シユイの歌詞一覧リスト  19曲中 1-19曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
19曲中 1-19曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
麗春花 新曲本心から響く本音は 言えないまま声を殺している  臆病な僕はいつもこっそり この傷を褒めている  日々に招待 トークタイム 『一番綺麗な服は?』 予想通り異論が集まる 合う合わないあって当たり前 そうやってシンプルに 割り切って生きていきたいな  オーダーメイドなんだ僕ら 完璧主義の型を真似たって 締めつけて苦しいでしょう 自分の型を知って磨いていけば良いって なんだか素敵じゃない?  いつかこのグルーヴが誰かの好きになって いつかこのグルーヴが身体を動かしていく  グッと堪えもしないで もっと気楽で 緩い世界にでもなったらいいなぁ  何気ない痛みが襲っても だだ気にしないで堪えていたから もう辛いとヘイトが溜まっていく  聴こうともしないのに 聞こえやしないだろう どんなミュージックも 僕らの  心正体 ショータイム 『一番綺麗な音は?』 予想外の結論に詰まる 合う合わないあってOur life そうやってシンプルに 割り切って生きていきたいな  オーダーメイドなんだ僕ら 完璧主義の型を真似たって 締めつけて苦しいでしょう 自分の型を知って磨いていけば良いって なんだか素敵じゃない?  いつかこのグルーヴが誰かの好きに育って いつかこのグルーヴが身体を動かしていく  グッと堪えもしないで もっと気楽で 緩い正解にでもなったらいいな 新曲シユイ栗山夕璃栗山夕璃本心から響く本音は 言えないまま声を殺している  臆病な僕はいつもこっそり この傷を褒めている  日々に招待 トークタイム 『一番綺麗な服は?』 予想通り異論が集まる 合う合わないあって当たり前 そうやってシンプルに 割り切って生きていきたいな  オーダーメイドなんだ僕ら 完璧主義の型を真似たって 締めつけて苦しいでしょう 自分の型を知って磨いていけば良いって なんだか素敵じゃない?  いつかこのグルーヴが誰かの好きになって いつかこのグルーヴが身体を動かしていく  グッと堪えもしないで もっと気楽で 緩い世界にでもなったらいいなぁ  何気ない痛みが襲っても だだ気にしないで堪えていたから もう辛いとヘイトが溜まっていく  聴こうともしないのに 聞こえやしないだろう どんなミュージックも 僕らの  心正体 ショータイム 『一番綺麗な音は?』 予想外の結論に詰まる 合う合わないあってOur life そうやってシンプルに 割り切って生きていきたいな  オーダーメイドなんだ僕ら 完璧主義の型を真似たって 締めつけて苦しいでしょう 自分の型を知って磨いていけば良いって なんだか素敵じゃない?  いつかこのグルーヴが誰かの好きに育って いつかこのグルーヴが身体を動かしていく  グッと堪えもしないで もっと気楽で 緩い正解にでもなったらいいな
BOOOM!! 新曲色褪せたネオンサインに 鳴り止まないちゃちなループ 継ぎ接ぎのコントラストに溺れる たった一人孤独なビリーヴァー  明け方の街に こぼれた下らないミュージック 安っぽい言葉に安堵する 空っぽのミッドナイト  見て見ぬフリで過ぎて行くような そんな満たされない日々なんて 付き合い切れないわ  ぶちかませ Bang!! Bang!! 期待もできない そんな人生嫌でしょ? ドラマチックに行こうぜ 一秒も無駄にすんな  Bow!! Wow!! 世界に吠えろ ハッピーエンドを掴むまで 煮え切らないその現状も 愛してやれ  鏡の中絆されて 奇跡を待つ いつだって無力な僕達は 一人きり踊っている  逃げ出した昨日も 理不尽に割食った今日も 明日はまた何度だって始まるのさ さあ取り返せ  ここからさ  巻き起こせ Boom!! Boom!! そんな半端じゃ 生きた心地もしないでしょ? 盛大に驕れ 卑下してる時間は無いぜ  Dump!! Dump!! しがらみとか全部 要らないもんはまとめて燃やせ 腐り切ったその常識に 渾身の一撃を打て 新曲シユイTeary PlanetTeary Planet色褪せたネオンサインに 鳴り止まないちゃちなループ 継ぎ接ぎのコントラストに溺れる たった一人孤独なビリーヴァー  明け方の街に こぼれた下らないミュージック 安っぽい言葉に安堵する 空っぽのミッドナイト  見て見ぬフリで過ぎて行くような そんな満たされない日々なんて 付き合い切れないわ  ぶちかませ Bang!! Bang!! 期待もできない そんな人生嫌でしょ? ドラマチックに行こうぜ 一秒も無駄にすんな  Bow!! Wow!! 世界に吠えろ ハッピーエンドを掴むまで 煮え切らないその現状も 愛してやれ  鏡の中絆されて 奇跡を待つ いつだって無力な僕達は 一人きり踊っている  逃げ出した昨日も 理不尽に割食った今日も 明日はまた何度だって始まるのさ さあ取り返せ  ここからさ  巻き起こせ Boom!! Boom!! そんな半端じゃ 生きた心地もしないでしょ? 盛大に驕れ 卑下してる時間は無いぜ  Dump!! Dump!! しがらみとか全部 要らないもんはまとめて燃やせ 腐り切ったその常識に 渾身の一撃を打て
バームクーヘン 新曲あなたは突然背後から肩を叩いてきて 「これ食べて元気出して」よこしてきたのバームクーヘン 思い出したコンプレックス 拍車かかる疲労の様子です あなたには共感できないでしょう だってわたしは劣等生!  でも、だって、ばかりの声 でもやめられなくて でも、だって、ばかり それこそわたし わたし わたし  バームクーヘンみたいに言い訳重ねて重ねて重ねてく妖精 それなのにバームクーヘンみたいに言い訳を甘く育ててく人生 バームクーヘンみたいに言い訳重ねて重ねて重ねてく妖精 それなのにバームクーヘンみたいに言い訳を甘く育ててく人生 頬張ってパクっと現実逃避  あなたは突然背後から肩を叩いてきて 「旅先のお土産」ってよこしたものもバームクーヘン  O O O O 知らないとこに連れ去ってほしいの O O O O だけどたまに寄り道してほしいの 傷だらけのHighway 水たまりに蒸かしてMy way 愛されたいよそっと 洒落た笑顔を重ねて  バームクーヘンみたいに言い訳重ねて重ねて重ねてく妖精 それなのにバームクーヘンみたいに言い訳を甘く育ててく人生 バームクーヘンがどうもわたしみたいだって自意識さえも大!大! それなのにバームクーヘンみたいに言い訳を甘く育ててく人生 aaaaaaaaaa  la la la la la la 新曲シユイChinozoChinozoあなたは突然背後から肩を叩いてきて 「これ食べて元気出して」よこしてきたのバームクーヘン 思い出したコンプレックス 拍車かかる疲労の様子です あなたには共感できないでしょう だってわたしは劣等生!  でも、だって、ばかりの声 でもやめられなくて でも、だって、ばかり それこそわたし わたし わたし  バームクーヘンみたいに言い訳重ねて重ねて重ねてく妖精 それなのにバームクーヘンみたいに言い訳を甘く育ててく人生 バームクーヘンみたいに言い訳重ねて重ねて重ねてく妖精 それなのにバームクーヘンみたいに言い訳を甘く育ててく人生 頬張ってパクっと現実逃避  あなたは突然背後から肩を叩いてきて 「旅先のお土産」ってよこしたものもバームクーヘン  O O O O 知らないとこに連れ去ってほしいの O O O O だけどたまに寄り道してほしいの 傷だらけのHighway 水たまりに蒸かしてMy way 愛されたいよそっと 洒落た笑顔を重ねて  バームクーヘンみたいに言い訳重ねて重ねて重ねてく妖精 それなのにバームクーヘンみたいに言い訳を甘く育ててく人生 バームクーヘンがどうもわたしみたいだって自意識さえも大!大! それなのにバームクーヘンみたいに言い訳を甘く育ててく人生 aaaaaaaaaa  la la la la la la
べらべら 新曲雷雷雷  better better oh oh oh better better  他他他 他以外に 盲目に引火指定 いつだって曖昧に pa pa pa parry parry parry  たた 大概に 流されて消火指定 いつだって曖昧に fu fu fu funny funny funny  ベラベラベラ口減らない南無 ベタベタベタして気味悪いworm ヘラヘラヘラ頭足りない南無 better better better 精々頑張んな  そうさ不恰好だっていいわ あゝbetter better だって形だけの人生なんて つまんないわ  転んでばっかくらいが 丁度良いわ 誰も聞いた事無い音を 鳴らせ  雷雷雷  better better oh oh oh better better  色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是  parry parry parry  是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減  fuzzy fuzzy fuzzy  ベラベラベラ口減らない南無 ベタベタベタして気味悪いworm ヘラヘラヘラ頭足りない南無 better better better 精々頑張んな  散らばって威張って威張って just critter. just critter this. 絡まって待って待って just may be lonely  なんだって「だってだって」 just critter. just critter this. 嘲ってウケんねウケんね just may be lonely  魂にもしも色があったなら 私の色は何色だろう 灯した光の数だけ 色が濃くなってゆく 鳴らした音の数だけ 私は強くなる  そうさ不恰好だっていいわ あゝbetter better だって形だけの人生なんて つまんないわ  転んでばっかくらいが 丁度良いわ 誰も聞いた事無い音を 鳴らせ  雷雷雷  better better oh oh oh better better oh oh oh 新曲シユイハイノミハイノミ雷雷雷  better better oh oh oh better better  他他他 他以外に 盲目に引火指定 いつだって曖昧に pa pa pa parry parry parry  たた 大概に 流されて消火指定 いつだって曖昧に fu fu fu funny funny funny  ベラベラベラ口減らない南無 ベタベタベタして気味悪いworm ヘラヘラヘラ頭足りない南無 better better better 精々頑張んな  そうさ不恰好だっていいわ あゝbetter better だって形だけの人生なんて つまんないわ  転んでばっかくらいが 丁度良いわ 誰も聞いた事無い音を 鳴らせ  雷雷雷  better better oh oh oh better better  色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是  parry parry parry  是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減  fuzzy fuzzy fuzzy  ベラベラベラ口減らない南無 ベタベタベタして気味悪いworm ヘラヘラヘラ頭足りない南無 better better better 精々頑張んな  散らばって威張って威張って just critter. just critter this. 絡まって待って待って just may be lonely  なんだって「だってだって」 just critter. just critter this. 嘲ってウケんねウケんね just may be lonely  魂にもしも色があったなら 私の色は何色だろう 灯した光の数だけ 色が濃くなってゆく 鳴らした音の数だけ 私は強くなる  そうさ不恰好だっていいわ あゝbetter better だって形だけの人生なんて つまんないわ  転んでばっかくらいが 丁度良いわ 誰も聞いた事無い音を 鳴らせ  雷雷雷  better better oh oh oh better better oh oh oh
in 新曲飽きもせず涙は出るの 届かないなこのままの心だけじゃ 包みこんだ夜に溶けるままに 歌うままに  聞こえないフリをしてた 願えるならば 楽にさせてよ  降り注ぐ 星空の中 ずっとずっと夢の奥へ 覚えているこの記憶だけ 揺られるままに この歌と風に乗るの  変わらない 景色の横で 一瞬たりと その合図を見逃さないでいて ざわめきの中に見える それを抱きしめたい  空っぽな 不正確な 答えも忘れ 今は歩く  形ない 毎日に灯る 果てに果てに僕は何を? 透明なまま 純情なまま 変わらない夜 歌わせてくれ  降り注ぐ 星空の中 ずっとずっと夢の奥へ 覚えているこの記憶だけ 揺られるままに この歌と風に乗るの 新曲シユイMIMIMIMI飽きもせず涙は出るの 届かないなこのままの心だけじゃ 包みこんだ夜に溶けるままに 歌うままに  聞こえないフリをしてた 願えるならば 楽にさせてよ  降り注ぐ 星空の中 ずっとずっと夢の奥へ 覚えているこの記憶だけ 揺られるままに この歌と風に乗るの  変わらない 景色の横で 一瞬たりと その合図を見逃さないでいて ざわめきの中に見える それを抱きしめたい  空っぽな 不正確な 答えも忘れ 今は歩く  形ない 毎日に灯る 果てに果てに僕は何を? 透明なまま 純情なまま 変わらない夜 歌わせてくれ  降り注ぐ 星空の中 ずっとずっと夢の奥へ 覚えているこの記憶だけ 揺られるままに この歌と風に乗るの
あんたがたどこさどろだらけでどうした 1人きりで泣いてさ 綺麗な顔を隠しているんだ ほら僕の手を取ってさ その心を解いてくれよ  アイツらはなんでさ 何に酔っ払ってさ 転んだ人を笑っているんだ 『身の程知らずの愚か者』だって?  上等  問題ないから 君は悪くないから そんなのしったこっちゃないってさ 叫んでやるんだよ 何にも心配ないから 僕が吹き飛ばすから 今はただ顔を上げて ゆっくり深呼吸してみようよ  ほら日が沈むから 少し話せるかな。 選んだ道に迷っているかい? いろんな事が嫌になるね 『消えたい』など言わんでくれよ。  生きる意味がないなら 好きに生きていいのさ 望んだままの明日に変わっていくさ 幸せになる事を 僕は知っているんだ。  大丈夫。  大丈夫!  問題ないから 君は悪くないから そんなのしったこっちゃないってさ 叫んでやるんだよ 何にも心配ないから 全部上手くいくから またいつか会えたなら 今日の意味が必ず分かるから  あんたがたどこさ 誰に酔っ払ってさ 言葉を交わすのシユイ栗山夕璃栗山夕璃栗山夕璃どろだらけでどうした 1人きりで泣いてさ 綺麗な顔を隠しているんだ ほら僕の手を取ってさ その心を解いてくれよ  アイツらはなんでさ 何に酔っ払ってさ 転んだ人を笑っているんだ 『身の程知らずの愚か者』だって?  上等  問題ないから 君は悪くないから そんなのしったこっちゃないってさ 叫んでやるんだよ 何にも心配ないから 僕が吹き飛ばすから 今はただ顔を上げて ゆっくり深呼吸してみようよ  ほら日が沈むから 少し話せるかな。 選んだ道に迷っているかい? いろんな事が嫌になるね 『消えたい』など言わんでくれよ。  生きる意味がないなら 好きに生きていいのさ 望んだままの明日に変わっていくさ 幸せになる事を 僕は知っているんだ。  大丈夫。  大丈夫!  問題ないから 君は悪くないから そんなのしったこっちゃないってさ 叫んでやるんだよ 何にも心配ないから 全部上手くいくから またいつか会えたなら 今日の意味が必ず分かるから  あんたがたどこさ 誰に酔っ払ってさ 言葉を交わすの
エピローグ出会いは少し肌寒い季節に君と 秋の葉が散った頃には 言葉を交わしてた 流れゆく杪秋 横目で追いかける  友達なのに胸が苦しい 素直になれない 自分を分かってよ  今 別れの鐘が鳴った 触れ合って見つめ合った 時間は何処へ  私いつからか恋に落ち 恋愛劇の千秋楽を 君に観せるよ  時は流れ 大人になって 変わらない風景に飽きてきて つまらない人生は まるで罰ゲームみたいだ なぜ なぜ なぜ?  聞こえた声は 紛れもないから 離れないように追いかけたけど 懐かしい背中には 何も言えなかった  今 別れの鐘が鳴った 笑い合って語り合った 時間は何処へ  私いつからか恋に落ち 恋愛劇の幕を 君と下ろしたね 愛が遠くなってく音が聞こえた まだ一緒に居たいと叫んだ まだ まだ まだ まだだから…  今 別れの鐘が鳴った 傷つけて涙した 時間は何処へ  私いつからか恋に落ち 恋愛劇の千秋楽を  今 心の鐘が鳴った 失って気づいた 時間が此処に  私いつからか恋に落ち 恋愛劇の幕を ひとり 下ろすからシユイひびね。ひびね。ひびね。出会いは少し肌寒い季節に君と 秋の葉が散った頃には 言葉を交わしてた 流れゆく杪秋 横目で追いかける  友達なのに胸が苦しい 素直になれない 自分を分かってよ  今 別れの鐘が鳴った 触れ合って見つめ合った 時間は何処へ  私いつからか恋に落ち 恋愛劇の千秋楽を 君に観せるよ  時は流れ 大人になって 変わらない風景に飽きてきて つまらない人生は まるで罰ゲームみたいだ なぜ なぜ なぜ?  聞こえた声は 紛れもないから 離れないように追いかけたけど 懐かしい背中には 何も言えなかった  今 別れの鐘が鳴った 笑い合って語り合った 時間は何処へ  私いつからか恋に落ち 恋愛劇の幕を 君と下ろしたね 愛が遠くなってく音が聞こえた まだ一緒に居たいと叫んだ まだ まだ まだ まだだから…  今 別れの鐘が鳴った 傷つけて涙した 時間は何処へ  私いつからか恋に落ち 恋愛劇の千秋楽を  今 心の鐘が鳴った 失って気づいた 時間が此処に  私いつからか恋に落ち 恋愛劇の幕を ひとり 下ろすから
君君舞正解ノウハウいらない 我が儘に アンサーし 自己責任用意 盛大に床を這い それでもいい明日に 色が無いより良い  憂いを込めた台詞を閉じ込められる程 うだつの上がらない今日 恐ろしくにべもない 見つめる在庫の裏 誰でも最初はこうだ 度重なる錆 チラつくネガ 足りない悔恨の念が 消えない根本の音が 歌っても歌っても足りないんだ ないんだ 渇きやすいエンドロール  Don't look back 吠えるがいい 簡単に存在壊されないように 存外 体は根を張り 白々しい弔いいらない 遠い方に I know I know 無謀だろ 実際いるんだろなろう 脳内Wonderlandだ 能天気カンガルー 知らずにオウンゴール 人外バイタル  正解ノウハウいらない 我が儘にアンサーし 自己責任用意 盛大に床を這い それでもいい明日に 色が無いより良い  Don't look back 吠えるがいい 君がいい 思うように言えばいいのに 存外声は届かない よく出来た物語  君君舞 好きに生きても良いが そのツケが来たるその時は キリキリマイ 嗤えばいいさ 何でもない この次に舞えば  君君舞 好きに生きても良いが そのツケが来たるその時は ギリギリline 攻められないのなら 認めるわ 限りなくMy badシユイ獅子志司獅子志司獅子志司正解ノウハウいらない 我が儘に アンサーし 自己責任用意 盛大に床を這い それでもいい明日に 色が無いより良い  憂いを込めた台詞を閉じ込められる程 うだつの上がらない今日 恐ろしくにべもない 見つめる在庫の裏 誰でも最初はこうだ 度重なる錆 チラつくネガ 足りない悔恨の念が 消えない根本の音が 歌っても歌っても足りないんだ ないんだ 渇きやすいエンドロール  Don't look back 吠えるがいい 簡単に存在壊されないように 存外 体は根を張り 白々しい弔いいらない 遠い方に I know I know 無謀だろ 実際いるんだろなろう 脳内Wonderlandだ 能天気カンガルー 知らずにオウンゴール 人外バイタル  正解ノウハウいらない 我が儘にアンサーし 自己責任用意 盛大に床を這い それでもいい明日に 色が無いより良い  Don't look back 吠えるがいい 君がいい 思うように言えばいいのに 存外声は届かない よく出来た物語  君君舞 好きに生きても良いが そのツケが来たるその時は キリキリマイ 嗤えばいいさ 何でもない この次に舞えば  君君舞 好きに生きても良いが そのツケが来たるその時は ギリギリline 攻められないのなら 認めるわ 限りなくMy bad
君よ 気高くあれ誰もが縛り付けられてるみたいだ きっと重力に引かれてるせいだろって 仕方ないって 生きてく理由を殺してる  真っ黒に塗りたくられた世界 何を描いても見えやしないよ 大丈夫だって嘘ついて 一人きりで震えてる  もう歩けないよ 涙堪えて下を向くなら思い出して 「進めば二つ」と声にして  過去は時に君を囚え 夢は時に呪いになる 願いは叶えようとするほど 人は平等じゃないと知るんだ 君よ 気高くあれ 迷うな 少しずつでいいんだ 宿命を超えて再び進め  死ぬべきなのは何にもなれない人間 お前はどうだ? 誰かが嗤った 正しさで殴りつけて 生きてく理由にすり替える  互いの言葉 届かぬ世界 死ねないなら殺すしかないな それでも君は目を開け 闇の中に何を見る?  強さで弱さを消した あの日 自分さえも消えた 二度と誰かに自分を決めさせはしないと誓え  その声轟かせ  心揺らす 感じるまま 問われるまでもなく その手も足も動くのは誰のため?  過去は時に罪に変わり 夢は時に憎しみになる 自分が何も許せなくて 怒り嘆き 苦しむ時こそ 君よ 気高くあれ 迷うな 少しずつでいいんだ 宿命を超えて再び進め  君よ 気高くあれシユイryoryoryo誰もが縛り付けられてるみたいだ きっと重力に引かれてるせいだろって 仕方ないって 生きてく理由を殺してる  真っ黒に塗りたくられた世界 何を描いても見えやしないよ 大丈夫だって嘘ついて 一人きりで震えてる  もう歩けないよ 涙堪えて下を向くなら思い出して 「進めば二つ」と声にして  過去は時に君を囚え 夢は時に呪いになる 願いは叶えようとするほど 人は平等じゃないと知るんだ 君よ 気高くあれ 迷うな 少しずつでいいんだ 宿命を超えて再び進め  死ぬべきなのは何にもなれない人間 お前はどうだ? 誰かが嗤った 正しさで殴りつけて 生きてく理由にすり替える  互いの言葉 届かぬ世界 死ねないなら殺すしかないな それでも君は目を開け 闇の中に何を見る?  強さで弱さを消した あの日 自分さえも消えた 二度と誰かに自分を決めさせはしないと誓え  その声轟かせ  心揺らす 感じるまま 問われるまでもなく その手も足も動くのは誰のため?  過去は時に罪に変わり 夢は時に憎しみになる 自分が何も許せなくて 怒り嘆き 苦しむ時こそ 君よ 気高くあれ 迷うな 少しずつでいいんだ 宿命を超えて再び進め  君よ 気高くあれ
GLOWきみの見ていた 夢を見ていた 何かを失くしたあの日から 今も  涙の水色と環る赤 混ざって夢に溶ける絵具 息は透明 視えやしない存在 でも確かにここにある 想定線は崩壊して まるでひとり違う世界に居るみたい  記憶が時間が目紛しく移ってゆく 未来は想いは変わらないのに 言葉じゃあ解らない伝わらない 交わした約束もすべて  はじめからずっと答はきっと解っていた 何もなかったゼロだった ほら笑ってよ 最後にきみと観たかったな フイルムの途切れたこの映画を  さよならの合図が響く朝 塞いだ目から溢れる瑪瑙  嗚呼この永遠を繰り返していたい でもアンサーはここにない まだ秒針は停止して 過去が忘れないでと叫んでいるみたい  色彩が形が目紛しく濁ってゆく 誓いは願いは変わらないのに 言葉じゃあ解らない伝わらない 描いた想像もすべて  はじめからずっと答はきっと解っていた 何もなかったゼロだった ほら笑ってよ だけど忘れないでいてね フレイムに見切れたひかりを  写真じゃあない この世は映画のように 変わってゆく 忘れてゆくのでしょう 何かを失くしたあの日から 今も  いつまでもここにいるから 例え生まれ変わっても  はじめからずっと答はきっと解っていた 何もなかったゼロだった ほら笑ってよ 最後にきみと観たかったな フイルムの途切れたこの映画を その先をシユイツミキツミキツミキきみの見ていた 夢を見ていた 何かを失くしたあの日から 今も  涙の水色と環る赤 混ざって夢に溶ける絵具 息は透明 視えやしない存在 でも確かにここにある 想定線は崩壊して まるでひとり違う世界に居るみたい  記憶が時間が目紛しく移ってゆく 未来は想いは変わらないのに 言葉じゃあ解らない伝わらない 交わした約束もすべて  はじめからずっと答はきっと解っていた 何もなかったゼロだった ほら笑ってよ 最後にきみと観たかったな フイルムの途切れたこの映画を  さよならの合図が響く朝 塞いだ目から溢れる瑪瑙  嗚呼この永遠を繰り返していたい でもアンサーはここにない まだ秒針は停止して 過去が忘れないでと叫んでいるみたい  色彩が形が目紛しく濁ってゆく 誓いは願いは変わらないのに 言葉じゃあ解らない伝わらない 描いた想像もすべて  はじめからずっと答はきっと解っていた 何もなかったゼロだった ほら笑ってよ だけど忘れないでいてね フレイムに見切れたひかりを  写真じゃあない この世は映画のように 変わってゆく 忘れてゆくのでしょう 何かを失くしたあの日から 今も  いつまでもここにいるから 例え生まれ変わっても  はじめからずっと答はきっと解っていた 何もなかったゼロだった ほら笑ってよ 最後にきみと観たかったな フイルムの途切れたこの映画を その先を
ゾンビあぁ全部が無駄だった もう何にも無くなった それでも前に進むのさ さあ両手を突き出して 千鳥足で歩いて これでも死に切れないのさ  パッパヤ パッパヤ パパヤ  ああ、いつからこうなったんだろう きっと、自分を信じる事を諦めちゃった時 私に降ってかかる悪魔の様な声を 受け止めきれなくて 軸がないまま回る車輪になった  私、何処へ行く 変われないままで 考えることすら忘れて ただただ歩いてた  あぁ全部が無駄だった もう何にも無くなった それでも前に進むのさ さあ両手を突き出して 千鳥足で歩いて これでも死に切れないのさ  回らない頭 乾ききった喉 動かない体 消えた私の意志 むしり掻いた粋 腫れて落ちた思想 泣いて去った機微 これはきっと私だ 忘れたい事も 変われない事も 投げ出してる事も 全て私のせい 分からないけれど 知りたくないけれど きっと見えた世界は思考の裏返し  全部が無駄だった もう何にも無くなった それでも前に進むのさ この世界はただ在って 光らせなきゃいけないの いつか行き帰りをする前にシユイエイハブエイハブエイハブあぁ全部が無駄だった もう何にも無くなった それでも前に進むのさ さあ両手を突き出して 千鳥足で歩いて これでも死に切れないのさ  パッパヤ パッパヤ パパヤ  ああ、いつからこうなったんだろう きっと、自分を信じる事を諦めちゃった時 私に降ってかかる悪魔の様な声を 受け止めきれなくて 軸がないまま回る車輪になった  私、何処へ行く 変われないままで 考えることすら忘れて ただただ歩いてた  あぁ全部が無駄だった もう何にも無くなった それでも前に進むのさ さあ両手を突き出して 千鳥足で歩いて これでも死に切れないのさ  回らない頭 乾ききった喉 動かない体 消えた私の意志 むしり掻いた粋 腫れて落ちた思想 泣いて去った機微 これはきっと私だ 忘れたい事も 変われない事も 投げ出してる事も 全て私のせい 分からないけれど 知りたくないけれど きっと見えた世界は思考の裏返し  全部が無駄だった もう何にも無くなった それでも前に進むのさ この世界はただ在って 光らせなきゃいけないの いつか行き帰りをする前に
時計のエスコートさよなら 響いた 今ここで始まってく  記憶の片隅で震えた 御伽話とか憧れとか 見えてたはずなんだ  ちょっと歩いて振り返って 描いた理想像は 砂浜の落書きみたいだった  いっそこんな夢なんて 嫌いになれりゃいいな 過去と未来が僕を締め付ける  動き出した時計のエスコート 大人になっていく 知ってても簡単じゃないな 終わりだって新しい扉の鍵で さよなら 響いた 今ここで始まってく  正解や不正解は本当は無いと 飾った綺麗事は 嫌に眩しいだけのモノだった  静寂が波を引き立てる なぞった落書きは 流されて歪んでしまったようだ  きっとこれで良いんだって 風がそっと囁いた 最初から聴こえてたその声で  胸の中空白埋めたくて 知らない言葉の継ぎ接ぎで立ってるフリをした 変わりたいの願いで糸を解いて 本当の 形で 初めてを歩き出した  ゼロがイチになって揺らいだ 靄をかきわけて行く 荒地のド真ん中じゃまだ愛せないだろうな これからの何十年または 僕の孫やそのずっと先まで 誇れるような僕を 刻みつけるんだ  動き出した時計のエスコート 大人になっていく 知ってても簡単じゃないな 終わりだって新しい扉の鍵で さよなら 響いた 今ここで始まってくシユイ雪乃イト雪乃イト雪乃イトさよなら 響いた 今ここで始まってく  記憶の片隅で震えた 御伽話とか憧れとか 見えてたはずなんだ  ちょっと歩いて振り返って 描いた理想像は 砂浜の落書きみたいだった  いっそこんな夢なんて 嫌いになれりゃいいな 過去と未来が僕を締め付ける  動き出した時計のエスコート 大人になっていく 知ってても簡単じゃないな 終わりだって新しい扉の鍵で さよなら 響いた 今ここで始まってく  正解や不正解は本当は無いと 飾った綺麗事は 嫌に眩しいだけのモノだった  静寂が波を引き立てる なぞった落書きは 流されて歪んでしまったようだ  きっとこれで良いんだって 風がそっと囁いた 最初から聴こえてたその声で  胸の中空白埋めたくて 知らない言葉の継ぎ接ぎで立ってるフリをした 変わりたいの願いで糸を解いて 本当の 形で 初めてを歩き出した  ゼロがイチになって揺らいだ 靄をかきわけて行く 荒地のド真ん中じゃまだ愛せないだろうな これからの何十年または 僕の孫やそのずっと先まで 誇れるような僕を 刻みつけるんだ  動き出した時計のエスコート 大人になっていく 知ってても簡単じゃないな 終わりだって新しい扉の鍵で さよなら 響いた 今ここで始まってく
トレンドチューンぱっと消え去る群青と さっと流れる群衆に 幼気なキモチがはびこるモニターいっぱいさ いっぱいさ ぱっと目があったような気がした そらしてぐちゃぐちゃスクランブルを交差して  ぱっと見上げた109 すっと忘れず呼吸して 色とりどりの瞳に映らない痛いな痛いな ちょっと手があったような気がした 一般ピーポー人混みスプラッシュ  なんでもあるようでなんにもない なんでもあるようでなんにもない  見つけてよ  やんやんやんなっちゃう あいあいあいあい愛してよ チックタックと チックタックと 流れてくだけ やんやん流行の最先端にぐるぐる巻かれて消える  パッと照らすモニターの なんか悲しいニュースより 前髪気にして生きてる現状 いったい何いったい何 はっと目があったような気がした ガラスに映った自分とにらめっこ  ポップ呼び出し通知音 ふっといったん呼吸して 星空消して光り出す街灯 いっぱいさいっぱいさ ちょっと気があったように笑ってみた 都会に混ざって溶けだすグラデーション  ぐるぐる ぐるぐる ずっと迷ってんだ 叶わぬ夢もいつかは消えリサイクルしちゃって ぐるぐる ぐるぐる ずっと回ってんだ 才能削ってまばゆい星になる  なんでもあるようでなんにもない なんでもあるようでなんにもない  見つけてよ  (やんなっちゃう) やんやんやんなっちゃう あいあいあいあい愛してよ チックタックと チックタックと 流れてくだけ やんやん流行の最先端にぐるぐる巻きになる らいらいららいらいら~い 全全全部愛してよ ずっともっとキラっとなってさ 生きてたいの やんやん流行と追いかけっこ そんなに悪くないかも  ぱちぱち瞬きする間に 巡る巡ってくこの街シユイモネルタPモネルタPモネルタPぱっと消え去る群青と さっと流れる群衆に 幼気なキモチがはびこるモニターいっぱいさ いっぱいさ ぱっと目があったような気がした そらしてぐちゃぐちゃスクランブルを交差して  ぱっと見上げた109 すっと忘れず呼吸して 色とりどりの瞳に映らない痛いな痛いな ちょっと手があったような気がした 一般ピーポー人混みスプラッシュ  なんでもあるようでなんにもない なんでもあるようでなんにもない  見つけてよ  やんやんやんなっちゃう あいあいあいあい愛してよ チックタックと チックタックと 流れてくだけ やんやん流行の最先端にぐるぐる巻かれて消える  パッと照らすモニターの なんか悲しいニュースより 前髪気にして生きてる現状 いったい何いったい何 はっと目があったような気がした ガラスに映った自分とにらめっこ  ポップ呼び出し通知音 ふっといったん呼吸して 星空消して光り出す街灯 いっぱいさいっぱいさ ちょっと気があったように笑ってみた 都会に混ざって溶けだすグラデーション  ぐるぐる ぐるぐる ずっと迷ってんだ 叶わぬ夢もいつかは消えリサイクルしちゃって ぐるぐる ぐるぐる ずっと回ってんだ 才能削ってまばゆい星になる  なんでもあるようでなんにもない なんでもあるようでなんにもない  見つけてよ  (やんなっちゃう) やんやんやんなっちゃう あいあいあいあい愛してよ チックタックと チックタックと 流れてくだけ やんやん流行の最先端にぐるぐる巻きになる らいらいららいらいら~い 全全全部愛してよ ずっともっとキラっとなってさ 生きてたいの やんやん流行と追いかけっこ そんなに悪くないかも  ぱちぱち瞬きする間に 巡る巡ってくこの街
ハピネス オブ ザ デッドつまんなそうにして 効率ばっかの毎日で いいっちゃいいが ちょっと勿体ないね  この日が人生のラストだと思えば スティーブも失笑 なんか始めよう  Life & Death もう何回目?なのに やめられないんだ Like a ジャンキー もう一回 さあもう一回 いくぜ この世の果てまでyeah  さあ幸せを探したいんだ 鍵は置いてったっていい 生きて笑えていれば上等 さあ何もない場所だって 何もないわけじゃないさ どうだい? オーライ! 今日にときめいて  寄り道したっていい 急に歌い出したっていい 全て終わる日まで  心の電源を落として生きるのは 楽っちゃ楽だ でもなんか嫌んなっちゃうね  誰かに人生を売り渡すつもりは 毛頭ないさ ちゃんと生きていこう まるで洗脳社会 覚める暇もないな 気付きゃ先頭でダイブ すぐに通常の運転になる  もう狂っちまうよ今日という諸行無常は 差し出されたその手の行方は、誰も知らない。  さあ幸せを探したいんだ 誰かの言葉じゃ少しも傷付かないくらいに さあ何気ない場所だって大切になってるんだ どうだい? オーライ! 今日にときめいて  さあこの世の地獄で 笑いあっていたいんだ君と 気の向くままに さあ全てが壊れて そこから始めよう オーライ!今日を楽しんで  寄り道したっていい 急に歌い出したっていい 全て終わる日までシユイjon-YAKITORYjon-YAKITORYjon-YAKITORYつまんなそうにして 効率ばっかの毎日で いいっちゃいいが ちょっと勿体ないね  この日が人生のラストだと思えば スティーブも失笑 なんか始めよう  Life & Death もう何回目?なのに やめられないんだ Like a ジャンキー もう一回 さあもう一回 いくぜ この世の果てまでyeah  さあ幸せを探したいんだ 鍵は置いてったっていい 生きて笑えていれば上等 さあ何もない場所だって 何もないわけじゃないさ どうだい? オーライ! 今日にときめいて  寄り道したっていい 急に歌い出したっていい 全て終わる日まで  心の電源を落として生きるのは 楽っちゃ楽だ でもなんか嫌んなっちゃうね  誰かに人生を売り渡すつもりは 毛頭ないさ ちゃんと生きていこう まるで洗脳社会 覚める暇もないな 気付きゃ先頭でダイブ すぐに通常の運転になる  もう狂っちまうよ今日という諸行無常は 差し出されたその手の行方は、誰も知らない。  さあ幸せを探したいんだ 誰かの言葉じゃ少しも傷付かないくらいに さあ何気ない場所だって大切になってるんだ どうだい? オーライ! 今日にときめいて  さあこの世の地獄で 笑いあっていたいんだ君と 気の向くままに さあ全てが壊れて そこから始めよう オーライ!今日を楽しんで  寄り道したっていい 急に歌い出したっていい 全て終わる日まで
ひとちがいああ、きっとそれはたぶん人違いです 最近なんだかたまに間違えられてしまうんです どこのどなたか存じ上げませんが どうやら私とよく似ているようで  髪型でしょうか 顔立ちでしょうか それとも同じフレグランス使ってるとか? まあ、どこにでもいるような人間ですから 見間違えることもあるでしょう  私によく似た私 だけどそれは私じゃない 黒子の位置だとか旋毛の向きだとか 偶然同じだとしたって あなたが見てるのは虚像 他の誰かの幻像 ほら、私と似ても似つかないでしょ? だから人違いです  もう一度言うけどまるで人違いです そろそろ私もうんざりしてきてるんです どこのどなたか存じ上げませんが そちら様もきっといい迷惑でしょうね  通りすがりのモブキャラですから 思い浮かべてる人ではないから ドラマチックな再会は役不足です どんな関係だろうと 何年ぶりだろうと あなたと私は今日がはじめまして  さよならいつかの私 今じゃただの別人 分厚い殻を脱いで 蛹のように眠って 明日が来る度に生まれ変わってゆく  私によく似た私 だけどそれは私じゃない 瞳の色だとか耳の形だとか 偶然同じだとしたって あなたが見てるのはあの日 止まっているままの記憶 ほら、私は今ここにしかいないから 先を急いでるの  私によく似た私 だけどそれは私じゃない まあ、そんなわけで 人違いですシユイ40mP40mPああ、きっとそれはたぶん人違いです 最近なんだかたまに間違えられてしまうんです どこのどなたか存じ上げませんが どうやら私とよく似ているようで  髪型でしょうか 顔立ちでしょうか それとも同じフレグランス使ってるとか? まあ、どこにでもいるような人間ですから 見間違えることもあるでしょう  私によく似た私 だけどそれは私じゃない 黒子の位置だとか旋毛の向きだとか 偶然同じだとしたって あなたが見てるのは虚像 他の誰かの幻像 ほら、私と似ても似つかないでしょ? だから人違いです  もう一度言うけどまるで人違いです そろそろ私もうんざりしてきてるんです どこのどなたか存じ上げませんが そちら様もきっといい迷惑でしょうね  通りすがりのモブキャラですから 思い浮かべてる人ではないから ドラマチックな再会は役不足です どんな関係だろうと 何年ぶりだろうと あなたと私は今日がはじめまして  さよならいつかの私 今じゃただの別人 分厚い殻を脱いで 蛹のように眠って 明日が来る度に生まれ変わってゆく  私によく似た私 だけどそれは私じゃない 瞳の色だとか耳の形だとか 偶然同じだとしたって あなたが見てるのはあの日 止まっているままの記憶 ほら、私は今ここにしかいないから 先を急いでるの  私によく似た私 だけどそれは私じゃない まあ、そんなわけで 人違いです
不毛劇そんじゃあ 前ならえ 進め 止まれ ああ いつまでこうしていたいの? 頭の中 ヒーローとモンスター デスゲーム 高らかに叫ぶ「勝利宣言!」 「それロックンロール?」  身軽に踊れやしないね 気軽に生きりゃしないね なら言うこと聞きなさいね なんてロクでもないこと吹き込んでる 虚しさ形に変えても気にしねえ  ほら 不毛なパーティは終わらない 草臥れた顔して あっち向いて 右!左! 不毛なパーティは終わらねえぞ 忙しい顔して 考えてるフリすんな!  人形劇でフラフラ 誰かにフラフラ ああ いつになりゃ自由になれるの どでかいメガホン持ってる 匿名希望のマスター 声がデカいから寝ててもOK  いないないないバアな 傍観者の祭典 ここで何をしてんだ?爆弾置くなら帰れ! 虚しさ形に変えたら気にして さあもっと 不毛なパーティは終わらない もう呆れた顔して あっち向け 右!左! 不毛なパーティは終わらせるぞ 目開いて前向け!凡庸で構わねえ  なりふり構わねえ 前へ進め!前へ進め! 向かってくる敵 目がけ よく狙え 右!左! なりふり構わねえ 前へ進め!前へ進め! 目開いて前向け!凡庸で構わねえ  あれ?おかしいかな 時間が過ぎても 堂々巡りの輪の中で走ってるだけ どこへ行くの?  不毛なパーティは終わらない イカれてる顔しても あっち向いて 右!左! 不毛なパーティは終わらねえぞ 目開いて前向いて 永遠に踊れよ  なりふり構わねえ 前へ進め!前へ進め! 向かってくる敵は誰? よく狙え 右!左! なりふり構わねえ 前へ進め!前へ進め! それは僕じゃない誰かに突き動かされて 不毛なパーティは終わらないシユイseeeeecunseeeeecunseeeeecunそんじゃあ 前ならえ 進め 止まれ ああ いつまでこうしていたいの? 頭の中 ヒーローとモンスター デスゲーム 高らかに叫ぶ「勝利宣言!」 「それロックンロール?」  身軽に踊れやしないね 気軽に生きりゃしないね なら言うこと聞きなさいね なんてロクでもないこと吹き込んでる 虚しさ形に変えても気にしねえ  ほら 不毛なパーティは終わらない 草臥れた顔して あっち向いて 右!左! 不毛なパーティは終わらねえぞ 忙しい顔して 考えてるフリすんな!  人形劇でフラフラ 誰かにフラフラ ああ いつになりゃ自由になれるの どでかいメガホン持ってる 匿名希望のマスター 声がデカいから寝ててもOK  いないないないバアな 傍観者の祭典 ここで何をしてんだ?爆弾置くなら帰れ! 虚しさ形に変えたら気にして さあもっと 不毛なパーティは終わらない もう呆れた顔して あっち向け 右!左! 不毛なパーティは終わらせるぞ 目開いて前向け!凡庸で構わねえ  なりふり構わねえ 前へ進め!前へ進め! 向かってくる敵 目がけ よく狙え 右!左! なりふり構わねえ 前へ進め!前へ進め! 目開いて前向け!凡庸で構わねえ  あれ?おかしいかな 時間が過ぎても 堂々巡りの輪の中で走ってるだけ どこへ行くの?  不毛なパーティは終わらない イカれてる顔しても あっち向いて 右!左! 不毛なパーティは終わらねえぞ 目開いて前向いて 永遠に踊れよ  なりふり構わねえ 前へ進め!前へ進め! 向かってくる敵は誰? よく狙え 右!左! なりふり構わねえ 前へ進め!前へ進め! それは僕じゃない誰かに突き動かされて 不毛なパーティは終わらない
Mercury今だけ伝えたい想いがある 始めよう ボクらまた歩き出せる ここから  空は蒼く 遠くへ響いた ボクらは今もそこに立っていた  五感頼りに進んで行く道 何処かへ連れ去ってってよ 風がボクを包んで今そこに  いつまでも待っているよ 未来へ 今日も空へと向かおう 応えて さあ!  たとえボクら離れていても 白く鮮やかな羽を広げて いつかキミがここに帰ったら あの日忘れてたあの言葉 今重ねて Hah  時の針は少しずつ刻んで ボクらの今と共に歩んでいた  いつも通りに進んで行く日々 何処かへ連れ去ってってと 世界に願った あの時に  思い出を力にして 未来へ 今日も走り続ける 応えて さあ!  星は今も輝いていて ひとりただ孤独の中で叫んだ いつかキミが届けてくれた 想い 胸の奥の熱い気持ちで  たとえボクら離れていても 白く鮮やかな羽を広げて いつかキミがここに帰ったら あの日忘れてたあの言葉 今重ねて  解き放ってシユイ柊マグネタイト柊マグネタイト柊マグネタイト今だけ伝えたい想いがある 始めよう ボクらまた歩き出せる ここから  空は蒼く 遠くへ響いた ボクらは今もそこに立っていた  五感頼りに進んで行く道 何処かへ連れ去ってってよ 風がボクを包んで今そこに  いつまでも待っているよ 未来へ 今日も空へと向かおう 応えて さあ!  たとえボクら離れていても 白く鮮やかな羽を広げて いつかキミがここに帰ったら あの日忘れてたあの言葉 今重ねて Hah  時の針は少しずつ刻んで ボクらの今と共に歩んでいた  いつも通りに進んで行く日々 何処かへ連れ去ってってと 世界に願った あの時に  思い出を力にして 未来へ 今日も走り続ける 応えて さあ!  星は今も輝いていて ひとりただ孤独の中で叫んだ いつかキミが届けてくれた 想い 胸の奥の熱い気持ちで  たとえボクら離れていても 白く鮮やかな羽を広げて いつかキミがここに帰ったら あの日忘れてたあの言葉 今重ねて  解き放って
ラブコール上上上上下下下下下 上上上上下下下下下  BAD気味 調子駄ダウン けど待って 1, 2, 3…死ねないのよ ぐっとくる衝撃が絡まって 段々と熱くなる GOODじゃん  解散ネガネガ気分 目覚めろ自分 やればできるやっぱ あ あれもしなきゃ これもしなきゃ だるくなる上下  まあまあいいじゃん それもいいじゃん まあまあいいじゃん やる気じゃん  否定に抗え 最期に笑え 狂気に染まればいいんじゃね 最高の理想 才能ありそう? 勘違いしていこう リピート the 鼓動  何度も倒れ さあ起き上がれ 前言撤回全然大歓迎 嗚呼  混ざり合うひとりぼっち 抱き締めたら生まれるラッキー 余りある絶望の未来に 手を取り合えばなぜかハッピー  ほら否定に抗え 最期に笑え 狂気に染まればいいんじゃね 最高の理想 才能ありそう? 勘違いしていこう リピート the 鼓動 否定のラブコール  上上上上下下下下下 上上上上上上上  アップするモチベーション 無敵感 なんだってできるかも どっちでも正解だ 好きなほう先行で選んでよ  挑戦でかめのif 引けない理由 詰め込んだバックパック背負って はっとするほどの落ち込み事案 それすらも上上上  まあまあいいじゃん それもいいじゃん まあまあいいじゃん やる気じゃん てか死ぬ気じゃん  否定に抗い 最期に笑う そんな感じ熱いんじゃね? 最高の理想 才能ありそう? 勘違いしていこう リピート the 鼓動 したいようになれ  何度も倒れ さあ起き上がれ 前言撤回全然大歓迎 嗚呼  混ざり合うひとりぼっち 抱き締めたら生まれるラッキー 余りある絶望の未来に 手を取り合えばなぜかハッピー  最悪なふたりぼっち 塗り替えて鳴らすハイタッチ どうしようもない出会いはラッキー 乗り越えて辿り着くハッピー  ほら否定に抗え 最期に笑え 狂気に染まればいいんじゃね 最高の理想 才能ありそう? 勘違いしていこう リピート the 鼓動 否定のラブコール  上上上上下下下下下 上上上上下下下下シユイDECO*27DECO*27Naoki Itai上上上上下下下下下 上上上上下下下下下  BAD気味 調子駄ダウン けど待って 1, 2, 3…死ねないのよ ぐっとくる衝撃が絡まって 段々と熱くなる GOODじゃん  解散ネガネガ気分 目覚めろ自分 やればできるやっぱ あ あれもしなきゃ これもしなきゃ だるくなる上下  まあまあいいじゃん それもいいじゃん まあまあいいじゃん やる気じゃん  否定に抗え 最期に笑え 狂気に染まればいいんじゃね 最高の理想 才能ありそう? 勘違いしていこう リピート the 鼓動  何度も倒れ さあ起き上がれ 前言撤回全然大歓迎 嗚呼  混ざり合うひとりぼっち 抱き締めたら生まれるラッキー 余りある絶望の未来に 手を取り合えばなぜかハッピー  ほら否定に抗え 最期に笑え 狂気に染まればいいんじゃね 最高の理想 才能ありそう? 勘違いしていこう リピート the 鼓動 否定のラブコール  上上上上下下下下下 上上上上上上上  アップするモチベーション 無敵感 なんだってできるかも どっちでも正解だ 好きなほう先行で選んでよ  挑戦でかめのif 引けない理由 詰め込んだバックパック背負って はっとするほどの落ち込み事案 それすらも上上上  まあまあいいじゃん それもいいじゃん まあまあいいじゃん やる気じゃん てか死ぬ気じゃん  否定に抗い 最期に笑う そんな感じ熱いんじゃね? 最高の理想 才能ありそう? 勘違いしていこう リピート the 鼓動 したいようになれ  何度も倒れ さあ起き上がれ 前言撤回全然大歓迎 嗚呼  混ざり合うひとりぼっち 抱き締めたら生まれるラッキー 余りある絶望の未来に 手を取り合えばなぜかハッピー  最悪なふたりぼっち 塗り替えて鳴らすハイタッチ どうしようもない出会いはラッキー 乗り越えて辿り着くハッピー  ほら否定に抗え 最期に笑え 狂気に染まればいいんじゃね 最高の理想 才能ありそう? 勘違いしていこう リピート the 鼓動 否定のラブコール  上上上上下下下下下 上上上上下下下下
RE RE REPLAY見放されたこの世界で 「生きたい」の意味さえも探せなくなる  誰かに愛されるなんて 自分以外の他人のもんだ そう言い聞かせていた  知りたくて 触れたくて 暗闇の中でこの 手を伸ばした  正解を疑って この世界に噛み付いて たった一つを君に与えられるなら 戸惑いを捨て去って この息が続く限り 明日を諦めるな Re Re Replay  音もなくただそこにいた 不安がそっと囁くんだ 楽になる機会だと  流れた血と涙の果て 理想の今日は崩れ去って 何かに怯えていた  再会と死を抱いて その震えに打ち勝って たった一つを此処に描いていいのなら 境界を飛び越えて この声が届く限り 君を見捨てはしない Re Re Replay  誰かの言葉じゃ変わらない何かに ただ溺れていた 口ずさむ歌が肺を満たして さあまた もがいてみせるよ  孤独だって呟いて 死にたがっていた君に たった一つを此処に 残していけるなら  正解を疑って この世界に噛み付いて たった一つを君に与えられるなら 戸惑いを捨て去って この息が続く限り 明日を諦めるな Re Re Replay  暗がりの中 走る孤独と 希望の光 灯すこの魔法 全てを抱いて立ち向かって 明日へ Re Re Replayシユイjon-YAKITORYjon-YAKITORYjon-YAKITORY見放されたこの世界で 「生きたい」の意味さえも探せなくなる  誰かに愛されるなんて 自分以外の他人のもんだ そう言い聞かせていた  知りたくて 触れたくて 暗闇の中でこの 手を伸ばした  正解を疑って この世界に噛み付いて たった一つを君に与えられるなら 戸惑いを捨て去って この息が続く限り 明日を諦めるな Re Re Replay  音もなくただそこにいた 不安がそっと囁くんだ 楽になる機会だと  流れた血と涙の果て 理想の今日は崩れ去って 何かに怯えていた  再会と死を抱いて その震えに打ち勝って たった一つを此処に描いていいのなら 境界を飛び越えて この声が届く限り 君を見捨てはしない Re Re Replay  誰かの言葉じゃ変わらない何かに ただ溺れていた 口ずさむ歌が肺を満たして さあまた もがいてみせるよ  孤独だって呟いて 死にたがっていた君に たった一つを此処に 残していけるなら  正解を疑って この世界に噛み付いて たった一つを君に与えられるなら 戸惑いを捨て去って この息が続く限り 明日を諦めるな Re Re Replay  暗がりの中 走る孤独と 希望の光 灯すこの魔法 全てを抱いて立ち向かって 明日へ Re Re Replay
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. Dear
  3. さよーならまたいつか!
  4. 366日
  5. ライラック

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. CONNECT
  2. About You
  3. ベガとアルタイル
  4. NOW
  5. 愛だけがあればいい

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×