≒

作詞:澤田空海理
作曲:澤田空海理
編曲:澤田空海理
発売日:2023/06/14
この曲の表示回数:3,265回

≒
傷口に砂糖を塗ったら
余計に惨めになって、
引き金に手をかけたこと、
見せびらかしたくなった。

それだけだ。それだけだった。

命は平等だと道徳が、
人は不平等だと現実が、
信じるべき方は明白だった。
理想を語るには遅すぎた。

私の体は、心は、
ただ息をする呪いだ。
張り付けた愛想笑い。
迎合に媚を売った。
掲げた正義は、
今や人を殺す呪いなんだ。

あんまりだ。

指切りの指の軽さと、
引き金を引く指の重さが、
同じなのだとしたらあまりに惨い。
こんなにも生きているのに。
こんなにも命なのに。

私のエンドロールが流れる。
いの一番に席を立ったのは
数少ないはずの友人だった。

恨むのは悪だろうか。
私は違うんだろうか。

孤独を嘆いてしまうのに、
孤独を誇ってしまうのだ。
それ以外、持っていないから。
銃口は心に向けたまま。

誰かを想った言葉は、
静かに誰かを呪った。
撫でようと伸ばす手で、
首を絞めていたようだ。

正しい善意も、
向け方次第では刃になった。

絶望の果ての涙も、
希望の末に落ちる涙も、
温度は同じなのに、
あまりに違う。
こんなにも苦しいのに。(美しいのに)
こんなにも。

動物は物だと教わった。
神様はいると教わった。
その基準を決めた私たちは
命の価値すらも見限った。(見誤った)
私たちは安らかな死を褒め称え、
自ら選んだ死を咎め、
正常なフリをしている。(異常なフリをしている)

私たちは皆、同じだ。
ただ服を着た呪いだ。
優劣を測るように天秤に乗せた心臓。
私の体は、心は、
それでも脈を打ち続けるんだ。

だからさ。

指切りの指の軽さと、
引き金を引く指の重さが、
同じなのだとしても生きていくんだよ。
こんなにも愛しいから。(等しいから)

そう、これは命の話。

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:16:00

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. Dear
  3. 366日
  4. さよーならまたいつか!
  5. アフロディーテの夏

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. CONNECT
  2. About You
  3. 愛だけがあればいい
  4. ベガとアルタイル
  5. NOW

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×