重永亮介編曲の歌詞一覧リスト  99曲中 1-99曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
99曲中 1-99曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
タイムフレーム 新曲ゆある 新曲ゆあるゆある・重永亮介重永亮介重永亮介降り出しそうな雲 遠回りして避けて 臆病さゆえに辿り着いた  満たされてる地図の 余白を見つけ出して 不確かな希望を書き足した  本当の感情を 仕舞い込んで 後悔を払った 誰かの特別になれるわけないなんて 輝く権利を捨てたわけじゃない  さあ あの雲を割って 走り続けた 憧れの世界へ 落書きのような未来図広げたなら  何度でも 抗って 探し続けた まだ旅は終わらない 自分で自分を誇れる 正しさ追いかけて 行き先見失って気付いた 光へ  降り出して泣く雲 容赦なく叩きつけ ぬかるんで泥水が跳ねる  歩き慣れた道を 懐かしく思うけど 振り返る選択肢はもう無い  泣き叫んだ 感情に惑わされて 後悔を晴らした 自分を特別に思えはしなくても 輝く権利を掴み取るから  そう もがくこの想いは 絆されていた 僕の背中押した 変わっていく事恐れる隙間はない  もう 諦めないでいて 夢を見ていた夜に 手を伸ばした 誰もが抱く不安は 未来を想像する 遠くで僅かに瞬いた 光へ  いつの日かの足跡 忘れられない軌跡だ どこまで行けるか分からないけれど 今響き合う声 信じて  さあ この雲を割って 走り続けた 憧れの世界へ 微かに高鳴る鼓動が 聴こえたなら  何度でも 抗って 探し続けた まだ旅は終わらない 自分で自分を誇れる 正しさ追いかけて 行き先見失って気付いた 光へ 遠くで僅かに煌めいた 光へ
エンダーエンダー 新曲北上麗花(平山笑美)、ロコ(中村温姫)、伊吹翼(Machico)、箱崎星梨花(麻倉もも)、舞浜歩(戸田めぐみ) 新曲北上麗花(平山笑美)、ロコ(中村温姫)、伊吹翼(Machico)、箱崎星梨花(麻倉もも)、舞浜歩(戸田めぐみ)重永亮介重永亮介重永亮介酸欠で震える指先 (◯か×か 白か黒か) 鮮血は思ってたより熱いのね  大層な幸福論掲げたもん勝ち 蹴落とした先で道化が笑う  生命が擦り切れるまで 救済措置はない 選択肢は延命か粉砕か 探り合うサブリミナル 犯行声明 ゲートを越えたら絶望グリーティング 本能で勝負 さぁどっちがサバイバー  運命論網羅して リードして進めたフェーズ ドロップアウトは認めない シノピアのフィールド  このインビテーションは 受けるべきか? メランコリーなメリーゴーランド  限界が訪れたって 救済措置はない 迫る棘は絶対絶命か? 凄惨な現実の先 夢は待ってる? ゲートを越えたらエンドレスゲーム 嘘吐きが正義 さぁどっちがサバイバー  永劫 立てなくなるまで 追いかけるカノン ダウトだらけの 日常壊したかっただけ  エンドロールの先には誰が立ってる 終着点はもうすぐ 探り合うサブリミナル 犯行声明 ゲートを越えたら絶望グリーティング 本能で勝負 さぁどっちがサバイバー まだ生きてたいな
back to back楠木ともり楠木ともり楠木ともり楠木ともり重永亮介今日も泥だらけ 誰かのために傷ついて 平気だって笑う  何が間違いか 悩み続ける優しさが 剥き出しのままで  (大丈夫)嘘つくなよ (大丈夫)痛いくせに (大丈夫)震えてるの (大丈夫)知ってるから  君はいつも隠してる 涙なんか見せない 僕と君だけの 秘密にしようか  ここにいてほしいんだ 無力なんかじゃないさ 君の背中がいい 立ち上がるために  今日も傷だらけ 認められない悔しさも 力だって笑う  (大丈夫)嘘つくなよ (大丈夫)限界なくせに (大丈夫)倒れそうなら (大丈夫)いっそ死んだふり  君はいつも耐えてる 諦めることはない 僕の手を握って ひとりにしないよ  ここにいてほしいんだ 逃げるときも一緒さ 君の背中がいい 立ち向かうために  何もかも辞めたら 幸せだと思ってた 教えてくれた君が 懐かしくて泣きそうだ すぐに駆けつけてほしいんだ  ヒーローなんて孤独だ 誰も君を知らない それでも世界に いなくちゃいけない  そばにいてほしいんだ 無力なんかじゃないさ 君の背中がいい 立ち上がるために
アンバランス博衣こより博衣こより重永亮介重永亮介重永亮介ハロー×バイバイはいつもセット 手を伸ばしたら遠ざかって 引き攣った顔を戻して モヤモヤ消化エンドレス  近付かれたら離れたくなって 頼らなくても平気なんです ちょっと待って誰も頷かない これじゃお手上げ状態  笑顔作れば色めき立って きっと惹かれあうはずの法則 なんで?響かない  難解過ぎる愛の方程式 焦って曖昧な答え出す必要はない 理解できない性質だって 不安定も歓迎 片足で立って アンバランスが僕の証明  笑えない ぐちゃぐちゃな感情の正体? 持ち帰って膨れ上がる後悔 真面目さ故バカみるってなに? これじゃお手上げ状態  ほんとはそれほど強くないから 平気じゃない大丈夫じゃない なんで?言えない  正解ない愛の方程式 振り回されて消耗してもナンセンス 反発したいわけじゃない わかってるのに肝心なとこで アンバランスな僕の性根  明快だ 感情の実態 本当の愛知りたくて 無理矢理でも側に来て  難解過ぎる愛の方程式 焦って曖昧な答え出す必要はない 理解できない性質だって 不安定も歓迎 片足で立って 支えていてよ 僕の正体 アンバランスが僕の証明
幻想恋慕ClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介深い眠りの底でみた幼い夢は ただ幸せの淡い色した記憶  どこへ向かえばいいのかわからなくなって 暮れていく日は音を連れ去っていった  揺れ動く蜃気楼捕まえて  愛を乗せた言の葉の調べ 影がそっと繋いだ足跡 声よ涙する君に届け 儚げに踊る陽は尊い  会えない日々は無限の闇のように深く 募る想いをひとつひとつ織っていた  羽ばたく鳥は何よりも自由にみえて 空を見上げる度に心擦り減った  なみだ雨流しても変わらなくて  過去のあやまち許されるなら どうか時の流れを速めて 声よ空を越え君に届け 再会を願う日々は遠い  あまねく流れる 川の最果てを見つめ 星彩追いかけて 歩き続けた  揺れ動く蜃気楼捕まえて  愛の方舟は時を越えて 交差した幻想が現る 誰の手にも届かない場所へ 繋がった星はもう離れない 寄り添って咲く星は尊い
ふぉりらClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介I just fall in love with you. 背伸びして特別なMake up. I just fall in love with you. 甘い世界知りたくてWake up.  何千回 頭の中シミュレーションした会話なのに 3.2.1 勢いだけ 走り出した恋からまわり  教えて欲しい両想いの製法 絶対成功のセリフでいこう 君の好みに寄り添ってtake off.  言えるわけないじゃない 頭は君でいっぱい 告白同然な態度もなんで気付かないの?!  好きじゃない好きじゃないでもやっぱり好き 私じゃダメな理由なんて一つもないでしょ 好きじゃない好きじゃないでもやっぱり好き 知りたい触れたい妄想が今日も 爆発しちゃうよ  I just fall in love with you. エンドレスなハートビート I just fall in love with you. 淡い想い言えるまでHold on.  もったいない 会話は終了 たまに来るチャンスは一瞬なんです なんちゃって横目で見る あの娘との接触気になる  ピュアも誠実も関係ないね 友情 乗り越える境界線 現状 変われる気はしないね  聴き耳立ててばっかり 混ざりたい、イヤ、邪魔したい 明らかに不機嫌なのになんで気付かないの?!  好きなの?好きでしょ?ほらやっぱり好き ポジティブorネガティヴハート いい加減にして 好きなの?好きでしょ?ほらやっぱり好き トキメキジェラシー問題外 もう身が持たないのよ  会いたい夜は平行線 会えない夜の臨界点 頭からつま先まで君で溢れてる あーふぉりらふぉりら  好きかも?好きかな、うんやっぱり好き 明日も会えるってだけで胸が躍るから 好きだな好きだよ、そう絶対好き 越えてはいけない一線をもう踏み越えていくよ 知りたい触れたい妄想が今日も爆発しちゃうよ  I just fall in love with you. エンドレスなハートビート I just fall in love with you. 会いたい伝えたいもっと
私の物語スピラ・スピカスピラ・スピカ幹葉重永亮介重永亮介空を飛べる魔法は 呆気なく消えてしまった いつかのおとぎ話とは 程遠い現実  初めからそうだよ 羽なんて持ってなかった だからただひたすらに走ってきた  もう諦めた方が楽になれるのかな あぁ それでもまだ 私は  何度だって 夢を見て 追いかけて その度 傷付いて ぐしゃぐしゃになってさ 格好もつかないけど 食いしばって 顔上げて 涙よ希望となれ 終わらない 終わらせない 私の物語  筋書きにないことばかりで 転んでも 立ち上がって来られたのは 何故だろう  あぁ 果てない空 未来に想いを馳せた そう 皆と行けたなら  回り道を 繰り返して 振り返って 確かなものに気付く 刻まれてたのは たくさんの足跡 一人だって 独りじゃない 君にも見てて欲しい 魔法なんかなくても 叶えてみせるから  一つ一つの奇跡が 継ぎ接ぎの翼となって 背中を優しく押した きっと飛べる 今なら そんな気がするよ  あぁ 何度だって 何度だって どんなに暗い道でも 生きている限り 明日はやってくるから  夢を見て 追いかけて 希望の光になれ 夜空に舞い降りる オーロラを目指して  さぁ 次のページをめくろう 私の物語
Dawning Angelsfine-Ofine-Oこだまさおり重永亮介重永亮介Dawn…, Rise…, Again…, Wake Up!!  星を遠く仰ぎ見た子供の瞳で 描く夢はいつだって純粋なフレスコ  さあ再び目映い稜線の先へ 対の翼で飛び立とう  空想よりも鮮烈に 復活に沸く鐘の音よ 希望の歌となれ あの日分けた旋律が 奏で得たイニシエイション 次の楽章は (Symphonic) 愛を指すGod-spell (Sympathetic) 鳴り響き この地に光をもたらすだろう  (Dawn and Rise) 零れ落ちた (Dawn and Rise) 運命から (Do realize) 取り戻した (Do realize) God's revelation!  傷ついた片翼を重ね合わせ もっと高みを目指すため  淘汰される現実に 絶対的な情熱で 共に進んで行く 一方的な幻想は 平衡を奪ってしまう もう繰り返さないさ (Symphonic) 包み込むGod-spell (Sympathetic) 鳴り響く 新世界の夜明けを歌おう  封じ合った感情から 育ち芽吹いた何かが 今なら 正しく 伝えられるはずさ  空想よりも鮮烈に 復活に沸く鐘の音よ 希望の歌となれ あの日分けた旋律が 奏で得たイニシエイション 次の楽章は (Symphonic) 愛を指すGod-spell (Sympathetic) 鳴り響き この地に光をもたらすだろう  新世界の夜明けを歌おう
No Voice, No LiveASCAASCAASCAASCA・重永亮介重永亮介もう辞めよう もう辞めよう ここが限界です  どうせ無理 どうせ無理 最近の口癖です  でも 負けたくない 負けたくない 最後にはいつも  どうせじゃない どうせじゃない 心は息をしてる  歌うしか無くて それしか出来なくて もうどこにも戻れなくて  大丈夫だって 言い聞かせて ここまで来たんだよ  戦って戦って生き抜いた先で あなたの声を聞かせて欲しい 繋がって繋がって今ここに居るよ 私の声を何度でもこれからも いつまでも響かせていく  自信なんてものは誰一人持ってなくて 生きる意味なんてのも無くて良いんだよ 好きなものを好きと言い続ける覚悟 それさえあれば生きていけるから  本当は泣きたくて 泣けなかった夜も 今から 抱きしめてあげよう 与えてばかりで 甘えられなかった 自分を愛してあげよう 許してよ 信じてよ 側にいるから  戦って戦って生き抜いた先で あなたの声を聞かせて欲しい  繋がって繋がって今ここに居るよ 私の声を何度でもこれからも いつまでも響かせていく 愛すから愛してて いつまでも側にいるから
最響未来ファンファーレスピラ・スピカスピラ・スピカ幹葉YUUKI SANO・重永亮介重永亮介Woh oh woh oh, Woh oh woh oh Woh oh woh oh...  覚えてる? 小さく幼いあの日に 心灯す 生まれたての夢  がむしゃらに紡いだ これまでの日々が 優しい瞳(め)で 微笑んでいるから  (Woh oh oh) 一度きりの (Woh oh oh) 今日この日を (Woh oh oh) 未来に向け描き出せ この空に  Go for it!! 僕らは今ひとつになる 上げた手と声が重なるオーケストラ Only you 君しかできないことがある 名もなきあの日の夢が想い乗せ羽ばたく そう、どこまでも高く  この場所で それぞれ流した涙と咲いた笑顔 交わっていくけど  (Woh oh oh) 同じ星を (Woh oh oh) 背負う僕ら (Woh oh oh) 向かう先は決まってる 真っ直ぐに  Go for it! 分厚い雲 突き破って サックスブルーに鳴り響くファンファーレ Only you 君なら必ずやれるさ どんなときだって信じてるから  輝く思い出に 負けないくらいの 最強の未来 作り上げよう  Woh oh woh oh, Woh oh woh oh Woh oh woh oh...  さぁ 決定的瞬間を  Go for it!! 僕らは今ひとつになる 上げた手と声が響き合うオーケストラ Only you 君しかできないことがある 名もなきあの日の夢よ 僕らの想い乗せ羽ばたけ 眩しい光浴びて 高く  そう、どこまでも高く
春凪舞乃空舞乃空重永亮介重永亮介重永亮介元気でいて下さい 胸を張って帰るから  もうすぐ離れる 街をまだ冷たい風が包む 両手塞ぐほど 持たせてくれた愛を掲げ  夢をみる それだけじゃ 困らせるばかりだね 「最後くらい」『最後じゃない』 いつでも帰っておいで  春凪を往く 移ろう景色は涙色 素直になれず 言えなかったありがとう  元気でいて下さい 胸を張って帰るから  ケンカして塞いだり 良い子じゃなかったよね 愛された思い出が 溢れ出して止まらない  春凪を往く 抱きしめてくれてありがとう いくつになっても あなたの子供だから  元気でいて下さい 胸を張って帰るから  もうここでいいよ 改札を抜けなくても 発車のベルが響く 涙声でいってきます  見えなくなるまで ふり続けてくれた手 どんな時でも その温もりを忘れないよ  春凪を往く 抱きしめてくれてありがとう いくつになっても あなたの子供だから  元気でいて下さい 胸を張って帰るから 元気でいて下さい 胸を張って帰るから
WHITE BREATHClariSClariS井上秋緒浅倉大介重永亮介凍えそうな 季節に君は 愛を どーこー云うの?  そんなん どーだっていいから 冬のせいにして 暖め合おう  TVを消し忘れ 孤独さえもド忘れで 乾燥した時間に ノドを痛めてる  AM0:00解禁で 見られる明日のビジョンは 大事なトコに来て モザイクがかかる  ウカツな僕の せつなさを中に出させて  凍えそうな 季節に君は 愛を どーこー云うの?  そんなん どーだっていいから 冬のせいにして 暖め合おう  自由なフリしても 気がつきゃ乗ってるんでしょ 動く歩道の上 足元ご注意  タランティーノぐらい レンタルしとかなきゃなんて 殴られた記憶も ロクにない癖に  敬語を無視する 今時の強さください  雪吹雪く 山小屋(ロッジ)にふたり… 妄想に 憧れて  そーすりゃ 本音四の五の 追求しなくても 交われるでしょう  こんな寒い 時代に僕が 何を どーこーできる?  そんなん どーだっていいよと 云えない君と 淋しさ舐め合うけど  わがままも 消えそうな夜は 愛が 誰かを呼ぶの?  まして なんも持たずに 歩く僕だから 暖めさせて
EVIL藍井エイル藍井エイル唐沢美帆重永亮介重永亮介一人だけで 生きていける 私は強い、と。 言い聞かせた 永遠の隙間で 君が笑った  流れ星はどこまで 身を焦がして流れていくの 願いだけ連れたまま 置いていかないでよ  後悔や失望は絶望の味 得体の知れない化け物が 心に棲みついてる  何を切り裂くべき ずる賢い敵は 言い訳を並べて襲いかかる 傷む傷跡は逃げることに慣れた あの日の私の面影 許されるなら やり直せるのなら 立ち向かう者でありたい 痛いくらい辛い未来 今で超えていけ  届きそうな気がした あの日の星 優しい光 どれだけ遠ざかったか 手を伸ばしてみるの  栄光や成功に性懲りも無く 価値を与えたがる世界 もう先手は取らせない  誰に打ち勝つべき 並べ立てた言葉 胸に向け刃を振り下ろす 剥き出しにされた脆弱な鼓動 無防備な私の魂 変われるのなら 素直になれるなら もう一度君を守りたい 怖いくらい青い願い 夢を掲げていけ  ここに 生まれた意味や 死ねない理由 それらが在るのなら 私は私と向き合わなきゃ いけないのだと思う 失ったまま 生きてなどいられない  何を切り裂くべき ずる賢い敵は 言い訳を並べて襲いかかる 傷む傷跡は逃げることに慣れた あの日の私の面影 許されるなら やり直せるのなら 立ち向かう者でありたい 痛いくらい辛い未来 今で超えていけ  怖いくらい青い願い 夢を掲げていけ
ぎゅっと ずっとスピラ・スピカスピラ・スピカ幹葉重永亮介重永亮介午後の日差し 雨粒 キラキラ 今日は何かいいことあるかも お気に入りの服に着がえ あなたのまちにおじゃまします  待ち合わせは いつでも ドキドキ 水たまりに映るふたりの 足取りは軽くご機嫌 続いていく道を歩いて行こう  ぎゅっと つながった手と手を ずっと はなさないでいて リラックス 心 ぽっかぽっか ひとりじゃないよ そばにいるよ ちょっと 元気がないときは ほっと 一息 ごゆるり♪ おやつ 仲良く分け合って くだらないことで笑い合って  ありふれた日常だけど すべてが宝物なのよ モヤモヤの雲 飛び越えて 今夜は星が見えそうだよ  小鳥達の さえずり チュンチュン 楽しそうにゆらり揺れてる つられて思わず寄り道 みんなで一緒にアンサンブル  はいチーズで 記念に パシャパシャ レンズ越しに写る景色は はじめて出会うものばかり 素敵な思い出 増やしていこう  ぎゅっと つながった手と手を ずっと はなさないでいて リラックス 心 ぽっかぽっか ひとりじゃないよ そばにいるよ ちょっと 頑張りすぎた日は ホットケーキでも焼いて 好きなだけハチミツかけて あまいしあわせに包まれよう  もしも涙がこぼれ落ちたら かくさないでいて 笑顔 また咲くまで 付き合うから  ぎゅっと つながった手と手を ずっと はなさないでいて リラックス 心 ぽっかぽっか ひとりじゃないよ そばにいるよ ちょっと 元気がないときは ほっと 一息 ごゆるり♪ おやつ 仲良く分け合って くだらないことで笑い合って  ありふれた日常だけど すべてが宝物なのよ ふわふわな雲に飛び乗って 明日もあなたといたいな
ALIVEGOLD LYLICClariSGOLD LYLICClariS重永亮介重永亮介重永亮介願った 勇敢な選択の 未来を今照らしてく  利己的な感情 ぶつけあっちゃ(まだ)見えないね 逃げて来た分の距離を埋める(ほら)旅に出よう  最果てなんて 見られなくても 命を燃やして今を生きていくだけだから  願った 存在の証明を 声を震わせ続けて 振りかざしてきたから 後悔は要らない 手を取り合って(暗い過去だって) 受け止めて進んでいく 示された答え選ぶより 新しい夢を目指すから(ずっと) 眩しい道を歩いていこう  リスクを秘めた道にだって(きっと)夢はある 二人しかない可能性を(ほら)見つけよう  最果てよりも 今を見つめて どんな結末もまだ変えていけるはずだから  誓った 存在の証明を 一人で見てきた空も 無駄じゃないと知ったから 簡単じゃなくていい 手を取り合って(遠い未来だって) 受け止めて進んでいく 示された答え選ぶより 眩しい道を歩いていこう  不甲斐なくて泣いた 冷たい風の夜 ただ強くなりたいと願った  存在の証明を 声を震わせ続けて 振りかざしてきたから 後悔は要らない 手を取り合って(暗い過去だって) 受け止めて進んでいく 示された答え選ぶより 新しい夢を目指すから(ずっと) 眩しい道を歩いていこう
パーフェクトゲーム永吉昴(斉藤佑圭)永吉昴(斉藤佑圭)重永亮介重永亮介重永亮介秘密基地に置きっぱなしてきた 宝の地図はまだあるかな? 幼い頃に集めた妄想を さらけ出すなんてちょっと照れちゃうな  ポケットのスミ 勇気握り締めた 要するに覚悟は出来た 大事な夢と 揺るぎないプライド もう準備はOK  白か黒かはっきりしようぜ 一筋描いてく放物線 「誰も取れるわけない」 呆れながら笑う そんな願いでも追うよ  傷跡だらけになったって 涙で目蓋を腫らしたって 構わない 目指すのはパーフェクトゲーム 喚び起こせキセキ  枯れた喉を潤していたら 夕焼けがもう近づいていた 張り切り過ぎて割れたガラスに 映った空を見上げてたんだ  一番星を 両手で捕まえた 要するに覚悟は出来た 静かな道で 燃え上がる感情 もう準備はOK  本能通りに動こうぜ 負けたって何度だって再戦 なんのアドバンテージもないくらい わかってる そんな願いでも追うよ  雨で足跡が消えたって 期待通りにいかなくたって 構わない 目指すのはパーフェクトゲーム 掴み取れキセキ  いつだってイメージし続ける その瞬間 大きな歓声を貫く 俺のアンサー  白か黒かはっきりしようぜ 一筋描いてく放物線 「誰も取れるわけない」 呆れながら笑う そんな願いでも追うよ  傷跡だらけになったって 涙で目蓋を腫らしたって 構わない 目指すのはパーフェクトゲーム 喚び起こせキセキ  勝つんだ 夢に見たパーフェクトゲーム 掴み取れキセキ
新世界ビーナスClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介夢中になれないストーリーは この際にバイバイ(バイバイ) やっぱもっと煌めく世界を 私は生きてたいよ  未開領域 躊躇してるようじゃダメ 予想外のシチュエーション 君に見せたいな  私は未来製で新世界のビーナス I hope to see you 時計の針追い越して  柄じゃないくらいに いじらしく夢馳せて can't stop my love 君に会えないのは嫌だよ  一人じゃ歩けないストーリー これ程アメイジン(アメイジン) もっとずっと輝く世界を 近くで感じたいよ  会えない時間 寂しがってちゃNo, no 予定外のインビテーション 君に届けたい  夢見た未来系で新世界のビーナス I want to Hug you メランコリー乗り越えて  誰にも負けたくない 秘密の関係値 can't stop my love 君に会えないのは嫌だよ  未開領域 踏み込んでみたくて ありえない程のエモーション 君とずっと感じていたいから  私は未来製で新世界のビーナス I hope to see you 時計の針追い越して  柄じゃないくらいに いじらしく夢馳せて can't stop my love 君に会えないのは嫌だよ  誰にも負けたくない 秘密の関係値 can't stop my love 不器用な性格も 君に会えればそれでいいか  目まぐるしい世界も 君に会えればそれでいいか
夏のキセキスピラ・スピカスピラ・スピカ幹葉・重永亮介重永亮介重永亮介最低だ僕は 心にもない言葉 投げつけた背中をただ 見送ってしまった  日差しから逃げて だらんと落とした手 アスファルトに置いて ぬるくなってくサイダー  誰よりもその夢を 叶えて欲しいから 感情のボタンを全部押してしまってた 僕ら見てきた空は蜃気楼なんかじゃない どこにだってそう行けるさ Yeah yeah yeah! (Yeah yeah yeah!)  立ち上がれ やれるはずさ 熱い眼差し震わせ 掛けたプライドは絶対成功 さぁ手を取り合ったら 次のステージへ その時きっとキセキは起きる 負けるな!  憧れていた 光に満ちた世界 ゼロのまま一緒に飛び込んだあの日のこと  始めたきっかけなんて それぞれに違うから 僕ら出会った頃はまだ どこかぎこちなくて 勝った日のアイスの味 負けた後の帰り道が 宝物になっていった Yeah yeah yeah!  掴み取れ やれるはずさ 持てる力の全てをぶつけて挑むよ頂上決戦 あぁ息が合う瞬間 笑みがこぼれた 僕らはもっと強くなるんだ ここから  肩を並べていたかった 一人になりたくなかった 負けたまま置いてかれるみたいで 夕暮れ冷めた風を切って 空港道路を駆け抜けて あと一つ キミに伝えにいかなくちゃ  たくさんの日々を重ね 築き上げた軌跡は二度と壊れはしないから さぁ手を取り合ったら 次のステージへ キミとだから夢に逢えたんだ ありがとう キセキは起きる 負けるな!  息を切らして キミの名前叫んだ この夏のキセキをずっと忘れない
サークルフィッシュスピラ・スピカスピラ・スピカ幹葉重永亮介重永亮介荒れ狂う波越え どんな寒さも耐え抜いてきました 一貫した願い 運命の人 君に出会うために  上質 脂 乗っちゃって 旨&甘み いい感じ きっと選んでもらえるわ  まわれ まわれ まわれ くるくるまわって 君のもとへ 急げ 恋はナマモノなの 魚 ピチピッチ 鮮度が命 まわれ まわれ まわれ くるくるまわって 君のもとへ ビビッと来たなら今すぐ さぁ お手に取ってちょうだい 私 今が食べ頃よ  (へい!)  あわわ 泡 何事 脱線に追突に横転ですか!? “すし詰め”状態 トロトロしてる時間なんてないのに  高速レーン 乗っちゃって 全部すっ飛ばせたなら... カレイなダイブ決めタイわ  まわれ まわれ まわれ くるくるまわって 君のもとへ 希少 高級 よその子に 魚 目移りしないでお願い まわれ まわれ まわれ くるくるまわって 君のもとへ 私だけ見てほしいのよ ねぇ お持ち帰りも OK どうぞ好きに召し上がれ  フィーリング タイミング ハプニング フィーリング タイミング ハプニング  ツンとくるような 大人の刺激 思わず なみだ しちゃったりしてさ  恋の炎で 炙られてく想い 少しの焦げは ご愛嬌  まわれ まわれ まわれ くるくるまわって 君のもとへ 急げ 恋はナマモノなの 魚 ピチピッチ 鮮度が命 まわれ まわれ まわれ くるくるまわって 君のもとへ ビビッと来たなら今すぐ さぁ お手に取ってちょうだい 私 今が食べ頃よ  (はっ!)  ご賞味あれ いっちょうあがり!  (へい!)
なんてね、バカ。スピラ・スピカスピラ・スピカ大塚紗英大塚紗英重永亮介夜半凪に流るるは火花か星屑か 『幻は幻だ』とでも云うかのように どうぞ勝手に幸せに なんてね、バカ。...嘘だよ  八月 三十一日 街は賑わい 何故か少し 寂しい この気持ちの最果てを探した[探しているの] 友達以上、恋人未満。 どこにも当てはまらなかった 当てはまらなくてもよかった そばにいられたならよかった そばにいたかったの  赤、青、ピンク 花火が散るのを 私は部屋から ひとり眺めているの 君は 何しているかな、 悲しいな 悔しいな 好きなんだな。  バカ!もう知らない。 君なんか好きじゃない 好きじゃない、好きじゃない、 って言い聞かせているだけだ 思い出にキスして 抱き締めてよ なんてね、バカ。  八月 三十一日 ハナビラ舞い、約束を焼いていく 君が来るはずだった部屋から[眺めているの]  バカ。 「ごめんね、気になる人できた なんとなく言わなきゃいけない気がしたんだ」 そっか 気付いていたんだな、 私の気持ちを知っていたんだ  教えて 好きな子、誰なの? 問い詰めてしまいそうだったの ぎゅって握り締めたの ねえ 私の方が 近かったのに 想っていたのに 好きなのに  赤、青、ピンク 花火が散るのを 私は部屋から ひとり眺めているの 涙、止まらないな 悲しいな 悔しいな 好きなんだな。  さあ、終わりだ 長い長い片想いは 私はこれから新しく出逢う誰かと 恋したりするよ 引き留めてよ... なんてね、バカ。  戻れないほど、綺麗。 会いたい...バカ どうぞ勝手に幸せに なんてね、バカ。 
narrow楠木ともり楠木ともり楠木ともり楠木ともり重永亮介ポッケに全てを隠して みんなが早足で帰る 一度止まってくれたら その耳開けてくれたら いや、僕の歌は街を灯せない  あたたかさも やさしさも 寂しく笑う君に聴いてほしくて溢れてた はじめての言葉だったんだ  ここじゃ星は見えないよ 目を閉じても はるか遠く ネオンが僕を起こしにくる 歌う理由を知らない僕に 何度も見せてくれた イヤホン外す仕草 もう見れない もう届かない  どっかに忘れてきたんだ 鼓膜あたためる衝動 もう一度灯ってくれたら この手溶かしてくれたら いや、君の前じゃいつも震える  最後の曲 終わるけど 明日もここで歌うよ 聴いてくれるその夜まで 季節外れの歌になっても  ここじゃ星は見えないよ 目を閉じても はるか遠く 電車が僕を遮るけど 響く言葉を知らない僕に 何度も聞こえるように 赤い手を叩いた もう聞けない もう届かない  喉がしまって声がつまる 雪が降り出してくれたら早足で帰るのに この狭い空は嫌いだけど 君への贈り物を託してみる ここで星に歌うから 目を開いて はるか遠く ネオンが僕を照らしたあと  歌う理由を知らない僕に 何度も見せてくれた イヤホン外す仕草 もう見なくていいように  もう見なくていいように
祝祭=LOVE=LOVE指原莉乃重永亮介重永亮介目覚めはいかがです?Lady ブランチは甘いパンプディング お客様が見えました 新調したドレスを…  大きな花束はいらない そう ここで捨てて 太陽の光を 浴びたら 今が オープニング  貴腐ワイン 一口でどうぞ 甘い味 溶ろけ 転がって Appetizer 何もいらないわ 背徳は いかが?  ようこそ 我が城へ (Please come in) 誰も知らないでしょう (Take your time) 仰せのままに I protect you 永遠を誓う どうぞ 怖がらないで (Start to think) 少しずつ 愛を飲んで (Gave to you) 崖の前 立つ 貴方に 触れたならば 棘を抜いたバラじゃ物足りないのよ パーティーは これから  しなやかに 始めよう 恥じない モーション 手を取り 握って 乱舞 スローモーション 強か 華やか 艶(あで)やかに 誰にも見られず 輪舞曲(ロンド)  貴方を護るため このシャツを汚しましょう メインディッシュの時間 下拵えは 秘密の味  どろどろと じっくり煮込んで 丁寧に 灰汁を取り出して Ah お口に 合いますように…と 心 込めました  その手 穢さない Crisis (Think of you) そこで 見守って インシデント (Can't stop it) 心のままに I promise you 永遠になって それは映画のようで (Like a dream) 絵画にも近い アクション (I'll show you) 崖の下 眠る 貴方 見下ろしたら バラは世界に一本だけでいいの このまま I'm your knight  リスキーなリリカルと 狂うような旋律 賛美と憎悪の渦で 美しく踊ろう  ようこそ 我が城へ (Please come in) 誰も知らないでしょう (Take your time) 仰せのままに I protect you 永遠を誓う どうぞ 怖がらないで (Start to think) 少しずつ 愛を飲んで (Gave to you) 崖の前 立つ 貴方に 触れたならば 棘を抜いたバラじゃ物足りないのよ  パーティーはここまで もう 永遠に さようなら
誰そ彼海蔵亮太海蔵亮太重永亮介・加藤哉子重永亮介重永亮介泪流さないでくれよ 強がり隠せなくなるからさ 何も言えず繋ぐ手と手 温もりを手繰り寄せてた  時が訪れちゃう事に どれだけ痛みを感じただろう 割り切れる程 そんな容易い 想い出重ねてない  言葉にできない想い溢れ止まないよ ほどけた手を小さく振る君が遠くなっていく 愛して愛して いつもみたいに笑って もどかしい程 悔しい程 この心 すべて君だった  額押し当てた窓に ため息何度も拭っても 流れてゆく景色 君の面影増すばかりで  言いかけた「さようなら。」はポケットの奥詰め込んで 「またね。」しか言えなかった 僕は意気地無しだね  逢いたい気持ちが今も溢れ止まないよ 淋しがりな僕の胸が 君を捜し続ける 愛して愛して いつもみたいに呼ばせて 情けない程 どんな時も この心 すべて君だった  茜に染まってく 誰そ彼の街も 風に吹かれて僕の影が伸びてゆくよ 一番星見上げて 君の幸せ願ってる  言葉にできない想い溢れ止まないよ ほどけた手はそれぞれの未来手探り始める 愛して愛して ありふれた日々さえも もどかしい程 悔しい程 この心 すべて君だった  愛して
空を飛んでみよう22/722/7秋元康中谷信行重永亮介翼はなくても 僕らはホントは飛べるかも 自分の力に問いかけるように やってみるしかない  誰もが知ってる 僕らは人間で 大空を駆け巡る あの鳥と違うこと… だからか誰一人 両手 広げて 飛ぼうとした者など 今までいなかった  どうして決めつけてしまうんだろう 歩くことしかできないなんて ちょっと待て まだ誰も試していないだけじゃないか もしかしたら…  僕らの背中に 翼は生えてないけど それだけのことで諦めていいのか? 飛べるわけがない 思い込んでいるだけで 見えない力があるかもしれない 空を飛んでみよう  憧れてたんだ (鳥のように) どこへでも行ける (自由に) ないものねだりだって (どこかで) 見ないふりしてた (青空)  いつから聞き分けよくなったんだ? できないことがあってもいい… 言い訳さ 泳ごうと海に飛び込んだ鳥はいないか? 一羽くらい…  飛べないことはない 勘違いしてみようぜ 自分を信じるチャンスを与えろ! 希望とは誤解だ  何度目だろう 失敗したのは… 無様な姿 みんなに笑われて 強くなる  僕らの背中に 翼は生えてないけど それだけのことで諦めていいのか? 飛べるわけがない 思い込んでいるだけで 見えない力があるかもしれない 空を飛んでみよう  真実は未来だ
Forced Shutdown楠木ともり楠木ともり楠木ともり楠木ともり重永亮介もうきっと取り返せないのだろう 伝えたかったことは伝わらないまま 声に巻かれ 嘘を刺すようになる  濡れた睫毛に透かして 何を見て微笑んだの 無理して上げたアイライン 溶けて愛が頬を走る  君が笑ってくれればそれでよかったのに いつか消えゆく記憶止まりでよかったのに 私はいつ君を傷つけたの? そう、私はもう歌えないね  もうきっと取り返せないのだろう 歌いたかったことは歌われないまま 蜂に刺され 腫れは素顔隠した  隙間見つけて囁く 君も僕も同じと 無理して閉めた窓も 叩き割られちゃ意味がない  君が笑ってくれればそれでよかったのに 思いもしない言葉 伝えたくなかったのに 私がいつ君を愛していたかも そう、君にはもう届かないから  何もうまくいかないのは 溢れ出るものが曖昧で それでいて悲しい理由は ビビットで目蓋も閉じていく  君の不細工な色眼鏡 外して踏みつけて粉々にしたい  君が笑ってくれればそれでよかったのに いつか消えゆく記憶止まりでよかったのに 私はいつ君を傷つけたの そう、私はもう笑えないのね
BraveClariSClariSClariS秋葉広大(LIVE LAB.)重永亮介変わらない日々は何よりも幸せ 君だけいない それだけで壊れるから 踏み出していた道 余計と言われても 後悔なんて 絶対したくない  どんな時も自分は騙せなくて 選択肢はいつも“Yes”だけだ (All I have is“now”)  だから いつだって 間違って どれだけ傷抱えても その笑顔を守るため 僕は僕を捧げる 無理だって 無茶だって ずっと君の側にいて 願い続けているよ 最期まで 君の手は離さないから  もし違う道を辿っていたとしても 必ず君を見つけてしまうんだろう 偽りの言葉で 本当の気持ちを 塗り固めて 隠そうとしないで  空っぽな笑顔の隙間から 本当の君を見つけ出すよ (I can't let it go)  たとえ つまづいて 諦めて その心を閉ざしても 君が何を願うのか 僕にだけは見えてる 逃げないで 向き合って 望む景色を見に行こう 変えられないもの きっと1つもない 僕の手は離さないでね  この星で巡り会えた軌跡 今だけは“No”と言わせないよ  だから いつだって 間違って ゼロには戻れなくても 願う明日に出会うため 僕ら今日を生きてく 過去だって 今だって それも全部受けとめて 走り続けていくよ どこまでも 君となら越えて行けるさ
恋待かぐやClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介奇想天外 勘違い まだ照れくさくて 夢見て恋して 変わらないかな  籠の中の時は虚ろ 逃げ出せないわけじゃなくて 眠たくなる消えそうになる ここから連れ出してよ  滑り落ちた月の雫 手を伸ばして握りしめていた 懐古的なのは趣味じゃない 未だ見ぬ恋に想い馳せ いつのまにか決められてた 物語の結末を変えて あの雲を飛び越えて 夢見る私を ほら見つけ出して  期待通りにいかない 夜にしたためた 未読の文書がかわいそうだわ  似合ってないかんざし取って 振り払ったすだれの向こう 鳴り止まない鼓動が痛い ここから連れ出してよ  掴んでいた月の雫 手を放して光を纏った 動きづらい帯は要らない 未だ見ぬ感情知りたくて いつのまにか決められてた 物語の結末を変えて あの雲を飛び越えて 夢見る私の 想いに気付いて  ぼんやり浮かんだ月がまどろむ 縁歩く兎も落ちてしまうよ 冷たい窓越しでは届かない 想いに気付いたの  溢れ出した月の雫 消えないように照らし続けるよ 懐古的なのは趣味じゃない 叶わぬ恋と言わないで! いつのまにか決められてた 物語の結末を変えて あの雲を飛び越えて 夢見る私の 気持ち受け止めて  あの雲を飛び越えて 夢見る私を ほら見つけ出して
僕だけに見える星麻倉もも麻倉ももKaoli Inatome重永亮介重永亮介眩しい太陽の下では 自分がとてもちっぽけに思えてた ワケもなく胸が苦しくて 机についてる傷を塗りつぶした  焦る気持ちの答え探して 駆け上がってたどり着いた場所 開かないはずの扉 君と出会った屋上で 見つけたよ  いつものようにそこに君がいるから どんな時も僕のままでいれたんだ 風に揺れてる 君と僕の優しい時間が  いつの間にかいつも心の中で 目を凝らせばまた変わらずに輝く 真昼に見える星 どこまでも広くて青い空に 滲んでた  何も言わずに寝転がって 何もない空ただじっと見てるだけ 同じくらいに覚えている 君の横顔も たまにはしゃぐ声も  大きく息ついて言った 大事な言葉は風が 持って行った  泣かないでの約束 僕の静かな秘密 変わらないでと願ったこと 開かないはずの扉開けて 見つけたものたち 今も僕を守ってくれる場所  いつまででもここに君といたくて 赤く染まる空が終わりを告げても わかっていても寂しくて どこまででも広く続く空が滲んだ  いつかのようにそこに君がいるから どんな時も僕のままでいれるんだ あの日会えた空 もう二度と消えない 僕だけに見える星  思い浮かべればまたいつだって 変わらないまま輝くよ  何も言わずに寝転がって あの頃のようにただ君を 想ってる
ハミダシモノ楠木ともり楠木ともり楠木ともり重永亮介重永亮介際限ない争いの行く先は 本当の僕らの命の価値を見出せるかい?  真っ白で名も無い ラベルを貼られていた 中身なんて無いも同然で 自らをも犠牲に 幸せを願った 君の強さは僕が知っている  ハミダシモノの声よ響け! 震える手を引いて その先へと向かおう 僕が望んだ景色を君に見せるよ 涙に負けた夜を壊せ! 弱さ悔しさも全て力にして 掴め 見せつけろ  咲いていた噂話の香りは 濃厚で後味悪い果実のようだったの  真っ暗で見えない ヒヤリと触れる好意 鏡に写る眼差しは 屈しないと誓った 眩しいほどの強さ 君の笑顔を見守るために  ハミダシモノの声よ届け! 救いの手を信じ 握る君の想いを 僕は決して無駄にしない 約束するよ 窮屈な居場所など壊せ! 思わず零れた 孤独にも肯いて 自分を貫け 取り残された想い出は 色を失い 崩れていく 傷にもなれず 誰も知らないままに  ハミダシモノの声よ響け! 震える手を引いて その先へと向かおう 僕が望んだ景色を君に見せるよ 涙に負けた夜を壊せ! 弱さ悔しさも全て力にして またやり直せばいい 掴め 見せつけろ
眺めの空楠木ともり楠木ともり楠木ともり楠木ともり重永亮介ぬるま湯に足首までつかって 1人静かに溶けたいだけなのに 氷ごと水をかけられちゃ 僕は隣(ここ)を歩くしかなくて  蝉の聞こえない裏路地 匂いのしない駄菓子屋も おまえのせいだってわかってんだ 僕の夏を返してよ  あぁ くらくらする きっと暑さのせいじゃない とおい空のせいでもない 「暑いね」なんて 無理な笑み おまえの癖に 嫌気がさしただけなんだ  風になびくブラウス背中だけ 張り付き透ける淡い幻覚色 いつもと違うのは気のせい? 僕は未だ罠に気づかずに  見かけなくなった野良猫 冷たくない無味のスイカ おまえのせいだってわかってんだ 僕の夏を返してよ  あぁ くらくらする きっと暑さのせいじゃない あおい空のせいでもない アイスクリームに かぶりつく横顔にただ 嫌気がさしただけなんだ  ずっと打ち上がらない花火 胸に響いてこない音 おまえのせいだってわかってても 僕の夏を君は捕る  だから  あぁ くらくらして きっと僕だけじゃないだろ ずるい君のせいなんだろ 明るくなった 一瞬の横顔にただ 嫌気がさしただけなんだ  赤みがさしただけなんだ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ロマンロン楠木ともり楠木ともり楠木ともり楠木ともり重永亮介トーキョーは 薄暗い閃光放って 消耗した MPも回復できぬまま 相当な 厄介者の説法聞いて 硬化した モノクロのレム睡眠  まだ僕の夢はヒミツ 永久不可侵領域 君はいつか変わる 大人になるの  ロマンロン 僕の前を過ぎる 子供達のパレードは 不安感 煽るメロディー 離してくれない ロマンロン 口開けたまま 瞳孔開いておいで 浮遊感 悪いことじゃない 街の灯が消える  往々にして 「現実的」が正義で 夢は 妄想と毛嫌いされるだけ 冷凍した 記憶を溶かす時を ひとり 待っている されど 僕は 見たくない  待ってよ 待ってよ 弁明させてよ 待ってよ 待ってよ 苦味さえ美しい あたためてくれる場所  夜景に流す涙は 僕しか知らないな 辛くて汚い毎日 綺麗に洗って  ロマンロン 僕の前を過ぎる 子供達のパレードは 可能性 煽るメロディー 離してくれない ロマンロン 口開けたまま 瞳孔開いておいで 夢幻的 悪いことじゃない 僕の灯よともれ
僕の見る世界、君の見る世界楠木ともり楠木ともり楠木ともり楠木ともり・重永亮介重永亮介可笑しなくらい大きな鞄に 飴玉一個 扉開ける一歩 電車に乗りたい気持ち抑えて 歩いてみたい 景色を見たい  道は間違えてない 時計もずれてない はずだった はずだった なのに  僕の見る世界は伸びきっている 電車の風に吹かれて落ちる涙も 君の見る世界にはいないでしょう? 車窓から覗く 君が、眩しい  ストロボ写真を並べて見るよ 昨日の一枚 今日も撮った一枚 『同じに見えるね』 「わかってないな」 変わってみたい 変わってみせたい  忘れ物はしてない 調子も悪くない はずだった はずだった なのに  僕の見る世界は伸びきっている アスファルト突き破った小さな花も 君の見る世界にはいないでしょう? 車窓から覗く 君が、見えない  星に笑え はるか遠くへ そうだった 僕にしか出来ない旅をしよう きみと  僕の見る世界は伸びきっている 戻そうとしたって畳まれていくだけ 君の見る世界に背を向けるよ 車窓から落ちる 君の声だけ 拾っておくよ
Voice神谷浩史神谷浩史LAZYgunsBRISKYLAZYgunsBRISKY重永亮介(wowwow wowwow)  笑えない日々を 走り続け 手に入れた この "今" 噛みしめて 目を閉じる 限りない道の 真ん中で 出会ってくれた あなたが笑っている それだけで  導かれるように 辿っていく 今を 昨日より 好きになってく そう思える  "Are you ready? Want you to hear me."  この声が届くのなら (wowwow) Sing it now! 声を聴かせて (wowwow) いつだってこの瞬間には 誰よりも強くなれる また走り出せるだろう もっと 遠くまで  (wowwow wowwow)  明日はどうなるか 否定はあるか 震えてた この胸 照らすように 射す光 "ありがとう" だけじゃ 伝わらない 想いもある それほど 光は眩しくて  導かれるように 辿り着いた 明日を昨日より 好きになってく そう思える  "Are you ready? Want you to hear me."  その声が聴こえるから (wowwow) Sing it loud! 重ね合わせよう (wowwow) ほらきっとこの瞬間には 誰よりも 熱くなれる また走っていけるだろう ずっと 未来まで  どこまでも 声枯れるまで 響かせあおう  "Are you ready? Want you to hear me."  この声が届くのなら (wowwow) Sing it now! 声を聴かせて (wowwow) その声が聴こえるから (wowwow) Sing it loud! 重ね合わせよう (wowwow) いつだってこの瞬間には 誰よりも 強くなれる だから 笑って この声が届くのなら (wowwow) 何者にでもなるから (wowwow) ほらきっとこの瞬間には 誰よりも 熱くなれる また走っていけるだろう もっと 遠くまで... (wowwow wowwow) 未来まで... (wowwow wowwow)
ポップ・ステップ・ジャンプ!スピラ・スピカスピラ・スピカ幹葉重永亮介重永亮介雨上がりの空を見て 虹を探したりしてた 新しい素敵なこと 君にも教えたい  誰かが作った地図は 思いっきり破り捨てちゃえ リフレインする鼓動が 導く先 何が待ってる?  100% 楽しんだもん勝ちさ ぱぱっと笑顔弾けたら なんだって乗り越えられる 大きなパワーになるんだ 最高 君と僕 一緒なら ふわっと体軽くなる どこまでも跳べちゃいそうだよ ワクワク見つけに行こう レッツ ジャンプ!  ねぇ 人生は一度きり 僕らいくつになっても 好きなもの 好きと言うこと 大切にしたいね  誰かが予測できちゃう未来は ちょっとつまらないじゃん イマジネーション爆発! 扉が開く 無限の可能性  100点 花丸を咲かせよう キラっとお日様輝く 素直な気持ちのままでさ わがままに生きていいんだ 最強 君と僕 一緒だと ぐぐっと心アツくなる できないことなんてないね 僕らで証明しよう もっとクラップ!!!!!  君がいるから(今日も) 楽しくなるよ(明日も) いつも本当にありがとう 僕らずっと(ずっと) ずっと(ずっと) これからも一緒だ  100% 楽しんだもん勝ちさ ぱぱっと笑顔弾けたら なんだって乗り越えられる 大きなパワーになるんだ 最高 君と僕 一緒なら ふわっと体軽くなる どこまでも跳べちゃいそうだよ 僕らで 今 証明しよう  ワクワク見つけに行こう レッツ ジャンプ!
エール~頑張る君へ~スピラ・スピカスピラ・スピカ幹葉重永亮介重永亮介頑張れ! 届けエール 頑張る君が好きだ あぁ君だからこそ できることがある忘れないでね  ビー玉みたいな瞳 キラキラ輝かせて 話してくれたその夢 恥ずかしがらなくていいよ  例え 果てのない道だったとしても 自分を信じ続けて 本気なら諦めないで Youcanmakeit!  頑張れ! 届けエール 頑張る君が好きだ 真っ直ぐただ真っ直ぐ がむしゃらに突き進んでいくんだ 誰が何を言おうと 君は君らしくあれ あぁ君だからこそ できることがある忘れないでね  「大丈夫」が口ぐせの 優しい君だけれど こぼれる涙 僕には隠そうとしなくていいよ  何をやっても上手くいかない日は 大きく深呼吸して もう一度 最初の気持ち 思い出して  頑張れ!届けエール 僕がそばにいるから もっと自信を持って 重ねた努力は裏切らないよ 誰かと比べないで 君は君のままでいい さぁ 昨日よりも今日 また一歩前へ夢に近付く  もがきながらでも ぶつかって転んでも 選んできたこの道は 絶対に間違いじゃない  Youcanmakeit!  頑張れ! 届けエール 頑張る君が好きだ 真っ直ぐただ真っ直ぐ がむしゃらに突き進んでいくんだ 誰が何を言おうと 君は君らしくあれ あぁ 君だからこそ できることがある 忘れないでね
あなたを置いて私はスピラ・スピカスピラ・スピカ幹葉・重永亮介重永亮介重永亮介流れてく光と影 信号が点滅する 心変わりを責められるように 移ろいでいくこの街  改札を抜けた道を 雑踏の中歩いてく ひとりぼっちになったこの手を 必要とする人はもういない  星一つ無い 東京の空 溜息が浮かんで消えた 朝が来ればまた夢に立ち向かう それぞれの明日へ  夜空を埋め尽くすビルの光の中 暖かい声がこだまする 一人になることを望んだわけじゃない こんなに胸が痛いから  言葉を掛け合って笑いあえるだけじゃ 一緒にいられなかった 私が輝ける場所はここじゃないと 背を向けて歩き出した 未来へ  今日あった出来事とか 今悩んでいることも 素直に言えず優しくできない そんな自分に嫌気がさす  息苦しそうな東京の空 誤魔化すのはもうやめにしよう 井の頭線のホームで 言葉探すけど 思い出が邪魔する  いっそ あなたのこと嫌いになれたなら 何度そう願ったでしょう 頭では分かってても 心が言うことを聞こうとしてくれなくて  だめだね これ以上 私のわがままで縛り付けられない あなたが輝ける場所はここじゃないから どうか新しい道を見つけて  また誰かと恋をする 未来はまだ見えなくて 迷いながらでも東京の街で これからを生きていくよ  さよならの瞬間 こぼれ落ちた涙 矛盾していてごめんね 受け止めたあなたの表情はどんなだったろう きっと笑ってくれてたね  強くなれればもうあなたに愛される 必要もなくなるから 私はこの街で夢を追いかけるよ ひとりきり歩き出した 未来へ  あなたがいてくれたからありがとう
Say Hello神谷浩史神谷浩史渡辺拓也渡辺拓也重永亮介Hey you 悲しまないで Don't cry 笑顔をみせてよ Trust me 信じていてね Prayer あきらめないで  この世界にはきっと 悲しみばかりあって これからもそうずっと maybe 変わらないけれども  涙を拭いたら Say Hello 手と手を繋ぎ届けたいよ 君へ Hello Hello もう一度 光が照らす Pray for you 大きな声で伝えたいよ 君へ Hello Hello 終わらぬ Everyday Say Hello  Hey you どこにいるの? Hands up 元気でいるかい? Call me 僕を呼んでよ I hope 君のもとへと  未来が見えないって 不安に襲われて 心が折れる前に all right 君に会いに行くよ  信じる力で Say Hello 誰かと誰かが繋がって 明日へ Hello Hello 叫ぼうよ 小さな想い Pray for you 大きな力に変えたいね みんなで Hello Hello 両手を上げて ねぇ Say Hello  何度でも 何度でも 立ち上がる強さを 僕たちは 持っている さぁ、前に進もう  涙を拭いたら Say Hello 手と手を繋ぎ届けたいよ 君へ Hello Hello もう一度 光が照らす Pray for you 大きな声で伝えたいよ 君へ Hello Hello 聞かせてよ  信じる力で Say Hello 誰かと誰かが繋がって 明日へ Hello Hello 叫ぼうよ 小さな想い Pray for you 大きな力に変えたいね みんなで Hello Hello 両手を上げて ねぇ Say Hello
DiamondsClariSClariS中山加奈子奥居香重永亮介冷たい泉に 素足をひたして 見上げるスカイスクレイパー 好きな服を着てるだけ 悪いことしてないよ  金のハンドルで 街を飛びまわれ 楽しむことにくぎづけ ブラウン管じゃわからない 景色が見たい  針がおりる瞬間の 胸の鼓動焼きつけろ それは素敵なコレクション もっともっと並べたい 眠たくっても 嫌われても 年をとっても やめられない  ダイアモンドだね AH AH いくつかの場面 AH AH うまく言えないけれど 宝物だよ あの時感じた AH AH 予感は本物 AH 今 私を動かしてる そんな気持ち  いくつも恋して 順序も覚えて KISSも上手くなったけど はじめて電話するときには いつも震える  プレゼントの山 埋もれもがいても まだ死ぬわけにいかない 欲張りなのは生まれつき パーティーはこれから  耳で溶けて流れ込む 媚薬たちを閉じこめろ コインなんかじゃ売れない 愛をくれてもあげない ベルトをしめて プロペラまわし 大地を蹴って とびあがるぞ  ダイアモンドだね AH AH いくつかの場面 AH AH うまく言えないけれど 宝物だよ あの時感じた AH AH 予感は本物 AH 今 私を動かしてる そんな気持ち  何にも知らない AH AH 子供に戻って AH AH やり直したい夜も たまにあるけど あの時感じた AH AH 気持ちは本物 AH 今 私を動かすのは ダイアモンド
たったひとつの井口裕香井口裕香Satomi重永亮介重永亮介埃をかぶってる 表紙をめくったら モノクロームな 世界広がってく  名もなき英雄は 風に吹かれながら 街を見下ろす 丘に独りたたずみ  軽蔑されようとも 嘲笑われようとも 笑顔だけは 忘れないで 行くよ  次へと続く未来物語 まだ見ぬ次の章(ページ) めくるのはたったひとつの勇気  大切な笑顔を守りたい だからいまはまだ 笑っていなきゃ  信念(こころ)を貫くと 壁はいつも高い 前例のないことは 決まってそう  とめどなく流れる 雲を見つめながら 悲しいときは 笑顔絶やしたくない  答えがないとして 道がないとしても 歩むことは あきらめずに 進もう  終わることない未来物語 想像を超えた展開(シーン) 描くのはたったひとつの強さ  辛辣な世界と引き換えに だからこそ今日も 笑っていなきゃ  時間(とき)のなかを今日も回遊 まっさらな気持ち掲げながら  君が微笑むなら 道化師になるから 浅いなんて 言われたって やるよ  次へと続く未来物語 まだ見ぬ次の章(ページ) めくるのはたったひとつの勇気  目指すべき高みがここにある だから迷わずに 笑っていなきゃ
恋はミラクルスピラ・スピカスピラ・スピカ幹葉・寺西裕二寺西裕二重永亮介恋だって気付く前から 君に全部ごと惹かれていたんだよ  平凡な毎日がキラキラ 特別に変わり始めた 頭の中いっぱいに溢れてる 君のことで占拠率120%  純粋無垢なこの気持ちぎゅっと投げつけたい 伝えたい全部  恋だって気付く前から 君に全部ごと惹かれていたんだよ そうとも知らずにそうやってまた 無邪気な笑顔見せるから困ったもんだ 気付かないかな…?  一分一秒ごと 無意識に君の姿探しちゃう なのに目が合いそうになるその瞬間 思わず隠れてしまうなんて  予測不能いつも通りでいたいけれど 上手くいかないな  僕が僕じゃないみたい 君に全部ごと惹かれてしまうんだよ 突然声をかけられるだけで 耳まで真っ赤になるから困ったもんだ 君のせいだよ…  教科書には載ってなかった こんな感情初めてで 君は今 どう想ってるんだろう  恋だって気付く前から 君に全部ごと惹かれていたんだよ 触れたくて もっともっと知りたくて 今日は昨日よりも一歩 近くに  恋模様フルスピードで 君に全部ごと惹かれているんだよ そうとも知らずにそうやってまた 無邪気な笑顔見せるから困ったもんだ 君が好きだ
桜が咲く頃スピラ・スピカスピラ・スピカ幹葉・重永亮介重永亮介重永亮介桜が咲く頃 君はもういないんだね 涙隠して手を振る  誰より近くで 見ていた君の事を 笑顔で送り出す 勇気がないから 駅に続く道 踏みしめるつま先を 見つめたまま歩いてた  こんなにも膨らんだ 君への想い 気付いて欲しかった 今更もう言えなくて  新しい空を君は誰と見るだろう? 春が君を連れ去ってく 桜が咲く頃 君はもういないんだね 涙隠して手を振る  いつからか君の姿を見るたびに 壊れそうなくらい この胸締め付けた それでも会いたくて ずっと側にいたくて 何でもないフリをした  こんなにも切ないの 君への想い 気付きたくなかった 今更もう戻れない  新しい空を君は誰と見るだろう? 春は僕を置き去りに 桜が咲く頃 もう泣いてもいいよね? 君と違う空の下  あぁ 行かないで なんて言えたらかわってたかな 君は僕の知らない場所で 僕の知らない君になっていく  さよならの言葉 口に出せないままで 電車の扉が閉まる 二人で過ごした時間(とき)が 今 思い出に どうか忘れないでいて  新しい空を君は誰と見るだろう? 春が君を連れ去ってく 桜が舞う頃 いつかまた会えるかな 涙隠して手を振る 涙隠して手を振る
わがまま瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ重永亮介あぁ君にだけわがままになっていく  些細な日々の何でもない優しさを 大事にしまって何度も開けて眺めている  君の本心聞けずに空回りしたりして 簡単なことほど難しくなってる  大人になれば こんなことで悩まずに 上手く生きられるかな  あぁ君にだけわがままになる どんどん自分らしくもなくなって あぁまた気持ちが先走って どんどんまともじゃなくなってくから そっちを見ないで  ほどけてしまった靴紐で歩くみたいに 危なっかしくてそれでももう立ち止まれない  清く正しくいたいと思うほど下手になる いつからかこんなに大切になってる  君が笑うと 心が軽くなるのに 胸は苦しくなるから  あぁ君にだけわからなくなる どんな言葉を選んでみたって あぁこんな気持ちになるなんて どんどん弱気で泣きたくなるから こっちを見ないで  大人になれば こんなことで悩まずに 上手く生きられるかな  あぁ君にだけわがままになる こんな姿は見せたくないよ あぁずっとすれ違ったままで いっそ嫌いになろうとしたって  あぁ君にだけわがままになる どんどん自分らしくもなくなって あぁまた気持ちが先走って どんどんまともじゃなくなってくから 「そっちを見ないで」 言えたらいいのに
always瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ重永亮介薄暗い道を俯き 歩いてた行く先もなく 空を見上げていた 君と出会ったとき ただ不思議だった  なぜ何もない空を見るの 僕はきっと余計なことを 考えすぎて下を向いていたと 君と居て気付いた  I'm Always here for you 光がなくなっても 二人手を繋いでいよう ほんの小さな希望を 絶やさないで愛せたら 怖くないでしょう  ひとりならばきっと 擦り減らすことなく 生きてけるけど もう知り尽くした くすんだ毎日に行く宛もなく  今日の君はどんな気持ち 抱えてたの笑いながら 鏡の自分目を合わせないような 無理しなくていいから  I'm Always here for you 光がなくなっても 二人手を繋いでいよう ほんの小さな希望を 絶やさないで愛せたら 怖くないでしょう  別々の場所で苦しくなっても 覚えていて その世界をもし失っても ここでちゃんと待ってるから  I'm Always here for you 光がなくなっても 二人手を繋いでいよう ほんの小さな希望を 絶やさないで愛せたら 怖くないでしょう I'm Always here for you
Treasure井口裕香井口裕香Satomi重永亮介重永亮介石畳に残った 水たまりに 映り込んでる 明(さや)かな光 見つけた瞬間(とき)に  ずっとうつむいてたこと 気づいたんだ 顔をあげたら 青い空 広がっていた  白(はく)地図の上にも ちゃんと目指す場所が 見つけられるだけで 刺激してく心を  強くなりたい それは自分のためとかじゃなくて きみのために 迷わずそう思えるんだ  世界を変えることできはしないけど 目の前の未来は 変えることできるはず 信じてみよう My Treasure  強くはないことなら わかっている だけど弱さは 誰よりもっと わかってるつもり  ちゃんと大切なモノを 守れるなら 傷つくことも 怖くない 芽生えた気持ち  手に入れた理想は 硝子より儚く 無色透明だけど 輝いてる心で  たくさんの夢 両手で持ちきれないほどあるけど ひとつひとつ 叶えたいと思えるんだ  逆風がつらいなら別の道を行こう いつかは追い風に 変えることできるはず 信じてみよう My Treasure  失敗したことを 悔やんでも 凹んでも この瞬間(とき)は 二度と来ない 止まってる 暇などないから Just Go My Way  強くなりたい それは自分のためとかじゃなくて きみのために 迷わずそう思えるんだ  世界を変えることできはしないけど 目の前の未来は 変えることできるはず 信じてみよう My Treasure
シニカルサスペンスClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介不可解をぶら下げた現実を 鮮明に写したヴィジョン 有象無象が押し寄せてくる  到着した瞬間にパラライズ お願い 聞いた事無い言葉で 話しかけないで  夜を食べた汽車に乗り旅に出る 追いつかないで これ以上 どんなに遠く離れてもね 声が聴こえてる 後ろのカタコトの少年、誰?  シニカル それ、不思議だね 気味悪いテレパシー テレビに映ってる 知らない恋のロマンス シニカル それ、今どこに? 消えかけるシンパシー 表情崩さない私は 絶対零度の夢を見る  彼方此方(あちこち)の時間から訪れた 名前すらしらないバイスタンダー こっちを見ないで  怖い夢を見ても 加速しないね 走り続けた道の先 こんなに強く想ってもね 声が届かない 籠の中で笑う少年、誰?  シニシズム それ、不思議だね 狭くなるテリトリー 疑問符だらけで意味ありげなサスペンス シニシズム それ、今どこに? 忘れられたシンパシー 表情崩さない私は 絶対零度の夢を見る  チャンネルを切り替えたら 別の夢みれるかな? どんなに強く想っても 二人は出会えない  「待って」 『置いてかないで』  シニカル それ、不思議だね 気味悪いテレパシー テレビに映ってる 知らない恋のロマンス シニカル それ、今どこに? 消えかけるシンパシー 表情崩さない私は 絶対零度の夢を見る  シニカルな視線を飛ばして 絶対零度の夢を見る
未RISESabaoSabao楠瀬拓哉楠瀬拓哉重永亮介あなたにまだ伝えてないこと あるんだよ 明日もまだ言えないままかな この気持ち  十年一夜に過ぎ 何を残して誰が残った? 私にとって次の十年てどんなかな  焦らなくても 急がなくても 明日はやってくるから 意味なんか無いような日々だとしても もう一度会いたい  人の噂に敏感で 自分のことに鈍くて 悔やんでも 悩んでも 解けない手錠 開けてほしいだけ  来週でもいい 一瞬でもいい スマホの画面越しでいい あなたが笑ってくれたなら それを 未来と呼ぶのかな  あの日行った場所、夢に見たステージ、今につながる景色を 忘れず向かって登ってゆこう 共に描く未来図を  あなたに今出会えているのは このおかげ 明日もまだ届いているかな この歌が
ただ抱きしめるDISH//DISH//藤林聖子吉木絵里子重永亮介いつもきみは 愛のコトバ ちゃんと言ってって怒るけど 面倒じゃなく 照れくさくて 「今度ね」なんて逃げていた  幾千のコトバを 探し並べてみても この気持ち相応しい フレーズも見つからなくて  「アイシテル」とか そんなありきたりじゃ 足りないくらい きみのこと愛しいのに メロディはあふれ でも歌詞は紡げず ただ抱きしめるラブソング  他愛もない 話ばかり きみとしていたいワケじゃなく 他愛もない 場面の方が いつかまぶしくなる気がした  ポケットやカバンを ひっくり返したって きみよりも大事な ものなんて見つからなくて  「永遠」だとか そんな長さじゃもう 足りないくらい きみと過ごしていたいと 願う代わりに 約束の代わりに ただ抱きしめるラブソング  「アイシテル」とか そんなありきたりじゃ 足りないくらい きみのこと愛しいのに メロディはあふれ でも歌詞は紡げず ただ抱きしめるラブソング  不器用な僕を笑ってよ
Gentle rain瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ・重永亮介重永亮介歩道橋の上で君は立ち止まり 飲み干した缶少し潰して 西日を見てた無表情な目をしたまま  どんな青い空も君を追い詰めるのならば 僕はずっと優しく君に降る雨になろう  Gentle rain 止むことない雨に呆れて笑ってよ そのうち静かな雨音がすべてを包み込む Gentle rain おとぎ話みたいな幸せはない 孤独と手を繋いだままこの透明な傘の中で  高架下で君が何かをつぶやいた 飲み干した缶まだ右手に持ったままで 通り過ぎる列車の音が かき消すから聞き返すけど 「独り言」って言って終わる 街灯がつき始めて ほらねまた寂しい目をして  どんな言葉さえ君を救えないのならば 僕はそっと頬を撫でる夜の雨になろう  Gentle rain 止むことない雨に呆れて笑ってよ 何もしてやれない僕を笑って許してよ Gentle rain おとぎ話みたいな幸せはない 君のためになりたかったんだ この透明な傘の中で  洗い流してこの憂鬱を 青を忘れたような真っ白な空  Gentle rain 止むことない雨に呆れて笑ってよ そのうち静かな雨音が君を癒すから Gentle rain 柔らかな雨が上がる頃にはもう 君が飲み干した孤独は青に変わる 傘を閉じて
snow train瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ・重永亮介重永亮介駅にふたり 来ない電車 君方面のベンチ 白い息が昇り消えていった  口に出さずに話しかけた 言葉だけが降り積もる 遅れてくれた電車でも言えたのは 『それじゃ、また』  報われない救われない 君の居ないホームでひとり 選ばれない結ばれない 君がここに居たって  白く染まる街でひとり 手のひらに舞い落ちる 叶わない想いが溶けて消えた  澄みきった空見上げながら 遠回りして帰った 思い出して辛くなるのは どうでもいいことばかり  報われない救われない 何もできずに今もひとり 選ばれない結ばれない なのに君を待ってる  季節が変わっていくたび 思い出が増えてくたび 壊れそうで言葉にもできなくなってく  口に出さずに話しかけた 言葉だけが降り積もる 遅れてくれた電車 でも言えたのは 『それじゃ、また』  報われない救われない 君の居ないホームでひとり 選ばれない結ばれない だけど君が愛しい
FRIENDS瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ・重永亮介重永亮介今日どうしてる?って急に誘ってきたけれど 重たい足取りと無理したえくぼでわかる またきっと何かあったんだね  君とならどんな場所でも 楽しめてしまうから いつも何も決めずに会うけど それが居心地いい  君がいる世界がいい 付かず離れずでも そばにいてくれたら この街で過ごすことも 悪くない気がする 不器用なDay by day  待ち合わせの東口 どんなに人で溢れかえってても すぐ見つけられるけど 君はキョロキョロしてたり  どちらかが歌えばすぐ一緒に口ずさんだり 誰より君のこと知ってるし 何も言わなくていい  君が笑う世界がいい あの頃のままじゃいられないとしても 君とちょっと過ごすだけで 素晴らしい人生 重ねてくDay by day  ずっとそばにいるし  君がいる世界がいい 付かず離れずでも そばにいてくれたら この街で過ごすことも 悪くない気がする 不器用なDay by day  君が笑う世界がいい あの頃のままじゃいられないとしても 君とちょっと過ごすだけで 素晴らしい人生 重ねてくDay by day
only one瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ重永亮介喜ぶのが下手な僕 君がしてくれたこと どれも嬉しかったのに 素直になることもできずに  身の丈に合わない気がして 疑ったり勘繰ったり 突き放して自分さえ好きになれなくて  only you! be with you! こんなに想ってるのに うまく伝えられない here we go! let's have fun! そうやって色んな世界 見せてくれていた 二度とないこの瞬間が愛しくて  お互い考えることすべて分かるわけじゃない だけど信じ合うことに余計な言葉はいらない  雨上がりの虹を見つけ 君のことばを思い出す ひとりの時も誰かと生きているんだ  only you only you 移りゆく世界で君だけがわかってくれた  here we go! let's have fun! 今度は僕から言うよ 君がくれた以上の only you! be with you なんて言葉はあんまり好きじゃない 僕だけど 二度とないこの瞬間に 悲しい歌は必要ない 隣にいて
night light瀧川ありさ瀧川ありさ瀧川ありさ・セリザワケイコ瀧川ありさ・重永亮介重永亮介泣くつもりじゃなかったのに さよなら告げた交差点 点滅してる高層と 人波を避けて歩く  君がいた部屋に残った 珈琲は冷めていた 月あかりが慰める 一人が楽と嘘ついて いつか夜空に投げたメロディー  Close to you 僕らが生きる街は 孤独にそっと愛 羽織って お互いの肩に掛け合っては それぞれどこかへ向かってく  街並みが変わっていこうと 僕らは変わらないと 思い込んでいたみたいだ せめて優しく嘘ついて 全部悪い夢だと抱きしめて  Close to you 僕らが生きる街は 目で見えない傷纏って お互いの影を撫で合っては それぞれ光に変えてく  あの日の交差点で 行き交う人のなか 変わらない笑顔で君は 他の誰かと明日を歩く
take you take me BANDWAGON内田真礼内田真礼田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)重永亮介Hey boys, thank you for the smiling! Hey girls, thank you for the cuteness! Yes! Time is ready, we can make it better! Don't worry! Be happy! Come with me!!  トキはメイて最高潮 なんか 楽しいが続いてます これは砂糖菓子にもよく似てる 甘い甘い happy time  子供なんかじゃないから知ってる 物語が思わざる方にたまに進展するのは だよね つまり甘さは有限なんです  胸張っちゃって どんと来てOK 私に任せたら 大正解! なんちゃって、言えないか 躊躇、また躊躇 ああ!理想の自分に追いつかなきゃ  深呼吸したらふわふわあやふやは過去にしよう ほらスイッチスイッチ1,2,スイッチ いざ大き目のもう一歩  じゃあ 今日のままの明日よりも もっと楽しいことしませんか? 恥ずかしがるの止めにして 心向くままいざ進め take you take me BANDWAGON 飛び乗って未来のステージでハジケろ チェックメイトまであとどれくらい? 求めちゃう!いいよ、認めようか  約束なんて確証がないし 笑い合ってもケンカはするし 永遠ってきれいごとでまやかしだ、あー頭がぐるぐる (oh my god...)  でも上向け 背筋伸ばせ ネガティブハート一文字ずつ さあ ポガティブハート ネジティブハート 無理やりでいいから声に出そう  とどのつまりは迷わないことが答えになる ほらスイッチスイッチ1,2,スイッチ なんならホップステップからのもう一歩だ!  大好きだよ 大好きだよ 私と一緒に来ませんか? 隣のスペースは空けてあるからね アクセルスタンバイよし take you take me BANDWAGON ノリノリで歌ったりして ハジケろ 仲間でしょう? ちょっとぐらいの騒がしい こまごまも大目に見ましょうか  飛び乗っていけるのは 今だけ 素直になれるのは 今だけ 未来を選ぶのは 今だけ 一緒にいれるのは 今だけじゃないって思いたいから  大好きだよ 大好きだよ 私のそばにいて欲しいんだってば だから みんなでもう一歩!  じゃあ 今日のままの明日よりも もっと楽しいことしませんか? 恥ずかしがるの止めにして 心向くままいざ進め take you take me BANDWAGON 飛び乗って未来のステージでハジケろ チェックメイトまであとどれくらい? 求めちゃう!いいよ、認めようか お願いBANDWAGON 私たちを乗せて まだまだ行けー!
思い出に変わるまで中島愛中島愛中島愛重永亮介重永亮介あぁ こんなに近いのに 果てしなく遠いね Blue Moon In The Sky そう 昔のあだ名さえ 無邪気に呼べないほど ずるいあなた  二人で歩いた 黙って空を見てた 切なさを告げたら崩れそうだから  永遠なんて蹴散らして 一瞬の幸せください 恋しさは星になる 壊れそうに高鳴るメロディ ありふれた願いひとつ 隣でそっと抱えていた 思い出に変わるまで OH- Secret in my heart ずっと  (SecretSecretSecret)まばたきした(SecretSecretSecret)睫毛の先に (SecretSecretSecret)光る涙 気づいてくれたら…  ねぇ 覚えてる?この道 ふたりで帰ったね 儚い記憶 もう まるで知らない街 時間(とき)に吸い込まれて As Time Passes By  つま先立ちで 背伸びしても届かない 振り向けば 大人びたその瞳が眩しい  掴んでもすり抜けてく 瞬間 何度も見送って 愛しさは風になる 流れては消えてくメモリー なぜ強く想うほどに 素直に打ち明けられないの 私だけひとりきり 変われなくて あれから  セピアに揺れる 二つの影が嬉しい 叶うなら伝えてしまいたい 全て  永遠なんて蹴散らして 一瞬の幸せください 恋しさは星になる 壊れそうに高鳴るメロディ ありふれた願いひとつ 隣でそっと抱えていた 思い出に変わるまで OH- Secret in my heart ずっと  (SecretSecretSecret)時を止めて(SecretSecretSecret)夢を見させて (SecretSecretSecret)一秒だけ 特別なキスを  思い出に変わるまで OH- Secret in my heart いつまで
正しい魔法の使い方渡辺麻友渡辺麻友秋元康Akira Sunset重永亮介どんな時に この魔法使えばいい? お願い ルールを教えて  自分のためじゃなく そばの大切な人のために 秘密の方法で 奇跡を起こすの  誰か泣いてるなら 何かできることないかと その手 差し伸べて…  さあレッスン キュアップラパパ すぐに笑顔にしてあげる キュアップラパパ 想いが力になるよ ミラクルライト振って やさしい気持ちで そっと見つめてれば 微笑むわ  そうよ 今よ この魔法使いたいの いいでしょ? 許してください  こんな悲しそうな 瞳 見たことがなかったから 力を貸したいと 思ってしまった  涙 我慢をして 無理に微笑んでるから あなた 救いたい  さあ本番 キュアップラパパ もっと甘えていいんじゃない? キュアップラパパ 静かに深呼吸して ミラクルライト点けて 新しい未来 生まれ変わるように 願いましょう  大事に使おう とっておきの正しい魔法  さあレッスン キュアップラパパ すぐに笑顔にしてあげる キュアップラパパ 想いが力になるよ ミラクルライト振って やさしい気持ちで そっと見つめてれば 微笑むわ
Oneway GenerationThinking DogsThinking Dogs秋元康筒美京平重永亮介人ごみの まん中 今居る場所さえ わからないように 自分の生きかたが 見えない時ってあるよね  話してはみたけど 言葉が 一方通行みたいで 遠くの夢なんて 大人はわかってくれない  俺等は Oneway Generation Oneway Generation 今 ひとりで何かを探して Oneway Generation Oneway Generation 今 知らないどこかに向かって 戻れない片道のチケットと 夢だけを信じたい  恋人を送った プラットホームは ガランとしていて 空っぽの心が 次の列車を待っている  サヨナラのかわりに 手に入れたものは 小さな自由と 大きな悲しみと 中くらいの思い出だけさ  俺等は Oneway Generation Oneway Generation もう 地図など必要ないから Oneway Generation Oneway Generation もう まわりを気になどしないさ  青春の終点に 着いた時 何が待っているのか  止まらないで 自分の道を 少し間違ってもいいから わき目もふらずに  Oneway Generation Oneway Generation 今 ひとりで何かを探して Oneway Generation Oneway Generation 今 知らないどこかに向かって  Oneway Generation Oneway Generation もう 地図など必要ないから Oneway Generation Oneway Generation もう まわりを気になどしないさ
DESIRE-情熱-Thinking DogsThinking Dogs阿木燿子鈴木キサブロー重永亮介Get up, Get up, Get up, Get up, burning love  やり切れない程 退屈な時があるわ あなたと居ても 喋るぐらいなら 踊っていたいの今は ガラスのディスコティック そうみんな堕天使ね 汗が羽のかわりに飛んでる 何にこだわればいいの 愛の見えない時代の恋人達ね まっさかさまに堕ちて desire 炎のように燃えて desire 恋もdance, dance, dance, danceほど 夢中になれないなんてね 淋しい  Get up, Get up, Get up, Get up, burning heart  腕を離してよ キスをされるのもごめん 気分じゃないの ヒールを脱ぎ捨て 感じているのよ 夜の孤独な長さ そう多分ぜいたくな悩み 分かっているわ これでも 何を信じればいいの スキャンダルさえ 時代のエクスタシーよ ぶつかり合って廻れ desire 星のかけらをつかめ desire 夢はそうよ見る前に 醒めてしまったら何にもならない  Get up, Get up, Get up, Get up, burning love  まっさかさまに堕ちて desire 炎のように燃えて desire 恋もdance, dance, dance, danceほど 夢中になれないなんてね 淋しい  Get up, Get up, Get up, Get up, burning heart Get up, Get up, Get up, Get up Get up, Get up, Get up, Get up, burning love
君のc/wTeam E(SKE48)Team E(SKE48)秋元康重永亮介重永亮介いつもの君は 優等生すぎて 誰から見ても 別世界の人だったよ 頭固くて 冗談通じない つき合うなんて 絶対 ありえないって…  偶然 会ったゲーセンで 一人きり熱くなって 太鼓を叩いてた  カップリングの君は 表とは違うよね みんなが知らない顔に 胸がときめいた そんな弾ける秘密 僕だけ独占してる 優越感に浸りながら 君のc/w(カップリング・ウィズ)  眼鏡を取ると 可愛い女の子 想像できない 意外な展開だったよ 素顔のままで 二人 盛り上がって ホントの君に 会えた気がしたんだ  翌日 キャラは元通り そのギャップ楽しんでるの? “つまらない優等生”  カップリングの君は 新しい世界だね 「どっちも私よ」なんて ウィンクひとつして… そんな小悪魔タイプ どんどん惹かれて行くよ 愛しさが癖になるんだ 君のc/w(カップリング・ウィズ)  誰かが噂していたよ 「君が堅物すぎる」って… 何にも知らないんだ  食わず嫌いはだめさ 見かけとは違うんだ 人は誰ももう一人 キャラを隠してる できることなら両方 光も影も愛して そのすべて手に入れたい 恋の裏と表  Ah~ カップリングの君は 表とは違うよね みんなが知らない顔に 胸がときめいた そんな弾ける秘密 僕だけ独占してる 優越感に浸りながら 君のc/w(カップリング・ウィズ)
君の知らない物語ClariSClariSryoryo重永亮介いつもどおりのある日の事 君は突然立ち上がり言った 「今夜星を見に行こう」  「たまには良いこと言うんだね」 なんてみんなして言って笑った 明かりもない道を バカみたいにはしゃいで歩いた 抱え込んだ孤独や不安に 押しつぶされないように  真っ暗な世界から見上げた 夜空は星が降るようで  いつからだろう 君の事を 追いかける私がいた どうかお願い 驚かないで聞いてよ 私のこの想いを  「あれがデネブ、アルタイル、ベガ」 君は指さす夏の大三角 覚えて空を見る やっと見つけた織姫様 だけどどこだろう彦星様 これじゃひとりぼっち  楽しげなひとつ隣の君 私は何も言えなくて  本当はずっと君の事を どこかでわかっていた 見つかったって 届きはしない だめだよ 泣かないで そう言い聞かせた  強がる私は臆病で 興味がないようなふりをしてた だけど 胸を刺す痛みは増してく ああそうか 好きになるって こういう事なんだね  どうしたい? 言ってごらん 心の声がする 君の隣がいい 真実は残酷だ  言わなかった 言えなかった 二度と戻れない  あの夏の日 きらめく星 今でも思い出せるよ 笑った顔も 怒った顔も 大好きでした おかしいよね わかってたのに 君の知らない 私だけの秘密 夜を越えて 遠い思い出の君が 指をさす 無邪気な声で
MONSTER春奈るな春奈るな重永亮介重永亮介重永亮介恋心を食べて膨らんでゆく 幼気な MONSTER 遠い場所で想いを馳せるだけじゃ ダメになりそうだわ ミゼラブル!  誘うように新次元のむこうでキミを待ってる もどかしい扉を壊して 心を奪え  牙を出して視線の先 ハートに噛み付いた MONSTER 退屈なんて脱ぎ捨てて 誰も見たことない私をみせるから 衝動のまま 恋を掴んでやる  誰もがみんな心に潜めてるよね? ワガママな MONSTER 気だるそうに猫背で歩く胸に 飛び込んでゆくわ ユリイカ!  逃さないわ 狂気的な言葉でキミを追ってる 悪戯な笑顔を交わして 心を掴め  爪を立て離さずに 恥じらいも引き裂く MONSTER よそ見しないでそのままで 他の誰かじゃない私をみていてよ  牙を出して視線の先 ハートに棲み付いた MONSTER 退屈なんて脱ぎ捨てて ただキミの側にいたいよ  狙いつけて1秒先 恋を食べ尽くした MONSTER ありのまま受け止めて これも全て私の一部なんだから 見ていてね 恋を掴んでやる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Hello, Ms.myself沼倉愛美沼倉愛美重永亮介重永亮介重永亮介レイニー 曇りガラスに ありふれた夢を描いてみた グッデイ 昨日までとは 違う自分に出逢えたよ  シャイニー 飲み込まれた ほんの僅かな光だったな グッバイ できればまた 綺麗な空に出逢いたいな  足掻いて傷つくばかりの 愚か者の手を握ろう  難解な地図を破り捨てたら 立ち止まらず行けるはずさ 雨に濡れる覚悟をして 会いに来たよ Hello, Ms myself  ロンリー 独りきりが こんな淋しく思えるなんて グッデイ この街でまだ 出会うべき人がいるんだな  自由過ぎるから進むのが 難しくなっていくんだ  何回だって声をぶつけてやる 忘れられない 強い声を 片道分の切符で 会いに来たよ Hello, Ms myself  欲しがったもの 見たかった全てが 君の中にあるんだ 望んでもっと遠い場所へ  難解な地図を破り捨てたら 立ち止まらず行けるはずさ 雨に濡れる覚悟をして 会いに来たよ Hello, Ms myself  羽根広げ 飛んで行け 夢が灯る場所へ 揺れないで 覚めないで ついてゆくよ Hello, Ms myself  レイニー 曇りガラスに ありふれた夢を描いてみた グッデイ 昨日までとは 違う自分に出逢えたよ
Because of Youナノナノナノ重永亮介重永亮介The pages of my past are turning scene by scene An aching awakens I was crying every night, inside a broken dream To hide the nothing I'd become, from the world outside  Am I alone, am I alone Can you hear me? Nobody knows, nobody knows but then you came into my life and found me  Do you remember? The road we've come has been so long We've faced so many walls and we've made through it all  Every single step, holding on every single day Never looking back, straight ahead, never looked away I finally believe the voice in me Because of you  The February night we met was cold and bleak My shadow, fading I was scared to break the ice, afraid to let you in But I knew the time was right to face the fears within  What do you see, what do you see Can you see me? What will it take, what will it take For you to realize what you mean to me  Do you remember? You gave me a reason to belong When we couldn't see ahead, we would trust in each other  Every single step, holding on every single day Never looking back, straight ahead, never looked away I finally believe the voice in me Because of you  How many days must I travel in blindness Before these footsteps can lead me back home How many times do I fall through your fingers Before l can rise on my own  Will you remember? The words we shared so long ago A promise to achieve what the future would bring  Everything begins, only when we let something end When tomorrow comes, should our paths take a different way I know I can stand up strong again  Do you remember? The road we've come has been so long We've faced so many walls and we've made through it all  Every single step, moving on every single day Never looking back, straight ahead, never looked away And now this could be the final bend We'll walk together  I finally believe the voice in me Because of you
JOURNEY井口裕香井口裕香Satomi重永亮介重永亮介軌跡描けJourney 未来への地図を 手にして どこまでも歩いてゆこう  私たち立ってる 未来と過去の境界線上 踏み出す その先はいつも未来  秘めた強さを信じ 勝負してゆこう 吹く風のなか 自分と…  終わらないJourney 新しい世界へ つながるドア開けよう 眠れぬほどの不安(どきどき)よりも この次に待っている 風景(ステージ)が楽しみなんだ  奇跡つかめJourney 未来への地図を たよりに どこまでも歩いてゆこう  強い雨降ってる 朝でも空の彼方で 輝く いつもと同じ太陽  落ち込んで凹む日も きみといれば 素直になれる どんな日も  終わらないJourney 新しい出会いが 次なる道になる 持てないほどの期待(わくわく)がいま 地平の向こうへと 速度(スピード)あげて伸びてく  軌跡描けJourney 未来への地図を 見ながら 昨日の自分を越えてこう  変わらずに変わってゆく 夜空の月のように 唯一無二の“らしさ”武器に  住んでいるこの世界は 広いけど狭すぎる きっと愛が強いから  きみと出会えたことで 全てが変わった きみもそうでしょ?  終わらないJourney 新しい世界へ つながるドア開けよう 眠れぬほどの不安(どきどき)よりも この次に待っている 風景(ステージ)が楽しみなんだ  奇跡つかめJourney 未来への地図を たよりに 自分の可能性(ちから)を信じ どこまでも歩いてゆこう
大切な時間JYJY清智英石井健太郎重永亮介子供の頃に感じた 長い時間の小路を 歩きながらヒラメいてた 夢見る未来 確かな心の声 信じている私は 夢に向かい 遠く高く 生まれ変われる  辛い時間(とき)も 淋しいも時間(とき)あるけど 信じられる力を与えてくれた 貴方思う  迷うたびに あの時間(とき)の 近くて遠い故郷の あの笑顔とあの別れも 私のタカラモノ 違う場所で生きるけど 失うこと恐れない たった一度のこの時間(とき) 今を大事にします  大人になって感じた 早い時間(とき)の流れを 窓を開けて違う街が 私を包む 戻れない幼い頃 見てきたあの景色も 忘れないわ あの時間 今も好きでいられる  悲しい時間(とき) 苦しい時間(とき)も あるけど 挫けて信じて夜は涙流し 貴方思う  迷うたびに 戦うの 明日の朝は笑顔で向かうその私も あの私も いつも愛したい 違う場所で生きている 貴方のこと忘れない 23のこの私は 生きてゆきます  辛い時間(とき)も 淋しい時間(とき)も あるけど 信じられる力を教えてくれた 貴方でした  迷うたびに あの時間(とき)の 近くて遠い故郷の あの笑顔とあの別れも 私のタカラモノ 違う国で生きるけど 夢に向かい忘れない 私の今を信じた時間(とき)を 生きてゆきます  大切な時間(とき)
Gemini西沢幸奏西沢幸奏西沢幸奏重永亮介重永亮介稲妻が轟く宵闇に そっとふたり身を寄せ合っていた 誰にも見つからないように 悲しみから目を逸らすように  やがて別れの時 サイレンの音が手招きをしても 関係のないことさ だって生きてるんだ そういうものだろう?  Oh, Gemini 命を燃やすほどに近づいてゆく その終焉を許すのか (Oh,Gemini) 鎖よりかたい絆 君なしではもう息をすることも出来ないよ 神を欺け どんな裁き受けても君を死なせやしない  悪をついばむ黒いカラスが そっと羽根を落とし飛んでいく 僕の元に届くように 使ってくれと囁くように  そうだ今こそ手を染めてでも 思い通りにしたいんだ 関係のない人にどう思われようが どうだっていいんだよ  Oh, Gemini 命を燃やすほどにはっきりと映る この悲劇とあたたかさ (Oh,Gemini) 必要ないよ覚悟は 君を護るなんてもう当たり前のことだから いばらの道へ 全ての想いは君だけのためにある  ひとりきり恐れる心 弱さと呼ぶのなら 僕はずっと弱虫でもいい 笑いたければ笑えばいいさ  散ってしまう姿が美しい花にはいつまでもなれない 築いてきた絆を信じるならば ここでしぶとく生き残っていけ  Oh, Gemini 命を燃やすほどに近づいてゆく その終焉を許すのか (Oh, Gemini) 鎖よりかたい絆 君なしではもう息をすることも出来ないよ 神を欺け どんな裁き受けても君を死なせやしない 全ての想いは君だけのためにある
ホログラムClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介雨玉の中紛れた 光の粒が奇麗で泣きそうだった バス停の側 しゃがんで広げた指の隙間を通り過ぎた  懐かしいなんて思う程 時間は過ぎていないけど スカートの裾を掴んで 聴こえない振りをして塞いだ「ごめんね。」  覗き込んだ筒の奥 散らばるホログラム 目にした覚えの無い 淡いグラデーション 無限に伸びてゆく しろくろホログラム 出口の無い道の 先をまだ探している  改札を出て叫んだ 言葉が距離を埋めることはなくて マフラーに顔を隠して 閉じた瞳の中で泳ぎ続けた  もう一度逢える気がして 捨てる事ができなかった 手紙を知らない空に 置き去りにしてそっと呟いた「ごめんね。」  窓の外 乱反射 消えないホログラム 涙越しに視える 街はイミテーション 素直になれなくて 痛いよホログラム 通り過ぎたはずの 日々をまだ夢見ている  傘を並べて当てもなく過ごして 雨の下 歪な足跡を辿った 誰も知らない 二人だけの時間 想いだけが光のように 透過してるよ  二つ前の季節に 今更戻れない 振り返るはずもない 違うレールを進む背中に「サヨナラ。」  声にならない声 溢れるホログラム 今になって気付いた 淡いグラデーション 無限に伸びてゆく しろくろホログラム 出口の無い道の 先をまだ探している 君の手を探している 届くように
Dimensional JourneyELISAELISA重永亮介重永亮介重永亮介遠い空に想いを馳せ 果てなく続く道を行く 傷ついたままの記憶で 約束を探し彷徨ってる  独りになった理由は覚えてはいないけど もうこれ以上 求めはしない  泣いたって戻せない 時間の海 誰もが痛みを抱えてる いつかは沈んでいく 事を知りながら  立ち止まれば消えてしまう旅の果てに 何を見つけ何を掴(つか)む事ができるのだろう  時のレールに逆らって 人知れず歩く旅人 無限に感じる道の 最果てには何があるだろう?  変えてあげたい未来は 忘れてはいないけど 嘆く声は届きはしない  泣いたって壊せない 時間の海 遡行する記憶の欠片を 独りで探していく 事に慣れていた  視線の先 続いてく蒼の彼方 何を見つけ何を掴(つか)む事ができるのだろう  光の無い時代に 廻り続けた星の軌道 鏡合わせの世界では どんな夢を見てるだろう  航海の理由は風に溶けて 無くしてしまいそうだけれど いつかは辿り着ける 夢をみたいから  泣いたって戻せない 時間の海 誰もが痛みを抱えてる いつかは沈んでいく 事を知りながら  立ち止まれば消えてしまう旅の果てに 何を見つけ何を掴(つか)む事ができるのだろう 時間さえも裏切って 旅は続いてく
アワイ オモイClariSClariSWatana Besta SOCIAL clubWatana Besta SOCIAL club重永亮介友達には言えない あの日、あの夏の約束 流れてゆく季節に アワイ オモイ セツナイ  交差点の向こうに 君に似た面影 少し猫背で歩くのも 変わらないかな  いつからか 薄れてった 君の声も仕草も ここで君と見た空は 今も胸の奥にある  友達には言えない あの日、あの夏の約束 オレンジ色の波が さらう二人の名前 ごまかしても 隠しても いつも君を探している 果たされることのない アワイ オモイ セツナイ  すれ違う人波に 取り残されてゆく 秒針が止まったままの日々が過ぎてゆく  月明かり 咲く花火 寄りかかったぬくもり 永遠に続くように 願いかけた流れ星  特別は変わらない 幾つ季節が巡っても 本当は伝えたい アワイ ネガイ キエナイ  記憶の中の君は いつも優しかったから 朱で塗りつぶした空が 君の影の幻を 映してはまた消える  果たされることのない どんなに願っても… 「カナワナイ」  友達には言えない あの日、あの夏の約束 遠ざかる思い出に 滲む二人のキオク 目を閉じても 拒んでも いつも君を探している 果たされることのない トオイ トオイ ヤクソク  アワイ オモイ セツナイ
急斜面GOLD LYLIC乃木坂46GOLD LYLIC乃木坂46秋元康FURUTA・Yasutaka.Ishio重永亮介君のマンションの近くまで 自転車でやって来た 今日こそはこの気持ち ちゃんと伝えたかった  だけど前には坂があって 僕のこと試そうとしている 足を着けずに登り切れたら 告白しよう  君は思ったよりも 急斜面で 全力立ち漕ぎしてつらいけど… そんな軽い気持ちでなんか 恋をしても叶わないだろう 汗びっしょりで 肩で息をして 世界一好きだ  そばで遊んでた子供まで 僕を見て笑ってる この坂を登るのは 絶対 無理だろうって…  だけど僕にも意地があるよ 男なら頑張らなきゃいけない それが愛だろ?どんな困難も 乗り越えてやる  君は思ったよりも 手強くて ふいにもうペダルが動かない ここであきらめちゃったら 君の元へ行けなくなる 心臓破り 力振り絞り こんなに好きだ  君は思ったよりも 急斜面で ライバルは誰もがリタイアさ 中途半端な想いじゃ 首を縦に振らないだろう 坂の上まで やっとたどり着いたら とにかく好きだ  「好きだ~!」
sakuraClariSClariS岩田アッチュ栗原稔・岩田アッチュ・伊藤孝氣重永亮介夢心地の朝一番に 差し込んだ光と終わってしまう恋 明日からは別々の道 てそんな突然心の準備が出来ない  深すぎて 直接心に触れられない  Cherry blossom Cherry blossom 手を振る君の肩に サヨナラ FALLIN LOVE...  Cherry blossom 独りきり 吐息が紡ぐメッセージ サヨナラ FALLIN LOVE... 聞こえるかな?  空っぽなこの広い世界に 語りだす瞳は あのままで… 僕を見つめ そっと微笑む なんでそんな シャンと立っていられるのかな?  縮まらない 何かを僕らは知っていたの?  Cherry blossom どこまでも 舞い散る君の声に サヨナラ FALLIN LOVE...  愛おしき この空へ 吐息が紡ぐメッセージ サヨナラ FALLIN LOVE...  Cherry blossom 途切れない 悲しみの果ては どこ? サヨナラ FALLIN LOVE...  Cherry blossom Cherry blossom 涙 全て忘れて 今から FALLIN LOVE... 届きますか?
そんな君、こんな僕Thinking DogsThinking Dogs秋元康古川貴浩重永亮介そんな君をなぜか こんな僕はずっと否定できなくて 走っているその背中を 太陽みたいに追いかけた  手が届きそうな夢は価値がないんだ 絶対に無理だって言われるくらいがいい あきらめるなんていつだってできるから 引き離されても僕は頑張ろう  人はどうして汗流して競い合うのか 自分の存在を証明したい  そんな君はいつも こんな僕の前を走り続けてる 言葉なんかなくたって 伝わって来るよ そんな君はきっと こんな僕にはない孤独に怯えてるんだ その先には誰もいない 後ろに近づく不安だけ 僕がいる  一度負けたって そこで終わりじゃないよ 人生はずっと続く 毎日が戦いだ 明日は明日の勝者が生まれるはず 振り返った時に勝ち越していよう  僕は何度も傷つき また立ち上がる ここにいる理由を知りたかったのさ  どんな君もきっと あんな僕のことを覚えててくれた ちゃんと話さなくたって 背中でわかった どんな君もきっと あんな僕にさえもシンパシー感じた 追いかけてる方が楽だ 見えない未来は遠すぎて…  地図を探すより 全速力で 僕たちは走るしかない ずっと… 心が音(ね)を上げても どこかで足を止めれば 見えてた夢は消えてく ミラージュ  そんな君をなぜか こんな僕はずっと否定できなくて 走ってるその背中を 追いかけた  そんな君はいつも こんな僕の前を走り続けてる 言葉なんかなくたって 伝わって来るよ そんな君はきっと こんな僕にはない孤独に怯えてるんだ その先には誰もいない 後ろに近づく不安だけ 僕がいる
もどかしいディスタンスThinking DogsThinking Dogs秋元康小松清人重永亮介路面電車が走り去って 吹き抜けた風の向こう側 君がスカート押さえながら 一人立っていた(一人立っていた)  約束してたわけじゃなくて 偶然 ここで会ったんだ できるなら話したいけれど 目の前 渡れない  通り過ぎる車が 邪魔をする恋さ 今 僕が大きな声で 名前を呼べたら 伝わるのに…  僕が僕じゃない 自分じゃない いつもと 何か違う 君から見えるのは 誰なんだろう? 僕が僕じゃない 自分じゃない 衝動に 駆られても ためらう間(あいだ)に わからなくなる また次のチャンスまで 君のこと愛してる もどかしいディスタンス  道の反対を君は歩く 見られてるなんて気づかず… 僕がペースを合わせている 歩幅が切ない  ずっとこのまま行った先に 横断歩道があればいい 道を渡り君がいる方へ 黙って駆け寄ろう  離れていた時間が 準備した会話 今 僕は大事なことを 普通の感じで 言い出せるか?  僕は僕だよ マジなんだ 時には こんな風に じたばたするように 生きているよ 僕は僕だよ マジなんだ 呼吸が 乱れても 戸惑う間(ま)もなく 口火を切ろう この次は待てないよ 君のこと愛してる 近づいたディスタンス  心はいつでも その距離を測ってる つぶやき届かなくて 片思いしてた僕だけど 昨日より少しだけ そばにいる気がしたよ  僕が僕じゃない 自分じゃない いつもと 何か違う 君から見えるのは 誰なんだろう? 僕が僕じゃない 自分じゃない 衝動に 駆られても ためらう間(あいだ)に わからなくなる また次のチャンスまで 君のこと愛してる もどかしいディスタンス
North Child内田真礼内田真礼重永亮介重永亮介重永亮介微かな光が続く場所まで Get away  風が打つ窓を眺めてる 北へ向かう私は独り 時計塔の鐘も聴こえない こんなに遠くまで来たんだな  戻れない恐れを捨てた瞬間 淡い光に眩んだ その影  時を越え流した涙の果ては 遠く遠く見えない夢を吐き捨てた場所だった 追い越した空が 僅かに揺れていた  視界を奪う闇夜の中でも 広く広く続く道に 確かなものはあった 時計の針を騙すように舞い 夢を見続ける North Child  最果ての駅に降り立って ゆらり乱反射したスターライト 車輪が作る足跡を追って 現実をまた消費してゆく  泣いていられればまだ救われたのに 聖者の群れに委ねた この影  時を戻せないと嘆いた声は 遠く遠く儚い空に溶けてゆくだけだった 見捨てた言葉が 心で震えてた  あてもなく彷徨う月のように 広く広く続く道に想いを馳せていた 時計の針を騙すように舞い 夢を見続ける North Child  誰かを傷つける事 誰かに傷つけられる事 恐れて逃げるように生きてきた 命を産めはしないのに 消してしまうばかりだから 星の悲鳴が響き渡ってる  世界を裏切る事もなければ 遠く遠く見えない夢を忘れはしなかったのに 瞳の奥では 涙が揺れていた  視界を奪う闇夜の中でも 広く広く続く道に 確かなものはあった 時計の針を騙すように舞い 夢を見続ける North Child 星の果てまで Get away
PrismClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介彩る街を飛び越えたら 差し出した手を掴む「やっと逢えたね」 二つの奇跡に おめでとう  雲をホイップさせて バニラ色の空に撒いたエッセンス 弾み出す光が導くままに進んでく 綺麗な尾を引いたダンス  寄り添うように並ぶパステルカラー 誰よりも憧れた キラキラに逢いに来た  一人じゃ怖かった夜でも 二人でなら助け合って 近づけるサテライト 彩る街を飛び越えたら 差し出した手を掴む「やっと逢えたね」 二つの奇跡に おめでとう  夢から飛び降りて 煌びやかな空の海を泳いでく これからどうしようか? 秘密のおまじない唱えて 次の行き先決めた  昨日読んだ絵本のように 誰よりも輝いたキラキラになりたいな  眠れない夜の越え方も 軌道上で手を繋げば シンクロするシグナル たくさんの願いを集めて 目を閉じて確かめる「やっと逢えたね」 加速する星が踊るプラネット  世界に一つしかない かけがえのない愛の形 連なる星たち よく似てるね 側にある光と手を繋ぎ これからも変わらずに旅を続けていこう  一人きりの夜なんてないから 躓いても立ち上がって 夢運んだプリズム 確かな約束を交わして 虹のように彩った空を飛んでく 二つの奇跡に ありがとう  一人じゃ怖かった夜でも 二人でなら助け合って 近づけるサテライト 彩る街を飛び越えたら 差し出した手を掴む「やっと逢えたね」 二つの奇跡に おめでとう
3timesThinking DogsThinking Dogs秋元康Akira Sunset重永亮介赤信号 3回止まったら 今度こそ 君にキスしよう 車を走らせながら思った 何もなく家(うち)へ送ったら 僕たちは友達のままで いつもの切ない気持ちは消えない  何度も伝えようとして 言葉を飲み込んでしまった 2人の恋の水面(みなも)静かで美しく 小石 投げる勇気がなかった  (ずっとここにいられないんだ) 君が特別な人と気づいて (時間(とき)はいつもアクセルを踏み込む) ずっと離したくない  赤信号 3回止まったら 助手席の君にキスしよう 突然 驚(おどろ)かせちゃってごめんね 何秒か 青に変わるまで 僕たちは沈黙しながら その先に進むきっかけになるかな  何にも変わらないものって いつかはもの足りなくなるよ 例えば君と僕が夜空を眺めても 星の数は昨日と同じさ  (きっと君は出逢ってしまう) 僕はその恋を聞かされるだろう (胸をよぎる流れ星みたいに) 夢が遠ざかってく  赤信号 3回止まったら 今度こそ 君にキスしよう 車を走らせながら思った 何もなく家(うち)へ送ったら 僕たちは友達のままで いつもの切ない気持ちは消えない  赤信号 3回止まったら 助手席の君にキスしよう 突然 驚(おどろ)かせちゃってごめんね 何秒か 青に変わるまで 僕たちは沈黙しながら その先に進むきっかけになるかな  赤信号 何回止まったら 近すぎる君にキスできる? 横顔 そっと見ながら迷った この次の角を曲がったら 変わらない眼差しのままで 本当の気持ちにじゃあねと手を振る
もしも あなたが…Thinking DogsThinking Dogs秋元康福田貴訓重永亮介僕には見えない そこに愛はあるのか? 僕には感じない そこに確かなものなんて… 真っ暗な荒野に風が吹いてるように 孤独な世界が存在しているだけだ  希望を持てと言うなら 兆しでも見せろ! 夜明けの光でいい 凍える身体にぬくもりを…  もしも あなたが この世を去ったら いくつの夜 涙を流すのだろう 失った時 そうさ 初めて 僕は思い知らされるんだ こんな近くに 探してたものを 見過ごしてた自分が愚かだったと 今さらのように きっと気づいて 僕は立ち直れない WOW  誰にも見えない そこに夢はあるのか? 誰にもわからない そこにかたちがないからさ それでもなぜだか やさしい気持ちになる 心の日向をいつしか当てにしていた  信じていると言えたら 楽だっただろう 思い込みだっていい すべてを預けて構わない  もしも あなたが いなくなったら 何を支えに生きて行けばいいのか? 穴が空いてしまったみたいに 僕は号泣するだけだよ 悲しみの中で 見えて来るのは 忘れさせてくれる僅かな思い出と 痛み伴うその自己嫌悪 僕は前を向こう WOW  もしも あなたが この世を去ったら いくつの夜 涙を流すのだろう 失った時 そうさ 初めて 僕は思い知らされるんだ こんな近くに 探してたものを 見過ごしてた自分が愚かだったと 今さらのように きっと気づいて 僕は立ち直れない WOW  今を生きるしかない WOW
ごめんね、キャサリンThinking DogsThinking Dogs秋元康鈴木健太朗重永亮介ごめんね、キャサリン 抱きしめることもできないまま ただ見送った 真夏の恋人 思い出の砂浜で 過ぎた季節が 僕たちの足跡消した  骨組みが残っているだけの海の家 誰かのビーサンが忘れられてる 何回も口づけをしたのに どうして僕は引き留めることができなかったのだろう  やさしさの意味 勘違いして どうしたい?と聞いてしまった 寂しそうに君は微笑んで 「夏は終わったのよ」と遠くを眺めた  ごめんね、キャサリン 本当の気持ちを僕が先に 伝えられずに… 真夏の恋人 友達に戻れたら 歩いて行けた さざ波が寄せるみたいに…  海岸線 ゆっくりと近づく古いバス 心の外側を走るようだね 停留所 手持ち無沙汰なのは 最後に何か言いたかったことあったのかもしれない  愛しさはなぜ 失ってから 波頭を立てるのだろう? 一人きりの肩はか細くて 抱いてくれる誰かを待っているようだ  さよなら、キャサリン 今さらそこまで追いかけても 間に合わないよ 夕陽の恋人 俯いた表情は 見えないけれど その背中 やがて滲んだ  ごめんね、キャサリン 抱きしめることもできないまま ただ見送った 真夏の恋人 思い出の砂浜で 過ぎた季節が 僕たちの足跡消した  さざ波が遠ざかって行く
あと100マイルThinking DogsThinking Dogs秋元康KOHJIRO.重永亮介Oh!Oh! 車のボンネットに Oh!Oh! 滑り落ちる青空 Oh!Oh! 白い雲のFalls Oh!Oh! Oh!Oh!  Oh!Oh! サイドシートの君は Oh!Oh! 仔猫のように座って Oh!Oh! 窓を開けて手を伸ばす  どこまでだって 走り続ける 真っ直ぐな道 誰より早く 見つけたいんだ その入り口  今 恋をする そう誰もがみんな ハートの温度を もっと上げるように ジリジリと 真夏の太陽を 探せ! (探せ!) あと100マイル!  Oh!Oh! ずっとガム噛みながら Oh!Oh! 地図を見ていた君が Oh!Oh! 「次を曲がって!」と言った  前に広がる 青いパノラマ 果てしない海 君が見つけた 一足早い 夏の扉  さあ 恋なんて 一瞬で引火する 愛しい気持ちに 2人気づくことさ 唇が 一番近くにある 夏を! (夏を!) 教えてくれる Ah- Ah-  君のキスは 太陽よりも まわりのすべてを 夢の場所は 過去も今も未来も遠く 100マイル Oh  今 恋をする そう誰もがみんな ハートの温度を もっと上げるように ジリジリと 真夏の太陽を 探せ! (探せ!) あと100マイル!  100miles  100miles 100miles 夏はここだ
悲しみ以上Thinking DogsThinking Dogs秋元康粟津彰重永亮介風が通りを渡り 街路樹の枝を揺らして 木漏れ日が降り注ぐ 色褪せたベンチ  いつもだったら君が 座ってたはずなのに でもそこには知らないカップル 僕らと同じように 愛を語らいながら 永遠に続くと信じてる  悲しみ以上の思い出がある 君との出逢いに後悔はない 過ぎ去った日々が眩しく見える 痛みさえ大切に 今を生きて行こう  何回 あのベンチで 君のこと待たせたかな ずっと許してくれた 僕の言い訳も…  ある日 いなかったんだ 心の指定席から… がらんとした風景だった やさしさに甘えてた 愛はほつれるように 黄昏が地面にこぼれてた  切なさ以上の愛しさがある 君と別れてもまだ残ってる これからの日々を無駄にはしない 誰かのこと愛したら 痛み 思い出そう  悲しみ以上の思い出がある 君との出逢いに後悔はない 過ぎ去った日々が眩しく見える 痛みさえ大切に 今を生きて行こう  切なさ以上の愛しさがある 君と別れてもまだ残ってる これからの日々を無駄にはしない 誰かのこと愛したら 痛み 思い出そう
世界は終わらないThinking DogsThinking Dogs秋元康石井亮輔重永亮介世界は終わらない あなたと出逢った時から 守るべきその命見つけたんだ 生きている意味とは 何かがわかった気がした 悲しみの盾になろう あなたのために…  Love is 言葉じゃなく Love is かたちじゃなく Love is 誰かに伝わって行くハートの温もり  例えばあなたがどこかで泣いてるなら どこにいても僕はすぐに駆けつける もし何も話したくないなら そのままでいい 涙涸れて 眠りにつくまで  夢の中はいつでもしあわせになれるよ どんな つらい今日でも 明日が来ればきっと立ち直れる  世界の始まりを あなたと一緒に迎えよう 傷ついても 倒れても 一人にしない すべての運命を 僕はこの肩に背負って 孤独より そう憂鬱な道を選ぶ AH-  すべての悲劇さえ 瞳を見開いて 怯えることもなく 静かに見守ろう 東の空に太陽が昇る 光は希望のように WOW 僕たちを包む WOW…  人は誰も弱くて 現実を逃げる それでも逃げられない何かが 壁を作ってしまってるよ  世界は終わらない あなたと出逢った時から 守るべきその命 見つけたんだ 生きて行くしかない 愛する人がいる限り 悲しみの前に立とう あなたと共に… あきらめはしない WOW こんな時代でも… この愛がたった一つの真実と 信じ続ける  Life is…愛すること Life is…見守ること Life is…あなたが生きてること それが僕のすべて
夢旅DISH//DISH//Gk3Gk3重永亮介いつか思うまま描いた未来地図 僕ら旅人 すり減らしたスニーカーは この道を踏みしめた証だ  考える間もなく走り続け ここまで来た  本気でぶつかったケンカの日も 未来が見えて共に泣いた日も 「ダメかもしれない」って俯いた時だってあったけど 今は迷わずこの旅路を行こう 成し遂げる強い決意をしよう 叶う事だけを信じて“約束の場所”へと 続いていく夢旅  北から南へ走り手に出来た この宝物 “君と出会えた事”はもう「偶然」なんかじゃ片付かないよ  挫けそうな時 君がそばにいてくれたんだよ  たとえ悲しいほど無力だとしても 苦しいほどに打ちのめされても 僕らは 振り返って「いい旅したなぁ」って胸張れる道をいこう!! 今はまだ頼りない力だけど 君をあの景色へ連れていく その時が来たら 最高の笑顔を見せてよ 進んでいく夢旅  道塞ぐ壁を 乗り越える度に思うよ 支えてくれる人の力と 途方もない量の愛情 そのすべて胸に刻んで 僕らはまた遥かな旅をする  物語の始まりは何時かの 小さな小さな1ページから 誇り高く 皆の夢乗せて 壮大な旅をしよう どうせならば最高の旅ににしよう!! 僕らギター弾くから歌ってよ 笑いながら今 この一歩 踏み出していく 果てしない夢旅 続いていく夢旅
borderClariSClariSmeg rock重永亮介重永亮介いつも通りの あたりまえの日々を いつまで こんな風に 過ごせるんだろ? そんなこと 考えた 瞬間から おわりは はじまりかけちゃってるのかな?  よく当たる占いとか はねた髪のせいにして だけど 今日も変われないまま 立ちすくむ  君のいない そんな世界になって はじめて 今日という日を 後悔する なんて 嫌だ 今 しかない いつだって 知ってたのに 今日も 云えなくて  鼻先を くすぐってく 春の匂い 置いてかれないように 焦ってしまう いつもより 少しだけ 急ぎ足で あたりまえだった日々 追い越していく  あきらめられるんだったら 一番 簡単なのにね あきらめきれない このままじゃ だめなんだ  君のいない そんな世界になって はじめて 今日という日を 後悔する なんて 嫌だ 今 しかない いつだって 知ってたのに 今日も 云えなくて  完璧ばかり 求めてるような気がする 勝手に期待して 勝手に凹んで もう だめだと思っても すぐに ほら 加速する きもち また 心を はみだした  君のいない そんな世界になって はじめて 今日という日を 後悔する なんて 嫌だ 今 しかない いつだって 知ってたのに ずっと 云えなくて  あんな日々に もう 二度と 戻れないとしても ねぇ 何度でも あたらしく はじめたい 今 しかない いつだって 知ってるから 今日は 云いたくて  ねぇ 何度でも.. 今 しかない いつだって 境界線 飛び越え 君に 届くように
Wanna be now板野友美板野友美秋元康重永亮介重永亮介「変わらないでいてくれ」なんて 勝手なこと言わないで この恋から去るのはあなたでしょ? 私に足りないもの 私じゃだめなのは How come? 心が引き裂かれるよ Hard to say “Good-bye”  Come on baby, do it now, do it now 冷静なフリして聞いていても Come on baby, do it now, do it now この頬を伝わってく熱い雫は何? 動揺?抵抗?あきらめ?悔しさ? 自分が自分でいられなくなってしまう  I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now あなたから見れば 強く見えるでしょう I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now 人前じゃ泣いたことなかったからね I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now この胸のどこか現実の棘が刺す I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now 記憶が今 痛い 悲しみ 止まらない  「今でも愛してる」なんて 安い言葉いらないわ 別れを選んだのは私じゃない いつのまにか終わってた 目の前の世界はSad 何にも残ってないよ I lose all of you  Come on baby, do it now, do it now 生まれ変わったって 同じように生きる Come on baby, do it now, do it now この過ち 何度も繰り返すわ きっと 愛しさ?愚かさ?感情?メビウス? こんなに誰かをもう2度と愛せやしない  I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now あなたと出会って夜が長くなった I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now 美しい花は一瞬で枯れてく I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now 昨夜( ゆうべ) 見た夢もあっけなく終わるもの I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now 瞼の奥 残る その顔忘れたい  I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now どうにもこうにも手だてがなくなった I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now 持て余す時間 どうすればいいのか? I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now 遠ざかる背中 抜け殻が叫んでる I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do now やさしく もうしないで 期待をさせないで  I wanna be, wanna be now, Gonna do, wanna do, wanna do
眠り姫ClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介ひとつふたつ 終わり数えるカリキュラム ゆっくり廻る 針を追いかけて過ごしてるの  五分半で見た夢の続きなんて もうこれ以上 退屈しのぎを求められない  22世紀のわたしは ロマンス求めるプログラム 目覚まし時計なんてもう必要ないの  ミナイコナイイナイキライ わたし眠り姫 現実じゃない空を飛ぶためのチートコード 泣いて泣いて泣いて泣いて 嫌な事だけは リセット出来ない 繰り返しまた夢を見る  ひとつふたつ 埋まってく仮想メモリー 近未来の恋とは何かを探してたの  長い黒髪を揺らした 少女にまつわる七不思議 言葉の一部始終 誰も覚えてないの  ユレルマワルワラウキエル わたし眠り姫 物語のトビラを開いていくキュレーター 泣いて泣いて泣いて泣いて 秘密の未来は リセットしても 忘れずにまた夢を見て  時の隙間を流れていく ひとつになった世界を歩いて確かめる  ミナイコナイイナイキライ わたし眠り姫 現実じゃない空を飛ぶためのチートコード 泣いて泣いて泣いて泣いて 嫌な事だけは リセット出来ない 繰り返しまた夢を見る 約束した時間まで また夢を見る
かくれんぼClariSClariS伊田学伊田学重永亮介もういいかい? まだだよ 離れたくないよ でも 時は出会いと別れ運ぶの  優しい風が髪をなでる 穏やかな季節は いつも忘れそうになるね 別れくること  もういいかい? まだだよ 離れたくないよ でも 時は出会いと別れ運ぶの  涙がこぼれないように ぎゅっと手を握りしめたまま ひらひら舞う花びら それぞれの道目指して  もういいかい? まだだよ 離れたくないよ ねぇ もうちょっとこのままで 時間よ とまれ  歩く道も 窓ガラスに映るこの景色も 見慣れたはずなのに 少し変わってみえた  もういいかい? まだだよ いつも傍にいたのに 時は出会いと別れ運ぶの  いつか離れる日が 来るのは分かっていたけれど きらきら過ごした日々 また振り向いてしまうの  涙がこぼれないように ぎゅっと手を握りしめたまま ひらひら舞う花びら それぞれの道目指して  もういいかい? まだだよ 離れたくないよ でも 時は出会いと別れ運ぶの  もういいかい?まだだよ いつも傍にいたのに 時は出会いと別れ運ぶの  もういいかい? まだだよ もういいかい? まだだよ もういいかい? まだだよ もういいかい? もういいよ
9lives中川翔子中川翔子岩里祐穂重永亮介重永亮介27歳伝説があるという ジャニス、エイミー、ジミヘン、カート、ブライアン 夢追い続けた 凄い奴らがいた 輝き 燃え尽きて 星になった  そうさ 伝説の彼らには勝てません でも 私たち 伝説越えで  生きる、っていうことと格闘してる自分がここにいるんだぜ 夢見て 転んで 谷底見て 生き恥さらして生き抜いてやりたい 一生モノの一生なら 一度生きたくらいじゃ足りないだろう 美しいものや悲しみや この世は 私が知らないことだらけで溢れてるから  9回 猫は生きると言います 9つの命を持ってるらしい もしかして 夢に破れたとしても 何度だって人も生き直せるはずさ  陰日向に咲け 明日の風よ 吹け 勝ち負けじゃない、なんて 綺麗過ぎ?  愛す、っていうことで漂流してる自分がここにいるけれど 夢見て 壊して また出会って 意味が分かるまでそれを探すでしょう 一生分の一生なら 一生かけて追いかけ続けようぜ こんな強さや弱さや愛しさや 一番私が知らないのは“私”かもしれない  根っこを生やすのさ 土の中でシブトク 強く 見えているものは ほんの一部さ 笑顔 泣き顔  生きる、っていうことと格闘してる自分がここにいるんだぜ 夢見て 転んで 谷底見て 生き恥さらして生き抜いてやりたい 一生モノの一生なら 一度生きたくらいじゃ足りないだろう 美しいものや悲しみや この世は 私が知らないことだらけで溢れてるから
制服アイデンティティー渡辺麻友渡辺麻友秋元康福田貴訓重永亮介歩道橋の手すりから 渋谷を眺めていたら 真下を走る車に 涙が轢(ひ)かれた  あなたに振られたことが 悲しいのとは違う もしもこの恋が上手く 叶ったとしても泣いた  青や赤の信号が 心にあればいいのに ふいに感情ぶつかって 傷つかずにすむよ  制服を脱ぎ捨てたら 私はどうなるのでしょう 肩書きも何もない ただの普通の女の子 制服を脱ぎ捨てたら 自由になれますか? 何をしてても自信がないの 制服のアイデンティティー  センター街ぶらぶらと HARIBOのグミ食べながら 友達との約束は どうでもよかった  あなたに恋をしたのは 変われると思ったから 誰かのためなら 自分 好きになれるかもなんて…  行き交う人たちの波に いつのまにか流されて どんな道を歩いたのか 何も覚えてない  あなたにも聞きたかった 私は誰なのでしょう? 何のため生きてるの? 何のために生まれたの あなたにも聞きたかった 心が見えますか? 私らしさが空っぽみたい 制服のアイデンティティー  制服を脱ぎ捨てたら 私はどうなるのでしょう 肩書きも何もない ただの普通の女の子 制服を脱ぎ捨てたら 自由になれますか? 何をしてても自信がないの 制服のアイデンティティー  私らしさが空っぽみたい 制服のアイデンティティー
ロマンティックいか焼きGOLD LYLIC乃木坂46GOLD LYLIC乃木坂46秋元康横健介重永亮介ターコイズのリング(Ah! Ah!) 並べたような海(Ah! Ah!) 恋人と(そう)やって来た(今) 初めての砂浜(ほら)  ちょっと冒険した(うん) 水着が恥ずかしい(Ah! Ah!) どことなく(まあ)ぎこちない(なぜ) 真夏の過ごし方  空の太陽が ハート 焦がしてる あなたは立ち上がり 海の家へ  お待たせ ロマンティックいか焼き 「なんか腹へって食べたくなった」 棒に(棒に)刺さってる あなたの照れ隠し ロマンティックいか焼き こんなものもキラキラして見える 恋は(恋は)催眠術 2人で食べれば LOVE LOVE LOVE  背中を灼いた後(Ah! Ah!) お腹も灼かなきゃね(Ah! Ah!) うつ伏せも(そう)仰向けも(今) ときめいてしまうの(ほら)  誰かを好きになると(はい) あばたもえくぼだし(Ah! Ah!) 日常の(あれ)そのすべて(これ) 変わって見えて来る  カッコつけないで 心 丸裸 あなたの実物大 惹かれてるの  冷たい サディスティックかき氷 もっと直球でつきあいたいの 奥歯(奥歯)染みるけど そんな私も見て サディスティックかき氷 どこにもあるそんな夏がいいね 2人(2人)思い込む 過ぎてく時間が LOVE LOVE LOVE  お待たせ ロマンティックいか焼き 「なんか腹へって食べたくなった」 棒に(棒に)刺さってる あなたの照れ隠し ロマンティックいか焼き こんなものもキラキラして見える 恋は(恋は)催眠術 2人で食べれば LOVE LOVE LOVE  サディスティックかき氷 もっと直球でつきあいたいの 奥歯(奥歯)染みるけど そんな私も見て サディスティックかき氷 どこにもあるそんな夏がいいね 2人(2人)思い込む 過ぎてく時間が LOVE LOVE LOVE
サヨナラの橋渡辺麻友渡辺麻友秋元康MIKOTO重永亮介ここから手を伸ばせば 届きそうな気がする いつもより 大きく見えて来る 沈む太陽  楽しかった出来事は あっと言う間に終わる なぜだろう? 進む針のスピードが早かった  あなたと過ごした 教室の窓 あの日の景色は 思い出の中へ  好きでした あなたが好きでした 恋心 今さら気づきました 好きでした とっても好きでした サヨナラが教えてくれました  校庭の片隅に 葉も落ちた桜の木 この下で約束したことは 叶うでしょうか?  思い出はいつだって 事実よりも美しい 少しずつ 大事なことを忘れてゆくから  あなたと歩いた 駅までの道 未来の景色は 次の曲がり角  好きでした あなたが好きでした 初恋は 一つ目の決心でした 好きでした 幼い恋でした サヨナラは教えてくれません  好きでした あなたが好きでした 恋心 今さら気づきました 好きでした とっても好きでした サヨナラが教えてくれました  サヨナラが未来の橋でした
blossomClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介溢れ出す想いはいつかきっと 君に伝えにゆくからほら きらめく空に 背を向けないで 待っていてね  キラリ咲く街を駆け抜け 太陽にウィンクして ポケットには一つキャンディー 胸には花を飾り  まだ見慣れない背中を見て 密かに胸を熱くさせて 大きく深呼吸をしたなら また走り出すよ  恋が始まる瞬間なんて こんなに単純なもので 新しい境界線越えるよ  溢れ出す想いはいつかきっと 君に伝えにゆくからほら きらめく空に背を向けないで 待っていてね  口笛を響かせながら ご機嫌なステップで 聞き慣れたメロディーもほら キラキラに変わるから  あどけない言葉を交わせば いつまでも続く無重力 何度も思い出すワンシーン ちゃんと笑えてた?  君に出会う前の私なんて 何をしてたのかわかんない 恋をする事の意味を知ったよ  この目で見たどんな景色にも 君を呼び込んじゃうから今 きらめく空も あきれるくらい 恋をしてる  流れ星に願いをかけたら 会えない時の溜め息全部 届けたい想いに変えるよ きっと  恋が始まる瞬間なんて こんなに単純なもので 広い空に花が咲いてゆくよ  止まらない想いはいつかきっと 君に伝えにゆくからほら きらめく空が 背中を押してるよ ねえ 好きだよってちゃんと言える時まで 待っていてね
メロメロバッキュンDancing DollsDancing Dolls鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)重永亮介君のこと知らずに生きていたの それなりに楽しく そんな時突然に僕の世界が誰かに染まる  昼も夜も朝も夢の中も 離れない離れない君の炎  バッキュン!ハニー命かえして 打ち抜いた熱視線 だめだよ抗えない されるがまま  どんな事を話せばいい? 考えるだけで胸は騒ぐ  明日会えるのかな、わからないけど オシャレなシャツとカーディガンを着て行こう  バッキュン!ハニー胸に秘めた 想いが溢れてく 他の誰かじゃ意味無い 君じゃなけりゃ  見つめられると一歩も動けない まな板の上のコイとはこの事?  バッキュン!ハニー命かえして 打ち抜いた熱視線 だめだよ抗えない されるがまま  バッキュン!ハニー優しくして 立ち直れなくなる だめだよカッコつけれない 照れるがまま
泣かないよClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介夕暮れの帰り道 伸びてゆく影 俯き歩いた 一人きり思い出す 考えだせば終わりはなくて  もう泣かないって決めたのに すぐ抱きしめてくれるから その腕の中 眠りにつくまで  怖い夢さえ見なくていいように その声を聞かせ続けてね 知らない事ばかりの道 迷ってしまっても すぐに導いてくれるから  ふわりと浮かぶ優しさの数は まだこれだけじゃ足りないから 見えない未来にも光を見せ続けて  途切れないように温もりで繋いでいて  窓の外 夜の空 星屑の海 ゆっくり歩いた ここはまだ夢の途中 目が覚めた時 覚えてるかな  ぶつかりあってしまっても この手を離さないでね 今より強くなれるその日まで  暗い夜でも泣かないでいいように その声を聞かせ続けてね 誰も知らない秘密の箱を開ける鍵は その言葉しかないんだから  涙を包む優しさの数は まだこれだけじゃ足りないから まだ弱い私に光を見せ続けて 忘れないように温もりで繋いでいて  幼い頃に聞かせてくれた 絵本の中の話みたいに 誰よりも強く優しくなって 今度はあなたを守ってあげたい  ここに生まれた確かな奇跡は 今もまだ続いているんだ どんな辛い時でも握り返してくれる あなたの手が側にあるから  未来を紡ぐ優しさの数は この胸に溢れているから これからも私は知らない道を行くけど 大丈夫だから もう一人で泣かないよ
小指の微笑み渡辺麻友渡辺麻友秋元康杉山勝彦重永亮介ピンキーリング 左の小指はあなたのためのもの そんなに意味ある指輪じゃなくてもいい 何かひとつくらいプレゼントしてチョーダイ! 大事な誰かに見守られるように  恋人宣言 まだまだ早いでしょ? 普通に喋って普通にケンカだってウェルカムよ  “愛してるよ”の代わりに 小指 立てて微笑む 2人の秘密のメッセージ あなたとわかり合えたら それだけで大満足 恋は進行形  2000円の カワイイ指輪はサイズもピッタリで どこかの路上で売られてたものなんでしょう? 私のバースディ あなたのポケットから マジックみたいに小指にやって来た  本物よりも 今は安物がいい 毎日 毎日 普段使いをしたいから  “愛してるよ”をいっぱい いつも言っているような あなたの無言のテレパシー みんなと一緒の時は 知らんぷりしていてね 愛の証拠品  私と恋をする人 この指にとまって まわりに気づかれないように… 先着1名様かぎり ハートを自由に使って  “愛してるよ”の代わりに 小指 立てて微笑む 2人の秘密のメッセージ あなたとわかり合えたら それだけで大満足 しあわせよ  “愛してるよ”をいっぱい いつも言っているような あなたの無言のテレパシー みんなと一緒の時は 知らんぷりしていてね 愛の証拠品 罪なピンキーリング
ヤーレンソーラン遊助遊助遊助重永亮介重永亮介気まぐれ真夏が訪れた 目にもの見せたる ええんか炎天下 我らが踊れば風になる 回り回って舞い上がれい  せっかちな雪駄 ひらり手のひら 朝から晩まで騒いだれ ガッツリはちまき 帯締め両手 上げろ 届け 声よ  ヤーレンソーラン 舞い散らせ 海越え雲突き抜けるまで 嫌な事 笑って 夢にのせ 祭り祭られて 風車  雨が降らなけりゃ虹出ない 涙が出なけりゃ笑えない 我らが踊れば和ができる 笑い笑って 星ごと揺らしたれ  あんた地元どこさ? 照れてるならば 四の五の言わずに体揺らせ なんとかなるさ なんとかしてきたろ? だからくれよ 笑顔  ヤーレンソーラン 舞い散らせ 海越え雲突き抜けるまで 嫌な事 笑って 夢にのせ 祭り祭られて 風車  ヤーレンソーラン 見せてやれ その心 燃え尽きるまで 明日は野となれ山となれ 出せるぜ 火事場の馬鹿力  ヤーレンソーラン 舞い散らせ 海越え雲突き抜けるまで 嫌な事 笑って 夢にのせ 祭り祭られて 風車
咲色リフレインピコピコピコTETSUYA重永亮介どれだけ傷ついて どれだけ怖かった また一つ 枯れてしまったの 訪れる明日は 君だけ置き去りで 何を信じ 何を伝えたいの  降り続ける雨は僕らのようだね それでもいつの日か明けていく空には何が見える  君の為に 傍にいるよ 君の為に 愛してるよ 咲かせるから この世界を七色に染める花  君の為に 笑えるように 君の為に 泣けるように その涙が その想いが この世界照らす花  寄り添ってた花は一人ぼっちだけど 強く咲いて強く生きていくんだ  大きなこの世界も空は一つだけ 思い切り叫んだ いつだって僕ら繋がってる  会いたくても 愛しくても 悲しくても 苦しくても その涙が その想いが この世界照らす花  君の為に 傍にいるよ 君の為に 愛してるよ 咲かせようか この世界を七色に染める花  この手で  君の為に 夢を描こう 君の為に 忘れないよ 咲かせるから この世界を七色に染める花  会いたくても 愛しくても 悲しくても 苦しくても その涙が その想いが この世界照らす花  君の為に 傍にいるよ 君の為に 愛してるよ 咲かせようか この世界を七色に染める花  この手で
treasureClariSClariS重永亮介重永亮介重永亮介君と過ごした時間は 一秒も忘れない この心が この感情が 君の名前を呼んでるよ  一つまた季節が 過ぎ去ろうとしているけど 話せなくて もどかしくて 淋しさに負けそうで  感じてる想いは 言葉なんかに出せなくて 違う道を進む君に 何も伝えられなかった  一人じゃ抱えきれない 愛しさがなんか怖い 君と過ごせる今が このまま続けばなんて  優しいその笑顔 揺れ動くこの心 渡すはずの手紙 ずっと握りしめたまま  桜の花が二人の色を変えて 強がりだけ膨らんだまま 手を振る度また 泣きそうになるよ  君と過ごした時間は 一秒も忘れない この心が この感情が 君の名前を呼んでるよ  一人きりの部屋で 下を向いて 膝を抱え 小さな窓 開けて少し ため息を逃がした  感じてる想いは もう言葉にも出せなくて もっと強く君の事を 焼き付けていれば良かった  日記に挿すしおり 机に置いたボタン 欲張りすぎた時間 一つ一つ覚えてる  夜の空に響く 懐かしいこのメロディ ただ近くにいれば それだけで幸せだった  泪も枯れる程 泣き明かしたなら この痛みも この淋しさも 乗り越えてゆけると思ってたのに 届かない想いの悔しさはそうきっと 他の誰かじゃ埋められない 君を捜し続けてるよ  辛い事だけじゃないよ 大切なものは全て この胸の奥 いつまでもね 輝き続ける 流した泪もきっと いつか宝物になる 私の道はまだ 続いているから  セピア色に染まる心のフォトグラフ 誰かを好きになる事が こんなに辛いなんて思わなかった  君と過ごした時間は 一秒も忘れない この心が この感情が 君の名前を呼んでるよ  桜の花が二人の色を変えて 強がりだけ膨らんだまま 手を振る度また 泣きそうになるよ  届かない想いは ほら形を変えてく 君を好きでいたこの日々が 心に在り続けるから
君が消えた日遊助遊助遊助Ryosuke Shigenaga重永亮介何をすればいいのか 分からない いきなり君が 消えた日から 何を見て 笑ってたのか 思い出せない あり得ない事実を 耳にしてから  泣きたいのはこっちなのに 君はすがり 見つめる瞳から 僕は目をそらした 呆然と立ち尽くし 拳を握り 左胸に寄りかかるから 突き放した  なんで? なんで? 君が? ウソだ? 怒りを越えて 笑ってホホをつねった 君がくれた 僕の夢は 何者かに簡単に壊された  何を見ても 色あせた思い出ばかり いきなり君が 消えた日から 何の曲を聞いても まだ涙が出ない かすれた「ごめんなさい」耳にしてから  情けなくて 同情も心配もいらない 何日も何日も 夢だと願った 朝起きて見る景色 変わらずに 前に進もうとする道を 曇らせた  なんで? なんで? 僕が何した? 怒りを越えて 笑ってホホをつねった 君がくれた 僕の夢は 何者かと君に壊された  空しくて 悔しい 自分情けなくて 支えてくれた友達に 申し訳なくて でも君を嫌いになれないから 笑って 我慢することが戦いならば  二人で歩き 温めた宝 ガラクタだったなんて 思いたくないから 胸にしまい 君は呼ぶな 振り返る僕の顔 きっとグシャグシャだから
Come on!板野友美板野友美秋元康重永亮介重永亮介Come on! Everybody! ついておいでよ! Come on! Get going! 恋をする女たちよ Come on! Everybody! 胸の奥の気持ち Come on! Let's do it! さあ 伝えに行こうぜ! Come on!  Come on! Everybody! ついておいでよ! Come on! Get going! 思い悩む女たちよ Come on! Everybody! ノックしなきゃ変わらない Come on! Let's do it! 扉を開けようぜ! Come on!  Get it Get his mind Get it Get his mind Keep it for yourself Keep it for yourself 甘い香りの花ならば 手を伸ばせよ Get it Get his mind Get it Get his mind Keep it for yourself Keep it for yourself ただ黙って見ていても 枯れて行くだけだろう  Come on! Everybody! イカシタ男たち Come on! Get going! 心して待っていろよ Come on! Everybody! 仕掛けられたエクスタシー Come on! Let's do it! Yesか?Noなのか? Come on!  Come on! Everybody! 男も女も… Come on! Get going! ハートをぶつけようぜ! Come on! Everybody! 愛は力だ Exactly! Come on! Let's do it! 思いを押し倒せ! Come on!  Make him fall in love! Make him fall in love! Take it for myself! Take it for myself! 花になれたら短くも美しいまま Make him fall in love! Make him fall in love! Take it for myself! Take if for myself! その手で手折(たお)られば 枯れるのも本望だ  Come on! Everybody! ついておいでよ! Come on! Get going! 恋をする女たちよ Come on! Everybody! 胸の奥の気持ち Come on! Let's do it! さあ 伝えに行こうぜ!  Come on! Everybody! ついておいでよ! Come on! Get going! 思い悩む女たちよ Come on! Everybody! ノックしなきゃ変わらない Come on! Let's do it! 扉を開けようぜ! Come on!  Come on! Everybody! Come on! Get going! Come on! Let's do it! Come on!
Magical Circle豊崎愛生豊崎愛生重永亮介重永亮介重永亮介ほら 星の泪 砂の雫 目からこぼれ落ちた 儚いお話じゃつまらない くるくるメリーゴーランド  わからずやの わがままなへりくつ でもどこか憎めないの 淡い物語 手を触れれば 溶けてしまいそうな 映画で見たような恋 作れそうかな?  繋がる離れる ためらわないで笑顔見せてよ お願い本当の 恋の味が知りたいだけ  空 流れる雲 うたう私 探す愛の話 嘆いてる天使じゃいられない 止めないで側にいて また 夢の中で素敵な星 見つけられるのかな 消せない恋の火は煌めき くるくるメリーゴーランド  ほら 星の泪 砂の雫 目からこぼれ落ちた 儚いお話じゃつまらない くるくるメリーゴーランド  空 流れる雲 うたう私 探す愛の話 嘆いてる天使じゃいられない 止めないで側にいて また 夢の中で素敵な星 見つけられるのかな 消せない恋の火は煌めき くるくるメリーゴーランド
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ヘイヘイブギー
  3. うれしいひなまつり
  4. オレンジ
  5. 買物ブギー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Value
  2. ババーンと推参!バーンブレイバーン
  3. LOVEなシーン with BRADIO
  4. Flowery
  5. 呪って呪って

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×