nao作曲の歌詞一覧リスト  100曲中 1-100曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
100曲中 1-100曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ホワイトericaericaerica・naonaoあれから何している? 今誰と会ってるの? こっちは色々あるけどやってるよ  お花にお水をあげてない また叱られるね  涙はあなたです 瞳を流れるたび何度も拭うのに あなたで溢れて止まらない  私は元気です またいつか会えるかな 遠くで祈ってて あなたに誇れるよう  嘘などなかった あなたを愛していた  不思議な時を経て 尚ここにいれるのは かけがえない世界 出逢えたあなたにありがとう  おやすみ おはよう 毎日想ってるよ あなたはポラリス 同じ場所で照らしてて  ごめんね まだちゃんと真っ直ぐ進めないよ 優しいその笑顔 会いたい ねぇ会いたいよ  涙はあなたです 瞳を流れるたび何度も拭うのに あなたで溢れて止まらない
あと一年と言われたら√9√9中村淳naoあと一年と言われたら どう思う?なにを思う? I might lose myself. So I write down this lyrics. 昨日へ今日へ明日へ祈るように  朝陽が差し込み目覚める 江ノ島が見えるこの景色が 当たり前のことだった日々は 冬の始まりに 消えた  毎日届く ニュースの速報 世界中の涙 映し出す  あと一年という時間を 活きるように 活かせるように I feel I need to tell everyone who I know. 昨日と今日と明日も届くように  大好物のお味噌汁 お袋の味と違ってても 味噌を足したりしない あなたの味を覚えていられるように  愛しい家族の寝顔が隣にある 世界で共通の願い、、、  あと一年と言われたら 寒くてもそのままでいるよ あなたの体温感じれるように 毛布の中でそっと近づく  知ってるよ あなたの叫びを 別れのときが浮かんだりもした 毎朝ね私が作るスープは 弱音と逆風と限界をすべて溶かしてる  あと一年と言われたから 見つけられたこともあるよ あなたの寝顔とその寝息をまだ 365回も聴けるんだ  僕は待つ明日のニュースで 闘いの終わりの時を We hope everyone will be surrounded by love. 後悔 失望 愚痴を飲み込んで まだ遅くない繋ぐ手は見つかる  I tried,I've tried, I tried,I've tried, I tried,I've tried,and I,ll try. I say you say live forever!!
青物横丁で会いましょう√9√9中村淳naoあなたに 出逢えたこと うれしくて うれしくて あなたと いつもの場所 手をつなぎ 歩いて 公園へ 会えば 会うほどに もっと 知りたくなって 飽きたり しないの 逆なの だから、いま、あなたと、、、、、、、 大門で 待ち合わせ 赤い電車で 泉岳寺 品川を すっと飛び越えて あなたの住む あの駅は あとふたつ先 急行止まる 青物横丁 Ah~ Ah~ まいにち まいにちを 積み重ねて育つ 二人で ひとつの 人生を そして思いだすよ、、、、、、、 出逢ったのは 寒い季節 もはや真冬で 暖かい缶コーヒー すぐに冷めてた それでもね 心はね ぴょんぴょん飛び跳ねて 冷めたコーヒー むしろ美味しい Ah~ Ah~  僕は特になんのとりえもない だからレールからは降りられない こんな僕でも想ってくれる あなたがふいに現れたこと まさか自分が結婚なんて まさかこんな日がくるだなんて あなただからここまでこれた これはあなただから生まれた唄 Ah~  大門で 待ち合わせ 赤い電車で 泉岳寺 品川を すっと飛び越えて あなたの住む あの駅は あとふたつ先 急行止まる 青物横丁 Ah~ Ah~  あなたに 出逢えたこと うれしくて うれしくて  青物横丁で、会いましょう
夏風和音安藤祐輝安藤祐輝安藤祐輝nao夏風の和音 幼い君の笑顔 どこからか懐かしい匂いがした 君が手伸ばす 僕はそっぽ向いた 照れくさそうに微笑んだ  ゆらゆらと 揺れる音が ずっと続けばいいな と願いを込めた  夏に触れる手 僕に語る音 優しく僕を包んでくれてた 柔らかな音が 僕に問いかけ 「好きだよ」と君の頬に触れていた  星のカーテンが ふたりを包んでゆく 花火を見つめる君「綺麗だね」 気づかない君 そっと手を重ねて 照れくさそうに微笑んだ  ひらひらと 舞いちる火花 ずっと続けばいいなと願いを込めた  夜に触れる肌 彩る火花 忘れたくないこの夏の奇跡 ふたりの影が そっと消えてく 「寂しいね」星が溢れた「また来ようね」  ペルセウス座流星群が 僕らの数瞬の夏を止めた この時間がずっと続けばいいな この 夏 今  僕の隣に 君の全てが 優しく優しくそっと染みこんで 寝そべる僕ら また願うんだ 一番の幸せもの  夏に触れる手 僕に語る音 優しく僕を包んでくれてた 柔らかな音が 僕に問いかけ 「好きだよ」と君の頬に触れていた
舞夢大和きり大和きり大和きりnao張偉芸贋作の未来で 甘さに溺れてく 夏が 刻が 理想 魅せる 夢まで 喰らって 踊れ  爽やかな風 騒がしい空 歪む視界に暑さを閉じ込め 飴玉ひとつ 誰のものなんて 気にする思考奪う 花火の音  着飾った僕 気が去った君 歪む視界で身体抱きしめて 取り乱す鳥 靡く髪の蒼さに 噛み砕く飴 味は何  輝いてる 華やいでる あの日描いた現在(きょう)はこうじゃなきゃ 熟れすぎたドレス ペンキで濡れるルビー 滑稽でもいい踊らせて  贋作の未来で 甘さに溺れてく 夏が 時が 理想 魅せる 夢まで 喰らって 踊れ  終わりかけてた 夏の匂いが 纏わりついて離れる気配も 無いほどに絡みつく ダチュラの根 「現実なんて忘れてしまおう」  酔いすぎたんだ 君の微熱に ちぐはぐな意図 通す針の口 作られたフェイス 染める頬の蒼さに 砕けた飴の味を知る  神秘的で 刹那的な 今日を生きる僕らが見た世界(モノ)は 人生ゲームありがちな毎日さ 偽物でも良い 飾らせて  贋作の未来で 甘さに溺れてく 夏が 時が 理想 魅せる 現実(いま)さえ 喰らって 踊れ  欲しかった未来が 今この手になくて 夏に 時に 夢を 縋る 揺らいで 踊って 生きる  贋作の未来で 甘さに溺れてく 夏が 時が 理想 魅せる 夢まで 喰らって 踊れ 現実(いま)さえ 喰らって 踊れ 夢まで 愛して 踊れ
ハナヒラケ大和きり大和きり大和きりnao張偉芸バラバラの自分に 今 正直になって 花ヒラケ 精彩よりも 君だけ知る心がいい  捉えたカラクリの中で 浮薄な風が吹き抜け 手のひら見つめて壊した 砕けた飴玉みたいに  鐘愛と性愛 1粒の音さえ忽せに出来なくて 「神は死んだ」そう叫んでた 君の指先バツを描いて 空塗り替えてく  バラバラに崩れていた 心に向き合って 花ヒラケ 精彩より 君だけがみた世界でいい  潜めた親昵の声は 進んだ道に問いかけ 手のひら掴んで離した 合わない媒(め)が欠けていく  帰依するは安閑に きっと どんな言葉でも 在り来りだけど 伝えたいんだ君だから 価値観の海 舌禍を超えて 独り進んでく  バラバラと音を立てた 心に寄り添って 花ヒラケ 精彩より 君だけがみた 世界を今  バラバラの自分に 今 正直になって 花ヒラケ 精彩より 君だけ知る  バラバラに崩れていた 心に向き合って 花ヒラケ 精彩より 君だけがみた世界でいい
霧雨大和きり大和きり大和きりnao張偉芸焦げた香り 夢は煙霧 灰の空に すい賓  畳む傘に合わぬピント 肺と辞む 水深 焦げた香り夢は傘に 灰の空似 僕は…  雨が降ってた 明日の朝は それでも僕は君が好きだよ ありがちな歌 聞かせてごめん 萎凋の蕣 花瓶に挿した  慣れた声と甘い飴に 甚い異体 麗姿  焦げた香り夢は傘に 灰の空に欷泣が  雨が降ってた 昨日の日々は 隠したけれど 君が好きだよ ありがちな歌しか書けなくて 比べてみても 僕の負けだね  君みたいにさ なりたかった よく晴れた空と君と僕は勿忘  雨が降ってた 明日の朝は それでも僕は君が好きだよ ありがちな歌 聞かせてごめん 萎凋の蕣 花瓶に挿した  雨が降ってて 言葉は枯れて それでも僕は君が好きだよ ありがちな歌 歌うことすら 思いを馳せた あの日の朝に
ヒカリノホウヘ大和きり大和きり大和きりnao張偉芸光の方へ ただ走る 朝露 夕暮れ 振り向かずに 木の葉 緑であるために 誰にも涙は見せずに 誰にも涙は見せない  華やぐ 世界の 始まり 揺らめく 鼓動が 耳に響く 初めて出会ったような 風たちが 黒髪 ふわりと 攫って 太陽 宿した ビー玉  踏み出す1歩が熱を帯びて 君が歩いた跡を記す楽譜 きらきら鳴り出す気配だ  少しだけ 大人にね なりたいような そんな気がしてた 人の声に 惑わされてる 「僕」は「僕」なのにな  光の方へ ただ走る 朝露 夕暮れ 振り向かずに 木の葉 緑である為だけに 誰にも涙は見せずに 誰にも涙は見せない  響いた 足音 1粒 冷たい夜風に吐いた息が 溶け合うことも知らずに消えていく この世に ひとりみたいだね  少しだけ 大人にね 慣れたはずと 思っていたんだ ぽつり落ちた 水彩画 昨日より綺麗になったかな  光の方へ ただ走る 朝露 夕暮れ 振り向かずに 木の葉 緑で無くてはダメだ 誰にも涙は見せずに 誰にも涙は見せない  電車の窓から見えた 未来の縮図みたいな世界が 目に飛び込んで 散ったんだ 瞳に星が輝く だからもう泣かないよ  光の方へ ただ走る 明日が輝くための魔法 いつか貴方と笑えるように 誰にも涙は見せない  光の方へ ただ走る 明日が輝くように 木の葉 たまには 白でもいいか 誰にも見せない涙は 優しい花びらになって  今でも僕を支えてる
スノードーム~冬~I WiSHI WiSH川嶋あいnao今更聞かなくなってきた どんなこと今考えているのか 言葉にするよりまだらに見つめている目と口元でわかるから 泣いて泣いて泣いてぶつかった日 思いのまま傷つけてきた 昔よりもお互いに少しはマルくなってきたけれど もう二度と出会った頃の場所には戻れはしないと知っている 永遠だとか絶対なんて言葉 口に出して使うたびに指の隙間すり抜けてゆくの  季節外れのアイスティーとさっきから反らしたままの瞳 話してしまうと何かがわかりそうで傷つくのがもう嫌だった 笑って笑って笑ってほしいけれど かすかなことも信じれない めまいのようにゆがみ始めてゆく2人の明日と未来 こんなにも好きになるとその分だけ苦しいことも選んできたね 変わるところ 変わらないところも 海に沈む夕陽のように当たり前に抱きしめられたら いつの日も  これ以上一緒にいてもどこかでまた繰り返してしまいそうで そんな2人なんて見たくなくて風向きさえも変えられないの あふれ出す愛しい記憶のカケラが白い雪のように降り積もってく 2人見てたスノードームの中で あの日のあなたと私が閉じ込められて輝いている
スノードーム~春~I WiSHI WiSH川嶋あいnaoいつのまにかめったに集まらなくなってきたね 忙しいとお互い言いわけばかり増やしてきた あの頃が1番になんだかんだでも楽しくやれていたような気がする どれほど時が経っても変わらず大切なものが 心の中で寄り添うようにいつも息をしていた  こんな気持ちになるの私だけと思っていた だってそんなものがなくても世界はまわっている 一瞬で駆けてゆく流れる星よりも少ない確率で出逢えたんだ また年老いたみたいに昔の話ばかりして わけもなくただこの時が好き なぜか淋しくなった  いつまでこうしていられるのかなんてわからないけれど それぞれの旅を続けていても 思い出に何度だって巡り逢いたいな  また季節はめぐり行き過去と今とが交差する 未来はきっと素敵なことが待っていると信じたい どんな言葉にできなくたって どこかで交わってゆく 景色がきっと心の中で輝いてほしくて スノードームのように
シブヤノカワ大和きり大和きり大和きり・彦右甲斐nao道玄坂が揺れている 夜の終わりの朝のどこかで 愛を探してた 邯鄲に 白眉の言葉で 眺めてた  渋谷の街のアスファルト 行き交う人々の波 落としたスマホの声が  幾つになるころに この場所からいなってくだろ 仲間という嘘たち 戯れの夜ばかりを  幾つになるころに こんな歌歌えなくなって 独りで泣いたりした 秘密事 あなたに言えずに  道玄坂から流れ落つ 涙集めた雨の暗渠が 愛なんてやつはわがままな 誰かの足音に掻き消され  渋谷の街のアスファルト 昔のせせらぐような夢の 生まれ変わるよな  幾つになるころに 世界のどこか理解するのかな 仲間という誰かと 戯れの夜ばかりを  あなたを大好きと 囀りのように歌うのは 独りで泣いたりした 秘密ごと消したいあの日で  幾つになるころに この場所からいなってくだろ 仲間という季節と 戯れの夜ばかりを  幾つになるころに こんな歌歌わなくなって 独りで泣いたりした 秘密ごと消したい気持ちで
Anonymous大和きり大和きり大和きりnao乾いた風 すれ違った 僕らにしか 分からないな notice our sad feelings 弾けた泡 指に絡んだ  灰色で塗った旋律の 梁はやがて散って 白い記憶がずっと I tried you 消えないでいる  名前のない 表紙にまた1から 名前もない 哀傷(いたみ)を刻んでいく 永く夢も見れないこの身体を 結わうほど抱きしめて  見せたかった 世界すらも 許されずに 落ちていくの? What should I do for you 憧憬 未来 ここに残して  涙日和 寂寥の 叫び今響いて 白い記憶に ぎゅっと 「Look, I'm here」 色付いていく  名前のない 表紙にまた1から 名前もない 哀傷(いたみ)を刻んでいく 霖(ながめ)止まることなく愛おしくて 足元をただ濡らす  名前のない 表紙は今どこかで 名前もない 歪みを伝えていく 何もかもが 辛いと信じていた… 心臓崩れ落ちて  名前のない 僕らは繋いでいた 名前もない 絆は咲っている(わらっている) 永く続き最後のページが来た 今本を閉じて
カマキリ大和きり大和きり大和きり・彦右甲斐nao愛してるなんて言葉を 信じたりなんてしないで あなたと僕の未来を託す世界の物語  ラピスラズリの空の下 柔く温もりほどけていって 今でも思い出すんだきっと 僕は最後の意識で  あなたの血となり 肉となり 心になる それでも幸せこのままで心自由で  あなたの血となり肉となり心になる それでも幸せこのままで 鮮やかに  キミと歩いて息をして いつも同じを求めてた エクリュを拭って瑠璃に染めてみたりして  僕の流した果実さえ いつか救いになるのなら 言葉は折りたたんでそっと 空に投げておくから  あなたの血となり 肉となり 心になる それでも幸せこのままで心自由で  あなたの血となり肉となり心になる それでも幸せこのままで 僕のために  あなたの血となり 肉となり 心になる それでも幸せこのままで心自由で  あなたの血となり肉となり心になる それでも幸せこのままで 鮮やかに咲いて 心まで
無題大和きり大和きり大和きりnao「君がいてくれて、本当によかった」 「いつかは2人で、きっとあの場所へ」 いつもの帰り道 背中追いかけた いつまでも解けぬように  切れたギターの弦を コップに注いで ゆっくり飲み干した 生きてるって気がした いつもの帰り道 音は消えていた 君がいないこと以外 何も変わらなくて  幸せの定義を また 間違えていたんだ コインの裏側を 覗いて気が付いた だから僕は だから僕は 一生痛いまま ずっと痛いまんまだ  君がくれたのは 指 針 心に 言の葉の魔法は 未だ薄れずに いつもの帰り道 風が吹いていた 君の茉莉消すように  スプーンフォークナイフ コーヒーとクリーム 僕が悪かった 認めてくれたら… コーヒーの氷が音を立てていた 針が何度回っても 音は聞こえなくて  幸せの定義は また 僕ひとり置いてくの? コインの表裏 重なる時は永遠 なら僕は なら僕は ずっとここにいる 一歩も踏み出せぬまま  忘れないよ 忘れないよ 君のギターも笑った顔も 忘れないよ 忘れたいよ 二つ音溶けた夕暮れはリラ  Ah seems like just yesterday was fun but 「just like that?」 All I want for my life is music with you again  いつもの帰り道 背中追いかけていたあの頃  間違えていた 幸せの定義を また コインを投げたら 答えは変わるの? 僕らは いや僕は いつまでも 痛いままここに居るよずっと  幸せ とは 日を閉じた
非公式で君と恋したいTan.San.SuiTan.San.Sui笛田サオリnao片想いでも片想いじゃない 目と目あった あの瞬間(とき)から ハートがきゅんきゅん時々チクチク 非公式で君と恋したいです  夢の中ではいつもふたりはラブラブなのに 現実だとどうしてこんなにライバルいるの? メイクも服もグッズも可愛く戦闘モード この人ごみのなかで私を今すぐ見つけてね  お昼は何食べたのかな? どこで今何してるのかな? 今日も同じ空の下にいる幸せ それだけじゃ物足りない  片想いでも片想いじゃない 目と目あった あの瞬間(とき)から ハートがきゅんきゅん時々チクチク 非公式で君と恋したい 推しは推しでもこれは運命 みんなと違うこの気持ちは 寝ても覚めても君が止まらない 一番がいい 一生のお願い叶えて  君の変な噂が巷で流れてるとか きっとそんなのデマだ 全然信じられないもん  今夜は誰といるのかな? どんな夜を過ごしてるかな? 切ないフラグ立ちっぱなし こじらせてる、こんな私めんどくさい!!  片想いでも片想いじゃない 叶わないとわかってても ハートはきゅんきゅん時々ズキズキ 誰のものにもならないで 推しは推しでもこれは運命 人生かけて愛してます 今日も明日も君が止まらない 思い出して あの日、ふたり出会えたこと  生まれて初めてだったの こんな恋は 届きそうで届かなくて 泣きそうなほど壊れそうなほど好きなのに  片想いでも片想いじゃない 目と目あった あの瞬間(とき)から ハートがきゅんきゅん時々チクチク 非公式で君と恋したい 推しは推しでもこれは運命 みんなと違うこの気持ちは 寝ても覚めても君が止まらない 一番がいい 一生のお願い叶えて 非公式で君と恋したい
告白大作戦Tan.San.SuiTan.San.Sui笛田サオリnaoきみと出会ったMonday 名前呼ばれたTuesday 夢に出てきたWednesday ときめくThursday もしかして恋?Friday もう止まんないSaturday カウントダウンSunday 恋を歌います  らりるれろらろふぉーりん 愛 愛 きみにアイラブ さしすせそさそすきです 彼女になりましょうか? らりるれろらろふぉーりん 愛 愛 きみに会いたい さしすせそさそすき ハートを狙い撃ち 告白大作戦  ばったり会ってMonday 運命かもねTuesday ライン交換Wednesday ラッキーThursday 絶対好きだFriday どうしようもないSaturday 我慢できないSunday 恋の奴隷です  らりるれろらろふぉーりん 愛 愛 届けマイラブ さしすせそさそすきです 彼氏になりませんか? らりるれろらろふぉーりん 愛 愛 every会いたい さしすせそさそすき 駆け引きお断り 直球でいきましょ  好きな女子のタイプや誕生日も何も知らない関係ない(だって好き~) 心カラフルWeekend毎日忙しい では狙います 5、4、3、2、1!!!  らりるれろらろふぉーりん 愛 愛 きみにアイラブ さしすせそさそすきです 彼女になりましょうか? らりるれろらろふぉーりん 愛 愛 きみに会いたい さしすせそさそすき ハートを狙い撃ち らりるれろらろふぉーりん 愛 愛 届けマイラブ さしすせそさそすきです 彼氏になりませんか? らりるれろらろふぉーりん 愛 愛 every会いたい さしすせそさそすき 告白大作戦 大大大成功
キラキラTan.San.SuiTan.San.Sui笛田サオリnao溢れ出す涙をこらえようとして青空見上げた どこまでも続いてる果てしない世界 私がいる意味  今日も街の片隅、真っ直ぐに負けないで咲いている  キラキラ 花のように輝け 明日もその先もずっと 未来は私たちのもの ここから今、走り出そう  いつだって一人じゃ何もできなくて みんながいたから 長い夜を越えて眩しい朝日に出会うことできた  素直になれないけど本当に心からありがとう  キラキラ 星のように煌めいて 絶対この想い叶えよう 光りが一つに繋がる 私らしくいたいから  どんな時だって答えは自分の中にある あきめることあきらめないで 私を信じて  キラキラ 花のように輝け 明日もその先もずっと 未来は私たちのもの ここから今、走り出そう キラキラ 星のように煌めいて 絶対この想い叶えよう 光りが一つに繋がる 私らしく生きるのさ
キッスの魔法Tan.San.SuiTan.San.Sui笛田サオリnaoもっとちょうだい、刺激が足んない 炭酸抜けたジュースみたい いつになったらドキドキの泡をくれるのかな? 待ってたって焦らされちゃって もう我慢ができないの 学校じゃ教わらなかった恋の知識を  今日は家に誰もいないから 勇気を出してチャンスを君にあげる  キッスの予習をしよう 今すぐ瞳とじて 高鳴るLove you 女の子はドラマティックに キッスの魔法かけよう メロメロになるように 止まんない ふたりの世界が始まる  やっぱそうだ、刺激的ね 炭酸強いジュースみたい 待ちに待ってたドキドキの泡でハートがいっぱい ちょっと前の不安だった気持ちすら吹き飛んで 君のこともっと知りたい 素直になれる  もしかしたら同じ気持ちかな? 本当はずっとこの日を待っていたの?  キッスの本番しよう 今すぐ手と手重ね 溢れるLove you 男の子もドラマティックに キッスの魔法とけても甘い炭酸ジュース 変わらない 君が世界で一番好き  キッスの予習をしよう 今すぐ瞳とじて 高鳴るLove you 女の子はドラマティックに キッスの魔法かけよう メロメロになるように 止まんない ふたりの世界が始まる キッスの本番しよう 今すぐ手と手重ね 溢れるLove you 男の子もドラマティックに キッスの魔法とけても甘い炭酸ジュース 変わらない 君が世界で一番好き
春は来ないericaericaericanao愛してる 愛してるって伝えられず さようなら さようなら そう君は言った この胸に この胸に 残って消えない あの笑顔 あの涙 遠ざかる背中  よく行ったカフェはコンビニになった 駅前のビルは出来上がってきたよ  変わりゆく景色がもう遅すぎるよと 呆れ顔した君が言ってる気がした  落とし物をしたんだ 戻らないと分かっていても  会いたくて 会いたくて もう会えなくて 今日もまた 今日もまた 想い続けてる 探してる 探してる 君の面影 君のいないこのまちに 春は来ない  遠回りをして 今更気づいて 何もできなくて どうしようもなくて  そういうところだよ だから別れたんだよ 呆れ顔した君が言ってる気がした  昨日夢を見たんだ 君は泣いてばかりいたね  愛してる 愛してるって言葉よりも そばにいて そばにいて 強く抱きしめて 何よりも 何よりも 君を見ていたら 今もまだ 今もまだ 隣にいたかな  大事なものは目に見えなくて いつも無くした後に知るんだ 子供みたいにね 君の明日に見える景色に 僕はいらない 僕の知らない 君が歩いてる  愛してる 愛してる この先もずっと 君のいないこのまちに 春は来ない
桜フラペチーノericaericaericanao4月の風の中 淡いフラペチーノ 甘くてほろ苦い香り 白と赤の真ん中 ふわり舞った桜 添えて染められてく空に  「おはよう。もう起きた?」 「うん。その声で起きたよ」 「今日はどこにいこっか?」 「外は晴れだよ。」 「早く会えたりする?」 「どうしたの?何かあった?」 「ううん。顔見たくなっただけ。」  同じ時を刻む それだけで幸せです  心躍る君と いついつの日もずっと 変わらない2人でいよう 泡の口ヒゲ見て 春のサンタみたい そう言って笑う君が好き  「誰とLINEしてるの?」 「地元の友達だよ」 「男の子?それとも女の子かな?」 「心配しすぎだよ」 「ごめんね。どうしてもヤキモチ妬き治せないな」  君のことになると ダメな私ばかりになる  どこにも行かないで こんな私だけど そばにいていいかな ずっと 君が見てる先に 描いてく未来に 寄り添い歩いていきたい  約束しよう 時の早さに 追い越されてしまわぬように 抱きしめていて 2人ならきっと大丈夫だよ  ゆらゆら揺れる雲 影法師が躍る 君は何か言ってやめた ねえ君は知ってる? 私の好きなもの 言いかけて私にキスした  4月の風の中 淡いフラペチーノ 甘くてほろ苦い香り 白と赤の真ん中 ふわり舞った桜 添えて染められてく空に 溶けてゆく 2人の夢に
桜、輝けericaericaericanao4月の風の中 白と赤の真ん中 甘くてほろ苦い香り 今日からは一人で でも一人じゃなくて 君が心にほら いるよ  新しい洋服は なかなか着慣れないなぁ まだ様子伺い 馴染めなくてさ 変わりたいと願った あの日から始まった 泣かないってそう決めたのにな  誰も知らない明日に 嘘つかない 私でいたい  走る背中に舞う 桜は君のようで 負けるなと伝えてくれた いつもそばにいるよ いつかまた会えるよ 新しい私できっと  あの頃の2人は 沢山写真撮って お互いタグ付けて お揃いにしてさ いつものフラペチーノ 尽きない恋話 懐かしくて泣けてきた  春の空に舞った 桜ふわり染まっていく  4月の風の中 白と赤の真ん中 甘くてほろ苦い香り 今日からは一人で でも一人じゃなくて 君が心にほら いるよ  いつもそばに 怖くて不安で 眠れない夜もあるけど まだできるよと 君の声が聞こえる 気がするから  さよならは言わない 笑顔で見送った 君は輝いて見えたよ ひとみを潤ませて 少し寂しそうに 旅立つ君に幸あれ  4月の風の中 白と赤の真ん中 甘くてほろ苦い香り 今日からは一人で でも一人じゃなくて 君が心にほら いるよ また一つ 蕾が咲いた
愛は結花乃結花乃結花乃nao拝啓 お母さん いつもありがとう あなたがくれた未来が 幸せです  私の帰りが遅くなっても 電気をつけて「おかえり」 迎えてくれる その優しさが 想う気持ちが 疎ましくなり 傷つけた時もある  繋いだ手の先には 優しく見下ろす母 背丈が同じになっても 何も返せないまま  拝啓 お母さん いつもありがとう 「笑顔でいてね」それさえ出来ない 泣いてばかりの やわな子だけど あなたがくれた未来を歩いています  離れて気づく事ばかりだね どんな私も強く支えてくれた  「大変な事もあるはず 一人だと思わずに」 仕送りの中の小さな文字が何度も勇気づける  悲しい思いはさせたくないよ だけど私が そうさせてるかな わがままばかり 心配ばかりかけて ごめんね いつもありがとう  拝啓 お母さん いつもありがとう 笑顔でいよう 約束をしよう あのね、お母さんいつも思うよ 私の母が あなたで幸せです
ポエム~糸電話~結花乃結花乃結花乃naoこの電話でなら、何でも言えた  君も引っ張ってくれてる 私の声を聴いてくれてる  そう信じてた  ねえ、きこえる?  もしもし…
薄っぺらくてありきたりなラブソングBOOOSTBOOOSTU-keynaoきっとあの頃は 気づいてなかったでしょ? 明るくて無邪気な笑顔で 簡単に僕は恋に落ちた  初めての観覧車 告白してキスした 景色よりも君の横顔が綺麗で 君の香りも感じた  見返した LINE2人の写真も動画も 恥ずかしいけど幸せだね  薄っぺらくてありきたりで どこにでもあるようなラブソングだけど ごめんねが口癖だった僕が好きって 伝える勇気をもらえたんだ 不器用で頼りなくて ちょっとパッとしてない 冴えない僕だけど 君だけの無敵のヒーローになりたい あのさ僕は君が好きだよ  人は忘れていく そんな生き物だから この歌を歌うよ何度だって歌うよ 君の照れる顔がみたいから  おバカな事もアホな仕草も 笑わないでよね?いや笑ってよね くだらないのに幸せだね  有名で説得力あって 誰もが共感するラブソングじゃないけど 天の邪鬼だった僕が 初めて言えたんだ ありがとうって言葉心から 背伸びして見栄を張って カッコつけたりしてしまう 夢見がちな僕だけど 君とじゃなきゃ叶えられない夢があるから 2人で一緒に歩いて行こう  春夏秋冬を移り変わって 思い出が一枚一枚重なる 泣き笑うシーン 二人のアルバム 厚くなっていく これからももっともっと  強がりで涙もろくて しっかり者だけど心配しすぎで 料理が上手でおしゃれでセンス良くて 家族想いなところとか 全部大好きだよ  薄っぺらくてありきたりで どこにでもあるような 僕の人生だったけど 変わったんだ君が現れた日から だから誓うよこれから ずっと愛してく
慕情の涙ericaericaericanao澤近立景忘れじの ゆく末 までは かたければ 今日を限りの 命ともがな  色はチグサの 夢を描きぬ されど この胸 愛に色はなし  通せんぼ どこへ行く 鬼さんこちら 手の鳴る方へ かくれんぼ  忘れじの ゆく末 までは かたければ 今日を限りの 命ともがな ゆらり ゆらり 舞い落ちる 月夜 照らす 万華鏡 はらり はらり 恋の花 君を 想ふ 慕情の涙  泣けどもかひなし 時は過ぎゆく 君が 心にまかせて待たん  心憂し(こころうし)寂しかりけり いずこの誰に会いに行くのか 夢のごと  忘れじの ゆく末 までは かたければ 今日を限りの 命ともがな ゆらり ゆらり 舞い落ちる 月夜 照らす 万華鏡 はらり はらり 恋の花 君を 想ふ 慕情の涙  やがて去りゆくさだめだとしても  忘れじの ゆく末 までは かたければ 今日を限りの 命ともがな ゆらり ゆらり 舞い落ちる 月夜 照らす 万華鏡 はらり はらり 恋の花 君を 想ふ 慕情の涙  慕情の涙
MUSIC TRAIL加賀谷はつみ加賀谷はつみ加賀谷はつみnao白須賀悟どんなに高い山でも 果てない長い道でも 諦めない 逃げ出さない 行こう 未知なる世界へ  見上げた空にかかる一本のはしご 動けない僕 時間だけが過ぎていく  ためらいの先の世界はきっと美しい 怖いもの製造工場は今取り壊してしまおう  どんなに高い山でも 果てない長い道でも 諦めない 逃げ出さない 未知なる光掴むんだ 自信が持てないときや 心が負けそうなとき 瞼閉じて耳澄ませば風が運ぶよ 君の声  「もう進めない…」 泣き虫な僕にいつも 「一人じゃない」と微笑んでくれたね  100万回の「ありがとう」それでも足りやしないよ そんな気持ち伝える旅 歌いながら続けたい  酸素の薄い山でも 流れる人の群れにも 負けたくない 君に届け しぼり出せ声枯れるまで 仕事で疲れた夜や 恋人ができた夜も その隣に寄り添わせて 君が眠りにつくまで  たった一人の小さな一歩 君と踏み出せた大きな一歩 茨の道も 踏み跡のない道も 躊躇わない 見たことのない景色集め 新しい地図を作り出そう All right!  どんなに高い山でも 果てない長い道でも 重い荷物半分こして 未知なる空を見に行こう 限界を超える強さ そのすべては君にある 僕一人じゃ何もできない  君がいるから強くなる 君がいるから僕がいる
わがまま加賀谷はつみ加賀谷はつみ加賀谷はつみnao白須賀悟今日までも今日からもあなたがいるそれだけでいい 今やっと 分かったの たった一つ 大切なもの  わがままばかり言ってごめんね 試すようなことばかりして あなたを困らせているよね 分かってても 気にかけて欲しいの  くだらないと笑わないで 不安なんだ 淋しいんだもん 大丈夫と抱きしめてよ 何度でも  今日までも今日からもあなたがいる それだけでいい 大げさでも何でもないたった一つ私の気持ち  一人で居られない長い夜 朝まで付き合ってくれたね たわいもない日々の会話に 笑って隣にいてくれるよね  その一瞬一秒に救われたよ 愛しいよ あなたといる日々だから 輝くの  少しずつ 音も立てず 時間だけがすぎて行く中で あなたがいる それだけで 雨の夜も好きになれたよ  言葉はいらないから 約束もいらないから 明日も 明後日もそばにいて  暗がりの雑踏で 話す声も消えていく街で あなたと手を繋げたなら 怖くないよ 強くなれるよ  今日までも今日からもあなたがいるそれだけでいい 今やっと 見つけたの たったひとつ 私の願い  ねぇ 届いていますか?
一緒に未来へ結花乃結花乃川嶋あいnaoあの日あなたの手のひらが こんなにも優しいと知りました 悲しい出来事かき消されて いつまでも私は包まれていた  あの日あなたの言ったことが こんなにも大きな意味を持つと 今更だけど思い出して 心の中うなづき気づきました  大袈裟なことはね言いたくない 奇跡という言葉なんて消えちゃいそうで  好きだよ 好きだよ ずっと大好きだよ ただこの気持ちがあふれている 2人でいたいよ ずっとどんなときも あなたを通して見つめてみたい 望遠鏡にも映らない2人の未来を  淡い桜の木々の下で お互いの鼓動が導いたキス 2人一緒に笑う声に 気がつけば不安も吹き飛ばされた  黄金色に染まるあなたのシャツ 夕焼けが淋しげな雲を連れてきた  会いたい 今すぐ会いにいきたいんだ あなたの笑顔のそばにいたい 恋して戸惑い時にぶつかっては もどかしい想い重ね合ったね 初めて知ったほんとうの強さと弱さを  もし出逢わなければ私は どうしていただろう きっとあなたがいたから 今の私にたどり着いたんだ  好きです 好きです ずっと大好きです ただあなたへと伝えたいよ  特別な記念日よりも当たり前に 何度も巡り来る今日の日を  2人でそっと抱きしめて歩いてゆきたい  一緒に未来へ
一緒に帰ろう feat. 佐藤竹善ericaericaericanao池上幸太朗ビルの陰 隠れてく 上弦の月夜 薄く染まる 君の横顔 手探りで探してた 形のない愛を 確かめたくて袖を掴んだ  言葉より深く 時より刹那に 満ちていくmelody 信じさせて  ありふれたOn my way home まだ名前のない歌 二人だけの夢は続いてく 光差す その場所へ 照らされていく道を いつの日も いつまでも この胸を灯す願いが輝き続くように 一緒に歩いて行こう  「答えなどなくていい」あなたが言うから 運んだ風が涙を拭った  想いより強く 過去より未来へ 紡いでく 心 手繰り寄せて  何度でもYou stole my heart出会ったあの日のように 二人だけのカケラを集めて 眠らない 街を背に 優しさ溢れてく 抱きしめて 変わらずに 幸せはいつもほらこの手の中にある いつもそばにある  願いが叶うのなら 生まれ変わってもまた会いたい  ありふれたOn my way home まだ名前のない歌 二人だけの夢は続いてく 光差す その場所へ 照らされていく道を いつの日も いつまでも この胸を灯す願いが輝き続くように 一緒に歩いて行こう  一緒に帰ろう
白い流れ星ericaericaericanao白い流れ星 手のひらに落ちて きれいだね と言う 君に恋をしたんだ 凍えそうな夜も 寒くなかったよ 君が心 暖めてくれたから  時を越えて 空に願う  「君が好きだ」 その笑顔を ずっとずっと見てたいから 私は今決めたんだよ もっともっと強くなるよ  ぐるぐるに巻いた マフラーの中で 何度も唱えた 君への言葉達は やがて私から あの人の元へ どのくらい伝えられるだろうか  時を止めて 君へ届け  君が君でいてくれたら 他に何もいらないから 忘れないでこんな君を想う人がここにいること  少しだけ触れた手 嬉しかったのに すぐに離したのは私で 臆病な心が 不器用な心が 邪魔したの本当は繋いでいたかったのに なんで、、、  窓の外は白い星で ふわり光り染まっている 奇跡のような時の中で そっとそっと誓ったんだ 「君が好きだ」 その笑顔をずっとずっと見てたいから 私は今決めたんだよ もっともっと強くなるよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋の充電器ericaericaericanaooh oh oh Yes!oh oh oh yeah! oh oh oh Yes!oh oh oh yeah!  さっき会ったばっかなのにおかしいな 離れたらもう私の充電80% あなたがいないと電池不足なの メール1つ ただ送るだけなのに 何度も文 考えてたら もう70% 返信見逃さないように ゲームなんかして待ってたらウソ! ヤバい!もう60%  好き過ぎるから減りが早くなるのね あなたなしでは生きれないの!!  (1.2の3.4で!) ずっと繋がっていたい 寝ても覚めてもあなただけ ほんの少し会えただけでこの心MAXなの (yeah!) もっとくっついていたい 気がつけば100% 離れないで そばにいてね あなたは私の恋の充電器  oh oh oh Yes!oh oh oh yeah! oh oh oh Yes!oh oh oh yeah!  ちょっと待って!なんで!既読スルーなの 減らないでね お願いします 残り50% 省エネモードにしたのになぜ 恐れていたことがおこりました赤信号の20%  妄想女子はこれだから嫌になるわ 信じなくちゃね 強くならなきゃ  (いろはにほへとで!) ずっとギュっとしていたい 他に何もいらないから ほんの少しそっと撫でて それだけで幸せなの (yeah!) もっと一緒にいて下さい 永遠に100% そんな恋を今してます あなたは私のかけがえない人  恋の病 治せるのはあなたしかいないのです 2人は1つ この先もこんな私をどうかよろしくね  (ドレミファソラシド!) ずっと繋がっていたい 寝ても覚めてもあなただけ ほんの少し会えただけでこの心MAXなの (yeah!) もっとくっついていたい 気がつけば100% 離れないで そばにいてね あなたは私の恋の充電器
I LOVEericaericaericanao写真立てに並ぶ二人 まだどこか照れくさそうで ぎこちない距離も触れた指先も 無邪気な笑顔も懐かしいね 二人を照らした景色が沢山の愛を育てた 時には不安で時にはぶつかり 乗り越えて今日まできた  その目に映る先の向こうに どんな明日が待ってるのだろう あなたらしくいつまでもいてね そう言ってくれた時決めたんだ  幸せになろうよ 幸せにしたいよ あなたと生きたいその為に もっと強くなるよ もっと支えたいよ ここからはじまる新しい未来 重ねたこの手をいつの日も繋いでいてね  最近よく言われるよね 話し方も笑い方も全部一緒だね そう言われる度たまらなく嬉しいんだ  深爪した傷跡をそっと治してくれた大切な人 あなたの大丈夫の言葉に 守られて救われて今がある  幸せになれたよ 幸せを知ったよ あなたが教えてくれたから もっと叶えたいよ もっと見つけたいよ ここからはじまる新しい奇跡 信じてく力が二人を一つにしたの  降り注がれた光を浴びて 根を張って実をつけたオリーブの木に 二人で決めた名前を付けよう 永遠に色あせない愛の名を  幸せってなんだろう どこからくるんだろう 心が満たされることかな あなたがいつもいて 変わらずそばにいて それでいい それさえあればいい  幸せになろうよ 幸せにしたいよ あなたと生きたいその為に もっと強くなるよ もっと支えたいよ ここからはじまる新しい未来 重ねたこの手をいつの日も繋いでいてね  何十年後 歳をとっても同じ気持ちでいて
ひとりぼっちの涙ericaericaericanao今日はいつもより風が冷たくて 夜の帰り道すごく寂しいよ こんな日は君の声が聞きたくて まだ耳が君のこと忘れてないよ  夏なんて嫌いだ みんな楽しそうにしているのに 置いてかれたみたい きっと誰といたって 虚しくなるだけなんだよ  1人じゃ何を見ていても 色もないし輝かないよ 1人じゃ何を食べてても 味もないしおいしくないよ もう会えないの? もう終わりなの? 忘れなくちゃいけないの? こんなに好きでこんなに君を まだ想っているのに あの時なんであの時君に 素直に言えなかったの 本当はもっと甘えたかった 大好きだったよ  そばにいられたらそれでよかったの でも君にそれ以上求めてたよね  ケンカじゃないんだね 本当に終わりなんだよって 鳴らない電話 来ないメール カラの予定が現実だと教えてるの  1人じゃ何をしていても 笑えないしごまかせないよ 1人じゃこの右手がほら 君だけを探しているの 沢山人がいるのになんで 君じゃなきゃダメなんだろう あとどのくらい泣いたら 涙止まってくれるの? なにも言えずになにも出来ずに 空回りばかりしてた 今更何度後悔しても 変わらないのにね  すれ違う人 似てる横顔 同じ服の匂い ねぇどこに君はいるの?  1人じゃこんな1日が 長いなんて知らなかったよ 2人で過ごしてた日々が 今もまだ溢れているの 眠れない夜 交わした言葉 守れなかった約束 君が全てで君がいたから 私でいれたの いつか私の知らない人に 君がなってしまっても ずっと私の心の中の宝物だよ
告白10ヵ条PLATINA LYLICericaPLATINA LYLICericaericanao今からは話すことは とても大事なことだから できれば最後まで お付き合い下さい あなたに伝えたい10カ条  1条(イチ)、あなたが落ち込んだ日は私が全力で笑顔にします 2条(ニ)、あなたが自慢したいと思える人になれるよう努力します 3条(サン)、真っ直ぐいつもあなただけを見つめています 4条(ヨン)、どんなことが訪れてもあなたを最後まで信じぬきます 5条(ゴ)、ずっと出会った日のことを忘れない  いつまでも何度でも 今ここに誓います  あなたに恋をしました あなたじゃなきゃダメなんです 明日もまた続く先も 2人で過ごしませんか 一緒にいてくれませんか  6条(ロク)、料理上手になります美味しいと言ってもらえるように 7条(ナナ)、いつも感謝の気持ちを忘れず素直で正直でいます 8条(ハチ)、会えない日は会えた日よりあなたを想います 9条(キュウ)、やきもちはなるべく妬かないようにできるだけ心がけます 10条(ジュウ)、もしもケンカしたらこの歌を聴くよ  永遠に変わらない この気持ち守りたい  あなたを想う気持ちは 誰にも負けないって言えるよ どこにいても何してても 心でいつも感じてる 特別な人なんです  いいことばかりじゃない人生 きっと試練も訪れるでしょう でも2人なら大丈夫だよ 手をとって乗り越えて前をみて 進んでいけるよ  朝が来て昼が過ぎ 夜寝るその瞬間も あなたで始まって あなたで終わりたいな  あなたに恋をしました あなたじゃなきゃダメなんです 明日もまた続く先も 2人で過ごしませんか 一緒にいてくれませんか  あなたを想う気持ちは 誰にも負けないって言えるよ どこにいても何してても 心でいつも感じてる 特別な人なんです  よければこの続きは 直接言えたらいいな 彼女になれたなら 告白したいこと あなたに伝えたい10カ条
君がいたericaericaericanao好きになりました もう君は気づいてるかな? こんなに恋してること 普通にこうして話してる今も本当は 胸の中張り裂けそうなんだよ  沈んでく 赤い空 波がさらったイニシャル 君がいた夏が過ぎていく  初めて出会った日のこと 励ましてくれた日のこと 笑いあった日 過ごした時間 どれも宝物なんだよ 1人やきもちやいた日も 涙止まらなかった日も いつも私の心の中に どんなときだって君がいた  みんなの輪の中 楽しそうに話してる その笑顔 独り占めしたかった  どこまでも続いてく 海を見ながら誓った この想い君に伝えたい  例えば理由がなくても 毎日声が聞きたいな ほんの些細な出来事だって 全部教えてほしいんだよ 隣に君がいるだけで ほんの少し会えただけで、 ただ嬉しくて幸せなんだ もっと知りたいよ 知ってほしい  泣いていた去年の今頃 なんにも変われずにいた あの時より少し前に進めてるよ 忘れない この先どんなに時が過ぎたとしても こんなに人を好きになれたこの夏を  勇気が持てなかった日も 素直になれなかった日も 君がいたから そばにいたから 諦めずに頑張れたよ その目に見つめられるたび その手に一瞬 触れるたび いつも私の心の中に どんなときだって君がいた 大好きな君がほらそこにいた
どんなときもそばにいるよericaericaericanao菊池博人どんなときもそばにいるよ 笑顔の日も涙の日も 忘れないで1人じゃない 僕が君を守るから Lovin'you 届け  大切にしたいことが一つ増えたよ 心の中で今ほら感じてる  出会い 想い 胸を焦がし 触れて 知って 分かったんだ  どんなときも君がいれば 強くなれる 頑張れるよ 忘れないで大好きだよ ずっと君の味方だから Be with you いつも I miss you ずっと Only you 永久に Lovin'you 届け  あの日君が話してくれた 過去の傷も いつか笑って話せる その日まで  共に 悩み 少し泣いて 信じ乗り越えていきたい  どこにいても繋がってる 見えない愛で結ばれてる 忘れないで離れてても いつも僕はここにいるよ  静かな夜空に 流れた光 重ねた願い 君の胸届くように  奇跡なんてないと 諦めていた僕に 教えてくれたんだ 人を好きになること  どんなときも輝いてて 君は君のままでいてね 忘れないでその瞳は 僕を写す魔法なんだ  どんなときもそばにいるよ 笑顔の日も涙の日も 忘れないで1人じゃない 僕が君を守るから Be with you いつも I miss you ずっと Only you 永久に Lovin'you 届け
恋占結花乃結花乃結花乃naoハロー ハロー きこえてますか? 私の声 届きますか? うら若き 乙女に 素敵な ご縁が ありますように  Love me do! 今日も 同じ道の行き来だけじゃ 何もない 何もない 何もない どう思う?  雑誌の裏 今月の恋愛“待ち人来たる” 本当に? 本当に? 信じない! ラッキーアイテムは★のピアス そんな物で 叶うのならば 泣いたりしないだろう  お願い神サマ どうか 私の声 きこえますか? 錆びつく 歯車が 軋む音をたてる  回りはじめた バレリーナ 花開け 弾けるように うら若き 乙女に 素敵な ご縁が ありますように  街をゆく 恋人達を 眺めては ため息 今年も一人の lonely days  結局★つけたピアス キラリ光る 信じてる 信じてる 信じてる そんな夜  帰りの駅で 懐かしい 声かけられた スーツ姿で 背丈も伸びた 彼  ハロー ハロー きこえてますか? あなたにも 届いてますか? 軋んだ 歯車が 重なる音がした  回れ 回れよ バレリーナ 花開け 弾けるように うら若き 乙女に 愛しい 毎日が ありますように  神サマが 私にも やっと 笑ってくれたよ! いい子にします どうか この恋で 迎えたい ハッピーエンド  記念日 デート サプライズ 桜の下の プロポーズ 重なる 歯車を 離さないでいてね  回れ 回れよ バレリーナ 花咲いて 咲き続けて 笑い合う ふたりに 幸せが 溢れるように  ハロー ハロー きこえてますか? 私の声 届きました!  ハロー ハロー きこえてますか? 私の恋 叶いました!
marguerite結花乃結花乃結花乃nao小道に咲いた 小さな花は 春時雨にゆれる 恋の行方 知る花  スキか キライか ちぎり占う 白の恋しらべ 小雨に濡れて 光る?それとも泣いてる?  スキ キライ と スキ キライ と ちぎり散る 花にも きけない程 気づいてるよ 気づいてるよ だから 怖い きけない  となり歩いて ぎゅっと手をつないで 何度も抱きしめた 君も 笑ってたね  少し前なら 冗談まじりで言えた言葉も 言えなくなったよ 振り向きもしないから  キライ スキ と キライ スキ と あの頃の 君には 訊けたのにな スキ キライ と スキ キライ と 今は 怖い きけない  いつか君も 他の誰かと 恋をするんでしょ? 私は過去で 思い出の中でしか 君に会えない  スキ キライ と スキ キライ と 千切り散る 花びら 答えは 気づいてるの 気づいてるの だから 怖い きけない  スキだよって言って スキだよって言った あの頃の ふたり 戻れるかな 白い 恋しらべ 白い 恋しらべ 小雨に濡れて 泣いた  花ちぎる 恋しらべ
300トミタ栞トミタ栞トミタ栞nao明日からこの町を離れて 暮らすはあの東京 段ボール想い出詰め込んで 窓から月 眺めてる  目をとじて 耳をすましたら 聴こえる 風の音 宮川が流れる高山 おだやかで大好きな故郷  私はまだ 子どものまま 「何とかがんばりたい」そう言ってみたけど 本当は今 楽しみなことより 不安ですごく怖いんだ  小さな頃から 何をしてみても 空回りしてばっかりだったけど ほんとの気持ちを抑えることよりも 好きなことを見つけて歩きはじめたい 失敗してもちゃんと見守ってる人がいる 帰る場所があるから  テレビでよく映る交差点 いつ見ても凄い人で あの波にのまれないように しっかりと歩けるのかな  私はまだ 子どものまま 難しい映画より絵本を見てたい それでも今 進まなきゃいけない ちゃんと大人になれるかな  小さな頃から 自分の気持ちを 伝える事が上手く出来なくて それでもここまで たくさんの想い出と たくさんの人に包まれてきたんだね 気づかないところで 見守ってる人がいる 私はもう大丈夫 私はもう大丈夫
LOVE LOVE STEP~新しい私~ericaericaericanaoTatsuro Arikiふわり花が舞うような 風が頬をくすぐる朝 カーテンの向こうがわ 青い空が呼んでいる 君がいるあの場所へ 歩くたびに胸が踊る 太陽も焦がすような熱い恋を 君に今してるの  お気に入りのラブソングをかけて リズムに合わせてくつを鳴らして まるでドラマのヒロイン そうカレ役は君よ 見慣れた街も今日はいつもより 不思議なくらい素敵に見えるの 赤 青 黄色 信号もリズム軽め  Ah 昨日の夜何度も 練習した言葉 カレンダーに印した君のイニシャル 今日言えるといいな 願いを込めて いざその胸に  キラリ輝いている 眩しい君のその笑顔 挨拶交わすだけであぁやっぱり大好きだ 息もできないくらい ただ近くにいるだけでもう 嬉しくて 愛しくて 早くこのキモチ 君に届けたい  すべり出しは一先ず上々です ミッション2! 隣もキープした 話すことも決めてきたの なのにおかしいな 片言みたいな話し方だし なぜか節々に敬語も出ちゃう そんな私を見て君は笑っている  Ah このキモチ伝えたら もう今までみたいに 普通に話せなくなるのかな なんて少し センチメンタルになる でも決めたの 絶対負けないわ  例えば休みの日は 君と二人手を繋いで 海の見えるベンチで 一緒に夕日がみたい 君の見てる景色に あたり前のようにいつも 私がいれるような そんな人でずっといたい なりたい  メソメソしてた去年の私 何をやってもうまくいかなくて いらない物は全部「ありがとう」って 言いながら捨てた 新しい私に 会えるように  ちゃんと見ていてね ちゃんと言わせてね ちゃんと聞いててね  「今日の夕方君に話したいことがあるんだよ」 震える声隠して 勇気出して呼び出した 君がいるあの場所へ 歩くたびに胸が踊る 心も焦がすような 熱い恋を 君に今してるの  待っていてね
ミライビリーバーericaericaericanaoshuho戻りたい戻れないもう一度 帰りたい帰れないもう二度と 時間だけ過ぎて追いつけないよ だから止まらない止めれない心が 愛したい愛されたいと願う まだ信じたい 信じてみたい 笑った僕がみたい  どこかに忘れてしまったんだよ 無くした心が呼んでるの 道のないあてもない暗闇でも行くと決めたんだ  伝えたい言葉があるんだ 素直に今なら言えるよ 意味のない偽りは全て脱ぎ捨てた  戻りたい戻れないもう一度 帰りたい帰れないもう二度と 時間だけ過ぎて追いつけないよ だから止まらない止めれない心が 愛したい愛されたいと願う まだ信じたい 信じてみたい 笑った君がみたい  どうして素直に生きれないんだろう 傷つくことなら慣れてるのに 高くて登れない壁ばかりじゃ 夢も描けないよ  失うものがないなら恐れることも必要ない 最初からわかってた僕は僕だけだ  変わりたい変われないもう一度 出会いたい出会えないもう二度と たとえ消えてしまうと分かっていても  いつか誰かが誰かに伝えて 想いが想いを繋げばいい ほら叶えたい叶えてみたい 未来の先が見たい  眠れない夜数えて かすかな期待願った 遠くで声がしたんだ ここだよおいてかないで 行かなきゃ幻だって 超えなきゃ掴めないんだ 過去も今も無駄なんてない もう逃げないよ  戻りたい戻れないもう一度 帰りたい帰れないもう二度と 時間だけ過ぎて追いつけないよ だから 止まらない止めれない心が 愛したい愛されたいと願う まだ信じたい 信じてみたい 笑った僕がみたい
いつも…ericaericaericanao「ねぇ今すぐ会いにきて」 わがまま言って困らせた夜 私が寝るまで電話して 夢に会いに来てくれた  昔2人で作った 仲直りできるチケット 忘れた頃ケンカした時 渡されて笑ったね  振り返れば どんな時も 思い出の中にあなたがいて どれも全部かけがえのない 大事な宝物だよ  いつもいつもいつの日も 変わらぬ想い 約束するよ 100年先も好きだよ あなただけを見つめてるから 最終話のない物語 今何話目くらいかな  休日は映画借りて 駅前のコンビニに寄って デザートはジャンケンで決める いつしかお決まりだね  「愛してる」その言葉の 本当の意味が分かったんだ 隣にいるただそれだけで こんな幸せなんだね  これからはじまる未来 あなたとなら輝き出すの 毎日好きが増えてく こんな気持ち初めてだから 夕日で染まる2つの影 どこまでも続いていた  「ごめんね」よりも「ありがとう」 「疲れた」よりも「頑張った」 あなたと決めた合言葉 何度も支えられてるの  もしも涙で歩けない そんな時が訪れた日は 笑顔になるおまじない その手の中強く抱きしめて  いつもいつもいつの日も 変わらぬ想い 約束するよ 100年先も好きだよ あなただけを見つめているから 最終話のない物語 ずっと続いたらいいな これからもそばにいさせてね
Go Ahead!ericaericaericanao眩しい朝焼けが光の道を作ってく 風に吹かれてどこまでも広がる空へ  手を伸ばして 心の扉を開けたら ここから今 新たに始まるストーリー  聞こえてくる 愛のメロディー まだ見ぬゴールまで駆け抜けよう 世界中が一つになる 笑顔で繋がるそう信じて 夢を乗せて もっと高く Go Ahead どんな壁も越えて  アスファルトに咲く小さな花を見つけたよ 強く凛々しく美しく輝いている 誰もが皆 同じ今を生きてるんだ 忘れないで 君らしくほら進めばいい  明日へ続く ペダルこいで さあ行こうもう君は1人じゃない ドアを開けて探しに行こう 心で繋がるその場所へと 希望のせてありのままで Go Ahead いつもここにいるよ  君がもしも泣いてるなら 迷わずかけてく 会いにいくよ 雨上がりの空にそっと 君へと繋がる虹をかけて  聞こえてくる 愛のメロディー まだ見ぬゴールまで駆け抜けよう 世界中が一つになる 笑顔で繋がるそう信じて 夢を乗せて もっと高く Go Ahead どんな壁も越えて
メリ告~クリスマスまでに~ericaericaericanao好きだから言えない 本当は言いたい 弱虫で強がり不器用でもろくて何もできない こんな私だけど クリスマスまでに 生まれ変わった私で君に伝えたい 叶うように  今年もまた 気づけばほら 町中が輝き染まってく 冷たい風 白い息が そっと私を一人にする  愛しくて 触れたくて 気付いてほしいのに 嘘ついてごまかして 友達のずっとフリしてた 嫌われたくないって 失いたくないって またはじまってもいないのに 私から逃げていたの  特別な日だから 一度きりだから 世界中のどんなプレゼントより君といたいんだよ このままじゃ終われない 終わりにできない 泣いてばかりの私にさよなら告げたの 叶うように  冬の空に 雪が舞った 君のところにも降ってるかな 時間だけが ただ過ぎてく こんな自分が嫌になるよ  帰り道 遠回り 何回も悩んで 頑張れって言い聞かせ君に電話をした 優しいその声に 変わらないその声に 涙溢れだして 止まらない会いたいの  願い事は一つ たった一つだけ その笑顔仕草弱さ痛みも全部大好きだから もう負けたりしない 傷ついてもいい 走り始めたこの気持ち君への想い 届くように  ちゃんと言えるように 自分の言葉で 少しでいい神様 私に勇気を分けて下さい サプライズもいらない ケーキもいらない 君がいればそれだけで幸せなんだよ  好きだから言えない 本当は言いたい 弱虫で強がり不器用でもろくて何もできない こんな私だけど クリスマスまでに 生まれ変わった私で君に伝えたい 叶うように
決戦の地ericaericaericanao教室の窓 放課後いつも聞こえてた声 砂にまみれた君はなんだか 凄く輝いていた 桜の時も暑い真夏冬の寒い日だって 何にも勝る強い力が今の君を作った  見えない道を追い続けて 不安でダメになりそうな日は 一人じゃないと教えてくれる 今日までの時間が答えになるから  今日は決戦だ いざ夢の場所へ もう何も恐れることなんてない 守りたいものが 譲れない物が 心をいつも奮い立たせるよ どこまでも続いてく 太陽みたいに 遠く高く強く前だけ向いて 君はできる 信じてるよ  大事な試合 帽子の下熱い君の眼差し 歓声の中頑張る君は凄く誇らしかった 誰も知らない見せない涙 悔しかった日々も 全てはきっと繋がっていて明日へ続いているよ  あの時約束したことを 今でもまだ覚えているかな 何があっても心の中の 自分だけは決して負けたりしないで  一緒に笑って 一緒に走って 同じ気持ちで戦っているから 大切なものが ここにある限り 未来は変わるどんな時だって 体中の力 全部集めたら 大きな光にして胸張っていこう 君らしさを 忘れないで  何もできなくて下ばかりみてた あれからいろんな壁越えてきたね この仲間達で 掴み取りたいよ 勝利を今手にする時がきた  今日は決戦だ いざ夢の場所へ もう何も恐れることなんてない 守りたいものが 譲れない物が 心をいつも奮い立たせるよ どこまでも続いてく 太陽みたいに 遠く高く強く前だけ向いて 君はできる 信じてるよ
中孝介中孝介ericanao三谷秀甫行こう 明日の僕に会いに行こうよ 雨上がりの虹がそっと未来を照らしている  今日も改札をこえて ゆれる満員電車 窓に映った自分の姿をみた 真面目に生きることはなぜ損するの? 正しいことだけしていたいだけなのにな  弱い自分が顔を出す日は 頑張ってきた 自分を褒めてあげよう  僕が僕を好きでいればいいんだ 過去も全て今に 繋がってるから 行こう 明日の僕に会いに行こうよ 雨上がりの虹がそっと未来を照ちしている  いつも行くコンビニの缶コーヒー飲み干して 「お疲れさま」と心の中 つぶやいた 素直に生きることはなぜ傷つくの? ただ真っ直ぐ前だけ見ていたいのにな  誰かが決めた理想じゃなくて 等身大の幸せを作ればいい  君が君を好きでいればいいんだ ムダなことなどきっと一つもないさ 行こう 明日の君に会いに行こうよ ほら優しい風がそっと背中を押してくれる  決して平らな道ではなかったけれど 証がここにある 輝きながら 行こう 明日の僕らに会いに行こうよ 雨上がりの虹がそっと未来を照らしている
運命を信じますericaericaericanao運命を信じます 君に会うため生まれた 一瞬で恋したの まだ見たことない世界が 二人を待ってる  次はいつ会えるのかな 君のことばかり考えてしまってるよ もっと話たいな Ah 神様どうかこの願い叶えて 届くように  空に舞った 想いキラリ 未来に賭けてみたんだ 初めてのキモチを伝えたい  運命を信じます 君に会うため生まれた 一瞬で恋したの まだ見たことない世界が 二人を待ってる  今日も君と目が合ったね 分かりやすくてバレバレな私の態度 不安 期待 涙 雨 この距離全部取っ払って君に染まりたい  沈む夕日 急な坂道 影の君と繋いだ手 真実のトキメキ 見つけたの  永遠に誓います 君以外など見えない 全力で恋してる やっと出会えた 夢見てた 愛しい人なの  走る背中ただずっと追いかけてばかりいた このまま終わりにしたくない 置き去りの帽子 風に揺れるわたしの心 表と裏 味方にして ねぇ離さないで 愛になれ  特別な恋だから ライバルにはもう負けない 泣いちゃって凹んでも 大事にしたい守りたい ちゃんと伝えたい  運命を信じます 君に会うため生まれた 一瞬で恋したの まだ見たことない世界が 二人を待ってる  素敵な明日が私をきっと待っている
恋花火GOLD LYLICericaGOLD LYLICericaerica・naonao夜空に咲いた恋花火 君と過ごした短い夏を忘れない  月明かり 蛍火 ふいに触れた左手 ふたつ肩を並べ ずっと話していたね  子供みたいにはしゃいでる無邪気な横顔も 夢のこと大好きな友達のこと 知れば知るほどに恋してました  夜空に咲いた恋花火 君もどこかで見上げてますか? 今会いたくて恋しくて 遠回りしてやっと気づいた ただ切なくて言えなくて苦しかったよ もう隠さない伝えたい ずっと君だけ見てたよ  いわし雲 通り雨 夏が過ぎ去っていく  君の何気ない言葉にいつも心が戸惑い 嬉しくて傷ついてまた舞い上がり 何もできなくて逃げていました  君と出会って恋をして 初めて知ったホントの気持ち たった二文字が言えなくて 私はいつも変われずにいた 人混みの中君だけを探しているよ もう迷わない伝えたい ずっと君だけ見てたよ  逢いたい… 逢いたい…  夜空に咲いた恋花火 ホントは君のそばでみたいよ 涙溢れて止まらない 誰よりもそう君が大好き  夜空に咲いた恋花火 君もどこかで見上げてますか? 時空を超えて伝えたい 満天の星想いを乗せて  ただ切なくて言えなくて苦しかったよ もう隠さない伝えたい ずっと君だけ見てたよ  好きだよ… 好きだよ…
大嫌いericaericaericanao出会わなければよかった こんなに苦しいなら 恋した私の負け 分かって好きになった  あと何度 傷つけばいいの 泣いたらいいの 分かってる これ以上求めたら離れてくよね もう忘れなくちゃ 何度いい聞かせても そばにいたくて 今だって まだ小さな奇跡信じているんだよ  大嫌い 大嫌いなのに 大好き止められなくて 消したい 消せないメール ずっと今日も待っているの  「忙しい」その口癖 約束もできなくて 行き交う人にまぎれて 潰れそうな私の心  もう一度 あなたに会いたい 声が聞きたい 叶うなら あの子になりたいよ 自信がほしい 近づくほどに 夢じゃないウソじゃないって思いたくて 聞けぬまま 十分幸せと演じてる私  泣かない 泣いたらきっと 重いって突き放すでしょう? 何も 何もいらない だからどうか離れないで  今の私には何もなくて 誇れるものなどまだないけど あなたが振り向く人になって 私が好きな私になりたいよ  大嫌い 大嫌いなのは 何もできない私 いつか いつか自分を もっと愛せるように  大嫌い 大嫌いなのに 大好き止められなくて 消したい 消せないメール ずっと今日も待っているの
Rave:tech(^_^)New;worldnaonao山下慎一狼nao歴史に渦巻く 無数のインターフェース 進化のスピード 世代は移りゆく  新キャラ なんのその 私が主役でヨロシク 未来をロードする メモリ不足もご愛嬌 突き破れ  Rave:tech(^_^)New;world 護りたい 解き放つ想いのカケラ Never↑take↑New↓heart↓ 何度でも 輝くキミの笑顔と共に  I←wish→ 次元を超えて響き合う Pick←share→ 翼を重ねて  世界を歪める リアルなバーチャリティ けど過去も明日も キミと繋ぎたくて  「一緒にいようね」と それだけ言えればよかった 笑ってケンカして 泣くことも全部みんな 好きだって  この胸に その涙 確かな温もりを抱いて <In=“a”row=“_heart”>×16</a> もう二度と キミをひとりになんてさせない  I←wish→ 時空を超えて交差する Pick←share→ この手 離さずに  私はもう迷わない 神を超え (遥か羽ばたく) 新しい次元へと キミと今 (ゼロを目指して)  Rave:tech(^_^)New;world 護りたい 解き放つ想いのカケラ Never↑take↑New↓heart↓ 何度でも 輝くキミの笑顔と共に  I←wish→ 次元を超えて響き合う Pick←share→ 翼を重ねて
prismatic eternity mirage.naonaonaonao桜舞う季節終わり 気がつけばひとりきりで とめどなく流れてゆく 痛みに染まる涙 祈るほど遠くなって 願うほど空は高くて 届かない、わかっても、手を伸ばした  瞳をとじて見えた翼 羽ばたいて見つけた自由 近づいて、通り過ぎて、 つかめないまま、また探して  みつけた 僕だけの明日を鮮やかに 涙の跡も染め上げて たとえ残酷な真実が そこにあったとしても 僕は今を生きる…  震えてる足元から 少しだけ前をみすえて 何ができる? 自分に問いかけてみた  貫いた僕の想い 捨てれずにしまいこんで 忘れない、忘れられずに 壊れないように抱きしめた…  たとえば 君が悲しい顔をしたなら きっと傍にいられるように 何もないこんな僕だけど いつか君に僕は…  たとえば 君が悲しい顔するなら きっと傍に居られるように 何もないこんな僕だけど いつか君に僕は…  ほら、眩しい程の光の中 笑顔くれた君のために 声が枯れるまでうたうよ 君と居られるように いつか君と…
iya iya iyaBling Bling PrincessBling Bling Princess中村彼方naonaoふたりで聞いてたLOVE SONG まるごと覚えてるよ 冷たくなっていくyour kiss 永遠が遠くなる  1,2,3 go すれ違ってく You and me, go 街中が “賞味期限の恋”と囁いたようで A,B,C go 絡めていた You and me, go 指先に 自然と力入る 繋ぎとめたくて  I need you boy 今も想い出すよ first time 手が触れた衝撃 あの恋が実った瞬間 I won't let you go これが失恋っていうの oh, this is the time limit  だんだんと 終わってく 終わってく 今は今は iya iya iya… 恋しさはそのまんま 苦しさになる サヨナラが 言えなくて 言えなくて だけどだけど もう もう もう その気持ち 変わったら 仕方がないの  1,2,3 go どこで迷って You and me, go この場所に 辿り着いてしまった やり直したいよ A,B,C go わかってるの You and me, go 本当は誰も悪くはないの そういうもんでしょ  I love you, boy あの時の気持ち ウソじゃなかったホント 約束なんてしないもん so sad, all night long 今日が終わってしまう oh no, the time is coming now  少しずつ 離れてく 離れてく やっぱやっぱ iya iya iya… 一人では この街は広すぎるよ サヨナラが 言えなくて 言えなくて だけどだけど もう もう もう お互いにきっと何か 足りなかったの  だんだんと 終わってく 終わってく 今は今は iya iya iya… 恋しさはそのまんま 苦しさになる  明日の朝になれば すべてが過去になる 二人だけの思い出 綺麗にしたいから
In the rainericaericaericanaoshuhoコーヒーを注いでミルクでかき混ぜた 苦い味隠したくて 甘いままの君と一緒にいたいから見ないフリしていたんだ  ah~大人びた嘘 並べても隠せなくて  雨の中傘の中で一人泣いて泣き崩れた 私だけ空回りなにやってるんだろう 全部知りたいわけじゃない でもぬくもりだけじゃ足りない 好きなのに苦しいよ こんな愛してるのに  シンデレラみたいなガラスの靴履いた恋がしたいわけじゃないの 求めすぎたりしない 平凡でいいんだよ それすらも欲張りかな  ah~正解がもしあるのならねぇ教えて  今日は会えるかもしれない曖昧な約束だって 少しでも会えるならそれだけで嬉しくて 何度もメイク直して期待してでも会えなくて 大丈夫だなんてまた平気なフリをしている  未来に描く理想より 語れる思い出を今作りたいんだよ 全てを捨てて君の胸に 飛び込めたならどんなに楽なんだろう  ありきたりな言葉より真実の愛がほしいの 幸せになりたくて恋したハズなのに  雨の中傘の中で一人泣いて泣きはらした 伝えたい伝えるよ今なら言えるから 空に零れた涙が一筋の光に変わる 信じたい今度こそ素直になりたいから
レール~キミのもとへ 会いにゆくよ~ericaericaericanaoshuho輝く未来を望むのならば もう恐れないで進め キミのもとへ会いにゆくよ  いつもの駅 並んだベンチ 大好きなふるさとの街並み 太陽登ってく空 あーキミにも見せたいな  どんなに時代が変わっても 心はあの頃のままさ 目を閉じたらほら キミの笑顔が浮かんできたよ  忘れかけていたんだ 本当に大切なもの そよ風が教えてくれた 自分らしくいればいいんだ  小さな希望が未来をつなぐ その道しるべの先に キミという名の花を見つけたんだ  輝く未来を望むのならば もう恐れないで進め キミのもとへ会いにゆくよ  守りたい譲れないものが 僕の今を動かしてる 見上げた空にほら 優しい光が降り注いだ  真実はいつだって そこで僕を待っている 最後まで諦めないで 逃げてたら何も変わらない  昨日があるから今があるんだ 小さなバトンを繋いで 人は人を幸せにするんだね  誰もが何かを求め生きてる 大丈夫 愛しい人よ 二人ならば怖くないさ  はじめて出会った日 はじめてケンカした日 上手くいかない時だって キミと過ごした日々が 僕の力になったんだ きっとずっと隣で 支えてくれてたんだね  どこまでも続くレールを見てた 一途に真っ直ぐ進む まるで今の僕の心みたいだ  輝く未来を望むのならば もう恐れないで進め キミのもとへ会いにゆくよ キミのもとへ会いにゆくよ
キスキスキericaericaericanao立山秋航キスキスキスキスキスしよう 初めての甘いキス ゆらゆらゆらゆらゆれて 恋の旅をしよう 風に舞う私の心 さえずる鳥の歌 恋のメロディー あなただけに捧げるわ チュチュチュ  今日もあなたに会えますように おまじないかけてスペシャルデイ 弱音は昨日置いてきたの 涙にバイバイ 恋愛雑誌にあなたを重ねて 夢中になってる私をどれくらい知ってますか?  ah~いくつ数えても きりがないくらい溢れ出すの 何度も来ない チャンスは1度きり 伝えたいことはただ1つだけ ちゃんと聞いてね  キスキスキスキスキだよ 言葉じゃ足りないくらい あなたとの毎日はそう、記念日なんだよ 運命で結ばれている 磁石みたいに強くね ギュッと抱いてそっと 奪ってほしいの チュチュチュ  窓の向こう側でみんなと笑ってる あなたに届きますように 小指だけそっと塗った赤い ネイルのおまじまい らしくない料理して本も読んだの ライバルは鏡の私 怖くない もう逃げないわ  ah~頭の中で あなたのこと紐解いて 行ったりきたり、忙しいわ いっそ 時計を止めて今すぐ会いたい 魔法をかけて  キスキスキスキスキスしよう 初めての甘いキス ゆらゆらゆらゆらゆれて 恋の旅をしよう 風に舞う私の心 さえずる鳥の歌 恋のメロディー あなただけに捧げるわ チュチュチュ  みんなの中の1人じゃ嫌なの 休みの日だって会いたいの 夢見るだけじゃ変われない 伝えたい、今 あなたに言うよ  キスキスキスキスキだよ ほんとに大好きです 見せかけの愛なんかじゃない 揺るぎないキモチ あなたがいたから恋して 夢見て悩んで笑って 今の私がいるんだよ ありがとう ずっと  キスキスキスキスキだよ 誰にも負けないくらい いつも いつでも いつまでも そばにいさせてね 東京、日本、世界、宇宙 私はあなた1色です もしも届いているならいつかしてね チュチュチュ  この先もずっと「キスキすき」
きっといつか、もっと強く、私らしくericaericaericanaoshuhoまた一つ季節が過ぎて 風が冷たくなってきた 何一つ変われないまま 今年も過ぎてくのかな  周りの友達はみんな 幸せになってくのに 私はこの片想いを いつまで続けるのだろう  寝れない夜 鳴らない電話 待ってたって変わらないのに 泣いてばかり傷つくのがもう怖い でも誰かじゃない君しかいない 代わりなんていない 心が許さない  君が見てくれなくても ずっと想い続けるよ きっといつかもっと強く私らしく言えるように もう後悔したくない  いつからだろう鏡越しの自分が嫌いになってた もっと奇麗な顔だったら 振り向いてくれていたのかな  会いたいのに会いたくなくて いつも矛盾と戦っては 腫れないように触れないようにフタをしてた でも投げ出さない明日こそは隠さないホントの自分で勝負したい  どんな君でも好きだよ 心からそう誓えるよ 二人いつか手を繋いでこの道を歩きたい 夢で終わらせたくない  その笑顔が見たくて その瞳に恋して その全てがほしくて 本当の愛を知ったんだ 今しかできないこと 今だからできること この恋をこの時を信じてみたい  君が見てくれなくても ずっと想い続けるよ きっといつかもっと強く私らしく言えるように もう後悔したくない  どんな君でも好きだよ 心からそう誓えるよ 二人いつか手を繋いでこの道を歩きたい 夢で終わらせたくない
決意の日ericaericaericanaoshuho手を伸ばしたら届きそうなほど こんな近くにあなたはいるのに 何も知らない何もできない こんな自分が嫌いになるよ  どうせ叶わぬ想いなんだと いつも何かのせいにしてきた でもこの恋はこの恋だけは貫きたいの  泣けるほどこんなに人を好きになって 私の日々は輝きました 何一つ欲しいものなんてないんだよ 誰もが羨む私になるから 振り向いてくれませんか あなた以上の人なんていない  バカな恋だと誰もがきっと思うのでしょう 笑うんでしょう 分かっていてもそれでも好きな こんな私はあまのじゃくだね  ブレーキなんてかけれなかった 心のままにただ会いたくて 傷つくのさえ想えた証 そう思えたの  同じ時同じ景色同じ未来を あなたのそばで見てたいんだよ プライドも強がりも全部捨てたらそう 残ったものはただ一つでした 私あなたが好きです ねぇ私じゃダメですか  何億年もの時代を 巡り巡って出会えた奇跡 あなたがいて私がいること このキモチをこの想いを 言えるのを待ってたんだよ  泣けるほどこんなに人を好きになれたのに 何もできない私でした でも今はこんなに胸張って言えるよ 決意したんだ怖くなんかないよ 私あなたが好きです 出会えて本当によかった
それでも好きでGOLD LYLICericaGOLD LYLICericaericanaoshuhoそれでも好きで好きで好きでしかたないんだよ 遅すぎる独り言だけが空に消えてく  付き合い始めた頃の二人は いつも笑ってた君と僕がいた いつからか馴れ合い知らぬ間に君を 何度も傷つけて 泣かせてばかりだった  ほどけていく糸が元に戻らぬことも 離れてく愛が元に戻らないと知ってても  それでも好きで好きで好きでしかたないんだよ たとえもう君が違う誰かを好きになっていても あの日あの時あの場所で出会わなければ 夢も希望も未来も全部僕にはなかった ダメなやつで何もできず悲しませてばかりだったけど 僕は変わる君を守る人にきっとなってみせるよ  格好つけてたこんな自分も 小さなことでしたケンカも 守れなかった約束も全部 何も言わず君はいつも許してくれたね  待っててほしいとか伝えたい言葉たちは 言わないよこれからの僕で示してくから  今でも好きで好きで好きでしかたないんだよ 溢れ出すこの想いいつか君に届くまで あの日あの時あの場所で出会ったように もう一度君の大事な人になれるその時まで  誓うよ何年かかったとしても 必ず君に会いに行くからね  それでも好きで好きで好きでしかたないんだよ たとえもう君が違う誰かを好きになっていても あの日あの時あの場所で出会わなければ 夢も希望も未来も全部僕にはなかった  今でも好きで好きで好きでしかたないんだよ 溢れ出すこの想いいつか君に届くまで あの日あの時あの場所で出会ったように もう一度君の大事な人になれるその時まで  春に咲いた桜よりも夏に輝く太陽よりも 秋に沈む夕日よりも冬に舞った白い星よりも  君からもらったこの愛だけが僕をいつも 幸せにしてくれるんだ
今日、告白します。GOLD LYLICericaGOLD LYLICericaericanao立山秋航君が見ているその世界に私は どれだけいれてるの? どんな風に見えているの?  大人の恋をした きっとそう初恋だった 君にはあの子がいること 分かっているのに またメール来るたび期待してしまう  私に気がないのなら優しくしないで 諦められなくなってしまうよ 待っているだけじゃもう辛すぎるの 神様勇気を下さい  さよならの代わりに大好きを言うよ もうウソつかないよ もう誤魔化したくない everyday every timeこんなに君を想っていること 今日こそ言います 大好きだよ  何から話せばいい? 怖くて心が壊れそう いつもと変わらない声で 楽しそうに話す君が嫌いだよ ねぇ気づいて  困らせたくないって思うほど言えなくて ずっと言えずにしまいこんでいた そばにいれるのならそれでいいなんてウソ 一番がいいよ  嫌いになるなんて出来るわけないよ 何もいらないから私だけを見つめて everyday every time誰より君を想っていること 素直に言いたい大好きだよ  怯えていた昨日よりも私らしく歩いていきたい 例え叶わなくてもいい 今言わなきゃ伝えなくちゃ進みたいから  君が見ているその世界に私はどれだけいれてるの? どんな風に見えているの? everyday every time 君がそうどんな答え出しても 後悔しないよ  さよならの代わりに大好きを言うよ もうウソつかないよ もう誤魔化したくない everyday every timeこんなに君を想っていること 今日こそ言います大好きだよ 好きだよ 好きだよ 誰よりも君が好きだよ
会いたくて…ericaericaericanao会いたくて 会えなくて ホントはいつも泣いてんだよ 言えなかった 君へのキモチ もし聞こえてるなら ちゃんと聞いてほしいの  ねぇ 久しぶりに会ったのに話したいのに どうしてすぐ寝ちゃうの? ねぇ 平気なフリしてたけど 不安だよ 君が思うより大人じゃないの  別々の道で 頑張ってること 分かってる 大丈夫 そう言い聞かせてきたけれど  会いたくて 会えなくて ホントはいつも甘えたかったよ 寂しくても 笑ってたよ どんな時も君の味方でいたかったから  ねぇ スーツを脱いだ寝顔は昔のままで 無邪気で憎めないね その 澄んだ瞳の中にね この先も 映っていたいんだ そばにいたいよ  でも上手く言えなくて 言葉にできなくて もどかしさ やりきれなさ 一人抱えていたんだ  会いたくて 会えなくて ホントはいつも寂しかったよ 深い何か 感じてたい 赤い糸ほつれずに 君と結んでいたいよ  過去 現在 未来  朝日が光り 目を開けた君に 好きだからこそ言えなかった 伝えたいんだ 隠さないで 今告げるよ いつも 目をそらしてた ごまかしていた 向き合えずに 君からも自分からも 逃げてたんだ  会いたくて 会いたくて ホントはいつも離れたくなくて でも今はね 戦ってる 君を誰よりも 応援したい  10年後も 100年後も きっと乗り越えていける気がする このキモチが解けないように 大きなその手で この手を離さないで 未来の空高く ふたり飛んできたい 大好きだよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋、告げるGOLD LYLICericaGOLD LYLICericaericanaoもう戻らない もう止まらない あなたと出会った日から おさえきれずにいる ワタシの気持ち 運命信じ この恋信じ 心解き放つよ きっとそこからすべてははじまる  なんでもないことで ただ嬉しかったのに 会えないだけでなぜ涙出てくるの この桜が散ればもう あなたはいなくて 手帳に付けてく×(バツ)が私を急かすの  変わりたい 言葉にして 伝えたい 素直に今 強がって怖がってた友達は今日で卒業するよ  もう迷わない もう逃げないよ 二度と会えなくても 出会えたキセキ 信じてみたいの ずっと前から 大好きだった 胸を張って言うよ  きっとそこからすべてははじまる  手帳開くたびに 別れが近づいてく あなたの笑顔まで 遠くなっていく  言わなくちゃ 会って目を見て 伝えたい 不器用でも 強がって怖がってた友達は今日で卒業するよ  憧れていた その背中には届くはずもないと ずっとどこかであきらめてたけど 傷ついてもいい プライドなんかこの手で壊したの  きっとそこからすべてははじまる  どこにいても考えていた 何をしてても想っていたよ あなたしか見えなくて 切なくて苦しくて 迷いとまどい 解き放つよ  一人の夜も 会えない時も もう大丈夫だよ 瞳を閉じればいつもそばにいる あなたじゃなくちゃ輝けないの もう振り向かないよ こんなに好きなの 初めてだから  もう迷わない もう逃げないよ 二度と会えなくても 出会えたキセキ 信じたんだよ ずっと前から 大好きだった 胸を張って言ったよ きっとそこからすべてははじまる  ずっとずっとずっと好きだったんだよ あなただけ想っていたい どんな道を歩いてても ずっとずっとずっと一緒だよ
8合目LOVE加賀谷はつみ加賀谷はつみ加賀谷はつみnaoこの手は離さない そう 心に決めたあの日から 恋の魔法解けないで愛に変わるその日まで  【恋の賞味期限4年って知ってた?】 夕方6:00銀座線 誰かが言ってた  最後会えたのは いつだったのかな? “会いたい”と声にするのも忘れていた  会えない 声も聞けない それでも信じた ねぇ あなたの瞳にあたしはまだ映ってる?  この手は離さない そう 心に決めたあの日から 何もかも捨ててもいいと変わらず思ってるから あの頃みたいにギュッと強く優しく抱き締めて 恋の魔法解けないで 愛に変わるその日まで ずっと  声にしなくても感じ合えるもの いいことばかりじゃない 4年目の春  出会えた頃のように…なんて言わないよ 惹かれ合えたこの日々 ただ信じていたいんだ  この手は離さない そう 心に決めたあの日から 何もかも越えていこうと本気で思ってるから 今すぐ会いに行こう ちゃんと伝えに行かなくちゃ 恋の魔法解けないで 愛に変わるその前に ずっと  この手は離さない そう 心に決めたあの日から 何もかも抱きしめようと 変わらず思ってるから 今こそ言葉にして ちゃんと伝えに行かなくちゃ 恋の魔法解けないで 愛に変わるその日まで ずっと
二人の季節加賀谷はつみ加賀谷はつみ加賀谷はつみnao拗れた会話 くだらない事繰り返して何度もグルグル回ってる もぉ 目が回りそう 絡んだ糸は解けない 昨日の夜も面倒臭くて電話に出ず寝たふりをしてた 本当は気になっているけど… やっぱり嫌いじゃないけど…  変わり行くもの 二人を照らす7色ライト 出会えた頃をもう一度思い出させて ねぇ  俯いたら約束のブーツ 顔上げればあの日の空 「さよなら…」 白い雲に飲みこまれた  理想の彼とトキメク事はそうないけど ちゃんと知ってる あたしに優しいって事 あたしが特別って事  季節の音が思い出をそっと呼び出す 街を歩いた あなたはドコにも見つからない  俯いても二人笑った 顔上げたらいつもの空 「さよなら…」 強い風が吹き飛ばした  素直にならないゲーム 終わりにしよう 終わらせてしまおう 笑い合うあたし達に勝てる二人は 宇宙飛び回ってもどこにも見つからないから  トゥルトゥルル… 電話がなる… トゥルトゥルル…  もしもし。。うぅん あたしこそ ごめんね。。うぅん ありがとう 本当は。。 本当は。。。  俯いても二人笑って 顔上げれば星が流れて 好きだよ ねぇ 好きだよ ずっとずっと… 繰り返す季節あなたと歩いて行きたい 笑っていたい
T川嶋あい川嶋あい川嶋あいnaoKouhei Munemoto今日は明日のためにもう早く眠りなさい 悲しい出来事つらいこと 全部忘れなさい 交響曲のように競い合ったこの街の刃 夢も人も皆飲み込まれて あなたがいたから頑張れたんだよ あなたの笑顔が私を照らしてる  あの日朝までお互いの夢を語り合った どこか2人は似ていたね 頑固な所とか 誰より真面目な人だからきっと傷つきやすくて 一人ぼっちの涙あったでしょう 時には一緒に励まし合ったね お互いの未来を強く信じていた  思い出はいつの日も人を強くさせるよ あなたを忘れはしない 絶対胸の中で  あなたが明日も笑えてますように 静かにここから祈りを捧げる あなたにありがとう ずっとずっとありがとう 本当はもう一度だけあなたに会いたい 本当はもう一度あなたに会いたくて
会いたいよ加賀谷はつみ加賀谷はつみ加賀谷はつみnaoオオバコウスケ「またね」と手を振る改札口で 次はいつ会えるのかな…って淋しくなる 電話の声だけじゃ嫌だよ 会いたい… 触れていたいよ 離れたくないよ  久しぶりに会ったあなた 少し髪がのびていたね 変わらない笑顔が嬉しかったよ  大好きだから あなたのことが 大好きだから 離れてても ずっと ずっと ねぇ 見つめてるよ 見つめててね  ありがとう…ねぇ そのまま抱きしめてて 神様お願い 時間を止めて下さい  「ずっと一緒にいようね」願うように確かめあう 信じてる 淋しい 一人の夜も  大好きだから 空を見上げて 大好きだから 感じているよ ずっと ずっと ねぇ つながってる 一緒だよ  会えない日が続いても あなたじゃなきゃダメなんだ 声 しぐさ つないだ手 その全てが あたしを支え強くする  大好きだから あなたのことが 大好きだから 離れてても ずっと ずっと ねぇ 見つめてるよ 見つめててね  どこにいても 何してても 変わらぬ想いは ずっと ずっと ねぇ そばにいてね そばにいるよ
Precious Days川嶋あい川嶋あいainao遅咲きの桜、裏道の店、自転車で追い越した夏の夕日 未来語り寄り道して 一つの空見つけた 校庭の風、日焼けした椅子に あの子と並んですわっていた日々 「ちょっと高嶺の花だよ」なんて笑われてあきらめかけた 帰り道ファーストフードに寄って よく見つかって先生に怒られたね 青い空、仲間と流す汗 飲みかけのジュースを分け合った 消えてしまう街影に一番星を見つけたよ  修学旅行 京都の夜に 君を呼び出して告白したけど 答えはきっとわかっていたよ 気持ち抑えきれなかった いろんな季節を刻んだ校舎の 思い出たちに僕らのにおいをつけた  駆けていくグランド、白いシャツ 探してた忘れ物、教科書も 落書きでうめたノート 小さな夢がかくれてた  教室に詰まっていた青春という名の粒 最後のチャイム 思わず涙あふれてきたよ 逆らっていたけど今日だけはただ抱き合いたい  ほら泣かないで また昨日みたいに 集まって笑い合えればいい 大人になる まだよくわからない でもきっと今より強くなるんだ 新しい朝日浴びて 同じくらい輝こう 「さよなら」僕達のprecious days
永遠に…シン・ヘソン×清木場俊介シン・ヘソン×清木場俊介TAMAMInao田中俊亮・naoどれくらい歩いただろう 出逢ってここに来るまで どれ程なのだろうか 今でも愛する思い  駆け出したあの日 何故か いてもたってもいられなくなって 逢いたくなって…  唇をかして 苦しい程にkissしよう 体をかして イタイ位 抱き締めさせてよ この夜が明けるまで これから先も2人で永遠(とわ)を作って行こう  あなたは美しい人、 優しいココロが光る あなたは時にもろくって、流れ出す輝く涙  キミのその涙拭ってあげたいんだ キミを守るんだ 全てのモノから  唇をかして 苦しい程にkissしよう 体をかして イタイ位 抱き締めさせてよ ずっと朝までここで 季節が過ぎるグラデーションを追いかけよう…  秋風なびく あの公園で 冷たくなったその手を握り 誓いあったあの日の約束 忘れない いつまでも胸に刻み込んだ  駆け出したあの日何故かいてもたってもいられなくなって 逢いたくなって…  唇をかして 苦しい程にkissしよう 体をかして イタイ位 抱き締めさせてよ この夜が明けるまで これから先も 100年先も2人で永遠(とわ)を作って行こう  I Love you forever…
WING川嶋あい川嶋あい川嶋あいnao雨上がりの朝 七色の虹が ゆっくり空へとかかっていくよ もしも僕の夢 全部今叶うのなら もっときれいにこの虹見えるかな? はぐれた雲を集めては 道端の花を咲かせよう 震えて転がって歩いてきた足は ちっぽけでも大地を踏んでる 誰でも心にほら翼があるんだ 願いを叶える翼が 夢は壊すものじゃないんだ 心の奥光輝くものなんだ  テレビからのニュース もみくちゃにされた真実受け止められないよね 人の目はちゃんと一番大事なものを見てるのかな? 見て見ぬフリかな? 誰かが誰かを愛して そして誰かが誰かを傷つけて ねえ自分は愛されてはいけなかったの? たまらないほど虚しくなるけど だれでも心にほら翼があるんだ 優しさ持ってる翼が 愛は臆病なものじゃないんだ 君を守るための強さなんだ  世界中 絶え間なく響いている命の声 どうかこの耳をふさがないで 果てしない大地が叫んでいる どうかこの愛を握りしめて love and peace of heart dreams come true someday love and peace dreams come true someday everyone yeah  ずっとうたい続けたいよ いつまでも笑顔でいたい あったかい涙流そう 最後まであきらめないで 絶対に  たった一つの空がここにあるんだよ みんなが見てる青空 雨が海をつくってきたように僕らも今何かをつくるよ 誰でも心にほら翼がある 生きていく翼 みんなこの歌をうたえばいい 一つになって うたえばいいんだ La la la yeah La la la La la la yeah La la la
杏里へ√9√9田中寿nao覚えてる?僕らが 出会った あの時あの店での事 お前は確か 花柄ワンピ 着て僕の横座っていたっけ  ひたすらみんなの注文 小さくうなずきこなして 僕のつまらない話にだって 優しく笑ってくれた  ありがとう心から うれしかったよ たすかったよ 照れくさいけれど あの時から僕は、お前の虜になることを誓ったんだ  届くかい 僕の気持ちが 伝わるかい 僕の気持ちは どれだけ お前が好きか 分かるかい 分かるかい いつもお前がすべて  出会ったあの日の乾杯 見つけた本当のときめき 僕の気持ちを僕の願いを 勇気だしてきりだした  もう一度会いたいと 明日でも何時でもいいからあおうよ 何か感じたんだ 言葉では表せない何かを お前を見て  届くかい 僕の気持ちが 伝わるかい 僕の気持ちは どれだけ お前が好きか 分かるかい 見えるかい いつもお前がすべて  お前はどんなことを考えて一緒に いてくれてるか わからないけど 出会いくれた神様に、出会ってくれたお前に感謝しているからね ずっと  ねぇ杏里 僕の気持ちが 伝わるかい 僕の気持ちは  どれだけ お前が好きか 分かるかい 分かるかい いつもお前がすべて  守るから お前のとなりで 約束 守るから 嬉しいとき 悲しいとき いつもとなりにいる だから こっちにおいで
我家√9√9田中寿nao終電逃して午前2時 102の灯り点いている 玄関で出迎えてくれる 眠そうな君にありがとう 飲んで帰ってきた夜も 今日も飲んでしまっているけど いつも変わらず迎えてくれて 本当に君にありがとう  ありがとう ありがとう ありがとう いつも微笑むあなたに  背広脱いでリラックス俺 汗だくのスラックスはこれ わずかに香るにおいチェックして LOVE BABY MY ハニー EVERYDAY チェックしよう そう許し乞おう POINT 稼ぎが 大事だ YO サラリーは必ず手渡しで へそくりたんすにしまうんだ YO  ありがとう ありがとう ありがとう かわらないあなたに ありがとう ありがとう ありがとう 背中ごしのあなたに  あの時は怒ってしまったね そういえば家も閉め出されたな俺 それでも決まっていつも なんだかんだでドアを開けるお前 目覚ましがなるといつもお前 眠たいのにガンバって 台所に立って慣れない料理を 作ってる 独り  週末はおきまりの映画 また予約なしで最前列 首も痛いはずなのに 楽しんでくれた君にありがとう ひねりのないプレゼント 決まっていつもネックレス 気に入ってないはずなのに 喜んでくれた君にありがとう  あなたの全てが 僕を支えて強くする。 愛しのあなたに あふるる思いが届きますように ここにある全てに あなたを探してゆきたい ありがとう ありがとう ありがとう 大切なあなたへ  君の声聞いた 溢れだしたおれの涙は とまらない  ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう を こころから ありがとうをあなたに ありがとうをあなたに  ありがとう ありがとう ありがとう 大切なあなたへ
HOME√9√9Hisashi Tanakanao私は確かにあなたを想い生きてる 一歩ずつ ゆっくりと 私のペースで あなたと出会い いままでの軌跡すべてで 溢れ出すあなたの声  いつもの改札出ると 君を探してしまう いるはずもないのに 微笑みながら 当たり前に君がいる事は すばらしい奇跡なのに 有り難味すらわからず いつもの俺がいる  いつもの家路は坂道 転がるようにおりてく 今日の反省とかしちゃいながら ほらコンビニがある いつもの場所に あることが 僕には 大事なんだ  そんなささいな きまりが僕を支えて 強くして 走らせて あとおしする 目をつぶっても 浮かんでくる 桜色のメモリー 風に舞って 舞い上がって 僕を包む  家が近づいてくる 幸せが近づいてくる いつものにおい いつもの笑い声が  あなたが帰ってくる あなたの足音が 近づいてくるよ 今日はなんて 迎えようかなとか 怒ってみようかなと 考えている自分が ほら幸せー  こんな些細な ありふれた 日常のワンシーンが くだらない 悩みを消してくれるー 変わらない 代えれない 君との決まり 全部愛して これがすべて 僕たちのHOME  当たり前に 君がいる-- この奇跡も 僕は わからずに 明日を迎える 君の横で 誓うこの固い思い  私は 確かに あなたを想い生きてる 一歩ずつ ゆっくりと 私のペースで あなたが 遠くなって 置いてかれそうでも 気にしないで あなたは 前を見ていてー  あいしてるよ あいしてるよ 何遍でもうたうよ 面と向かって ただ言うのは 恥ずかしいから 歌にするよ 君への 僕からのメッセージ 大声で 歌うから 笑って聞いてねー  ここが僕らのひとつだけの HOME
Fly AwayericaericaericanaoFly Away 雲の切れ間 こぼれ落ちた光る雫 目覚めていく 水に写る 空を真似て 揺れる草木 囁く  この場所から始まっていく 新しい風あびて 広がる未来へ  大空抱きしめて 翼を両手に広ろげて どこまでも明日へ続いていく 地図のない白い世界へ 飛び立とう  生まれ変わる 命の種 聞こえてくる 鳥の歌 上を向いて咲く向日葵のように強く 歩こう  この星に生まれた奇跡 体中に感じて 一つになっていく  大地を駆け抜けて 心の旅に出掛けよう 信じれば 必ず見えてくる 踏み出した その足をもう 止めないで  LaLaLaLaLa~  この先の向こうに見える沢山の希望の風集めて まだ見ぬその場所へと 夢のカケラを捜しにゆこう  涙の数だけ 大きな花を咲かせよう 今はまだ見えなくて 遠くても いつの日か きっと輝やく その日まで  大空抱きしめて 翼を両手に広げて どこまでも 明日へ続いていく 地図のない白い世界へ 飛び立とう  Fly Away
同じ空を見上げてるkainatsukainatsu甲斐名都・はつみnaohiroto suzukiとめどなく溢れる涙を拭いて 歩き出す 少し迷った時は あなたの夢で眠ろう  もっと大好きだと素直に 言葉にすればよかった  会いたくて 会いたくて 空見上げた 恋しくて 恋しくて うつむき深呼吸した あなたもどこかで 滲む夕陽を眺めてるの? 愛しくて愛しくて その笑顔が 触れたくて伸ばした手 あなたに届く日まで 冷たい風が吹いた 伝えに行くよ 夜が近くなる前に  遠ざかるぬくもり こんな日がいつか来るなんて まだ覚えてるよね? しまったままの約束  信じる事が 今 私のたった一つの勇気  会いたくて 会えなくて ただ祈った 消えないで 消さないで 心に燈す日々を おんなじ孤独を どうかあなたは知らずにいて 愛しくて愛しくて あの笑顔は今日もまた輝いて誰かを照らすのでしょう 思い浮かべてみるよ 一人の夜も優しい気持ちになれるから  大切なもの守りたいと願う気持ちがチカラになる つまづいたって めげない強さ 大丈夫もうここに持ってるんだよ  会いたくて 会いたくて 空見上げた 恋しくて 恋しくて うつむき深呼吸した あなたもどこかで 滲む夕陽を眺めてるの? 愛しくて愛しくて その笑顔が 触れたくて伸ばした手 あなたに届く日まで 冷たい風が吹いた 伝えに行くよ だからきっと待ってて 迎えに行くよ 夜が近くなる前に
ハルカナセカイIKUIKU美咲ひいろnao帰り道の横顔 夕焼けに照らされてた 黙り込んだままひとり 明日に少し震えてた  想いだけが 街の速さに追われてく 「ねぇ、泣きそうだよ」 キミに逢いたくなったよ  失うものすべてが いつか笑顔に変わるって 誰もが言ってくれるけど 今、この瞬間(トキ)を守りたい  見上げた空 あの頃よりも小さくて 「ねぇ、泣きそうだよ」 キミに逢いたくなったよ  道ばたに咲いてる たんぽぽの花だけが 不器用な僕たちを そっと見守ってる  自由という孤独に 僕たちは生きてるけど 気づけばひとりじゃない キミが教えてくれたから  春の風が キミの手みたい優しくて 「もう、泣かないよ」 そばにいてくれて ありがとう  月明かりに浮かぶ たんぽぽの花だけが 不器用な僕たちの 涙を知っている  僕らが生きてる 不確かな世界の中 廻り来る春にまた 咲く花のように…  道ばたに咲いている たんぽぽの花だけが 不器用な僕たちを そっと見守ってる
永遠というこの瞬間にI WiSHI WiSHainao家原正樹・nao偶然だと思っていたさりげないあの出逢いも いろんなことを積み重ねて運命に変わる 寒さも落ち着いてきたね 雲の切れ間に差し込む 鈍くあたたかな光が2人を包んでる 思い出に過ぎなかった言葉がいつからかたくさんの意味を抱いた あなたが笑うから私も笑う 永遠というこの瞬間に どんなに離れても今なら言える あなたのことを信じているよ あるがままの2人でいい そこから始まっていくよ  か細い声でつぶやいた心からの「ありがとう」 広く不恰好な背中にそっと投げかけたの 互いの孤独を渡しきれず疑うことに憤れた夜もあったけれど あなたが笑うなら私も笑う 永遠というこの瞬間に 傷つけ傷ついたその証こそ愛を育てた誇れるしるし 手放したものは全部あなたが埋めてくれたね  雪解けした朝 にじむ夜明け 一緒に口ずさんだあの歌 同じ喜び 数え切れないほどのあふれる想い 全てはあなたのためにできた  これからも向き合うことを恐れないと誓うよ あなたが笑うから私も笑う 永遠というこの瞬間に 世界が動くほどの奇跡を今も確かに感じているよ あたためて行く手のひらは結ばれているんだね ねえあなたに逢えてよかった ずっとあなたのそばにいるよ
ホノホシの風中孝介中孝介小林夏海naoいつの間に 泣き方も忘れ 守りたいものが 増え過ぎた  カラコロと音たてて 時は流れる 心がすり減るほどの 波に飲まれても  ホノホシの浜辺で待ってる 高い空の下 吹き抜けてく風は いつだって明日へと向う  元気かと 尋ねれば君は 元気さと 無理をするのだろう  カラコロと音たてて 石は転がる ぶつかり波に運ばれ 傷を負いながら  この星のどこかで待ってる 同じ空の下 吹き抜けてく風が いつだって僕たちを繋ぐ  カラコロと音たてて 人は生きてく 形を変えても残る 丸い石のように  ホノホシの浜辺で待ってる 青い空の下 吹き抜けてく風が また今日もこの海を越える
SEVEN's STARCHiYOCHiYOCHiYOnao久米康隆蒼い月の夜 アスファルトに 凛と咲く一輪の赤い花 小さな私、ちっぽけに見えた 「いつも上手くいかない、できないよ」 透明な涙 流した大きさほど 彩られていくよ 変わっていく やっとみつけ出せた 自分らしいcolorで 紅、未知なる扉を開いて  逃げ出さないで 素直でいたい 怖くないさ 信じてみたいよ 黒い影に 気持ち譲れない 正直に生きて 私らしくtry me SEVEN's STAR  一生一度の恋してみよう 咲かせてみたいんだ ピンクの花を 嵐の予感 急に揺れだす my heart 何かのはじまりを告げていた 「白のパレットには 何色がくるのだろう?」 知らない 想いが ほら 満ちていく すべて変わっていく それも悪くないんじゃない? オレンジ色の世界へ行こうよ  気づいてほしい “らしく”あることに 振り向かないで “偽り”じゃない I can't stop my way 進むしかないよ 消えないように 輝けるはずさ SEVEN's STAR  逃げ出さないで 素直でいたい 怖くないさ 信じてみたいよ 黒い影に 気持ち譲れない それぞれのcolor抱いて 気づいてほしい “らしく”あることに 振り向かないで “偽り”じゃない I can't stop my way 進むしかないよ 7つのcolor そう、輝けるはずさ SEVEN's STAR
TomorrowI WiSHI WiSHainao素敵だね いつも見つめている 青い空と君の横顔 僕のポケットに ギュッとにぎった手が 小さく息をひそめてる 大好きだよ 君の意地っ張りさが 特別だよ 君がくれる一瞬 朱色の街角 キミが走って笑顔くれた たまらないよ  晴れた海には 船が白波立てる キラキラ揺れるよ 二つの影 いつか夢より たくさんの空を見て 二人の雲 浮かべよう  嬉しいよ あの日 君が言った言葉 泣きながら聞いていた 初めてだよ こんな気持ちになるの 戸惑ってる 大事なものができて 誰にも見えない ビルの間に ほら静かな銀河の群れ  夜空見上げた 星が一つ流れて 二人の気持ちを運んできた ずっと心にとめどなくある不安 君が消してくれたね  心の駅に 君がきっと待ってる ドキドキするよね 終着駅 歩こう 未来が迷い道になっても 君がそばにいるから 僕がここにいるから 明日からも歩ける
あなたが旅立ったあの春のにおいI WiSHI WiSHainao「ごめんね」言えないまま 遠ざかる瞳 また涙背負う 昨日より重い肩に散る  うつろな恋の弱さ 包む雪も今では 切ない別れの浅瀬に積もり消えて行く  いつしか青空 あの日の色みたい 眠い目でケンカして他愛もない嘘叱った  明日旅立つけど 別れだけど 春の木漏れ日が きっと 二人の距離 溶かしてくれる 信じていて  最後の言葉を今 静かに思い出せば これでもうさよならじゃないけれど ただ悲しいね  吹きつける風が 遠くあたたかいね そっと頬にすり抜け 別れのときかみしめた  二人 重ね合った 愛のしるし 明日へと刻んで いつかまた会えるよ 抱きしめてね ぬくもりだけ どうか忘れないで  ずっと forever your love
I wishI WiSHI WiSHainao家原正樹・naoCan you hear our small voice? 輝いた睫毛ににじむあの星たち Will you satisfy our dream? 祈ってる 子供の頃と変わらぬ願い 卒業アルバムの中で 誓った未来 誰もが一度は無邪気に思い返すだろう  あなたの願いをあきらめないで 胸に染み付く弱さを隠さないで 抱きしめ合っている 空と大地が あの雲の下でもう一度想う 風になれ  I wanna tell you a messege ホントはね 泣き出しそうで苦しかったよ But I can say right now 降り積もる 闇と光は隣り合わせさ 心の奥にいつかは「さよなら」がある 何かと別れて初めて強くなれるんだ 今こそ翼を広げるときさ こわがらず精一杯飛び立つのさ 重なり合っている手と手を見れば この世の全ては 一つになれると わかるだろう  降り注ぐ雨の中今 世界中の夢集めたなら 子供を持った母のように 一晩中でもこの手で抱いて祈るよ I wish…  朝日が昇った始まりの時 はるかな道へ運ぶよ生まれた勇気 両手にあふれる伝えたい言葉 痛みも弱さも強がりも全部 あなたの願いをあきらめないで 駆け抜ける過去を現在を未来をきっと 愛して生きるよ どんなときにでも 空より海より 風より波より 夢より尊い 僕達になれ  
SHA-LA-LAI WiSHI WiSHainao家原正樹・nao遅く起きた日曜 止めためざまし 春の光を浴びた やわらかな朝  ピンクのアイシャドウでメイクをしてみよう お気にの服も着て さあ出発だね  今日はどこに行こう あてもないままで あたたかな午後の 街をゆらゆら 近所の喫茶店 ちょっと立ち寄って たのんでみたよ 飲めるようになったコーヒー  小犬が川のほとり 散歩してるよ 気づかずにいた空の あのくじら雲  信号2つ越えて 大通りに出ると 車と自転車の 波が押し寄せる  偶然会ったね 大好きなあなた 思わぬ事態に 胸がドキドキ 駅前の本屋 二人立ち見して 笑い合えたよ 今日の運勢大吉かな?  桜咲いた公園の ベンチに座り のんびりと過ごした 明日も晴れるよね  今日の帰り道 あなたと歩いた 少し切ないね 帰りたくない 春色の海辺 あなたと行きたい 次の日曜 約束してバイバイした  今日は楽しいね すごくうれしいね 何よりあなたと 会えてよかった 静かに暮れていく 変わらない街を スキップしながら 歩いていくごきげんな日  
15の夏I WiSHI WiSHainao家原正樹・nao夏の青空が広がる時 何かが始まりそうな予感がする 昨日までの不安や悩みも たぶん勝手な一人よがりだったネ  探してた自分自身 やりたいことわからない 一つのことに熱くなる かっこよさ教えて  私はここで生きている 神様教えてくれた きっといつか大空へと 胸を張って叫んでやる せみの鳴き声が聞こえる 私もここで早く鳴きたいんだ 汗もかいて ホントの力を試してみたいんだ 15の夏  形を変えて行く白い雲 いつのまに膝までのびた夏の草  誰も予想つかないよ 動き始めた夢 無力と無知は昨日まで 一歩ずつ進もう  私はここで泣いている 神様助けてほしい 道にはぐれたった一人 真夜中を旅しているよ くるくる回るこの地球は 重たいものたくさん抱えている 私も今 何かに押し流されて行く気がした 15の夏  運命とかきっとどこかにあるんだろう 信じても信じなくても 最後は自分で決めるよ  私はここで叫んでる 神様話をしよう 静かに今刻んで行く 確かな時間と足跡 大きな夢を焼き付けろ 熱い日差しをつくるこの大地に まだ私は 自由と孤独のはざまで揺れている 15の夏  
幸せのうたI WiSHI WiSHainao家原正樹・naoあなたと出逢って最初に心からうれしく思った 時間の流れについて行きたいと思った  まぶしい朝日の中入れるコーヒー 寝ている間に あなたの寝顔とてもとてもあたたかい  離れた距離が不安になる 見上げる空も悩み色 いつの日か二人共に幸せになれますように祈るよ  最初の恋はとても臆病 そして優しいね やっと気づいた初めての勇気 言葉はいつも不器用だけど ホントの気持ちは 変わらないから あなたを守りたいんだ 私の耳元に 聞こえたよ はじまりのうた  あなたとこうして手をつないでいると小さな幸せ 失くしたくない 少しこわくなるのはなぜ?  メールの返事待っていると なぜか心切なくなる たくさんの思い出を作ろうね 幸せな未来夢見て…  これから過ごす大切な日は あなたといたいよね クリスマスや誕生日のときも 一番の笑顔をあなたに いつもあげたいよ 泣いたりしてもどんなにケンカしても いつも心にある あなたとの 約束のうた  明日きっとあなたに言う 誰よりも「大好き」 幾千もの想いが夜空で ほら溶けていくよ 目印のない道を歩く二人 永遠と未来とが重なる この瞬間にね 新たな扉 二人で開けるはず あなたといつまでも 歌いたい 幸せのうた  
夏の幻I WiSHI WiSHainaonao・渡辺善太郎あの夏の陽射しが 焼きついたまま 別れを知るこの恋 夜をさらっていく  波音が近づく 熱い渚よ 淋しげな影だけ残して終わった  いくつもの日々を重ねていたけど どうしてすれ違ってきたのだろう 分かち合った愛と夢は 幻だった?  あきらめたわけじゃない本当は あなたを想っているの だからいつの日か思い出がね 輝けるように 例えば笑って「あばよ」と手を振ればどんなにいい? 一人のあなたを私はまだ 愛しているから  閉じたページに今 隠された人 花火が散るように 切なさが染みる  泣いても誰もいない一人きりで 夜に隠してほしかったのになぜ? きれいな月 今日も照らす 海の調べ  いつから私は弱くなった? 強さが何と知らず あなたの香りが今も私 抱きしめているよ あなたがまだこんな私にも 笑ってくれるのなら たった一つだけあの言葉も うそなんかじゃない  夏の幻は二人の恋 海辺の物語 永遠という言葉じゃないよ 約束もないね どんなに心変わりしても あの日々は忘れない どうかこの恋が消えぬように 祈っていて欲しい  
Best FriendI WiSHI WiSHainao家原正樹・nao朝まで語り合ったネ 制服のまま二人で 渋谷のネオンが消えて さよならした  不思議だよね 今の方がキミを 出会った頃より 大切に想っているよ  だからずっと一緒にいよう キミといつも笑ってたい 恋人より特別な関係 感謝しているよ 僕のBest Friend  ヒマできたらまた今度 いつものカラオケに行こう 流行りの映画も見たい 約束だよ  昨日キミはすごく悩んでいたね 必要なときに そばにいれなくてごめんね  だから泣きたくなったときは いつでも電話待ってるよ キミは誰より淋しがりやだね ほっとけないよ 僕のBest Friend  二人の持っている夢 まだ遠いけど 絶対あきらめないで きっと叶えられるから  あの日の手紙 書いてくれてありがとう ちょっと照れくさい 僕の想いも届けたい  いつか大人になったときも 今のままで過ごしたいね 時にはどこか旅行にも行って また夜明けまで語り合おうよ  ずっと一緒にいよう キミといると素直になる そしてお互い幸せになろう ずっと大好き 僕のBest Friend  
キミと僕I WiSHI WiSHainao家原正樹・nao涙 笑顔 ふたつの心 人はみんな持ってるんだ 願い、迷い、希望、絶望 捨てる事は出来ぬ感情  いつか世界が壊れてしまえば こんな想いはもう持たなくていいの? 誰もがひとつになる事は出来ない 悲しいけど  君と僕はここで出会った 少し寒い秋の夕暮れ 大切だと想える人がそばにいれば歩いて行ける  空より澄んでるまなざしなんだね 君は誰より傷つきやすい人 大地に降る雨は心に溶けて 君と僕の明日になる  「ありがとう」と「さよなら」の意味 きっといつかわかるはずだね 最後だけはあきらめないで 遠く近く君を見てるよ  生まれてきたもの、向きあってるもの すべていつか旅立つものさ いとおしんで悲しんだら そこからきっと愛になるよ  君をいつまでも守って行きたい ぶつかっても傷ついても  君と僕は夢を持つのさ 時の流れ逆らうように 精一杯の勇気出せるよ 涙ふいた君と僕なら
約束の日I WiSHI WiSHai・山口光nao家原正樹・nao下北沢のファーストフード 雨の日見た渋谷の映画 出会った頃を思い返した 少し照れていたあなたと私  忘れてないよ はじめて交わしたキス 忘れてないから あの言葉も 強く、強く抱きしめられながら「大事な話がある」って言われた  「これから先 一緒に生きて行こうよ」 『ホントに私でいいの?』びっくりして聞いたんだ 「俺が、幸せにするから。」  “Angel of luck has come.”  遠くの空の二つの星が 朝日を浴びて また煌めいた  やっとたどりついたね 約束の日 思い出詰め込み 家を出るよ 白い、白いドレスにつつまれながら この階段を一つずつ登った  今日はみんなが「おめでとう」って言ってくれた 拍手と笑い声が二人をつつんでくれた 『私、幸せになるから。』  空に響く教会の音 鳥達の声と重なり心にとけた  突然 涙がほら こんなに溢れてきたよ ありがとう、ありがとうの想い 体中に満ちて行く  銀色 交わした指環 とても、とてもキレイだね 二人で明日への扉を そっとそっと開こうね 『ねぇ、幸せになるんだね』  “Angels of luck ring bells.” Lovin' you only forever...
通学バスasastamaminao湯浅公一探してる本当の愛 どうしたら手にできる? 今でもさみしい悲しいよと ずっと想っているのに  バスに揺られながらメール読み返した わざと返信せず閉じたけれど かなりやきもちかな?彼の話ばかり なぜか急に私さみしくなる  がんばって切った髪 ほんの少しの変化でも 笑い飛ばせる私達やっぱりいいよね  たまに叱ってくれる やさしさが嬉しくて 一番大切にしたいよ 他の誰よりもずっと 幸せを願ってるよ  ずっと夏がいいの すごく暖かいよ なんか不思議だけど懐かしいな  冷静な判断より 触れあっていたやさしさを 心のメモに書き込んでいて欲しい  探してる本当の愛 どうしたら手にできる? 今でもさみしい悲しいよと ずっと想っているのに  探してる本当の愛 どうしたら手にできる? 今でもさみしい悲しいよと ずっと想っているのに たまに叱ってくれる やさしさが嬉しくて 一番大切にしたいよ 他の誰よりもずっと 幸せを願ってるよ 愛したい 愛されたい
タイムカプセルasastamaminao湯浅公一ねぇ 憶えてる? 秘密の箱 今不意に思い出した 恋を抱きしめて歩く 川沿いの道  会いたい サクラ咲くこの場所で 舞い上がれこの空に 溢れる思い 涙になる  会えない 今どこで笑ってる あなたへと届けたい 抱えきれず しまったあの日あの想い  ねえ気づいてた? 私の事 ワザと視線そらしてた 傷つきたくなくて言えなかったの  好きだよ その言葉今ここで伝えたい打ち明けたい 桃色の魔法消える前に  会いたい 今すぐここにきて 抱きしめてほしいよ 迷い込んでしまった 募るこの思い  会いたい サクラ咲くこの場所で 舞い上がれこの空に 溢れる思い 涙になる  会えない 今どこで笑ってる あなたへと届けたい 抱えきれず しまったあの日あの想い
最後のホームI WiSHI WiSHainao家原正樹・naoガラス越しに映ったあなたの 少しうつむき加減の瞳 動く電車の音「さよなら」が近づいている ホーム離れて  軽い言葉さえ 見つからないなぜ? こんなにも愛が答え探している 二人きりのせい うまく話せない 時間止まれ心変えて忘れたい  窓の外見て ほら昔二人で行ったゲレンデが見える 淋しがりやのあなたはもうすぐ行ってしまう 黒い景色しか見えない 最後の二人きりね  逆さまに過ぎ行く日常に ガラクタばかり集めていたね 冷たく部屋に残ったものは 脱ぎっぱなしの嘘ばかりだね  困った顔して 口開いたけど こぼれた言葉が胸に突き刺さる にぎった切符に 不機嫌な視線 帰りたい帰らない側にいさせて  くもりガラスに 小さく指であなたの名前書いてみたの 切れた文字跡に残る二人の悲しい運命 流れ落ちてゆく涙 濡れた唇かんだ  窓の外見て ほらもうすぐ終着駅が近づいている 街のネオンが今別れ風に消されてゆく ぶっきらぼうな私は あなたに合わないよね 開いたドアにあなたは足早に首振って降りたけれど ここで降りたら本当に最後のホームになる もう一分だけ最後の ワガママ聞いて欲しい
Precious daysI WiSHI WiSHainao家原正樹・nao遅咲きの桜、裏道の店、自転車で追い越した夏の夕日 未来語り寄り道して 一つの空見つけた 校庭の風、日焼けした椅子に あの子と並んですわっていた日々 「ちょっと高嶺の花だよ」なんて笑われてあきらめかけた 帰り道ファーストフードに寄って よく見つかって先生に怒られたね 青い空、仲間と流す汗 飲みかけのジュースを分け合った 消えてしまう街影に一番星を見つけたよ  修学旅行 京都の夜に 君を呼び出して告白したけど 答えはきっとわかっていたよ 気持ち抑えきれなかった いろんな季節を刻んだ校舎の 思い出たちに僕らのにおいをつけた 駆けていくグランド、白いシャツ 探してた忘れ物、教科書も 落書きでうめたノート 小さな夢がかくれてた  教室に詰まっていた青春という名の粒 最後のチャイム 思わず涙あふれてきたよ 逆らっていたけど今日だけはただ抱き合いたい  ほら泣かないで また昨日みたいに 集まって笑い合えればいい 大人になる まだよくわからない でもきっと今より強くなるんだ 新しい朝日浴びて 同じくらい輝こう 「さよなら」僕達のPrecious days
もう一度…I WiSHI WiSHainao渡辺善太郎明日を導くヒカリ達 壊れるくらい胸にあふれて 広がり瞬く星空に 一つの夢が舞い降りた 何が幸せなんてずっと 答えの出せない面影だから それよりただ前を見て 焦らずに歩んで行こう  君は今どこ? 何してるのかな? 遠い夢へ帰って いつか届けて この想いがあふれて行くよ  もしも 叶うのなら 君のそばで永遠を歌うよ いつか この場所から もう一度愛を取り戻したいよ 何もない鳥かごの中で 早く抜け出せたら I lost my heart…  昨日に戻ったヒカリ達 たたずむ街の風に抱かれて あの時見た夢を信じ 長い旅路進んで行こう  だけどいつでも 君のその笑顔 変わらない宝物 心揺れるよ 涙は優しい嘘だから  ずっと 2人の距離 夢見た明日より遠すぎるね だけど あの日の夢 幻じゃない燃え尽きた花よ もう一度 側にいたい 壊れた愛直して I lost my heart…
II WiSHI WiSHainaonao・渡辺善太郎あの日きつくあたって困らせたね 明日はきっと今日より強い笑顔、熱い瞳 誰よりもそう強がっていた あなただけに だけど今ホントの気持ちはここにしかないから ふざけて夜道をうすい影見て歩いたね 涙があふれる うずくまる胸が近すぎるよ 私強い子じゃない ワガママで甘えん坊だから いつも心の中 戸惑い考えてた  ざわめく街の灯りも ぬるい風も 二人だけの季節 誰かがそっとアイズしたよ 悲しみ、喜び 全てうつす空が見たい ためらい、迷いも 消し去ってくれるあなたとなら 過去は忘れるもの 癒えぬ傷たくさんあるけど 未来創りだそう ねぇ今思いついた  足りない言葉が一つ 片隅に埋もれてる 素直に「愛してる」となぜかうまく言えなくて  私強い子じゃない いつまでもそばにいたいけど あなたの優しさに包まれ ずっとこのまま 私強い子じゃない 一人だと壊れそうだから 二人一緒だよね 約束忘れないで
光が指す未来(ばしょ)へI WiSHI WiSHainao家原正樹・nao「ありがとう」の言葉はいつもなぜか素直に贈れなかったけれど 心から今はここで伝えたい 難しい人生でも一人じゃないね 生まれた奇跡 出逢えた奇跡 この大きな青空の下で 子供のときはよく泣いていた やわらかい手いつも握っていたね 今日の日のことずっと忘れない 形にならないこの気持ち たくさんの涙から生まれたよ 大切な人と歩んでいくよ これから  電信柱の上流れる雲 見つめてはただ追いかけていた いつのまにか大人になったんだ だけどあの時と吹く風は変わらない 苦しいときにいつも一人と 気づけなかった近すぎた愛 ワガママだけどそばにいたいのよ 他愛もない話をしていたい ほら目の前を見て 真っすぐの光が 今この場所を包んでいる 私は歩き出せるはずあなたと 嬉しいときも悲しいときも  心から叫びたい「ねえ今幸せだよ」 願うものならば遠くまであなたと一緒にはばたきたい  人はいくつもの愛を数えては 数えきれない想いつくる 涙があとからあふれ止まらない 大好きな人達に「ありがとう」と「さよなら」 変わらない私でいるよ
☆キラキラ☆I WiSHI WiSHainaonao・前嶋康明あの角曲がり2つ目 信号のわき いつものポプリの店、少しあせた看板 一車線の車をかばうよう歩く 君との帰り道が僕は好きなんだ  ねえ暗くなる夕暮れの公園に行ったね オレンジ色した町並み、2つの影  キラキラキラキラ光る宝石のように輝けたらいいね このまま遠くまで走り抜けてく夕焼け雲  裏通りネコの多い家の前の道 1人になると淋しいつないだままの手 秘密の場所に一年中咲く花の名前 君だけ覚えていたよね うれしかった キラキラキラキラ光る波しぶき 僕たちを連れて行ってよ ぼんやり空の下では雨上がり虹がかかる  よそ見してたら大切な君が泣いていたよ おもちゃの気持ちじゃないから 僕がいるよ キラキラキラキラ光る太陽に負けないように生きるんだ いつも通る道で2人同じ気持ちなんだ 変わらぬ僕ら
DecemberI WiSHI WiSHainao田辺恵二・naoこの街はまた一つ二人の季節運んできたね 静かに足元見れば長い今年の月日の跡 言葉より早くこぼれていく笑顔が一番好きなの 冷たい風はまるで私をさびしがりやにさせる 涙色してる冬空の星よ どうか願い叶えて 気まぐれな時間 動くことも忘れて 離れたくないから 世界の片隅にある誰も知らない魔法をかけたい 明日まで降る雪の音をずっと二人で聞けるように…  ちぎれた雲差し込む光が優しい木漏れ日になったね 窓辺に並べたあの日の写真 思い出あふれてきた 別れ話を本気にしないで 余計な意地はったの 上手に言いたい嘘がつけないいつも あなたが好きだから 一番特別な恋だからきっと臆病になってた あなたの優しさにひきこまれこのまま白い夢見るわ  繰り返した街はひときわオレンジ色に染められていく 赤色のサンタクロース 二人のもともうすぐ来るよ  覚えていないよね 最初に出逢った一年前のこと 今と同じように少し寒い夜だった 12月 空からほら舞い降りたかけがえのない贈り物この手に はじめてつくるぬくもり来年もあなたに届けたい
UTS-この世界(そら)の下でI WiSHI WiSHainao夜明け前 雨が道に小さな水たまりつくる 昔のことを思い出している まっすぐ歩いた気がしてる 自分らしさ失うことで何かを捨ててきた 太陽いつもまぶしいけれど心照らせないね 私の見たことない現実(リアル)今あふれてる 白い花咲かせていた雨のない砂漠に 言葉では足りないとわかっているけど あきらめたわけじゃないよ 握ったこぶしはどこへ行くの?空へと伝えたい  テレビ見て笑いころげ その後むなしくなるとき 小さすぎる手見つめるけれど 握り返すだけで あふれてくる自分の矛盾今感じてる 大切なものあるっていつでもわかっている この太陽(ひかり)ここにある地球(すべて)を照らすけど 幾千もの星たちは長い旅終えてこの大地(ばしょ)へとほら今帰って行く  答えだけすぐ求めてはダメなんだろう 雨しずく 大河となり海をわたって行く 届けたいものここにあるんだよ
風になれっ!I WiSHI WiSHainaonao・渡辺未来天使と悪魔 都会は今も光と闇 空に見えかくれ この街は時に向かい風追い この涙教えてくれるよ 昨日まで見えるのに 明日はかくれんぼ 太陽を知らない一番星になりたい 心に風集め走り出そう世界をまたいで 飛行機雲が今行く先示すから 砂時計は元に戻るけど僕は後戻りしないさ 君と見つめていた約束の星つかむんだ  かっこつけて隠すものはそんなに見た目よりダサくはないんだ なくすものも多いけど また次があるよ 1メートル先のゴールじゃ進めないよ 空に地図を書いてみよう君の持っているペンで 行き場をなくしても 居場所があるきっと 南の街がなぜかなつかしい 大人になったせいだね ねずみ色した空に僕の風飛ばしたいよ…  どんなに道が長くてもとにかく前へ行こう つまづいてもいいよ 立ち上がれるきっと 涙の数だけ道を越えていこう笑顔は忘れない 心の中で走り出そうよほらあの風と…
さよならの雨I WiSHI WiSHainaonao・前嶋康明偶然だね さよならの雨 忘れたはずの君がいたよ 混み合った車の帯に 見知らぬ秋風吹いてる  赤い傘がよく似合う人 歩く足どり、なつかしい笑顔 頬濡らした雨の粒たち 今でも覚えてる  もう会わないと決めたのに どうしてそう勝手なんだ 忘れる自信がないと僕にはわかっていたけど 眠れない夜 夜更けの窓に 思い出の雨降り出したよ 君との心をつなぐ最後に I wanna give you a message  つけたままのラジオからは 平凡すぎるニュースばかりで 足音が聞こえればつい振り返ってしまう  降り止まない雨の中で 頼りない自分がいるよ 冷たすぎるこの雨は涙も溶かしてしまうよ  通り雨なんかじゃないさ 忘れられないものもある 西風に手を振ったけどこの愛は置いて行くから  ここで君と会っても何を話していいかわからないよ あと少しの勇気 雨よ教えて I wanna give you a message  「I still keep on lovin' you」
サマーブリーズにのってI WiSHI WiSHainao家原正樹・nao青い空の下 世界中でたった一つの 君と三度目の夏 これから始まる どこまでもつづく きらめく海が音を立てる 少し照れた瞳から いくつもの「好き」見つけたよ  突然抱き寄せられた腕に 去年の夏と違う君の優しさ感じた ブルーのシャツと水着が似合う 小麦色した素肌二人の夏色  もっと側にいて ワガママなのかな? 「さよなら」言わさない このまま魔法にかけたい  夕暮れの浜辺 雲に乗ってどこかの島へ おとぎ話みたいに旅して行きたい 空からの天使 夢のような恋をくれたね 落とした白い貝殻 君のポケットにあったよ  二つの泳ぎ疲れた体 寝そべった砂浜にイタズラな笑顔  なぜか思い出す 君と出会った日 言葉に出来ないよ 涙が思わずあふれた  太陽見つめて ちょっと遠回りでドライブ たそがれ夕日キラリ 一つこぼれたKiss 真夏の星座が届きそうな空に溶けていく 君も見つめてるのかな? ずっと前向きの未来を  泣き虫だったね 君と出会ってから変わった 神様にもわからない 宇宙一の恋 100年経っても今のまま一緒にいたいね 二人でいたこの海は いつまでもつづいているから…
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. Dear
  3. 夢幻
  4. 366日
  5. さよーならまたいつか!

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. 永久 -トコシエ-
  4. LOVE BANDITZ
  5. hanataba

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×