれん)潜(くぐ)れば 温かい 男なりゃこそ 心に鎮め 口にゃ出さない 胸の内 命ぬくめる 命ぬくめる あぁ… 男の酒場唄  逢わずじまいで かれこれ二年 どうしているやら 暮らすやら 何を今更 繋ぐな未練 呑んで忘れろ 引きずるな 酔えば身に沁む 酔えば身に沁む あぁ… 男の酒場唄  夢にはぐれた 心の寒さ 真情(なさけ)も冷えびえ 風に舞う 思い通りにゃ ならないが 我慢重ねて 流し込む 差しつ差されつ 差しつ差されつ あぁ… 男の酒場唄
おんなの嵯峨野路津吹みゆ津吹みゆたきのえいじ四方章人竹内弘一指折り二年の 歳月(としつき)は 長すぎました 私には あきらめません 捨てません 恋の成就が 叶うまで あなた恋しと 胸が啼く 嵯峨野 薄墨(うすずみ) 竹の道  嵯峨野を捨てては 生きられぬ 一途な私 女です 宛先のない この手紙 誰か届けて あの人に 熱い思いが 清滝(きよたき)の 水に打たれて 竜になる  この世で添えたら もういいの 次の世なんて いりません 焦がれてやせた この身体(からだ) せめて夢でも 抱きしめて 風があなたの 声になる 嵯峨野 祇王寺(ぎおうじ) 石畳
縁酒津吹みゆ津吹みゆたきのえいじ四方章人竹内弘一波乱万丈 七坂八坂(ななさかやさか) 越えてはじめて 華も咲く 苦労重ねた その先に 明日(あす)と云う日が 待っている ふたり重ねる 縁酒  夢の積み荷を 背負って歩く 無駄にするまい この命 惚れていりゃこそ よく判る 言葉なくても 目を見れば 生きて甲斐ある 縁酒  縁(えん)を結んだ か細い糸も やがてでっかい 綱(つな)になる 今日は大安 晴れ姿 笑う門(かど)には 福がくる 交わす盃 縁酒
女浮世草紙藤森美伃藤森美伃たきのえいじ藤森美伃杉本バッハあなたをうばっていいですか 心も体も 何もかも 惚れたら 女は命がけ 鬼にも変わる 仏にも 胸が燃える 音を立て 恋の火柱 舞いあがる 竹に隠れた はなれ茶屋 畳に汗がしたたり落ちる 浮世草紙  あなたがどこにも 行かぬよう その足縛って いいですか 帯ひもほどけば まる裸 このままどうか 眠らせて 月がのぞく ふすまから 愛の修羅場と 知りもせず 刹那刹那を 生きれたら 男と女 花いちもんめ 浮世草紙  胸が燃える 音を立て 恋の火柱 舞いあがる 竹に隠れた はなれ茶屋 畳に汗がしたたり落ちる 浮世草紙
幸せの椅子藤森美伃藤森美伃たきのえいじ藤森美伃杉本バッハとても長い旅 果てしない旅 つまづきながら歩いてきた 私の人生 辛い事ばかり 押し寄せた日々 笑う事も忘れていた そんなあの頃 ほんとは強くもないし 夜に隠れて泣いた 優しさに飢えていた あなたに逢うまで 幸せの椅子が もしもあるなら あなたとふたりで 座りたい  夢の近道はどこにもないし 手さぐりながらたどってきた 地図のない道 あなたに出逢えた事で 明日(あす)と云う日がみえる 色あせたおもいでは 振り向かないから 幸せの椅子を ふたつ下さい 私とあなたに その椅子を  幸せの椅子が もしもあるなら あなたとふたりで 座りたい
ユメヲダキシメテ小檜山恵小檜山恵たきのえいじ若草恵若草恵終わりのないドラマのように ふたりで過ごした日々が よみがえる こんな別れ シェークスピアならどう描くの 同じ夢を求めていけると 信じてた昨日まで あなたの瞳に映ってた私はどこに行ったの あなたの胸のぬくもりが 恋しい ユメヲダキシメテ あなたに逢いたい 全てを投げ出して ユメヲダキシメテ も一度逢いたい 夜を越えて 逢いに行きたい  神様からもらった奇跡 あなたに出逢えた事を そう思う だからどうか 私の心を乱さないで 愛の意味をはじめて気づいた 優しさを知ってから あなたの代わりになる人は どこにもいないこの世に おもいでなんか 悲しみになるだけ ユメヲダキシメテ あなたに逢いたい 明日が来る前に ユメヲダキシメテ 今すぐ逢いたい あなただけに ついて行きたい  ユメヲダキシメテ も一度逢いたい 夜を越えて 逢いに行きたい
いつまでもそばにいて小檜山恵小檜山恵たきのえいじ若草恵若草恵目を閉じたら あなたが見える 私の名前を呼ぶ声も いつも飾らず ありのままに 生きていきたい あなたと  いつまでもそばにいて 幸せを逃さないで いつまでもそばにいて ふたりでこの愛を紡ぎましょう  手に伝わる このぬくもりは この先誰にも渡さない 他になんにも欲しくないわ あなたひとりを信じて  いつまでも そばにいて 眠っても 離れないで いつまでも そばにいて 心をもう一度重ねましょう  いつまでもそばにいて 幸せを逃さないで いつまでもそばにいて ふたりでこの愛を紡ぎましょう
氷川きよし氷川きよしたきのえいじ宮下健治西村幸輔先を急ぐな あわてるな 花が咲かなきゃ 実(み)も成(な)らぬ 人の一生 まわり道 行く手さえぎる 雨や風 汗水(あせみず)たらし 歩く度(たび) 道は後(あと)から ついてくる  見えるものなら つかめるが 見えぬもの程 奥がある 人の一生 いばら道 夢の積荷(つみに)の 荷(に)の重さ 足跡(あしあと)つけて 生きていく 道と云う名の 夢がある  ならぬ堪忍(かんにん) する堪忍 我慢重ねて 仰(あお)ぐ空 人の一生 登り道 超える節目(ふしめ)の 峠道(とうげみち) 心に染(し)みる 曙(あけぼの)が 今日も己(おの)れの 道しるべ
壇ノ浦恋歌津吹みゆ津吹みゆたきのえいじ四方章人竹内弘一潮の流れが ぶつかり合って 岩を削って 渦を巻く 生きるか死ぬかの 恋をして 面影浮かべて 夜が更ける 女の命 まるごとあげる 心が燃える 壇ノ浦 本気で惚れて いるのなら 海峡渡って 抱きに来い  月の明かりが 火の粉になって 闇を切り裂き 舞い落ちる ひとりの寝床は 寒すぎて 枕を抱えて いるばかり あんたの他に なんにもいらん 焦がれて燃える 壇ノ浦 浜辺で切った 足の指 ひと月過ぎても うずき出す  女の命 まるごとあげる 心が燃える 壇ノ浦 眠れぬ夜は なおさらに この手がその胸 恋しがる
なでしこの花松尾雄史松尾雄史たきのえいじ水森英夫竹内弘一人目ふれずに 小雨に打たれ 咲いて哀しい うす紅の花 ごめんよ幸せ やれなくて 秋もあれから ひと回り なでしこの花 なでしこの花 誰に思いを 告げて咲く  いつも淋しい 目をして笑う そんなおまえの 笑顔が浮かぶ 逢うのが遅いと 悔やんでた 今も心に 突き刺さる なでしこの花 なでしこの花 抱いてやれない 身がつらい  逃げた幸せ 追う事よりも 夢を捜して 暮らしておくれ 寄り道ばかりを させながら 何もお返し してやれず なでしこの花 なでしこの花 泣いているのか なでしこも
人生援歌松前ひろ子&三山ひろし松前ひろ子&三山ひろしたきのえいじ岡千秋南郷達也背中向けたら 明日が見えぬ 下を向いたら なお見えぬ 雨や嵐に 打たれても 決めた道なら ひとすじに やがて陽が照る 陽が昇る 命燃やして 人生援歌  人の器も 心の内も 我慢重ねて 広くなる 今は泣かない 辛くても 嬉し涙の その日まで 為せば成る成る 花も咲く 意地が支えの 人生援歌  人の優しさ 情けの深さ 世話になる度 手を合わす 肩の荷物は 五分と五分 分けていこうか ふたりして 夢が苦労の 道しるべ 絆結んで 人生援歌
女の望郷津山微笑津山微笑たきのえいじすがあきら斉藤功汽車に乗ったら すぐそこなのに 帰るにゃ遠い 北の町 あんた恋しい こんな夜は 生きて行くのが 辛くなる 港 桟橋 浮かべてひとり あぁ… 女の望郷  化粧したって 隠せやしない ひとりで生きる 淋(さび)しさは 出来る事なら 叶うなら 逢いに行きたい 帰りたい 汽笛 海鳴り 灯台あかり あぁ… 女の望郷  夏と云うのに 寝床(ねどこ)が寒い 抱いてよあんた 胸が啼(な)く お酒飲んでも 酔えもせず 愚図(ぐず)る心の 板ばさみ 岬 海猫 あんたが欲しい あぁ… 女の望郷
人生みちゆき夢のれん津山微笑津山微笑たきのえいじすがあきら斉藤功骨身に沁みる 世間の風も あんたがいれば 温かい お酒がとりもつ 合縁奇縁(あいえんきえん) 離さない 離れない 今夜は二合の 熱燗で 人生 みちゆき あぁ…夢のれん  あせってみても 五十歩百歩 急がば回れ 幸せも 結んだ絆は 命の絆 いつまでも どこまでも 目を見りゃ心が 見えてくる 人生 虹色 あぁ…夢のれん  苦労の種を 拾って蒔(ま)いて 咲かせてみせる 幸せを あんたも演歌ね 日本一(にっぽんいち)の 離さない 離れない 明日(あした)はいい事 ありそうね 人生 みちゆき あぁ…夢のれん
播磨灘恋歌津山微笑津山微笑たきのえいじすがあきら斉藤功ついて行っては 駄目ですか 瀬戸内(せと)は日暮れて 波ばかり 女は弱い ものですね 心の支えを なくしたら 生きて行けない 生きれない あなた恋しい 播磨灘  熱い思いを 書けるなら 赤い絵の具で 書きましょう 結んだはずの 絆さえ ほどいてあなたは 今どこに 船よお願い この私 乗せて下さい 播磨灘  右に回れば 小豆島(しょうどしま) 越えりゃあなたに 逢えますか カモメよ情け あるのなら 切ない思いを 伝えてよ 恋し恋しと 泣きじゃくる 女ごころを 播磨灘
東京ルージュ(アゲアゲ・バージョン)清水節子清水節子たきのえいじ蘭一二三宝石のようね 都会の夜は 華やかだけど どこか淋しい 行き先のない 私の愛 誰に誰にすがればいいの 東京ルージュ 切ないルージュ あなたあの日を返して 東京ルージュ おもいでルージュ あなたの胸が 恋しい  おもいではいつも 美しすぎて 尚更涙ばかり 誘うわ ひとりの部屋は 広すぎて 夜の夜の長さが憎い 東京ルージュ 孤独なルージュ お酒飲んでも 酔えない 東京ルージュ 悲しいルージュ あなたの声が 聞きたい  東京ルージュ 切ないルージュ あなたあの日を返して 東京ルージュ おもいでルージュ あなたの胸が 恋しい  あなたの胸が 恋しい
命の花道中村美律子中村美律子たきのえいじ岡千秋南郷達也渡る世間の 身を切る寒さ 弱音吐いたら 苦労が笑う 苦労が笑う 夢は夢でも 叶わぬ夢を エンヤコラ ドッコイショ 叶えてみせる いつの日か 飾る 飾る 命の花を 花道を  言葉なくても 目を見りゃ判る 惚れりゃ尚更 心が見える 心が見える あれは祭りの 太鼓の音か エンヤコラ ドッコイショ 路地から路地に 鳴り響く 続く 続く 命の花が 花道が  雨に明日が 隠れていても やがて日が照る 朝日が昇る 朝日が昇る 生きて一生 無駄にはしない エンヤコラ ドッコイショ 飛び散る汗が 華になる 歩く 歩く 命の花を 花道を
母ちゃんの挽歌中村美律子中村美律子たきのえいじ岡千秋南郷達也苦労を数えちゃ いけないと いつも母ちゃん 云っていた 親子三人 川の字で せんべい布団で 寝てた頃 そんなあの日が 笑ってる 夕陽の向こうで 笑ってる  貧しい暮らしで 教わった 生きる辛さも 幸せも 月に一度の もつ鍋を 囲んだ夕餉(ゆうげ)の 笑い声 思い出します あの匂い カタカタやかんの 音がする  母ちゃん寒くは ないですか 空を見上げて ひとり言 早いもんです 二十年 あなたを浮かべて 手を合わす 今度生まれてくる時も あなたの子供で いいですか あなたの子供で いいですか
星空の酒松尾雄史松尾雄史たきのえいじ水森英夫竹内弘一月のしずくが 一滴二滴(いってきにてき) おちょこにこぼれて 渦を巻く 君の涙か 呼ぶ声か 今も心を しめつける 別れて一年 もう二年 逢いたい逢えない 星空の酒  ひとり手酌の 淋しさ辛さ 背広で隠して やせ我慢 ビルの谷間の 吹きおろし やけに今夜は 身に沁みる 叱っておくれよ この僕を 逢いたい逢えない 星空の酒  夢を追う程 遠くへ逃げる 追わなきゃ この手でつかめない 君を迎えに 帰る日は いつになるやら 叶うやら 忘れやしないよ 約束は 逢いたい逢えない 星空の酒
君の瞳松尾雄史松尾雄史たきのえいじ水森英夫竹内弘一路地の酒場が 逢わせてくれた 君と云う名の 宝物 ついておいでよ 今日からは きっと幸せ つかむから 君の瞳に 明日が映る ふたりをそっと 呼んでいる  こんな都会に 山などないが 辛い苦労の 山がある 越えてきたのか 人知れず ちゃんとその目に 書いてある 君の瞳は 笑顔が似合う 泣いたら夢も かくれんぼ  命ふたつを ひとつに結ぶ 赤い血潮の 糸がある 何があっても 離れない 何があっても 離さない 君の瞳に 約束するよ 誰にも愛は 負けないと
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
修善寺の夜二見颯一二見颯一たきのえいじ水森英夫伊戸のりお姿隠して 鳴く山鳩よ 誰を恋しと 鳴くのやら 君故に 今もなお 忘れられない 面影を 浮かべてひとり 修善寺の夜  吹いてみたとて 草笛悲し 届くはずない 天城山(あまぎさん) 逢いたさに 泣けてくる こらえ切れない やるせない 思いははるか 修善寺の夜  行くに行けない もう帰れない 汽車に乗っても あの日には 結ばれぬ 恋だから せめて祈ろう 幸せを 灯りが沁みる 修善寺の夜
人生の贈りもの北原ミレイ北原ミレイたきのえいじ弦哲也猪股義周ふりむけば おもいで達が まぶたの裏を 駈けて行く 時代の流れに 取り残されて 手さぐりしてた あの頃 夢の途中の 坂道で 背中を押して くれたのは そう あなた せめて云わせて ありがとう あなたが私の 人生の贈りもの  ありふれた 幸せの意味 気付かなかった 若い頃 淋しさ抱えて 眠れない日は 時計の針を 憎んだ もしも器用に 生きてたら 逢うことなんて なかったわ そう きっと 一度限りの 人生に 乾杯しましょう 今日の日に感謝して  せめて云わせて ありがとう あなたが私の 人生の贈りもの
愛を紡いで北原ミレイ北原ミレイたきのえいじ弦哲也猪股義周生きてきた歳月(としつき)を ひもとけば いくつ小説を 書けるでしょう 今では笑って 云えるけど 心が折れて 泣いてたあの日 フシギね 一億二千のその中で めぐり逢えた ふたり あなたと生きる 愛を紡いで 今日も明日も その先も 愛を信じて  叶わない夢ばかり 追ってきた ひとりがむしゃらに 思うままに あなたに逢うまで 忘れてた 愛する事や 信じる事を ステキね ふたりが主役ね人生の いつもどんな時も あなたと歩く 愛を紡いで 雨の降る日も 嵐でも 愛を信じて  フシギね 一億二千のその中で めぐり逢えた ふたり あなたと生きる 愛を紡いで 今日も明日も その先も 愛を信じて
東京シネマ沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実猪股義周お好きになさい 行きなさい 止めないから 人は誰でも 笑うでしょうね 別れ話なんか バカバカしくて 命さえも あげていいと あなただけを 愛してきたわ  古い映画のようね 愛に満ちてたあの日 二度と 二度と あの日に戻れない 街の灯りが点(とも)る 辛い心を照らす まるで 東京シネマ  わがままだけど 誰よりも 優しかった きっとあなたに 代わる人など どこにもいないでしょ この先ずっと お酒飲めば 楽しそうに いつも夢の 話をしてた  胸が張り裂ける程 もっと抱かれたかった 熱い 熱い あなたのその胸に ジャズのピアノが沁みる 窓にあなたが映(うつ)る まるで 東京シネマ  古い映画のようね 愛に満ちてたあの日 二度と 二度と あの日に戻れない 街の灯りが点(とも)る 辛い心を照らす まるで 東京シネマ
母の歌沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実猪股義周母の声が 声が聞こえる 僕の名前 呼ぶ声が こんな秋の 日暮れ時には あなたを思い出す 貧しかったあの日 子供の為だけに 日がな一日 働いていた 身を削り  笑いながら いつも心配ないと それがあなたの 口ぐせでした だけど一度聞いた 泣いてる声を 肩寄せて眠ってた 布団の中で  ひと間だけの 狭いアパート そんな暮らし 恨んでた やっと分かる 母の苦労が あなたの歳になり 一度聞きたかった あなたの抱(いだ)いた夢 女を捨てて 生き抜いた母 いつの日も  もしも もしも 次に生まれるならば それがもしも 叶うならば せめてせめて楽を させてあげたい もう一度あなたの 子供になって  笑いながら いつも心配ないと それがあなたの 口ぐせでした だけど一度聞いた 泣いてる声を 肩寄せて眠ってた 布団の中で
想い出はたそがれ色幸田薫幸田薫たきのえいじたきのえいじ神保正明こぼれたお酒を指先で なぞってあなたの名を書けば 色のあせた映画のよに あの頃が 心よぎります 露地裏 アパート たそがれあかり 裏窓 面影 影法師 出来るなら もう一度 ふたりで やり直したかった  顔のほてりを写してる 花瓶の中には沈丁花 そう云えば垣根ごしに におってた 花は沈丁花 軒先 風鈴 はだか電球 雨だれ くちづけ 洗い髪 手の平にのる程のしあわせ つかみたかった  軒先 風鈴 はだか電球 雨だれ くちづけ 洗い髪 手の平にのる程のしあわせ つかみたかった
女人生つづら坂坂本冬休み坂本冬休みたきのえいじ椿拓也椿拓也夢と苦労の 種を蒔き 蒔いて芽が出る 花が咲く 波瀾万丈 覚悟の上で 四十路五十路を 越えてきた 女人生 女人生 つづら坂 歩いてく  住めば都の 路地裏で 人の情けが 沁みてくる 我慢双六 辛抱重ね きっとこの手で 幸せを 女人生 女人生 つづら坂 歩いてく  負けず嫌いは 母ゆずり 涙もろさは 父ゆずり 登り切りたい この坂道を 明日を信じて 生きていく 女人生 女人生 つづら坂 歩いてく
望郷ながれ歌松村和子松村和子たきのえいじ岡千秋竹内弘一針を刺すよな 地吹雪が 帰ってこいよと 吹き荒れる 親を亡くして 二十と五年 どこにあります ふるさとが 津軽 函館 長万部(おしゃまんべ) はじく太棹 流れ旅  はぐれカモメに 見送られ 神威岬(かむいみさき)を 越えてゆく 人の情けを たもとにしまい 麻の帯ひも しめ直す 風がゆさぶる 身を削る 指も凍える 流れ旅  海は明けても 明けやせぬ 春はいつ来る いつ巡る ひとり焚き火で 体をぬくめ 切れた二の糸 張り替える 余市 夕張 女満別(めまんべつ) 明日はどこやら 流れ旅
父娘三山ひろし三山ひろしたきのえいじ中村典正小杉仁三言葉少なに 目と目で話す 明日は嫁いで ゆくおまえ なべを囲んで 水いらず 幼ない頃が 目に浮かぶ たとえ苗字は 変っても ここがおまえの ふるさとだ  ふすま越しから 荷造りの音 聞けば目頭 熱くなる 心づくしの 結納が 嫁いだ後の 置き土産 変わりないよと 一文字の たまに便りが あればいい  芯の強さは 母さんゆずり 涙もろさは 父ゆずり 春夏秋冬 数えれば 二十才(はたち)と幾つ 過ぎたやら 娘ざかりの 晴れ姿 背中見送る 年になる
刈干恋歌二見颯一二見颯一たきのえいじ水森英夫石倉重信山がョ山がョ 山が呼んでる刈干の 朝も早よから 萱(かや)を刈る 何が辛かろ 野良仕事 あの娘を浮かべて 精を出す 無理は云わぬが 無理は云わぬが 帰らぬか どこへ流れる あかね雲  誰がョ 誰がョ 誰が恋しと鳴くのやら 姿隠して 鳴く雲雀(ひばり) ふたり歩いた 里の道 今年も稲穂が 黄金色(こがねいろ) 便り書こうか 便り書こうか 便箋に せめてひと言 この想い  風がョ風がョ 風が身に沁むこんな夜は 夜の長さが 長くなる あの娘達者か もう二年 さぞかし都会も 寒かろう はやり風邪など はやり風邪など ひかぬよに 両手合わせる 冬の空
幸せの合鍵ハンリリハンリリたきのえいじあらい玉英杉本バッハ広い都会の 片隅で ふたり暮らした マンション 今は誰が 暮らしているの 窓の明かりが 心に沁みる 愛が壊れて 残ったものは 心の傷と 淋しさだけ あなたも一度 やり直せたら 幸せの合鍵 二度と離さない  きっとどちらも 悪くない ひとり心に 云い聞かす あなただけが 生き甲斐だった やっと気付いた 幸せの意味 夢の続きを 書き足せるなら あなたの元に 帰っていく だからお願い 私に欲しい 幸せの合鍵 どうかあなたから  愛が壊れて 残ったものは 心の傷と 淋しさだけ あなたも一度 やり直せたら 幸せの合鍵 二度と離さない
さくら坂ハンリリハンリリたきのえいじあらい玉英杉本バッハ流されて 浮世川 身を寄せる 人もない 降る雨に 傘もなく 結んで悲しい 単(ひとえ)帯(おび) あなたが恋しい さくら坂  淋しさに 泣ける夜(よ)は すがろうか 火の酒に 憎んでも 憎めない 愛した分だけ 憎めない も一度逢いたい さくら坂  春が来て 春が往き 桜花 舞うばかり 受けとめて 欲しかった あなたに私の 一生を 幸せいつくる さくら坂
千年祭り坂本冬休み坂本冬休みたきのえいじ椿拓也椿拓也じいちゃん ばあちゃん 子も孫も 祭りだよ 祭りだよ 笑う門には福の神 会えて嬉しや縁の神 太鼓叩いて歌の神 飲めばめでたし酒の神 赤い血潮(ちしお)で 法被(はっぴ)を染めて 栄えあれよと 練り歩く ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! 熱い絆で 千年祭りだよ  担(かつ)いでみせたい 富士の山 祭りだよ 祭りだよ 花が咲く日は花の神 雨の降る日は雨の神 空に昇るは月の神 家にゃ子宝童(わらべ)神 西も東も 南も北も 天の恵みよ ありがとう ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! 情け花道 千年祭りだよ  赤い血潮(ちしお)で 法被(はっぴ)を染めて 栄えあれよと 練り歩く ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ! 燃える花道 千年祭りだよ
東京雪月花藤森美伃藤森美伃たきのえいじ伊川伝杉本バッハ咲く花の 短かい命の 愛おしさ どこか似ている 人の世に めぐり逢えても 何故結べない 愛し 恋しい 愛し恋しの板ばさみ 東京が泣いている あなたに逢いたい  三日月が 闇夜を照らして やせてゆく まるで私の 身代わりに 生きて甲斐ある 春夏秋を せめてあなたと せめてあなたと暮らせたら 東京が泣いている ひとりにしないで  雪が舞う 真っ赤な椿の 花びらに 音も立てずに ヒラヒラと 女ひとりで どうして越せる 冬の長さを 冬の長さを淋しさを 東京が泣いている も一度逢いたい
ワインで乾杯藤森美伃藤森美伃たきのえいじ藤森美伃杉本バッハ高層ビルの 灯りがきらめく 真夜中だって 真昼のようね こんなに広い 大都会で 出逢えたことさえ 夢のよう ワインで乾杯 ふたりで乾杯 ときめく 心を隠せない ワインで乾杯 おもいではいらない あなたがいるから  昔のことは 白紙に戻して 書き直しましょ 今日からふたり あなたの為に 生きてゆくわ 私の全てを 投げ出して ワインで乾杯 今夜に乾杯 ふたりの両手で 幸せを ワインで乾杯 愛してる誰より あなたを あなたを  こんなに広い 大都会で 出逢えたことさえ 夢のよう ワインで乾杯 ふたりで乾杯 ときめく 心を隠せない ワインで乾杯 おもいではいらない あなたがいるから
瀬戸内 小豆島GOLD LYLIC水森かおりGOLD LYLIC水森かおりたきのえいじ弦哲也伊戸のりおいっそ嫌いと 云われたかった 迷いもそれで 断ち切れる こんなのどかな 波打ち際で 思慕(おも)い引きずる 身が辛い ひとり瀬戸内 小豆島 手さげ鞄に おもいで詰めて  幸せ乗せて 出た船なのに 涙を連れて 後もどり 過ぎたあの日に 帰れる船が あれば乗りたい 今すぐに ひとり瀬戸内 小豆島 せめて今日だけ 泣かせて欲しい  うしろを向けば 明日が逃げる 逃(の)がせば夢も 逃げてゆく ゆれる心を 励ますように 海を渡って 春がくる ひとり瀬戸内 小豆島 生きて行きます 希望(のぞみ)を胸に
明日へのかけ橋北原ミレイ北原ミレイたきのえいじ弦哲也猪股義周そして又 陽が昇る 都会の屋根の上を 見慣れたはずの 空なのに あなたといれば 違って見える 地図も線路もない 人生だけど 巡り逢えた 幸せ 愛を絆に ふたりで渡る 明日(あした)に続く かけ橋を  辛くても 笑ってた いつでも若い頃は ひとりっきりの 切なさに 負けたくなくて 生きてたあの日 愛のこの重さは 命と同じ ついて行くわ あなたに 強く結んで ふたりの愛を 明日(あした)に続く かけ橋で  地図も線路もない 人生だけど 巡り逢えた 幸せ 愛を絆に ふたりで渡る 明日(あした)に続く かけ橋を
真冬のセレナーデ北原ミレイ北原ミレイたきのえいじ弦哲也猪股義周雪がふる 悲しみを凍らせて 雪がふる 心をいたわるように 雪がふる あなたどこにも行かないで 雪がふる 愛が淋しがるから 真冬のセレナーデ 胸がときめく 冬というのに 温かい 真冬のセレナーデ 私の人生 あずける人は あずける人は あぁ あなた  雪が舞う おもいでを塗(ぬ)り変えて 雪が舞う 乾いたピアノのように 雪が舞う こんな地球の片隅に 雪が舞う 空に花を咲かせて 真冬のセレナーデ 愛は永遠(えいえん) 辛(つら)い時代も あったけど 真冬のセレナーデ あなたに逢う為 生きてきたのね 生きてきたのね あぁ 私  雪がふる 雪がふる 雪がふる 雪がふる…
小樽秋冬城之内早苗城之内早苗たきのえいじ木村竜蔵若草恵歩いてください 私の隣 生きてゆくのが 不器用だから 約束なんていりません 一生そばにいるだけで  小樽秋冬 逢えてよかった 月が運河に 揺れている 小樽秋冬 点るガス灯 あなたが私の最後のコイビト  いつもと変わらぬ 街並みなのに 何故か不思議ね 変わって見える 淋しさだけが トモダチで 暮らしてきたわ 昨日まで  小樽秋冬 ジャズが鳴いてる 枯れたピアノが 沁みてくる 小樽秋冬 何もいらない あなたの他には なんにもいらない  小樽秋冬 逢えてよかった 月が運河に 揺れている 小樽秋冬 点るガス灯 あなたが私の最後のコイビト
博多川ブルースGOLD LYLIC角川博GOLD LYLIC角川博たきのえいじ岡千秋南郷達也雨のしずくと 未練の糸は 何故に切れない 払えない ここは天神 宵待ち通り 出逢いと別れの 交差点 あなた私の そばにきて 胸が淋しい 博多川  あなた選んで この街捨てる それも叶わぬ 今はもう ふたり重ねた おもいでばかり 残してあなたは かくれんぼ 思い切れない 忘れない うしろ髪引く 博多川  夜がくる度 ネオンが点る 川に映って 帯になる あなた真似して 覚えたお酒 今では涙の 誘い水 夢でいいから 逢いにきて あなた愛しい 博多川
とんぼり流し渡辺要渡辺要たきのえいじすがあきら伊戸のりお義理の重さに 情けの深さ 人の心が 渡し舟 浪花生まれの ど根性 買った苦労で 咲かす花 とんとんとんぼり とんぼり流し 橋の下には ああ 夢がある  男器量に 女は色気 歌は演歌の 七五調 泣いて笑って また泣いて 結ぶ縁(えにし)の ありがたさ とんとんとんぼり とんぼり流し 今日は大吉 ああ 松竹梅  恩を受けたり 返してみたり 持ちつ持たれつ 人の世は 生きてなんぼの この命 どこで使おか あずけよか とんとんとんぼり とんぼり流し まわり舞台だ ああ 人生は
樽太鼓俵伝次郎俵伝次郎たきのえいじあらい玉英石倉重信ハァ~人間やってりゃ 色々あるさ 人生浮いたり 沈んだり 弱音を吐いてる ひまはない 運の神様 背中を向ける ここでひと花 樽太鼓  ハァ~人間とにかく 色々あるさ 笑えばくるくる 福がくる どうにかこうにか 人並みに 生きてこれたと 両手を合わす 俺は俺なり 樽太鼓  ハァ~人間ほんとに 色々あるさ 雨でも心は 日本晴れ すべってころんで また起きて 歳を重ねりゃ 重ねた分の 夢があるのさ 樽太鼓
哀愁峠二見颯一二見颯一たきのえいじ水森英夫石倉重信背のびしたって 高千穂は なんで見えようか 都会から 夢を鞄に 詰め込んで 故郷(くに)を出てから もう五年 帰りたい帰りたい まだ帰れない 日向 鹿川(ししがわ) 哀愁峠  云えば良かった 好きだよと せめてあの娘(こ)に あの夜に 年に一度の 夏まつり 花の浴衣が 似合ってた 忘れない忘れない 忘れやしない 日向 林道 哀愁峠  日がな一日 頬かぶり 畑仕事か おふくろは 何も心配 いらないと 届く葉書きの 走り書き 帰りたい帰りたい まだ帰れない 日向 横谷 哀愁峠
望郷ギター二見颯一二見颯一たきのえいじ水森英夫伊戸のりお夕焼けが 沁みる日は ふるさとが近くなる 近くなる あの娘は達者か どうしているか きっと帰ると… きっと帰ると 云ったきり おもいでつま弾く 望郷ギター  忘れない 村の駅 泣いていたあの顔を あの顔を ごめんよごめんよ 便りもとぎれ 都会暮らしに… 都会暮らしに 流されて 涙で詫びてる 望郷ギター  どんな夢 見てるやら 星が降るこんな夜は こんな夜は ふたりで唄った 船頭小唄 今も出てくる… 今も出てくる あの節が トレモロ淋しい 望郷ギター
ソナチネケイ潤子ケイ潤子たきのえいじ若草恵西村真吾今日が約束の日だったわね 半年後に も一度二人逢おうって 無鉄砲ね 初めて出逢って 約束なんか 交わすなんて  きっと見違えてしまうわね 服も靴も化粧も変えてきたから でも不安ね ほんとに来るかしら 初恋みたい そうね まさか  どんな話しようかしら 映画…旅行… 月並みだわ それより食事ね 乾杯しましょ 今日の為に  愛はソナチネ 男と女 電話も歳も 知らないけれど 愛はソナチネ きっとあなたを好きになる 今夜始まる 二楽章  あれはポルトガルの港町 ひとり旅のふたりに似合う夕暮れ 海が好きと 照れ臭そうに 云ってた笑顔 ステキだった  まるで映画みたいそうでしょ たった一度 言葉を交わしたあの日 でもどうして ほんとに遅いわね もう一時間来ないつもり  あらイヤだわ 涙かしら みんなが見てる 雨の街角 帰りを急ぐ 恋人たちね お幸せに  愛はソナチネ 半年の夢 出来そこないの ラブストーリー 愛はソナチネ そうね私がお馬鹿さんね 夢を描いていただけね いつかどこかで 逢いましょう
笑顔の花束藤森美伃藤森美伃たきのえいじたきのえいじDeep寿淋しさごまかして 着飾ってみたり 眠れない夜は お酒にすがったり それでもあなたは 優しかった 壊れそうな私を 抱きしめて 人生のともし灯を 点してくれた人 あれから何年 経ったでしょ 私は今 ここにいます 何もお返し 出来ないけれど あなたに笑顔の 花束を  器用に生きられず まわり道ばかり みんな笑うでしょ 下手な生き方と あなたは何にも 云わないけど 見守ってくれたわ 誰よりも 夢だけは捨てるなと 叱ってくれた人 木枯らしまじりの こんな夜は あなたの事 浮かべてます せめてあなたに 届けてみたい ちいさな笑顔の 花束を  心配ばかりを かけたあの日 笑うことも忘れて 生きていた 幸せの神様が 道草してた頃 あれから何年 経ったでしょ 私は今 ここにいます 何もお返し 出来ないけれど あなたに笑顔の 花束を
東京しぐれ街藤森美伃藤森美伃たきのえいじ藤森美伃Deep寿連れて行ってよ 離さずに この身ひとつを 道づれに たとえ世間の 矢面(やおもて)に 立ってもいいの ふたりなら 命重ねる 東京しぐれ街  うしろ指さす その指を よけて手さぐり 路地伝い 明日のみえない 暮らしでも 寒さをしのぐ 胸がある 心寄せ合う 東京しぐれ街  墨田くだりの 川の帯 灯りこぼれて 朱に染まる 綺麗ごとでは 渡れない 浮世の運命 恋の道 雨が冷たい 東京しぐれ街
鴨川の月市川由紀乃市川由紀乃たきのえいじ幸耕平前田俊明紅を引く度 くちびるが あなた恋しと 淋しがる どうかお願い そばに来て 袷(あわせ)を着ても 寒すぎる 募(つの)る未練を 伝えておくれ 川面(かわも)に浮かぶ 鴨川の月  浅き夢みし 酔いしれて 恋に身をやく 女ゆえ 逢えぬ月日の 長さだけ いつしか胸も やせてゆく こぼす涙を 届けておくれ 心が辛い 鴨川の月  季節はずれの 風鈴の 音も悲しい 石畳 捨てるつもりで 捨て切れず おもいでばかり 後を引く せめて逢いたい 逢わせておくれ 今夜は夢で 鴨川の月
信濃路恋歌水森かおり水森かおりたきのえいじ弦哲也伊戸のりお月は三日月 口紅(べに)の月 夜空に刺さって 泣いてます 愛をつらぬく はずでした ふたりで生きる はずでした 淋しさつのる 城下町 ひとり 信濃路 わすれ旅  まぶた閉じれば 見えてくる 優しい面影 あの笑顔 ひとりぼっちで 越す冬は 想い出だけじゃ 寒すぎる みれんが騒ぐ 女鳥羽川(めとばがわ) おんな 信濃路 走馬灯  右へまがれば 幸せが 巡ってくるよな 一の門 ここで足ぶみ していたら 明日も夢も 逃げてゆく もう迷わない これ以上 やがて 信濃路 春まぢか
愛は一期一会北原ミレイ北原ミレイたきのえいじ弦哲也猪股義周幸せ計る ものさしがありますか 時を戻す 時計がありますか 人生は ひと幕だけの劇場 続きのない物語 愛は一期一会 一瞬のキセキ あなたに逢えて 良かった 愛は一期一会 いつもそばにいて 生きて行ける 一秒先の未来へ  自慢に出来る 過去なんてないけれど 歩いてきた 一人で ひたむきに 淋しさが友達だった いつでも あなたに逢う昨日まで 愛は一期一会 熱くなる心 目と目で 全て分かるの 愛は一期一会 強く抱きしめて 離さないわ 眠っていても この手は  生きて行ける 一秒先の未来へ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ふりむけばヨコハマ坂本冬美坂本冬美たきのえいじ猪俣公章坂本昌之夢の続きはおしまいですか 全て白紙にかえるのですか もしも叶うなら この体投げだして ついて行きたい 閉じたまぶたにあなたが映る 別れ話を打ち消すように 汗がにじむ程 もう1度抱きしめて 映画のように 恋はいつも 背中合わせ 追えば追うほど 手の平返す ふりむけばヨコハマ くちびるが淋しい ふりむけばヨコハマ 置いてきぼりね  港離れる外国船を ひとり見送るホテルのロビー あなたここに来て おもいではいらないわ 悲しすぎるわ めぐり逢わせのいたずらなんて それで終わりにしないで欲しい そばに居るだけで 華やかなひとときを 生きてゆけるわ 窓を叩く 雨のしずく たぶんあなたも 旅人なのね ふりむけばヨコハマ あなたしか見えない ふりむけばヨコハマ 肌が恋しい  ふりむけばヨコハマ くちびるが淋しい ふりむけばヨコハマ 置いてきぼりね
中之島純情川崎修二川崎修二たきのえいじすがあきら岡山健ビルの谷間の 吹きおろし おもかげ忍ぶ 御堂筋 せめて逢いたい ひと目でも 時計の針を 巻き戻せたら ふたりできっと 出直せる も一度おまえと 中之島純情  ふたり歩いた 路地もなく 昭和も遠く なるばかり うしろ姿の しあわせが グラスの底に にじんでゆれる おもいでだけが 置き土産 飲んでも酔えない 中之島純情  まるで映画を 見るように あの日が浮かぶ 淀屋橋 忘れられない 今も尚 淀川越えて またくる秋が 男の未練 かり立てる 夜風が泣いてる 中之島純情
北の酒川崎修二川崎修二たきのえいじ山本陣岡山健船の汽笛が 沁みる夜は 故郷を忍ぶ 酒がある 望みは遠く 道なかば まだまだ戻れない 帰れない 夢をおちょこに 浮かべては ひとりつぎ足す 北の酒  風が背中に 沁みる夜は おふくろ慕う 酒がある ほこりまみれの ラジオから 聴こえる昭和の 流行歌(はやりうた) いくつ重ねた 親不孝 ひとりわびてる 北の酒  人の情けが 沁みる夜は 親父を忍ぶ 酒がある 家族の為に 働いて ひとりで呑んでた カンビール 思い出すんだ あの頃を 空を仰いで 北の酒
男のにわか雨川崎修二川崎修二たきのえいじすがあきら斎藤功夢にはぐれて 傷ついて 人の優しさ ふと思う めぐり逢い すれ違い 今更遅い くやんでも おまえを浮かべ 佇めば 心に今も にわか雨が降る  きっとつかめる しあわせを 泣いた分だけ 人はみな まわり道 させたけど 祈っているよ 遠くから おまえを忍ぶ こんな夜は 心に今も にわか雨が降る  季節はずれの 花もいい 人目つかずに 咲くもいい おもいでは 邪魔だから 明日の為に 生きてくれ おまえを浮かべ 呑む度に 心に今も にわか雨が降る
ふりむけばヨコハマ水森かおり水森かおりたきのえいじ猪俣公章竹内弘一夢の続きはおしまいですか 全て白紙にかえるのですか もしも叶うなら この体投げだして ついて行きたい 閉じたまぶたにあなたが映る 別れ話を打ち消すように 汗がにじむ程 もう一度抱きしめて 映画のように 恋はいつも 背中合わせ 追えば追うほど 手の平返す ふりむけば ヨコハマ くちびるが淋しい ふりむけば ヨコハマ 置いてきぼりね  港離れる外国船を ひとり見送るホテルのロビー あなたここに来て おもいではいらないわ 悲しすぎるわ めぐり逢わせのいたずらなんて それで終わりにしないで欲しい そばに居るだけで 華やかなひとときを 生きてゆけるわ 窓を叩く 雨のしずく たぶんあなたも 旅人なのね ふりむけば ヨコハマ あなたしか見えない ふりむけば ヨコハマ 肌が恋しい  ふりむけば ヨコハマ くちびるが淋しい ふりむけば ヨコハマ 置いてきぼりね
じょんがらひとり旅エドアルドエドアルドたきのえいじあらい玉英猪股義周ねぶた終れば 秋がきて やがて木枯らし 雪が舞う 指の先から 血がにじむ 三味線(しゃみ)は名ばかり まだ道半ば うなる はじける 凍りつく 男じょんがら ひとり旅  意地じゃ弾けない 太棹は 熱い命の バチで弾く 風の下北 後にして 行くはわが道 いばら道 先は地吹雪 山嵐 北のじょんがら ひとり旅  通りすがりに 受けた恩 三味線でひと節 恩返し 腹が減ったら 雪を喰い ゆるむ かんじき また締め直す 叩く 揺さぶる 突き刺さる 燃えてじょんがら ひとり旅
来し方の宿エドアルドエドアルドたきのえいじあらい玉英猪股義周あなた私を捨てますか ついて来いよと 云えますか 好きで添えない この運命 誰が邪魔する 引き離す 傘はこの手で たためても あぁ 未練たためぬ 来し方の宿  ひとり焦がれる 切なさを せめて隠して 湯のけむり 情けあるなら そばに来て 淋しすぎます ひとりでは 浮世うたかた かずら橋 あぁ 心乱れる 来し方の宿  仕掛け花火で 夏が往き 秋と一緒に 冬がくる あなた思えば この胸が 日毎夜毎に やせていく 帯はひとりで 結べても あぁ えにし結べぬ 来し方の宿
あまのじゃく デュエットVer.沢井明&マッハ文朱沢井明&マッハ文朱たきのえいじ田尾将実強がり泣き虫 ないものねだり 想い出からくり 幸せかくれんぼ 恋はあまのじゃく 酔わせてそれっきり 恋はあまのじゃく 燃えてそれっきり 悲しいけれど 夢でもいいから 逢いにきて  愛して別れて 一幕芝居(ひとまくしばい) ときめきうつり気 心は裏返し 恋はあまのじゃく どんなに焦がれても 恋はあまのじゃく 追えば背を向ける 淋しいけれど あの日を返して あなたから  ため息ぬけがら しり切れとんぼ 寄り道潮時 明日が通せんぼ 恋はあまのじゃく 酔わせてそれっきり 恋はあまのじゃく 燃えてそれっきり くやしいけれど 私をも一度 抱きしめて
おとこ人生夢芝居おおい大輔おおい大輔たきのえいじ四方章人南郷達也酒の力じゃ 役には立たぬ 恋は男の 器で決まる ついてきてくれ 今日から俺に 望み叶える その日まで おとこ人生 おとこ人生夢芝居  情けだけでは この世は住めぬ ましてなければ 尚更(なおさら)住めぬ 嘘も上手も 云えないけれど 惚れてしまえば 無我夢中 おとこ人生 おとこ人生夢芝居  人のこぼした 苦労を拾う お人好しだと 世間が笑う 持ちつ 持たれつ 肩寄せながら のぼる浮世の 山や坂 おとこ人生 おとこ人生夢芝居
夢追いかるたおおい大輔おおい大輔たきのえいじ四方章人南郷達也浅き夢みし どろんこ道に つけた轍(わだち)の 数いくつ めぐり逢わせの ふしあわせ 耐えりゃ転じて 福がくる ふたり重ねる 夢追いかるた  一と一とが 寄り添いながら 立っているよな 人の文字 何が辛かろ 昨日今日 支えられたり 支えたり ふたり重ねる 夢追いかるた  にわか仕立ての しあわせよりも 遅れ咲(ざ)き程(ほど) 味がある 冬の垣根を 超えたなら 春がくるくる 春がくる ふたり重ねる 夢追いかるた
定山渓水森かおり水森かおりたきのえいじ弦哲也前田俊明命結んだ この糸で 愛と云う名の 帯を織る それも今では 夢ですね 強くなかった ふたり共 おもいで連れて 涙を連れて 定山渓に 立ち尽くす  凍りつくよな 北の空 肌を突き刺す 風の群れ あなた忘れて 生きるには 募る未練が 邪魔をする 一日だけの 旅なのに まるで一年 いるようで  お酒飲んでも 寝れもせず 泣いて心が 晴れました 運命(さだめ)悲しい めぐり逢い 好きとつぶやき 切る縁(えにし) 春は名ばかり 湯気までこごえ 定山渓に 舞いあがる
東京えれじい黒川英二黒川英二たきのえいじすがあきら斎藤功読みかけの唱節ね ふたりの恋の歳月(としつき)は 華やかだったわ あの頃が あなたといれば それだけで 東京えれじい 今夜も聞こえるラジオから 東京えれじい おもいでばかりを連れてくる あなたの前で 女になれて 抱かれた数だけ えれじい  誰よりも愛してた 切ない位あなただけ 今更ひとりじゃ 眠れない も一度借して その胸を 東京えれじい 涙はひとりでふけるけど 東京えれじい 淋しい心は隠せない 逢いたい思い 断ち切れなくて 水割グラスで えれじい  東京えれじい 今夜も聞こえるラジオから 東京えれじい おもいでばかりを連れてくる あなたの前で 女になれて 抱かれた数だけ えれじい 東京えれじい
春夏秋冬人生ごよみ濱田陽子濱田陽子たきのえいじすがあきら斎藤功春はヨー 屋根のつららも 根雪も溶けて 咲いて嬉しい 福寿草 苦労垣根を 越えてこそ 明日が見える 軒先に  夏はヨー 祭りばやしが 結んだ縁か 縁が実となる 花となる 添えてよかった この人と 夜空に光る 遠花火  秋はヨー 住めば都の この山里に 燃える紅葉の あざやかさ 黄金(きん)の稲穂に 手を合わし 飲み干すお酒 宵の口  冬はヨー 雨がみぞれに みぞれが雪に 聞けば身に沁む 虎落(もがり)笛 枕並べて 添い寝して ふたりで夢を あたためる
あなたに贈る ララバイ藤森美伃藤森美伃たきのえいじたきのえいじ石倉重信綺麗でしょう 涙のしずく 悲しいでしょう 紅い口紅 笑うでしょう 焦がれる心 今日で全てが 終わるのに 過ぎし日の おもいで ララバイ ふたりの人生に ララバイ たそがれて 背中で ララバイ あなたに贈る ララバイ  どんな花で 飾ればいいの ふたりの愛が 満ちていた部屋 辛いけれど 男と女 冷めた心は 戻せない 目を閉じて 別れの ララバイ 明日の幸せに ララバイ ありがとう 優しく ララバイ さよなら云わず ララバイ  過ぎし日の おもいで ララバイ ふたりの人生に ララバイ たそがれて 背中で ララバイ あなたに贈る ララバイ  あなたに贈る ララバイ
風のれん藤森美伃藤森美伃たきのえいじ藤森美伃石倉重信ふたりで生きても 辛いのに ましてひとりじゃ なお辛い あきらめる 事が出来たら きっと泣いたりしない あぁ… いつか馴染みの このお店 お酒もひとつ 風のれん  飲んでも飲んでも 何故酔えぬ 酒よ酔わせて 眠らせて 逢いたさに 心が痛む 雨がそぼ降る夜は あぁ… 戻れやしない あの頃に 未練こぼれる 風のれん  冷たい夜風の 寒さより 寒い心を 誰が知る 幸せが もしもあるなら 分けて下さいあなた あぁ… 声を聞かせて もう一度 ひとり淋しい 風のれん
男の街だよ大阪は水木良・KOKUZAN水木良・KOKUZANたきのえいじすがあきら斎藤功何も云うなよ 目をみりゃ判る 熱い情けも 根性も 縁があるから くみ交わす 路地の屋台の コップ酒 男の街だよ 大阪は 男どうしで 歩こうか 道頓堀の 花道を  生きてもまれて ひと皮むけて やっと男の 顔になる 強くなる程 増えていく 邪魔をする奴 ねたむ奴 男の街だよ 大阪は 男どうしで どこまでも 八百八橋 越えて行く  灯り点した 通天閣が 下を見下ろし 笑ってる 生きてなんぼの この命 どこで咲かせて みせようか 男の街だよ 大阪は 男どうしで 肩組んで でっかい夢で 勝負する
人生夢灯り水田かおり水田かおりたきのえいじ影山時則丸山雅仁涙しずくを 涙で洗う 洗うそばから 出る涙 口じゃ言えない 人生だけど 今じゃ笑える あの頃を 見えますよ 見えますね 指の向こうに 人生夢灯り  照る日 曇る日 雨風吹く日 耐えて四十路(よそじ)の 道なかば あれはたんぽぽ 人目につかず 背のびしないで 咲いている 泣かないわ 泣きません 我慢重ねて 人生夢灯り  苦労する為 生まれた人が どこにいますか 世の中に 汗でにじんだ この肩先の 肩の積み荷が 宝物 見えますよ 見えますね 明(あ)かりほのぼの 人生夢灯り
歌は、わたしの人生エドアルドエドアルドたきのえいじあらい玉英鈴木豪生まれたときから わたしには いつも歌があったわ 今日までわたしを強く ささえてくれた歌が…… 時にはこの世の北風に 凍えながらそれでも くじけず歌ってきたわ 心がのぞむままに  歌は、わたしの人生 わたしの生きる道 この命つづくかぎり わたしは歌いつづける  泥んこ道でも かまわない そこに歌があるなら 涙にまけずに歌う 明日に愛をこめて…… 歌はわたしの祈り 魂の熱い叫び ひたすらに歌の道を わたしは歩きつづける  歌は、わたしの人生 わたしの生きる道 この命つづくかぎり わたしは歌いつづける
ザ・どどいつ月亭可朝月亭可朝たきのえいじたきのえいじ私のあなたと思っていたけど 今ではあなたは私のあなたでないあなた だまって聞いてりゃ いい気なもんだよ さんざんあそんで バイバイね ああー縁がない 使い捨てだもの その気もないのに その気にさせて 始めと終わりが ちょいと違う 今更云っても しょうがない しょうがない しょうがない どどいつ どどいつ どどいつ どどいつ しあわせ三分に 未練が六分 くやしさ一分 おしまいね  あなたの私と思っていたけど 今では私はあなたの私でない私 浮気を許した私のしくじり すべって ころんで みじん切り ああー縁がない 使い捨てだもの 南国生まれのあなたにゃとても 北国女の気持ちなど てんてんてんから わからない わからない わからない どどいつ どどいつ どどいつ どどいつ しあわせ三分に 未練が六分 くやしさ一分 おしまいね
寂しいくちびる北原ミレイ北原ミレイたきのえいじ花岡優平猪股義周あなたの隣にいる女(ひと)に 一日だけでも 変われたら 一生分の愛を 捧げて 涙を置いて 旅にでる  逢えるものなら 何も聞かない 別れた後の あれこれを だからもう一度 愛して欲しい 焦(こ)がれて寂しい くちびるを  ふたりで暮らした この部屋に あなたが戻って くるようで 引越し出来ず 今もそのまま おもいで捨てて 行けなくて 駄目な女と 笑うでしょうね あれから三月 過ぎたけど せめて夢の中 愛して欲しい 夜中(よなか)に寂しい くちびるを  逢えるものなら 何も聞かない 別れた後の あれこれを だからもう一度 愛して欲しい 焦がれて寂しい くちびるを
おもいで蛍沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実伊戸のりおあきらめましょう あきらめません ひとりぼっちに させないで ふたり暮らした 下北沢の 空も泣いてる ネオンに染まりながら おもいで蛍 おもいで蛍 そっとあの日に 飛んで行(ゆ)け おもいで蛍 おもいで蛍 どうかあの人 連れてきて  忘れてあげる 忘れられない 胸が今夜も 淋しがる 幸せそうに 人が行(ゆ)き交(か)う だけど私を 待ってる人はいない おもいで蛍 おもいで蛍 まぶた閉じれば また浮かぶ おもいで蛍 おもいで蛍 涙ばかりを また誘う  おもいで蛍 おもいで蛍 そっとあの日に 飛んで行(ゆ)け おもいで蛍 おもいで蛍 どうかあの人 連れてきて
待ちわびて沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実伊戸のりおどうするつもり 音沙汰(おとさた)なしで こみあげる恋心 じらさないで ただ待ちわびて 淋しくて 待ちわびて 切なくて ひとりのこの部屋 愛が泣いてる 幸せのぬけがらが 目に沁みる  幸せなんて その場限りね おもいでが増えただけ 涙に変わる ただ待ちわびて むなしくて 待ちわびて 恋しくて 女でいるのが 今は悲しい 叶うならその胸で 眠らせて  鏡をのぞき 口紅引けば くちびるが熱くなる 心が燃える ただ待ちわびて 逢いたくて 待ちわびて 愛しくて どうして過ごすの 夜の長さを もう一度聴かせてよ 子守唄
比叡おろし水森かおり水森かおりたきのえいじ弦哲也伊戸のりお風が舞う 夢が散る うす墨の 霧の群れ 恋の迷いを 消すように やがて琵琶湖(びわこ)に 雨がふる 幸せでした あの頃が それも今では 遠い夢 比叡(ひえい)おろしが 吹けば もうすぐ 冬です ふたり重ねた おもいでが 私を泣かす  涙では 洗えない 悲しみも 切なさも まして化粧を してみても 隠し切れない 未練まで あなたに逢えて 知りました 愛の深さと 寂しさを 比叡(ひえい)おろしに ひとり この身をさらせば 生まれ変われる 気がします 明日はきっと  幸せでした あの頃が それも今では 遠い夢 比叡(ひえい)おろしが 吹けば もうすぐ 冬です ふたり重ねた おもいでが 私を泣かす
湯西川水森かおり水森かおりたきのえいじ弦哲也丸山雅仁川の流れが 秋に染まる 真っ赤な紅葉(もみじ)の 花筏(はないかだ) あなたに何も 尽せなかった きっと重荷に なってた私 逢いたいなんて 迷惑ですね ひとり身を引く 湯西川(ゆにしがわ)  もしも涙で 書けるならば 書かせて下さい 詫(わ)び状を あなたの愛に 包まれながら 過ぎたあの日が まぶたに映る 今更遅い 悔んでみても 風が冷たい 湯西川(ゆにしがわ)  雪見障子(ゆきみしょうじ)に 点(とも)る灯(あか)り ひとりじゃ淋しい 旅の宿 明日(あした)になれば もう泣きません 泣けば引きずる おもいでばかり 置いてきぼりに していた夢を 追って行きます 湯西川(ゆにしがわ)
角島大橋水森かおり水森かおりたきのえいじ弦哲也丸山雅仁焦がれる心が 涙に変わる 涙が未練に また変わる 角島(つのしま)大橋… 海をふたつに 分ける橋 引き返せない もう二度と あなたの胸に あの頃に あの頃に  背中で聞いてる 汽笛の音が いつしかあなたの 声になる 角島(つのしま)大橋… 渡りたかった 寄り添って 一年先の 愛よりも 今すぐ抱いて 欲しかった 欲しかった  夜空に浮かんだ あの三日月が 幸せ明かりに 見えてくる 角島(つのしま)大橋… きっと明日に 続く橋 おもいで海に 沈めたら 迷わずひとり 生きて行く 生きて行く
男の駅走裕介走裕介たきのえいじ船村徹蔦将包線路はなくても 心の中に 故郷(こきょう)に続く 駅がある 父がいた 母がいた 海鳴り鳴いた 都会にいても まだなじめない 今夜は夢で帰ろうか 男の駅  何年経っても 心の中に あの日を忍ぶ 駅がある 友がいた きみがいた 初めての恋 お元気ですか どうしてますか 今でも顔が目にうかぶ 男の駅  嵐が行く手を ふさいでいても 明日(あした)に続く 駅がある 夢だけを追い掛けて 生きてたあの日々 あきらめないで うつむかないで これから先も迷わずに 男の駅
早鞆ノ瀬戸水森かおり水森かおりたきのえいじ弦哲也前田俊明海を歩いて 渡れますか 渡れるものなら 行きましょう こんなにまでも 愛しいけれど 未練断ち切る 早鞆(はやとも)ノ瀬戸(せと) 涙で 涙で 涙でにじむ 漁火明かり 波間に浮かぶ ユラユラと  心尽した つもりだけど 届いてなかった 優しさが 身勝手ですか わがままですか ひとり佇(たたず)む 早鞆(はやとも)ノ瀬戸(せと) おもいで おもいで おもいでみんな 流しましょうか 手紙を添えて ヒラヒラと  弱い私を 叱るように 関門海峡 渦を巻く 手の平ほどの 幸せあれば 生きてゆけます 早鞆(はやとも)ノ瀬戸(せと) 夕陽も 夕陽も 夕陽もやがて ひと夜を越せば 朝陽に変わる キラキラと
船頭さん竹川美子竹川美子たきのえいじ叶弦大丸山雅仁あなた私で いいのでしょうか 過去ある私で いいのでしょうか ひとり手酌は 淋しいだろと 町の酒場で 縁(えにし)結んでくれた人 エー エンヤコラショと 漕ぎ出す船の あなた 船頭さん  何も聞かずに 分かってくれる 切ない女の 私の夢を 辛い浮世を 舵取りながら ついてこいよと 命燃やしてくれる人 エー エンヤコラショと 明日(あした)が見える あなた 船頭さん  行く手邪魔する 嵐の中も 生きていけます いつもあなたと離れずに エー エンヤコラショと 漕ぎ出す船の あなた 船頭さん
風の挽歌川崎修二川崎修二たきのえいじすがあきら庄司龍路地から聞こえる はやり歌 ひとりの酒に よく似合う 淋しいもんだね 男って 捨てた未練と さし向かい せめても一度 逢えたなら おまえにわびたい…風挽歌  あの日に帰れる 船もなく 窓から見える 船着場 切ないもんだね 男って 胸が今夜も 恋しがる 今じゃ分かるよ 優しさが おまえの心が…風挽歌  古びた去年の カレンダー ヒラヒラ風に ゆれている 淋しいもんだね 男って 夢を肴に コップ酒 飲めば飲むほど おもいでが 浮かんで泣かせる…風挽歌
赤い橋塩乃華織塩乃華織たきのえいじ弦哲也伊戸のりお綺麗事(きれいごと)では 愛せやしない 百も承知の 恋でした ついて行こうか 行くまいか 悩んで決めた 赤い橋 この橋越えたら 瀬戸の海 あなた… あなた見送る 日暮れ前  夢があります あなたには 偉くなってね 迷わずに 一期一会の 縁だから 悔やんでないわ 赤い橋 泣いたらあなたを 苦しめる どうか… どうかこのまま 背を向けて  霧が流れる 肱川(ひじかわ)に 浮かぶおもいで うかい舟 今じゃ昔の 二年前 忍んでひとり 赤い橋 忘れやしません 忘れない ずっと… ずっとあなたを この先も
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
鴨川なさけ塩乃華織塩乃華織たきのえいじ弦哲也伊戸のりお絆結んだ つもりでも ほどく運命(さだめ)の 憎らしさ 焦がれても ああ 焦がれても 背中合わせの 春がゆく あなた恋しい 二年坂 抱いてください 抱いてください 鴨川なさけ  いくら化粧を してみても 辛い心は 隠せない もう一度 ああ もう一度 声を聞かせて 耳元で 涙ばかりが あとを引く かけてください かけてください 鴨川なさけ  比叡(ひえい)おろしの 寒さより 忍ぶ心の やるせなさ 逢いたさに ああ 逢いたさに やせてゆきます この胸が 暦ばかりが 先を行く せめてひと夜(よ)を せめてひと夜を 鴨川なさけ
女うたかた渡し舟藤森美伃藤森美伃たきのえいじたきのえいじ石倉重信渡る 渡れぬ 渡れない ひとりぼっちに させないで 淋しいよ 淋しいよ 越えて行きたい 浮き世川 女うたかた 渡し舟  好きで苦労を 誰がする 仕方ないのね この運命 切ないよ 切ないよ 夜が私を また泣かす 女うたかた 渡し舟  漕いで行くには 棹がいる 夢と云う名の 棹がいる 恋しいよ 恋しいよ あなた見えない 向こう岸 女うたかた 渡し舟
幸せふたりづれ藤森美伃藤森美伃たきのえいじ藤森美伃石倉重信重たいですか 背中の積荷 分けてください この肩に 泣いたり しょげたり 笑ったり 色々あります 生きていりゃ どこまでも どこまでも 花も嵐も 幸せふたりづれ  一年二年 待っても咲かぬ 春の桜も 山茶花(さざんか)も 急がば 回れの まわり道 ふたりでいるから 辛くない いつまでも いつまでも 二人三脚 幸せふたりづれ  背のびをしても 見えない明日 まぶた閉じれば 見えてくる 山あり 谷あり 淀みあり 後押しさせてよ 私にも これからも これからも 夢を両手に 幸せふたりづれ
寿酒松本毬松本毬たきのえいじたきのえいじ石倉重信波乱万丈 雨風受けて 生きて命の 花も咲く 一期一会の この縁 離さないおまえを この先も 今日はふたりの 寿酒だよ  泣く日笑う日 我慢続きも 夢に近づく 道になる 成せば成る成る うつむかず 燃え盛る心の 盃に ふたりつぎ足す 寿酒だよ  天を仰いで 見つめる明日 今日の苦労が 宝物 浮世 坂道 いばら道 のり越える覚悟の 人生街道 ふたり飲み干す 寿酒だよ
逢えてよかった氷川きよし氷川きよしたきのえいじ桧原さとし丸山雅仁目と目合わせりゃ よく分かる 重ねた苦労が痛い程 いいよ いいから 泣かないで 貸してあげるよ この胸を  逢えて 逢えて逢えてよかった 東京の 逢えて 逢えて逢えてよかった 片隅で  二度とさせない 遠まわり 守ってあげるよ 今日からは 辛いばかりの おもいでは 水に流して 何もかも  逢えて 逢えて逢えてよかった 東京の 逢えて 逢えて逢えてよかった 片隅で  うしろ向いたら 逃げて行く 明日と云う日も 幸せも いつもふたりで これからは 夢を描いて 生きていく  逢えて 逢えて逢えてよかった 東京の 逢えて 逢えて逢えてよかった 片隅で
おんなのとまり木氷川きよし氷川きよしたきのえいじ桧原さとし石倉重信お酒に呑まれちゃ いけないと 叱って欲しいのそばにきて バカねバカバカ この私 あなたを信じて いただけ辛い ひとりにしないで おんなのとまり木  涙を涙で また洗う おもいでばかりが後をひく バカねバカバカ 行かないで あなたを忘れて 生きてくなんて どうして出来るの おんなのとまり木  ひとりじゃ淋しい こんな夜は お酒が呼ぶのよ 酔わせるの バカねバカバカ すがりたい 扉が開くたび 冷たい風が 今夜も身に沁む おんなのとまり木
焔の酒五十川ゆき五十川ゆきたきのえいじ西つよし川村栄二よしておくれよ いい加減 音沙汰なしじゃ 淋しいよ 未練がぐずる こんな夜(よ)は 女でいるのが 辛くなる 酒よ 酒よ 焔(ほむら)の酒よ 酔わせておくれ 立てない位 酒よ お酒よ 焔の酒よ ひとりじゃ寝床が 寒いよ  恋の灯篭の 火を点し あんたの帰り 待ちわびる あきらめ切れず 断ち切れず ほんとにわたしも 意気地なし 酒よ 酒よ 焔の酒よ むずかる肌を 沈めておくれ 酒よ お酒よ 焔の酒よ おちょこを持つ手が 悲しい  酒よ 酒よ 焔の酒よ 酔わせておくれ 立てない位 酒よ お酒よ 焔の酒よ ひとりじゃ寝床が 寒いよ
星の川エドアルドエドアルドたきのえいじあらい玉英前田俊明母の匂いが 恋しい夜は いつもひとりで 子守唄 あれから幾年 過ぎたやら 数えて忍ぶ 春や秋 きっと逢えると 手を合わせ 仰ぐ空には 星の川  古い手紙の 紙の束 そっと広げて 読み返す いまでもこうして いれるのは 迷わず生きて 来れたから 夢があるから 辛くない 見てて下さい 星の川  声が聞きたい あなたの声を 遠いふるさと 思う度 眠れぬ夜には 目を閉じて あなたにそっと 逢いにいく いくつになっても 子は子供 ひとり見上げる 星の川
ありがとう…あなたエドアルドエドアルドたきのえいじあらい玉英前田俊明夕暮れの 交差点は 家路を急ぐ 人の波 しあわせそうな うしろ姿を 見つめてひとり佇む  ありがとうあなた 愛してくれて 幸せだった 昨日まで おもいで達が 涙を誘う 私を 私をいたわるように  人はみな 生きる場所を 手さぐりながら 生きていく あなたの代わりに なれる人など この先きっといないわ  ありがとうあなた あなたのそばで 大人の坂を 登れたわ 映画のように あの日が映る 別れを 別れを打ち消すように  ありがとうあなた 愛してくれて 幸せだった 昨日まで おもいで達が 涙を誘う 私を 私をいたわるように
ロマンよ風になれ芹洋子芹洋子たきのえいじたきのえいじつばさ広げて たわむれる鳥よ 北へ進路向けて どこへ行く あかね色した くじゅうの山並み 秋が音も立てず 立ち止まる ロマンよ風になれ あの人に届け 季節をぬり変えて めぐり逢いたい  若きくちびる 重ねたあの頃 時のうしろ姿 みえてくる 語り明かした 友と友の顔 遠い物語の 1ページ ロマンよ風になれ あのひとに届け 季節をぬり変えて めぐり逢いたい ララララ ラララララー ラララー ララララー
道しるべ石原詢子石原詢子たきのえいじ市川昭介前田俊明水にさらした 袖の布が 過去を流して 川面にゆれる つらいおもいで 抜き取る様に ここは木曽路の 小京都 通りすがりの人ばかり 抱いてください あなた わき目ふらずに あなた そうよ あなたの胸が 道しるべ  めくる暦の 淋しい音が いつか知らずに 涙にかわる ついて行きたい なり振り捨てて 春は名ばかり まだ寒い 夢であなたに 逢えますか 仕掛け花火ね 恋は 燃えたら それで終わり 灯り点して あなた 道しるべ  ここは木曽路の 小京都 通りすがりの人ばかり 抱いてください あなた わき目もふらずに あなた そうよ あなたの胸が 道しるべ
ごめん伍代夏子伍代夏子たきのえいじ弦哲也前田俊明辛くないよと 首を振る そんなおまえに 借りがある くされ縁とか 運命(さだめ)とか 云って苦労の かけ通し ごめん ごめん ごめんよおまえ ごめんよおまえ  せめて人並 それでいい あとはおまけと 笑う奴 稽古不足と照れながら おちょこ 片手に さし向かい ごめん ごめん ごめんよおまえ ごめんよおまえ  どんな夢みて 眠るやら たてる寝息の いじらしさ 二度も三度も 道草を させて しあわせ 遠まわり ごめん ごめん ごめんよおまえ ごめんよおまえ
越後草紙伍代夏子伍代夏子たきのえいじ八木架寿人佐伯亮胸にからんだ 未練の糸を 何故にさばけぬ 経ち切れぬ 越後 みちゆき 親不知(おやしらず) ひと冬越しても冷めやせぬ あなた恋しと この体 雪に晒(さら)して 命をしぼる  逢うは別れの 運命(さだめ)が辛い 薄いえにしの 身が辛い 越後 海鳴り 日本海 ちぎれて舞い散る波の花 思い切れよと 吹く風が 愚図(ぐず)る私の 心を叱る  肌もふれずに どうして耐える 夢の名残りの 憎らしさ 越後 矢絣(やがすり) 単帯(ひとえおび) ほどけば涙がからみつく 抱いてください もう一度 声を殺して あなたを忍ぶ
あまのじゃく沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実伊戸のりお強がり泣き虫 ないものねだり 想い出からくり 幸せかくれんぼ 恋はあまのじゃく 酔わせてそれっきり 恋はあまのじゃく 燃えてそれっきり 悲しいけれど 夢でもいいから 逢いにきて  愛して別れて 一幕(ひとまく)芝居 ときめきうつり気 心は裏返し 恋はあまのじゃく どんなに焦がれても 恋はあまのじゃく 追えば背を向ける 淋(さみ)しいけれど あの日を返して あなたから  ため息ぬけがら しり切れとんぼ 寄り道潮時 明日が通せんぼ 恋はあまのじゃく 酔わせてそれっきり 恋はあまのじゃく 燃えてそれっきり くやしいけれど 私をも一度 抱きしめて
ぬれて京橋沢井明沢井明たきのえいじ田尾将実伊戸のりおどうかあなたが 先に出て行って ここから見送るわ 涙流せば 別れづらくなるでしょ ぬれて京橋 男と女 愛が辛い ぬれて京橋 雨の向こうに あの頃が見えてくる 優しかった そんなあなたの姿が  二度と誰かを 好きにならないわ 心がちぎれそう 愛の迷(ま)い子を ひとり抱いて佇む ぬれて京橋 襟を立てても 胸が寒い ぬれて京橋 私残して 幸せが逃げてゆく 楽しかった おもいでばかり残して  ぬれて京橋 男と女 愛が辛い ぬれて京橋 雨の向こうに あの頃が見えてくる 優しかった そんなあなたの姿が
男と女北川大介北川大介たきのえいじ叶弦大丸山雅仁黄昏の桟橋は ブルースがよく似合う すり切れた胸のきず 包んでくれる かりそめの恋をして 浮かれてたあの頃が やるせなく 今も 今も よみがえる 酔いしれて 酔いどれて ほろ苦い酒になる 男と女  霧雨の桟橋は ガス燈がよく似合う 振り向けば貨物船 淋しくむせぶ もう一度逢えるなら もう二度と離さない 抱きしめて 愛を 愛を 伝えたい 帰りたい 帰れない おもいでを置き去りに 男と女  かりそめの恋をして 浮かれてたあの頃が やるせなく 今も 今も よみがえる 酔いしれて 酔いどれて ほろ苦い酒になる 男と女
おんなの暦松原のぶえ松原のぶえたきのえいじ若草恵南郷達也睦月 如月 弥生が過ぎて 春は名ばかり 行くばかり 命尽くして 何故結ばれぬ 卯の花月の 憎らしさ あなた私の そばにきて 涙でめくる おんなの暦  皐月 水無月 ただ待ちわびて 墨絵文月 書く手紙 未練ごころを またかき立てる 葉月の空の 遠花火 一期一会と 云うけれど 情けが欲しい おんなの暦  木染月(こそめづき)から 雨降りやまず どうか逢わせて 神無月 あなた恋しと 霜月耐えて 師走の露地で 飲むお酒 夢でいいから 抱きしめて ひとりじゃ寒い おんなの暦
人恋染めしかとうれい子かとうれい子たきのえいじ森正明森正明春は桜の 花に酔い 手鏡のぞき 紅を引く 愛しきひとよ 今もなお 焦がれてやまぬ この思い 人恋染めし 風が啼(な)く  夏は祭りの 人の波 日傘で隠す 切なさよ 音沙汰(おとさた)もなく 逢えもせず 汗ばむ肌の もどかしさ 人恋染めし 待つばかり  秋は枯葉の セレナーデ ひねもす綴(つづ)る 日記帳 ふるさと遠く 山深く 日暮れて空を また仰ぐ 人恋染めし 今いずこ  冬はコートの 襟(えり)を立て 寒がる胸を 温(あたた)める あの日に戻る 汽車もなく おもいで忍ぶ 砂の上 人恋染めし 夢はるか 人恋染めし 夢はるか
小樽絶唱清水博正清水博正たきのえいじ弦哲也南郷達也忍ぶ私の 身代わりに 海猫ばかりが 鳴いて飛ぶ あなた恋しい 色内埠頭(いろないふとう) 立てばあの日が よみがえる 小樽 も一度 港町  夢でいいから そばにきて その手で朝まで 抱きしめて 忘れられない あなたを今も 海よどうして 遠ざける 小樽 帰して 港町  霧に隠れて 行く船の 汽笛が演歌(えんか)の 歌になる 逢いに行きたい すがっていたい 未練あと引く 石畳 小樽 ゆきずり 港町
心の中に故郷が…清水博正清水博正たきのえいじ弦哲也南郷達也心の中に 故郷がみえる 赤い夕陽の 故郷がみえる あれから何年 春秋が 瀬戸の淡路島(あわじ)が なつかしい 帰ろうか帰ろうか あの町へ  心の中に 故郷がみえる 船が行(ゆ)き交(か)う 故郷がみえる 漁師になったと 聞いたけど 友よ達者か 呑(の)んでるか 逢いたいな逢いたいな こんな夜は  心の中に 故郷がみえる 頑固(がんこ)おやじの 故郷がみえる 遠くにいる程 暮らす程 何故かふるさと 近くなる 帰ろうか帰ろうか あの町へ
淀川みれん林よしこ林よしこたきのえいじたきのえいじ石倉重信水の鏡に あなたが映る 恋しがらせて またじらす 渡る 渡れぬ 渡れない 運命が憎い 向こう岸 ひとり身を引く 淀川みれん  遠い昭和の 渡し舟 どこに行ったの 行ったやら 逢瀬重ねて 沁みついた あなたの匂い 捨て切れず 泣いて焦がれる 淀川みれん  情けかけてと 追うのが辛い 追えばあなたを 苦しめる 時代遅れの 女です 一途に生きる 女です せめてお酒を 淀川みれん
ときめいて林よしこ林よしこたきのえいじたきのえいじ石倉重信めぐり逢い そしてすれ違い 偶然の仕わざですか あなたから 声をかけられて かけがえのない愛を知りました ときめいて 時が回る 悲しみを 洗い流し ときめいて 胸が熱くなる 昨日と云う日に 背を向けて  着飾って 見せる愛よりも さり気ない愛が素敵 あなたには 何も隠さずに 私の全て 知って欲しいから ときめいて 夜が更ける 抱きしめて 離さないで ときめいて 夢が舞いあがる あなたが好きよ 永遠に  ときめいて 時が回る 悲しみを 洗い流し ときめいて 胸が熱くなる 昨日と云う日に 背を向けて
鎌倉街道水森かおり水森かおりたきのえいじたきのえいじ丸山雅仁あなた私が 見えますか こぼす涙が 見えますか 悩んでふた月 やせました 胸も心も 指先も 行く手さえ切る 切り通し ひとり佇む 鎌倉街道  きっと一途な この思い 重荷でしたね あなたには 愛した分だけ 辛いけど 恋を納めに 長谷寺へ ここで区切りを つけれたら 二度と泣かない 鎌倉街道  叶う叶わぬ しあわせは 追えば追う程 逃げて行く 悔やんでいません 悔やまない 今もあなたに 会えた事 夢を支えに 一歩ずつ 明日に向かって 鎌倉街道
化粧なおし石原詢子石原詢子たきのえいじ杉本眞人宮崎慎二カモメおまえも 淋しいか 波止場が寝床じゃ 寒かろう 化粧なおしの 口紅引けば あなた慕って 指がなく 海を見つめて 日が暮れる 海を見つめる 日が続く  寝物語と 判っても 信じて待つ身の じれったさ 化粧なおした この手鏡に 映る港の うす灯り 船が着く度 身を焦がし 船が着く度 振り返る  便り途絶えて 当てはなし 郵便受けには 風ばかり 化粧なおした 目尻の淵も 今じゃ涙の 通り道 お酒飲む程 酔えもせず お酒飲む程 恋しがる
湯の里恋しぐれ藤森美伃藤森美伃たきのえいじたきのえいじ石倉重信泣けとばかりに 降る雨か それとも未練に 降る雨か 逢える逢えない 焦がれても あなたと添えない 運命だと 百も承知の 恋でした 湯の里しぐれて 風が啼く  ほんの束の間 しあわせは いつでも不幸の 役ばかり あなた恋しい 今もなお 一生分だけ 惚れたから 何も悔やんで ないけれど 湯の里しぐれて 胸が啼く  叶うものなら この未練 流して下さい 櫛田川 夢は泡沫(うたかた) 祭(まつ)り事 男と女の 命綱 縁は切れても 切れやせぬ 湯の里しぐれて 夜が啼く
女さだめ橋藤森美伃藤森美伃たきのえいじ藤森美伃石倉重信みれん 浮き草 仮りそめの宿 涙 うす紅 にごり水 あなた恋しい あたご町 今更遅い もう遅い 雨がしとしと 女さだめ橋  暖簾 さかずき 宵待ち明かり 時雨 とまり木 夢の跡 命捧げた つもりでも 背中を向けた 憎い人 夜が淋しい 女さだめ橋  情け 湯の花 路地裏通り 手紙 風鈴 六畳間 あなたお願い そばにいて 流されそうよ 浮世川 ついて行けない 女さだめ橋
みちのく遠花火佐藤善人佐藤善人たきのえいじ若草恵南郷達也紅葉(もみじ)が燃えて 秋が往(ゆ)き 湯けむり恋しい 冬がくる 好きで別れて 都会の暮らし 責めているよな 風便り ごめんごめんよ それ切りで 忍ぶみちのく 遠花火  達者でいるか 忘れたか それとも待ってて いるだろか ビルの谷間に 明かりを点し 下り列車が 駆け抜ける度 乗って行きたい 行かれない 耐えてみちのく 遠花火  鞄(かばん)に詰めた 夢ひとつ つかめば帰れる 手土産に 何をくよくよ 悩んでいると 叱る地酒の ほろ苦さ 空を見上げりゃ 北斗星 浮かぶみちのく 遠花火
湯田川の月佐藤善人佐藤善人たきのえいじ若草恵南郷達也一歩踏み出しゃ 戻れない まして男の 生きる道 夢を背おって 故郷(くに)を出て 浴びた浮世の 雨や風 無駄にするまい この命 ひとり浮かべる 湯田川の月  ついて来るなと 云いながら 向けた背中の やるせなさ まぶた閉じれば 見えてくる 愛(いと)しあの娘(こ)の 泣きぼくろ 忘れられよか 峠道 あれは八月 湯田川の月  ひとつ越えても その先に 続く試練の 山がある 落ちて ころんで はい上がる 口に出すまい 泣き言は 今は我慢の 月見草 夢が道づれ 湯田川の月
母きずなエドアルドエドアルドたきのえいじあらい玉英前田俊明今なら云える あの頃を 苦労話も 泣かないで 明日の見えない その日の暮らし 貧しさ憎んで したケンカ 泣いていたでしょ 布団の中で 声を殺して 母きずな  この町捨てて 逃げようと 何度聞いたか 云ったやら 夢は人ごと しあわせさえも 言葉に出すのも 辛かった 日がな一日 働きづくめ 我慢我慢の 母きずな  ごらんよあれを あの空を 星を見つめて 指を差す やっと気付いた このしあわせに なんにもない このしあわせに 楽な暮らしじゃ なかったけれど 生きてよかった 母きずな
夢慕情エドアルドエドアルドたきのえいじあらい玉英前田俊明遠く離れて 暮らす程 ふるさとが 近くなる 描いた夢を 追いかけて ひとり佇む 道なかば 戻れない 今はまだ 夢慕情  まぶた閉じれば その裏に 見えてくる 山や川 あれから過ぎた 春や夏 何度巡って いったやら 忘れない いつまでも 夢慕情  旅のほとりの 草枕 思い出す 母の顔 抱かれた胸の ぬくもりは 今も心の 宝物 振りむけば 熱くなる 夢慕情
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
問わず語り西崎緑西崎緑たきのえいじ田尾将実矢野立美どこへ帰るの 何を急ぐの 幸せそうな人の波 こんな日暮れは 淋しいと 思い出ばかり なぞってる  もしも もしもあの頃に 戻れる汽車が あったなら 問わず語りに あなたを浮かべ 問わず語りに 涙ぐむ  ふたり暮らした 部屋はいつでも あの日のままに しています 秋もすっかり 冬になり 心の中に 月が舞う  どこにいるの ねえあなた 今夜は夢で 逢いに来て 問わず語りに 鏡を見つめ 問わず語りに 紅を引く  もしも もしもあの頃に 戻れる汽車が あったなら 問わず語りに あなたを浮かべ 問わず語りに 涙ぐむ
桜草西崎緑西崎緑たきのえいじ田尾将実矢野立美人目にふれもせず 咲く花は 誰に思いを 告げるやら あきらめました あなたの事は 追えば不幸に なるばかり 桜草 濡れて桜草 ひそやかに ただ咲き誇る 桜草 ゆれて桜草 雨に染まりながら  化粧で隠しても 隠せない 辛い心まで 未練まで 幸せでした あなたに逢えて うしろ髪引く おもいでが 桜草 泣いて桜草 戻れない あなたの元に 桜草 燃えて桜草 七日だけの命  桜草 濡れて桜草 ひそやかに ただ咲き誇る 桜草 ゆれて桜草 雨に染まりながら
榛名山水森かおり水森かおりたきのえいじ伊藤雪彦伊戸のりお傘をさしても 隠せない おんな心の 淋しさは 伊香保 湯けむり 榛名山 地図を片手に ひとり旅 あなた振り切る つもりでも 未練引きずる 石畳  もしもあなたと 一緒なら 秋が絵になる 河鹿橋(かじかばし) 二年足らずの 恋でした 思い叶わぬ 恋でした 紅いもみじの 続く道 行けば明日が 見えますか  旅でにぎわう 人の波 二度と涙は 見せません 晴れた空には 榛名山 心うつして いるようで 夢を鞄に 詰め替えて 生きて行きます 今日からは
一人静たくみ稜たくみ稜たきのえいじたきのえいじ矢田部正空を埋めてゆく 蒼い星達 何も語らず 何も云わず 二度と戻れない 過ぎしあの頃 今もあなたを ひとり思う 命 熱く燃えて 望み叶うならば 惜しむものなど 何もない 一人静が風にゆれてる 今日もひそやかに 一人静の花をたずさえ あなたに逢いたい   胸に降り積る 愛の枯れ葉を 拾い集めて 川に流す 時はゆるやかに 明日に向かって 歩き始める 背中向けて 夢は今もあるか 忘れないでいるか ひとり心に問いかける 一人静の花のようです 愛は儚くて 一人静の花は咲いても 心は淋しい  一人静が風にゆれてる 今日もひそやかに 一人静の花をたずさえ あなたに逢いたい
見果てぬ夢たくみ稜たくみ稜たきのえいじたきのえいじ猪股義周うしろ向いたら 昭和が笑う 前だけ見てろと 急き立てる 過ぎた時代に 逢いたくなれば 酒を片手に 逢いに行く 見果てぬ夢を 追いかけて 胸に刻んだ 春や秋 酔いしれる度 口にでる 「二人の世界」のあの歌が  まるで映画の セットのような 古びたまんまの カウンター こんな酒場は 男に限る それもひとりが よく似合う 見果てぬ夢が ゆらゆらと 閉じたまぶたを 駈け巡る 人生という時刻表 心に印して 酒をくむ  見果てぬ夢を 追いかけて 胸に刻んだ 春や秋 酔いしれる度 口にでる 「二人の世界」のあの歌が
聞き分け上手一条聖矢一条聖矢たきのえいじ朝月廣臣桜庭伸幸男はいつも ないものねだり 女はいつも 淋しがり 悲しい位 好きだから あなたどこにも 行かないで 可愛い女に なるよりも 聞き分け上手に なるから どうか私を 抱きしめて 背中で別れ 告げないで  あなたに全て あずけた私 心も肌も くちびるも 今更誰も 愛せない だから今夜は そばにいて あなたの重荷に なるよりも 聞き分け上手に なるから 帰したくない 帰さない あなたの胸で 眠らせて  可愛い女に なるよりも 聞き分け上手に なるから どうか私を 抱きしめて 背中で別れ 告げないで
男の桟橋大川栄策大川栄策たきのえいじ筑紫竜平南郷達也船もなければ カモメもいない 酒場は未練の 船着場 あれから二年 別れて二年 今も気になる 身を責める まぶた閉じれば おまえが浮かぶ 呑んでわびてる 男の桟橋  無理を通して 身勝手ばかり それでもくれたね 優しさを 今更遅い 悔やんでみても ひとり手酌の 酒を呑む 捜さないでと 書き置きひとつ 文字が泣いてる 男の桟橋  もしも逢えたら やり直せたら 包んでやりたい この胸に ラジオでもれる 流行の歌を 聴けばあの日が 舞い戻る 灯り点した 赤ちょうちんが 風に揺れてる 男の桟橋
人生雨のち時々晴れ堀内孝雄堀内孝雄たきのえいじ堀内孝雄川村栄二思えば何年 通っただろう 桜並木の この道を 時代はいつも 一歩先を 悩んだことも 数知れず  幸せ計る 物差しなんか きっとどこにも ないけれど 不器用だけど 生きてきた 時には誰かの 手を借りて  人生雨のち 時々晴れ 友よ達者か 変わりはないか 人生雨のち 時々晴れ へこたれないで 生きてるか  便りもいつしか とぎれたけれど 会いに行こうか 近いうち おまえにいつも 負けてばかり 仕事も恋も そうだった  人生雨のち 時々晴れ 積もる話は 山ほどあるが 人生雨のち 時々晴れ 乾杯しようぜ 今日の日に  人生雨のち 時々晴れ 友よ達者か 変わりはないか 人生雨のち 時々晴れ へこたれないで 生きてるか
ありふれた一日かとうれい子かとうれい子たきのえいじたきのえいじDeep寿ありふれた一日が ここにあります きっと明日も幸せで ありますように  歩き慣れた道なのに 街路樹のけやきも 不思議な程いつもより 違って見える そばにあなたがいるから きっとそれが答え 過ぎた日々に背を向けて 踏み出す一歩 空も風も この手で掴めないけど あなたの心は 掴める気がして ありふれた一日が ここにあります きっと明日も幸せで ありますように  叶わぬ事叶う事 何度もくり返し 少し強くなれたかな ひとりで思う めぐり逢いの記念日が もうすぐやってくる 今は同じ道の上 立ってるふたり 花は咲くよ密かに ビルの谷間に 静かに誰にも 気付かれないまま ありふれた一日が ここにあります きっと明日も幸せで ありますように  ありふれた一日が ここにあります きっと明日も幸せで ありますように ありますように
最上峡佐藤善人佐藤善人たきのえいじ若草恵南郷達也山が高けりゃ 谷間も深い け落されたら はい上がれ 凛として たじろがず 迷わず恐れず 振り向かず 夢はひと筋 夢はひと筋 最上峡  鷹よおまえは 何故越えて行く あんな険しい 頂きを 風が啼く キリキリと 行く手をさえ切り 突き刺さる 心ひと筋 心ひと筋 最上峡  紅葉(もみじ)浮かべて 流れる川も 冬はしぐれて 凍りつく この先に 道はなく それでもつらぬく 我が道を 命ひと筋 命ひと筋 最上峡
笹川流れ佐藤善人佐藤善人たきのえいじ若草恵南郷達也海に張り出す 岩の群れ 海猫ばかりが 鳴いて飛ぶ 苦労三年 まだまだ五年 汗は心の しぼり汁 夢の積み荷の 重さだけ 生きて甲斐ある 笹川流れ  夏と冬では 姿を変える 朝陽(あさひ)がまぶしい 日本海 雪をかぶった あの岩肌に 松は根を張り 生きている 決めた人生(みち)なら 男なら 意地を支えに 笹川流れ  弱音吐いたら 明日(あした)が逃げる 強気の二文字(ふたもじ) 道しるべ 生きて行くのは 不器用だけど ひとり覚悟の 遠まわり 赤い夕陽に 染められて 岩が燃えてる 笹川流れ
春知らず西崎緑西崎緑たきのえいじ田尾将実矢野立美じれったい… 待つだけ待たして これを未練と 呼ぶのでしょうか あなたを浮かべて まぶたを閉じれば 心は涙の 海になる  夢をあんなに ふりまいて 置いてきぼりに するなんて 桜咲いても 春知らず 春だと云うのに 春知らず  しょうがない… 心と心は 一度切れたら 結べはしない それでもあなたを 嫌いになれない 愛しさ憎さの 板ばさみ  桜並木に ふたりづれ しあわせそうに 歩いてる 桜咲いても 春知らず 独りが淋しい 春知らず  夢をあんなに ふりまいて 置いてきぼりに するなんて 桜咲いても 春知らず 春だと云うのに 春知らず
佃の渡し千葉一夫千葉一夫たきのえいじあらい玉英南郷達也渡し舟なら 渡れても 何故に渡れぬ 向こう岸 灯りこぼれる 隅田の川に 映るあなたの面影が 私を泣かす 佃の渡し  風の冷たさ それよりも 寒い女の 胸の奥 惚れた分だけ この身が細る 逢えぬ分だけ また恋し ひとりが辛い 佃の渡し  もしも明日(あした)が 見えるなら 背のびしてみる 舟着き場 そばにあなたが いるだけでいい そして一年 生きられる 戻ってきてよ 佃の渡し
男の航路氷川きよし氷川きよしたきのえいじ蔦将包蔦将包花と嵐の 雨風に 打たれて男の 顔になる 人の姿が 鏡なら 映る己れも また鏡 夢が積み荷の 男の航路  意地を通せば 角が立つ 弱音を吐いたら 笑われる そんな浮世の 片隅で 浴びた苦労の 一文字 胸に収めて 男の航路  思いがけずに 受けた恩 何度も心で 手を合わす 右か左か 迷うなら 前に向かって まっしぐら 明日に漕ぎ出す 男の航路
北のワルツ千昌夫千昌夫たきのえいじあらい玉英丸山雅仁空を仰げば 見えてくる ふるさとの 山や川 帰ってこいと 呼んでいる 呼んでいるよな いわし雲 帰ろうか 帰ろうか 北のワルツ  国の便りを 聞く度に 振り返る 友の顔 変わりはないか 今もなお 今も元気に いるだろか 懐かしい 懐かしい 北のワルツ  星の降る夜は 初恋の あの女を 思い出す 今夜は夢で 逢いに行く 逢いに行こうか あの女に 帰ろうか 帰ろうか 北のワルツ
夢航路走裕介走裕介たきのえいじ船村徹蔦将包北へ流れて 海を見つめて 北へ流れて 波止場に佇む おもいでの地図帳を そっと開いては あの日を偲(しの)ぶ 人知れず 愛しき女(ひと)よ 今どこに  風に吹かれて 酒をかたむけ 風に吹かれて ふるさと浮かべる 飲む程にほろ苦く 胸に沁みてくる 汽笛と波の トレモロが 都は遠く 旅まくら  星を仰いで 問わず語りに 星を仰いで 明日(あした)を手さぐる 秋が過ぎ冬が過ぎ 時はまた巡る 見果てぬ夢を 追いかけて 心は燃える 夢航路
とまり木増位山太志郎増位山太志郎たきのえいじたきのえいじそぼふる雨なら 防げるけれど 冷たい心は 隠せない やせた女の とまり木に 背中をむけた にくい人 すがって行きたい あなたの後を  お酒でごまかす このさみしさを つまびく夜風が 目にしみる 枯れた女の とまり木を せめても一度 抱きしめて ひとりじゃさみしい 眠れない  離れて暮らせば 他人と同じ しあわせこぼした 身が悲し よわい女の とまり木を あなたその手で 包んでよ 他にはなんにも 欲しくない
酒とふたりづれGOLD LYLIC秋岡秀治GOLD LYLIC秋岡秀治たきのえいじ岡千秋前田俊明路地にこぼれる 流行歌(はやりうた) 聴けば昔が 近くなる 男と女の 酒もいい ひとり手酌の 酒もいい おもいでばかり 浮かぶ夜は 酒よおまえと ふたりづれ  夢を肴に 酔いしれた あれは三十路(みそじ)の 半(なか)ば頃 今更わびても もう遅い 惚れて別れた あのおんな 心が寒い こんな夜は 酒よおまえと ふたりづれ  紺ののれんの 向こうから 沸かすやかんの 音がする もひとつつけてよ いいからさ 少し熱めの 北の酒 こ雨(さめ)が肩に 沁みる夜は 酒よおまえと ふたりづれ
男の坂道秋岡秀治秋岡秀治たきのえいじ岡千秋前田俊明男は背中に 顔がある 沁みた苦労が 書いてある 綺麗事では 渡れない まして茨(いばら)の 浮世道 夢を体に 巻きつけて 登る男の坂道を  情けを受けたら 手を合わし 恩を返すも また男 見栄や飾りは 捨てて行く 人は人なり 人と成り 花は夜桜 八重桜 登る男の坂道を  命をあずける 人がいる 命あずかる 人がいる それを夫婦(めおと)と 云うのなら 無駄にするまい この命 明日をめざして 我が道を 登る男の坂道を
絵はがきかとうれい子かとうれい子たきのえいじたきのえいじ若草恵青い空の贈りもの それは心の宝石 透み切った あの色は あなたへの絵はがき  澄んだ川の贈りもの それは心のほほえみ 清らかな 音がする あなたへの絵はがき  お元気ですか どうしてますか 変わりはないですか 季節達も 過ぎてゆきます 明日に向かって  白い花の贈りもの それは心のやすらぎ やさしさに 包まれた あなたへの絵はがき  そよぐ風の贈りもの それは心の旅人 おもいでを 連れてくる あなたへの絵はがき あなたへの絵はがき
花いかだかとうれい子かとうれい子たきのえいじあらい玉英伊戸のりお石の上に 花は咲きますか 水の上を 歩けますか 無理を通して 世の中を 生きてどうするつもりです 行きなさい 振り向かないで 行きなさい 今更止めても聞かぬ人 私の代わりに 選んだ夢を 追ってください 花いかだ  月は今日も 満ちてゆくけれど そして明日が 巡るけれど あなたと違う 生き方を ひとり私も 捜しましょう 行きなさい 思うがままに 行きなさい 時代の流れにはぐれずに ふたりで重ねた おもいで達は 水に流して 花いかだ  行きなさい 振り向かないで 行きなさい 今更止めても聞かぬ人 私の代わりに 選んだ夢を 追ってください 花いかだ
如月西崎緑西崎緑たきのえいじ田尾将実矢野立美ビルの谷間に 昇る月 見れば夜毎(よごと)に やせていく ひと冬越しても 実らない まるで私の 恋のよう あなた あなた 抱きしめて 女の一番 綺麗な季節(とき)を あなた あなた そばにきて 燃えて如月 報われず あれから一年 もう二年  もっと器用に 生きれたら 涙なんかは 流さない あなたの代わりに なる人が どこにいますか 世の中に あなた あなた 抱きしめて 叱ってください 泣き虫だよと あなた あなた そばにきて 耐えて如月 甲斐もなく 心が寒がる 淋しがる  あなた あなた 抱きしめて 女の一番 綺麗な季節(とき)を あなた あなた そばにきて 燃えて如月 報われず あれから一年 もう二年
花咲き染めし西崎緑西崎緑たきのえいじ田尾将実矢野立美一期一会と 云うけれど 焦がれる事は 罪ですか 思いの丈を 出来るなら 満たして欲しい ひと夜でも 花咲き染めし 陽は西に 花咲き染めし 燃え盛る  恋は泡沫(うたかた) 祭りごと 夢でもいいの 会いに来て ただ待つだけの 半年は 長すぎました 私には 花咲き染めし 風が啼く 花咲き染めし 身が細る  鏡のぞいて くちべにを 引いて悲しい 六畳間 しあわせなんて あまのじゃく 心を焦らし 背を向ける 花咲き染めし 月冴えて 花咲き染めし 燃え盛る
人生山河日高正人日高正人たきのえいじ杉本眞人竹内弘一華やか過ぎず 貧しくもなく 雨のち晴れの 半世紀 夕焼けこやけが 似合う通りで ひとり忍ぶ あの頃 男はみんな ヒーローだった 憎まれ口を きいていた頃 山あり谷あり 人生山河 もう少し生きて いいですか  鞄の中に 入れ忘れてた 幸せという 宝もの 渡しに行きたい 出来ることなら 少しだけど あなたに 女は誰も ヒロインだった 夜通し愛に 飢えていた頃 まぶたを閉じたら 人生山河 これからも好きで いいですか  男はみんな ヒーローだった 憎まれ口を きいていた頃 山あり谷あり 人生山河 もう少し生きて いいですか  もう少し生きて いいですか
酒の河GOLD LYLIC香西かおりGOLD LYLIC香西かおりたきのえいじあらい玉英上杉洋史いくら好きでも 渡れない 運命(さだめ)という名の この河は 恋しいよ 恋しいよ その胸が まして雨振る こんな夜は おもいでばかり 後を引く 渡る 渡れぬ 酒の河  うしろ姿の しあわせを 残してあなたは かくれんぼ 淋しいよ 淋しいよ くちびるが 未練心が また いたむ あの日に帰る 舟もなく 渡る 渡れぬ 酒の河  柱時計の 刻む音 今夜もお酒と ふたりづれ 恋しいよ 恋しいよ その胸が せめて逢いたい もう一度 暦もやがて ふたまわり 渡る 渡れぬ 酒の河
惚れて一生氷川きよし氷川きよしたきのえいじ宮下健治伊戸のりお西の祇園に 東の三社 恋の門出の 華舞台 一億二千の その中で 結ぶ縁の 命綱 惚れて一生 ふたりで生きる ふたりで生きる  目もと千両 心は万両 交わす盃 宵の口 おまえが川なら 俺は橋 酒は情けの 渡し舟 惚れて一生 ふたりで生きる ふたりで生きる  夢の荷車 両手で押して 越える浮世の 山や坂 苦労を重ねりゃ その先に 明日と云う日が みえてくる 惚れて一生 ふたりで生きる ふたりで生きる
心の絆千葉一夫千葉一夫たきのえいじ徳久広司伊戸のりおひと足遅れの しあわせと 肩に寄り添い 云うおまえ 下手(へた)な世渡り してきたけれど ふたりにひとつの 明日(あす)がある 生きてゆこうよ 後(あと)振り向かず 心の絆を あゝ 重ねて  目尻を濡らした 涙粒(つぶ) まわり道して いたんだね 無駄にしないよ 苦労の数は ふたりで必ず 取り返す ついておいでよ うつむかないで 心の絆を あゝ 結んで  やつれて淋しい 横顔の 笑いえくぼの いじらしさ 何も云わずに 甘えていいよ 両手を広げた この胸に 夢の中でも 離しはしない 心の絆を あゝ 重ねて
きずな酒北岡ひろし北岡ひろしたきのえいじ市川昭介軒に並んだ 赤ちょうちんの 灯りが点る 裏小路 あなた今夜は 呑み干しましょう 苦労積荷の 荷をおろし 夢をつぎ足す きずな酒  すこし不慣れな お酒の味も 呑む程胸に 沁みてくる 命ふたつを ひとつに束ね わき目ふらずに ついて行く 添えて嬉しい きずな酒  雨が降る日も 風吹く夜も あなたがいれば 温(あたた)かい 泣いて笑って 汗水流し 生きて始めて 華も咲く 心通わす きずな酒
せめて…大阪北岡ひろし北岡ひろしたきのえいじ市川昭介背中に重たい 小雨(こさめ)のしずく 心の中まで からみつく 相合い傘なら 絵になるけれど 差しかけてくれる 人もない あなた今頃 どこでどうしているのやら 逢いたいもう一度 せめて大阪で せめて大阪で  行ったり来たりの 極楽とんぼ ないものねだりで お人好し それでもあなたを 忘れられない 心も体も 淋しがり あなた答えて 別離ばなしは冗談と 優しく抱きしめて せめて大阪で せめて大阪で  あれから暦も 半年余り 五月雨(さみだれ) 夕立 秋しぐれ おもいでばかりを ひもとく度に 心はいつしか 冬になる あなた聴かせて 酔って唄ったあの唄を どこにも行かないで せめて大阪で せめて大阪で
ふるさと日和西方裕之西方裕之たきのえいじ水森英夫南郷達也駅を降りたら 潮風が 迎えてくれた この俺を あれから何年 すぎたやら ふるさとなまりの 懐かしさ いいもんだ いいもんだ 笑顔が嬉しい ふるさと日和  一度離れて よく分かる 故郷(こきょう)の良さが ぬくもりが ごぶさた続きと 照れながら 重ねる友との コップ酒 いいもんだ いいもんだ 肩の荷おろして ふるさと日和  胸に描いた 夢がある 心底惚れた 女(ひと)がいる も一度ここから 出直そか 都会じゃ見えない 空がある いいもんだ いいもんだ 心もほころぶ ふるさと日和
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
つゆくさの宿秋岡秀治秋岡秀治たきのえいじ四方章人伊戸のりお逢えば別れの この運命(さだめ) 逢わす運命の 憎らしさ あなた恋しい つゆくさの宿 湯舟に映る かがり火が 未練心に 未練心に 火を付ける  仕舞(しま)い忘れた 風鈴の 音も悲しい 窓の外 明日がみえない つゆくさの宿 あの日に帰る 汽車もなく 過ぎた暦を 過ぎた暦を まためくる  まるで私の 身替わりに 月も日毎(ひごと)に やせてゆく ひとり切ない つゆくさの宿 夢でもいいの 連れに来て 胸が今夜も 胸が今夜も 淋しがる
隼―はやぶさ―秋岡秀治秋岡秀治たきのえいじ四方章人伊戸のりお風にあおられ へし折れず 針の雨でも はね返す はやぶさよ はやぶさよ おまえに男の 意地をみた こびず 恐れず 我が道を行く 度胸ひとつを 道づれに  明日(あす)の飯など どこにある 捜しゃならない 子の為に はやぶさよ はやぶさよ おまえに男の 情(じょう)をみた 命削って 命を守る たとえ命が 尽きるとも  空と云う名の 荒野には 地図もなければ 駅もない はやぶさよ はやぶさよ おまえに男の 夢をみた つばさ広げて 舞うその姿 生きる男の 夢をみた
夜更けのトンボ天童よしみ天童よしみたきのえいじ岸本健介うまい言葉を 並べては 作り笑顔でくどくけど 男はいつでも ないものねだり 羽根を伸ばして 飛んで行く あ~調子がいいよね 今夜はどこで はしご酒 酔いつぶれて胸に甘える 夜更けのトンボ それでも可愛いい ろくでなし あ~眠りなさい 私の膝を ゆりかごがわりに  淋しがり屋で 強がりで 憎みきれない お人好し 夜明けがくる間(ま)に 戻っておいで 唄ってあげる 子守唄 あ~女って損ね それでも好きで いるなんて お酒片手に夢をみている 夜更けのトンボ おもいでばかりを ふりまいて あ~恋しいよ 飛んでおいでよ その手を広げて  あ~調子がいいよね 今夜はどこで はしご酒 酔いつぶれて胸に甘える 夜更けのトンボ それでも可愛いい ろくでなし あ~眠りなさい 私の膝を ゆりかごがわりに
酒人情真咲よう子・秋岡秀治真咲よう子・秋岡秀治たきのえいじ四方章人伊戸のりおおまえの一生 預りながら いつも苦労の かけ通し 云えばけんかに なるけれど 色々あったわ ありました すまないね  いいのよ いいの 夜風が身に沁む 酒人情  あなたの優しい そのひと言で 忘れられます 泣いた日も 俺と一緒に ならなけりゃ もっと幸せ あったろに 好きだから ほんとに ごめん 命を通わす 酒人情  雨風続きで 曇りが三分 やっと陽がさす この俺に 我慢比べね 人生は 引き受けましたよ この先も すまないね いいのよ いいの 心を重ねる 酒人情
路地裏なさけ大原かずみ大原かずみたきのえいじ野崎眞一南郷達也何があっても 弱音を吐いちゃ 逃げて行きます あなたの夢が 惚れているから 判かります 辛い心の 裏表(うらおもて) 我慢 二文字(ふたもじ) つっかい棒に あなたとふたり 路地裏なさけ  今は苦労に 明け暮れてても きっと陽ざしが 差す日がくるわ いつかなじみの 縄のれん 交わすお酒が 沁みてくる あずけましたよ 私の命 あなたとふたり 路地裏なさけ  背のびしたって 見えない明日(あした) うしろ向いたら なおさら見えぬ 耐えた分だけ しあわせが 敷居またいで やってくる 雨が降る日は 合々傘で あなたとふたり 路地裏なさけ
瀬戸内しぐれ西方裕之西方裕之たきのえいじ水森英夫南郷達也明石(あかし)海峡 さえぎるように 霧が邪魔する たちこめる いくら好きでも 結べない 薄い運命の 細い糸(いと) 未練渦まく 瀬戸内しぐれ  船の背中を 追いかけながら 騒ぐカモメの 憎らしさ せめて私に 欲しかった きっと帰るの ひと言が 明日(あす)が見えない 瀬戸内しぐれ  船よ急いで 錨(いかり)を上げて 辛い心が 判るなら ひとり見送る 淋しさに 波がからんで 打ち寄せる 肩に冷たい 瀬戸内しぐれ
北岬吉村明紘吉村明紘たきのえいじたきのえいじ舳先(へさき)でうなる 三角波が 度胸だめしに 突き刺さる 血潮が燃える 赤々と 沖をめざして 舵(かじ)をとる ここが男の一番勝負 筋金入りの 自慢の腕で 夢を釣りあげる 北岬  どんぶり酒を 一気にあおりゃ 汗がふき出す 目が冴える 牙むく波を 越える度 神に感謝の 手を合わす 待っていてくれ 大漁旗を 色恋沙汰に 背中を向けて 夢の網を引く 北岬  ここが男の一番勝負 筋金入りの 自慢の腕で 夢を釣りあげる 北岬
京都八景水森かおり水森かおりたきのえいじ弦哲也伊戸のりお近くなる度(たび) 何故遠ざかる 愛のはかなさ すれ違い 燃えて焦がれて やせてゆく 心はいつも 板ばさみ せめても一度 言わせて欲しい 好きと一言 叶うなら 嵯峨野 細道 竹の群れ 淋しすぎます ひとりでは  鴨川(かわ)の流れを 夕陽が染める 明日(あす)がきますか 私にも 書いて破って また書いた 恋文そっと 流します あなた忘れて 生きてくつもり 募る思いを 断ち切って 夢を灯した 大文字 ひとり涙を 置いて行く  せめても一度 言わせて欲しい 好きと一言 叶うなら 嵯峨野 細道 竹の群れ 淋しすぎます ひとりでは
明日花~あしたばな~服部浩子服部浩子たきのえいじ桧原さとし前田俊明雨に打たれて 寄り添いながら 花も咲く日を 待ちわびる 逢えて良かった あなたに逢えて 迷わずに 歩いてく ふたり 一輪 明日花  背のびしないで この身の丈に 似合うしあわせ あればいい 肩を並べて あなたと肩を いつの日も 離れずに いつか 一輪 明日花  辛い涙も 笑顔に変えて ふたり重ねた 春や秋 夢を追いかけ あなたと夢を くじけずに 生きてゆく きっと 一輪 明日花
夏子音頭伍代夏子伍代夏子たきのえいじ猪俣公章笑顔千両に 手拍子添えて 交わす情けの 湯のかげん 粋な同志が 肩寄せ合えば にじむ汗さえ 黄金(こがね)色 夏子音頭で夏子音頭で チョイトナ ソレ 夢飾り夢飾り  袖(そで)を振り合うも 多生(たしょう)のご縁(えん) 縁が実となる 花となる 誘い上手に 誘われ上手 恋はその日の 出来ごころ 夏子音頭で夏子音頭で チョイトナ ソレ 花飾り花飾り  千代に八千代に 末広がりに 枝も栄える 葉も繁る 十人十色の ふるさと自慢 お国なまりも 味なもの 夏子音頭で夏子音頭で チョイトナ ソレ 〆飾り〆飾り
居酒屋しぐれ秋山涼子秋山涼子たきのえいじ松井義久池多孝春胸にこたえる 浮き世の風は 女の身にも 判かります 生まれ育ちも 違うけど これが縁(えにし)ね 居酒屋しぐれ よしてください 深酒は あなた あなたひとりの 体じゃないわ  店のラジオで 流れる歌を 聞く度浮かぶ あの頃が 持ちつ持たれつ 生きてきた 泣いて笑って 居酒屋しぐれ うしろなんかは みないけど 今じゃ 今じゃ昭和も 昔の話  ふたり合わせて しあわせ八分 あなたを見つめ かみしめる 誰が切れましょ この絆 おちょこ片手に 居酒屋しぐれ 辛い時にも 寒い日も そばに そばに私が 私がいるわ
純情かとうれい子かとうれい子たきのえいじたきのえいじ伊戸のりお・高円寺音楽団ときめいて 花も嵐も越えて 駆け抜けた 三年の年月(としつき) 差し出した手には あなたのぬくもり 燃え盛る 想いは一途 片時も離れない 離さない 夏が往き また秋が巡り 寄り添えば 心は純情  人はみな 鞄を抱えながら 夕暮れの 家路を急いでる しあわせを計る 秤(はかり)などないし とこしえに このままがいい ふたりして ひそやかに生きれたら 足早に 時代が過ぎても 振り向けば 心は純情  夢よりも近く 海よりも深く たおやかに 愛していると 伝えずにいられない 隠せない 夏が往き また秋が巡り 寄り添えば 心は純情
風鈴かとうれい子かとうれい子たきのえいじ山崎ハコ伊戸のりお・高円寺音楽団季節はずれに チリチリと 風に吹かれて 鳴る風鈴 高層ビルに囲まれた路地 ここはあの日のままですね 時代の流れに 乗らなくたって あなたはあなた そのままでいて 手の平にのる程の 幸せあれば 他にはなんにもいらない  お酒飲んでは 語る夢 酔えば私の ひざ枕 不器用だけが あなたの取り柄 それに加えて 寂しがり 軒先伝いに 風鈴の音 出逢った頃が 浮かんできます ついて行く勇気さえなかったけれど あなたを選んで良かった  時代の流れに 乗らなくたって あなたはあなた そのままでいて 手の平にのる程の 幸せあれば 他にはなんにもいらない
酒契り真咲よう子・秋岡秀治真咲よう子・秋岡秀治たきのえいじ四方章人伊戸のりお俺でいいのか なぁおまえ 聞けばうなづき ついてくる あなたの夢の 手伝いを 出来るしあわせ かみしめる 離れない 離さない 目と目で交わす 酒契り  淋しがり屋で 意地っ張り 涙もろくて お人好し ごめんよごめん 手間ばかり かけて人生 遠まわり 離れない 離さない おちょこで交わす 酒契り  呑めば呑む程 沁みてくる 酒とおまえと はやり歌 あなたに惚れて また惚れて 知ったあなたの おもいやり 離れない 離さない 笑顔で交わす 酒契り
よいしょ真咲よう子・秋岡秀治真咲よう子・秋岡秀治たきのえいじ四方章人伊戸のりお波乱万丈 人生は 山も峠も 谷もある とことん落ちても はいあがる 夢が苦労の 道しるべ よいしょ よいしょ よいしょ よいしょ よいしょで登る きずな坂  弱音吐いたら 背を向ける 明日と云う日も しあわせも どろんこ道でも この先は きっと待ってる 陽だまりが よいしょ よいしょ よいしょ よいしょ よいしょで渡る えにし橋  種がなければ 根も張らぬ 枝がなければ 葉も伸びぬ 泣いても一生 笑っても まずは一から 一歩から よいしょ よいしょ よいしょ よいしょ よいしょで生きる 人生を
おんなの酒場小林幸子小林幸子たきのえいじ徳久広司前田俊明肩に小雨が 沁みる夜は 暦も昔に 舞い戻る 思い切れない あの人を 逢わせておくれよ ねぇお酒 肌が淋しい おんなの酒場  ついて行きたい 行かれない 未練と今夜も さし向かい 辛い心が 判るなら 酔わせておくれよ ねぇお酒 忘れられない おんなの酒場  情けあるなら そばにきて 叱ってください 弱虫と 夜がくる度 恋しいと 伝えておくれよ ねぇお酒 ひとりつぎ足す おんなの酒場
なごりの波止場氷川きよし氷川きよしたきのえいじ大谷明裕南郷達也辛い別れの この淋しさを 知るや知らずや 鳴くカモメ 連れていけない 男の旅路 せめて心は 置いて行く 波が後引く なごりの波止場  港伝いに ランプが点る 忍ぶ心を 照らすよに なんで忘れよ 忘られようか ふたり重ねた おもいでは 風が冷たい なごりの波止場  むせぶ汽笛が 別れを急(せ)かす 募る未練が ままならぬ またの逢う日を 待ってておくれ 云ってまぶたの 裏で泣く 潮路はるかな なごりの波止場
湯布院水森かおり水森かおりたきのえいじ杜奏太朗伊戸のりお差し出す人も ないまま買った 花の絵はがき 竹の筆 私の隣りを すり抜ける ひとり 湯布院 しあわせが 二泊三日の 旅だけど 生まれ変わるわ この私  窓辺を染める 夕焼け見れば 遠くなります 東京が 涙とおもいで 道づれに ひとり 湯布院 石畳 あなた恋しと 焦がれても 思い届ける 術もない  あなたの事が 断ち切れなくて いつか笑顔を 忘れてた 悔んでいません あの頃を ひとり 湯布院 離れ茶屋 風が湯けむり 払う度 明日がみえます その先に
面影橋堀内孝雄堀内孝雄たきのえいじ堀内孝雄川村栄二面影橋は なごり橋 あなたがそこに いるようで 面影橋は もどり橋 涙を連れて 渡る橋  光りが水に たわむれて 音も立てずに はしゃいでる おもいでばかりが まぶしくて あなた 忍んでは振りかえる  面影橋は なごり橋 あなたがそこに いるようで 面影橋は もどり橋 涙を連れて 渡る橋  しあわせ色の ふしあわせ あなた残して かくれんぼ 手すりにもたれりゃ あの頃が 息をひそめて 立ち止まる  面影橋は 別れ橋 抱かれたことも 今は夢 面影橋は しぐれ橋 心に雨が 降るばかり  面影橋は なごり橋 あなたがそこに いるようで 面影橋は もどり橋 涙を連れて 渡る橋  涙を連れて 渡る橋
あかね空真木柚布子真木柚布子たきのえいじ叶弦大桜庭伸幸まぶた閉じれば ふるさとが おもいで連れて 見えてくる 春は桜の 花ふぶき 夏は七夕 蝉しぐれ 帰ろうか 帰ろうか 呼んでいるよな あかね空 帰ろうか 帰ろうか 今夜は夢で ふるさとへ  川の流れに 映るのは やさしく笑う 母の顔 秋はコスモス 赤とんぼ 冬は木枯らし 寒つばき 帰ろうか 帰ろうか 染みるまっ赤な あかね空 帰ろうか 帰ろうか 今夜は夢で あの頃に  帰ろうか 帰ろうか 呼んでいるよな あかね空 帰ろうか 帰ろうか 今夜は夢で ふるさとへ
しあわせ一輪真木柚布子真木柚布子たきのえいじ叶弦大南郷達也思い通りに いくのなら 苦労はしません ねぇあなた 涙 笑いも 五分と五分 肩の積荷も 五分と五分 せめてふたりで 肩寄せて しあわせェ~一輪 咲かせたい  うしろ向いたら 逃げて行く 明日(あした)と云う日も 夢までも 冬の垣根を 越えたなら 春がきますよ 庭先に 命重ねて どこまでも しあわせェ~一輪 飾りたい  惚れた分だけ よく判る あなたの心も 優しさも 我慢比べね 人生は 無駄にしないわ この汗は 他になんにも 欲しくない しあわせェ~一輪 あるだけで
道途中(みちなかば)桜川けん桜川けんたきのえいじ四方章人蔦将包しあわせだったか 悔んでないか 選んだ道を 歩いてきたか いまだ答えは ないけれど 酒を相手に ひとり言 思えば人生 道なかば 時代ばかりが 駆けめぐる 思えば人生 道なかば 生きて行こうか 一歩づつ  上着で隠した 心の辛さ 誰にもあるさ ひとつやふたつ 積もり積った おもいでは 胸にたたんで 酔いしれる 思えば人生 道なかば 靴のかかとを すり減らし 思えば人生 道なかば 夢を鞄に 詰め込んで  思えば人生 道なかば 時代ばかりが 駆けめぐる 思えば人生 道なかば 生きて行こうか 一歩づつ
酒の舟真木ことみ真木ことみたきのえいじ岡千秋酒よ判るか 淋しさが 判ればあの人 連れてきて 死ぬ程惚れて 何故添えぬ いつも不幸の くじを引く 逢いたいよ 逢いたいよ 逢いたいよ おんな とまり木 酒の舟  もしやあなたと 振り向けば 冷たい夜風が すり抜ける ふたりでいても 寒いのに ましてひとりじゃ 尚(なお)寒い 悲しいよ 悲しいよ 悲しいよ どうか酔わせて 酒の舟  思い断ち切る つもりでも 飲む度 恋しい人になる 情けの沁みた この路地で ひとり未練と さし向かい 逢いたいよ 逢いたいよ 逢いたいよ 外はしぐれて 酒の舟
相縁坂真木ことみ真木ことみたきのえいじ岡千秋南郷達也胸にこたえる この世の辛さ 男でなくても 判ります あなたの夢の 荷車を 後押しさせて 私にも 登り切りたい 相縁坂を ふたり出逢った この坂を  そばにいてくれ いつでもそばに 信じて良かった その言葉 春夏秋と また冬と 重ねて明日が 見えてくる つかず離れず 相縁坂を 今日も寄り添い 踏みしめる  せめて人並 それだけでいい 私にしあわせ 叶うなら どしゃぶり雨も 木枯らしも あなたといれば 耐えられる 越えて行きたい 相縁坂を 心結んで この坂を
おんな洞爺湖ひとり旅秋山涼子秋山涼子たきのえいじ松井義久前田俊明未練断ち切る 旅なのに 未練が背中に ついてくる あなたと書いた しあわせの 夢の筋書(すじが)き 今は夢 寒い 寒い 切ない おんな洞爺湖(とうやこ) ひとり旅  遠くなる程 よく見える あなたと過ごした 思い出が 重(かさ)ね着(ぎ)しても しんしんと 風が心に 突き刺さる 辛(つら)い 辛(つら)い 逢えない おんな洞爺湖(とうやこ) ひとり旅  霧が行く手を はばむよに 明日(あした)を隠(かく)して たちこめる 湖畔の道を 歩いても 二度とあの日に 帰れない あなた あなた さよなら おんな洞爺湖(とうやこ) ひとり旅
波止場雨情西村亜希子西村亜希子たきのえいじなかむら洋平前田俊明心結んだ 桟橋なのに ふたりを引き裂く 橋になる あなたお願い 行かないで 風よあの船 引き止めて 波止場しぐれて 波止場しぐれて 啼(な)く汽笛  灯(あか)りこぼれる 待合い室で 涙で見つめる 時刻表 ふたり暮らした 長さだけ 未練ばかりが からみつく 波止場しぐれて 波止場しぐれて 人もない  逢えば別れの 運命(さだめ)が憎い いつでもしあわせ 背を向ける ついて行きたい 叶うなら 生きていけない ひとりでは 波止場しぐれて 波止場しぐれて 傘もない
うぐいす西村亜希子西村亜希子たきのえいじなかむら洋平前田俊明まるで私の 身変わりに 命しぼって 鳴きじゃくる うぐいす うぐいす もういいの 愛し恋しで 明け暮れて 未練断ち切る 術もない  愚痴や弱音を こぼせたら お酒なんかにゃ すがらない うぐいす うぐいす 鳴かないで 思い出すから あの人を ひとり淋しい はなれ茶屋  ひとり寝返り  打つ度に 肌があなたを 恋しがる うぐいす うぐいす 飛んで行け 女ごころが 判るなら ここにあの人 連れてきて
とまり木GOLD LYLIC小林幸子GOLD LYLIC小林幸子たきのえいじたきのえいじそぼふる雨なら 防げるけれど 冷たい心は 隠せない やせた女の とまり木に 背中をむけた にくい人 すがって行きたい あなたの後を  お酒でごまかす このさみしさを つまびく夜風が 目にしみる 枯れた女の とまり木を せめても一度 抱きしめて ひとりじゃさみしい 眠れない  離れて暮らせば 他人と同じ しあわせこぼした 身が悲し よわい女の とまり木を あなたその手で 包んでよ 他にはなんにも 欲しくない
夢追い舟唄真木柚布子真木柚布子たきのえいじ叶弦大南郷達也お酒呑むたび 酔うたびに 過ぎたあの日が 近くなる 二度も三度も あきらめて あきらめきれず ふく涙 棹(さお)をさしてよ 夢追い舟に 命重ねてヨーオ ねぇあなた  岸を離れて 身を晒(さら)す 薄い縁(えにし)の 紙の舟 あなた点して 篝火を 淋しさばかり 沁みる日は 水の鏡に あなたが映る 恋しがらせてヨーオ 又じらす  夏をたたんで 秋がくる 咲いて七草 知る情け 肌の寒さは あなた故 焦がれる辛さ あなた故 せめてふたりで 夢追い舟を 漕いで行きたいヨーオ 向こう岸
みれん舟千葉一夫千葉一夫たきのえいじ岡千秋南郷達也水の流れに 灯りの帯が ゆれて哀しい 日暮れ川 あなた背中を 向けないで 追えば私の 罪になる うしろ髪ひく みれん舟  屋形船さえ 渡れるものを 渡り切れない 向こう岸 夢でいいから 添い寝して せめてわがまま 叶うなら ひとり淋しい みれん舟  そばにあなたが いてくれたから 寒くなかった 雨の日も 絆むすんだ はずなのに 何故にしあわせ 散り急ぐ ついて行きたい みれん舟
流れ星小金沢昇司小金沢昇司たきのえいじ杉本真人明かりが点(とも)る 海岸線に 立てば心は おまえに走る 忘れられない 忘れない 戻っておいでよ この胸に  流れ星 流れ星 教えて欲しい 今頃どこに 恋しいよ 恋しいよ 風の噂じゃ北の町 あ~北の町  離れていても 心はいつも 離れられない いつでもそばに 夜の暗さに 泣ける日は 窓辺におもいで 並べてる  流れ星 流れ星 願いはひとつ 伝えて欲しい 逢いたいよ 逢いたいよ 今もひとりでいるのなら あ~いるのなら  流れ星 流れ星 教えて欲しい 今頃どこに 恋しいよ 恋しいよ 風の噂じゃ北の町 あ~北の町
瀬戸内情歌神野美伽神野美伽たきのえいじ桜田誠一斉藤恒夫南 火の国よ 北 雪の国 ここは瀬戸内 海ばかり 待ってください 背を向けないで 娘ざかりの 身がつらい 春は名ばかり 姫小島  出船 入船よ 漁火あかり 恋の絵巻きの 薄化粧 染めてください 爪の先まで 涙しずくが雨になる 春は名ばかり 水無瀬島  命 海鳴りよ 鳴くかもめどり 誰に想いを 告げて鳴く 抱いてください 燃え尽きるまで 夢であなたに逢えますか 春は名ばかり 大三島
紅つばき真木ことみ真木ことみたきのえいじ岡千秋前田俊明綺麗でしょうか この髪が 似合うでしょうか 口紅が 答えてください そばにきて 肌があなたを恋しがる 川の流れに身を映し ゆれて舞い散る 紅つばき  愚かでしょうか この私 焦がれることも待つことも 心をじらして幸せが いつも隣をすり抜ける 春に背中を向けながら 燃えて舞い散る 紅つばき  行けるでしょうか 夢ならば あなたの熱い その胸に 憎さと愛しさ くり返し 未練ばかりが後を引く 月のしずくに濡れながら 咲いて舞い散る 紅つばき
しあわせ回り道真木ことみ真木ことみたきのえいじ岡千秋前田俊明背のびしたって なんにも見えぬ あなたも 夢も しあわせも 寂しいよ 寂しいよ 逢うは別れと 云うけれど 貸してください その肩を 小雨 路地裏 しあわせ回り道  いつも私の 手を引きながら 離しちゃだめと 云った人 切ないよ 切ないよ どこにあなたは かくれんぼ 雨が骨身に 沁みる日は 傘も重たい しあわせ回り道  弱音吐いても 愚痴ってみても 叱ってくれる 人もない 逢いたいよ 逢いたいよ 夜の長さの 憎らしさ 寝ても背中に すきま風 明日はいつくる しあわせ回り道
夢追い草紙服部浩子服部浩子たきのえいじ弦哲也前田俊明月のしずくは 涙のしずく つなげば未練の 恋文になる かりそめの 祭ごとなら 逢いたくなかった 初めから 夢の夢 みんな夢 おんな悲しい 夢追い草紙  問わず語りに 手鏡のぞき 化粧でつくろう 心の辛さ 分かるなら 分かるがよろし 想いの深さを 淋しさを 夢の 夢 みんな夢 おんな切ない 夢追い草紙  姿隠して 鳴くほととぎす どなたを忍んで 鳴きじゃくるやら 焦がれても 何故に引き裂く この胸この恋 この運命(さだめ) 夢の夢 みんな夢 おんな泡沫(うたかた) 夢追い草紙
おふくろよ山川豊山川豊たきのえいじ弦哲也愚痴も弱音も 吐かないで 骨身削って 生きてきた おふくろよ おふくろよ ありがとう 口じゃ上手(じょうず)に 言えないけれど せめてこの手で しあわせを 思いだすんだ あの頃を  海を相手の 明け暮れで 泣いた日もあろ 人知れず おふくろよ おふくろよ ありがとう 無理をしないで たまには休め 肩の荷おろし させてくれ つれて行きたい 湯の宿へ  苦労重ねた 歳月(としつき)が やせた背中に 書いてある おふくろよ おふくろよ ありがとう 我慢我慢で 白髪も増えて 照れてほほえむ 六畳間 そっと優しさ かみしめる
泣かないで山川豊山川豊たきのえいじ浜圭介恋する度に 化粧を変えて 生きてきたと 云うけど 黙っていても 隠せはしない 流した涙の数は  泣かないで 泣かないで 過ぎたことは 置き去りにして 泣かないで 泣かないで あしたが逃げて行くから  言葉で愛を 縫(つくろ)うよりも 感じ合える 心で 無邪気になって 甘えていいよ 男と女になって  泣かないで 泣かないで 切ってあげる 涙の糸は 泣かないで 泣かないで いつでもそばにいるから  泣かないで 泣かないで 過ぎたことは 置き去りにして 泣かないで 泣かないで あしたが逃げて行くから
函館本線GOLD LYLIC山川豊GOLD LYLIC山川豊たきのえいじ駒田良昭凍りついた線路は今日も 北に向って 伸びてゆく 窓のむこうは 石狩平野 行く手をさえぎる 雪ばかり さよなら あなた 北へ北へ 北へ帰ります あなたの 愛の 裏切りを 責めれば みじめになるばかり ひとり ひとり 身を引く 函館本線  ひざに乗せた荷物がひとつ 心細さが しみてくる 過ぎてしまえば きれいなだけの 思い出ばかりが よく見える さよなら あなた 北へ北へ 北へ帰ります 心の糸が切れたまま 男と女は 暮らせない ひとり ひとり 身を引く 函館本線  さよなら あなた 北へ北へ 北へ帰ります あなたの 愛の 裏切りを 責めれば みじめになるばかり ひとり ひとり 身を引く 函館本線
夢の扉音寺しをり音寺しをりたきのえいじ八木架壽人油井章高層ビルに 灯りがともる 切ない心と うらはらに あなたといれば 気づかなかった ひとりの夜の長ささえ 夢の扉を閉じないで おもいで達を 置き去りにして… 夢の扉の その鍵を どうか私のそばにおいてて  化粧の下に 涙を隠し あなたを浮かべる ガラス窓 結末のない 小説みたい ふたりの愛の 筋書きは 夢の扉を開けたまま 子供のように 抱いててほしい… 夢の扉を くぐり抜け あなたの元に駈けて行きたい
大阪ルージュ音寺しをり音寺しをりたきのえいじ八木架壽人油井章足早に遠くなっていく 二人に過ごした 華やかな時間 着飾って 心だましても 涙もろい サンセット 大阪ルージュ 赤く染まるルージュ あなた ここに来てよ くちびるが泣いてる 大阪ルージュ 愚かすぎるルージュ 今も おもいでだけ巻戻して ひとり黄昏 悲しみがそっと押し寄せる まるで波のように  行き先も告げず 船が行く 過去を MINATOに まき散らしながら 薄情な 愛の台詞さえ 何故か似合う 都会 大阪ルージュ 風が染みるルージュ せめて 叶うならば 云い訳を聞かせて 大阪ルージュ 凍えそうなルージュ すべて 白紙にして もう一度だけ やり直せたら デジタルが明日を告げてゆく 私だけを残し
酒ごよみ青戸健青戸健たきのえいじ水森英夫南郷達也雨がそぼ降る こんな夜は 酒よおまえと 雨やどり 呑んで未練を 薄めても 呑む程未練が 後を引く わびて済まない 酒ごよみ  酔えばでしゃばる 古傷に 沁みる手酌の 燗の酒 好きで別れて 来たくせに おまえを浮かべる 馬鹿な奴 辛さ重ねて 酒ごよみ  今じゃ判るよ 痛い程 そうさおまえの 優しさが 切符買っても なんになる 昔に帰れる 汽車もない 逢うに逢えない 酒ごよみ
一日一生青戸健青戸健たきのえいじ水森英夫南郷達也山はなくても 人生は 谷間もあれば 山もある 夢の荷車 引きながら 越えた世間の つづら坂 咲かす 咲かす 命の華を 一日一生 生きていく  人が己の 鏡なら 己も人の また鏡 飾り立てれば 飾る程 みえる心の 裏表 ここが ここが 踏ん張りどこと 一日一生 生きていく  損を重ねて 徳をとる 苦労は楽の 種になる 過ぎてしまえば 二度とない 今日と云う名の 一日は 天に 天に 両手を合わせ 一日一生 生きていく
おんなの長良川梓夕子梓夕子たきのえいじ宮下健治伊戸のりお川が燃えます 赤々と 仕掛け花火に めらめらと 恋は女を 菩薩に変える 裏切られたら 蛇(じゃ)にもなる どうするどうする 心が騒ぐ 惚れておんなの 長良川 あんたにあげる この命 熱い寝床で 華になる  力ずくでは ほどけない 情で結んだ この帯は 三日三晩を 抱いてて欲しい 骨がキリキリ 軋(きし)むまで どうなるどうなる 一途に惚れて 後に引けない 長良川 ひとりの夜は 切なくて 肌があんたを 恋しがる  どうするどうする 心が騒ぐ 惚れておんなの 長良川 あんたにあげる この命 熱い寝床で 華になる
女と男の縄のれん梓夕子&宮下健治梓夕子&宮下健治たきのえいじ宮下健治伊戸のりお雨が背中に 沁みる夜は お酒恋しい 縄のれん どこかよく似た 似た者どうし 酒が縁(えにし)の さし向かい いい男 いい女 女と 男の 縄のれん  何も聞かない つもりでも 酔えばお酒が 聞きたがる 云ってどうなる 過去でもないし 空けておくれよ 盃を いい男 いい女 女と 男の 縄のれん  そうねあなたも 縁歌(えんか)だね いいわも少し つき合うわ 通りすがりに 飲む酒なのに 何故か気が合う しみじみと いい男 いい女 女と 男の 縄のれん
なごり雨石原詢子石原詢子たきのえいじ徳久広司雨のしずくは 切れるけど 払い切れない 涙つぶ 焦(こ)がれても 焦がれても いつも悲しい 役まわり 傘も持たずに 立ち尽くす あなた愛しい なごり雨  寒さしのぎの お酒より 今も恋しい 腕枕 逢いたさに 逢いたさに 指の先まで やせていく せめてこの胸 温めて あなたも一度 なごり雨  季節はずれに 風鈴の 音が心に 沁(し)みてくる 忍んでも 忍んでも 何故(なぜ)に届かぬ この思い うしろ姿の しあわせが 今日も泣かせる なごり雨
雨の居酒屋石原詢子石原詢子たきのえいじ叶弦大お酒並べて あなたの分も 飲んではみても 涙ばかりがなついてしまう 切ないですね あなた今夜は どうしてますか 外は雨 つらい つらい 春と云うのに寒すぎる 雨の居酒屋は  いつか あの人 教えてくれた なじみのお店 あとをひくのは 思いでばかり 淋しいですね せめて あなたの笑顔を添えて 重ねたい ふたり ふたり 熱いお酒を盃に 雨の居酒屋で  せめて あなたの笑顔を添えて 重ねたい ふたり ふたり 熱いお酒を盃に 雨の居酒屋で
手鏡石原詢子石原詢子たきのえいじ山口ひろし捨てないで 捨てないで あきらめきれない あなた捨てないで この恋なくせば 私に 何が 残ります おんな手鏡 夢蛍 窓の向こうは 闇の中  抱きしめて 抱きしめて ちぎれるくらいに あなた抱きしめて あなたに馴染んだ この肌 誰に渡せます ひとり手鏡 紅引けば 未練宿して 胸がなく  行かないで 行かないで 私を残して あなた行かないで 焦がれる思いは 日増しに 燃えて募ります おんな手鏡 寒すぎて 問わず語りで 夜が更ける
桟橋石原詢子石原詢子たきのえいじ四方章人風にもつれて 海猫鳴けば なぜか心は 冬になる 恋しさ六分に 憎さが三分 あとの一分で また待ちわびる あなた私を 包んでよ 今日も桟橋 波ばかり  逢いに来ないで 夢ならいいの 覚めりゃ涙の 種になる 爪先立てても みえない明日 あなた答えて 身の振り方を 船に罪など ないけれど ひとり桟橋 立ち尽くす  船が行く度 又戻る度 波が未練の 文字になる あなたといたなら 短いはずの 夜の長さに 心が痛む 汽笛ばかりが 鳴りやまず 日暮れ桟橋 雨まじり
伍代夏子伍代夏子たきのえいじ水森英夫ひとりでは漕げない 沖も見えない あなたと肩寄せ 棹を差す 辛い浮世の この桟橋で 夢を追いかけ 船出する この手で しあわせ ふたり舟  どこまでも迷わず ついて行きます 嵐も覚悟の この命 苦労さけては 渡れやしない 小春日和の 向こう岸 追い風 しあわせ ふたり舟  泣き言は 明日の邪魔になるから 言わない 聞かない こぼさない 会えてよかった あなたと私 生きて甲斐ある 昨日今日 必ず しあわせ ふたり舟
九十九坂伍代夏子伍代夏子たきのえいじ八木架寿人傘に隠れて ふく涙  払いきれない 未練まで  耐えるのも 追いかけるのも  恋の道とか 言うけれど  登りきりたい 登れない  女 七(なな)坂 九十九(つづら)坂   ふたり重ねた おもいでを  あなたお願い 消さないで  その胸が ふるさとだから  抱いてください おもいきり  すがりつきたい すがれない  女 うたかた 九十九(つづら)坂   いくら手さぐり してみても  明日が見えない ひとりでは  もう一度 夢の荷造り  させてください 私にも  離したくない 離さない  女 うす紅 九十九(つづら)坂  
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. うれしいひなまつり
  3. オレンジ
  4. 唱
  5. Believe

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Value
  2. ババーンと推参!バーンブレイバーン
  3. LOVEなシーン with BRADIO
  4. Flowery
  5. 呪って呪って

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×